人気ブログランキング |

カテゴリ:佐賀県の山( 26 )

白岳のダンギクを鑑賞した後は、栗ノ木峠へ移動。

e0164643_14351689.jpg


ネットの山の会「やまびこ会」に加入しています。
今度、やまびこ会では九州自然歩道を福岡県をを起点に会の旗をリレー形式で繋いでいこうという取り組みをしています。長崎県はミラさんの担当だとのこと。佐賀県からバトンを引き継ぐことになる栗ノ木峠の確認に行くというミラさんに同行しました。
e0164643_14350816.jpg


栗ノ木峠・・伊万里と佐世保を結ぶ交通の要所だとのこと。
e0164643_14350409.jpg


栗ノ木峠(11:48)→林道終点(12:25)→国見山(12:38~12:57、昼食)→栗ノ木峠(13:56)

登山開始。
e0164643_14350246.jpg


九州自然歩道の標識
e0164643_14345799.jpg


林道終点に着きました。ここまで車で来れるようです。トイレもあります。
e0164643_14345338.jpg


2座目ですので軽快な足取りというわけにはいきません^^  エンヤコラショ
e0164643_16304047.jpg


山頂に到着。777m。一等三角点です。展望所で昼食でも、と上に上がると何か首筋にがむず痒い。すると相方さんが「ちょっと動かんで、虫がいる、ナナフシが~」とここで変な撮影タイム^^
e0164643_14345014.jpg


変な騒動もありましたが、お初の山で~~す。雲が分厚くなり、今にも雨が降りそうな気配。
昼食を済ませ、下山開始。
e0164643_14344525.jpg


時折り日差しも差し込んできた道を歩きます。無事に下山しました。
一応九州自然歩道の長崎県の起点を確認して、ミラさんも一安心したようです。

国見山で見かけたお花、シュスランです。もうほとんど終わっていました。
e0164643_14343469.jpg


アキノギンリョウソウも見かけました。
e0164643_14343096.jpg


皆さんとお別れして、無料道路・浜玉道路・都市高速経由で明るいうちに我が家へ。

旬なお花を楽しんだ2日間の平戸の花旅でした。ミラさんお世話になりました。

by nobucyansyuncyan | 2019-10-17 16:56 | 佐賀県の山 | Comments(4)

天山へお花散策

3日の午後、ミラさんより「明日、天山へ行きますが予定がなければご一緒に行きませんか~」のお誘いが。久しぶりだね~「行きます」と返事をします^^

お天気が良ければ平尾台でもうろうろしようかな?だったので、特別予定はありませんが~~で道の駅「大和」に8時待ち合わせ。それから登山口までが長かった~~ですね。

七曲がりからのルートとのことで、地図やYMAPの記事で調べて行ったところは「ここではないよ~」

ミラさん曰く、YMAPの山友さんは「七曲がりの峠にほど近いところまで行っているとのこと」

私どもはお初のルートですので、さっぱり??  ミラさんが何度か山友さんにTEL。

「今から行きますので30分ほど待っててください~~」

山友さんの先導で何とか登山口に辿り着きました(ホッ)

89回目:10月4日(金)   天山   天気:晴れ   5名
ルート:七曲り(10:25)→天山(12:30~13:25)→七曲り(14:45)

ゲートの前には平日ですが10数台の車。このルートが林道歩きをあまりしなくていいらしい。ほかのルートは先日の台風で登山口の駐車場までは行けず、林道歩きが長いとのこと。

草ぼうぼうの登山口。登ると分岐の標識。天山まで3.6キロ
e0164643_15354672.jpg


階段状の道を上がって行きます。これが結構きついですね。真っ白いキノコとノササゲの実
e0164643_15354013.jpg


天山のトリカブトのお出ましです^^ 色が濃いですね。
e0164643_15353674.jpg


そしてリンドウさん。目一杯開いています^^
e0164643_15352341.jpg


丁度上り坂をふーふー言っていたら着信音が。マッスルさんからです。「今どこですか~」どうやら山頂で待っているらしい。

実はミラさんと連絡を取り合った後、「明日、天山へお邪魔しま~す」の電話をしました。今咲いている天山のお花の情報をお聞きすると、「何時ごろ来るんですか~」とのことだったので、8時集合でそれから七曲り峠の登山口へ移動しても9時前には出発できると思うのですが、とアバウトな行程。

だけど行きますねぇ~の言葉がなかったし~、まさか・まさか、マッスルさんがお出でになっているとは思いませんでした。「3人組は先にいってま~す。私とミラさんはの~んびりと歩いていますので~~」

天山北壁まで迎えに来てくれて、{おひさしぶりで~~す!!}

お花散策をしながら天山山頂へ。その前に平尾台・田原山で偶然お会いしたharuさんとまた天山でバッタリとお会いしました。一緒に山頂へ。 5人が7人に^^
e0164643_15351941.jpg


山頂でランチタイム。賑やかにいろんな話が飛び交います。そこへ山友カントさんのお友達の方が「信ちゃん?」「あら~お久しぶりです^^」
e0164643_15351328.jpg


山頂で展望を楽しみます。下段は帰りに眺めた岸岳方面です。
e0164643_15350837.jpg


天山北壁と天山をこよなく愛する、天山の主の山友マッスルさん(^O^)/
e0164643_15353300.jpg


トリカブト。先日の由布岳よりは株数も多いようですね。
e0164643_15350037.jpg


アキノキリンソウもた~くさん
e0164643_15345676.jpg


センブリ、これは4枚葉ですね。
e0164643_15344919.jpg


こちらは今回お会いしたかったムラサキセンブリの白花です。
e0164643_15344389.jpg


紫と白さんのコラボです^^  以前平尾台で紫の白バージョンを見たのですが、こんなに真っ白ではありませんでした。ほんとに真っ白です。山友さんも3年ぶりだとのことです。
e0164643_15344069.jpg


蟻さんが食事中のようですね^^
e0164643_15343114.jpg


アザミ、ツルリンドウ、キュウシュウコゴメグサ、ホソバノヤマハハコ
e0164643_15334273.jpg


4枚・5枚葉のセンブリ、マツムシソウ、ウメバチソウ、ミヤマキリシマの戻り花
e0164643_15332992.jpg


七曲りへの道は道路標識になくてわかりづらかった。ミラさんの山友さんのお陰で何とか辿り着き、お初のルートを歩くことが出来ました。

そしてマッスルさん、まさかお出でになるとは思っても見なかったので、これまた嬉しかったですね。ハグはしませんでしたが、しっかりと握手しました(笑)。

ミラさん、お誘い有り難うございました(礼)

山友さんのお陰で天山を楽しませていただきました。感謝・感謝・感謝~!!!

by nobucyansyuncyan | 2019-10-07 20:32 | 佐賀県の山 | Comments(4)

黒髪山へ

佐渡遠征から帰ってきて間がないんだが、クロカミランが山友さんのブログにアップされていた。

もうそんな時期なんですね。で、クロカミランに会いたくてhigeさんを誘って出かけてきました。

51回目:5月30日(木)    黒髪山    天気:晴れ   3名
ルート:乳待坊駐車場よりピストン

乳待坊駐車場にてhigeさんと待ち合わせ。少し早く着きましたので展望所へ。

e0164643_14243431.jpg


準備を済ませ、取り付きます。このコースは以前ミラさんに教えてもらってからは、短時間で山頂に立てるのでお気に入りです。

e0164643_14402652.jpg


途中から以前歩いたバリエーションルートへ。
e0164643_14242946.jpg


転んだら怪我では済まないでしょうね、この岩場は。
e0164643_14242518.jpg


山頂への岩場を上がります。山頂にある陶器の山の案内図です。黒髪山を守る山の会が黒髪山びらき10周年記念で作成されたようです。
e0164643_14235286.jpg

山頂からの展望。
e0164643_14234937.jpg


クロカミランの植生地の案内板ですが、2年前にまた盗掘にあったようですね。心無い方がいるんですね。ヤマツツジが色鮮やかできれいでした。岩場を足元注意しながら下山です。
e0164643_14240361.jpg



今回見たお花です。マメヅタラン

e0164643_14233113.jpg



イブキジャコウソウ、ヒノキバヤドリギ

e0164643_14233920.jpg



クロカミシライトソウ

e0164643_14255560.jpg



クロカミラン

e0164643_14231052.jpg

e0164643_14230607.jpg

今年もお花に出会えて満足・満足\(^o^)/

by nobucyansyuncyan | 2019-06-11 15:32 | 佐賀県の山 | Comments(4)
午後の部です。

武雄を通るときにいつも気になっている山。そう御船山なんです^^

特異な山容ですよね。南峰と北峰

e0164643_21342442.jpg

ルート:駐車場(12:58)→登山口(12:58)→南峰(13:24~13:31)→
    鞍部(13:38)→北峰(13:53)→御船山不動尊(14:34)→武雄神社
    (15:11~15:27)→駐車場(15:31)

御船山梅林から入ります。聳えるのは南峰。苔むした落葉の石段が登山口です。

e0164643_21342094.jpg

登山道には大きな岩が・・・

e0164643_21341634.jpg

ずり落ちないように保護しているのでしょうね。その横を通過。

e0164643_21341269.jpg

登山道の右側に何か面白そうな岩が・・・少し遊びましょうかね^^

e0164643_21340834.jpg

岩を回り込むと、街並みが見えています。

e0164643_21340495.jpg

山頂に到着。祠が鎮座しています。お初の山ですので、記念撮影。
相方さん、この斜めになっている岩に登るのだと・・・

e0164643_21340089.jpg

行きはよいよい、帰りは~~  何とか下りることが出来ました^^

e0164643_21335393.jpg

さて、これから北峰へと進みます。何でも北峰から降りる道があるそうな~~

e0164643_21334102.jpg

北峰に到着しました。この時に地図をもう少し確かめればよかったのですが・・・そのまま尾根を下っていくと岩峰があり、それをかわしながら下山のようでしたが・・・
北峰からすぐに薄い踏み跡らしきものが見える、とのことでそこから下山開始。途中で岩峰があるのでこれなんだろうねぇ~と話しながら軌跡を見ると、もう少し右へと行くようになっている。

e0164643_21332844.jpg

だが、右へ行くには少し厳しいところがある。そうこうしていると平成14年・17年に設置されたらしいフェンスが登場。張り巡らされていて到底右へと行けず・・この人為的なものがあるということは、これに沿って降りれば大丈夫との判断で進む。倒木などをかわしながら・・・

e0164643_21333423.jpg

すると目の前に赤い大きな鳥居が。紅葉も素晴らしい~~苔むした石段があるので上がっていくと「御船山不動尊」と書かれた古ぼけたお社が。お地蔵様も何体かありました。鳥居を出て右への道はすぐに藪となっていて進めず。左の道を進み、車道に出てぐるっと回って駐車地点近くに無事に帰り着きました。

e0164643_21332163.jpg

e0164643_21330227.jpg

下山して車道から見た景色です。本当に岩山なんですね。赤丸が御船山不動尊の赤い鳥居。

e0164643_21325626.jpg

武雄神社の大楠

e0164643_21324724.jpg


e0164643_21324211.jpg

まぁいろいろとありましたが、ほぼ予定していた時間内に駐車場へ。武雄温泉で汗を流し、今宵のお宿の「道の駅彼杵の荘」へ。

e0164643_21294428.jpg

今回の軌跡です。下る前にもう少し地図を確かめればよかった。反省の意味も含めて敢えて掲載。

e0164643_09371219.jpg


by nobucyansyuncyan | 2018-11-27 09:54 | 佐賀県の山 | Comments(2)
またしても長崎のお山へお誘いがありまして・・・

早朝移動はきついので前日からの移動となりました^^

天山へとも思ったのですが、登ったことのない気になるお山へ行こうと計画を練ます。

4回ほど山をご一緒したことのある「タクさん」のブログに登場する「鬼の鼻山」

e0164643_15050458.jpg

我が家を7時過ぎに出発。筑後小郡までは一般道を走り筑後小郡I・Cから多久I・Cまでは高速利用。多久聖廟の道案内があり、そこで一先ず立ち寄ります。

多久聖廟・・学問の神と称えられる孔子を祀ったところ。多久家四代藩主「多久茂文」が文道強化をはかるために建てられた、とあります。

e0164643_15054056.jpg

紅葉が目にも鮮やかに・・・

e0164643_15054589.jpg

丁度、中を見学できました。写真OKでしたので。

e0164643_15053664.jpg

孔子像です。

e0164643_15053170.jpg

お庭を散策。多久茂文像と孔子像です。

e0164643_15052798.jpg

売店で噂の「岸川まんじゅう」を買い求めて、鬼の鼻山憩いの森へ移動。

111回目:11月23日(金)  鬼の鼻山   天気:晴れ   2名
ルート:駐車場(10:36)→展望台(10:50~~10:58)→鬼の鼻山
   (11:06~11:15)→駐車場(11:30)

e0164643_15052375.jpg

空身で登ります。階段が足にこたえますね。

e0164643_15051974.jpg

途中にはヤブコウジ、アキノキリンソウ。展望所の鬼さんです^^ 中は階段になっていて上に上がれます。

e0164643_15051436.jpg

天山や八幡岳の展望

e0164643_15050913.jpg

三角点を入れて~~急登を下って巻き道で駐車場へ。

e0164643_15045938.jpg

公園内にある鬼の滑り台

e0164643_15045392.jpg

駐車場でお昼を食べて、午後の部の場所へと移動です。

by nobucyansyuncyan | 2018-11-26 15:56 | 佐賀県の山 | Comments(2)
昨夜は酔いの勢いもあったのかぐっすりと眠り、4時半に目が覚めました^^

今日は「のぼろ」のライターさんの取材の下見。本番は21日だそうですが、当日の同行者が多いようなので、15日にお花の下見を兼ねての登山です。

オオキツネノカミソリ(まだ咲き初め) 10日先ぐらいが見ごろかな


e0164643_15315756.jpg


予定がなければ泊って明日は普賢岳の風穴に涼みに行こうよ~~で、車一台の予定でしたが、軟弱にも夏バテしたら一の宮から下山してまた金泉寺に戻ろうか~のよからぬ考えが・・・

で、二台で出発。一の宮の下山口にデポ。狭い林道ですので右側の少し広めのところに駐車。溝があるので注意しながらバックしていたら、右側の後輪がガクンの衝撃。溝の横に70~80㎝四方の側溝があり、そこにタイヤが・・・

あっ、側溝に落ちたよと言いながら相方さんが消えました。縁が草に隠れていて相方さんが側溝の中に。

覗くと、人の背丈以上の深さです。お尻から落ちたようです。「怪我はない、頭は打ってない~」と声掛けするとすぐに反応があり、大丈夫なようです。tutu-1さん・ミラさんと3人で相方さんを引き上げ、さて、車は・・・

higeさんに電話するも圏外で通じず。とにかく空ぶかしをして動かしてみようで、アクセルをふかし、後ろからtetu-1さんに押してもらうと、脱出しました~~

前書きが長くなりましたが、そんなこんなでどうにか金泉寺の登山口の駐車地点に到着。

68回目:7月15日(日)   多良岳   天気:晴れ   9名
ルート:P地点(8:13)→登山口(8:16)→金泉寺(8:40~8:53)→六体地蔵
   (9:23)→黒木岳(10:09~10:18)→一ノ宮岳(10:37~10:45)→
    分岐(11:02~11:05)→鬼の門→役の行者→金泉寺(12:10~14:10)
    →オオキツネノカミソリ鑑賞→登山口(15:08)

駐車地点に集まって自己紹介。お初のライターNさんとTさん、久しぶりのそよかぜさんと山馬鹿さん、higeさん、tetu-1さん、ミラさんと私どもの9人

ここからのコースはお初です。金泉寺こやに一番近いとのこと。滑りやすい苔むした岩を登りますが、ほんとに近いですね^^   少し荷物をデポしまして・・・


e0164643_15315393.jpg

六体地蔵を目指して歩きます。


e0164643_15314878.jpg


雰囲気の良い森を過ぎ、イワタバコは?  二輪咲いていました。


e0164643_15314541.jpg


撮影ポイントが多いので、ゆっくり歩きで~~


e0164643_15314159.jpg


黒木岳(881ⅿ)に到着。お初の山です。いつもの儀式、ノンアルコールのビールで乾杯~!!

そして少し藪を漕ぐような感じで一ノ宮岳(827m)に到着。


e0164643_15313725.jpg


ここで協議。相方さんがお尻を強打しているので無理は禁物で、皆さんと分かれてデポ地点に行こう。すると、一ノ宮岳からデポ地点に戻るのも結構大変ですよ。そしてまた朝の道を金泉寺まで30分登り返さないといけないから、今 来た道を戻ったほうがいいかも~~ご意見に素直に従います(笑)

分岐に戻ってきました。ここで皆さんと暫しのお別れです。


e0164643_15313490.jpg



鬼の門にて


e0164643_15312828.jpg



役の行者に立ち寄りました。


e0164643_15312429.jpg



皆さんが金泉寺に戻ってくるまで、ベンチでまったりと涼みました(^^♪

ミラさん宅のソーメン、そよかぜさんのフルーツポンチ、山馬鹿さんの西瓜など美味しくいただきました。
有り難うございました。

さて、休憩後はオオキツネノカミソリの群生地へ。まだ2~3分咲きのようですが楽しませていただきました。


e0164643_16234799.jpg




e0164643_15310781.jpg



e0164643_15310240.jpg



ご同行の皆様、お世話になりました。ご心配かけましたが、相方さんのお尻は随分丈夫に出来ているようですね。最初たち座りの動作がきつそうでしたが、何事もなかったように動き回っております。

さてさて、今日もまたミラさん宅にてお泊りです、

by nobucyansyuncyan | 2018-07-19 17:00 | 佐賀県の山 | Comments(6)

お初の山、金立山へ

15日(日)、「のぼろ」のライターさんと多良岳の下見に行くので行きませんか~とミラさんからのお誘い。

集合時間が金泉寺登山口、8時とのことですので、土曜日にどこかへ登って道の駅に車中泊の予定でしたが、「暑いから我が家へどうぞ~」とミラさんからの嬉しい声掛けがありまして~~

67回目:7月14日(土)    正現岳・金立山   天気:晴れ   2名
ルート:金立公園P(8:40)→丸山遺跡(8:59)→正現岳(9:55)→奥の院→金立山
   (11:07~11:22)→金立神社(11:26~11:45、昼食)→縁結岩(11:58)
    →吹上観音(12:13)→丸太橋(12:38)登山口(12:46)→金立公園P(13:08)

コスモス公園に車を停める予定でしたが、その手前の金立公園に停めてしまった。

徐福伝説の絵が描かれている高架下を歩いて行くが、どうも自分の予定していたコースとは違うようだ。


e0164643_21493261.jpg


丸山遺跡を見て、金立山の標識に従って進む。登山道が網の目のように張り巡らされている。分かりづらいがとにかく山頂を目指す。尾根上のピーク、正現岳(334m)に到着。正現の滝を過ぎ、沢沿いの道を進む。

とにかく虫が多い。立ち止まるとすぐに「餌が来た~」と一斉に集中攻撃される。


e0164643_21490763.jpg



うちわが大活躍^^


e0164643_21484940.jpg


e0164643_21485773.jpg


金立神社上宮にやっと着きました。風もなく、とにかく暑い。熱中症にならないよう、水分補給をしてゆっくりと歩く。奥の院からはすぐに金立山(502m)に到着。


e0164643_21484197.jpg



お初の山頂で記念撮影。金立パワースポットの湧出御宝岩を見て金立神社の片隅で昼食。


e0164643_21483399.jpg



正面登山道を下ります。縁結岩を過ぎ、吹上観音を見て丸太橋を渡ります。大キツネノカミソリが2~3株咲いていました。今季お初です^^


e0164643_21482649.jpg



正現神社参道を見やって、高架下を通り、本来停めるべきはずだったコスモス園に出ました。車道を進んで駐車場へと戻りつきました。ふー暑かったぁ~~ 夏場の低山はきついですね。


e0164643_21481920.jpg



小城温泉にて汗を流し、汗臭い服をコインランドリーにて洗濯を済ませて、ミラさん宅へ~~

今回もまたお世話になります。。。  

by nobucyansyuncyan | 2018-07-17 23:13 | 佐賀県の山 | Comments(4)
17回目:2月24日(土)   金敷城山    天気:晴れ    2名
ルート:輿止日女神社P(9:05)→巨石パーク入口(9:28)→取り付き(9:55)
   →石神の滝→烏帽子の雫→神頭石→道祖神石→兜石→御船石→龍の石→造化大明神
   →イナリ石→屏風石→誕生石→烏帽子石→御座石→天神石→雄神石→天の岩門→
    神籠石→蛙石→鉄塔→372ピーク(11:45)→分岐→分岐→林道→金敷城山
   (12:05~12:35、昼食)→鉄塔→林道(12:48)→三角点(324ḿ)→
    たもと石→乙文殊宮上宮(13:13~13:16)→乙文殊宮下宮(13:29)→
    輿止日女神社P(13:42)


土曜日が晴れマーク。どこへ行こうか~~。相方さんは福智山でも行くか~でしたが、虎尾桜の頃だったらねぇ~

以前から気になっていた山。「福岡県の山」の著者の五十嵐 賢さんがRKB毎日の春か秋の山歩きのコーナーで紹介していた、「巨石パークを巡って金敷城山」へ行こうに決定。

我が家を6時に出発。冷水トンネルを経由して筑後小郡I・Cより佐賀大和まで高速利用。

山友のhigeさんの記事を参考に輿止日女神社(よどひめじんじゃ)の駐車場に車を置く。

e0164643_22292709.jpg

輿止日女神社にお参りをして出発。

e0164643_22295336.jpg


嘉瀬川を渡って左折。国道をしばらく歩きますので車に注意。巨石パーク入口に到着。

e0164643_22300328.jpg

管理棟があり、そこで簡単な地図をいただく。そしてまだ舗装道を歩き、やっと取り付きに着きました。駐車場を出発して50分。巨石パーク入口からだと27分ほど。取り付き地点にも駐車場とトイレがあります。

現在地からB・Aへと行き、そして⓵から順番に歩く予定です。

e0164643_22305291.jpg


e0164643_22302479.jpg


石の説明


e0164643_22323692.jpg

さぁ歩き始めます。石神の滝と烏帽子の雫

e0164643_22311047.jpg

神頭石

e0164643_22312225.jpg

道祖神石

e0164643_22313663.jpg


兜石と御船石

e0164643_22315048.jpg

龍の石

e0164643_22325133.jpg

造化大明神

e0164643_22332151.jpg

ここは中が通れるんですよね

e0164643_22333207.jpg

イナリ石

e0164643_22334741.jpg

屏風石

e0164643_22340789.jpg

誕生石とそこからの展望

e0164643_22344279.jpg

烏帽子石

e0164643_22394649.jpg

御座石

e0164643_22400539.jpg

天神石からの展望と雄神石

e0164643_22402497.jpg

神籠石

e0164643_22404851.jpg

天の岩門
(右横の岩の側面、ちょうど顔のように見えますねぇ~)

e0164643_22410043.jpg

蛙石
電波塔を過ぎてピーク372に立ち寄る。表示は何もなし。

e0164643_22420144.jpg

尾根を進み、最初の分岐を左。そしてまた分岐を左。林道に出ます。少し歩き、山頂への案内はありませんが、テープのところから左へ。一登りで金敷城山(425.5ⅿ)。金立山への縦走路を少し下がったところで昼食タイム。

e0164643_22421755.jpg

2回目の分岐のところまで戻って乙文殊宮の上宮へ。「たもと石」があります。これで巨石巡りは終了です。

e0164643_16192484.jpg

乙文殊宮下宮へと下りてきました。無事に到着のお参りをして、国道を歩き出発地点へ。
神社の手前に「白玉饅頭」のお店がありましたので買い求める。娘宅の分まで買おうとしたら「今日中に食べますか」「いえ、明日にでも持っていこうかと」「だったら固くなりますのでお売りできないです~」
我が家の分だけ買い求めました。2個ほど残ったので翌日食べましたが、やはり固くなっていましたね。納得~!!

e0164643_22423934.jpg
e0164643_16053229.jpg

巨石パーク巡り、登ったり下ったりがちょこちょことあり、結構ハードな歩きでございました。

けど山中にあんなに大きな石が~~  そして納得のネーミング。(中には??のもありましたが・・)

お天気も良く歩いていると暑いくらいでした。歩くのに今の時期がちょうどいいのかも^^


by nobucyansyuncyan | 2018-02-26 16:54 | 佐賀県の山 | Comments(4)

天山のミヤマキリシマ

四国へ所用でお出かけしていたtetu-1さん・ミラさん、帰りはフェリーで別府に到着しますので、由布岳でもとのことでしたが、1便早いのに乗れたので、このまま島原に帰ります。
月曜日に島原に来て、火曜日に雲仙のミヤマキリシマを観ませんか~のお誘い。

この申し出をあ・り・が・た・く~~(^^♪

天山のミヤマキリシマも見頃との情報がありましたので、天山に立ち寄ることにしました^^

e0164643_154646100.jpg


48回目:5月29日(月)   天山   天気:晴れ    2名
ルート:登山口(12:05)→あめ山分岐(12:27)→天山(12:42)→あめ山分岐
   (13:42)→登山口(14:00)

我が家から冷水道路を経由して、筑後小郡から佐賀大和までは高速を使用。

登山口の駐車場には11:30ごろ到着。車は先客が1台のみ。ベンチでお昼を食べて出発です。

暑い!!  木陰を求めて歩きます^^
e0164643_15565831.jpg


今日は時間がないのであめ山はパス。山頂へ一登り。一等三角点です。

ミヤマを求めて散策の開始です。平尾台スタイルの傘が欲しいですね^^
e0164643_15595956.jpg


e0164643_1614166.jpg


e0164643_1631894.jpg


草原のミヤマさん
e0164643_1671972.jpg


天山北壁まで来て折り返し
e0164643_169321.jpg


あめ山とミヤマさん
e0164643_1610164.jpg


花盛り~~
e0164643_16105953.jpg


天山のモウセンゴケ
e0164643_16113740.jpg


下山後は一般道を走り、堤防道路を経由して、一風呂浴びてからミラさん宅へ。

楽しい宵・酔いでございました。いつもお世話になっております。。。

  
by nobucyansyuncyan | 2017-05-31 16:21 | 佐賀県の山 | Comments(2)
黒髪山の冠がついたお花・・クロカミランとクロカミシライトソウを求めてのお花散策です。

クロカミランは何度か見たことはありますが、クロカミシライトソウは一度でいいからお目にかかりたいと思っていました。今回やっと念願が叶いました\(^o^)/嬉しい~!!

クロカミラン
e0164643_1443661.jpg


クロカミシライトソウ
e0164643_14441014.jpg


46回目:5月26日(金)   黒髪山    天気:晴れ   4名
ルート:乳待坊駐車場→雌岩→雄岩→天童岩→乳待坊駐車場

道の駅糸田でつーさんと待ち合わせ。筑後小郡I・C近くでhigeさんと待ち合わせ。

4名で乳待坊駐車場へ向かいます。今日は素晴らしいお天気。念願のお花が見れるだろうか~~

雌岩で展望を楽しんでいると、雄岩へ行けるよ~とのことで岩峰歩きを楽しむ。
e0164643_15222571.jpg


そして極めつけは直登岩場ルート。もちろん、ここもお初のルートです。
落ちたら一巻の終わりーかな。怪我だけではすみそうにない(>_<)  三点確保で。
e0164643_15294765.jpg


e0164643_15352896.jpg


途中で一息入れた時の展望
e0164643_15374310.jpg


天童岩近くに合流。山頂は賑やかです。地元の中学校の皆さんです(生徒さんに許可を得ました)
e0164643_15414547.jpg


今日はお目当てのお花を全部見ることが出来、ニコニコ顔で帰途につきました。

ご一緒いただいたお二人さん、ありがとうございました。 感謝・感謝!!

クロカミランはまだ咲き始めでしたが、可愛らしいお花が咲いていました。
e0164643_15101783.jpg


クロカミラン(ウチョウランの変種で違いは距(きょ)が短いこと・・九州の山歩きより)

クロカミシライトソウ
e0164643_15565268.jpg


チョウセンニワフジ
e0164643_15574461.jpg


マメヅタラン
e0164643_15584438.jpg


ヤマツツジが咲き、ほんのりピンクのギンリョウソウも~~
e0164643_15594252.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-05-27 16:15 | 佐賀県の山 | Comments(14)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan