2018年 03月 15日 ( 1 )

広島の山・・三倉岳へ

庄原でのお花散策を終え、山陽道、志和I・Cまでは一般道を走り、宮島S・Aで車中泊。

6時ごろまでぐっすりと寝ました^^

三倉岳(お初の山です)・・・下山後 休憩所前広場より
 

e0164643_15414904.jpg


21回目:3月11日(日)   三倉岳(702ⅿ)   天気:晴れ   2名
ルート:駐車場(8:50)→A・Bコース分岐(9:08)→分岐(9:54)→朝日岳
   (9:59~10:17)→分岐(10:23)→天狗の踊場(10:28)→中ノ岳
   (10:33~10:38)→夕陽岳(10:57~11:04)→分岐(11:11)→
    三角点11:19~11:25)→分岐(11:30)→5合目・見晴岩
   (11:55~12:01)→4合目小屋(12:10)→駐車場(12:30)


宮島S・Aで日の出を迎え、大竹I・Cで降りて三倉岳を目指します。

e0164643_15414570.jpg

車を走らせていると目の前にドーンと岩山が。あれが三倉岳なんだ~~山口の右田ヶ岳や陶ヶ岳に似ているね~管理棟の右の駐車場に車を停め、準備をする。用意している間にも登山者が来ます。結構人気の山なんですね。


e0164643_15414167.jpg

お花は馬酔木の花ぐらいかな? 進んでいくと分岐。Bコースを歩きます。

e0164643_15413476.jpg

5合目付近から岩が目立ちます。「胴乱岩」の説明版があったり。右手には少し遊べそうな岩があったので少し冒険^^見上げるとオーバーハングになっていますので、ここは見るだけ。ハーケンなどがありましたね。

e0164643_15413060.jpg

左手にはクライミングをしている方がおられました。「ちょっと見物させてくださいね」
後姿ですが、ブログに載せてもいいですか?ちゃんと了解を得ました。
陶ヶ岳での「剱岳源次郎尾根の訓練」を思い出しました。

e0164643_15412529.jpg

分岐に到着。これから朝日岳へ。山頂標識はありません。まだもう少し先へ行けるようなので行ってみるとロープがあり、下って登ると「絶景・絶景~~」その先にあるのは山友の「よいこのよっちゃん」のブログで見た「猫岩」らしき岩が。
あの近くには行けないのかな? どうも無理なよう。 ズームで撮りました。

e0164643_15411937.jpg

これから行く中ノ岳をバックに相方さん。

e0164643_15411414.jpg

木の根っこが張り出し、岩にステップがかけられた登山道を進み、登りあがったところに「天狗の踊場」

e0164643_15411143.jpg

e0164643_15410656.jpg

中ノ岳に到着。ここも断崖絶壁で見晴はいいですねぇ~朝日岳の猫岩が見えているような~

e0164643_15410250.jpg

鎖を伝って中ノ岳から降りました。ここも山頂標識はありませんでした。

岩にステップが切り込まれており、整備はよくされている山ですね。

e0164643_15405823.jpg

登って、下って~と700mの山(平尾台・貫山と同じ)にしては結構ハードですね。


e0164643_15405455.jpg

夕陽岳に到着。ここに三倉岳の山頂標識がありました。が、三角点は別のところです。
先客の方が食事中でしたので、一旦下って登って、三角点へタッチ。二等三角点でした。

e0164643_15404972.jpg
Aコースへと下山です。5合目に見晴岩があります。右側からは到底上がれませんが、左側にかすかなふみ跡があり、辿っていくと岩上に。ここでも少しお遊びを~~

e0164643_15404500.jpg

4合目小屋に着きました。夕陽岳(寿)、中ノ岳(徳)、朝日岳(服)との説明が。
下って、A・Bコース分岐に合流。無事に駐車場に着きました。
昼食はザックの中に入れていましたが、下山後に駐車場にてゆっくりといただきました^^ 

e0164643_15403965.jpg

今回の軌跡です。

e0164643_15403294.jpg

2日間の中国遠征。お花と山歩きを存分に楽しみました。2日間の走行距離、826㎞でした。


by nobucyansyuncyan | 2018-03-15 19:52 | 中国地方の山 | Comments(6)