人気ブログランキング |

2016年 08月 09日 ( 2 )

続きです。

牧ノ戸より長者原へ移動。

ヒゴタイ
e0164643_1414065.jpg


少しアップで~~
e0164643_14145186.jpg


サワギキョウ、ハンカイソウ
e0164643_1416131.jpg


ヤマトラノオ、シラヒゲソウ、トモエソウ(遠くにありましたのでズームで)、サワヒヨドリ
e0164643_14183553.jpg


木道をぐるっと一周しましたが、暑い・熱い~~

そして「とある場所」へ移動。サギソウが乱舞してました(^^)/
e0164643_14273342.jpg


コバノギボウシ、ミズトンボ、アギナシ、エゾミソハギ、キツネノカミソリ
e0164643_14291534.jpg


サギソウ
e0164643_14314816.jpg


お花散策に明け暮れた一日でした、とっても楽しかった~~(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2016-08-09 14:37 | 大分県の山 | Comments(6)

扇ヶ鼻へお花散策

もうマツムシソウなどが咲いているとのことで、くじゅうの扇ヶ鼻へ行こうか~~

夜、ネットを見ると由布岳も登山解禁になったよう。心が少し動いたが・・・

e0164643_9552497.jpg


74回目:8月7日(日)   扇ヶ鼻   天気:晴れ   2名
ルート:牧ノ戸(8:25)→展望所(8:44)→分岐(9:28)→扇ヶ鼻
   (10:00~10:40)→牧ノ戸(11:55)

牧ノ戸の駐車場に着くと、見知ったお方が・・・
日本山岳会東九州支部の加藤支部長と法華院山荘の弘蔵さんたちが。

久住山御池の遭難慰霊碑へ向かうとのこと。「一緒に行きましょう」とのお誘いでしたが、「今日はお花散策なので申し訳ありません」とお断りして一足お先に出発です。

登山届を提出。展望所までの道、もうお花が・・・嬉しいですね^^
e0164643_10101053.jpg


登山道を右に左にと歩きながらお花撮影に忙しいです。

分岐を我々は右の扇ヶ鼻へ。加藤さんたちを見るともう先へと進んでいます。半袖の方が加藤さん。20数名の参加者だそうです。
e0164643_10134731.jpg


帰ってから調べました。

山の安全を祈り、山で遭難してなくなった人たちを慰霊する、安全祈願祭です。

今から86年前の昭和5年(1930年)8月11日、台風の中、道に迷った福岡県の若者が二人、久住山御池の南の丘の上で遭難死しました。その慰霊碑の前でこの二人の遭難者はもとより、過去の多くの山の遭難者の慰霊を行うと共に、山の安全登山を祈るという趣旨で毎年8月第1日曜日に慰霊祭を行っています。山を愛し、山の安全を思う人たちはどなたでもご参加頂けます。九重の夏山歩きを楽しみながら立ち寄ってみませんか>多くの方々の安全祈願参加をお待ちしています。

日 時 平成28年8月7日(日)午前11時から

場 所 久住山御池の遭難慰霊碑前

(雨天の場合は御池避難小屋)

主 催 公益社団法人日本山岳会東九州支部・法華院温泉山荘

このような主旨であれば参加するんだった。支部内の行事だと思っていました。
弘蔵さんは碑前でお経をあげるとのことでした。

さて、お花散策ですが~~なかなか山頂へたどりつきません^^

ワレモコウ、ママコナ、イブキトラノオ
e0164643_10274111.jpg


シモツケソウ(花が咲く前が線香花火のようで可愛い!)、ホクチアザミ
e0164643_1033493.jpg


山頂付近にはマツムシソウが咲き始めていました。これから増えるでしょうね。
e0164643_10342312.jpg


マツムシソウ、ノギラン、フクオウソウ、イヨフウロ
e0164643_10503939.jpg


山頂は心地よい風が。汗をかいた服もすぐに乾いてしまうくらいです^^

さぁ、下山です。途中で天山でお会いした方に声をかけていただきました。有難うございます。

英彦山が万年山(はねやま)の奥に見えています。涌蓋山は秀麗な峰ですね。
e0164643_10585699.jpg


沓掛山への最後の登りです^^
e0164643_10513425.jpg


今回の軌跡です。
e0164643_1163540.jpg


12時前に到着。ソフトクリームが美味しい~!!

一休みして 長者原のタデハラ湿原へ移動です。
by nobucyansyuncyan | 2016-08-09 11:09 | 大分県の山 | Comments(6)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan