信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2018年 04月 03日 ( 1 )


宮崎の山・2日目は私どもは2回目となる双石山。higeさんはお初の山です。

前回は2013年11月に登っています。その時は第2展望所のベンチで偶然お会いした双石山に詳しい方で、測量をして木々の1本1本まで詳しく書き留めているKさんに象の墓場などを案内していただきました。Eさんもご存知の方でした。

今回は、昨日(冠岳)に続き、Eさんの案内です。

27回目:3月25日(日)    双石山   天気:晴れ    13名

コース:ルンゼ登山口(9:15)→遭難碑(9:23)→奥の院展望所(11:37~11:45)→
    摩崖仏(11:55~11:58)→双石山(12:05~12:52、昼食)→山小屋(13:21)
    →第2展望所(13:46)→尾根コース→多いわ展望所(14:11~14:15)→針の耳・
    天狗岩(14:29)→空池→象の墓場(14:50~14:55)→ルンゼ登山口(15:30)


帰り道で撮った双石山
 ルンゼ登山口より入山。遭難碑でお参りをします。


e0164643_21352062.jpg



超マイナーなルートです。higeさんが双石山に登りたいと言ったとき、私は行者ルートを歩きたいのでEさんにそのことをお願いしてくださいと。快く引き受けてくださいました。



e0164643_21351798.jpg



上のようなところやこのようなところも歩きます。


e0164643_21351453.jpg


岩のトンネルを通り、


e0164643_21351067.jpg



またまた足場の悪いところを通ると大歓声!! サツマイナモリの大群生です。



e0164643_21350674.jpg



行者コースも終了です。やはりこの道は地元の山に精通した経験ある方にお願いして大正解です。
自分たちだけだとやはり迷ってしまうでしょうね。踏み跡が薄いし、緊張の連続でした。


e0164643_21350275.jpg


岩場が出てきました。足元に注意しながら登ります。



e0164643_21345816.jpg


そして奥の院展望所へ。


e0164643_21345505.jpg


摩崖仏。岩に彫り込まれているのがわかるかなぁ~  これから歩く道はこの摩崖仏の上を通るので、Eさんがこのお社の屋根の上を3回回してから通ります、と。その通りにしました^^


e0164643_21345130.jpg


またまた岩場を通って山頂に到着。509ⅿ。とても509ⅿの山とは思えません。


e0164643_21344659.jpg


昼食後、山頂に戻って記念撮影。そして山小屋へ。尾根コースを進みます。
以前歩いたときは尾根コースを登りに使い、下山は谷コースを歩きました。



e0164643_21344296.jpg


そういえばこの道があったよねぇ~と思い出しました。


e0164643_21343725.jpg


大岩展望所に到着。もちろん上がります^^


e0164643_21343365.jpg



何度も来ている方は針の耳をパスして象の墓場へ。higeさん・私どもは行きます。
初めて見たときはこの岩の様相にびっくりしました。



e0164643_21342999.jpg

岩のアップです。

e0164643_21342165.jpg


象の墓場で皆さんと合流です。


e0164643_23225845.jpg


天狗のトンネルや弥五郎どんの大岩を経て出発地点のルンゼ登山口に無事に到着。


e0164643_23225494.jpg

今回の軌跡です。


e0164643_23225076.jpg

前回歩いたときにKさんよりいただいた地図です。

e0164643_23224419.jpg

今回、ご一緒いただいた宮崎・鹿児島の山友さん、大変お世話になりました。

Eさん、コテージのお世話から山の案内まで、何から何まで本当にお世話になりました。

感謝・感謝です!!


by nobucyansyuncyan | 2018-04-03 23:36 | 宮崎県の山 | Comments(4)