霧氷鑑賞・・久住山へ。

8日からの週末は寒波が2泊3日で来るとのこと(RKB毎日の気象予報士さん曰く)

では、その前に車の12か月点検とスタッドレスタイヤ交換へ。

準備万端整いました。相方さんの抜歯後の体調も良さそうだし、何処へ行く~?

いざ、くじゅうへ~~

e0164643_11215160.jpg

114回目:12月8日(土)   沓掛山・久住山   天気:曇り   2名
ルート:牧ノ戸P(8:55)→沓掛山(9:24)→避難小屋(10:45)→久住山
    (11:16)→避難小屋(11:40~12:02、昼食)→牧ノ戸P(13:37)

我が家を6:20出発。いつものように耶馬渓・玖珠経由で牧ノ戸峠へ。ここまで103.5キロ。外気温はー4℃。寒いです。準備を済ませ、9時前に出発。今日の予定は久住山・中岳・天狗ヶ城の予定。

久住山のてんくらはCになっています。青空は望めないかなぁ~~

e0164643_11224192.jpg

霧氷ロードを進みます(^^♪

e0164643_11223798.jpg

何もかもが撮影対象になります(^_-)-☆

e0164643_11223059.jpg


e0164643_11222630.jpg

時折り青空が・・・すぐに雲が立ち込めます。。。けど霧氷はきれい~~

e0164643_11222093.jpg

ここまでは穏やかなくじゅう。さぁ、久しぶりに久住山へ登りましょうか~~

e0164643_11221612.jpg

避難小屋への道を下っているときにすれ違ったお方が、「久住の山頂は風が強いですよ~、自分は中岳へ行きかけましたが風が強くてもう帰ります」とのことでした。

e0164643_11221179.jpg

まだ食事をするには早いので避難小屋は通過。さぁ久住山へ。

e0164643_11220710.jpg

まぁ風が強くて、目にはゴミが入るし、時折り耐空姿勢を取りながら山頂へ。真っすぐに立てません。写真を撮るにもまず体制を。だが、ブレています(>_<)

e0164643_11220221.jpg

この風で中岳へ行く気が消失。もう帰ろう~~怪我をしたら大変だぁ~~
下山は来た道を素直に通って。

e0164643_11215762.jpg

また新たに霧氷も出来たようで、同じ景色になるがまた写真撮影に忙しい。

e0164643_11214556.jpg

e0164643_11214035.jpg

おぉ~、これは立派ですねぇ~~青空が欲しい!

e0164643_11213393.jpg

何もかもがモノトーンの世界!!

e0164643_11212706.jpg

星生山横を通過時、待ちに待った青空が~(私は少しでも高い位置からと石の上に上がって撮影中)

e0164643_11212214.jpg

その時の写真^^

e0164643_11211849.jpg

沓掛山まで戻ってきました。後ろを振り返ると~~綺麗、素晴らしい!!

e0164643_11211481.jpg

漁師岳・合頭山、黒岩山、三俣山(山頂部はずーと雲のでした)

e0164643_11202502.jpg

9日は不燃物収集の当番。10日は相方さんの歯医者通いでしたので、今日しかありませんでしたが、素晴らしい霧氷を見ることが出来て満足・満足!!

タイヤもスタッドレスに交換していてよかった~~

# by nobucyansyuncyan | 2018-12-09 14:19 | 大分県の山 | Comments(10)

ゲンカイイワレンゲ

今日は晴れ間が覗いてる~~なんだか久しぶりの晴れ間かな?

娘宅での生協を済ませ、潮見(干潮13時半)もいいことだし、海岸線のお花散策へ~

e0164643_21100876.jpg

少しピンク系の鼻もありました。

e0164643_21100275.jpg

e0164643_21095552.jpg

e0164643_21095082.jpg

フェリーが通過しています。

e0164643_21094129.jpg

高いところを見上げると!!

e0164643_21093034.jpg

e0164643_21092582.jpg

e0164643_21092073.jpg

e0164643_21091748.jpg

e0164643_21090166.jpg


シマカンギク

e0164643_21085891.jpg


黄葉

e0164643_21084744.jpg

今までは空地を通って簡単に行けてたゲンカイイワレンゲの場所。今年は大きな建物が建ち、フェンスが張り巡らされ、取り付くところがありません。何とか行ける場所を見つけたのですが~~

こんなところを通りました。防波堤は高さがありますし、下は石が敷き詰められています。防波堤の道は木の根や枝が出ていて危ないですねぇ~~(>_<)

つまづいて転ぶとそれこそ命取りになりかねません。段々バランスが悪くなってきているので、この場所でのゲンカイイワレンゲ鑑賞、今年で最後だねぇと・・・

e0164643_21082287.jpg

# by nobucyansyuncyan | 2018-12-05 22:10 | お花 | Comments(4)

久しぶりに平尾台へ

28日(水)より相方さんは歯医者通い。どうも30日には抜かなくてはいけないらしい(>_<)

そうなるとしばらくは山へ行けそうもないねぇ~~

14時からの予約なので、その前に平尾台を少し歩こうか~~

まだウメバチソウが咲いていました~(^^♪

e0164643_13141087.jpg

113回目:11月30日(金)   平尾台   天気:晴れ   2名
ルート:茶が床園地(9:40)→貝殻山(10:06~10:10)→天狗岩
   (10:44~10:50)→桶ヶ辻(11:16~11:39)→茶が床園地(12:06)


茶が床園地より中の道を通り、貝殻山へ。龍ヶ鼻の展望です。

e0164643_13151702.jpg


福智山です。

e0164643_13151321.jpg


大平山です。

e0164643_13150945.jpg

貝殻山から竹林を通って、天狗岩へ。サイヨウシャジンやリンドウが咲いています。

e0164643_13150595.jpg

奥が天狗岩です。

e0164643_13152241.jpg

稜線に上がると田んぼがパッチワークのよう。その先の山は高城山です。

e0164643_13150087.jpg

天狗岩へと上がり、少し遊びます^^

e0164643_13145500.jpg

これから向かう桶ヶ辻。シマカンギクやアキノキリンソウが咲いています。

e0164643_13145036.jpg

桶ヶ辻の吹き流し。真横に風が吹いています。パラの人も準備中です。そこへ知り合いの「としやんさん」が。「どうも信ちゃんのようにあるから~」と上にあがってきました。

お久しぶりですねぇ~~  風向きが悪いから風待ちをしているとのこと。もうパラをして10年になるとのことでした。平尾台で講習を受けていることは知っていましたが、もう10年前だったのですね。

しばらくお話をしてお別れしました。11時半になったので周防台はあきらめて、桶ヶ辻から防火帯を下って貝殻山の麓へ。そして茶が床園地へ。

e0164643_13144743.jpg

e0164643_13144285.jpg

今日登ったピーク。貝殻山・天狗岩・桶ヶ辻

e0164643_13143809.jpg

e0164643_13142513.jpg


ベニバナボロギク、白花タンポポ

e0164643_13142088.jpg

家でお昼を食べて、汗を洗い流して歯医者さんへ。案の定、抜かれたそうです。

ご飯もおじやにして、アルコールも抜き。珍しく休肝日となったようです。

# by nobucyansyuncyan | 2018-12-01 14:26 | 平尾台 | Comments(0)

野母崎・伊王島観光

八郎岳~熊ヶ峰~戸町岳縦走の後、チャンポンを食べに行く皆さんとお別れし、まだ足を運んだことのない野母崎へ。

春先には水仙が咲き、それは見事らしいのだが・・・

夫婦岩に立ち寄る

e0164643_16225454.jpg

間から軍艦島が見えます。

e0164643_16225087.jpg

ズームしました。今は台風の影響で施設の損害があり、上陸見学は出来ないとのこと。

e0164643_16224617.jpg

観光案内板がありました。次はどこへ行こうか~~
その前に、そよかぜさんからお聞きしたお店に立ち寄ると、夜の部は18時からの営業。

e0164643_16291430.jpg

権現山公園(椿公園)へ。権現山(198.4ⅿ)、三角点もありました。日本本土の最西端で、10月・11月、2月・3月はナベヅル・マナヅルの渡り鳥が見られるとのこと。

e0164643_16224313.jpg

さぁ次は樺島灯台へ。細い道をくねくねと行きます。対向車がいなくてよかったぁ~~

e0164643_16223934.jpg

16:48、これは樺島灯台の広場からの画像です。陽が沈むまで頑張りたかったのだけど山歩きの後です。疲れも出てきたのでお風呂に入ってゆっくりしたいですね。

e0164643_16223637.jpg

17:09、あぁ~陽が沈む。。。
野母崎温泉でお風呂に入り、新鮮なお魚をいただき、今宵の宿、とある場所へ~~

e0164643_16223340.jpg

11月25日(日) 夜中に雨が降ったようだ。雲が分厚くて日の出は拝めそうもありません。伊王島へと移動。

馬込教会。日曜礼拝をされていたようなので、外観だけ撮影。

e0164643_16222386.jpg

e0164643_16222078.jpg

伊王島灯台へ。映画「あなたへ」のロケ地とのこと。

e0164643_16221664.jpg

e0164643_16221212.jpg

e0164643_16220834.jpg

畔の岩這(あぜのいわばえ)に行くが、残念ながら干潮時ではなく、普通の海でした^^

e0164643_16215684.jpg

e0164643_16220428.jpg


e0164643_16220058.jpg

観光の後は寄り道もせず、我が家へまっしぐら。今回の2泊3日の走行距離は530キロ。先週の宮崎遠征は1泊2日で850キロ。
この2週間、よく遊びました~~

# by nobucyansyuncyan | 2018-11-29 21:03 | 長崎県の山 | Comments(0)

八郎岳~熊ヶ峰~戸町岳縦走

そよかぜさんから24日に八郎岳に登りますけど~とのお誘いのメールが来ました。

私どもが八郎岳はまだ未踏なんですよ~と言っていたのを覚えていてくださり、そして肉まんさんも来られるとのこと。肉まんさんとも久しぶりです。「よろしくお願いします」の返事をしました。

てっきり八郎岳~小八郎岳の周回ルートと思いきや、女神大橋に集合してバスで移動。聞いたことのない山の名前が・・・やはり簡単には済ませない「そよかぜさん企画」のようです^^

女神大橋・・・8:20集合です。

e0164643_20262246.jpg

112回目:11月24日(土)  八郎岳~熊ヶ峰~戸町岳  天気:晴れ  7名
ルート:平山バス停(8:55)→登山口(9:02)→分岐(9:42)→中間点
   (9:51)→八郎岳(10:22~10:41)→昼食(11:45~12:03)
   →熊ヶ峰(12:06~12:09)→戸町岳(13:02~13:11)→下山口
   (13:58)→女神大橋(14:30)

バスで平山まで移動します。正面の山が長崎市最高峰の八郎岳(540ⅿ)。
墓地の前が登山口です。

e0164643_10515935.jpg

木洩れ日の登山道です。歩きやすい道ですが、時々イノシシの運動会の跡が見受けられます。「やっと中間点、頑張ろう!」の案内板が^^

e0164643_20234108.jpg

八郎岳の山頂に着くまでは全く展望がありません。着いた途端、視界が開け、素晴らしい展望が・・・三角点を入れて記念撮影。

e0164643_20233798.jpg

素晴らしい!!  海はどこまでも青く、空も雲一つなく~~五島列島が見えてるよと教えていただきました。休憩後、熊ヶ峰へと出発。

e0164643_20233396.jpg

途中にありました案内板です。山の概要がわかりますね。

e0164643_20232822.jpg

この登山道はサザンカロード。ムベもありました。おっと、山茶花のお花にスズメバチが~~そーと退散。日向でお花を眺めながらの昼食タイムは出来ず(>_<) 
熊ヶ峰への分岐手前でお昼を済ませます。

e0164643_20232599.jpg

分岐からひと登りで熊ヶ峰。戻って、三座目の戸町岳へと進みます。滑りやすい石、シダに隠れた登山道。足を取られないように気を付けて下ります。

e0164643_20232032.jpg

戸町岳の登りがですね・・・と後は言いません^^
何となく想像が出来ます。そして目の前にデンと。今からあれを登るのか~~

己のペースを守って、何とか登り切りました。 ふー きつかったねぇ~~

e0164643_20231611.jpg

山頂からの眺めはよかったですね。見えている女神大橋まで、頑張ろう!!

e0164643_20231205.jpg

テープなどの案内は少なかったですね~。下山口にひょいと到着。赤い矢印は戸町岳。

e0164643_20230717.jpg

あとは車道を歩き、トンネルも通って最終到着地点の女神大橋へ。

皆さんお疲れ様でした。そよかぜさん・山馬鹿さん、声掛け有り難うございました。肉まんさん、三年半ぶりだったんですね。一年後には大阪から福岡へお帰りになるとのこと。その時はまたよろしくお願いします。そしてご一緒した長崎組のお二人さん、有り難うございました。

長崎市内へチャンポンを食べに行かれる皆さんとお別れして私どもは野母崎へ。

e0164643_20230322.jpg

今回の軌跡です。

e0164643_20295794.jpg



# by nobucyansyuncyan | 2018-11-28 22:11 | 長崎県の山 | Comments(0)