人気ブログランキング |

カテゴリ:宮崎県の山( 56 )

南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ

今日は宮崎の山友さん、Eさんの声掛けで高房山のヤッコソウ鑑賞登山です。

高岡温泉「やすらぎの郷」に9時集合です。

昨夜は近くの道の駅「ビタミン館」にて車中泊。集合場所には8:10頃早めに到着。

今日は7名とのこと。皆さん揃い、2台の車で登山口へ。

103回目:11月10日(日)   高房山   天気:晴れ   7名
ルート:登山口(8:58)→分岐(10:03)→反射板(10:34)→高房山
   (10:46~10:51)→昼食(11:18~11:55)→分岐(12:00)
    →分岐(13:34)→駐車地点(14:06)


登山口にあるマップ図
南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15054426.jpg


登山口を出発します。今日はYさん・Tさんお初の山頂となります。
南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15053774.jpg


美形のヤッコソウ
南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15053148.jpg


今日のルートは「やや急」「急登」を登ります^^
南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15052726.jpg


昼食場所に予定しているヤッコソウの群生地を過ぎて、反射板のある広場を過ぎます。
下の木のコブは亀さんの顔か蛙さんの顔か??  どっちに似ているでしょうね^^
南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15052356.jpg


高房山の山頂に到着。
南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15374667.jpg


ベンチのある場所でランチタイム。さて周回コースを歩きましょう^^

ヤッコソウがところどころに顔を見せています。
南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15051518.jpg



南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15050263.jpg


ここは去年凄いヤッコソウの群生地だったところです。今年は少なめ。
昨年の残骸が黒く残っています。
南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15050712.jpg


メアサスギ(立派な杉の木です)。  このキノコはカンゾウタケとのことです。
南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15045740.jpg



南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15045325.jpg


分岐を過ぎ、次の分岐は瓜田ダム方面へ。無事に下山。途中にはサツマイナモリが咲き始めていました。
南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15044428.jpg


他のお花は少なかったですね。ガンクビソウ、ヤマハッカ、マルバテイショウソウ(まだ蕾)
南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15043992.jpg


ツチトリモチ、ホウキタケ、白いのは?
南九州への山&花旅・・・高房山、ヤッコソウ_e0164643_15043582.jpg


ヤッコソウを初めて見たのは鹿児島の刀剣岳。ミラさん・tetu-1さんとでした。

ヤッコソウ、可愛いですよね。やはり気になって今年も見に来ました。

3日間の山・花旅を終え、宮崎西より高速へ。無事に帰りつきました。

今回の走行距離は990キロ。よく遊びました~~

by nobucyansyuncyan | 2019-11-14 16:07 | 宮崎県の山 | Comments(6)

天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く

宮崎遠征2日目の山は、高千穂峰です。

高千穂第五ダム登山口~高千穂峰~御鉢~高千穂河原~第五ダム登山口のコースです。

高千穂峰は高千穂河原しか登ったことがないので、お初のルートです。

皇子原駐車場に集合して、天孫降臨コースの登山口である第五ダム登山口へ移動します。

85回目:9月16日(月)   高千穂峰   天気:晴れ   14名
ルート:駐車場(8:53)→登山口(8:59)→第2展望台(10:07~10:16)→分岐
   (11:04)→高千穂峰(11:53~13:00、昼食)→元宮(13:11~13:17)
   →古宮址(14:06~14:26)→鹿ヶ原→分岐(15:14~15:19)→駐車場(16:25)


皇子原駐車場から狭い道を進むと、だだっ広い駐車場に着きました。トイレはありませんので皇子原で済ませます。第五ダム登山口へと進み、登山開始です。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16514105.jpg


第2展望台で小休止。その間でいろんなキノコを見ました。チチタケと言うのもあり、うどんのだしにすると美味しいそうです。何だか怖くて手が出ませんが~~
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16513713.jpg


霧島東神社との合流点です。こちらのコースは蛭がいるとのことですが、短パンスタイルの方が餌食になっていたようで、血が流れているのを見かけました。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16513464.jpg


ずっと階段状の道が続きます。時々、写真を取りながら休憩タイムが入ります^^
モウセンゴケ・ダイモンジソウ・キリシマヒゴタイ
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16513077.jpg


青空が気持ちいいですね!!  先発隊は前の方を歩いています。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16512787.jpg


しめ縄飾りのところまで来ました。きついですね! 次はあの大岩を目指して頑張ろう。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16512200.jpg


やっと大岩へ
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16511841.jpg


高千穂峰に到着。天の逆鉾です。
歩き始めて丁度3時間。先着組はもうお昼を食べています。後続を待ちます。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16511092.jpg


山頂で1時間ほど休憩をして、高千穂河原へ向けて下山開始です。ザレザレの滑りやすい道です。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16510645.jpg


高千穂神社元宮でお茶タイム。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16510213.jpg


地層
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16505802.jpg


馬の背を通って、御鉢を回ります。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16505483.jpg



天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16504952.jpg


赤いのはベニイタドリ(名月草)、白いのはイタドリでいいのかな?
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16504534.jpg


三々五々、足元に注意して歩きます。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16503939.jpg


古宮址に着きました。ここで中休憩。高千穂河原の売店まで行ってトイレタイム。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16503544.jpg



天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16503130.jpg

天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16502708.jpg


鹿ヶ原へ向けて出発です。ここのミヤマキリシマは今年は見事だったそうです。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16502327.jpg


分岐に到着。新燃岳へは行けません。途中ではまたキノコをたくさん見かけました。下山口の林道ではナンバンギセル。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_16501875.jpg


アキノキリンソウ、ノコンギク、ノササゲ、ツルニンジン、ヤマジノホトトギス
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_22324114.jpg


今回の軌跡です。
天孫降臨コースから高千穂峰周回コースを歩く_e0164643_22324608.jpg


今日も良く歩きました。

今回、企画をされ、案内して下さったOさん、有り難うございました。

まっちゃん山学校の校長のまっちゃん、いろいろとお世話になりました。

企画に参加された宮崎・鹿児島の山友さん、楽しい2日間でした。有り難うございました(礼)

解散した後、皇子原の温泉で汗を流し、帰途に着きましたが、休憩・食事を入れて帰りついたのは22時半でした。やはり遠いですねぇ~~  走行距離は665㎞でした。

最後に書き忘れですが、下山後 ヒルチェックをしたら、ズボンにの裾に1匹おりました。

小さくて1㎝ぐらい。ヒルってこんなに小さいんですか、と聞きますと、血を吸ったら大きくなるんですよ~とのことです。スパッツはしてなかったのですが、スパッツをした方にはスパッツにやはり付いていたようです。
行かれる方は気を付けてくださいね。

お風呂に入った時もヒルチェックをしましたが、大丈夫でした。

by nobucyansyuncyan | 2019-09-21 23:09 | 宮崎県の山 | Comments(2)

宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山

韓国岳は2014年5月以来です。

縦走は2010年4月に霧島に咲く「キリシマミズキ」のお花を見に行き、硫黄山でお話をした方が「今、新燃岳の噴火が治まっており、縦走出来ますよ」と言われたので、ならば縦走しようと中岳・高千穂河原まで歩き、帰りはタクシーでえびの高原へ。

今回は獅子戸岳までが解除になって登れるとのこと。楽しみです(^^♪

84回目:9月15日(日)  韓国岳・獅子戸岳・大幡山  天気:晴れ  18名
ルート:えびの高原(9:23)→五合目(10:25~10:34)→韓国岳(11:07~11:15)→
   昼食(11:53~12:26)→獅子戸岳(13:17~13:34)→大幡山(14:31~14:39)
   →大幡池分岐(15:14)→山ノ神(15:49)→P地点(16:44)

宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20163462.jpg


皇子原駐車場に7:30にOさんと待ち合わせ。車5台で大幡沢のP地点に行き、4台をデポします。

デポを終わって皇子原駐車場に戻ると、もう皆さん集合しています。

そこからえびの高原へと移動です。リーダーのOさんよりコースの説明。

以前の登山口とは違っていますが、ここより出発。第一展望所から硫黄山を眺めます。道路のすぐ横から噴煙が上がっており、この付近は通行止めの規制となっています。

宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20163036.jpg


五合目に到着。真っ青な空!!  暑いです。 8合目・9合目を過ぎて~~
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20162769.jpg


韓国岳(1700m) 岩陰にダイモンジソウが咲いていました。眼下には大浪池
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20162271.jpg


御鉢の中を覗きます。今回は鹿はいないようですね^^
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20161841.jpg


記念撮影をして出発です。韓国岳までのMさんご夫妻とお別れして、ここより16名。
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20161409.jpg


滑りやすい砂礫の道です。時折り石車に乗ってズルッ
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20160913.jpg


新燃岳の噴煙が見えますね。
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20160269.jpg


後ろを振り返ると、やはり皆さん慎重に歩いていますね。
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20155819.jpg


以前の道ですが「植生復元のため立ち入り禁止」となっており、ここからは新道を歩きます。距離が400mほど長くなっています。獅子戸岳と新燃岳が綺麗に見えていますね。
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20155389.jpg


韓国岳を振り返ります。ピストンで戻られる方とすれ違いましたが、あの道を登り返すのかと思うとぞっとしますね。
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20154950.jpg


獅子戸岳に到着(1428m)ここより新燃岳・中岳へは行けません。
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_22361124.jpg


新燃岳・高千穂峰をバックに記念撮影。いつになったら縦走が出来るのでしょうかね。獅子戸岳もまた入山禁止になるかもしれませんね。
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20154556.jpg


ここからは大幡山(1352.5m)へと進みます。大幡山の三角点、危険な位置にありますね。
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20154173.jpg


大幡池を左手に見て進みます。昨年、膳棚を見に来た時は大幡池へと下りたことはあります。今回Takaさんを案内して数人の方が池へ。合流点で待ち合わせます。お花はキカンビ。
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20153839.jpg


山ノ神に到着。ここから1時間ほどで大幡沢のP地点に無事に到着。
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20153355.jpg


今回はお花は少なかったです。フクオウソウ・ツクシコウモリソウ・アキノキリンソウ・キリシマヒゴタイ
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20152964.jpg


今回の軌跡です。よく歩きましたね!!
宮崎遠征・・韓国岳~獅子戸岳~大幡山_e0164643_20152409.jpg


皇子原駐車場に戻って、ここで取りあえず解散。
えびの高原へと送っていく方と温泉組へと分かれ、懇親会参加の者はお風呂に入ってさっぱりとして会場へ。わざわざ、懇親会参加の方も到着され、それは賑やかに宵・酔いの時間が過ぎたようです。
私は早々とダウン。23時ごろ一度目が覚めましたが、まだ宴会は続いておりました。
洗い物を片付けて、またすぐにZZZzzz  眠かった~~

by nobucyansyuncyan | 2019-09-19 23:29 | 宮崎県の山 | Comments(4)

霧立越え・・白岩山へ

11日、家事をしていたらミラさんよりTEL。

明日、白岩山を歩きませんか~~五ヶ瀬で車中泊しませんか~で、OKですよ~

こういうことはすぐにまとまります^^すぐに相方さんへ「今日出かけますよ~」

今日の夕飯は魚のフライを予定していたので、フライとサラダを作り、娘に事の顛末をラインで送って、娘の分を置いて残りは持っていきました。14時に我が家を出発。玖珠・阿蘇・高森を通って18時過ぎに到着。

皆さんをお待たせさせたようですが、何かアクシデントがあった様子。同行の方の車が悪路でパンクしたとのことで、レッカー車が来ておりました。

小宴会をしながら戻ってくるのを待ち、改めて乾杯!!

翌日は5時起床しましょう、だったのですが、4:40の夜明けの様子
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15070798.jpg


刻々と空が変わります。久しぶりの五ヶ瀬の黎明
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15070424.jpg

69回目:7月12日(金)   白岩山    天気:晴れ   6名
ルート:五ヶ瀬スキー場→ごぼう畑→白岩山ピストン

昨日のパンクの件がありますので、登山口のごぼう畑まで歩きます。
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15070148.jpg


今日のミッションは鐘馗蘭(ショウキラン)とセイタカスズムシソウを見ること。

いつも白岩山はキレンゲショウマの時だったのですが、時季が変われば~~

ワタナベソウ、ホソバシュロソウ、ツチアケビ
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15065049.jpg


鐘馗蘭。以前白岩山で見たのは花後だったのですが、今回は綺麗なのに会えました(^^♪
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15064554.jpg


バイケイソウ、ホタルサイコ、キヌタソウ
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15062974.jpg


ヤマアジサイ、何とも言えず愛らしい色です。ナガエコナスビ
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_16042191.jpg


シモツケ
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15065713.jpg


キリンソウ(白岩山でこんな綺麗なキリンソウを見たのは初めてです)
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15064158.jpg


シコクシモツケソウ
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15063832.jpg


セイタカスズムシソウ
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15063383.jpg


ハナイカダ、ナツトウダイ、イシヅチカラマツ
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15062535.jpg


コウスユキソウ(私はこれがミッション3でした)
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15061944.jpg

皆さんでワイワイガヤガヤ。楽しい時でした。で、Hさんが「岩の上にマムシがいるよ~」 私がそこを通過しようとしているところだった。Hさんは蛇が大嫌いだとのこと。そのお方が蛇を発見。日向ぼっこなのかとぐろを巻いておりました(>_<) Uさんが蛇退治。

白岩山の山頂には蛇がいるとのこと。私は何度か来ていますが、ここでマムシに遭遇したのは初めてです。「もういないよねぇ~」さぁ退散・退散。下山しましょう。

場所を移動してキレンゲショウマのところを偵察。やはりまだ早かった~~

霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15061212.jpg


車まで戻り、皆さんと昼食タイム。梅雨明けにアルプスへ行かれるというUさんとアルプス談義。ここで解散。皆さんお世話になりました。またよろしくお願いします。

帰りも高森・阿蘇経由で。阿蘇ビジターセンターに立ち寄ると、まぁ「うすきさん」がいるではありませんか~
びっくりです。ギンバイソウの咲き始めとハナシノブの終わりかけというので、お別れして別のところへお花散策。

霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15060779.jpg


マツモトセンノウと白花とピンクのアソノコギリソウ
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15055975.jpg


タカトウダイ、チダケサシ、カワラマツバ、ホタルブクロ、ノハナショウブ
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15055545.jpg


オグラセンノウ
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15054935.jpg


ハンカイソウ、アソオタカラコウ、クサレダマ、ヒゴタイ
霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15053084.jpg


霧立越え・・白岩山へ_e0164643_15053557.jpg

タデ原湿原にも立ち寄りました。ミズチドリは咲いていましたが写真はブレてました。ミズオトギリはもう少ししないと~でした。

早めに白岩山へ登ったので、阿蘇・くじゅうのお花散策もすることが出来ました。

長崎4人組さん、有り難うございました。またよろしくお願いします^^

ミラさん、急遽のお誘い、いつでもOKですよ~~

by nobucyansyuncyan | 2019-07-15 16:48 | 宮崎県の山 | Comments(8)

赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて

25日 後半の部です。

お天気も回復したので、取りあえず赤川浦岳の登山口まで移動してみようか~~

16時前に着いたので、山頂へは行かずに白の曙さんが見られるところまで行こう^^

駐車場には先客の車が一台。まぁこの時間までうろうろする人はいませんよね。

赤川浦岳は何度も登っているので時間が読めるし、今日は泊まりだし~~^^

ルート:登山口(15:55)→展望所(16:38~16:55)→駐車場(17:30)

ピンクのアケボノさんは満開!!

赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15483583.jpg


途中にある白のアケボノさん

赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15484846.jpg


赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15484261.jpg


綺麗だねぇ~~やっぱり来てよかったねと相方さん。誰だろう、もうやめようか~と言った人は^^

赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15471129.jpg


何も言えません!!  きれい・綺麗\(^o^)/

赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15472688.jpg


白のアケボノさん

赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15482780.jpg


ピンクと白のアケボノさん

赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15470258.jpg


アケボノの競演~~

赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15465072.jpg



石楠花も咲いています

赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15471896.jpg


祖母山が雲の中に隠れようとしています。

赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15463992.jpg


帰り道での白のところに戻ってきました。視線が変わると(^^♪

赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15462988.jpg


赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15462008.jpg


ヒカゲツツジも見かけましたが、遠い。登山口へと戻ってきました。

赤川浦岳へ、白のアケボノツツジを求めて_e0164643_15455908.jpg

下山後は高千穂の温泉へ行くつもりだったが、遠くなるし、高森まで戻ろうか。

そよかぜパークの案内があったので、行くと「休止中」の案内が。「四季の森温泉館」へ移動。

近くの道の駅にてZZZ



by nobucyansyuncyan | 2019-04-29 16:56 | 宮崎県の山 | Comments(2)

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ

「道の駅はゆま」で車中泊。道の駅に設置されているコインシャワーで汗を流す。(時たま故障するのでしょうか、私が入ったところはお湯も出ましたが、相方さんが入ったところはお湯も出ず、お金も中から再度入れたのだけど出なかったとのこと)

レストランで夕食を食べ、早々に就寝。夜中の雨の音で目が覚める。今日の山行は大丈夫かなぁ~

駐車場で朝食を食べて、今日一緒に歩いてくださるEさんを待ちます。

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14144826.jpg

32回目:4月8日(月)   行縢山   天気:晴れ    3名
ルート:駐車地点(8:16)→滝見橋(8:34)→行縢の滝(8:53~8:55)→
    雌岳分岐(9:21~10:38)→山ノ神(10:53)→山頂(11:40~12:25、昼食)
    →南面崖コース経由→駐車地点(14:17)


神社先の林道へと移動。今日はここから出発です。橋を渡ります。

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14144281.jpg


滝見橋で雌岳と雄岳の間から流れている滝を見物してから進みます。

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14143809.jpg


滝まで5分の分岐から滝への往復。Eさんの話では水量は少ないそうです。
マイナスイオンをたっぷり浴びて登山開始。

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14143495.jpg


雌岳の分岐よりアケボノツツジを鑑賞しに途中まで進む。今季お初のアケボノツツジ!!

じっくりと写真を撮りたいのだけど、何しろ足場が悪い( ;∀;)

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14142846.jpg



行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14142460.jpg



行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14141757.jpg


開けたところでは大崩山が望めます^^

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14141105.jpg


上から先ほどの行縢の滝を眺めます。

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14140564.jpg


ミツバツツジが咲き誇っています。山ノ神で一休み。頂上まで1時間、さぁ頑張ろう!!

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14140018.jpg


行縢山に到着。2等三角点です。今日も数人の登山者を見かけましたが、ササユリの頃は賑やかになるでしょうね。

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14135686.jpg


久しぶりの山頂。ノンアルで乾杯!!  山頂下の岩で少しお遊びを^^

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14135281.jpg


Eさんと私。空が青いですねぇ~~

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14134815.jpg


Eさんに撮っていただきました。

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14403340.jpg


ササユリは今月待つぐらいには咲くのでしょうかね。また見に来たいなぁ~~

下山は南面ガケ下健脚コース。以前、調べたときにこのコースがあり、一度歩いてみたいと思っていました。今日はEさんが下山はこのコースを行きましょうで念願が叶いました。

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14134467.jpg


メンツツジ(フジツツジ)が数か所見かけられました。色が優しいですね。(朱赤色の大きなオンツツジに対し、小さい可愛い花をメンツツジというとのこと)


行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14133960.jpg



道はガレ場で足元での落石注意ですね。テープを確認しながら進みますが、時々倒木などで道が不鮮明。だが、なるべく大岩をへつるようにして歩けば大丈夫でしょうね。

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14133538.jpg


途中の岩峰では残置ロープがありました。ハーケンを打った後もあり、岩登りの訓練がされているのでしょうね。

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_15552608.jpg


ちょっとハードなコースでしたが、Eさんにも迷惑をかけず歩くことが出来ました。ご一緒くださったEさん、有り難うございました。宮崎の山ではいつもお世話になっております。またよろしくお願いいたします。

行縢山へ・・アケボノツツジとフジツツジ_e0164643_14131203.jpg


帰りは高千穂経由で下道をゆっくりと帰りました。瀬の本ではキスミレが車の中からも見えます。

by nobucyansyuncyan | 2019-04-11 16:02 | 宮崎県の山 | Comments(2)

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ

宮崎の山友さんの山行計画に「遠見場山・・オンツツジとシオミイカリソウ」の案内がありました。

分県登山ガイド「宮崎県の山」を見るとフェリーで渡り、島内を石仏を見ながら歩くようだ。

宮崎県の山の著者の緒方さんの案内で、知った方も何人か参加されるようなので、皆さんにお会いしたいねぇ~~で参加申し込みをしました。山帽子さんも行きたいとのことで参加申し込み。現地集合です^^

中心にある山が可愛岳(えのだけ)、その左に行縢山(むかばきやま)。右の方は大崩山。 オンツツジがきれいでした。


遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14581374.jpg


シオミイカリソウ(ヒゴイカリソウより少し小型かな)

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14580572.jpg


31回目:4月7日(日)   遠見場山   天気:晴れ    25名
ルート:浦城港~高速艇(10分)~島浦中央港~公園(8:50~9:00)→2番
    →遠見場山(9:45~9:55)→ヒダラ松峠→中山崖展望所→ヒダラ松峠
    →遠見場山(昼食)→島浦中央港(13:25、14:35)~浦城港(14:45)


6日は平尾台・塔ヶ峯を歩いたので、やはりその日のうちに出発できず、20時には就寝。3時に起きて4時出発の予定でしたが、2時には目が覚めて3時過ぎに出発。

上毛スマートから高速に乗り、6時過ぎには浦城港に到着。皆さんが来られるのを朝食を食べながら待ちます。


遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14574147.jpg


8時集合。8:30の高速艇に乗り込み、8:40に島浦島に到着。公園にてトイレなどを済ませ、記念撮影をして出発。総勢25名。賑やかです^^  11面千手観音像が祀られ、全部で33体あるそうです。

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14573540.jpg

3番・4番・6番~~

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14572675.jpg


色鮮やかなオンツツジ。緒方さんの話では今年は昨年の半分ほどとのこと。

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_15414300.jpg


お花を見ながら、展望を楽しみながら進むと灯台があり、遠見場山(185m)に到着。

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14571943.jpg


春霞で遠望がきかないのがちょっと残念ですが、明日登る予定の可愛岳・行縢山が見えています。

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14571247.jpg


オンツツジロードです^^  いいですねぇ~~

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14570005.jpg



遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14565008.jpg


中山崖展望所まで来ました。ここでまた展望を楽しみます。

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14563720.jpg



遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14563023.jpg


遠見場山まで戻り、ランチタイム。今日は25名のグループの貸し切りです。

今日のお目当てのシオミイカリソウです^^


遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14562341.jpg



遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14561625.jpg



遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14555464.jpg



遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14554617.jpg


その他に見かけたお花。アオダモ・オドリコソウ・ヒメハギ

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14553684.jpg


下山口近くの桜の木、満開でした。今日登った遠見場山をバックに記念撮影です。(緒方さんよりいただきました)

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14553062.jpg

無事に下山しました。このように島内を歩くのも楽しいものです。企画してくださった緒方さん、有り難うございました。宮崎・鹿児島の皆様、お世話になりました。またよろしくお願いいたします。

明日は可愛岳に登る予定でしたが、行縢山へ土曜日に登られた方がアケボノツツジが咲いていたよ、とのことで予定変更。宮崎の冠岳や双石山を一緒に登ったEさんも明日ご一緒くださるとのことで、明日の時間を確認してお別れ。

今日は道の駅で車中泊ですので、時間もあるので港の付近を散策。透き通っていますね。

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14550393.jpg

適当に車を走らせ、展望所へ。先ほど登った遠見場山です。灯台が見えています。
ハマナデシコとツルナかな

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14545302.jpg

若山牧水の歌碑
 山ねむる山のふもとに 海ねむるかなしき 春の國を旅ゆく

遠見場山(とんばやま)・・オンツツジ、シオミイカリソウ_e0164643_14544842.jpg


by nobucyansyuncyan | 2019-04-10 16:46 | 宮崎県の山 | Comments(2)

観光しながら帰宅

起床6時、出発は7:30。山は韓国岳のとあるコースと昨夜の取り決め。

雨がしとしとと降っています。レーダーを見ると9時ごろにはあがるらしい。

他の案も出たが、皆さん最初の案で登る気満々。

白鳥神社へと車を連ねて進んで行ったが、リーダーのEさんの車がエンジントラブルで出発できず・・・

観光しながら帰宅_e0164643_22002465.jpg

取りあえず白鳥神社に集まった面々で、山行のことを話し合うが雨は相変わらず降っており、テンションは下がるばかり・・・多少の藪漕ぎがあるコースのようなので、今回は中止となりました。

現地で解散。私どもは観光をしながら帰ろうか~~で2年前に行った「クルスの海」

小林から日向まで高速・無料区間を走りました。

観光しながら帰宅_e0164643_22002038.jpg
  
観光しながら帰宅_e0164643_22001632.jpg

観光しながら帰宅_e0164643_22001038.jpg

米の山展望台の看板がありましたので立ち寄ることに。一等三角点でした。

観光しながら帰宅_e0164643_22000704.jpg

お昼は蒲江の道の駅で海鮮丼^^ 元越山の近くを通りながら海沿いの道をドライブ。

観光しながら帰宅_e0164643_22000395.jpg

そして鶴御崎灯台へ。九州最東端の灯台です。

観光しながら帰宅_e0164643_21595984.jpg

お昼ごろには雨も上がりましたが、一日中すっきりとしないお天気。
山はお天気次第。無理は禁物です。また機会をみてとあるコースを歩きたいですね。

20時前にようやく我が家に帰りつきました。

お世話になったEさん、まっちゃんなど宮崎の山友さんに感謝・感謝でございます。

懇親会ではいろんなお話も飛び出し、アルコールも進んだようですね。

またの機会、楽しみにしております!!

今日、見かけたお花です。コウヤボウキ

観光しながら帰宅_e0164643_21595571.jpg

観光しながら帰宅_e0164643_21595170.jpg

ノジギク、ハマナデシコ

観光しながら帰宅_e0164643_21594662.jpg

by nobucyansyuncyan | 2018-11-21 22:55 | 宮崎県の山 | Comments(0)

高房山・・・ヤッコソウ

FBに宮崎の山友さんがヤッコソウの写真を出していました。

2013年に鹿児島の刀剣山、2016年に宮崎の熊野江神社で見ましたが、久しぶりにまた見たいねぇ~

17日に行こうと思うのですが、まだ見れますかねぇ~と連絡すると、18日だったら案内しますよ~の返事。やはり、地元の山友さんの案内は心強いです。

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15084479.jpg

110回目:11月18日(日)   高房山   天気:晴れ   14名
ルート:駐車地点(10:04)→鉄塔(10:14)→反射板(11:54)→高房山
   (12:08)→昼食(12:38~13:08)→鉄塔(14:31)→下山(15:11)

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15094843.jpg

山中にある看板

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15094330.jpg

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15093828.jpg

我が家を4:50に出発。みやこ豊津インターより高速に乗ります。宮崎西インターで降りて集合場所の「高岡温泉やすらぎの郷」には9時前に到着。一番乗り~です^^

我が家から295.5キロ。やはり遠いですねぇ~

皆さんが到着し、許可を得てデポさせてもらい、相乗りで登山口へ。

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15093361.jpg

登山道を少し登ったところの鉄塔広場で、今日お世話いただくEさんの説明。

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15092850.jpg

途中、「急・ゆるい」の看板がありますが、ほとんど変わりなしですね。距離も短いし~~  ツチグリやツチトリモチなどを観察しながら進むと、ヤッコソウのお出ましです^^

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15092453.jpg

今日は「最高点」(展望所)には行かず、高房山の山頂(337.3ⅿ)へ。三等三角点にタッチ。分岐手前まで戻り、ここで昼食タイム。ここにもヤッコソウ群生地の看板がありました。

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15092000.jpg

少しアップダウンを繰り返し、一番のヤッコソウ群生地へ。皆さん写真撮影に夢中。

両手を広げたところにあるのをなめてみましたが、甘かったような~~

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15085656.jpg

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15085280.jpg

林道に出て、鋭角に曲がって、また登山道へ。

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15082020.jpg

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15081534.jpg

台風の爪痕でしょうか、少し荒れていました。

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15081079.jpg

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15080443.jpg

下山口に無事到着。イズセンリョウ、ツルコウジ、アケボノソウの残花。

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15075017.jpg

これはお初の花だったので楽しみにしていたのですが、まだ蕾でした。茎が長くて一緒には収められませんでした。そしてボケていました^^名前はマルバテイショウソウ。キッコウハグマに似たお花が咲くとのこと。

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15074563.jpg

メアサスギ

高房山・・・ヤッコソウ_e0164643_15091098.jpg

高岡温泉で入浴後、小林へと移動。まっちゃんのお世話で18時より懇親会の開始。翌日の山などを決め、山友さんのアルプスでの珍体験などの話を肴に大いに盛り上がりました。

2人帰られましたので、12人+まっちゃんの奥さん、お孫さんの14人だったかな?

一応、12時までと時間を決めていたようですが、何人かはもっと頑張って起きていたようです(^_-)-☆

by nobucyansyuncyan | 2018-11-21 16:18 | 宮崎県の山 | Comments(2)

白岩山へ・・キレンゲショウマ

今年も来ました~~コウスユキソウとキレンゲショウマを愛でに(^^♪

白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15544191.jpg


昨夜は早めに寝ましたので4時には目が覚めました。さて、起きますか~~

朝食を食べ、食後のコーヒーもいただき、車中泊グッズも片付けて6時過ぎに出発です。

73回目:7月28日(土)   白岩山    天気:晴れ   4名+1名
ルート:駐車地点(6:03)→ごぼう畑(6:27)→杉越(6:55)→ゲート
    (7:20~8:55、白岩山)→ごぼう畑(9:33)→お花散策へ

8月2日までごぼう畑までは車の乗り入れ禁止です。20分ほど歩かねばなりません。
綺麗に舗装されているのはわずかな距離です。すぐにガタガタ道となります。


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15543737.jpg


このごぼう畑までの林道歩きが疲れましたね。いつもは車でさっと通るのですが・・・
けど、そのお陰でお花も見つけましたね^^


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15543333.jpg


杉越で登山届提出。お花を探しながら歩きます。
オオヤマサギソウ、ミヤマツチトリモチ、ワタナベソウ


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15541610.jpg


今日は白岩の頭まで行かず、山頂付近でゆっくりとお花散策です。

コウスユキソウ、ちょうどよかったかな^^


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15542241.jpg


ヤハズハハコ、ヤマホトトギス、ショウキランの花後


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_16464062.jpg


白のソバナがありました。


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15540904.jpg


ツクシトウヒレン、シオガマギクはまだ蕾、ママコナにキヌタソウ、コオニユリ、シモツケ


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15541283.jpg


ツクシクサボタン、クルリンちゃんが可愛いですねぇ~~


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15542782.jpg


白いキノコが緑の苔に生えます^^ソバナ、オタカラコウ、ホソバシュロソウ、オトギリソウ


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15540120.jpg


ホタルサイコ、イシヅチカラマツ、キリンソウ、シギンカラマツ


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15530102.jpg


ヒナノウスツボ、イケマ、ミゾホオズキ


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15525187.jpg



キレンゲショウマ


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15531562.jpg


いつものごとく、山頂でノンちゃんで乾杯!!
山頂で御一緒になったお方とお話すると、なんとhigeさんのお知り合い。下山はご一緒に~~
私どもが下山するときに登ってくる方が・・・昨年、向坂山の山頂でお会いした3人さん。
もうびっくりですねぇ~~


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15523952.jpg



駐車地点へと戻り、お昼を食べて「さぁ、帰りましょうか~~」

ミラさんたちは早いので大観峰・菊池周りで帰られるとのことで、途中までご一緒しました。


白岩山へ・・キレンゲショウマ_e0164643_15523228.jpg


tetu-1さん、ミラさん、今回も大変お世話になりました。

綺麗なお花にも会えたし、万々歳です~~

by nobucyansyuncyan | 2018-07-30 17:04 | 宮崎県の山 | Comments(2)


信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
英彦山系
平尾台
福岡県の山
大分県の山
大分・国東の山
佐賀県の山
長崎県の山
熊本県の山
宮崎県の山
鹿児島県の山
北アルプス
中央アルプス
南アルプス
北海道の山
東北の山
新潟の山
白山
上州・関東の山
近畿の山
中国地方の山
四国の山
山の想い出
山歩き
町内散歩
お花

日常の出来事
旅行
国土地理院
歴史散策

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

リンクサイト

フォロー中のブログ

気まぐれ散歩
そうだ!山に登ろう
関西の山の週末山登り日記
行けるとこまで
山が呼んでる
山馬鹿日記
Haruの気まぐれ日記
S・TAROUのブログ
じなしの山歩記と国東半島...
休日の山登り
風来坊のアウトドアライフ
山に癒されて
山野草に癒されて

最新のコメント

鍵コメさん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 19:14
風来坊さん、おはようござ..
by 豊津の信ちゃん at 09:32
おはようございます、信ち..
by 風来坊 at 09:13
けいこたん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 20:47
遅くなりましたが、俊ちゃ..
by けいこたん at 17:07
じゅんパパさん、こんばん..
by 豊津の信ちゃん at 19:45
遅くなりましたが、俊ちゃ..
by じゅんパパ at 09:48
へこさん&ひーちゃん、こ..
by 豊津の信ちゃん at 22:19
風来坊さん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 21:32
俊ちゃん、お誕生日おめで..
by へこさん&ひーちゃん at 19:28

検索

記事ランキング

ブログジャンル

登山
九州

画像一覧