大船山・御池の紅葉

例年だと17~18日ごろが見ごろの御池の紅葉。

今年は雨・雨ですっきりとしないお天気。おまけに週末は1台風がやってきた。

21~22日は平戸行きの予定が雨で延期となりました。

さて、台風一過の好天気とはいきませんでしたが、御池の紅葉詣でへと行ってきました。

e0164643_20574317.jpg


e0164643_2058648.jpg


79回目:10月24日(火)  大船山   天気:曇り   4名
ルート:今水P(8:00)→登山口(8:10)→分岐(9:00~9:05)→東尾根へ
   (9:07)→ポール地点(9:37)→大船山(10:59~12:20、昼食)→
    鳥居窪(13:20)→板切分岐(13:31)→分岐(14:03)→登山口
   (15:00)→今水P(15:08)

前日、ミラさん・higeさんへ「明日は大船山へ行きますけど~」とラインをすると、ミラさんは「遠出ができません~」higeさんはお忙しいから出かけられないのかな~

5時過ぎに我が家を出発。湯葉系~玖珠~瀬の本経由で今水登山口の駐車場へ。

瀬の本でトイレ休憩をすると、そこにhigeさんご夫妻が~~「あれ~??」

「今朝、ラインを送ったけど~」見ておりませんでした。まぁ時間も言ってなかったのによく瀬の本で会うことが出来ましたね~

登山届を提出。下山予定は15時と書きました。

e0164643_21342738.jpg


黒岳・風穴を目指し、途中の分岐より東尾根へと進む。以前は前セリと書かれた小さな標識だったのですが・・・立派なのがついていました。

垣間見える黒岳の紅葉もパッとしませんね。落ち葉の紅葉が綺麗!!
e0164643_21471950.jpg


上を見上げるが・・・
e0164643_21465027.jpg


登り一辺倒の東尾根。途中一ヶ所、とってもきれいな紅葉が・・・
e0164643_21512615.jpg


e0164643_21515513.jpg


先ずは大船山の山頂へ。そこでリンドウさん・馬しゃんやそのお友達、いーさんにも出会いました。
皆さん、やはり御池の紅葉見たさでお出でてましたね^^

広場で昼食を食べて、晴れ間の出るのを待つ。
e0164643_2222875.jpg


山頂からの御池
e0164643_2232563.jpg


池へと下りる。水が多いですね。
e0164643_2254947.jpg


青空がのぞくと皆さん一斉にカメラを構える。粘ってましたが、もうこれ以上は・・・
e0164643_2222285.jpg


e0164643_22221880.jpg


まだまだ山頂にはたくさんの人が。
e0164643_22232092.jpg


フクオウソウ、リンドウ、マツムシソウ

鳥居窪、入山公墓を経て、板切登山口への分岐を過ぎて柳ヶ水に到着。黒岳方面へと進む。
e0164643_22301332.jpg


登りに通った分岐へと出る。今水登山口へ。以前歩いた時は「ハガクレツリフネソウ」の大群生だったのですが、ほんの少ししかありません。もう終了なのでしょうかね。

無事に車まで戻ってきました。15:00に登山口に着きました。お疲れ様~~

熊本の山友さんを少し待って、「またお会いしましょう!」

抜けるような青空には恵まれませんでしたが、今年も大船山・御池の紅葉を楽しめました(^_^)/

今回の軌跡です。
e0164643_22373327.jpg

# by nobucyansyuncyan | 2017-10-25 22:43 | 大分県の山 | Comments(10)
午前中は雨も残っていたが、午後からは天気も回復しそうなので近場の平尾台へ。

茶が床園地へ車を停める。このところ雨が続いていたので足元は長靴、そして傘を持って~~

78回目:10月17日(火)   平尾台   天気:曇り    2名
ルート:茶が床園地よりうろうろ~~

センブリ、ムラサキセンブリ、イヌセンブリ
e0164643_2275953.jpg


歩き始めて間がない時に、若き女性2人に「キス岩は何処ですか~」

吹上峠から貫山へ登り、キス岩を探すがわからないとのこと。平尾台は初めてだとのことで、「キス岩」と「根性の木」まで案内する。

さて、お花散策の開始です。
ヒメヒゴタイ、ハバヤマボクチ、アケボノソウ、6枚花のセンブリ
e0164643_2205261.jpg


ヒメヒゴタイはピークを過ぎつつありますね。ムラサキセンブリはこれから^^
e0164643_2252951.jpg


白のセンブリは登山道のいたるところに(^^♪
アキノキリンソウ、リンドウ、センブリは4枚・5枚・6枚の花弁がありますね。
e0164643_2272216.jpg


ウメバチソウもたくさん咲いています。
e0164643_2216178.jpg


イヌセンブリ、ヤマハッカ
e0164643_22192836.jpg


コシオガマ、サラシナショウマ
e0164643_22215192.jpg


登山道からの展望
e0164643_2225465.jpg


e0164643_22261795.jpg


下山時には青空になりました~^^
e0164643_22272239.jpg


3時間ほどの歩きでしたが、今日もたくさんのお花に出会いました(^^♪
# by nobucyansyuncyan | 2017-10-18 22:31 | 平尾台 | Comments(6)
夏に見たアオベンケイがそろそろ咲いているのでは~~で行ってきました。

e0164643_15471238.jpg


77回目:10月10日(火)   古処山   天気:晴れ    2名
ルート:五合目駐車場(8:47)→水舟(9:22)→ツゲ原始林経由→縦走路→
    奥の院・大将隠し→古処山(11:12~12:00、昼食)→水舟(12:16)
    →五合目駐車場(12:46)

今日は楽チン登山で古処林道を進み、五合目駐車場より出発です。
e0164643_15594354.jpg


倒木があったり、水量が多かったりで石畳の道が下山時は要注意ですね。

e0164643_1612795.jpg


水舟より右へと進み、ツゲ原始林へ。以前はこのツゲ林の中にアケボノソウが咲いていたのですが、全く見かけません。キンカメムシも探しながら~~

e0164643_1645293.jpg


分岐より奥の院・大将隠しへと進む。お花はジンジソウが多いですね^^

山頂への道筋でキンカメムシを発見。
もしかしたらみれるかなぁ~でしたが良かった・よかった(^^♪

e0164643_16132663.jpg


山頂にはピンクのシュウメイギクが咲いていました。以前は白のシュウメイギクもあったような~~

山頂では83歳という方がお仲間さんと昼食中。外国の山にも登ったし、北岳バットレスも行ったよ~と、しばし山談議が弾みました。

下山は広場にあるアケボノソウを見に行きましたが、あるのは二株のみ。
あれだけ群生していたアケボノソウはどうしたんでしょうね。

途中で、山頂でご一緒した方に追いつきましたが、せかせて怪我をしたらいけないので、間をおいてゆっくりと下山。その方たちも五合目からの登山でした。

今日のメインのアオベンケイ。
e0164643_16345847.jpg


e0164643_16351643.jpg

# by nobucyansyuncyan | 2017-10-11 16:38 | 福岡県の山 | Comments(8)
山友さんのブログを見ていると・・・もうセンブリが咲き始めているようだ。

今月は月1回の資源ゴミ分別回収の当番。AM8:00~8:30まで。

缶ビールもアルミ缶・スチール缶。ビンも生きビン・無色・茶色・その他など。雑誌、段ボール、ペットボトルなど全部で20項目に分けてコンテナに入れてもらいます。

スチール缶の中に間違えてアルミ缶を入れた方がおられて大変でした。

さて、平尾台へお花散策へでも行きましょうか~~

76回目:10月8日(日)   平尾台   天気:曇り    2名
ルート:茶が床園地よりうろうろ

天気は晴れ予報なんですが、ガスっています。これだと駐車場も空いているかも?

が、ビジターセンターの駐車場もほぼ満車。茶が床園地、どうにか置くことが出来ました。

中峠手前のヒメヒゴタイ
e0164643_14203192.jpg


センブリはまだ咲き始め。ムラサキセンブリはこれからの楽しみですね。
e0164643_14233416.jpg


ススキ越しに大平山をと思っても、こんな様子です。
e0164643_1425043.jpg


ウメバチソウも僅かですが咲いていました。蕾がた~くさん。楽しみです(^^♪
e0164643_14262527.jpg


e0164643_14264190.jpg


おっ、リンドウも開いてきましたね^^
e0164643_1428513.jpg


ハバヤマボクチ、水滴がついています^^  平尾台ではとっても目立ちます。
e0164643_14291882.jpg


センブリの6枚がありました。4枚も見かけますが、3枚はなかなか見つからないですね。

葉っぱが紅葉しています。秋本番ですね。山栗も弾けています^^
e0164643_14325324.jpg


ヒメヒゴタイをまたまた撮影。草原にこれもやはり目立ちますね。絵になります。
e0164643_14352830.jpg


下山すると、もう駐車場は満杯。道路にも縦列駐車。県外ナンバーの車が多いですね。

あと10日もすると、センブリやウメバチソウが見ごろを迎えることでしょう!!
# by nobucyansyuncyan | 2017-10-09 15:00 | 平尾台 | Comments(8)

天主山へ・・トリカブト

higeさん・mamaさんお初の天主山へ行こう!! 白のトリカブトを観よう!!
e0164643_15332845.jpg


山友のMishanの八山会の山行が29日に行われ、登山道の様子などをMishanにお聞きしました。

道の駅「佐俣の湯」で1日7時に待ち合わせ。当日早朝に出ても、往復の運転・山歩きと体力的にきついので、どうせ暇人ですので30日13時半ごろ我が家を出発。

耶馬渓・玖珠・阿蘇・高森と一般道を通り、途中「道の駅」などに立ち寄り、のんびり運転で道の駅「佐俣の湯」へ。中のレストランで食事などを済ませ早めの就寝。

雲一つないスカイブルーの空。明日もこの天気が続きますように~~
e0164643_1541913.jpg


1日、午前6時過ぎにhigeさん到着。mamaさんは急遽の所用のために不参加。

道の駅「通潤橋」へと移動。ここでhigeさん号をデポ。悪路を予想して4駆の我が家の車で行きます。鮎の瀬大橋を渡ってからは予想通り道はデコボコ。大変でした~~
e0164643_15534732.jpg


これより立入禁止と書かれていますので、その手前の路肩に駐車。今日は一番乗りのようです^^
e0164643_15553388.jpg


ゲートがあり、そこからは道はえぐれ、荒れていました。2007年5月にやはり鮎の瀬登山口から登った時はもう少し先の広場に車を置いたのですが・・・(10年前ですね)
e0164643_160233.jpg


e0164643_1603841.jpg


やっと登山口に到着。

75回目:10月1日(日)   天主山    天気:曇り    3名
ルート:駐車地点(7:37)→登山口(8:32)→天主の舞台(9:35~9:42)
    →分岐(10:28)→天主山(11:12~11:17)→お花畑へ→天主山
    (12:34~13:10、昼食)→分岐(13:32)→天主の舞台(14:08)
    →登山口(14:58)→駐車地点(15:43)

実は土曜日の朝、ベッドで足を延ばしたりのいつもの体操をするときに、左の膝に違和感が・・・

??歩けるだろうか??  不安感がよぎる。 まぁその時には途中で待っとけばいいし~~

取りつきにロープがあります。登山口からいきなりの急登です。

左足に力が入りませんが、何とか歩みを進めます。立ち休憩で水分補給。天主の舞台に到着。

90分の予定が60分少々。あらまぁ早かったねぇ~「信ちゃん、飛ばしすぎだよ~」(笑)
e0164643_19372883.jpg


天主の舞台(1194ḿ)で梨を食べて、さぁ進みましょうか~ これからはhigeさんが先頭^^

開けたところからは洞ヶ岳、目丸山。
e0164643_20442111.jpg


小松神社への分岐に到着。山頂手前の岩場は要注意。これからはトリカブトが咲き、しばし写真タイム。なかなか足が前に進みません。真っ白に近い色もありますね(^^♪

山頂に到着。(1494ḿ)
e0164643_20554868.jpg


e0164643_205861.jpg


記念撮影を済ませます。higeさん、お初の山頂(^_^)/ 今度mamaさんを連れてこなくてはね(^_-)-☆  三人のは下山時に、今日初めて出会った登山者に撮っていただきました。
e0164643_2121874.jpg


お花畑へと出発です。往復1時間。下り始めてからhigeさんと相方さんに「私はゆっくりと行き、途中でお花の写真を撮ったりするので、二人で行って来たら~~」

あっという間にいなくなりました^^

トリカブトがいっぱい咲いています\(^o^)/  まだ三分咲きぐらいですが、きれいです。
e0164643_21145937.jpg


e0164643_21151998.jpg


一旦下って、トリカブトの群生地でお花鑑賞。これから先へ行っても、また山頂まで登り返すのは大変だなぁ~で、ゆっくりと戻る。二人に電話するも通じない。まぁ戻ってくるでしょう!

天主山。今から登り返しです。
e0164643_2130486.jpg


山頂で昼食タイム。全く人に会いませんでした。三人の貸し切り( ◠‿◠ )

下山の準備をしていると、やっと一人の登山者に出会いました。写真をお願いし~~

下りはまたまた要注意。下って上って天主の舞台へ。

ヒーコラ登った分、今度は下りです。
e0164643_2131326.jpg


無事に登山口に到着。長かったなぁ~~  脚も何とか持ちました。

荒れた林道を戻り、駐車地点へ帰り着きました。スマホのGPSの電源を切ろうとしたら「あら、携帯がないー」下山時、ゲートの手前近くで見た覚えがあるので、あそこまではある。

相方さんが「しょうがないなぁ」で今来た道を戻ります。立入禁止の看板がなくなっていたので車でゲートのところまで、相方さんを追っかけて行きます。早いですねぇ~もうゲートのところまで行っていました。「あったよ~」

ゲートを股ごした時にポシェットから落ちたようです。いつも何かしでかすからねぇ~~

そういえば峰入りの時には昼食時に切株の上に携帯を置き忘れ、取りに戻ったり~~

休憩時にカメラを置き忘れたことは何度かあります。。。無事に回収は出来てますが・・・

以後、気をつけます。。。。。

道の駅「通潤橋」でhigeさんと別れ、また同じ下道を通って我が家へ。21時前に帰り着きました。

higeさん、お疲れ様でした。
mamaさん、今度はヤマシャクの頃にhigeさんに案内してもらってくださいね。
# by nobucyansyuncyan | 2017-10-03 22:04 | 熊本県の山 | Comments(12)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan