人気ブログランキング |

2019年 02月 25日 ( 1 )

福寿草・・岩宇土山へ

今年も行ってきました。福寿草を見に熊本県のお山へ(^^♪

満開!!  まだまだ蕾も多かったです。

e0164643_16114447.jpg


16回目:2月23日(土)   久連子岳・岩宇土山   天気:曇り時々晴れ   2名
ルート:登山口(9:15)→山ノ神(10:24)→鍾乳洞(10:51)→久連子岳(10:55)
    →展望所(11:08~11:13)→岩宇土山(11:27)→オコバ谷分岐(11:38)→
    白崩平(12:18~13:24、昼食)→オコバ谷登山口(13:58)→駐車地点(14:22)


久連子・古代の里に着くとおじさんがまだ上に置けるよと言われたので、登山口近くの駐車地点へ。

準備を済ませ、出発。いつもながらの登り初めの急登は堪えますね。

e0164643_16113477.jpg


なかなか一息入れる間がありません。やっと衣服調整。フデリンドウの芽が。

e0164643_16112942.jpg


山ノ神に到着。昨年はここまで1時間5分。今年は1時間9分。いつまで登れるだろうか~~

e0164643_16111769.jpg


熊本の山友、Mishanたちが整備したトラバース道。有り難うございました<(_ _)>
福寿草も出てきましたが、まだ開いていません。もう少し陽が射さないとですね。

e0164643_16111246.jpg


鍾乳洞手前のガレ場。ここは足元が悪いです。

e0164643_16110858.jpg


鍾乳洞に到着。こんなに暖かいので、もちろん石筍はありません。そこからひと登りで稜線へ。先ず左の久連子岳へ。交代で記念撮影^^


e0164643_16110466.jpg


前方を見ると上福根山には霧氷がついているようです。「どうする?」「行きつくまでには溶けるだろう~」「白崩平でゆっくりしよう」。 最初の計画通りに行動しましょう!

e0164643_16105991.jpg


福寿草は4種類あるそうです。ここのはミチノクフクジュソウとのことです。

e0164643_16105587.jpg


ガレ場の急坂を登ります。ここは展望が開けて「古代の里」も眼下に見えます。山はやはりMishanがいないと山名まではわかりません。

e0164643_16105171.jpg


先ほど登った久連子岳。後続のグループが登っています。

e0164643_16104789.jpg


ネットの横を通り、「山頂まで5分」の案内を過ぎ(5分もかかりません)、尾根上にある岩宇土山(1347ⅿ)。

e0164643_16104348.jpg


尾根上を少し歩き、下ったところがオコバ谷分岐。白崩平まで40分と書いてあります。足元滑ります。その通り、昨日の雨でぬかるんで滑りやすい。そして激急下りです。転ばないようにしていたら力が入りすぎたのでしょうね。途中で太ももが痛くなりました^^

e0164643_16103590.jpg


何とか転ばずに白崩平に到着。広場の手前から福寿草が咲いています。やはり時期が少し早いのか昨年よりは咲き状態が少ないかなと思われます。

陽だまりでお昼を食べてから、福寿草鑑賞。パラボナが開いていますが、半開きの蕾が可愛い~~

e0164643_16095869.jpg


いいですねぇ~~

e0164643_16095115.jpg


水滴が残っています^^

e0164643_16094506.jpg



e0164643_16092150.jpg


花弁が少しギザギザのもありました。

e0164643_16091715.jpg


さぁ、ゆっくりとしました。下山しましょうかね。ネットを開けてまたまた下るのですが、この場所でも以前はもっと咲いていたような~~やはりまだ2月ですものね。

渡渉地点を渡り、対岸へ。山裾を滑り落ちないように歩き、オコバ谷登山口に到着。

e0164643_16091370.jpg


e0164643_16090951.jpg


帰りは「古代の里」で「久連子鶏」を見て、蓬まんじゅうを買い求めました。素朴な味で美味しかったですよ。

セリバオウレンもきれいに咲いていました。

e0164643_16090487.jpg


五木の温泉で汗を流し、車中泊。早朝からの移動でしたのでぐっすりと眠れました。

by nobucyansyuncyan | 2019-02-25 21:50 | 熊本県の山 | Comments(10)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan