人気ブログランキング |

カテゴリ:北アルプス( 41 )



今回の遠征、白馬岳で見たお花を列挙します。

お初のお花・・シコタンソウ
e0164643_19424525.jpg


ミヤマクワガタ、シロウマアサツキ、ミヤマアケボノソウ
e0164643_19440793.jpg


テガタチドリ、オタカラコウ、ハクサンフウロ
e0164643_19440191.jpg


コマクサ
e0164643_19435763.jpg


ウルップソウ、ウメバチソウ、ウサギギク、ミヤマアズマギク
e0164643_19435227.jpg


ミヤマダイモンジソウ、ミヤマリンドウ、ミヤマオダマキ、イワベンケイ
e0164643_19434473.jpg


イワツメグサ、リンネソウ、トウヤクリンドウ、エゾシオガマギク
e0164643_19432603.jpg


イブキジャコウソウ、イワオウギ、ミヤマタンポポ
e0164643_19432270.jpg


シコタンハコベ、チングルマの花と花後、ゴゼンタチバナ
e0164643_19431045.jpg


トリカブト、ミヤマコゴメグサ、アオノツガザクラ、ハクサンコザクラ
e0164643_19430761.jpg


タカネシオガマギク、ソバナ、ミヤマムラサキ、ヨツバシオガマ
e0164643_20072823.jpg


クルマユリ
e0164643_19451470.jpg


キヌガサソウ
e0164643_19445244.jpg


オオウバユリ、オオレイジンソウ
e0164643_19444795.jpg


ミソガワソウ
e0164643_19444453.jpg


チシマギキョウ(鐘形の花冠の縁に毛がある)
e0164643_19443937.jpg


イワギキョウ
e0164643_19443576.jpg


ハクサンイチゲ、カライトソウ、ベニバナイチゴ、ニッコウキスゲ
e0164643_19424007.jpg


ウスユキソウ
e0164643_19443171.jpg



タカネツメクサ
e0164643_19434078.jpg



コバイケイソウ、コイワカガミ
e0164643_19430288.jpg



ミヤマクワガタ、ハイマツ、シナノオトギリ、キンコウカ
e0164643_20073242.jpg



トリアシショウマ、タマガワホトトギス、サンカヨウの花後、オオミゾホオズキ
e0164643_21472261.jpg


クガイソウ
e0164643_21472691.jpg

まだまだお花がありますが、ボケたのやら~~^^

お花の名前が違っているかもしれません。教えてくださいませ。

by nobucyansyuncyan | 2019-08-14 22:08 | 北アルプス | Comments(8)

北ア遠征・・・白馬岳④

今日は鑓温泉から猿倉まで下山し、高速を走って大阪南港へ。17時出航のフェリーに乗ります。

4時半出発の予定でしたが、皆さん早くに目が覚め、4時出発となりました。

75回目:8月6日(火)   猿倉へ下山   天気:晴れ   15名
ルート:鑓温泉(4:00)→分岐(8:15)→猿倉(8:26)

e0164643_20193098.jpg

昨夜は雷がなり、雨が降りました。4時の空は星が輝いていました。

まだ真っ暗、ヘッドランプを点けて露天風呂の前を通り、テント場を通って行きます。

4:16、1回目の雪渓。アイゼンを装着。まだまだ真っ暗です。

4:58、2回目の雪渓。
e0164643_20195770.jpg

アイゼン装着。明るくなったので装着も楽です。
e0164643_20195455.jpg

雪渓歩きも済み、アイゼンを片付けていると、対岸がモルゲンロート、いいですねぇ!!
e0164643_20194935.jpg

e0164643_20194588.jpg

雪解け水が滝のように流れています。橋が架かっています。きちんと整備してくださっているんですね。有り難いことです。
e0164643_20194195.jpg

橋を渡ってからはお花畑が続きます。ベニバナイチゴ・オオウツボグサ・ウメバチソウ
e0164643_20193675.jpg

小屋が見えますね。鑓温泉です。昨日はあそこまで下って、今日はここまで歩いて来ました。
e0164643_20192660.jpg

ズームしてみました。
e0164643_20191994.jpg

お花を見ながら~~
オオバギボウシ・イワイチョウ・シモツケソウ・シナノオトギリソウ
e0164643_20191405.jpg

雲がたなびいています。空は青い。お別れですねぇ~~
e0164643_20191098.jpg

e0164643_20190699.jpg

何度でも眺めています。同じような写真を撮っています。有り難う!!
黄色のお花は多分キンコウカ、分岐に到着。猿倉までもう少し。
e0164643_20190268.jpg

今回の軌跡です。このコース、意外と長いんですね。
e0164643_20185255.jpg

Hドライバーさんが猿倉まで迎えに来てくださっており、マイクロバスに乗り込んでコンビニへ。皆さんそれぞれに飲み物などを買い込んで一路大阪南港へ。
e0164643_20185784.jpg

台風の影響もあり、出航するか心配しましたが、無事に乗船し17時出航、翌朝5:30に新門司港に着きました。同行の皆さん、お世話になりました。

お天気にも恵まれ、最高のアルプスでした(礼)

by nobucyansyuncyan | 2019-08-12 22:10 | 北アルプス | Comments(6)

北ア遠征・・・白馬岳③

今日は村営頂上山荘から白馬鑓温泉までです。分岐から鑓温泉~猿倉までがお初のルートです。

5:50です。雲海が出ています^^ 今日もいいお天気です。
e0164643_13553219.jpg

6時。今日登る杓子岳と白馬鑓ヶ岳です。
e0164643_13552833.jpg

74回目:8月5日(月)   杓子岳・白馬鑓ヶ岳・鑓温泉  天気:晴れ  15名
ルート:宿舎(6:30)→丸山(6:45~6:53)→杓子岳分岐(7:52)→
   2名巻き道→分岐(8:07~8:17)→白馬鑓ヶ岳(9:35~10:05)→分岐
  (10:28~10:35)→6名は天狗山荘へピストン→お花畑(11:05~11:22)
   →お花畑(11:55~12:02)→鑓温泉(12:54)

村営頂上山荘を6:30出発。夕食・朝食のバイキングは美味しかったですね。
e0164643_13552544.jpg

丸山から白馬岳。テントが数張りありますね。
e0164643_13552008.jpg

剱岳と毛勝三山(けかちさんざん、毛勝山・釜石山・猫又山)
e0164643_13551401.jpg

イワギキョウ越しの白馬岳です。左下は会いたかったシコタンソウ。
e0164643_13551042.jpg

お天気最高!!  景色も素晴らしい!!  時々振り返りながら~~
e0164643_13550693.jpg

杓子岳への道に来ました。相方さんは今日もきつい~とのことで、私ども2人は巻き道を進むことに。以前歩いた時は、ちゃんと山頂を踏んだから~コマクサを見ながらのんびりと。
e0164643_13550220.jpg

合流点で皆さんを待っていたのだけど、「ゆっくり進もう、みんな歩くのが早いから」で、少しずつ進み、途中でストックを振って合図をします。
e0164643_13545173.jpg

ミヤマアズマギクやミヤマオダマキ、トウヤクリンドウなどを愛でながら^^
e0164643_13544639.jpg

白馬鑓ヶ岳の山頂に到着。追っ付け皆さんも到着しました。ここで協議。宿泊先の鑓温泉に到着するのが早いので、天狗山荘までピストンしようということになりました。
e0164643_13545785.jpg

砂礫の道を分岐目指して下ります。
e0164643_13542909.jpg

白馬鑓ヶ岳。ほんとに砂礫の山です。下の丸印が山頂付近です。
e0164643_13541321.jpg

天狗山荘は今年は売店のみ営業。以前の時にやはり立ち寄り、豊富な水でお湯を沸かしてお昼を食べたりしていますので、今回はパス。ゆっくり下りますので~~。天狗山荘へ行く人が6名。9名が先行組と分かれることになりました。お見送りをして鑓温泉へと下ります。
e0164643_13540706.jpg

やはり砂礫の斜面にはコマクサが咲き乱れておりました。
e0164643_13540244.jpg

大出原のお花畑にはハクサンコザクラ、チングルマ、コバイケイソウなど(^o^)丿
e0164643_13535834.jpg

真っ青な空、雪渓、素晴らしき展望です。
e0164643_13535478.jpg

ハイマツの実、ハクサンイチゲ、コバイケイソウ、小イワカガミなど~~
e0164643_13534931.jpg

危険個所の岩場に差し掛かりました。ここの岩は滑りやすいですね。ストックをしまい、足元注意で歩きます。後ろの若い女性は単独で、岩場が終わってから先に行ってもらいました。ニッコウキスゲが咲き乱れていました。
e0164643_13534592.jpg

宿泊場所の鑓温泉が見えました。今年は雪が多くて小屋は3日からオープンでした。間に合ってよかったですね。お風呂も入れそうです。

最初は芋の子を洗うようにたくさんの入浴者でしたので、落ち着いたころにもう一度入りました。手足を伸ばし、とっても気持ちよかったです。
e0164643_13534038.jpg

今回の軌跡です。
e0164643_13533502.jpg

by nobucyansyuncyan | 2019-08-11 16:16 | 北アルプス | Comments(6)

北ア遠征・・・白馬岳②

さぁ、今日はいよいよ白馬岳へ。

思い起こせば2007年に当時加入していた会の山行で、猿倉より白馬尻~大雪渓を登って白馬岳~雪倉岳~朝日岳~蓮華温泉。2008年に相方さんと二人で扇沢~針ノ木雪渓~針ノ木岳~黒部ダムを見ながらスバリ岳~爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~八峰キレット~五竜岳~唐松岳~不帰キレット~白馬三山~猿倉と歩きました。

三度目の白馬岳ですが、10年以上たっていますね。

e0164643_09371536.jpg

73回目:8月4日(日)   白馬岳    天気:晴れ    15名
ルート:猿倉(8:06)→鑓温泉分岐(8:21)→白馬尻小屋(9:07~9:27)→
    雪渓取り付き(9:41~9:54)→葱平手前(11:15~11:40、昼食)→
    岩室跡(11:50)→避難小屋(13:05)→村営頂上山荘(14:26)→
    白馬岳へ(15:00~16:23)→村営頂上山荘泊

栂池ユースホステルよりHドライバーさんの運転で猿倉へ。HドライバーさんとIさんはゆっくりお花散策をしながら白馬尻まで行って、あとは観光をするとのことで別行動。

トイレ(100円)を済ませて出発です。
e0164643_09380372.jpg

鑓温泉分岐。帰りはここへと下ってきます。
e0164643_09375589.jpg

樹林帯の中を進んでいきます。タマガワホトトギスやミソガワソウが咲いています。
e0164643_09374853.jpg

久しぶりに重い荷物。身体にこたえますね。
e0164643_09374113.jpg

やっと白馬尻に到着。ここでまたトイレ(100円)などを済ませて小休憩。
e0164643_09373668.jpg

大雪渓の取り付きが見えてきましたね。
e0164643_09372875.jpg

さぁ、アイゼンを装着。日曜日なんだけど人は意外と少ないですね。
e0164643_09372158.jpg

やはり雪渓上はヒヤーとして気持ちいいですね。このころから私がきつくなり、皆さんに先に行ってもらう。相方さんと景色を堪能しながら~~
e0164643_09370723.jpg

e0164643_09370110.jpg

葱平の手前の尾根に上がり、アイゼンを外す。ここで昼食タイム。
e0164643_09365606.jpg

皆さん元気がいいです。お先にどうぞ~~
このころから相方さんが「きつい、足があがらん」を連発。ゆっくり行こうねぇ~~
岩室跡、避難小屋を通過。
e0164643_09365013.jpg

ここからはお花畑。きついといいながらもお花を撮ります。いいですねぇ~!!
e0164643_09364409.jpg

斜面にもお花がたくさん(^^♪
e0164643_09363986.jpg

この階段状の道を上がると宿舎の村営頂上山荘です。皆さんをお待たせしましたが無事に到着しました。
e0164643_09363388.jpg

宿舎で一休みしてから白馬岳へ。旭岳を真横に見ながら、進みます。
e0164643_09362796.jpg

三度目の白馬岳(2932.2ⅿ)登頂。きつかったねぇ~~
e0164643_09361930.jpg

雲があり、雪倉~朝日の稜線は見えませんでしたが、あの時はよく歩いたねぇ~と感慨深げに。下山時は日本初の山小屋「白馬山荘」の松沢貞逸(まつざわていいつ)さんのレリーフに立ち寄ります。
e0164643_09361314.jpg

ウスユキソウやミヤマアケボノソウが咲いていましたね。ウルップ草は山頂付近では枯れ尾花となっていました。撮ったところは宿舎手前のお花畑でした。
e0164643_09360264.jpg

下山後のビール、美味しかったですね~~至福のひと時でした!!

8月4日の軌跡です。
e0164643_10274974.jpg

白馬岳で見かけたお花は別途にアップします。

by nobucyansyuncyan | 2019-08-10 11:41 | 北アルプス | Comments(4)

北ア遠征・・・白馬岳①

山友さんより白馬岳へ行きませんか~とのお誘い^^

もう齢だし、皆さんにご迷惑をおかけしなければいいのですが~

行程は
8月2日の新門司港17時発のフェリーに乗船。
3日は大阪南港へ。マイクロバスで一路長野へ。栂池のユースホステル泊。
4日は猿倉へ移動し、白馬尻~大雪渓~村営頂上宿舎泊。白馬岳へ。
5日は白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳~白馬鑓温泉小屋泊。
6日は白馬鑓温泉小屋~猿倉。大阪南港へ移動。17時のフェリーに乗船。
7日は新門司港に5時半着。

2日、私どもは行橋から同行の初顔合わせの方と一緒に我が家の車で新門司港へ。

乗船前に簡単な自己紹介を済ませ、船内では和気藹々とお話が弾みました。

3日はHドライバーさんの巧みなハンドルさばきで一路 長野県の栂池の宿泊先へ。

途中で食べたおそばも美味しかったです。
e0164643_13573835.jpg

蕎麦屋さんの駐車場から眺めた山々。お天気最高ですね!
e0164643_13573354.jpg

時間も早いことだし、少し散策して温泉に入りましょうか~
e0164643_13572839.jpg

e0164643_13572376.jpg

天空のテラスにて
e0164643_13571930.jpg

付近で見かけたお花(クガイソウ、オオバギボウシ、クレオメ(風蝶草)、?百合)
e0164643_13571695.jpg

ゴンドラ駅の目の前の「岩岳の湯」にて入浴。
e0164643_13571176.jpg

明日からの山歩きに備えて早めの就寝。けど、暑くて寝苦しかったですね。

by nobucyansyuncyan | 2019-08-08 14:58 | 北アルプス | Comments(8)

上高地より帰宅

山研の管理人さん御夫妻のお見送りを受けて、バス停へと~~
e0164643_20215518.jpg


河童橋から眺めた穂高の山並み。あの稜線を歩いたんだぁ~☆
e0164643_20243876.jpg


8時半のバスで上高地を出発し、平湯の「あかんだな駐車場」へ。

高山へと移動し、朝市でお買いもの。
e0164643_20272278.jpg


2時間ごとの運転交代、昼食・夕食を済ませ、山口のYさん宅へ。

それから我が家へ。帰り着いたのは23時を過ぎていました。

お疲れ様でした~~  お誘いいただいたNさん、有難うございました<(_ _)>

お陰さまでもう行くことはないと思っていた、憧れのジャンダルムの上に立つことが出来ました。

「穂高よさらば」
1.穂高よさらば 又くる日まで   奥穂に映ゆる あかね雲
  かえり見すれば 遠ざかる   まぶたに残る ジャンダルム

4.岳沢さらば 又くる日まで    前穂をあとに 河童橋
  かえり見すれば 遠ざかる   まぶたに残る 畳岩
by nobucyansyuncyan | 2014-09-26 20:41 | 北アルプス | Comments(8)
続きです。

ジャンダルムでコーヒーを飲もう~~♪  が今回のテーマ(*^。^*) 

たっぷりと展望を楽しみ、コーヒータイムも~~♪  超シ・ア・ワ・セ~です!!

ロバの耳の下りと馬ノ背を気をつけたら大丈夫だからとのリーダーさんの言葉です。

ジャンダルムを下りて、岩峰をトラバースして一旦下って、これから「ロバの耳」に取り付きます。
e0164643_15594892.jpg

e0164643_1552124.jpg

e0164643_1603716.jpg


ジャンダルム。やはり迫力がありますね。さっきまであの上にいました(^^♪
e0164643_1631053.jpg


ロバの耳    慎重にトラバースして下ります。
e0164643_1641584.jpg

e0164643_1634675.jpg


これから馬ノ背です。奥穂から天狗のコルの間で一番の難関とのことです。
e0164643_16112434.jpg

e0164643_16115094.jpg


難関を過ぎ、これから奥穂高岳へと向かいます。
e0164643_1613966.jpg


山頂(3190m)にて記念撮影。やはり順番待ちです^^
e0164643_16173050.jpg


前穂高岳との吊尾根からの展望・・・常念岳、下を見ると涸沢ヒュッテと涸沢小屋
e0164643_1623194.jpg


南稜の頭、紀美子平(前穂高岳は時間がないのでパス)
e0164643_16254280.jpg


紀美子平からの下り・・・急降下です。足に疲れがきていますので要注意。

雷鳥広場、岳沢の展望がいい岳沢パノラマを過ぎ、梯子が現れるとやっと一安心。
e0164643_16255473.jpg


長~~い梯子を通過してテント場到着。留守番のお二人がテントを撤収して、一足先に山研へ。
e0164643_16312284.jpg


テントをザックに収納して、我々も山研へ。これから約2時間の歩きがまた続きます。

重いザックが肩に食い込んだように感じます。途中でヘッドランプをつけて段々暗くなる道をただひたすら歩きます。

重いザック、ヘッドランプで照らす足元。下ばかり見ているので首の痛いこと(ーー;)

やっと山研に到着。リーダーさんが時々「今ここを通過」と連絡していましたので、遅くなりましたが管理人さんも安心していたようです。

夜は今回の山の反省会。いろんな意見が飛び交いました。

やはり岳沢でもう一泊の方がよかったような~~
by nobucyansyuncyan | 2014-09-26 16:53 | 北アルプス | Comments(8)
3時ごろ起床。シュラフ等を手早く片付け、お湯を沸かします。

空を見上げると星がとってもきれいに輝いています。今日もお天気が良さそう!!

パンとコーヒーで簡単に食事を済ませ、出発準備OK。ここでちょっとしたトラブル発生。

結局、2人が登らないとのことで、6人で登山開始。出発は予定の時間より1時間遅れとなりました。

99回目:9月21日(日)    ジャンダルム・奥穂高岳     天気:晴れ     6名
ルート:岳沢小屋(5:05)→天狗のコル(7:49~8:02)→畳岩尾根の頭(9:02)→
    ジャンダルム(10:08~11:10)→馬ノ脊(12:29)→奥穂高岳(12:51~12:54)
    →南稜の頭(13:22)→紀美子平(15:05)→雷鳥広場(15:24)→岳沢パノラマ(15:55)
    →梯子場(16:47)→テント場(17:18~17:45)→山研(19:45)

小屋横の登山口より出発。最初はお花畑ですが、すぐにガレ場となります。天狗沢の登りです。
e0164643_951213.jpg


「天狗のコル」までもう少し。1歩置くとザラザラと崩れ、2~3歩下がるという感じです。落石注意。
e0164643_9512649.jpg


予定タイムより少し遅れて「天狗のコル」に到着。先頭は何度か縦走路を歩いたリーダーのNさん。一番後はサブの私。これからは難所が続きます。気を引き締めて歩きます。

登って来た天狗沢を振り返ります。
e0164643_1024825.jpg


先ほど「天狗のコルで休憩していたグループが「天狗の頭」に到着したようです。
e0164643_107154.jpg


富士山、笠ヶ岳も見えています。絶好のロケーション(^O^)/
e0164643_10373431.jpg


西穂高岳、焼岳、乗鞍岳
e0164643_104330100.jpg


白山も~
e0164643_10392628.jpg


岩場が続きます。
e0164643_10403168.jpg


ジャンダルムと奥穂高岳・槍ヶ岳
e0164643_1046090.jpg

e0164643_1046174.jpg


さぁ、いよいよジャンダルムに取り付きます。
e0164643_1049118.jpg

e0164643_10495686.jpg


憧れのジャンダルム(3163m)登頂!!
e0164643_10573172.jpg


槍ヶ岳はもちろんのこと、後立山や白馬岳も見えていましたよ~\(^o^)/
e0164643_1131836.jpg

e0164643_1135564.jpg


今回のGPSの軌跡です。
e0164643_11113181.jpg

by nobucyansyuncyan | 2014-09-26 11:14 | 北アルプス | Comments(0)

上高地~岳沢テント場へ

9月19日(金) 山口のYさん宅に18:30集合し、車2台にて出発。下松S・Aにて夕食。

途中2時間ごとの休憩タイムでドライバー交代しながら、平湯の「あかんだな駐車場」へ。

今回のメンバーは男性5名、女性3名の計8名。同行の女性2名は運転はせず、1台の車で3人が2回運転。

やはり真夜中の運転がしんどかったですねぇ~~  事故も無く、5時過ぎに到着。荷物を分担。

上高地・梓川沿いにある山の説明板。天狗のコルからジャンダルム、奥穂高へと歩きます。
e0164643_1128339.jpg


6:20のバスにて上高地へ。7時前に着き、朝食を済ませ、河童橋を渡っていよいよ出発です。
e0164643_1113250.jpg


山研へ立ち寄り、着替えを預け、その分荷物が軽くはなりましたが、約14キロ。何が重いんだろうね~

ザック自体が2.4キロ。シュラフ・シュラフカバー・マット・防寒着・ヘルメット・シュリンゲ2本・カラビナ2個・ガス・3人用テント(重さを計り、相方さんと分担)、あとは登山道具一式。

98回目:9月20日(土)     岳沢テント場     天気:晴れ     8名 
ルート:平湯バス停(6:20)→上高地(6:52)→朝食→山研→岳沢登山口(8:14)→
   風穴(9:04)→岳沢小屋(11:17~11:22)→テント場。休憩後登山口確認・お花畑散策。

岳沢登山口より入山。この道は登るのは2回目ですが、きつかったのを覚えている。風穴でひんやりとした空気に触れ、生きがえった記憶を思い出しました。その時は岳沢小屋に泊まり、重太郎新道を通り、紀美子平から前穂高ピストン、奥穂高へと登り 穂高岳山荘泊。白出沢を下り 新穂高へ。

同行の方とそんな話をしながら風穴到着。その先の展望のよいところで休憩タイム。長く休むと寒いです。
e0164643_1151066.jpg


道中のお花を眺めながら、やっと岳沢小屋に到着。手続きを済ませテント場へ。
e0164643_115756.jpg


石がごろごろで整地をしますが、これがなかなかですねぇ~(>_<)

2人用の場所は取れますが、3人用となると少し大きい分 大変でした。3人用2張り、2人用1張り。

設営後、岳沢小屋に行き昼食です。小屋のH・Pのカレー100円引きのところをデジカメで撮っていましたので、それを見せると100円引き。  皆さん100円引きでしたよ~(^O^)/

天狗沢の入口の確認と途中のお花畑散策。
e0164643_12522826.jpg


長野県警のヘリが飛んできてホバーリング開始。怪我人を収容していきました。
e0164643_1315962.jpg


間近で見ましたが、若い県警隊員のきびきびとした動きに感銘。

テント場へ戻り、夕飯の支度をしているとまたヘリが飛来。テン場の上の登山道で怪我人が出たようです。
e0164643_13492687.jpg


リーダーのNさんより、我々も明日はヘリのお世話にならないよう充分に気をつけて登りましょう!

明日は4時、遅くとも4:30には出発しましょうでお開きとなりました。

岳沢までのGPSの軌跡です。
e0164643_19292529.jpg

by nobucyansyuncyan | 2014-09-25 13:53 | 北アルプス | Comments(8)

憧れのジャンダルムへ

もう行くことはないと思っていた「ジャンダルム」へ行って来ました~☆

昨夜(22日)遅く、無事に我が家へ帰ってきました。

先ほど写真を取り込み、これから写真の整理ですが、取りあえず報告~~。

ジャンダルムからの槍ヶ岳
e0164643_15425430.jpg


登頂記念写真
e0164643_15442777.jpg


上高地、河童橋から穂高の展望
e0164643_15451372.jpg


岳沢で2回救助ヘリが来て、ホバーリングをし、無事に怪我人を収容。
e0164643_15495978.jpg


奥穂高~前穂高の吊尾根から見た涸沢のテント。まだ少ないですねぇ~~
e0164643_15533577.jpg


岳沢テント場近くの紅葉。少し色付いてきましたねぇ~~
e0164643_15554479.jpg

by nobucyansyuncyan | 2014-09-23 15:56 | 北アルプス | Comments(16)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan