人気ブログランキング |

カテゴリ:大分・国東の山( 58 )

国東の山・・津波戸山へ

芋煮会をするので来ませんか~と山友さんに誘われました。

国東の山歩きの後にコテージに泊まって…とのこと、楽しみです^^

9時に津波戸山の登山口の駐車場に集合。参加者は14名。

途中の岩峰より津波戸山
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14241685.jpg


駐車場にてお初の方もいますので簡単な自己紹介を済ませ、登山開始。

107回:11月30日(土)   津波戸山   天気:晴れ   14名
ルート:駐車場(9:05)→海蔵寺跡(9:28~9:39)→西岩尾根コース→分岐
   (11:20)→津波戸山(11:31)→西展望所(11:35~12:09、昼食)
    →分岐(12:19)→津波戸山(12:32~12:39)→分岐(12:50)→
    弘法大師像(13:12)→東岩尾根コース→駐車場(14:18)
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14241598.jpg


上を見上げると緑がきれい。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14241129.jpg


津波戸山の説明板
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14240845.jpg


谷を進み、3番への案内標識から西岩尾根へと進みます。左京の橋を渡って
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14240457.jpg


先行のお二人が岩尾根を歩いています。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14235934.jpg


まだ数人は橋を渡った岩峰で遊んでいます^^
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14234986.jpg


ここ津波戸山で一番難所のところです。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14235037.jpg


針の耳です。ここもいやらしいところですね。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14234606.jpg


岩尾根を登ります。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14233831.jpg


歩いてきた岩峰を見ながら、上り詰めていきます。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14233841.jpg


一旦、谷に出て登っていくと水月寺奥の院へ。この水を使って習字をすると字が上手くなるという「仁聞の硯石水」です。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14233459.jpg


分岐から津波戸山の山頂へ。西展望所でランチタイム。休憩後、分岐まで戻ってそのまま真っすぐにもう一つの山頂へ。以前は藪漕ぎだと聞いていたのですが、藪ではありませんでした。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14233087.jpg


また分岐まで戻って、下山開始。大師像へと向かいます。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14232036.jpg


大師像からは66番への標識から東岩尾根コースへ。尾根からの展望です。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14231900.jpg


右奥の山頂がもう一つの山頂です。今回皆さん初登頂です。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14231439.jpg


コマユミのきれいな紅葉を見ながら下山開始。ヤマラッキョウが少し咲いていましたね。
鎖を伝って無事に下山。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14225831.jpg


今回の軌跡です。
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_16111650.jpg


下山後は宿泊先の横岳山荘へ移動。みんなで手分けして芋煮の準備。とっても美味しくいただきました。アルコールもほどほどに~~(^_-)-☆
国東の山・・津波戸山へ_e0164643_14224592.jpg


by nobucyansyuncyan | 2019-12-03 16:13 | 大分・国東の山 | Comments(0)

国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ

並石ダムの東屋で昼食を済ませ、じなしさんの案内で長安寺へ。

紅葉は残念ながら少し早かったようです。
国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13275772.jpg


鬼死岩の取り付きの上長岩屋集落の路肩に駐車して出発です。いよいよ60座目です。
さぁ、頑張ろう!! 竹に赤テープ。ここが登山口です。

ルート:駐車地点(13:34)→鬼死岩(14:04~14:14)→駐車地点(14:40)


国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13274837.jpg


登山道は荒れていますね。
国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13274033.jpg



国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13273839.jpg


ちょっと展望が開けてきました。屋山です。
国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13273190.jpg


岩の横を通って岩峰へ。山頂にただづむゆみちゃん。
国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13272565.jpg


ゆみちゃんと私どもは先の岩峰まで
国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13271796.jpg


山頂で待つ三人
国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13271802.jpg


山頂にて記念撮影(じなしさん撮影)  ゆみちゃん、おめでとう!!
国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13271213.jpg


山頂からの展望。ゆっくりと景色を楽しみたいのですが足場が悪いので、下山します。
通ってきた荒れた道を戻ります。
国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13270768.jpg


山中にはここもキジョランがたくさん。この葉にアサギマダラが卵を産み付けるんですよね。

無事に下山。皆さんの背中には安堵感が~~(^_-)-☆
国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13265839.jpg


途中、鬼死岩が見えるところで写真を撮ります。すごい岩峰ですね。
国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13265743.jpg


じなしさん曰く、60座の中でこの二つの山が一番厳しいのでは、とのことです。

鬼会の里に出向き、ここでゆみちゃんの60座達成のお祝い会を。
国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13265268.jpg


前夜、作ったチーズケーキ(久しぶりに作ったのでうまく出来たか??)。
じなしさん持参のレイを首にかけ、ゆみちゃん、ケーキカット。しばし談笑(*^_^*)
国東半島・・・鬼死岩(おんしいわ)へ_e0164643_13264766.jpg


ゆみちゃん、国東半島山ガイド60座達成 おめでとうございます!!

by nobucyansyuncyan | 2019-11-23 14:26 | 大分・国東の山 | Comments(10)

国東半島…鬼城(きしろ)へ

大分のゆみちゃんが「国東半島山ガイド」豊嶺会編で紹介している60座に大手がかかりました。

最後は「鬼城」と「鬼死岩」の予定とのことで、その時はご一緒しましょう!

で、お互いの日程を調整し、国東トレッキングの名ガイドのじなしさんを強引に(喜んでいました)お誘いしまして、今日の山歩きとなりました。

並石(なめし)ダムから見る三角錐の山が鬼城です。
国東半島…鬼城(きしろ)へ_e0164643_16373529.jpg


105回目:11月21日(木)   鬼城   天気:晴れ    6名
ルート:駐車場(8:58)→取り付き(9:16)→鬼城(10:27~10:38)→
    忘れ物回収(ロスタイム20分)→駐車場(12:17)

並石ダムの駐車場に9時集合ですが、皆さん早めに集合。ダム湖畔の奇岩など眺めながら準備終了。
国東半島…鬼城(きしろ)へ_e0164643_16372078.jpg


国東半島…鬼城(きしろ)へ_e0164643_16370573.jpg


ダム湖畔の遊歩道を歩きます。湖畔にあるオブジェ、勅使河原三郎さんの「光の水滴」とのこと。
国東半島…鬼城(きしろ)へ_e0164643_16364771.jpg


取り付きにある鬼城登山口の案内板。荒れた道を進みます。
国東半島…鬼城(きしろ)へ_e0164643_16363619.jpg


キジョランの葉が多いですね。そして白いのはイズセンリョウ。これも多い。スッポンダケが1本。赤テープを探しながら倒木の道をまたぎながら~~谷を上り詰めます。
国東半島…鬼城(きしろ)へ_e0164643_16362421.jpg


鞍部からは急斜面の道をトラバースしたりで、あまり写真はありません。岩尾根に上がるのも大変でした。足を滑らせると滑落の危険性があり、慎重に。念のために持参したスリンゲと細引きを使用。

ようやく山頂(450m)に到着。
国東半島…鬼城(きしろ)へ_e0164643_16361026.jpg


そこから見る景色は絶景・絶景\(^o^)/
国東半島…鬼城(きしろ)へ_e0164643_16355024.jpg


少しアップにして。国東独特の岩峰ですね。
国東半島…鬼城(きしろ)へ_e0164643_16353387.jpg


山頂にて記念撮影。猪群山・尻付山・ハジカミ山・手前にある白い斜面の山は烏帽子岳(じなしさんの国東半島山ガイド60座目だったそうです)
国東半島…鬼城(きしろ)へ_e0164643_16352436.jpg


地籍図根三角点のある展望所へ。両子山や並石ダムの駐車場も見えています。
国東半島…鬼城(きしろ)へ_e0164643_16352260.jpg


下山はピストンなんですが、最初の下り口を間違えたようで、テープが見当たらない。ナビを見て軌道修正。トラバースしたところは通らなかったのだが、設置したスリンゲ・ロープの回収に男性3名はまた途中まで登り返す羽目に。どうもご苦労様でした。

炭焼き窯を見て、無事に下山。「光の水滴」丁度お日様が当たっていて水滴に見えますね。

連なる岩峰を見ながら駐車場に戻ってきました。
国東半島…鬼城(きしろ)へ_e0164643_16351655.jpg


ベンチでお昼を食べて、ゆみちゃん60座目となる場所へと移動です。

by nobucyansyuncyan | 2019-11-22 21:16 | 大分・国東の山 | Comments(2)

田原山へ・・イワギリソウ

5月の連休に鹿児島・宮崎の山友さんと平尾台・犬ヶ岳~求菩提山・津波戸山・田原山をご一緒しました。

その時に行きたいのだけど、どうしても帰らないといけないので~と泣く泣く国東の山を諦めた宮崎のN夫妻。

今回、本当は両方の山を登りたかったようですが、前回登った時は身体がヘロヘロ~

両方はきついです。。。と言うと、田原山のイワギリソウを見たいとのことですので、下山後は由布山麓のお花巡りをしましょうか~~


イワギリソウ(今年は少雨でお花も少なく、元気がなかった)

田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05315147.jpg

52回目:6月1日(土)    田原山・由布山麓    天気:晴れ   8名+1名
ルート:妙善坊P(8:41)→大観峰(9:33)→八方岳(9:53)→無名岩→熊野摩崖仏
    →熊野摩崖仏P(12:05)

前夜、国東の山友のじなしさんのブログを覗くと、田原山のイワギリソウが出ていました。「明日、お邪魔しますねぇ~」とラインをすると、「妙善坊に何時ですか~」と返事あり^^これは心強いですねぇ~~

皆さんには黙っていて、当日のサプライズで(^_-)-☆

風の郷の前の観光案内所の前で取りあえず集合して、車をデポ。妙善坊のPへと急ぎます。

あらまぁ、もうじなしさんが待っておられます。お初の方にご紹介。けどテレビで俳優の方を国東トレッキングでご案内したりで、「見ましたよ~」で会話が始まります。


田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05314387.jpg


案内板の前で今日のコースを説明していると、平尾台でご一緒したという方が「信ちゃん」と声をかけてくださり、ご一緒することとなりました。

じなしさん、宮崎のN夫妻、鹿児島のFさん・Yさん、higeさん、Hさん、私どもの9名。

じなしさんを先頭に進みます。

田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05314081.jpg


南峰への痩せ尾根。途中から通行禁止となっています。
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05313678.jpg


南峰への分岐から一旦下り、尾根に出ます。岩尾根を伝って大観峰へ。霞んではいますが、じなしさんが山の説明を。
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05313209.jpg


展望を楽しんだ後は下って~登って~~ 元気がいいですね^^
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05312804.jpg


山頂である八方岳に到着。今日は風もなく、皆さんすんなりと立っています^^
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05312376.jpg


鎖やロープを伝って、足元に注意しながら「股覗き岩」や岩峰のピークで「オーイ~」
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05311915.jpg


手前の岩は通りませんが、その後の岩の上は通過してきました。歩いているときは左程思いませんが、こうして眺めるとよくあんなところを歩くもんだと~~
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05311536.jpg


無名岩でおやつタイム。そして登山口で一緒になったHさんは分岐から妙善坊の駐車場へ。私どもは熊野摩崖仏へと下ります。またまた岩峰でのお遊び^^
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05311279.jpg


拝観料の案内板。熊野神社に到着。
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05310805.jpg


不揃いな石段を下ると右手に摩崖仏があります。説明文。
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05310431.jpg


大日如来です。
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05305985.jpg


不動明王です。
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05305527.jpg


イワギリソウ。毎年のように見に来ていますが、やはり今年は元気がないですね。
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05304412.jpg


マメヅタラン(びっしりとついています)
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05304807.jpg


イブキシモツケ、チャボノツメレンゲ、ユキノシタ、イワギリソウ、ヤマツツジ
田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05304193.jpg

下山後はデポした車に乗って、妙善坊の駐車場へ。じなしさんとはここでお別れです。
「じなしさん、いつもお世話になっております!! またよろしく~~ですね」

駐車場のベンチで昼食タイム。

今日は午前中で山は終わるから、とサブザックだったのですが、家を出るときに定位置に置いてなかった。相方さんが荷物を積んでくれたもんだと思って現地に着くと荷物がない。あちゃ~~(>_<)

ポシェットにお茶・カメラの本当の軽装でした^^

お昼は別の入れ物に入れていたので大丈夫でした(*^_^*)

昼食後は由布山麓へ移動。今はお花も少ないのですが・・・
キリンソウ、ツクシシオガマ、シライトソウ、フナバラソウ、カイジンドウ
ツクシシオガマとカイジンドウはもう終わりかけでしたが、何とか見れてよかったです。


田原山へ・・イワギリソウ_e0164643_05303637.jpg

翌日の日曜日は我が町内は一斉清掃日。遠路はるばるお出でいただいたのに一日だけで申し訳なかったのですが、また北部九州の山歩きにお出でくださいね。 待ってま~~す(^O^)/

by nobucyansyuncyan | 2019-06-12 09:43 | 大分・国東の山 | Comments(0)

3日目後半の部・・・田原山(鋸山)

鹿児島からの北部九州遠征の旅、最終日の3日目は前半は津波戸山でした。

計画をされたリーダーさんは鹿嵐山(ここも未踏)にしようか、だったらしいのですが、山として面白いのは国東の山ですよ~と勧めた手前、3日目もご一緒しました。

津波戸山、岩場歩きで疲れたので同行の方5人は「風の郷」でお昼を食べて入浴するとのこと。

私どもは結局、リーダーさんとお仲間の2人と同行することとなりました。

妙善坊の駐車場にある案内板

3日目後半の部・・・田原山(鋸山)_e0164643_10512151.jpg

ルート:妙善坊駐車場(14:10)→大観峰→八方岳→熊野摩崖仏(16:02~16:07)
→駐車場(16:20)


摩崖仏の駐車場に車を2台デポ。1台に相乗りして妙善坊の駐車場へ。

鋸山登山口より取り付きますが、男性3人は元気がいい(@_@)。相方さんにゆっくり行くから~途中で合流するからと話して先に行ってもらう。フタリシズカやコナスビ・ツクバネウツギの花を撮りながら~~

3日目後半の部・・・田原山(鋸山)_e0164643_10511709.jpg


雫石

3日目後半の部・・・田原山(鋸山)_e0164643_10511322.jpg


尾根にやっと登りあがり、展望を楽しむ。
3日目後半の部・・・田原山(鋸山)_e0164643_10510931.jpg


相方さんたちは大観峰へ行った様子。これは相方さん撮影の「鹿児島男三人衆」

3日目後半の部・・・田原山(鋸山)_e0164643_10510538.jpg


八方岳への登りの手前で4人を待ちます^^

3日目後半の部・・・田原山(鋸山)_e0164643_10510156.jpg

痩せ尾根の岩場です。

3日目後半の部・・・田原山(鋸山)_e0164643_10505705.jpg


八方岳に到着。由布岳・鶴見岳は霞んでいます。

3日目後半の部・・・田原山(鋸山)_e0164643_10505476.jpg


イワギリソウ、蕾を付けたのが1株ありました。お花の時が楽しみです。チャボノツメレンゲはまだまだですね。いつもの山歩きは妙善坊の駐車場へと下るのですが、今日は熊野摩崖仏へ。胎蔵寺のところに関所がありまして300円支払います。今回は私たち2人の分は鹿児島の方が支払ってくださいました。

3日目後半の部・・・田原山(鋸山)_e0164643_10505019.jpg



大日如来像

3日目後半の部・・・田原山(鋸山)_e0164643_10504658.jpg



不動明王像

3日目後半の部・・・田原山(鋸山)_e0164643_10504219.jpg


今回の軌跡(大観峰には私は行ってません)

3日目後半の部・・・田原山(鋸山)_e0164643_11151347.jpg

鹿児島から北部九州の山旅にご参加の皆さん、お世話になりました。

初日は4名。あとは2名の突然の参加でしたが、快く受け入れてくださり有り難うございました。

またお出でくださいね。待ってま~~す。

by nobucyansyuncyan | 2019-05-07 13:58 | 大分・国東の山 | Comments(6)

遠来の友と・・・津波戸山

さぁ、3日目。暇人ですので、こうなったら最後までお付き合いしましょう!!

