人気ブログランキング |

カテゴリ:中国地方の山( 47 )

広島の山・・三倉岳へ

庄原でのお花散策を終え、山陽道、志和I・Cまでは一般道を走り、宮島S・Aで車中泊。

6時ごろまでぐっすりと寝ました^^

三倉岳(お初の山です)・・・下山後 休憩所前広場より
 

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15414904.jpg


21回目:3月11日(日)   三倉岳(702ⅿ)   天気:晴れ   2名
ルート:駐車場(8:50)→A・Bコース分岐(9:08)→分岐(9:54)→朝日岳
   (9:59~10:17)→分岐(10:23)→天狗の踊場(10:28)→中ノ岳
   (10:33~10:38)→夕陽岳(10:57~11:04)→分岐(11:11)→
    三角点11:19~11:25)→分岐(11:30)→5合目・見晴岩
   (11:55~12:01)→4合目小屋(12:10)→駐車場(12:30)


宮島S・Aで日の出を迎え、大竹I・Cで降りて三倉岳を目指します。

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15414570.jpg

車を走らせていると目の前にドーンと岩山が。あれが三倉岳なんだ~~山口の右田ヶ岳や陶ヶ岳に似ているね~管理棟の右の駐車場に車を停め、準備をする。用意している間にも登山者が来ます。結構人気の山なんですね。


広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15414167.jpg

お花は馬酔木の花ぐらいかな? 進んでいくと分岐。Bコースを歩きます。

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15413476.jpg

5合目付近から岩が目立ちます。「胴乱岩」の説明版があったり。右手には少し遊べそうな岩があったので少し冒険^^見上げるとオーバーハングになっていますので、ここは見るだけ。ハーケンなどがありましたね。

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15413060.jpg

左手にはクライミングをしている方がおられました。「ちょっと見物させてくださいね」
後姿ですが、ブログに載せてもいいですか?ちゃんと了解を得ました。
陶ヶ岳での「剱岳源次郎尾根の訓練」を思い出しました。

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15412529.jpg

分岐に到着。これから朝日岳へ。山頂標識はありません。まだもう少し先へ行けるようなので行ってみるとロープがあり、下って登ると「絶景・絶景~~」その先にあるのは山友の「よいこのよっちゃん」のブログで見た「猫岩」らしき岩が。
あの近くには行けないのかな? どうも無理なよう。 ズームで撮りました。

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15411937.jpg

これから行く中ノ岳をバックに相方さん。

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15411414.jpg

木の根っこが張り出し、岩にステップがかけられた登山道を進み、登りあがったところに「天狗の踊場」

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15411143.jpg

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15410656.jpg

中ノ岳に到着。ここも断崖絶壁で見晴はいいですねぇ~朝日岳の猫岩が見えているような~

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15410250.jpg

鎖を伝って中ノ岳から降りました。ここも山頂標識はありませんでした。

岩にステップが切り込まれており、整備はよくされている山ですね。

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15405823.jpg

登って、下って~と700mの山(平尾台・貫山と同じ)にしては結構ハードですね。


広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15405455.jpg

夕陽岳に到着。ここに三倉岳の山頂標識がありました。が、三角点は別のところです。
先客の方が食事中でしたので、一旦下って登って、三角点へタッチ。二等三角点でした。

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15404972.jpg
Aコースへと下山です。5合目に見晴岩があります。右側からは到底上がれませんが、左側にかすかなふみ跡があり、辿っていくと岩上に。ここでも少しお遊びを~~

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15404500.jpg

4合目小屋に着きました。夕陽岳(寿)、中ノ岳(徳)、朝日岳(服)との説明が。
下って、A・Bコース分岐に合流。無事に駐車場に着きました。
昼食はザックの中に入れていましたが、下山後に駐車場にてゆっくりといただきました^^ 

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15403965.jpg

今回の軌跡です。

広島の山・・三倉岳へ_e0164643_15403294.jpg

2日間の中国遠征。お花と山歩きを存分に楽しみました。2日間の走行距離、826㎞でした。


by nobucyansyuncyan | 2018-03-15 19:52 | 中国地方の山 | Comments(6)

石畑峠~竜王山縦走(山口県)

higeさんからのお誘いで、ネットのお仲間との山行に参加してきました。

higeさんが山口県の竜王山をまだ登ったことがないというのでその企画となったようですが、長~~い縦走コース。以前歩いたのは深坂からですので、今回は逆コース(地図の鬼ヶ城から先がまだあります)
石畑峠~竜王山縦走(山口県)_e0164643_22362768.jpg


今回の主催者の「のんびりさんご夫婦」とは「国東のじなしさん」を通じてお名前は存じていますが、まだお顔を拝見したことはありません。

「友達の友達は皆友達だ!」の私ですので、「よろしくお願いしま~す」

お天気を見ての山歩きですので、土曜日・日曜日、そして土曜日(28日)に最終決定。

7回目:1月28日(土)  北浦スカイラインのお山   天気:晴れ   9名
ルート:石畑峠・220ⅿ(9:04)→正月ヶ峰・321ⅿ(9:36)→白滝の頭・422ⅿ
  (10:08)→狩音山・577ⅿ(10:55)→鬼小屋(11:24)→鬼ヶ城・619.6ⅿ
  (11:40~12:20、昼食)→広瀬こぶ・473ⅿ(12:52)→汐見岩・473ⅿ(13:11)
   →吉見峠・260ⅿ(13:41~13:47)→竜王山・613.9ⅿ(14:51~15:07)
   →雄鋤先山・583ⅿ(15:27)→雌鋤先山・490ⅿ(15:44)→シダキ場山(16:26)
   →深坂駐車場(16:54)

9時集合ですが、皆さん早めに集合。登山準備をして車を2台デポ。石畑峠に2台で移動します。

出発地点にあるお地蔵さまにご挨拶をして、さぁロング縦走の始まりです。

9:19、「川棚のタコ踊りの木」に到着。以前は標識があったような・・・
石畑峠~竜王山縦走(山口県)_e0164643_2331163.jpg


いきなりの急登を登ると正月ヶ峰に到着。ふぅ~~
石畑峠~竜王山縦走(山口県)_e0164643_2353635.jpg


白滝の頭に着きました。道も少し整備され、標識も立派になっています。
「親子の絆」の木。以前のブログの記事を見ると、ちゃんと写真を撮っていましたね^^
石畑峠~竜王山縦走(山口県)_e0164643_23111342.jpg


狩音山(かろうと山)。先はまだ長い。行動食を補給。

刈り払われた名もないピークから見た鬼ヶ城。目の前にグンと急な坂が~~。
「今からあれを登るんだぁ~」
石畑峠~竜王山縦走(山口県)_e0164643_23185558.jpg


途中の分岐にある「鬼小屋」 さぁ もうちょっと頑張ろう!

やっと鬼ヶ城に到着。まだ半分まで来ていませんが青空の下で昼食。昼寝をしたい気分(^^♪
ここで「じなしさん」とのエピソードを皆さんにご披露^^

重い腰を上げて縦走の開始。この坂を下るの~の激下り。広瀬コブ。汐見岩に到着。
前回の逆コースの時はここでランチタイムでした。
石畑峠~竜王山縦走(山口県)_e0164643_23292159.jpg


吉見峠に到着。ここで水分補給。結構気温も上がっています。今からまた急登の始まり。
気合を入れなおします。ガンバ・ガンバ!!  エルちゃんに癒されます(^^♪
石畑峠~竜王山縦走(山口県)_e0164643_944437.jpg


竜王山に到着。ここまではランの方2名にお会いしただけでしたが、ようやく数名の登山者に。
前回来たときは干支の山に登ろうで竜の名のつくこの山に、下関在住の山友さんと今回の逆コースで歩いたねぇ~と相方さんと思い出話。
石畑峠~竜王山縦走(山口県)_e0164643_952031.jpg


山頂での集合写真(のんびりさんより送っていただきました)
石畑峠~竜王山縦走(山口県)_e0164643_956121.jpg


雄鋤先山・雌鋤先山へのアップダウン、そしてシダキ場山の三角点タッチ。
石畑峠~竜王山縦走(山口県)_e0164643_1055436.jpg


長い行程の終了、深坂駐車場へ無事に帰り着きました。
石畑峠~竜王山縦走(山口県)_e0164643_1061720.jpg


石畑峠~竜王山縦走(山口県)_e0164643_10112848.png


デポした車に乗り込み、出発地点の石畑峠へ。ここでご一緒した山口のメンバーさんとはお別れ。

いろいろと有り難うございました。今、腰痛持ちの身ですのでゆっくりとしか歩けず、皆さんにご迷惑をおかけしたのでは~と思いますが、とっても楽しかったです。

「今から登山開始よ~」急坂のロープ場では「やったぁ~ロープだ~!」と楽しい会話。励みになりました^^

また機会がありましたらよろしくお願いします。

さてさて、山口のメンバーさんとお別れした後は、川棚温泉で汗を流し、明日登る予定の火の山連峰近くに移動。ここで車中泊。

持参のレトルトのカレーを温め、higeさん号で宴会の始まりです^^

higeさんいわく、「今日のコースがこんなにハードだったとは~、信ちゃん何も言わなかったのでエルを連れて来たんだけど~~」

だけどね、置いてはなかなか来れないですよねぇ~(^_-)-☆
by nobucyansyuncyan | 2017-01-31 10:49 | 中国地方の山 | Comments(14)

川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ

今回の三鈷峰への道は大休峠から親指ピーク・振子山を経て登る未踏のルート。

そして象ヶ鼻の斜面のお花畑。楽しみです!!
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_2093634.jpg


66回目:7月18日(月)   野田ヶ山・振子山・親指ピーク・象ヶ鼻・三鈷峰
              天気:晴れ    16名(1名体調不良で留守番)

ルート:川床(6:01)→岩伏別れ(6:40)→大休峠(7:58~8:08)→
    野田ヶ山(8:56)→親指ピーク(9:31)→振子山(10:13)→
    振子沢への分岐(10:42)→象ヶ鼻(11:01~11:05)→ユートピア小屋
   (11:15~11:57)→三鈷峰ピストン→分岐(12:30)→取りつき(12:55)
   →砂すべり→元谷→(14:03)→大神山神社(14:20)→大山情報館(14:45)

4時半起床だが、4時ごろにはもう目が覚めました。準備をしながらテントを撤収。

今回、1名が体調不良で留守番をすることとなり、彼が登山口の川床までピストンで我々を送ってくれることとなりました。豪円台の駐車場から登山口まで歩いていく予定でしたので、少し時間短縮になりました。

1陣は先発隊で7名が出発。2陣は9名で1陣を追っかけます^^
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_20284948.jpg


登山口の川床を出発。濡れて滑りやすい橋を渡ります。トチバニンジン、ヤマアジサイ、ソバナなどが咲いている登山道を進むと岩伏別れに到着。
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_2034719.jpg


アジサイもまだまだきれいですが、おや、紅葉した葉もありますね~~
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_20344247.jpg


大休峠に到着。先発隊が出発するところでした。入れ替わりに少し休憩。
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_20375938.jpg


2009年9月に大休峠から矢筈ヶ山・甲ヶ山・船上山などは歩いていますが、今回は反対方向です。

野田ヶ山へ行く道は足元はぬかるみ、少し藪漕ぎ状態になりながら進み、野田ヶ山に(1344ⅿ)到着。そこからはこれから向かうユートピア小屋が稜線上に見えます。そして気になる親指ピーク。

身の細る思いをして岩場を下ります。ダイモンジソウ、ダイセンオトギリソウ、キュウシュウコゴメグサ
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_2165813.jpg

川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_2142246.jpg


親指ピークに到着。皆さん巻き道を行き、ピークには立たず。私どもは、もちろん上へ^^
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_2120899.jpg


振子山の山頂付近、ナンゴククガイソウ、ホツツジ、イヨフウロ、振子沢への分岐地点
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_2121653.jpg


ここまで結構アップダウンがあり、体はヘロヘロ(>_<)

だが、この先は素晴らしいお・は・な・ば・た・け
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_21325280.jpg

川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_21384153.jpg

川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_21385841.jpg


やっと象ヶ鼻(1550ⅿ)に到着。この斜面はほんとにお花・お花・お花~~です。

ユートピア小屋へと移動。小屋の陰でランチタイム。小屋の前もナンゴククガイソウの絨毯です。
大勢の方がここのお花を目指してきています。ランチ後は三鈷峰へ。
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_21472642.jpg


上宝珠越からは二手に分かれ、5名は砂すべりへ。ロープはありますが危険個所が・・・
一気に下ると早いのですが、安全第一。ゆっくりと下ります。
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_2152354.jpg


途中の水場では、顔を洗ったり、埃まみれになった靴を洗ったりと時間調整をしながら~

元谷を過ぎ、大神山神社へ。長い石畳の道を下り、大山情報館へ。そしてYさんが車を移動してくれた駐車場へ。Yさん、待ち長かったでしょう!!  申し訳ありませんでしたね。

皆さん、怪我もなく無事に下山。楽しい2日間でした。未踏のコースを歩けて大満足\(^o^)/

見かけたお花の一部です。
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_22155356.jpg


リーダーのNさん、声を掛けていただき、感謝です<(_ _)>

今回のGPSの軌跡。三鈷峰から元谷間は電源がきれていたらしくーー(3年前のがあります)
川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ_e0164643_2284356.jpg

by nobucyansyuncyan | 2016-07-21 22:16 | 中国地方の山 | Comments(12)

三徳山・投入堂

山口の山友よりお誘いを受けて、伯耆大山の三鈷峰へ。

その前に移動を利用して、三徳山・投入堂(みとくさん・なげいれどう)へ行ってきました。
三徳山・投入堂_e0164643_1451231.jpg


65回目:7月17日(日)   投入堂   天気:曇り   15名

山口に7:30集合。10人乗りレンタカー2台で17名で出発です。

投入堂は、鳥取県三朝町にある三徳山三仏寺の奥院。山の断崖の窪みに建造された平安時代の懸造り木製堂で、三仏寺の開祖とされる役小角が蔵王権現などを祀った仏堂を法力で山に投げ入れたという言い伝えから「投入堂」と呼ばれる。

受付で入山料(三徳山入峰修行・投入堂参拝登山)を払います。一人:400円。
三徳山・投入堂_e0164643_14212152.jpg


入山心得
三徳山・投入堂_e0164643_1442893.jpg


ここで服と靴のチェックがあります。同行の一人がタイツにスカートだったので本堂までだったらいいが、投入堂まではいけないとのこと。靴は皆さん登山靴ですのでOK。

石段を上がり、本堂(三仏寺)の横を通り、また受付があります。ここで200円を支払い、輪袈裟(わさげ)をお借りして身にまとい、歩き始めます。

三徳山・投入堂_e0164643_14305249.jpg

三徳山・投入堂_e0164643_151549.jpg


木の根っこを登り、滑りやすい鎖場がありで、なかなかの道でした。
三徳山・投入堂_e0164643_14465989.jpg


文殊堂の鎖場、地蔵堂、観音堂を経由して投入堂へ。
三徳山・投入堂_e0164643_14502091.jpg

     靴でダメと言われた人は草履を購入すればOK。700円とのこと。

よくもこんなところにお堂を作ったもんだと感心します。
英彦山や岩屋神社・国東のお堂を思い出します。
三徳山・投入堂_e0164643_1563941.jpg


同じ道を帰りますが、下山時は滑りやすいです。気を付けながらゆっくりと・・・
若いお兄さんたちとすれ違いましたが、皆さん足元は草履でした^^
三徳山・投入堂_e0164643_157389.jpg


川べりにギンバイソウが咲いていました。
三徳山・投入堂_e0164643_15103230.jpg


輪袈裟(わさげ)をお返しして駐車場へ。そして三朝温泉で入浴。

今日の夕飯を購入して大山の下山キャンプ場へ。

テントを設営して、夕飯、明日の準備と大忙しです^^

雨も降り始めましたが、夜中にはあがったようです。晴れるかなぁ~~
by nobucyansyuncyan | 2016-07-20 15:23 | 中国地方の山 | Comments(4)

勝山三山周回・・・山口県下関

下関在住のなっちゃんから、四王司山のミツバツツジが咲くころに~とのお誘いがありましたが、お互いの日程とお天気で今日(5日)に決定。

9時に勝山御殿跡の駐車場にて待ち合わせ。久しぶりにお会いします(^^♪
勝山三山周回・・・山口県下関_e0164643_1362436.jpg


31回目:4月5日(火)  四王司山・勝山・青山   天気:晴れ   4名
ルート:駐車場(9:00)→四王司山(10:02~10:21)→岩山展望所(10:34)
   →勝山(11:34~12:19、昼食)→天狗の岩屋(12:28)→平畑山(13:13)
   →青山(13:41)→城跡散策→駐車場(14:45)

桜が満開の勝山御殿跡。トイレも整備されています。ミツバツツジはまだ咲き始めでしたが、蕾も結構ついています。登山道は添田公園にある岩石山に似ています。
勝山三山周回・・・山口県下関_e0164643_13241068.jpg
 

四王司山は一度来たことがあります。分水嶺踏査の訓練としてGPSの使い方などを学習。神社裏にある三角点にタッチして展望所へ。そこに山頂標識があります。392ⅿ。
勝山三山周回・・・山口県下関_e0164643_13305556.jpg
 

海の見える素晴らしい展望\(^o^)/  ゆっくりと楽しみます。

展望所と名の付くところは全部行ってみます。岩山展望台へ。
勝山三山周回・・・山口県下関_e0164643_13334855.jpg


ひとやすみ展望所
勝山三山周回・・・山口県下関_e0164643_13421814.jpg


勝山(361ⅿ)に到着。展望所でランチタイム。
勝山三山周回・・・山口県下関_e0164643_13361933.jpg


これから行く青山が前に見えています。途中には天狗の岩場が。まだ真新しいハーケンが打っています。岩登りの練習場でしょうか?
勝山三山周回・・・山口県下関_e0164643_13451763.jpg


勝山展望台、鎧石原古戦場、響灘展望台と名前の付いたところを過ぎ、平坦なピーク、平畑山へ。
途中にはハンモックが二つ作られていましたが、ここで昼寝なんでしょうか?
勝山三山周回・・・山口県下関_e0164643_135125100.jpg


車道をぐるっと一周すると青山に到着。電波塔の建物があり、中には入れません。

下山は途中の分岐まで戻り、駐車場へと進むが、二股になっており、両方ともテープがある。
さてどちらへ行こうか~。左へと進み、あらゲートが・・今更戻るのも~で何とか下山。

城内に「ミツガシワ」が咲いているとのことで案内していただく。背丈以上のしっかりした柵で保護されており、網目越に撮影しましたが、私のデジカメではこれが精一杯でした。
勝山三山周回・・・山口県下関_e0164643_1484970.jpg
 

とっても楽しい山行でした。お初のところもあり、ミツバツツジには少し早目でしたが、満開の桜や山腹の山桜を愛でながら、おしゃべりの花が咲きました。

また逢いましょうねぇ~~と約束して、行きと同じく一般道を通って我が家へ。

今回の軌跡です。
勝山三山周回・・・山口県下関_e0164643_14185295.jpg
 
by nobucyansyuncyan | 2016-04-07 14:22 | 中国地方の山 | Comments(0)

西目山~右田ヶ岳

山口県防府にある右田ヶ岳。今回5回目となります。西目山は全く初めてです。

下関在住の山友さんの案内で12日に行って来ました。上:西目山、下:右田ヶ岳
西目山~右田ヶ岳_e0164643_17251195.jpg


彼女とは横尾右俣からの黄金平の燃えるような黄葉と逆さ槍をこの秋に行って来ました。

岩大好き人間です(^_-)-☆

104回目:11月12日(火)    西目山・右田ヶ岳    天気:曇り時々晴れ   3名
ルート:右田ヶ岳駐車場(8:45)→大日古墳見物→西目山登山口(9:26)→大日コース→
    西目山(11:06~11:36)→分岐(11:42)→勝坂窯(12:18)→右田ヶ岳勝坂登山口
    (12:24)→分岐(12:38)→尾根ルート→西ノ峯(13:40)→右田ヶ岳(13:52~14:04)
    →直登コース→海宝寺跡(15:12)→右田ヶ岳駐車場(15:25)

駐車場9時集合でしたが、中国自動車道の佐波川S・Aでちょうど合流。

8:45 小学校手前の駐車場を出発。先ず、大日古墳を見物。
西目山~右田ヶ岳_e0164643_17263128.jpg

西目山~右田ヶ岳_e0164643_17263723.jpg


少し戻り、西目山登山口より登山開始。墓地の横の石段より取り付きます。

結構な急坂です。真ん中の写真は鳥居片柱のようですね。西目山の山頂まで5つのピークがあるようです。それぞれに展望のいい岩場があります。初めてですので、展望所に立ち、防府の市街や丁度新幹線の通過などを眺めます。
西目山~右田ヶ岳_e0164643_17322552.jpg


第5ピークを過ぎて岩下を通ってテラスへ。西目山の山頂へ。312.4m。
西目山~右田ヶ岳_e0164643_1929311.jpg


風を避けて早目の昼食。下山は勝坂窯のある登山口へ。ここまでで出会った方は1人。

登山道は滑り易く、設置してあるロープを手助けに使用しました。
西目山~右田ヶ岳_e0164643_1946247.jpg


さてこれから右田ヶ岳へと。国道を渡り、勝坂登山口へと進みます。
西目山~右田ヶ岳_e0164643_19533129.jpg


大岩壁までは左の尾根ルートを通り~~  剱岳の源次郎尾根訓練での練習が懐かしい!
西目山~右田ヶ岳_e0164643_1956766.jpg


西ノ峯(410m)、中ノ峯(右田ヶ岳山頂、426m) 右田ヶ岳で出会った方は2人。

流石 14時ごろになると登山者も少ないですね。

さてこれからどの道を下山しようかねぇ~~ このまま山頂より直に下山しよう。
西目山~右田ヶ岳_e0164643_2041220.jpg


下を覗くと吸い込まれそう(>_<)  足元に注意しながら岩場を下ります。
西目山~右田ヶ岳_e0164643_2061695.jpg


この山頂より下りましたが、久しぶりに緊張の連続。「低山侮るなかれ」です。

塚原分岐の合流点に辿り着き、ホッと一息。
西目山~右田ヶ岳_e0164643_20113096.jpg


下山口の海宝寺跡より駐車場までてくてくと歩いて戻ります。

6時間の山歩きですが、緊張の連続で、「お互い怪我がなくて良かったねぇ~」

今回のカシミールでのGPSの軌跡です。
西目山~右田ヶ岳_e0164643_20174678.jpg

by nobucyansyuncyan | 2013-11-13 20:20 | 中国地方の山 | Comments(10)

烏ヶ山・・・激雨で撤退

下山キャンプ場を6時過ぎに出発。枡水高原を経由して行く道は只今通行止め。

大回りして鏡ヶ成キャンプ場に到着。山容はガスで全く見えない。

69回目:7月27日(土)    烏ヶ山撤退    天気:曇りのち雨のち晴れ   4名
ルート:登山口(7:18)→撤退→登山口(9:45)

烏ヶ山・・・激雨で撤退_e0164643_2219517.jpg


笹が茂る道を藪こぎしながら進む。先頭はズボンもびしょぬれ(>_<)

tetu-1さんが先頭を交代してくれて進むが、雨がポツリポツリ。

ザックカバーを着け、合羽の上着を装着するが、雨足が強くなり、これからはガレ場の岩場になるので撤退を決める。

下山道は川の中を歩くような感じでした。

その内、雷も鳴りだし、早目に撤退を決めて大正解!!

全身ずぶ濡れ。鏡ヶ成の国民休暇村に寄るが清掃中。蒜山休暇村も時間前とのことで駄目(>_<)

やっと下蒜山近くの快湯館にてお風呂に入ることが出来ました。

四国へ所用でお出かけのtetu-1さん・ミラさんとお別れして我が家へ。

18時過ぎに無事に帰り着きました。

今回の山旅で出会ったお花です。

ソバナ、ハハコグサ、ホツツジ、ナンゴククガイソウ、コオニユリ、クサボタン
烏ヶ山・・・激雨で撤退_e0164643_2257072.jpg


ホタルブクロ、イヨフウロ、(?)チドリ、ヤマアジサイ
烏ヶ山・・・激雨で撤退_e0164643_22572330.jpg


トリアシショウマ、ジイソブ、シモツケソウ
烏ヶ山・・・激雨で撤退_e0164643_22573212.jpg


シモツケ、ホソバシュロソウ、ヤマオダマキ、ダイモンジソウ
烏ヶ山・・・激雨で撤退_e0164643_22575562.jpg


ヤマジノホトトギス、シモツケソウ、ナンゴククガイソウ、ダイセンオトギリソウ、コゴメグサ、アクシバ
烏ヶ山・・・激雨で撤退_e0164643_2258385.jpg


夏はアルプス詣でが続いていましたが、伯耆大山もお花が多いですよ~と聞いていました。

2月に登った三鈷峰~ユートピア小屋などホントに花畑でした(*^。^*)

機会があればまたお花を愛でながら歩きたいものです。

御一緒いただいたミラさん御夫妻、松江のヒーローさん御夫妻、有難うございました。
by nobucyansyuncyan | 2013-07-29 23:20 | 中国地方の山 | Comments(12)

弥山も花園でした~♪

昨年、tetu-1さん・ミラさん御夫婦が大山でお知り合いになったNさん御夫婦も今回御一緒してくださることとなりまして~~

山での出会いに感謝の一日でした。

下山時の石畳みの道(同行のヒーローさん(Nさん)よりいただきました。)
弥山も花園でした~♪_e0164643_15591897.jpg


68回目:7月27日(金)    弥山(1709m)    天気:晴れ    6名
ルート:登山口(7:18)→阿弥陀堂見物→5合目・山の神さん(8:46)→6合目
     (9:08~9:18)→弥山山頂(10:40~11:30)→石室→行者谷別れ(13:03)
     →元谷(13:40)→大神山神社(14:16)→大山館(14:50)→下山キャンプ場

8時出発の予定でしたが、ヒーローさん御夫妻が早目に松江より到着され、お初の挨拶も済み、出発。

夏山登山道を少し進み、阿弥陀堂を見物。
弥山も花園でした~♪_e0164643_1682527.jpg


ブナ林がきれいです。登山道はと言うと、雪道の方が歩き易いですねぇ~~

今回、地元の消防学校の生徒さんと最初の内は抜きつ・抜かれつ・・・
弥山も花園でした~♪_e0164643_1611156.jpg


6合目の避難小屋に到着。霞がかかり展望はよくありませんが、昨日通った砂すべりが見えます。
弥山も花園でした~♪_e0164643_16163137.jpg


この鳥さんの名前は何でしょうね。すぐ近くの高枝にとまり、さえずっていました^^

のんびりとお花散策をしながらの歩き。消防学校の生徒さんは遥か先にと行ってます^^

弥山の山頂に到着。tetu-1さん・ミラさんはお初の山頂です。先ずはかんぱ~い!!
弥山も花園でした~♪_e0164643_16204283.jpg


一休みの後、三角点へと出向きタッチ。時折りガスの晴れ間から南壁が見えます。

こちらも荒々しいですね。剣ヶ峰には人の姿も見えます。縦走したのだろうか??
弥山も花園でした~♪_e0164643_16284657.jpg


弥山も花園でした~♪_e0164643_16292413.jpg


石室経由で下山。ここもホソバシュロソウがた~くさん。お花畑です。
弥山も花園でした~♪_e0164643_16411218.jpg


ダイセンキャラボクの植生保護のため木道がありますが、歩幅が合わず歩きづらいーー

6合目下からは行者谷を歩くこととなりまして~~  ここも木道です。
弥山も花園でした~♪_e0164643_16444314.jpg


ブナの木が大きい~~ 一度紅葉の季節にも歩いたことがありますが、また来てみたいですね。

元谷小屋の横に到着。大神山神社を経由して足は自然と大山館へ^^
弥山も花園でした~♪_e0164643_1649298.jpg


今日2度目の乾杯をして、無事登頂と出会いに感謝して~~♪♪♪

次なる山の計画のお話も出来つつ・・・・楽しみです^^

弥山の軌跡です。
弥山も花園でした~♪_e0164643_16552432.jpg


再会を約束してヒーローさん御夫妻とお別れし、私たち4人は今日も下山キャンプ場にお泊まりです。

先ほどの大山館でお風呂に入り、3度目の乾杯をしてまた夜の更けるまで~~(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2013-07-29 17:03 | 中国地方の山 | Comments(2)

お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ

昨年の夏に山友のミラさん御夫婦が伯耆大山の素晴らしい花園を訪れていました。

2月の冬の大山合宿でようやく山頂にたてた三鈷峰。そこはナンゴククガイソウなどの花園とのこと~♪
お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_227437.jpg


ミラさん、今年は伯耆大山の弥山へ登るとのこと。25日の夕方、下山キャンプ場にて待ち合わせ。

我が家は1日前に出発して、先に三鈷峰へ登ろうということになりまして・・・・

25日の0時過ぎに高速に乗り、途中仮眠をしながら米子道の溝口I・Cで下りて下山キャンプ場へ。

67回目:7月25日(木)    三鈷峰(1516m)    天気:晴れ    2名
ルート:下山キャンプ場(8:00)→大神山神社(8:00)→元谷(8:56)→下宝珠登山口(9:06)
    →下宝珠越(9:28)→1242ピーク(9:50~9:55)→中宝珠越(10:01)→上宝珠越
    (10:49)→分岐(11:13)→三鈷峰(11:30~12:00)→ユートピア小屋付近のお花散策
    →上宝珠越(12:49~12:56)→砂すべり経由→元谷(13:50)→大神山神社(14:25)
    →下山キャンプ場(14:55)

「日本一長い自然石の道」を通り、大神山神社へ。雪のない参道を歩くのは久しぶりです。

神社で安全祈願をし、つい雪山歩きの癖で元谷へと進んでしまい、下宝珠・ユートピア登山口へと戻る。

お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_22373341.jpg


お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_22395273.jpg


お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_22593592.jpg

下宝珠越までは谷を進む。1242のピークより2月の雪山歩きの状況を思い出し、相方さんに説明をしながら歩く。上宝珠越の崩落場所、痩せ尾根歩きはやはり雪道は怖い。

一歩踏み外せば・・・・命はない(>_<)

曇っていた空も上宝珠越を過ぎると青空に~~(^O^)/

三鈷峰への分岐までの道は結構木々が茂っているんだ~。2月の時は雪崩の巣・滑落を心配して通過したのをつい先日のことのように思い出す。
お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_22591639.jpg


お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_236494.jpg


お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_237966.jpg


三鈷峰・ユートピア小屋付近はホソバシュロソウ、ギボウシ、シモツケ、シモツケソウ、ナンゴククガイソウのお花畑\(^o^)/。ホントに花園でした^^
お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_23111695.jpg


お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_23113162.jpg


お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_2312275.jpg


下山は荒々しい北壁を眺めながら砂すべりを通過。万年雪も残っていました。
お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_23151147.jpg


お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_23145093.jpg


無事に下山。2月に続き、三鈷峰に立つことが出来ました。相方さんはお初の山です。

大山館のお風呂できれいさっぱりと汗を流し、夕餉の準備をしているとtetu-1さん・ミラさんが到着。

今宵のビールは格別美味しかったようです^^  沈みゆく夕陽を眺めながらお開きとなりました。

今日のGPSの軌跡です。
お花を求めて伯耆大山・三鈷峰へ_e0164643_232596.jpg

by nobucyansyuncyan | 2013-07-28 23:26 | 中国地方の山 | Comments(2)

祖母山が・・・何故か右田ヶ岳へ②

30日編

ランボウーさんと右田ヶ岳の登山口である右田小学校前の駐車場に7:30待ち合わせです。

登山靴を履いたりして出発準備をしているとランボウさん到着です。奥さんのテクテクさんも一緒。

莇ヶ岳を御案内していただき、九重のマンサク詣での時に偶然お会いして以来です。

強力な助っ人登場で私どもも大安心です(^O^)/

60回目:6月30日(日)    右田ヶ岳(426m)    天気:曇り    8名
ルート:駐車場(7:35)→石船山(8:09)→分岐(9:13)→右田ヶ岳(9:18~9:30)
     →西ノ峯(9:39)→岩峰(9:54~10:15)→分岐(11:03)→勝坂登山口
     (11:12)→駐車場(11:46)

新幹線の車窓や高速を通過時に眺める気になる山容の右田ヶ岳
祖母山が・・・何故か右田ヶ岳へ②_e0164643_2113186.jpg


tetu-1&ミラさん夫婦、サスケ&ミーコさん夫婦はお初の山ですので、右田ヶ岳を楽しんでもらいたいとのランボーさんの真意で天徳寺コースより歩き始める。
祖母山が・・・何故か右田ヶ岳へ②_e0164643_21205942.jpg


石船山の磨崖仏を眺め、眼下に防府の町並みの展望を楽しむ。

登り始めは蒸し暑かったのですが、吹く風も心地よく、生き返りました^^

分岐に到着。先ずは山頂へ。日の丸の旗がたなびいています。
祖母山が・・・何故か右田ヶ岳へ②_e0164643_21335268.jpg


山頂よりの展望。 矢筈岳・大平山の展望
祖母山が・・・何故か右田ヶ岳へ②_e0164643_21384549.jpg


西ノ峯でこれから下る勝坂コースを見下ろす。途中の岩場で大休憩。

tetu-1さん、軽々と岩登りに挑戦。相方さんも約3年前の剱岳の訓練を思い出し、挑戦。
祖母山が・・・何故か右田ヶ岳へ②_e0164643_21465115.jpg

祖母山が・・・何故か右田ヶ岳へ②_e0164643_2147317.jpg


低山ですが、なかなか楽しい山です。
祖母山が・・・何故か右田ヶ岳へ②_e0164643_2157273.jpg

祖母山が・・・何故か右田ヶ岳へ②_e0164643_21493624.jpg


山行中に見かけたお花。モウセンゴケや出始めのキノコです。
祖母山が・・・何故か右田ヶ岳へ②_e0164643_21595427.jpg


勝坂登山口に下山。これからは少し萩往還道を歩き、駐車場へ戻ります。
祖母山が・・・何故か右田ヶ岳へ②_e0164643_2212034.jpg


右田ヶ岳での集合写真。ミラさん宅より拝借しました。
祖母山が・・・何故か右田ヶ岳へ②_e0164643_2261243.jpg


ランボーさん御夫婦のお陰で、急遽の山変更でしたが楽しい右田ヶ岳山行となりました。

有難うございました<(_ _)>

駐車場でお別れし九州へと~~  途中のS・Aで休憩中に雨が降り始めました。

祖母山予定が右田ヶ岳へ・・・  下山後に雨・・・  とてもラッキーな山歩きとなりました。

御同行の皆さんに感謝いたします。
by nobucyansyuncyan | 2013-07-01 21:49 | 中国地方の山 | Comments(10)


信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
英彦山系
平尾台
福岡県の山
大分県の山
大分・国東の山
佐賀県の山
長崎県の山
熊本県の山
宮崎県の山
鹿児島県の山
北アルプス
中央アルプス
南アルプス
北海道の山
東北の山
新潟の山
白山
上州・関東の山
近畿の山
中国地方の山
四国の山
山の想い出
山歩き
町内散歩
お花

日常の出来事
旅行
国土地理院
歴史散策

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

リンクサイト

フォロー中のブログ

気まぐれ散歩
そうだ!山に登ろう
関西の山の週末山登り日記
行けるとこまで
山が呼んでる
山馬鹿日記
Haruの気まぐれ日記
S・TAROUのブログ
じなしの山歩記と国東半島...
休日の山登り
風来坊のアウトドアライフ
山に癒されて
山野草に癒されて

最新のコメント

鍵コメさん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 19:14
風来坊さん、おはようござ..
by 豊津の信ちゃん at 09:32
おはようございます、信ち..
by 風来坊 at 09:13
けいこたん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 20:47
遅くなりましたが、俊ちゃ..
by けいこたん at 17:07
じゅんパパさん、こんばん..
by 豊津の信ちゃん at 19:45
遅くなりましたが、俊ちゃ..
by じゅんパパ at 09:48
へこさん&ひーちゃん、こ..
by 豊津の信ちゃん at 22:19
風来坊さん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 21:32
俊ちゃん、お誕生日おめで..
by へこさん&ひーちゃん at 19:28

検索

記事ランキング

ブログジャンル

登山
九州

画像一覧