人気ブログランキング |

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:熊本県の山( 59 )

福寿草・・仰烏帽子山へ

昨日に引き続き、福寿草詣でです。今日のお山は仰烏帽子山です^^

e0164643_16234316.jpg


17回目:2月24日(日)   仰烏帽子山   天気:曇りのち小雨   2名+1名
ルート:第2登山口(7:45)→三角点→分岐(山頂へ)→風穴(9:39)→仰烏帽子山
   (10:07~10:13)→兎群石山(10:28~10:54、昼食)→仏石(11:47)
    →第2登山口(13:17)


熊本の山友さんのMishanたちが7:30ごろに五木の道の駅に立ち寄られる(岩宇土山~上福根山のご案内)とのことで、お待ちしてました。その間に福岡の山友のSさん・Kさん、そしてYさん・Aさんとも遭遇。すると1台の車が停まり、白岩山でお会いした熊本のMさんともバッタリ。皆さん福寿草狙いです^^

ほとんどの皆さんが出発し、駐車場が心配になり、Mishanには悪かったのですが、7時に五木の道の駅を我々も出発。以外にも駐車場はまだ空いておりました。

準備をしていると、熊本のMさんがご一緒していいですか~で行動を共にすることに。

登山口を出発。お話をしながら歩くと三角点へは行ったことがないと言われるのでご案内。

e0164643_16234030.jpg


ヒメシャラの木がありましたね。まだ小さいですけど。分岐からは先に山頂への道を歩きます。

e0164643_16233783.jpg


植林の中を進み、第1登山口からの道に合流。ここでおやつタイム。水分補給をして山頂へ。

e0164643_16233422.jpg


2~3年前にミラさんたちと歩いた時はこの道は雪景色だったんですけどねぇ~今年はほんとに雪が降らないですね。風穴では生暖かい風が。メガネがあっという間に曇りました^^

e0164643_16233093.jpg


10時過ぎに山頂に到着。丁度、山友のYさんとAさんが到着されたので3人での記念撮影をお願いしました。静かだった山頂が賑やかになってきました。そそくさと下山。兎群石山へ立ち寄りましょうかね。ここで山口の知り合いに会いました。お山で「ヤーホー」と雄叫びをあげる方です。久しぶりの再会です^^

e0164643_16232768.jpg


山頂からの展望は霞んでいますね。普賢岳も見えません。「ミラさ~ん」と手を振ったのですが・・・

e0164643_16232305.jpg


兎群石山で少し早めですが私たちはランチタイム。Yさん・Aさんは展望台経由で谷を下って仏石への道へと歩かれるとのことで、ここでお別れ。

e0164643_16232016.jpg


今日は団体さんが多いですね。離合待ちが結構ありました。

e0164643_16231628.jpg


仏石に到着。福寿草が開いています(^O^)/

e0164643_16231338.jpg


今日見かけた福寿草です。いいですねぇ~~

e0164643_16230996.jpg



e0164643_16230633.jpg


これは例のイツキキンシ(五木金鵄)でしょうかね。花弁が違いますよね。ミチノクフクジュソウの変異種とのことですが・・・これを見たかったのですよね。

e0164643_16230341.jpg



e0164643_16225941.jpg



e0164643_16225528.jpg


このようにして写真を撮ると花弁のぎざぎざが分かりますよね^^

e0164643_16225295.jpg


e0164643_16224420.jpg


もしそうだとすると本当に嬉しいです。

下山後は我が家へと一目散。氷川インターより筑後小郡までは高速利用。17時半過ぎには帰り着きました。

例年よりは少なかったけど、たくさんの福寿草に出会えて大・大満足!!


by nobucyansyuncyan | 2019-02-26 20:20 | 熊本県の山 | Comments(6)

福寿草・・岩宇土山へ

今年も行ってきました。福寿草を見に熊本県のお山へ(^^♪

満開!!  まだまだ蕾も多かったです。

e0164643_16114447.jpg


16回目:2月23日(土)   久連子岳・岩宇土山   天気:曇り時々晴れ   2名
ルート:登山口(9:15)→山ノ神(10:24)→鍾乳洞(10:51)→久連子岳(10:55)
    →展望所(11:08~11:13)→岩宇土山(11:27)→オコバ谷分岐(11:38)→
    白崩平(12:18~13:24、昼食)→オコバ谷登山口(13:58)→駐車地点(14:22)


久連子・古代の里に着くとおじさんがまだ上に置けるよと言われたので、登山口近くの駐車地点へ。

準備を済ませ、出発。いつもながらの登り初めの急登は堪えますね。

e0164643_16113477.jpg


なかなか一息入れる間がありません。やっと衣服調整。フデリンドウの芽が。

e0164643_16112942.jpg


山ノ神に到着。昨年はここまで1時間5分。今年は1時間9分。いつまで登れるだろうか~~

e0164643_16111769.jpg


熊本の山友、Mishanたちが整備したトラバース道。有り難うございました<(_ _)>
福寿草も出てきましたが、まだ開いていません。もう少し陽が射さないとですね。

e0164643_16111246.jpg


鍾乳洞手前のガレ場。ここは足元が悪いです。

e0164643_16110858.jpg


鍾乳洞に到着。こんなに暖かいので、もちろん石筍はありません。そこからひと登りで稜線へ。先ず左の久連子岳へ。交代で記念撮影^^


e0164643_16110466.jpg


前方を見ると上福根山には霧氷がついているようです。「どうする?」「行きつくまでには溶けるだろう~」「白崩平でゆっくりしよう」。 最初の計画通りに行動しましょう!

e0164643_16105991.jpg


福寿草は4種類あるそうです。ここのはミチノクフクジュソウとのことです。

e0164643_16105587.jpg


ガレ場の急坂を登ります。ここは展望が開けて「古代の里」も眼下に見えます。山はやはりMishanがいないと山名まではわかりません。

e0164643_16105171.jpg


先ほど登った久連子岳。後続のグループが登っています。

e0164643_16104789.jpg


ネットの横を通り、「山頂まで5分」の案内を過ぎ(5分もかかりません)、尾根上にある岩宇土山(1347ⅿ)。

e0164643_16104348.jpg


尾根上を少し歩き、下ったところがオコバ谷分岐。白崩平まで40分と書いてあります。足元滑ります。その通り、昨日の雨でぬかるんで滑りやすい。そして激急下りです。転ばないようにしていたら力が入りすぎたのでしょうね。途中で太ももが痛くなりました^^

e0164643_16103590.jpg


何とか転ばずに白崩平に到着。広場の手前から福寿草が咲いています。やはり時期が少し早いのか昨年よりは咲き状態が少ないかなと思われます。

陽だまりでお昼を食べてから、福寿草鑑賞。パラボナが開いていますが、半開きの蕾が可愛い~~

e0164643_16095869.jpg


いいですねぇ~~

e0164643_16095115.jpg


水滴が残っています^^

e0164643_16094506.jpg



e0164643_16092150.jpg


花弁が少しギザギザのもありました。

e0164643_16091715.jpg


さぁ、ゆっくりとしました。下山しましょうかね。ネットを開けてまたまた下るのですが、この場所でも以前はもっと咲いていたような~~やはりまだ2月ですものね。

渡渉地点を渡り、対岸へ。山裾を滑り落ちないように歩き、オコバ谷登山口に到着。

e0164643_16091370.jpg


e0164643_16090951.jpg


帰りは「古代の里」で「久連子鶏」を見て、蓬まんじゅうを買い求めました。素朴な味で美味しかったですよ。

セリバオウレンもきれいに咲いていました。

e0164643_16090487.jpg


五木の温泉で汗を流し、車中泊。早朝からの移動でしたのでぐっすりと眠れました。

by nobucyansyuncyan | 2019-02-25 21:50 | 熊本県の山 | Comments(10)

仰烏帽子山のシモバシラ

チャンポンミーティングの結果、フェリーで海を渡って熊本県へ、ということにまとまりました。

仰烏帽子山のシモバシラ、冬の状態は見たことはありますが、一度お花を見てみたいと思っていました。

思わぬ成り行きでお初のお花鑑賞。それも脊梁のお山の主であるMishanの案内で。

e0164643_15525877.jpg

島原外港を7:10発の船で熊本へ。そよかぜさん・山馬鹿さんとの待ち合わせ場所は、ナビ設定のミスでちょっと違う方向へと進み、最終待ち合わせ場所の「東陽交流センターせせらぎ」へと車を走らせる。

Mishan・そよかぜさん・山馬鹿さんが「まだか、まだか~」と待っておりました。

2台の車で仰烏帽子山の第2登山口へ。福寿草の頃は多いですが、車は我々のを含めて4台のみ。静かですね。

87回目:9月16日(日)   仰烏帽子山   天気:晴れ    6名
ルート:登山口(11:04)→仏石→登山口(15:30)


e0164643_15520788.jpg

登山口より歩き始めてすぐに村人発見、そしてた~くさんのお花も^^

e0164643_16415526.jpg

横に連なったのやら、お行儀よく真っすぐに伸びたのやら~~

e0164643_15524967.jpg

アップで撮りましたが~~

e0164643_15521186.jpg

2017年2月28日に仰烏帽子山で見たシモバシラの氷柱です。今年は白髪岳でも。

シモバシラが生えていたところには、冬になると氷柱ができる。シモバシラのは冬になると枯れてしまうが、はその後長い間活動を続けるため、枯れた茎の道管に水が吸い上げられ続ける。そして、外気温が氷点下になると、道管内の水が凍って、茎から氷柱ができる。この現象は、地中の根が凍るまで続く。(ウィキペディアより )


e0164643_16365383.jpg

進む・進む~~石灰岩地を。

e0164643_15503527.jpg

シモバシラの大群生地。どこもかしこもシモバシラ(^^♪

e0164643_16290652.jpg

一番奥に仰烏帽子山が見えますが、今日は仏石まで。ピンク系のシモバシラの群生。

e0164643_15502231.jpg

ピンク系と白系のシモバシラ

e0164643_10214296.jpg

植物図鑑を見ていて、見たいなぁのお初のお花に出会えて大満足!!

e0164643_16364862.jpg

脊梁の森の中のキノコ、これは食べられるのかな?誰かさんが「信ちゃん、明日の朝、どうだったか電話して~」と言われましたが、怖いので止めます。

e0164643_15505285.jpg

これはホウキタケ(?)

e0164643_15490559.jpg

おしゃべりしながらのお花散策は楽しいですねぇ~~たくさんの目があると、いろんなものが見つかりますね^^ 無事に下山しました。途中でスズメバチの羽音が聞こえたらしいですけど~~

コフウロ、シコクママコナ、ヨウシュヤマゴボウ

e0164643_15480283.jpg

スズムシバナ、ハグロソウ

e0164643_15472593.jpg


e0164643_10445710.jpg

帰り道、お豆腐屋さんで五木名物の木綿豆腐を購入。いつも通り過ぎる大通峠で、横道にそれて旧道を走って、「東陽交流センターせせらぎ」に無事到着。

Mishan、前日の高隅山系縦走のお疲れもあったでしょうに、ご一緒してくださり、有り難うございました。

脊梁はやはり よか山ですよね~~せめてもう少し近場に持ってきたい!!

そよかぜさん、山馬鹿さん、ミラさん、お見舞いが思わぬ展開となりましたが、とっても楽しい二日間でした。天山もいいですけど、やはり脊梁、惹かれますね。

感謝!・感謝!!

by nobucyansyuncyan | 2018-09-20 11:18 | 熊本県の山 | Comments(8)

阿蘇野草園・らくだ山

俵山(途中までですが)からの帰り道は高森経由でドライブがてら~~(^^♪

阿蘇ビジターセンターで途中下車、ちょうど野鳥の写真店が開催されていました。


e0164643_14590722.jpg


野草園を散策。これからはハガクレツリフネソウが見ごろとなるようです。


e0164643_14590329.jpg


ナンバンハコベ、フジカンゾウ、フシグロセンノウ、キンミズヒキ、シモツケ


e0164643_14585904.jpg



シデシャジン、エゾミソハギ、アソノコギリソウ


e0164643_14585618.jpg



キツリフネ、タチフウロ、白のゲンノショウコ、ハガクレツリフネ


e0164643_14585217.jpg


ビジターセンターの方にらくだ山のことを訪ねると、「らくだ山ジオサイト」のパンフレットをいただきました。実はこの道を通るたびに気になっていました。以前、清栄山に登り、次のピークまで行った時にらくだ山までいけないだろうかと思ったことがあり、やぶに阻まれて諦めたことがあります。

「高森田楽の里」を過ぎた次の道を左折して、「らくだ山地鶏の店」の前を通過して、狭い道を進むと駐車場に到着。目の前に仏舎利塔があります。


e0164643_14584942.jpg



こんな道を歩いて行きます。


e0164643_14584509.jpg



途中から見た月廻り温泉館


e0164643_14584101.jpg


らくだ山の案内版


e0164643_14583422.jpg


あそこが山頂でしょうかね。


e0164643_14582745.jpg



目の前で見ると迫力がありますね。
パンフレットの説明によると、「この山の頂上にあるらくだの背に似た板状の岩は、大昔に岩盤の亀裂を這い上がってきたまぐまだと言われています。火山をつくる柔らかい地層(凝灰角レキ岩)が削られ地面深くにあったはずのマグマが出てきたと考えられているのです」


e0164643_14582059.jpg



岩の右手に薄い踏み跡があったので相方さんが行ってみようとしたが、藪で足元が見えないし、岩の左側は切れ落ちているので、危険でやめました。

e0164643_14581679.jpg



展望所からの根子岳と高岳の展望です。眺めがいいですね。


e0164643_14581190.jpg


気になっていたらくだ山にも登ることが出来たし、充実した一日でした。

by nobucyansyuncyan | 2018-09-01 16:37 | 熊本県の山 | Comments(4)
9月2日は町内一斉清掃日。金・土曜日はお天気も悪そう、ならば今日しかないか~~

熊本の予報はその時点では良さそうだったので、行こうかね(^^♪

今日お目当てのヒメノボタン


e0164643_15310368.jpg


e0164643_15305732.jpg

81回目:8月30日(木)   俵山途中まで   天気曇り時々小雨   2名
ルート:萌えの里・登山者駐車場より

我が家を5:30に出発。耶馬渓・玖珠・小国を経由して西原村の「萌えの里」に8:40到着。

昨夜の予報に反して、どんよりとした空模様。準備をしていると雨がぽつぽつと。

てんくらを見ると、あらまぁ、12時ごろまで傘マークではありませんか~

少し様子を見ましたが、小雨なので傘をさして出発です。時折り陽も差します。

途中から眺めた萌えの里です。お花の写真を撮りながら登っていると、下山の方がお一人。

「早いですねぇ~」「空模様が悪いし、雷が怖いので途中までです」


e0164643_15305126.jpg


一ノ峯・二ノ峯方面。雲の動きによって先ほどまで明るかった空がどんよりと。


e0164643_15304456.jpg


マツムシソウです。今日の目的はヒメノボタン・マツムシソウ・ホソバヒメトラノオ。
それとタヌキマメ、もう一つは見れるといいねぇ~ダイサギソウ。


e0164643_15292279.jpg


一つのピークを過ぎ、ゲートを開けて、これからは牛さんの糞に注意しながら歩きます。
あの取り付きまで行ってから引き返そうか~ 山肌が荒れていますね。


e0164643_15303204.jpg


e0164643_15300576.jpg


ゲンノショウコ、カワラケツメイなどを見ながら分岐に到着。今日は山頂を踏みません。

山頂に咲くマツムシソウの群落を観たかったのだけど~~

同じ道を、またお花を探しながら下山します。


e0164643_15295885.jpg


今日、見たお花の一部です。ホソバヒメトラノオ、アソノコギリソウ、ノイバラ、青が濃ゆかったサイヨウシャジン、ヒヨドリバナ


e0164643_15294543.jpg


ミシマサイコ、マツムシソウ、ノヒメユリはもう終わっていました。

タヌキマメは見つけられなかった~~


e0164643_15291278.jpg



e0164643_15275508.jpg


が、思わぬお花に出遇いました。以前から見たいと思っていたダイサギソウ。

もうこれで大満足(^O^)/  萌えの里で野菜などを買って帰途に就きました。
萌えの里で売っていた「西原村のいきなりだんご」(100円)  美味しかった~~
これ一つで、結構お腹がいっぱいになりました。また行った時は購入します^^

ダイサギソウ

e0164643_15272231.jpg



サギが舞っているのは一つだけでしたが、雨不足のようで全部開くのでしょうかね。



e0164643_15274061.jpg


by nobucyansyuncyan | 2018-08-31 16:30 | 熊本県の山 | Comments(4)

「T&Mさん」や「いーさん」のブログで烏帽子岳のミヤマキリシマが報告されていた。

お天気もよさそうだし、行こうか~~  

我が家を6時出発。一般道を通って玖珠~小国~阿蘇東登山道へ

駐車場の係の方へ「山は登れますか~」と確認。今日は中岳も登れますよ。

ミヤマキリシマを目当てにというと、烏帽子岳が最高ですよ~~  山はピンクですねぇ~

e0164643_14445080.jpg


50回目:5月15日(火)   烏帽子岳(1337ⅿ)   天気:晴れ   2名
ルート:登山口(9:05)→分岐(9:35~9:44、古坊中方面へ)→烏帽子岳(10:11~10:24)
    →駒立山(11:01)→駐車場(11:17)

道路を渡り、登山口の標識。草原にはハルリンドウがた~くさん。
歩きながら、この登山道は覚えがないねぇ~どうもお初の山ですね^^以前、杵島岳・往生岳には登ってはいますが・・・中岳・高岳は何度か登っています。
杵島岳をバックにミヤマさんが満開!!  イワカガミも今季お初ですね。

e0164643_14444649.jpg




満開!!


e0164643_14444204.jpg



e0164643_14443752.jpg


坊がつる讃歌ではないけれど、「山はピンクに~~」


e0164643_14443312.jpg


分岐よりミヤマキリシマがあまりにもきれいなので、古坊中方面へと少し歩く。


e0164643_14442924.jpg


どこを見てもピンク・ピンク。相方さん曰く、来てよかったねぇ~~


e0164643_14442664.jpg


バックは鞍岳。PM2.5の影響で眺望はあまりよくありません。


e0164643_14442289.jpg


マイズルソウも今季お初。お花や景色での~びりと歩きます。やっと山頂に到着。
ノンアルコールでお初の山に乾杯!!  


e0164643_14441434.jpg



山頂の先は崩壊しており、下のほうでは工事がなされています。まだまだ爪痕が・・・


e0164643_14441864.jpg



満開のミヤマキリシマを眺めながら下山。もう満足・満足!!


e0164643_14440913.jpg


下山時、草千里にあるピークに立ち寄る。駒立山(1157ⅿ)  標識はありません。
周りを観光用のお馬さんが。馬上の子供さんも楽しそう!!


e0164643_14440356.jpg


無事に下山。火口が見られるそうなので、車で進む。この時は黄色のランプが点滅しておりました。ガスが出ているので規制があるかもですーー」と係の方。火口の見られる付近を散策し、車に戻ると青のランプに変わり、係の方がゲートを開けていました。

それでまた少し散策。硫黄の臭いが鼻にきますが、喘息気はありませんので~~


e0164643_14435917.jpg



e0164643_14435378.jpg


e0164643_14434491.jpg


e0164643_14434908.jpg


思いがけず、火口まで見学できました。栃木に住んでいるお友達が九州へ来た時に、案内して以来ですかね。

帰りは阿蘇から瀬の本・黒川・小国経由で。17時半ごろに帰りつきました。

by nobucyansyuncyan | 2018-05-16 15:51 | 熊本県の山 | Comments(4)
昨日、脊梁の山へご一緒したMishanが、私どもがまだ小金峰~大金峰を歩いたことがないと言ったら、案内してくださるとのこと。二本杉峠の東山本店に8:30待ち合わせ。

今日は五家荘の山開き。9時より神事が執り行われます。


e0164643_21295253.jpg


山開きに参加し、記念品の木のコースターと紅白の餅をいただきました。


40回目:4月21日(土)   小金峰~大金峰   天気:晴れ   9名
ルート:小金峰登山口(10:21)→分岐(10:44)→小金峰(10:59~11:10)→
    分岐(11:25)→林道→昼食(11:47~12:17)→攻登山口への分岐
    (12:36)→大金峰(13:23~13:33)→登山口(14:43)

大金峰登山口に車を1台デポし、2台の車で小金峰登山口へ。路肩に車を置きます。

お地蔵様を10:43通過。分岐から小金峰へ一登り。お初の山頂です。
小金峰(しょうきんぽう・こがなみね)  1377ⅿ


e0164643_21294754.jpg


小金峰を登頂後、ここで宮崎からお出でになっているHさんご夫妻は雁俣山のカタクリとその他のお花散策のため、小金峰登山口まで戻られるとのことでお別れ。
我々は分岐まで戻り、大金峰へと進みます。

一旦作業道に出合います。少し進んでまた登山道へ。
丁度お昼時となりましたので、ここで昼食タイム。

昼食後、縦走路を歩きます。お花はスミレぐらい。昨日と違って何もありません。
やっとミツバツツジが。まだ2分咲きかな。


e0164643_21294088.jpg


おお、少し笹漕ぎがありますねぇ~~顔にまともに当たります。


e0164643_21293140.jpg


オオカメノキ(ムシカリ)が白い花弁を見せてくれました。青空に白い花。映えますね^^


e0164643_21292147.jpg


大金峰に到着。  1396ⅿ  (だいきんぽう・おおがなみね)

テクテクと歩き、大金峰登山口に到着。車を回収に行く2名を除いて、二本杉峠まで歩きます。



e0164643_21290843.jpg


歩いてもすぐだから、雁俣山へカタクリの花を見に行ったら~とMishanの有り難いお言葉で、カタクリの花散策。



ルート:登山口(15:09)→雁俣山(16:07~16:22)→登山口(17:04)

カタクリの群生地を目指します。十数年ぶりの雁俣山です。保護されているカタクリの花を見て、これからどうする~と聞くと、相方さん曰く「ここまで来たら山頂へいくよ」。けど、そこから山頂までがきつかったですね。



e0164643_21285726.jpg


e0164643_21285154.jpg



山頂はヒカゲツツジが見ごろを迎えていました。ミツバツツジも咲いていましたね。山頂でコーヒータイム。

さぁ下山開始。急坂を転ばないように~~もう一度カタクリの花を眺めながら~~



e0164643_21283956.jpg


無事に下山。二本杉峠からくねくね道を運転してGパークで入浴。道の駅「高千穂」へ。

by nobucyansyuncyan | 2018-04-26 23:12 | 熊本県の山 | Comments(0)
道の駅五木ですっきりとした朝を迎える。朝方、トイレに行くと星がきれい!!

登山口9時集合なので、時間もあるしで道の駅周辺をドライブ。広い公園ですね。

e0164643_20080557.jpg



39回目:4月20日(金)   脊梁の山   天気:晴れ   12名

9時集合ですが、もう9時には出発OKです。お初の方もおられますので、簡単な自己紹介。

今日は山頂踏まずのお花散策。いいですねぇ~~(^^♪

たくさんのお花を見ました\(^o^)/

山芍薬(もう随分と開いていました。今年は早いですね)


e0164643_20093656.jpg



e0164643_20085737.jpg


カタクリの花もあるんですね^^  お天気がいいのでイナバウアーしています。


e0164643_20271616.jpg




e0164643_20070834.jpg


そしてイワザクラ。以前 宮崎の鰐塚山で見たことがあります。


e0164643_20091900.jpg



e0164643_20061603.jpg


シロバナネコノメソウの群生。福寿草もまだありました。ワチガイソウもちらほらと。


e0164643_20065086.jpg


エビネももうすぐ花が咲きそうですね。フデリンドウの花束。トサノコバイモにニリンソウ


e0164643_20063643.jpg


ヒトリシズカ、ヤマウツボ、エイザンスミレ、ヒゴイカリソウ、フデリンドウ


e0164643_20060397.jpg


アマナ、ヒゴスミレ、コミヤマカタバミ


e0164643_20053707.jpg


たくさんのお花に癒された一日でした。ご同行の皆様、有り難うございました。


by nobucyansyuncyan | 2018-04-24 21:27 | 熊本県の山 | Comments(6)
20日(金)に脊梁の山へのお花散策に参加の予定。だが、何しろ脊梁は遠い~~

19日から出かけましょうか~~お天気もいいし、由布山麓のお花でも楽しみながら(^^♪

38回目:4月19日(木)   由布山麓・赤川浦岳    天気:晴れ   2名

車を由布岳正面登山口の駐車場へと走らせます。猪の瀬戸を通過するとき、「あらっ、ピンクの絨毯」。そして由布岳山麓は・・・ピンクが見えません((+_+)) 車を停めて少しお花散策。

また猪の瀬戸へと戻って、サクラソウを愛でます。このお花もかわいいですね。







少し移動してエヒメアヤメはた~くさん。アマナ。


e0164643_22393079.jpg



ワダソウ、ニリンソウ、夜露のかかったヤマエンゴサク、イチリンソウ


e0164643_22392614.jpg



またまた移動してヒゴイカリソウ。この透明感がたまらない~~ですね!!


e0164643_22392199.jpg



ヒゴイカリソウ、まだ咲き初めでした。アケビ、サクラソウ


e0164643_22391721.jpg



22日に二ツ岳に登って、帰りに赤川浦岳によるつもりでしたが、予定は未定となりますので赤川浦岳の白のアケボノツツジ鑑賞へ。時間も14時を過ぎていましたので山頂へは行かず、途中まで。



e0164643_22390644.jpg


紅白のアケボノちゃん


e0164643_22391222.jpg



登山口から眺めた阿蘇・涅槃像。展望所からの祖母山。


e0164643_22383175.jpg


白のアケボノツツジ。昨年は早すぎて2~3輪しか見ることができませんでしたが、今年はたくさんのお花。満開です!!もう大満足\(^o^)/


e0164643_22390167.jpg


石楠花も咲き始めていました。


e0164643_22385703.jpg



下山前にもう一度 紅白のアケボノツツジを眺めます。


e0164643_10142248.jpg


登山道の白のアケボノツツジ、一瞬 タムシバかなぁと間違いそう^^


e0164643_22383649.jpg


ミツバツツジも負けじと咲いていますよ~~


e0164643_22384003.jpg

16時ごろに駐車場へ。これから五木まで行って、温泉へ入って爆睡してました~

by nobucyansyuncyan | 2018-04-24 10:32 | 熊本県の山 | Comments(2)

白髪岳~陀来水岳周回

山友のまっちゃんが「まっちゃんの山学校」で白髪岳の山行計画を出していた。

どうしようかなぁ~で迷っていたらhigeさんが「行きませんか~、日帰りであれば経由の節約で1台で行きましょう」との後押しがありまして。

霧氷が素晴らしく!!  シモバシラも大きいのがた~~くさん!!
e0164643_1459269.jpg


e0164643_156389.jpg


96回目:12月17日(日)   白髪岳・陀来水岳   天気:晴れ  25名
ルート:登山口(10:58)→猪ノ子伏(11:10~11:13)→三池神社
    (12:13~12:16)→白髪岳(12:34~12:44)→鞍部
    (12:58~13:18、昼食)→分岐(13:41)→陀来水岳ピストン
    →分岐(13:51)→渡渉(14:05)→林道出合い(14:13~14:23)
    →登山口(14:58)

higeさん宅から人吉の待ち合わせのコンビニまで3時間もあれば充分とのこと。
我が家からhigeさん宅までは2時間ちょい。で、夕方からお邪魔しまして軽めの宴会^^

6時に出発して、9時前には集合場所に到着。皆さんが揃ってから道の駅へと移動。

道間違いなどがありましたが、登山口に全員揃ってから出発。総勢25名。たくさんの人・人です。

登山開始。行列の1/3ぐらいのところに入りました。皆さん健脚です。早いペースで進んでいきます。猪ノ子伏(1233ⅿ)に到着。寒くて着込んでいたので衣服調整。霧氷がぼちぼちと。
e0164643_1535393.jpg


少し標高が上がると霧氷の付きが大きくなり、青空に映えます(^^♪
e0164643_1544048.jpg


右側の開けたところからは白髪岳が。ほんとの白髪さんになっていました( ◠‿◠ )
e0164643_15454881.jpg


三池神社までの道筋も素晴らしい!!
e0164643_15503050.jpg


ネットのブレード越しに
e0164643_15531189.jpg


e0164643_1555141.jpg


白髪岳の山頂へあと一息。
e0164643_15561727.jpg


e0164643_1557469.jpg


白髪岳の山頂にて。相方さんお初の山です(私は二度目)高千穂の峰も見えています。
e0164643_1622923.jpg


山頂は風が吹き抜けて寒い・寒い。陀来水岳(ダラミズダケ)方面へと下る。
e0164643_1695336.jpg


鞍部にて風を避けて昼食タイム。やっぱしカップラーメンは最高!

陀来水岳の山頂へは行かないとのことでしたので、私ども4人だけ一足先に出発。
e0164643_16105813.jpg


分岐で皆さんと合流。急な下りの後は渡渉。その後は林道出合いまでは登り返しがあります。
e0164643_16132559.jpg


林道をてくてくと歩いて、登山口に無事到着。一応ここで解散。その後はシモバシラ鑑賞へ。
e0164643_1619863.jpg


e0164643_1620082.jpg


e0164643_16205615.jpg


帰りはhigeさん推薦の人吉の華まき温泉で入浴。ぬるっとしてとっても気持ちがよかった!!

higeさん、往復の運転、有り難うございますた。今回は楽をさせていただきました(^^♪

今回の軌跡です。
e0164643_16261837.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-12-18 16:29 | 熊本県の山 | Comments(14)