人気ブログランキング |

やまびこ会オフ会・・多良岳のはずが経ヶ岳へ

しばらく静かだったネットの会のやまびこ会。今年から活性化されつつあります。

もう年齢層も一番高いところにいる私ども。皆さんの迷惑にならないように・・・

ミラさんとも会いたいね、で参加表明しました。ミラさんは金泉寺で皆さんをお待ちしていますとのことでしたが、直前に急な用事が入り、参加を見合わせるとのこととなり、「信さんたちは楽しんできてね」

急遽 変更となった経ヶ岳


e0164643_16415226.jpg

22回目:3月17日(日)    経ヶ岳    天気:曇りのち晴れ   16名
ルート:黒木駐車場(10:00)→つげ尾(11:53)→経ヶ岳(12:24~13:36、昼食)
    →最初の分岐(14:09)→2番目の分岐(14:28)→舞岳(14:55)→下山口
    (16:47)→黒木駐車場(17:10)

黒木の駐車場に9時集合でした。早めに行かないと駐車場は置けないかもで、我が家を5時10分ごろ出発。筑後小郡まで一般道を走り、そこから小城まで高速を利用。あとはまた一般道を走って8時半ごろ到着。何とか置くことが出来ました。

だが9時になっても参加表明している方が来ません。「どうしたんだろうね、本当に今日開催するのかね」。

やまごえさんに電話をすると、「まだ全員揃ってないけど駐車場で待っているよ」「私も駐車場で待っているんだけど~」なんと集合場所は第3駐車場。私どもがいるのは第2駐車場。案内にはただ黒木駐車場しか書いていなかった。

後から聞いたお話では、人数が多い時には皆さんの迷惑になるから広い第3駐車場だとのことです。

道端のサツマイナモリやイズセンリョウの花を取りながら待ちました~~

e0164643_16414732.jpg


全員揃って出発。今日の予定は黒木~舞岳~中山越~金泉寺(昼食)~多良岳~金泉寺~林道終点~黒木の予定です。ところが渡渉してしばらく進んだところで、これはつげ尾への道ではないかねぇ~舞岳の取り付きを見過ごしたようです。

ここで協議。舞岳の取り付きまで戻ろうか~、金泉寺で待っているというミラさんたちは今日はキャンセル。ならばこのまま進み、経ヶ岳へ行こう。舞岳が初めて(私たちも)の人もいるので、下山は舞岳経由にしましょうということになりました。

e0164643_16414341.jpg


超久しぶりのつげ尾です。山頂直下の岩場付近からマンサクがあります。もう終盤のようですね。

山頂ではたくさんの方が昼食中。私どもの仲間も加わり、大賑わいです。

e0164643_16413912.jpg


団体が過ぎ去り、少し静かになったところでドローンが。空中撮影が始まったようです^^

e0164643_16413680.jpg


山頂からの展望。霞んではいますが五家原岳・普賢岳

e0164643_16413358.jpg


さて下山開始。嫌らしい岩場が続きます。最初の舞岳の分岐を過ぎ、2番目の分岐から舞岳へと進みます。この道は地図には載ってませんね。こちらの方が少しフラットだとのことですが・・・

こちらも結構急でした。

e0164643_16412964.jpg


舞岳に到着。石楠花が多いですが、花芽はあまり付いていません。今年は裏年なんでしょうかね。

e0164643_16412632.jpg


痩せ尾根や鎖場・ロープ個所、結構危ないところが多かったですね。何とかクリア。

e0164643_16412241.jpg



e0164643_16411731.jpg



e0164643_16542567.jpg


激下りを転ばないようにして、やっと下山口近くに。この道は大きな木が多かったですね。樹木の名前はわかりませんが・・・

e0164643_16542169.jpg


間違えたところに出てきました。取り付きに気が付かずに真っすぐに進んだようですね。

これで納得しました。

いろいろとアクシデントがありましたが、事故もなくみんな無事に山歩きをすることが出来ました。

世話役のダンブルさん、有り難うございました。お疲れ様でした。

今回の軌跡です。

e0164643_16541375.jpg

Commented by ラピュタ at 2019-03-19 02:11 x
お疲れ様でした。
さすがやまびこ会の先輩ですね、写真もGood ! 感想文は読みやすく内容がまとまっていますね!
tetu1 ミラさんが居ないのが寂しいですが
by ラピュタ
Commented by 豊津の信ちゃん at 2019-03-19 10:08 x
ラピュタさん、こんにちは。
舞岳がまだ未踏でしたので歩けたのは嬉しかったです。
急な尾根とは聞いていましたが、ほんとに急でした。
また鎖・ロープ個所は踏み外すと谷底へ~のところもありましたので、慎重に下りました。
小4年生のお子さんもジイジに連れられて参加していましたので、その後ろを歩いたダンブルさんは「怖~い、大丈夫かな?」と何度も声が出ていました。
本当に気を使って、疲れも倍増だったのではないでしょうか。
by nobucyansyuncyan | 2019-03-18 22:08 | 長崎県の山 | Comments(2)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan