人気ブログランキング |

信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

遠来の友と・・・津波戸山

さぁ、3日目。暇人ですので、こうなったら最後までお付き合いしましょう!!

津波戸山の登山口に8時半、待ち合わせ。鹿児島の方は今日はお二人が帰られて8名です。

登山口にある案内板です。

e0164643_16084990.jpg


コースを拡大します。今日歩くのはフルコース^^(1~3~40~山頂~西展望台~65~88)

e0164643_16084556.jpg


44回目:5月3日(金)   津波戸山(529.4ⅿ)   天気:晴れ   10名
ルート:駐車場(8:26)→海蔵寺(8:52)→針の耳(9:50)→水月寺奥の院(10:36)
    →津波戸山(10:54)→西展望台(11:00~11:19)→大師像(11:57)→
    88番(12:20)→駐車場(13:00)


これから登る津波戸山が真正面に見えています。タツナミソウとヤマアイ。

e0164643_16084119.jpg


1番札所の海蔵寺へと行き、説明板などを読んで谷を歩きます。3番の矢印からいよいよ札所巡り。

e0164643_16083737.jpg


空は青い!!  真下を見ないようにして渡ります。また戻らねばなりません^^

e0164643_16083300.jpg


こんなところを鎖を伝って下降します。

e0164643_16082929.jpg


人数が多いので一人づつ。思ったより時間がかかります^^  針の耳も通過。

e0164643_16082515.jpg


イワタバコや名前のわからないキノコ。絶景を楽しみます。。

e0164643_16082174.jpg


ムサシアブミ、水月寺奥の院に着きました。仁聞の硯石水(この清水で習字をすると上達すると言われているそうな~)

e0164643_16081763.jpg


展望台からの眺め。由布岳・鶴見岳が見えていますが、霞んでいます。津波戸山山頂は展望はありません。西展望台で行動食を取って、大師像まで下ります。


e0164643_16081316.jpg


65番から88番へと進みます。やはり秋から冬にかけて木々の葉が落ちたころの方が、岩峰の眺めはいいですね。

e0164643_16080862.jpg


e0164643_16080320.jpg


88番の石仏です。ロープを伝って下山します。ギンリョウソウがロープのたもとに。
里にはシャガの花が咲いています。500ⅿちょっとの低山ですが、国東特有の岩峰で鎖・ロープありで侮れません。

e0164643_16075889.jpg

今回の軌跡です。


e0164643_20015259.jpg

リーダーのSさん、平尾台以外はお初の山とのことで、もう一座登りたいとのことです。

# by nobucyansyuncyan | 2019-05-06 20:04 | 大分・国東の山 | Comments(2)

遠来の友と犬ヶ岳~求菩提山周回

今日もご一緒しましょう!!ということで犬ヶ岳登山口に9時待ち合わせ。

犬ヶ岳は石楠花で有名なんですが、今年 野峠から一ノ岳まで歩いた時の感じでは石楠花の蕾は少なかったが・・

少し咲いていましたね。蕾もすこ~~し。今年はやはり裏年のようですね。


e0164643_14325338.jpg

43回目:5月2日(木)   犬ヶ岳~求菩提山   天気:晴れ   12名+1名
ルート:登山口(9:13)→林道(10:05~10:10)→取り付き(」10:22~10:26)
   →笈吊峠(10:48~10:57)→犬ヶ岳(12:20~12:56、昼食)→大竿峠(13:35)
   →一ノ岳(13:44~13:52)→杉の宿(14:31)→虎の宿(15:06~15:12)→
   胎蔵界護摩場跡(15:35)→求菩提山(15:40~15:51)→窟巡り→分岐(16:21)
   →駐車場(16:57)


出発前にコース説明などをしていると、女性お一人様の登山者が「私も一緒に連れて行ってください」。リーダーさんが「いいですよ~」とのことでお仲間に入って13名となりました。

e0164643_14331555.jpg


うぐいす谷方面へと進み、ハイノキなどを眺め、沢沿いの道を水音を聞きながら林道に到着。

林道を少し歩き、笈吊峠の取り付きへ。ハシリドコロは花が終わっていました。

e0164643_14331251.jpg


もうすぐ峠ですよ~頑張りましょう!!

e0164643_14330956.jpg


笈吊岩、巻き道もありますが、皆さん挑戦です。

e0164643_14330584.jpg


トップは相方さん。陰の方は岩が濡れているそうで少し苦戦しています。下から見ると「ちょっと右へ、左へ」の声が出るのですが、自分の番となると岩は濡れているし、斜めになっているので足を置くと滑りそうだし、緊張の連続です。

e0164643_14330150.jpg


カラシ色のザックのMさんが途中でサポートしています。

e0164643_14325739.jpg


上にあがって一息ついたところに咲いている石楠花。皆さん、安堵の表情。

e0164643_14331951.jpg


犬ヶ岳(1130.9ⅿ)の山頂に到着。登山者は意外に少ないですね。昼食タイム。

e0164643_14324159.jpg


新緑が綺麗。心地よい縦走路を進んでいきます^^

e0164643_14323754.jpg


この木は結構 花が咲いていますね。大竿峠に到着。一ノ岳への登りがきついんですよね。

e0164643_14323296.jpg


ふー、一ノ岳に着きました。以前取り付けた豊前市の看板、まだ健在でした^^

e0164643_14322857.jpg


オオカメノキ(ムシカリ)やコバノミツバツツジ、たくさん咲いています。こんなにもあったんだーとびっくりです。杉の宿、虎の宿を通過。

e0164643_14322482.jpg


胎蔵界護摩場跡に着き、そこから求菩提の山頂は一登り。段々足が疲れてきましたね。

e0164643_14322057.jpg


大日窟、普賢窟、多門窟、吉祥窟を巡りながら下山です。

e0164643_14321667.jpg

石楠花。蕾が色濃くていいですねぇ~~  シキミ、ユキザサ

e0164643_14321224.jpg


○○スミレ、ツクバネソウ、フデリンドウ、虎の宿にある三角点

e0164643_14320898.jpg


宿題が一つ増えました。
4つの窟巡りを終えて墓地のところに出る筈だったのが、途中でコースアウトした模様。倒木を超えたりしながら荒れた道を通って、予定していた車道の少し上に出ました。

何処で間違ったのだろう??今度検証しなくては~~


# by nobucyansyuncyan | 2019-05-05 16:29 | 福岡県の山 | Comments(2)

遠来の友と平尾台

29日~1日の山が雨模様のためにキャンセルとなった。ぽっかりと空いた連休前半。

鹿児島の山友さんから「何か1日~3日まで北部九州へ山歩きに行くので、良かったらどこかでご一緒しませんか」

1日は平尾台、2日は犬ヶ岳~求菩提山周回、3日は田原山辺りを予定だとのこと。

では1日の平尾台をご一緒しましょうか~~

1日の平尾台。残念ながらガスがかかり展望はよくありません。


e0164643_19590526.jpg


42回目:5月1日(水)   平尾台   天気:曇り   15名+エルちゃん
ルート:吹上峠(10:52)→大平山→貫山→吹上峠(15:15)

吹上峠にて10時半に待ち合わせ。何しろ鹿児島からお出でになるので集合時間は少し遅め。

雨は早朝に止みましたが、すっきりとした青空は望めません。好展望が見られず残念。

鹿児島の山楽会のメンバーさんが11名。higeさん夫妻と我々で今日の参加者は15名。

簡単な自己紹介と今日の山の行程を確認します。

e0164643_20004159.jpg


吹上峠を出発。早速カノコソウがお出迎え。風に揺れます^^

e0164643_20003836.jpg


早速、道草が始まっていますね。何のお花を撮っているのでしょうか~

e0164643_20003417.jpg


大平山の次のピークで風を避けて昼食タイム。お腹が空いてはあの急坂は登れません。

私とmamaさんはお花探しで皆さんと分かれて別行動。13名とエルちゃんは貫山へ。お初の山だと言う方が多かったそうです。中峠手前で合流。蛇岩・根性の木・キス岩をご案内。

e0164643_20000002.jpg


今日見かけたお花の一部です。翁草は雨に濡れ、残念ながら下を向いています。けどまだお花が残っていたので嬉しかったですね。

e0164643_20002588.jpg


イブキシモツケ、ヒメハギ、ホタルカズラ、フナバラソウ

e0164643_20001693.jpg


オカオグルマ、フナバラソウ

e0164643_20001348.jpg


オキナグサも翁さんになっています。結構咲いていたんですね。

e0164643_20000617.jpg


ハシナガヤアマサギソウも咲き始めていました。

e0164643_19594614.jpg


嬉しいことにキンラン・ギンランの揃い踏み(^^♪

e0164643_19593957.jpg

16時には今日の宿へ向かいたいということでしたので、周防台方面へはいけませんでしたが、それはまたこの次のお楽しみ、ということで~~

どうせ暇な体ですので、明日もお付き合いしましょう!!


# by nobucyansyuncyan | 2019-05-04 20:56 | 平尾台 | Comments(4)

鷹ノ巣山へ

長崎の山友、お宮さんが鷹ノ巣山へお出でになると言う。峰入り古道を一緒に歩いた五百枝さんもお誘いしていますので、よかったら一緒に登りませんか~のお誘いが。

五百枝さんとも久しぶりですねぇ~  2年前の今頃、赤川浦岳でバッタリお会いして以来ですね。

参加表明をし、ポンちゃんに「よかったら一緒に登りませんか~」のお誘いを。

前日に「明日、行けます」。ではお宮さんに黙っててサプライズの演出を~~

決してドッキリではないんですが・・・(^_-)-☆

41回目:4月28日(日)   鷹ノ巣山   天気:曇り    8名
ルート:豊前坊(8:57)→鷹ノ巣山登山口(9:13)→一ノ岳(9:33~9:42)→
    二ノ岳(10:21~10:28)→三ノ岳(11:24~11:34)→昼食(11:48~12:15)
    →巻き道→合流(12:53)→下山口(12:58)


お初の顔合わせがいますので、簡単な自己紹介を済ませて出発です。フウロケマンの花を眺めながら薬師峠の取りつきより鷹ノ巣山登山口へ。

e0164643_15251429.jpg


みのるさんが今日のリーダー。先頭を行くのですが早い。元気がいい。今朝も五時に起きてゴルフに行ってきたとのこと。一ノ岳に上がったらポンちゃん以外はみんな肩で息をしています^^

e0164643_15251095.jpg


一ノ岳で相方さんにトップ交代。ゆっくりペースで登っていきます。

e0164643_15250719.jpg


ここからはロープ個所が続きますので、落石しないよう特に気を付けて^^

e0164643_15250397.jpg

先ほどまでいた一ノ岳です。

e0164643_15250055.jpg


途中オオカメノキの花が咲き、石楠花はこの花のみ。蕾もありませんのでやはり裏年ですね。岩場コースと巻き道とに分かれて二ノ岳の山頂へ。

e0164643_15245683.jpg


またまた難所です。一人づつロープに振られないように~~最後のところが足元が振られるし、滑りやすいとのことで相方さんがサポートしてました。

e0164643_15245257.jpg


これから登る三ノ岳です。

e0164643_15244890.jpg


痩せ尾根を進んで撮影タイム^^

e0164643_16110718.jpg


正規の道に戻ります。ミツバツツジはこれからなんですね。

e0164643_15244029.jpg


ヒメレンゲが咲き、これから三ノ岳の岩場に取り付きます。ここは登りより下りの方が要注意ですね。全員、三ノ岳に到着。本当は岩のテラスでランチタイムをすればよかったのですが、人数が多いと危険ですし、空身で登った方が安全なので、下りたところで昼食です。

e0164643_15243793.jpg


e0164643_15243239.jpg


帰りは巻き道を通り、一ノ岳の取り付き地点に合流。怪我もなく、ほんとによかった~~

ここでみのるさんと長崎組の方々とはお別れです。望雲台へ行くかも~だったようです。

ポンちゃんと私どもは裏英彦山道の途中まで。健脚のポンちゃんには先に行ってもらい、ゆっくりと歩きます。


e0164643_15242795.jpg



e0164643_15242167.jpg


エイザンスミレ、ワチガイソウ、ミツバコンロンソウ、コミヤマカタバミ

e0164643_15241646.jpg


お花を見て高住神社へ。Fさんが「橙ピールの作り方を教えて~」とのことで、覚えている限りのことを紙に書いて来ましたが、さて、うまい具合に出来たのでしょうかね。

たまっていた記事をやっとアップ出来ました。

# by nobucyansyuncyan | 2019-04-30 16:38 | 英彦山系 | Comments(4)

阿蘇・大分お花散策・・・我 牛さんと遭遇する

相方さんの話では夜中に雨が降ったそうな~~全く覚えておりません^^

寝る前にビールを飲んだら4時頃まで爆睡してました~~

今日も晴れの予報でしたが、山の天気はわかりませんね。昨日のうちに赤川浦岳に行っておいてよかったです。

e0164643_10081124.jpg


40回目:4月26日(金)   お花散策    天気:小雨のち曇り   2名


ゆっくりと出発し、阿蘇ビジターセンター、男池、湿性植物園、由布山麓などに立ち寄ってお花散策。

ホウチャクソウ、イチリンソウ、シロバアナエンレイソウ、ミヤマエンレイソウ

e0164643_10055488.jpg


展望台からラクダ山

e0164643_10053100.jpg


石楠花園を散策。雨の後なので新緑がとってもきれい!!

e0164643_10052860.jpg


ラショウモンカズラ、ヒトリシズカ、ルイヨウボタン

e0164643_10054252.jpg


メギのお花(可愛いですね!!)   男池のパワースポット

e0164643_10052204.jpg


山芍薬、サバノオ、フデリンドウ

e0164643_10051191.jpg


レンプクソウ、エヒメアヤメ、キランソウ、ヤマルリソウ

e0164643_10055098.jpg


コンロンソウ、ワダソウ、シラユキソウ、クマガイソウ(開花前で蕾でした)

e0164643_10054654.jpg


アケボノスミレ、チシオスミレ、サクラソウ

e0164643_10051505.jpg


2日間、楽しいお花散策でしたが、今回の一番の思い出は~~

男池から南下して湯平へ抜ける道を走っていたところ、前を走っていた車が突然停車。右側走行してトンネルの中へ。どうしたんだろうね~~  すると目の前に牛が一頭。もうビックリ(@_@)

後方に異常を知らせるためにハザードランプをつけて、牛さんの後ろをゆっくりと進みます。抜きたいけど抜けない。右へ行けば牛さんも右へ。道路の真ん中をゆっくりと歩き、時々止まって振り返ります。結局 トンネルを抜けるまで時間にしたら10分ほどでしたが、30分から1時間ほどに感じられました。


e0164643_10041544.jpg


e0164643_10041029.jpg


e0164643_10040648.jpg

後方はタクシーが一台。トンネルを出てから先に抜いて行ってもらいました。

ハザードランプの赤に反応して、こちらに来たらどうしよう。途中でランプも消して、ハンドルを持つ手も汗びっしょり(ちなみに私が運転中でした)

こちらも牛さんが少し左側へと行ったときに横をすり抜けることに成功。あーやれやれ。怖かった~~ 走り抜けたとき、牛さんも走ってきたのにはびっくり。

牛さんに遭遇したのは2度目です。四季彩道路の青年の家手前の涌蓋山への道を走っているときに、逃げ出したのでしょうか、牛が一頭 横切って行きましたが・・・

いろんなことがありますね。牛さんに体当たりされなくてよかったです。

# by nobucyansyuncyan | 2019-04-30 11:24 | お花 | Comments(8)