人気ブログランキング |

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
6月28日にヒメユリを見に行った時は4~5株だったかな?

もうそろそろ見ごろになっているのでは~で、ほかのお花も気になっているのがあり、お出かけしてきました。

e0164643_21415953.jpg

65回目:7月5日(金)   倉木山・由布山麓   天気:晴れ   2名
倉木山(7:45)→(10:05)  下山後 お花散策へ

ワタナベソウとギンバイソウの蕾があるのでは~で倉木山へ登る。キヨスミウツボが出ていましたね。紫陽花ロードの中でギンバイソウを探すもなかなか無い。特徴のある葉を探すも少ない~~

葉っぱの上にいるナナフシを見かけました。今年はもう3回見ましたね^^
e0164643_21423191.jpg

紫陽花ロードを歩きます。
e0164643_21422773.jpg

山頂への手前のピークで引き返す。今の時季は何もないですねぇ~~
お花散策の場所へ移動します。


タカトウダイ、カキラン、オカトラノオ
e0164643_21422381.jpg


マイサギソウ、キバナカワラマツバ
e0164643_21421912.jpg


メインのヒメユリ、た~~くさん咲いていましたね\(^o^)/
e0164643_21421368.jpg


e0164643_21420479.jpg


ワタナベソウ
e0164643_21414718.jpg


アソノコギリソウ、ヒゴタイ、キリンソウ
e0164643_21414258.jpg


場所を移動してハナヤスリ、シライトソウ、ホタルブクロ、サワギク、キツリフネ
e0164643_21413756.jpg


セイタカスズムシソウ、ギンレイカ
e0164643_21413300.jpg


ミドリヨウラク、クジュウナミキの葉
e0164643_21413089.jpg


林床で見かけたツチアケビと黄色のキノコ
e0164643_21412647.jpg


まだまだ行きたいところはあったのですが、時間が足りませんでした。

またお天気を見て出直さなくては~~

# by nobucyansyuncyan | 2019-07-08 23:01 | 大分県の山 | Comments(6)
今日は晴れ間が出るとの予報。少し平尾台を歩きましょうか~~

朝のうちは雲がまだ空を覆っていたので、スズサイコがまだ開いているかなぁ~~

64回目:7月4日(木)   平尾台   天気:曇りのち晴れ    2名
ルート:茶が床園地よりうろうろ

今年初見の桔梗

e0164643_21170003.jpg


茶が床園地に着いたのは9時半ごろでしたが、スズサイコ間に合いました~~
e0164643_21165549.jpg


黄色のお花は多分ハンカイソウかな。
e0164643_21165277.jpg


ハギの花も咲いていましたよ。オカトラノオ、カセンソウ、コナスビ
e0164643_21164762.jpg


コマツナギ
e0164643_21164259.jpg


カキランはまだ元気いっぱいでしたね^^
e0164643_21160047.jpg


ピンボケですが、ササバラン、この花も今年初見です。
e0164643_21162842.jpg


ササバラン、コキンバイザサ、蝶、カキラン
e0164643_21162392.jpg


今日は昨日の雨で足元が悪いかなで長靴を履いての散策です。もちろん傘持参で。
e0164643_21155540.jpg


ヒオウギの一番花。Mさんに教えていただきました~
e0164643_21155108.jpg


少し草が茂ると藪ですねぇ~
e0164643_21154456.jpg


今日のランチはお気に入りの岩山で。そこへ以前平尾台でお会いした若園町のKさんご夫妻とバッタリ。しばらくいろんなお話をしてお別れしましたが、共通の知人もいらして、世の中は狭いですね。青空の下、歩くことが出来て気分もすっきり!!

# by nobucyansyuncyan | 2019-07-04 21:48 | 平尾台 | Comments(2)

久しぶりの「山の想い出」です。ブログ開設前の過去の大きな山行の記録です。

今年(2019年)山友さんが二組、7月中旬に利尻山と礼文岳へ行くとのこと。

そう言えば私どもも行ったよねぇ~で過去の想い出を引っ張り出す。

それは2006年6月。今から13年前です。その当時、日航で誕生割引があり、4人までOK。
当時いつも一緒に行っていた女性2人に声をかけると是非行きたいとのこと。


長官山から眺めた利尻山
e0164643_16292850.jpg


計画を煮詰め、福岡~千歳間を割引利用。千歳~利尻間は早割のチケット。利尻2泊、礼文2泊となりました。

調べると沓形コースがあり、それを登りたいなぁで、沓形コースの取り付きまでの送迎の有無を確かめて宿を決める。

2006年6月19日・・福岡~千歳、千歳~利尻は飛行機、利尻のペンション「花りしり」泊
    6月20日・・利尻山登山(3名は見返台より沓形コース、1名は鷲泊コース)利尻泊
    6月21日・・利尻→礼文へ移動(フェリー、)レンタカーでレブンアツモリソウ+観光、
          礼文・香深の民宿「はまなす」泊
    6月22日・・礼文岳登山+観光(レンタカー)、桃岩展望台コーストレッキング、礼文泊
    6月23日・・礼文→利尻(フェリー)、利尻→千歳、千歳→福岡へ

千歳→利尻間はプロペラ機。天気の加減で引き返すこともあります、でしたが幸いにも着陸しました。前の便は引き返したとのことでした。

飛行機の中より利尻山

e0164643_16300359.jpg


宿の車で今日のお宿、ペンション「花りしり」へ。一休みして夕日ヶ丘展望台やペシ岬展望台へ。リシリヒナゲシ・ハクサンチドリとエゾカンゾウ
e0164643_16300010.jpg


e0164643_16295643.jpg


6月20日、1人は沓形コースは自信がないとのことで、鷲泊コースで。ツアーがあるのでその後ろに付いて行くとのこと。3人は沓形コースで歩く。時々電話連絡して状況を聞く。

馬の背を過ぎて三眺山に到着。
e0164643_16295256.jpg


ここからの利尻山は山容が全く違います。
e0164643_16294923.jpg


背負子投げの難所を通ります。
e0164643_16294542.jpg


一番の難所は雪渓のトラバースでした。アイゼンは持っていましたが雪がしっかりしてましたので、キックステップで進む。けど滑落の危険性大。あとから聞いたのですが、前日は滑落事故があったそうです。
e0164643_16294298.jpg


友の待つ利尻山の山頂へ。山頂で昼食タイム。長官山で小休止。お花を見ながら下山し、甘露水でのどを潤して無事に下山。上りが5時間10分、下山が4時間10分。休憩を含めて9時間20分でした。
e0164643_16293913.jpg


マイズルソウ、ウコンウツギ、オオバナノエンレイソウ、ザゼンソウ、イワベンケイ、ネムロシオガマ
e0164643_16293513.jpg


エゾハクサンイチゲの群生
e0164643_16293250.jpg


エゾエンゴサク、チシマアマナ、エゾハクサンイチゲ、エゾヒメクワガタ
e0164643_16292450.jpg


6月21日は利尻から礼文へ移動し、レンタカーでレブンアツモリソウの群生地(21日までが公開だったので計画変更)でレブンアツモリソウとカラフトアツモリソウを見る。
e0164643_16292193.jpg


その後はスコトン岬や澄海岬などを観光。ハマナス、レブンキンバイソウ、ノエビネチドリ、クロユリ
e0164643_16291580.jpg


6月22日は礼文岳登山。一等三角点の山です。
e0164643_16291055.jpg


下山後は桃岩展望コースをトレッキング。いろんなお花がた~くさん。エゾカンゾウも満開!!
e0164643_16290112.jpg


6月23日は利尻・礼文にお別れです。礼文から利尻へフェリーで移動。飛行機の時間までタクシーで島内観光。姫沼・オタトマリ湖・仙法志などを見て機上の人となりました。

# by nobucyansyuncyan | 2019-07-02 22:25 | 山の想い出 | Comments(12)

馬ヶ岳~御所ヶ岳を歩く

久留米の山友カントさんより会の山行の下見に行くのでご一緒しませんか~の連絡が。

我が家からはとにかく近い。車で10分。OKですよ~~

63回目:6月29日(土)   馬ヶ岳~御所ヶ岳   天気:曇り   6名
ルート:西山P(8:47)→大谷登山口(9:04)→展望台(9:31)→二の丸
   (9:41~9:50)→馬ヶ岳(10:00~10:05)→八畳岩→御所ヶ岳
   (10:58~11:04)→展望所→東門(11:22)→神籠石→下山口(11:35)


西山Pに集合して、御所ヶ岳の登山口へ車をデポしに行きます。今回は午後から雨の予報が出ているので、下山口のすぐ近くにカント号を置きました。

改めて西山Pに戻って登山開始。車道・林道を少し歩き、大谷登山口に到着。

今回のリーダーはAさん、お若いです。。。あとのお方は顔なじみ^^
e0164643_10392313.jpg


案内板
e0164643_10391906.jpg


さらにアップすると
e0164643_11152671.jpg


小鳥のさえずりを聞きながら、静かな山道を歩きます。
e0164643_10391629.jpg


羊歯に覆われた登山道。
e0164643_10391360.jpg


分岐から二の丸方面へ。展望台へ。それぞれに名前が付けられています^^
e0164643_10390944.jpg


二の丸に到着。平尾台などの展望が今日は全くない~~(>_<)  4等三角点ですね。
e0164643_10390352.jpg


10分弱歩いて馬ヶ岳へ。山頂にはピンクと白のカワラナデシコが~~
e0164643_10385174.jpg


馬ヶ岳の説明文
e0164643_10384735.jpg


山頂でゆっくりとしたいのですが、とにかく雨がいつ降り出すか~~
途中から見た御所ヶ岳と御所ヶ岳の山頂から見た馬ヶ岳。
e0164643_10384352.jpg


御所ヶ岳へ向かう時、急登です。が皆さん健脚です。私どもはやっと付いて行きます^^
e0164643_10383925.jpg


山頂近くの展望所へご案内。相方さん撮影の今日のメンバー
e0164643_10383646.jpg


東門へと下ります。
e0164643_10383236.jpg


途中から見た神籠石
e0164643_10382262.jpg


中門からの神籠石。
e0164643_10375352.jpg


中門跡の説明文
e0164643_10374529.jpg


さらにアップして
e0164643_11153105.jpg


天然記念物のヒモヅルです。
e0164643_10373824.jpg


雨も心配されましたが、山行中は降られることもなく、ラッキー!!

車を回収に行っている間に住吉池の東屋で待ってもらいます。

ここのベンチでランチタイム。夏山山行の話などで盛り上がりましたね。

話は尽きませんが、やはり雨が心配。皆さん、久留米まで帰られるのですからねぇ~~

お開きにして片付けているとポツリポツリと雨が・・・

まぁ何とラッキー!!  やはり日ごろの行いですかね(^_-)-☆

# by nobucyansyuncyan | 2019-06-30 11:51 | 福岡県の山 | Comments(2)
今朝の我が家付近は曇り。このまま雨が降らなければ平尾台で少しお散歩^^

「平尾台に行かない?」と相方さんに言うと「行こうか~」

バタバタ準備をしてお出かけ。今日は傘を持っての平尾台スタイル。

62回目:6月28日(金)   平尾台    天気:曇り    2名
ルート:茶が床園地よりうろうろ


茶が床園地に着くと空はどんより、蒸し暑い~~

e0164643_22263449.jpg


曇天だからスズサイコは開いているかなぁ~辛うじて開いているのがありました。
e0164643_22263104.jpg


カセンソウ
e0164643_22262715.jpg


カキラン
e0164643_22262122.jpg


マイサギソウ(これは団体さんですね)
e0164643_22262466.jpg


ノハナショウブ
e0164643_22261840.jpg


e0164643_22261254.jpg


モウセンゴケの花とコバノトンボソウ
e0164643_22260784.jpg


モウセンゴケ、カキラン、コマツナギ
e0164643_22260280.jpg


オカトラノオ
e0164643_22255873.jpg


お花を探してうろうろとしていたら青空になりました。
e0164643_22255527.jpg


鬼の唐手岩と広谷台
e0164643_22254068.jpg


暑い~~雨傘が日傘に^^
e0164643_22253648.jpg

権現山
e0164643_22253273.jpg


カキラン、カセンソウ、マイサギソウ、ヒメケフシグロ
e0164643_22244990.jpg


帰り道、三笠台の駐車場のヤマツツジがきれいでした。あまりにきれいだったのでパチリ!
e0164643_22245817.jpg

我が家に帰りついてすぐに雨が降り出しました。土曜日の夕方からは結構な雨が降るそうです。

2年前の大雨の時と天気図の梅雨前線がほぼ同じだそうです。

何事もありませんように~~(願)

# by nobucyansyuncyan | 2019-06-28 23:06 | 平尾台 | Comments(2)