信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

17回目:2月24日(土)   金敷城山    天気:晴れ    2名
ルート:輿止日女神社P(9:05)→巨石パーク入口(9:28)→取り付き(9:55)
   →石神の滝→烏帽子の雫→神頭石→道祖神石→兜石→御船石→龍の石→造化大明神
   →イナリ石→屏風石→誕生石→烏帽子石→御座石→天神石→雄神石→天の岩門→
    神籠石→蛙石→鉄塔→372ピーク(11:45)→分岐→分岐→林道→金敷城山
   (12:05~12:35、昼食)→鉄塔→林道(12:48)→三角点(324ḿ)→
    たもと石→乙文殊宮上宮(13:13~13:16)→乙文殊宮下宮(13:29)→
    輿止日女神社P(13:42)


土曜日が晴れマーク。どこへ行こうか~~。相方さんは福智山でも行くか~でしたが、虎尾桜の頃だったらねぇ~

以前から気になっていた山。「福岡県の山」の著者の五十嵐 賢さんがRKB毎日の春か秋の山歩きのコーナーで紹介していた、「巨石パークを巡って金敷城山」へ行こうに決定。

我が家を6時に出発。冷水トンネルを経由して筑後小郡I・Cより佐賀大和まで高速利用。

山友のhigeさんの記事を参考に輿止日女神社(よどひめじんじゃ)の駐車場に車を置く。

e0164643_22292709.jpg

輿止日女神社にお参りをして出発。

e0164643_22295336.jpg


嘉瀬川を渡って左折。国道をしばらく歩きますので車に注意。巨石パーク入口に到着。

e0164643_22300328.jpg

管理棟があり、そこで簡単な地図をいただく。そしてまだ舗装道を歩き、やっと取り付きに着きました。駐車場を出発して50分。巨石パーク入口からだと27分ほど。取り付き地点にも駐車場とトイレがあります。

現在地からB・Aへと行き、そして⓵から順番に歩く予定です。

e0164643_22305291.jpg


e0164643_22302479.jpg


石の説明


e0164643_22323692.jpg

さぁ歩き始めます。石神の滝と烏帽子の雫

e0164643_22311047.jpg

神頭石

e0164643_22312225.jpg

道祖神石

e0164643_22313663.jpg


兜石と御船石

e0164643_22315048.jpg

龍の石

e0164643_22325133.jpg

造化大明神

e0164643_22332151.jpg

ここは中が通れるんですよね

e0164643_22333207.jpg

イナリ石

e0164643_22334741.jpg

屏風石

e0164643_22340789.jpg

誕生石とそこからの展望

e0164643_22344279.jpg

烏帽子石

e0164643_22394649.jpg

御座石

e0164643_22400539.jpg

天神石からの展望と雄神石

e0164643_22402497.jpg

神籠石

e0164643_22404851.jpg

天の岩門
(右横の岩の側面、ちょうど顔のように見えますねぇ~)

e0164643_22410043.jpg

蛙石
電波塔を過ぎてピーク372に立ち寄る。表示は何もなし。

e0164643_22420144.jpg

尾根を進み、最初の分岐を左。そしてまた分岐を左。林道に出ます。少し歩き、山頂への案内はありませんが、テープのところから左へ。一登りで金敷城山(425.5ⅿ)。金立山への縦走路を少し下がったところで昼食タイム。

e0164643_22421755.jpg

2回目の分岐のところまで戻って乙文殊宮の上宮へ。「たもと石」があります。これで巨石巡りは終了です。

e0164643_16192484.jpg

乙文殊宮下宮へと下りてきました。無事に到着のお参りをして、国道を歩き出発地点へ。
神社の手前に「白玉饅頭」のお店がありましたので買い求める。娘宅の分まで買おうとしたら「今日中に食べますか」「いえ、明日にでも持っていこうかと」「だったら固くなりますのでお売りできないです~」
我が家の分だけ買い求めました。2個ほど残ったので翌日食べましたが、やはり固くなっていましたね。納得~!!

e0164643_22423934.jpg
e0164643_16053229.jpg

巨石パーク巡り、登ったり下ったりがちょこちょことあり、結構ハードな歩きでございました。

けど山中にあんなに大きな石が~~  そして納得のネーミング。(中には??のもありましたが・・)

お天気も良く歩いていると暑いくらいでした。歩くのに今の時期がちょうどいいのかも^^


by nobucyansyuncyan | 2018-02-26 16:54 | 佐賀県の山 | Comments(4)

まだまだ雪深い英彦山へ

我が家から見える英彦山・犬ヶ岳の山系、まだ白いです。

近場で楽しめる英彦山へ行こう!!

16回目:2月22日(木)   英彦山   天気:曇り   2名
ルート:豊前坊P(9:45)→高住神社(9:49~9:59)→北岳の肩(10:52)
    →北岳(11:20)→中岳(11:52~12:15、昼食)→北西尾根→
    分岐(12:58)→豊前坊P(13:45)


帰りに眺めた英彦山。まだ雪が深いですね^^

e0164643_15522656.jpg

別所駐車場までの道路は雪の心配なし。別所駐車場には車1台。そのまま進んで豊前坊の駐車場へ。青年の家付近より雪道です。ここには我が家の車のみ。気温-1℃
6本爪のアイゼンを装着。高住神社でお参りをしてFさんと少しお話を~~

e0164643_15521821.jpg

登山道も雪が深く、踏み抜いた足跡は40~50㎝ほどの深さでした。階段の手前の岩場も凍っています。階段は段差が全く見えず、手すりをしっかりと持って歩きます。

e0164643_15521199.jpg

岩場の梯子はかろうじて上の部分が見えていました。あとは雪の中。
備え付けのロープをしっかりと持って進みます。ここが一番危ないかも~

e0164643_15520771.jpg

北岳手前の定点撮影場所。

e0164643_15520304.jpg


北岳の広場でて展望を楽しみます。由布岳が霞んではいましたが見えていました。
中岳と南岳。やはり北側の斜面は雪・雪ですねぇ~

e0164643_15520028.jpg

北岳に到着。わずかに霧氷のついた木。生まれたてかな^^
中岳への縦走路を進みます。

e0164643_15515607.jpg

今日の中岳。テーブルとベンチ、まだ埋もれていますね。

e0164643_15515392.jpg

下山は北西尾根へ。この雰囲気が一番好きなんですね^^

e0164643_15514924.jpg

北西尾根の癒しの広場。目印のブナの大木。この付近は雪は少ないですが、アイゼンはまだ着けたまま。
分岐に到着。ここからスキー場へと行きます。このトラバース道にしっかりと雪があります。
標識の気温は3℃でした。

e0164643_15514598.jpg
e0164643_15514007.jpg

スキー場横にてアイゼンを外します。バードラインを通って豊前坊の駐車場へ。
車は3台。気温は2℃でした。


しっかりと雪山歩きを楽しみました~~


セリバオーレンを見ると、少しですが咲いていました(^^)/
嬉しいですね。

e0164643_15513568.jpg

by nobucyansyuncyan | 2018-02-23 16:54 | 英彦山系 | Comments(4)

花公園にてお花散策

2月20日(火)  地区の公民館にて地域ごとの確定申告。

早くに終わったので、お天気もいいし、お花散策へ行こうか~~

ゆっくり歩きのお姉さんに「行きませんか~」と電話をする。

「行く・行く~」香春駅にて待ち合わせ。福智山ろく花公園へ。

ここには植生ですが、節分草が見られるんですよね(^^♪

花公園に到着。入園料300円。
入ってすぐのミモザの花はまだ蕾でした。ローバイは満開。足元にはパンジーやスノードロップが植えられています。

e0164643_22093142.jpg

お目当ての節分草の咲く野草園へ。小さいですね^^

e0164643_22092712.jpg

近くには福寿草が。脊梁まで福寿草を見に行きたかったのだけど、相方さんは「もうここでいいよ~」

e0164643_22092388.jpg

ユキワリイチゲはもうすぐ開きますね。

e0164643_22091907.jpg

梅の花もまだまだ蕾が多いですね。やはり少し標高が高いからかな?

e0164643_22091529.jpg

マンサクの咲く場所へ。テーブルとベンチがあり、ここでランチタイム。
道の駅で買い求めたお弁当。陽だまりでおしゃべりも弾みます^^

e0164643_22091179.jpg

福寿草は大分のとある場所でも見られますが、中国地方に咲く節分草の群生地。行ってみたいですねぇ~~


by nobucyansyuncyan | 2018-02-22 22:51 | お花 | Comments(2)
峰入り古道を歩いたお仲間の「寝太郎さん」。大分に転勤で来ておりましたが、またまた転勤で今度は東京へ。

ブログに時々コメントはしておりましたが・・・風来坊さんが寝太郎山という名前の山を見つけました。

そこでポンちゃん企画の「寝太郎山へ登ろう!!」    峰入りの仲間が集合。

15回目:2月18日(日)  寝太郎山・大目配山ほか  天気:晴れ  9名
ルート:古賀ダム(8:11)→立花古道(8:30)→寝太郎山(8:58~9:05)→
    三市町境(9:51)→林道(9:55~10:01)→奥深立山(10:12)→大目配山
    (11:31~11:55、昼食)→薬王寺峠(12:10~12:16)→京王山(12:31)
    →鬼王山(13:03)→富谷山(13:14)→いでゆ岐れ(13:15~13:20)→林道終点
    (13:48)→興山園登山道案内(14:06)→薬王寺温泉無料駐車場(14:25)


薬王寺温泉の無料駐車場に8時集合。我が家を6時に出て1:30ほどで到着。

全員集合してから最初のセレモニー。相方さんが今年喜寿を迎えました。そこでポンちゃん、お祝いのメッセージ。どうも有り難うございます<(_ _)>

e0164643_22440490.jpg

古賀ダムへ移動し、出発です。道を鋭角に曲がり、少し行くと立花古道取り付きです。

e0164643_22281541.jpg

急坂を登ると気持ちの良い尾根歩き。

e0164643_22282128.jpg

寝太郎山(241.1ⅿ)に到着。山頂標識は山頂の少し手前。木に食い込んでおりました

e0164643_22282772.jpg

ここでまたポンちゃんのセレモニーの始まりです。ザックから何やら取り出して、それを持って写真を撮ります^^
「友達出来たか~  寂しかないか~」などなど・・・

e0164643_22283526.jpg

この登山道は鹿子の木が多いですねぇ~

e0164643_22284188.jpg

三市町境に到着。風来坊さんのパフォーマンス^^

e0164643_22284615.jpg


低山ですがアップダウンの道が続きます。

e0164643_22285587.jpg

e0164643_22290558.jpg

奥深立山(263.1ⅿ)に到着。そこからまたぐーーと登ります。大目配山(409.7ⅿ)に到着。ここで昼食タイム

e0164643_22291284.jpg

急な道を下って薬王寺峠に到着。ここから最初は下山予定だったのですが・・・もう少し歩こうとのことで2班に分かれて行動。

e0164643_22292137.jpg

薬王寺峠が310ⅿ。京王山が408ⅿ。鬼王山が476ⅿ。じわじわと上り下りがあります。

e0164643_22292706.jpg

富谷山(476ⅿ)からすぐにいでゆ岐れ。ここから興山園への標識へと下ります。

e0164643_22293508.jpg

山中で見かけた唯一のお花・・藪椿です。林道終点から40分弱で薬王寺温泉の無料駐車場に無事帰りつきました。先に下山した4人も待っていてくれて、また少しお話を~~皆さん、どうもお疲れさまでした。

ポンちゃん、楽しい企画を有り難うございました。またよろしくお願いします。

今回の軌跡です。

e0164643_23370993.jpg


ポンちゃん企画はまだまだ続いておりました~~
「俊ちゃんは何時ごろ寝ますか~」「お子様の寝る時間、9時です^^」
相方さん、9時ごろ、「もう寝るからねぇ~」と居間を出たのですが、その時にライン。
「俊ちゃん、喜寿おめでとうございます。皆さん準備はよろしいでしょうか? せーの! かんぱ~い」
慌てて相方さんを呼びます。その間にも皆さんの乾杯の写真がラインで送られてきます。
もうびっくりでした~~こんな使い方があるんですね^^
こちらも急いで写真を撮って、送って・・・何とか皆さんについていけました(^^♪

皆さん、どうも有り難うございました。とっても思い出に残り楽しい一日でした。

有り難う・有り難う・有り難う!!!


by nobucyansyuncyan | 2018-02-20 23:54 | 福岡県の山 | Comments(10)
天気予報によると週末の土・日曜日以外は今日 水曜日だけが晴れマークになっている。

先週の木曜日に英彦山の滝巡りをして以来、寒くてストーブをつけてオコタの番のみでうろうろとしていない。

生協が終わってから平尾台へ行こうか~

14回目:2月14日(水)   貫山   天気:晴れ   2名
ルート:茶が床園地(11:44)→四方台(12:29)→貫山(12:57~13:00)
    →四方台(13:19)→茶が床園地(14:05)


娘宅で早めの昼食をして茶が床園地へ。東屋には雪だるまがありましたね^^

e0164643_15045274.jpg

雪原を見ながら歩きます。今日の足元は長靴です。舗装道を長靴で歩くのはつらい。
途中から左の道へ。青空にハバヤマボクチの枯れ花。まだお花がないのでパチリ^^

e0164643_15050321.jpg

竜ヶ鼻や福智山を横目に見て、四方台へと向かいます。雪は融けて道はべちゃべちゃ。
くじゅうの例の道よりはましですけど~~

e0164643_15050870.jpg

いつもの定点撮影場所。大平山への登山道も雪道ですよね。

e0164643_15052141.jpg


四方台の吹き溜まりには20㎝ほどの残雪。さぁこれから急登を上ります。
行きはよいよい帰りは~~滑って転ばないように気を付けましょう。

e0164643_15052777.jpg

山頂手前にある三角点へタッチ。

e0164643_15053762.jpg


北九州空港や市街地は見えますが、英彦山・国東半島は霞んで見えません。

e0164643_15054391.jpg

下山開始。周防台の道もまだ白いですね。

e0164643_15061061.jpg


無事に下山。園地から眺めた大平山。
丁度下山したときに車の中から手を振るお二人さん。hirokoさんとhirokoパパさん。久しぶりにお会いしました。少しお話をしましたが、お孫さんが帰ってくるから~と急いで帰られました。

e0164643_15062106.jpg


今回の軌跡です。帰りは中峠へと出て舗装道を歩きました。時間がないので貫山のみです。


e0164643_15043734.jpg



by nobucyansyuncyan | 2018-02-15 16:07 | 平尾台 | Comments(6)

4日(日曜日)に予定していた英彦山滝巡り。道路状況などで延期となりました。

で、8日に決行の運びとなり、8時にhigeさんご夫妻と別所駐車場にて待ち合わせ。

青みがかった四王寺の滝

e0164643_20073596.jpg

13回目:2月8日(木)   英彦山   天気:晴れ   4名
ルート:別所駐車場(8:18)→奉幣殿(8:45~8:53)→智室の滝→四王寺の滝
   (10:49~11:04)→無名の滝→Wの滝→行者堂(13:21~13:51、昼食)
    →行者の滝→別所駐車場(16:00)


我が家の周りの道路は雪がない。だけど山間部はたぶん凍結しているだろうと少し早めに出発。松木果樹園の前は見事に凍っていました。そして赤村の物産館の前を過ぎて、油木ダムからは相方さんは一層慎重に運転。途中の温度は-7℃。何とか約束の時間に到着。アイゼンも装着。

e0164643_20072137.jpg

奉幣殿への石段のすっぽりと綿帽子を被っています。

e0164643_20070854.jpg

四王寺の滝と行者の滝はmamaさんは見ているが、ほかの滝はまだなので、今日は英彦山の滝巡りです。
先ずは智室の滝。ここがこんなに青く透き通ったようになったのを見るのは初めてですねぇ~。

規模は小さいけどきれい・きれい!!

e0164643_20064309.jpg

さて、四王寺の滝へと進みます。目印の倒木を乗り越えて~雪が深くて^^
おっ滝が見えてきましたね(^^♪   ここも青い・青い!!

e0164643_20062495.jpg

四王寺の滝に到着。「いいねぇ、いいねぇー」とギャラリーの声が聞こえます。
ドローンを飛ばしている方がおられました。

e0164643_20060036.jpg

滝の上部に陽があたってきましたね。素晴らしい!!  言葉は要らない~~

e0164643_20052902.jpg
e0164643_20051280.jpg

四王寺の滝に別れを告げて、雪に覆われた無名の滝。

e0164643_20045494.jpg


谷をトラバースする。雪が深くて重い。足が前になかなか進みませんね。途中の岩場は雪で足元が見えない。危険回避で少し下って行くが今度は登り返しがまたきつい"(-""-)"

雪は膝から腰ぐらい。トレースは全くありません。落ち着く場所がないので休憩もなし。
お腹が空いたなぁ~  もう12時は過ぎてるが・・・

e0164643_20043074.jpg

無名滝、ここも素敵だね。

e0164643_20041768.jpg

今年はまだきれいな霧氷を見てないなぁ~

e0164643_20040139.jpg

ここも無名の滝。

e0164643_21390965.jpg

e0164643_20033609.jpg

そしていよいよWの滝に到着。ここへ到達するまでは全くトレースはありませんでしたが、Wの滝付近にはしっかりとした足跡が~。それを辿って上へと行く。

e0164643_20032133.jpg

e0164643_20021690.jpg

行者堂にて遅めの昼食。温かいカップ麺を食べ、やっと一息つきました^^

下山は行者の滝経由で。3日に来た時よりも雪を被って滝らしくありませんでした。

e0164643_20030065.jpg


なかなかすべてがベストの時というのは難しいですね。

青みがかった智室の滝と四王寺の滝を見れただけで満足・満足~~

higeさん・相方さん、ラッセルお疲れさまでした~~感謝・感謝!!

今回、Wの滝と行者の滝の写真3枚はhigeさんからお借りしました。
私は・・そこからの写真がどうしたことか、取り込みに失敗したようです。。。


by nobucyansyuncyan | 2018-02-09 22:16 | 英彦山系 | Comments(10)

四王寺の滝と行者の滝

私のこのブログと、山野草の先生でもある島原のミラさんが英彦山の滝を見に来るということで、別所駐車場にて待ち合わせ。 移動中に「今 杷木インターを出ました~」のコール。

12回目:2月3日(土)   滝巡り   天気:曇り   5名+5名-2名
ルート:別所駐車場→奉幣殿(9:45)→四王寺の滝→昼食→行者の滝→奉幣殿
    →別所駐車場(14:06)


四王寺の滝、青みがかって素敵な氷瀑になっていました(^o^)/

e0164643_09562404.jpg


準備をしていると、あらっ見知ったお顔の方が~~国東を一緒に歩いたyumiさん。お一人だというのでご一緒しませんか~~
そこへまた同じく一緒に歩いたRyoくんとsanpoさん。

ミラさんたちも到着して準備をしていると、やまごえさんとお連れの方が到着。一緒に~と言われるので、奉幣殿で待ってます~。私たちはのんびりと歩いて奉幣殿へ。全員揃ったところで南岳方面へと出発です。

滝への分岐手前でアイゼン装着。滝へ取り付くと雪が少し深くなりました。

滝が見えてきました~~ブルーになっているのが見えますねぇ~(^o^)/

しばし撮影タイム。

e0164643_09562879.jpg

落下に注意しながら見上げると~~青空が欲しい~~

e0164643_09560150.jpg

次から次へとギャラリーが。思い思いに写真を撮っています^^

e0164643_09555876.jpg

言葉はいりませんねぇ~~


e0164643_09555463.jpg

e0164643_09555118.jpg

e0164643_09554689.jpg

また来るからねぇ~~  次の寒波到来でまた氷瀑も成長しているかも~(^^♪

e0164643_09554308.jpg

四王寺の滝取り付きのところで、立ったまま昼食タイム。まだ時間も早いので行者の滝へと御案内。


e0164643_10043435.jpg

着雪しててイマイチの感はありますが、ここの氷瀑も見事な時を見たことがあります^^

e0164643_09553890.jpg

ここから2名は正面道へ出るというのでお別れ。8名で来た道を戻ります。

e0164643_09552524.jpg
tetu-1さん・ミラさん、ご近所のBさん、島原より遠路お出でくださり、ご苦労様でした。

2ヶ所の滝巡り、満足していただけたでしょうか~~

ご一緒いただいた皆様、またどこぞのお山で出会うかもしれません。その時はよろしくお願いします。


by nobucyansyuncyan | 2018-02-05 11:36 | 英彦山系 | Comments(8)

元越山へ

佐伯に所用があり、約束の時間は15時。上毛(こうげ)インターから高速に乗ったとしても、平日なので往復6500円。高速代がもったいないなぁ~~

それならば、どこか山へ登ってから、「道の駅やよい」のお風呂に入って~と時間を逆算する。
今回は時間もありませんので、元越山のピストンです。


e0164643_21073463.jpg


11回目:2月1日(木)   元越山   天気:雨・雪   2名
ルート:駐車場(11:03)→登山口(11:08)→5合目(11:42)→林道(12:08)
    →元越山(12:27~12:30)→5合目(13:05)→登山口(13:29)→
    駐車場(13:33)


「てんきとくらす」の予報では元越山は雪となっています。が本当に雪だろうか?
我が家を出るときは全く雪の気配はなかったが、宇佐を過ぎると一面の雪景色。

色利登山口の駐車場に到着。雨です。山を見ると雪。これでは山頂で昼食も食べれないですね。
小屋を拝借して、お昼を食べて出発です。


e0164643_21073076.jpg


展望台が開けた海側に沿ってありますが、今日の展望はいまいちです。「おたねの泣き石」を過ぎ、5合目に来ると雪。


e0164643_21072738.jpg

木洩れ日の小径を過ぎると雪が多くなってきました。


e0164643_21072309.jpg

湿った雪です。

e0164643_21071644.jpg

一旦林道に出ます。20㎝ほどの積雪。

e0164643_21071210.jpg


狼煙台を過ぎて、「急登と巻き道」がありますが、行きは巻き道を選択。山頂は誰もいません。貸し切り。
山案内の石碑も雪に埋もれています。写真を撮って下山です。

e0164643_21070891.jpg


帰りは急登を下りました。すぐに合流しますが・・・5合目を過ぎて、無事に駐車場に到着。小屋をお借りして雨具などを脱いでいると、雨が激しくなってきました。


e0164643_21065170.jpg


「道の駅やよい」に移動。お風呂に入って温まりました。待ち合わせの時間に充分間に合いました^^

思わぬ元越山での雪景色。良かった~~!!


by nobucyansyuncyan | 2018-02-04 22:20 | 大分県の山 | Comments(0)

四王寺山を周回

平尾台・貫山を小倉側から案内していただいたケルンさんが、まだ四王寺山を歩いたことがないということで、地元のhigeさんに案内をお願いして一緒に歩いてきました。

昨年もこの時期に歩いた山友さんにも声かけしまして、7名での四王寺山8の字歩きとなりました。

10回目:1月30日(火)   四王寺山   天気:曇り   7名
ルート:政庁跡P(8:43)→分岐(9:50)→焼米ヶ原(10:33)→大原山(10:59)→
   鮎返りの滝(11:56)→百間石垣(12:02)→野外音楽堂(12:25~12:59、昼食)
   →大城山(13:15)→分岐(14:00)→岩屋山(14:16)→政庁跡P(15:41)

道の駅「いとだ」でケルンさん、山帽子さんと待ち合わせ。我が家の車で出発です。

集合場所までは約1時間。米の山峠は少し雪景色になっていました。
8時半開門。全員揃ってます。出発準備を済ませ、都府楼跡の遺跡を見ながら登山開始。

e0164643_11161027.jpg

空はどんより、時たま雪も待っています。気温も低いですね。
坂本八幡神社の前を通り、以前カントさんと歩いたときはまっすぐ進んだのですが今回は左へ。
落ち葉の上をカサコソではなく、ガサゴソと進み、分岐に到着。これからは歩いた道^^

10:12、礎石跡整備中の前を通り、太宰府口城門へ。higeさん講師の話に耳を傾けますが・・・

e0164643_11161805.jpg

e0164643_11162257.jpg

焼米ヶ原に到着。ここには駐車場もあります。ここから土塁を一周という手もありますね^^

大原山(355ⅿ)に到着。途中の札所のお地蔵さんを眺めながら~~鮎返りの滝へ。
十三佛にお参りします。

e0164643_11163749.jpg

百間石垣へ。今回は中の階段を上がっていきます。

e0164643_11164491.jpg

これが結構きついんですよね。

e0164643_11165170.jpg

ご褒美がありました~(^^♪
石垣にミニ氷瀑。四王寺の滝ならぬ「四王寺山の滝

e0164643_11170305.jpg

野外音楽堂で昼食タイム。山手は見えませんでしたが、結構雪が降っていたようですね。
三郡山が白くなっています。

e0164643_11170990.jpg


さぁこれからは大城山を目指すのですが、前回「きつい・きつい~」の声がありましたので、higeさんが屯水回りの道を選択。「やはり最後の登りあがりがきつかった~」の声が^^

大城山で記念撮影。毘沙門堂横にあったバケツの水は凍っていました。

e0164643_11345969.jpg

展望所に立ち寄ります。福岡の街並み、やっぱり大都会ですねぇ~~


e0164643_11351312.jpg

朝の分岐に到着。これで土塁をぐるっと一周しました。

岩屋山へ。午後からはお天気も回復して青空が見えています。しばし展望を楽しみます。

e0164643_11352205.jpg

高橋紹運のお墓に立ち寄り、ここからはお初の「磨崖宝塔」「岩屋谷磨崖石塔群」「推定金光寺跡」「武藤資頼・武藤資能の墓」に立ち寄る。

e0164643_11352904.jpg

無事に下山。たくさんの歴史遺跡を見たり、講釈を聞きましたが、さてどのくらい頭の中に入っているか~~??

higeさん、ご案内ありがとうございました。

e0164643_11353674.jpg

とある場所に立ち寄った「セリバオウレン」やはりこの寒波でまだお花の咲きはよくありませんでしたが~~
春の一番花を見ることができました\(^o^)/

e0164643_11354452.jpg

今回の軌跡です。

e0164643_13542926.jpg

higeさん、名ガイドでした~~感謝です!!

同行の皆さん、お疲れさまでした。


by nobucyansyuncyan | 2018-02-02 14:07 | 福岡県の山 | Comments(2)