津波戸山の登山口に8時半、待ち合わせ。鹿児島の方は今日はお二人が帰られて8名です。

登山口にある案内板です。

遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16084990.jpg


コースを拡大します。今日歩くのはフルコース^^(1~3~40~山頂~西展望台~65~88)

遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16084556.jpg


44回目:5月3日(金)   津波戸山(529.4ⅿ)   天気:晴れ   10名
ルート:駐車場(8:26)→海蔵寺(8:52)→針の耳(9:50)→水月寺奥の院(10:36)
    →津波戸山(10:54)→西展望台(11:00~11:19)→大師像(11:57)→
    88番(12:20)→駐車場(13:00)


これから登る津波戸山が真正面に見えています。タツナミソウとヤマアイ。

遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16084119.jpg


1番札所の海蔵寺へと行き、説明板などを読んで谷を歩きます。3番の矢印からいよいよ札所巡り。

遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16083737.jpg


空は青い!!  真下を見ないようにして渡ります。また戻らねばなりません^^

遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16083300.jpg


こんなところを鎖を伝って下降します。

遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16082929.jpg


人数が多いので一人づつ。思ったより時間がかかります^^  針の耳も通過。

遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16082515.jpg


イワタバコや名前のわからないキノコ。絶景を楽しみます。。

遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16082174.jpg


ムサシアブミ、水月寺奥の院に着きました。仁聞の硯石水(この清水で習字をすると上達すると言われているそうな~)

遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16081763.jpg


展望台からの眺め。由布岳・鶴見岳が見えていますが、霞んでいます。津波戸山山頂は展望はありません。西展望台で行動食を取って、大師像まで下ります。


遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16081316.jpg


65番から88番へと進みます。やはり秋から冬にかけて木々の葉が落ちたころの方が、岩峰の眺めはいいですね。

遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16080862.jpg


遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16080320.jpg


88番の石仏です。ロープを伝って下山します。ギンリョウソウがロープのたもとに。
里にはシャガの花が咲いています。500ⅿちょっとの低山ですが、国東特有の岩峰で鎖・ロープありで侮れません。

遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_16075889.jpg

今回の軌跡です。


遠来の友と・・・津波戸山_e0164643_20015259.jpg

リーダーのSさん、平尾台以外はお初の山とのことで、もう一座登りたいとのことです。

by nobucyansyuncyan | 2019-05-06 20:04 | 大分・国東の山 | Comments(2)

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ

1月7日は熊本の山友さんにより新年の干支登山。

今回は加入しているやまびこ会(インターネットの山の会)のオフ会。

前日までいい天気、けど20日は午前中は雨が残りそう。雨は嫌だねぇ~~

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14481634.jpg


前日の夕方、ミラさん・tetu-1さんご夫妻がお出でになる。さぁ~新年会の始まりです。

拙い手料理ですが、いろんなお話を肴にしてアルコールが進みます。明日のお山は大丈夫かなぁ~~

21時にはもうみんなダウン。明日は集合時間が10時なので8時少し前に出れば大丈夫です。


8回目:1月20日(日)   猪群山   天気:曇りのち晴れ   13名
ルート:登山口(10:35)→いっぷく望(11:23~11:30)→猪群山(11:40~11:45)
    →ストーンサークル(11:55~12:42、昼食)→山頂(12:50)→下山(13:36)

登山道入り口にあるマップです。


再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14483817.jpg


ウエブマスターのダンブルさんのオフ会開催のご挨拶。そして新会長のNRBさんのご挨拶。
お初の方もおられましたので簡単な自己紹介。さぁ、登山開始です。久しぶりなのでおしゃべりの花が咲きます^^

心配された雨も出発の時にはあがっています。よかった~~🎶

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14483155.jpg


大分の方言を解釈しながら・・・大分在住のお若いお方は年齢層が違うから~~と??

立岩を過ぎ、いっぷく望でで一休み。

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14482727.jpg


この意味がちょっと分かりませんね。

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14482053.jpg


山頂に到着。1名が別の登山口から登られたので、ここで合流。お待たせしました。

参加者全員の集合写真を撮り、ストーンサークルへ。このころには陽も差してきました^^


再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14481327.jpg


青空ですねぇ||(^O^)/

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14480991.jpg


国東のお山がよく見えています。お一人が岩に上がって動画撮影。鷲巣山・姫島の矢筈岳・屋山・両子山も。いい眺めです。

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14480571.jpg


今日は二組の団体さんと遭遇しました。やはり干支の山で登りに来る方が多いのでしょうね。
その中に前回の猪群山の時にお会いしたNさん、英彦山でお会いしたKさんが地元の山の会の登山でお出でになっており、びっくりしました。下山はちょっと渋滞です。

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14475898.jpg


登りには気付かなかった、絡みついた枝。

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14472828.jpg


雨上がりの滑りやすい道でしたが、全員無事に下山。温泉に行く人もいますが、昨夜ミラさんに「早かったら八面山へ行きませんか~車で山頂近くまで行くし、ピストンであればそんなに時間もかからないし~~」

下山時、ミラさんが「八面山へ行こうか~」と。お疲れ様の挨拶の時に提案すると、4人の方が行く~と手を挙げたので、8名でのオプショナルツアーとなりました。取りあえず中津の道の駅にて待ち合わせ。

八面山:登山口(15:14)→八面山(15:38~15:41)→登山口(15:59)

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_15061423.jpg


tetu-1さん、病み上がりなんですが~~元気です(*^。^*)

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14472253.jpg


第1・第2展望所に立ち寄ります。

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14471060.jpg


国東よりもこちらの方が天気が悪かったようです。道路もまだ濡れていましたし、雲が分厚かった。

再び干支の山へ・・猪群山、そして八面山へ_e0164643_14470404.jpg


ミラさんご夫妻と私ども以外は、ぐるっとこの間歩いた周回コースを歩かれました。ミラさんたちはこれから島原まで帰らないといけないんですものね。遠いところからの参加、ご苦労様でした。

また宴会しましょうね(^^♪


by nobucyansyuncyan | 2019-01-21 16:11 | 大分・国東の山 | Comments(0)

干支の山・・・猪群山へ

今年の干支は亥です。近場では国東の猪群山があります。

Mishanたちの八山会の山行に参加してきました。熊本・大分・福岡から18名が集まりました。

干支の山・・・猪群山へ_e0164643_14200913.jpg

3回目:1月5日(土)    猪群山    天気:曇り   18名
ルート:登山口(10:02)→立石(10:38)→いっぷく望(10:56)→猪群山
   (11:14~11:21)→ストーンサークル(11:30~12:05、昼食)→猪群山
   (12:16)→登山口(13:05)

家を出るときに降っていた雨も国東に着くころには小降りになっていました。

登山口の駐車場へ着くと、higeさん・mamaさん、T&Mさんも到着されていました。新年の挨拶を済ませると「うすきさんの車があるよ~」でTELするが出られない。そうこうしていたら着信があったようで、折り返しTELすると、もういっぷく望まで下りてきているので、もうすぐ着きますよ~とのこと。

にこやかな顔で下山してきました。早速新年のご挨拶。熊本からのMishanたちも到着しました。

うすきさんの見送りを受けて我々は出発。


干支の山・・・猪群山へ_e0164643_14200548.jpg

石積みされた昔の住居跡を通り、落ち葉を踏みしめて歩きます。

干支の山・・・猪群山へ_e0164643_14200220.jpg

立石に到着(これは下山時に撮影しました)

干支の山・・・猪群山へ_e0164643_14195840.jpg

いっぷく望で小休止。エルちゃん、寒くないですか~

干支の山・・・猪群山へ_e0164643_14195423.jpg

登山道には大分の方言で書かれた案内板がありますが、???のものもあります^^

干支の山・・・猪群山へ_e0164643_14195142.jpg

猪群山(458.2ⅿ)に到着。集合写真と年男(Mishan)・年女(私)のツーショット^^
ストーンサークルへと行きます。

干支の山・・・猪群山へ_e0164643_14194762.jpg

御神体石です。

干支の山・・・猪群山へ_e0164643_14194398.jpg

鷲巣山、尻付山とハジカミ山、お日様も出てきましたが、風が冷たい

干支の山・・・猪群山へ_e0164643_14193917.jpg

下山開始。来た道を戻ります。

干支の山・・・猪群山へ_e0164643_14193577.jpg

無事に下山。時間も早いし、皆さんどうされるのかなと思っていたら、国東出身のミッチン宅へ行かれるとのこと。時間は3分も走れば~~とのことだったのですが、なんと何と30㎞走りました^^

以前ご一緒したときに、お父さんは音楽の先生をされていて、いろんな楽器が家にあることはお聞きしていました。まぁ、行ってみてびっくりでした。すごいコレクションです。。。

90歳とのこと。楽器で「第三の男」のテーマソングを弾いてくださいましたが、おしゃべりも指先の動きも、とても90歳には見えませんでした。


干支の山・・・猪群山へ_e0164643_14193072.jpg

帰りにはお父様とミッチンによる法螺貝。いつまでもお元気で!!

ミッチン、お世話になりました。奥様手作りのアンパン、大変美味しかったです。

干支の山・・・猪群山へ_e0164643_14192611.jpg

皆さんとお別れして、higeさん夫婦と私どもは国東にお住いのブログ友の名ガイド・じなしさん宅へ新年の挨拶に立ち寄りました。国東の山を一緒に歩いたり、国東トレイルコースを案内してくださったりで、いつもお世話になっています。

猪群山まで来て知らん顔をしていたら申し訳ないよねぇ~の軽い気持ちだったのですが、「新年会をしましょう!」

とうとうお泊りとなり、またまたご迷惑をおかけしました。

by nobucyansyuncyan | 2019-01-07 15:31 | 大分・国東の山 | Comments(4)

鋸山・・・チャボツメレンゲ

例年、チャボツメレンゲは9月末か10月の初めに出かけている。

もうそろそろかな?  木曜日に行きますよ~と山友さんに声をかけて一緒に出掛けてきました。


鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_13024178.jpg

90回目:9月27日(木)   田原山(鋸山)   天気:晴れ   3名
ルート:熊野摩崖仏取り付きよりピストン

山友のうすきさんのブログに妙善坊の駐車場への道は通行止めだったと書かれていたので、観光案内所へ電話をして確かめると、途中が崩落して通行止めとのこと。

数年前にも出かけたときにやはり通行止めの時があり、大田への迂回路を走り、鋸山トンネルへ出て妙善坊の駐車場から登ったことがあります。取りあえず大田からの道を確かめてみようで行きましたが、そこにもやはり同じく通行止めの看板が。

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_13015650.jpg

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_13015202.jpg

またまた後戻り、熊野摩崖仏の駐車場へ。拝観料一人300円を支払って入山。

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_13012002.jpg

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_13011546.jpg

熊野摩崖仏に到着。

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_13010691.jpg

不動明王と大日如来です。 ここで一休み。

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_13005909.jpg

さらに石段を上がって熊野神社へ。そこから山道へと入ります。タマゴタケが^^
その他にも名も知らないキノコが~~

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_12572250.jpg

チャボツメレンゲです。今年は花芽が少ないように感じられました。
今日は山頂踏まず。帰りに観光案内所に立ち寄り聞きますと、年内に修復できるかな?とのことでした。

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_13023643.jpg

さて、ご一緒した山帽子さんが伐株山がまだ未踏とのことですので、山頂近くまで車で移動です。時間があれば面白いコースがありますが、今日は超簡単に山頂を踏みます。平尾台と同じようにパラも飛んでいます^^

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_12562982.jpg

伐株山の山頂にもたくさんのキノコが。大きくて、一瞬カメがいるのかなぁ~と^^

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_14241602.jpg

その他に、今日見たお花の一部です。  アカササゲ

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_13003622.jpg

ミツバベンケイソウです。

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_13002224.jpg


鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_13001516.jpg

まだ蕾が多かったですね。

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_13000806.jpg

ナガバノコウヤボウキです。(一輪辛うじて残っていてくれました)

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_12593727.jpg

エンシュウツリフネソウ

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_12582256.jpg

白がありました(清楚で素敵ですね~)

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_12584513.jpg

ピンクと白、比較するとよくわかりますね。

鋸山・・・チャボツメレンゲ_e0164643_12581341.jpg

今日も大満足のお花散策でした(^O^)/


by nobucyansyuncyan | 2018-09-29 14:53 | 大分・国東の山 | Comments(8)

田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン

もう早々とイワギリソウが見ごろを迎えているとの情報で、山友さんと行ってきました。

イワギリソウ(鹿児島の磯間岳にはサツマイワギリソウがあるらしいのですが・・・)

田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10532054.jpg

54回目:5月26日(土)   田原山   天気:曇り・風強し   5名
ルート:妙善坊駐車場(8:42)→雫石(9:12)→大観峰(9:28~9:35)→
    八方岳(9:45)→妙善坊駐車場(11:30)

前日の天気予報を見ると、九州南部は雨模様だが、北部九州は何とか大丈夫かなで、決行します。

が、朝方 けいこたんから「福岡は雨が降ってますが~」、私「ここ(豊津)は降ってませんが~」

相方さん「雨だと危ないので中止にするか~」、ラインをすると「もう家を出てますので取り合えず現地に向かいます」

九時集合でしたが、早めに着きました。雨は降ってません。準備を済ませ、出発。

雫石を通過。右手にこれから歩く尾根を見やります。大観峰への標識から一旦下ります。稜線に出ると風が強い。「大観峰へ行きますか~」と尋ねると「行きます」の返事。

田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10540121.jpg


鎖を伝って大観峰へ。由布岳の遠望もあります。国東の山々も見えています。

田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10535559.jpg


猪群山・尻付山・ハジカミ山かな、そして両子山

田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10535707.jpg


風が強いので長居はしません。鎖場の下山は要注意。左の写真のところが一番危ないかな?

田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10535042.jpg


八方岳への登り。風にあおられないように三点確保で登りあがりました。


田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10534700.jpg


田原山の山頂です。痩せ尾根の上ですので、長居はできません。
帽子を押さえたり、身体をかがめたり・・


田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10534374.jpg


これから歩く岩尾根の道です。風が強いから気を付けましょうね。
田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10533947.jpg


ヤマツツジが咲き誇っています。一瞬 気が休まりますね。


田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10533449.jpg


いつもは無名岩にて、のんびりとランチタイムなんですが、風が強く寒い(>_<)。イワギリソウやびっくりするような群生のマメヅタランを鑑賞して、妙善坊登山口へ下山。途中、美味しそうなキイチゴがありましたので、少しつまみながら~~

無事に下山しました。駐車場にある案内板です。


田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10525463.jpg


今回の登山の第一目的。イワギリソウ


田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10540592.jpg



田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10532537.jpg


第二目的のマメヅタラン。岩にびっしり


田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10530776.jpg


その他に見たお花。
ハハコグサ、イボタノキ、キノコ、キイチゴ、ウツギ、テイカカズラ、ムラサキシキブ


田原山へ・・・イワギリソウ・マメヅタラン_e0164643_10524883.jpg

今日ご一緒したお三人さん、お疲れ様でした。駐車場のベンチにてランチタイム。

山では大した雨にはならず、よかったですね。雨で岩が濡れていたら~と心配しましたが・・・

目的のお花にも出合うことができました。どこかもう一座との思いもありましたが、風がまだ強く断念。またの機会に国東のお山を楽しみましょう。

by nobucyansyuncyan | 2018-05-28 13:45 | 大分・国東の山 | Comments(12)


信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
英彦山系
平尾台
福岡県の山
大分県の山
大分・国東の山
佐賀県の山
長崎県の山
熊本県の山
宮崎県の山
鹿児島県の山
北アルプス
中央アルプス
南アルプス
北海道の山
東北の山
新潟の山
白山
上州・関東の山
近畿の山
中国地方の山
四国の山
山の想い出
山歩き
町内散歩
お花

日常の出来事
旅行
国土地理院
歴史散策

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

リンクサイト

フォロー中のブログ

気まぐれ散歩
そうだ!山に登ろう
関西の山の週末山登り日記
行けるとこまで
山が呼んでる
山馬鹿日記
Haruの気まぐれ日記
S・TAROUのブログ
じなしの山歩記と国東半島...
休日の山登り
風来坊のアウトドアライフ
山に癒されて
山野草に癒されて

最新のコメント

うすきさん、こんにちは。..
by 豊津の信ちゃん at 10:01
ミラさん、こんにちは。 ..
by 豊津の信ちゃん at 09:57
信ちゃん&俊ちゃんさん、..
by tinnan1515 at 06:02
俊ちゃん、お誕生日おめで..
by ミラ at 03:36
けいこたん、こんにちは。..
by 豊津の信ちゃん at 14:46
信ちゃん、おはようござい..
by けいこたん at 11:26
はまちゃん、こんにちは。..
by 豊津の信ちゃん at 16:17
信ちゃん、こんにちは。 ..
by hamaちゃん at 15:22
風来坊さん、こんにちは。..
by 豊津の信ちゃん at 14:36
おはようございます、信ち..
by 風来坊 at 09:57

検索

記事ランキング

ブログジャンル

登山
九州

画像一覧