午後の部です。

武雄を通るときにいつも気になっている山。そう御船山なんです^^

特異な山容ですよね。南峰と北峰

e0164643_21342442.jpg

ルート:駐車場(12:58)→登山口(12:58)→南峰(13:24~13:31)→
    鞍部(13:38)→北峰(13:53)→御船山不動尊(14:34)→武雄神社
    (15:11~15:27)→駐車場(15:31)

御船山梅林から入ります。聳えるのは南峰。苔むした落葉の石段が登山口です。

e0164643_21342094.jpg

登山道には大きな岩が・・・

e0164643_21341634.jpg

ずり落ちないように保護しているのでしょうね。その横を通過。

e0164643_21341269.jpg

登山道の右側に何か面白そうな岩が・・・少し遊びましょうかね^^

e0164643_21340834.jpg

岩を回り込むと、街並みが見えています。

e0164643_21340495.jpg

山頂に到着。祠が鎮座しています。お初の山ですので、記念撮影。
相方さん、この斜めになっている岩に登るのだと・・・

e0164643_21340089.jpg

行きはよいよい、帰りは~~  何とか下りることが出来ました^^

e0164643_21335393.jpg

さて、これから北峰へと進みます。何でも北峰から降りる道があるそうな~~

e0164643_21334102.jpg

北峰に到着しました。この時に地図をもう少し確かめればよかったのですが・・・そのまま尾根を下っていくと岩峰があり、それをかわしながら下山のようでしたが・・・
北峰からすぐに薄い踏み跡らしきものが見える、とのことでそこから下山開始。途中で岩峰があるのでこれなんだろうねぇ~と話しながら軌跡を見ると、もう少し右へと行くようになっている。

e0164643_21332844.jpg

だが、右へ行くには少し厳しいところがある。そうこうしていると平成14年・17年に設置されたらしいフェンスが登場。張り巡らされていて到底右へと行けず・・この人為的なものがあるということは、これに沿って降りれば大丈夫との判断で進む。倒木などをかわしながら・・・

e0164643_21333423.jpg

すると目の前に赤い大きな鳥居が。紅葉も素晴らしい~~苔むした石段があるので上がっていくと「御船山不動尊」と書かれた古ぼけたお社が。お地蔵様も何体かありました。鳥居を出て右への道はすぐに藪となっていて進めず。左の道を進み、車道に出てぐるっと回って駐車地点近くに無事に帰り着きました。

e0164643_21332163.jpg

e0164643_21330227.jpg

下山して車道から見た景色です。本当に岩山なんですね。赤丸が御船山不動尊の赤い鳥居。

e0164643_21325626.jpg

武雄神社の大楠

e0164643_21324724.jpg


e0164643_21324211.jpg

まぁいろいろとありましたが、ほぼ予定していた時間内に駐車場へ。武雄温泉で汗を流し、今宵のお宿の「道の駅彼杵の荘」へ。

e0164643_21294428.jpg

今回の軌跡です。下る前にもう少し地図を確かめればよかった。反省の意味も含めて敢えて掲載。

e0164643_09371219.jpg


# by nobucyansyuncyan | 2018-11-27 09:54 | 佐賀県の山 | Comments(2)

またしても長崎のお山へお誘いがありまして・・・

早朝移動はきついので前日からの移動となりました^^

天山へとも思ったのですが、登ったことのない気になるお山へ行こうと計画を練ます。

4回ほど山をご一緒したことのある「タクさん」のブログに登場する「鬼の鼻山」

e0164643_15050458.jpg

我が家を7時過ぎに出発。筑後小郡までは一般道を走り筑後小郡I・Cから多久I・Cまでは高速利用。多久聖廟の道案内があり、そこで一先ず立ち寄ります。

多久聖廟・・学問の神と称えられる孔子を祀ったところ。多久家四代藩主「多久茂文」が文道強化をはかるために建てられた、とあります。

e0164643_15054056.jpg

紅葉が目にも鮮やかに・・・

e0164643_15054589.jpg

丁度、中を見学できました。写真OKでしたので。

e0164643_15053664.jpg

孔子像です。

e0164643_15053170.jpg

お庭を散策。多久茂文像と孔子像です。

e0164643_15052798.jpg

売店で噂の「岸川まんじゅう」を買い求めて、鬼の鼻山憩いの森へ移動。

111回目:11月23日(金)  鬼の鼻山   天気:晴れ   2名
ルート:駐車場(10:36)→展望台(10:50~~10:58)→鬼の鼻山
   (11:06~11:15)→駐車場(11:30)

e0164643_15052375.jpg

空身で登ります。階段が足にこたえますね。

e0164643_15051974.jpg

途中にはヤブコウジ、アキノキリンソウ。展望所の鬼さんです^^ 中は階段になっていて上に上がれます。

e0164643_15051436.jpg

天山や八幡岳の展望

e0164643_15050913.jpg

三角点を入れて~~急登を下って巻き道で駐車場へ。

e0164643_15045938.jpg

公園内にある鬼の滑り台

e0164643_15045392.jpg

駐車場でお昼を食べて、午後の部の場所へと移動です。

# by nobucyansyuncyan | 2018-11-26 15:56 | 佐賀県の山 | Comments(2)

観光しながら帰宅

起床6時、出発は7:30。山は韓国岳のとあるコースと昨夜の取り決め。

雨がしとしとと降っています。レーダーを見ると9時ごろにはあがるらしい。

他の案も出たが、皆さん最初の案で登る気満々。

白鳥神社へと車を連ねて進んで行ったが、リーダーのEさんの車がエンジントラブルで出発できず・・・

e0164643_22002465.jpg

取りあえず白鳥神社に集まった面々で、山行のことを話し合うが雨は相変わらず降っており、テンションは下がるばかり・・・多少の藪漕ぎがあるコースのようなので、今回は中止となりました。

現地で解散。私どもは観光をしながら帰ろうか~~で2年前に行った「クルスの海」

小林から日向まで高速・無料区間を走りました。

e0164643_22002038.jpg
  
e0164643_22001632.jpg

e0164643_22001038.jpg

米の山展望台の看板がありましたので立ち寄ることに。一等三角点でした。

e0164643_22000704.jpg

お昼は蒲江の道の駅で海鮮丼^^ 元越山の近くを通りながら海沿いの道をドライブ。

e0164643_22000395.jpg

そして鶴御崎灯台へ。九州最東端の灯台です。

e0164643_21595984.jpg

お昼ごろには雨も上がりましたが、一日中すっきりとしないお天気。
山はお天気次第。無理は禁物です。また機会をみてとあるコースを歩きたいですね。

20時前にようやく我が家に帰りつきました。

お世話になったEさん、まっちゃんなど宮崎の山友さんに感謝・感謝でございます。

懇親会ではいろんなお話も飛び出し、アルコールも進んだようですね。

またの機会、楽しみにしております!!

今日、見かけたお花です。コウヤボウキ

e0164643_21595571.jpg

e0164643_21595170.jpg

ノジギク、ハマナデシコ

e0164643_21594662.jpg

# by nobucyansyuncyan | 2018-11-21 22:55 | 宮崎県の山 | Comments(0)

高房山・・・ヤッコソウ

FBに宮崎の山友さんがヤッコソウの写真を出していました。

2013年に鹿児島の刀剣山、2016年に宮崎の熊野江神社で見ましたが、久しぶりにまた見たいねぇ~

17日に行こうと思うのですが、まだ見れますかねぇ~と連絡すると、18日だったら案内しますよ~の返事。やはり、地元の山友さんの案内は心強いです。

e0164643_15084479.jpg

110回目:11月18日(日)   高房山   天気:晴れ   14名
ルート:駐車地点(10:04)→鉄塔(10:14)→反射板(11:54)→高房山
   (12:08)→昼食(12:38~13:08)→鉄塔(14:31)→下山(15:11)

e0164643_15094843.jpg

山中にある看板

e0164643_15094330.jpg

e0164643_15093828.jpg

我が家を4:50に出発。みやこ豊津インターより高速に乗ります。宮崎西インターで降りて集合場所の「高岡温泉やすらぎの郷」には9時前に到着。一番乗り~です^^

我が家から295.5キロ。やはり遠いですねぇ~

皆さんが到着し、許可を得てデポさせてもらい、相乗りで登山口へ。

e0164643_15093361.jpg

登山道を少し登ったところの鉄塔広場で、今日お世話いただくEさんの説明。

e0164643_15092850.jpg

途中、「急・ゆるい」の看板がありますが、ほとんど変わりなしですね。距離も短いし~~  ツチグリやツチトリモチなどを観察しながら進むと、ヤッコソウのお出ましです^^

e0164643_15092453.jpg

今日は「最高点」(展望所)には行かず、高房山の山頂(337.3ⅿ)へ。三等三角点にタッチ。分岐手前まで戻り、ここで昼食タイム。ここにもヤッコソウ群生地の看板がありました。

e0164643_15092000.jpg

少しアップダウンを繰り返し、一番のヤッコソウ群生地へ。皆さん写真撮影に夢中。

両手を広げたところにあるのをなめてみましたが、甘かったような~~

e0164643_15085656.jpg

e0164643_15085280.jpg

林道に出て、鋭角に曲がって、また登山道へ。

e0164643_15082020.jpg

e0164643_15081534.jpg

台風の爪痕でしょうか、少し荒れていました。

e0164643_15081079.jpg

e0164643_15080443.jpg

下山口に無事到着。イズセンリョウ、ツルコウジ、アケボノソウの残花。

e0164643_15075017.jpg

これはお初の花だったので楽しみにしていたのですが、まだ蕾でした。茎が長くて一緒には収められませんでした。そしてボケていました^^名前はマルバテイショウソウ。キッコウハグマに似たお花が咲くとのこと。

e0164643_15074563.jpg

メアサスギ

e0164643_15091098.jpg

高岡温泉で入浴後、小林へと移動。まっちゃんのお世話で18時より懇親会の開始。翌日の山などを決め、山友さんのアルプスでの珍体験などの話を肴に大いに盛り上がりました。

2人帰られましたので、12人+まっちゃんの奥さん、お孫さんの14人だったかな?

一応、12時までと時間を決めていたようですが、何人かはもっと頑張って起きていたようです(^_-)-☆

# by nobucyansyuncyan | 2018-11-21 16:18 | 宮崎県の山 | Comments(2)

11月2日に結婚して50年の金婚式を迎えました。

10日には娘たちがお祝いの会をしてくれ、記念品と旅行にでも行ってとお小遣いを~(^^♪ 嬉しいことです。。。。。子供たちに感謝・感謝です!!

さて、その後、記念品を何処に飾ろうか~で片づけをし始めると、たんすの後ろの綿埃のごみが気になり・・・せっせと掃除の始まりです。あああ~~疲れた・疲れた~~

15日はお天気も良さそうだし、英彦山でも行こうか~だったのですが、先日行った牧の原キャンプ場の紅葉もそろそろ見ごろではないだろうかで少し歩いて来ました。

他城のイロハモミジ(少し遅かったです、葉が痛んでいましたね)

e0164643_22351565.jpg

109回:11月15日(木)  城井ノ上城址   天気:晴れ   2名

旧蔵内邸の前を通って寒田地区へ。途中で求菩提方面へと少し走り、「鬼の雁木の滝」へ。まだ色見が悪いですねぇ~

e0164643_22351140.jpg

まだ日差しも弱く~~~少し戻って寒田地区の牧の原キャンプ場へ。

e0164643_22350669.jpg

e0164643_22350117.jpg

足慣らしに城井ノ上城址を歩こうかねぇ~~「軍師黒田官兵衛」の放映があってるときはもう少し賑やかだったでしょうが、今は登る人も少ないようです。「黒田官兵衛」の幟も色あせていました。

e0164643_22345608.jpg

e0164643_22345021.jpg

e0164643_22344698.jpg

e0164643_22344136.jpg

城井ノ上城址の取り付きです。石で出来た表門

e0164643_22343043.jpg

表門を振り返ります。

e0164643_22342561.jpg

途中、炭焼き窯の跡があったり、番人の穴、そして裏門。

e0164643_22342188.jpg

e0164643_22341713.jpg

鎖を伝って登ります。そして回り込んで痩せ尾根の上に上がります。

e0164643_22341259.jpg

展望はいいですが、足元要注意。

e0164643_22340763.jpg

下山はロープの張り巡らされた道を通って、石抱きもみじの前を通り、苔むした沢を横切り林道に出ました。左へ行くと「東尾の滝」「真河内の滝」(山中にあります)へと行く道。右は下山路。

そして「他城のイロハモミジ」が目の前に。

e0164643_22340174.jpg

城井ノ上城址取り付きの前を通って駐車地点へ。牧の原キャンプ場の「まこちの里」へと車を走らせます。もう一度紅葉鑑賞^^

紅葉も日差しが出て鮮やかになっていましたが、もう3日ほど早かったら~~

e0164643_22335561.jpg

e0164643_22334976.jpg

いつもは静かな寒田地区も紅葉見物にお出での方たちで賑わっていました。

何でも月曜日にNHKで放映されたそうです。それでですねぇ~~納得!!

# by nobucyansyuncyan | 2018-11-16 23:43 | 歴史散策 | Comments(26)