信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2017年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

初冬の裏英彦山

明日(28日)は天気がいいようだし、何処へ行こうか~~

海岸線のゲンカイイワレンゲでも見に行こうかね、と話していたのだけど、起きるとやはり山へ行こうか~(^^♪   英彦山へ行こう!!

油木ダム
e0164643_15495137.jpg


別所駐車場に着き、時間があるので花見ヶ岩へと登る。
e0164643_15513088.jpg


89回目:11月28日(火)   英彦山    天気:晴れ   2名
ルート:別所駐車場→(バス)→豊前坊(8:36)→裏英彦山登山口(9:52)→
    ケルンの谷(10:50~10:55)→籠り水峠(11:43~12:04、昼食)
    →裏英彦山取りつき(12:35)→三呼峠(12:47)→奉幣殿(14:00)
    →別所駐車場(14:30)

町営バスにて豊前坊へ。乗客は私ども2名のみ。申し訳ないような~~

当初は北岳~中岳~北西尾根の予定だったが、バスの中で気が変わり、裏英彦山を歩こうか~~

薬師林道へと歩きます。工事中のようでゲートは開いていましたがーー
e0164643_19271739.jpg


裏英彦山登山口から取りつきます。気温が高くて汗をかかないようゆっくりと歩きます^^
木々の間から鷹ノ巣山が見えます。久しく登ってないですねぇ~

落ち葉を踏みしめながら進んでいきます。ケルンの谷に到着。
e0164643_1937399.jpg


垂水の壺を過ぎ、苔むした癒しの森。石楠花の蕾がたくさんついていました。来年は楽しみ!!
e0164643_19433673.jpg


倒木を潜り、岩を超えたりして~~籠り水峠に到着。広場で昼食。
e0164643_1947831.jpg


e0164643_19483945.jpg


この頃はケルンの谷や鹿の角経由が多かったので、この道も久しぶりに歩きます。
先の大雨で、道もだいぶ荒れています。
e0164643_1954044.jpg


e0164643_19543296.jpg


e0164643_19545629.jpg


坊跡のイロハモミジがとっても綺麗でした(^_^)/
e0164643_2044082.jpg


e0164643_205476.jpg


e0164643_2053569.jpg


奉幣殿で宮司のYさんに久しぶりにお会いしました。テレビで放映された「英彦山の紅葉」でお顔を拝見しましたので「テレビ見ましたよ~」英彦山の宣伝になれば、と言ってました。

社務所の横の紅葉が一番見頃でしたね!!

普段は石段を割けて別所駐車場へ行くのだが、今日は石段を下ります。

公孫樹の落ち葉がこれまた綺麗!!
e0164643_20182564.jpg


丁度スロープカーも通りまして~~
e0164643_20232420.jpg


山頂踏まずの周回登山でしたが、名残の紅葉も見れて大満足の一日でした。

今回の軌跡です。
e0164643_20445645.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-11-29 20:47 | 英彦山系 | Comments(2)
「福岡県の山」「佐賀県の山」「長崎県の山」出版のお祝いと交流会に参加してきました。

福岡・天神スカイホールで14:30より開催されました。

著者の皆様方。(佐賀県と担当された池田さんは急な所用で出席できませんでした)
e0164643_10422482.jpg


今日はそれぞれの山を担当された著者の皆さまも参加されて、今回の特徴である花図鑑・コラム欄・縦走コースの紹介や背振山地全山縦走など著者の思い入れなどを身近にお聞きすることが出来ました。

著者の皆さま、本当にご苦労様でした.

14時より受付ですので、路線バスで西鉄行橋営業所へ。そこより高速バスで天神まで。

天神へ出かけるのは何年振りでしょう。今 浦島の状態です。

バスを降りて会場の天神スカイホールを確認して、隣の「大丸」で少し時間をつぶす。

そこへmamaさんより「今どこですか~」の電話。ご一緒して会場へ。

やまびこ会WEBマスターのダンブルさんの司会で進行。CJNさんの会長挨拶代読(会長のTakaさん、発熱のため不参加となり)、れいさんのお謡い、最後は声楽家ペコさんの坊がツル讃歌。
e0164643_10513091.jpg


壇上の著者の皆さま.「山と渓谷社」からもご出席され、お祝いのメッセージ。
e0164643_10591839.jpg


今回参加のやまびこ会の皆さん。
e0164643_115694.jpg


著者の方を含め、55名の参加者でした。

今回4回目の改訂版だとのことですが、色別のお花図鑑や縦走コースの紹介など盛りだくさんです。

山のバイブルとしてもお薦めです。
by nobucyansyuncyan | 2017-11-26 16:16 | 日常の出来事 | Comments(4)

快晴のくじゅうへ

明日(21日)はお天気も良さそうだし、久しぶりにくじゅうへ行きましょう!!

もしかしたら霧氷も見られるかも~~

e0164643_2038353.jpg


88回目:11月21日(火)   久住山・天狗ヶ城・中岳   天気:晴れ  2名
ルート:牧ノ戸P(8:45)→避難小屋(10:35)→久住山(11:13~11:35)→
    天狗ヶ城(12:14~12:45、昼食)→中岳(13:00~13:05)→避難小屋
    (13:43)→牧ノ戸P(15:05)

牧ノ戸峠へと行く道すがら山を見るとうっすらと白くなっているではありませんか~(喜)

もう少し雪があるかなぁ~と軽アイゼンをザックに入れていますが・・・

登山届を提出。今日のコースは中岳・天狗ヶ城。下山予定は15時と書き込む。

コンクリート道は雪があり、この道が一番やっかいです。帰りには滑りやすいかもねぇ~~

登山道は1センチほどの積雪。登山道から見る扇ヶ鼻は白いですね^^星生山はどうかな?
e0164643_2164477.jpg


e0164643_2121289.jpg


三俣山
e0164643_2184623.jpg


祖母山~傾山が涅槃像の後ろにくっきりと。ここで相方さんが「久住山へ行こうか~」
e0164643_21115096.jpg


そうだね、眺望も良さそうだし~~♪  くじゅう分かれから久住山方面へ。
e0164643_21131843.jpg


汗をかかないようにゆっくりと。だんだん登りがしんどくなってきています。

久住山(1786.5ⅿ)に到着。暫し絶景を眺める。普賢岳も見えていました。
e0164643_21233877.jpg


天狗ヶ城(1780ⅿ)へと登り始める。御池は凍り始めていますね。ここでランチタイム。
e0164643_21184646.jpg


家を出る時は寒かったので着込んで来ましたが、日差しが強くなり、1枚・また1枚と脱ぐことに。

昼食中もそんなに寒く無かったですね。

中岳(1791ⅿへと進む。天狗ヶ城の下りは日陰になっているので、凍っています。要注意。
e0164643_2129281.jpg


中岳までは分岐からピストン。これから池を回って進みます。
e0164643_213418.jpg


e0164643_2134205.jpg


e0164643_21344253.jpg


あとは来た道を戻ります。が朝方通った道は雪も融け、くじゅう特有のどろんこ道です(>_<)

脚は重くなり、雪を見つけてはその上を歩き・・・無事に牧ノ戸Pに到着。15時05分。

予定より5分遅れ。だが、予定外の久住山へ登ったから良しとしなくては^^

今回の軌跡です。
e0164643_21473833.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-11-22 21:51 | 大分県の山 | Comments(8)

田原山(鋸山)へ

9月9日に平尾台をご一緒した「けいこたんご夫妻」が今度は国東の山をご一緒してください~と。

お互いの日程を調整しまして、11月19日、妙善坊駐車場、9時集合となりました。

87回目:11月19日(日)   田原山(鋸山)  天気:曇り   5名
ルート:妙善坊P(8:41)→大観峰(9:43)→八方岳(10:12)→無名岩
   (11:15~11:40、昼食)→分岐(11:47、熊野磨崖仏へ~12:41)
    →妙善坊P(13:14)

e0164643_1552383.jpg


あの岩峰の上を歩きます。岩の壁にスズメバチの巣が2ヵ所ありました。
e0164643_1563313.jpg


南峰は通行禁止。一方通行の道を通り、大観峰へ。今日は登山者が多いですね。「お先にどうぞ~」と皆さんに先に行ってもらい、ゆっくりと鎖場を下ります。

山頂の八方岳に到着。展望を楽しみます。が何しろ寒い~~風が強くて雪も舞い始めました。
今年初の雪で~す。

岩の痩せ尾根を風にあおられないよう注意して進みます。
e0164643_1515207.jpg


e0164643_15153793.jpg


e0164643_1516228.jpg


休憩場所定番の「無名岩」へと行く。ここは風当たりも少ないようだ。ランチタイム。
目の前の岩峰。やはり今年の紅葉はいまいちのようですね。
e0164643_1519219.jpg


このような鎖場や岩峰を超えながら歩きます。手元足元要注意ですね。
e0164643_15203528.jpg


けいこたんご夫妻がお初ですので「熊の磨崖仏」へと一旦下ります。

e0164643_15222171.jpg


e0164643_15245494.jpg


チャボノツメレンゲ、ツメレンゲ(高い場所でしたのでズームでやっと)、シマカンギク、ブゼンノギク、ヤマラッキョウ
e0164643_15274113.jpg


今回の軌跡です。
e0164643_15281715.jpg


「風の郷」でお風呂に入ってから帰られると言う、Kさん・じゅんパパさん・けいこたんとお別れし、私どもは富貴寺へ。

イチョウの落ち葉の絨毯を期待しましたが、富貴寺の公孫樹はまだ落葉しておらず、駐車場も満杯でここはパス。

両子寺へと向かいます。ここも参拝者がた~くさん。
e0164643_15403697.jpg


e0164643_1541325.jpg


e0164643_15413372.jpg


e0164643_15415548.jpg


e0164643_154217100.jpg


国東の紅葉は来週あたりは丁度見頃となるかも~ですね。

山をお一緒いただいたお三人さん、お疲れ様でした。寒かった~~ですね。
by nobucyansyuncyan | 2017-11-20 15:49 | 大分・国東の山 | Comments(10)

塔ヶ峯・貫山へ

先日、テレビで平尾台の紅葉風景が放映されていました。

17日からは天気も下り坂とのことでしたので、塔ヶ峯の岩峰に映える紅葉でも見に行きましょう!

e0164643_1050230.jpg

うーーん、もう落葉していますね。

86回目:11月16日(木)   平尾台   天気:晴れ   2名
ルート:茶が床園地(10:25)→塔ヶ峯(11:39)→展望所(11:49)→
    天狗の舞台(11:55~12:20、昼食)→林道(12:34)→貫山分岐
    (12:54)→貫山(13:15)→茶が床園地(14:20)

片付けが終わって急に出かけることが決まり、お湯を沸かしたりでバタバタと準備を済ませる。

茶が床園地に到着。お馴染さんの車はありませんねぇ。何処へ~~

台上の秋景色を眺めながら~~
e0164643_1145564.jpg


e0164643_1151272.jpg


e0164643_11194719.jpg


もう野焼きの準備もされていますね。
e0164643_1162955.jpg


塔ヶ峯への取りつきより進み、山頂標識を過ぎ、展望台へ。
e0164643_1182110.jpg


e0164643_1184849.jpg


天狗の舞台でランチタイム。少し風がありますが、岩が暖かくて気持ちいいですね。

男性の方がお一人到着。ここで登山者にお会いするのは珍しいです^^展望所へと~~

下山は急坂を下って林道へ。そのまま林道を通って貫山取りつきへ。途中の紅葉風景
e0164643_11134836.jpg


e0164643_1114863.jpg


久し振りに貫山へ登りましょうか~~ 展望はよかですね(^^♪
e0164643_1115795.jpg


下山時、この風景が大好きですね(^^♪ 英彦山・由布岳・国東のお山も望めます。
e0164643_11185128.jpg


あっちうろうろ、こっちうろうろ~~とお花散策をしながら茶が床園地へ。
e0164643_1124531.jpg


茶が床園地で山ふたすじさんとバッタリ。ほんの時間差で私どもが先に出発していたようです。

広い平尾台。「今、何処にいるんですか~」と携帯で連絡をしない限りは、なかなかお会い出来ませんね。
by nobucyansyuncyan | 2017-11-17 11:32 | 平尾台 | Comments(4)
道の駅で一夜を明かし、生月島を反時計回りにドライブです。

e0164643_22115126.jpg


風の辻ぐるぐる公園の標識があったので行ってみる。ここは初日の出を見るのに絶好の場所かな?
e0164643_2215268.jpg


生月大観音さんに立ち寄る。すごくデッカイ~!!
e0164643_2216788.jpg


ガスパル様
e0164643_22171876.jpg


大バエ灯台。車で上の駐車場まで。灯台の上がれるところまで行ってみる。
e0164643_2218569.jpg


e0164643_22272840.jpg


駐車場の近くにお芋と柿が箱に入って売っていたので買い求める。1袋100円。500円玉しかなかったので、白と赤のさつま芋 4袋と柿1袋。料金箱に500円を入れる。
今日(15日)、白いお芋を煮ましたが、とっても美味しかった(^^♪

次は「塩俵の断崖」 遊歩道は通行禁止でロープが張っていた。
e0164643_22293187.jpg


途中 展望所らしきところには立ち寄って、海と山を眺めて島一周を終える。

生月大橋を渡り、平戸へ。平戸蒲鉾などを買って平戸ともおさらば~~

帰り道、寄り道をして「ヤツガシラ」を見に行く。
e0164643_22372780.jpg


昨年はたくさんあったのだけど、今年は少ないし、時期的に遅かったのか~~
e0164643_22383581.jpg


山・お花散策・観光と充実の3日間でした。 走行距離は630キロ。

2日間、ご一緒いただいた山友さん、どうもお世話になりました(礼)
by nobucyansyuncyan | 2017-11-15 22:47 | 旅行 | Comments(4)

平戸お花散策・・・②

当日集合の方も揃い、皆さんで登山口へと移動。

85回目:11月12日(日)   とある山    天気:晴れ

今回も2015年に案内していただいたSさん・Kさんと一緒の山歩きです。

平戸の山は低山ですが、海を眺めながら、岩場もあり~の楽しい山が多いですね。

下山後は「上段の野」へと行き、お花散策
e0164643_13305551.jpg


e0164643_13313944.jpg


e0164643_1323861.jpg


e0164643_13262373.jpg


チョウセンノギクのうっすらピンクもありましたね^^
e0164643_13344662.jpg


e0164643_13352762.jpg


オケラも終わりがけでしたが、見ることが出来ました(^^♪
e0164643_1340940.jpg


ヒナヒゴタイ、タヌキマメ、カセンソウ、ムラサキセンブリ
e0164643_13412174.jpg


楽しいお花散策も終了
e0164643_13462090.jpg


昨日と同じく、ホテル蘭風で日帰り入浴。ここで皆さんとお別れ。

同行の皆さん、大変お世話になりました。

平戸には何度か来ていますが、生月島へ行ったことがないので明日は観光です(^^♪

道の駅にて車中泊。
e0164643_1350789.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-11-15 13:54 | 長崎県の山 | Comments(4)

平戸お花散策・・・①

12日に台風で延期となった「とある山」 前日から行ってお花散策をしましょう!!

今日の目的のお花は「イトラッキョウ」「オトメラッキョウ」

84回目:11月11日(土)   佐志岳・その他   天気:晴れ   5名

平戸大橋手前の「とある場所」に9時待ち合わせ。9時前に三々五々集合。

先ずはダルマギク鑑賞
e0164643_19394832.jpg


e0164643_19403681.jpg


先日、山口県の角島で鑑賞したばかりだが、ところ変わればで、また可愛い~~!!
e0164643_19441648.jpg


e0164643_19443882.jpg


本当は夕日に輝く「ダルマギク」がいいのだけど・・・

平戸大橋へ移動し、一台デポし二台の車で南下します。佐志岳へ。

e0164643_19493637.jpg


ヒナヒゴタイはもう終焉かな?  つーさんが初めてとのことで山頂へ。
e0164643_19542469.jpg


さてさて、お目当てのお花散策^^

イトラッキョウ
e0164643_19564615.jpg


オトメラッキョウもありましたよ~  チョウセンノギクは今年は少ないですね。
e0164643_1958486.jpg


イブキジャコウソウ、ムラサキセンブリ、ブゼンノギク、ダンギクも辛うじて見れました。
e0164643_200618.jpg


お風呂へ行く前に安満岳の登山口の先にある「鯛ノ鼻展望台」へ。

志々伎山・佐志岳・屛風岳や生月島などが見えます。五島列島も~~
e0164643_20144648.jpg


ホテル蘭風で日帰り入浴。スーパーで買い物をし、温かい鍋を囲んで話も弾みました。

明日は早いので、おやすみなさ~~いZzzz
by nobucyansyuncyan | 2017-11-14 20:25 | 長崎県の山 | Comments(4)

角島へ・・・ダルマギク

今日(11月9日)はゆっくり歩きの姉妹と一緒に山口県の角島へ出かけてきました。

昨年、ダルマギク鑑賞を兼ねて相方さん・娘と行ったのですが、姉妹が角島へ行ったことがないと言われるので、お誘いしてまたまた角島へ~~

角島大橋(車窓より)
e0164643_16283761.jpg


小倉のお姉さん宅にて8時に待ち合わせ。関門トンネルを抜けて山口県へ。安岡へ出て国道191号線を北上。川棚温泉を通過。途中 道の駅などでトイレ休憩やを兼ねてストレッチ。

「元乃隅稲成神社」へ。平日なのに多いですねぇ~少し待って駐車場へ車を入れ、「龍宮の潮吹き」へ。
e0164643_16373690.jpg


海岸沿いを散歩。
e0164643_16383049.jpg


さて、鳥居を潜って進みます。
e0164643_16394413.jpg


稲荷神社の上にあるお賽銭箱を目指して投げ入れますが、なかなか入りません。
e0164643_16411779.jpg


移動して角島へ。
e0164643_16451548.jpg


e0164643_16453763.jpg


お昼過ぎになりましたので、レストランで美味しいお魚をいただき~~

角島灯台へと行きます。初めてとのことで灯台へ上がります^^結構な階段です。
e0164643_16442377.jpg


そしてお花散策~(^^♪
e0164643_16475618.jpg


e0164643_1648401.jpg


ダルマギクも満開!!
e0164643_16494053.jpg


e0164643_16505390.jpg


e0164643_16514773.jpg


夕景も素敵ですね(^^♪
e0164643_16544350.jpg


一緒に北アルプスの大キレットなどを歩いたお仲間ですが、もう大きな山へは行けなくなりまして・・・山もいいけど海もいいねぇ~!!

お二人のお姉さんに喜んでいただき、出かけた甲斐がありましたね。

私どもは丁度見頃のダルマギクに出会うことが出来、happy・happy~~!!
by nobucyansyuncyan | 2017-11-10 17:03 | お花 | Comments(6)
佐賀の山友「平六さん」より、会の山行で英彦山へ行くのですが~~との相談がありました。

2016年2月に雪の英彦山をご案内。今回は北岳から登りたいとのこと。まだ未踏の北西尾根も歩きたいということで、今回のコース設定となりました。

紅葉谷の紅葉、きれいでした。
e0164643_16112338.jpg


83回目:11月5日    英彦山   天気:晴れ    23名+2名
ルート:豊前坊駐車場(9:07)→高住神社(9:20)→北岳の肩(10:18)→
    北岳の広場(10:49~10:59)→北岳→中岳(11:30~12:35、昼食)
    →紅葉谷(13:41~13:51)→キャンプ場(14:30)

キャンプ場に我が家の車を置き、山友さんのバスに乗せてもらって豊前坊へ。

山友さん「平六さん」がお世話している「佐賀勤労者山岳会」。準備体操など済ませ、9:07出発。
e0164643_16263420.jpg


自然と2班ぐらいに分かれ、相方さんに先頭についてもらう。梯子場があるとどうしても時間がかかります。だが怪我をしないように慎重に。
e0164643_16303114.jpg


e0164643_1631526.jpg


北岳の広場に皆さんを案内。雲海上の九重連山
e0164643_16344389.jpg


中岳直下の紅葉、3色のグラデーション(^^♪
e0164643_16321858.jpg


中岳に到着。皆さん 三々五々食事です。
今日の山頂は多いですね。トイレも並んでます。皆さん揃って集合写真。輪の中にいれてもらいました。
e0164643_16385041.jpg


上宮にお参りをして、北西尾根へと進む。
e0164643_16431776.jpg


尾根上のシンボル、ブナの大木。その近くにはツキヨタケ(毒キノコです)
e0164643_16443349.jpg


足元が柔らかく、皆さん「この道はいいですねぇ~」と喜んでいました^^
e0164643_16461960.jpg


e0164643_16465286.jpg


紅葉谷が一番きれいでしたので、ここで少し撮影タイム。
e0164643_16505081.jpg


キャンプ場への道も樹間の紅葉が、とっても素敵でした(^_^)/
e0164643_16522117.jpg


キャンプ場に待機していたバスに、皆さんは乗り込み、ここでお別れ。

お疲れ様でした~~  またお逢いしましょう!!
e0164643_175815.jpg


平六さん、とっても楽しかったですよ~~ゆっくりとはお話出来ませんでしたが、お元気な顔を見れたので、相方さん共々喜んでいま~~す!!
by nobucyansyuncyan | 2017-11-07 17:08 | 英彦山系 | Comments(4)