白山へ遠征・3日目

63回目:7月19日(日)    白山・御前峰(2702.2m)    天気:曇りのち雨     9名
ルート:一ノ瀬(バス)→別当出合(5:47)→中飯場(6:29~6:45)→甚之助避難小屋
    (7:59~8:20)→南竜道分岐(8:40)→黒ボコ岩(9:27~9:32)→室堂(9:58~10:20)
    →白山・御前峰(11:00~11:05)→室堂(11:29~12:40)→別当出合(15:10)→
    15:30のバスで一ノ瀬キャンプ場へ

朝方、テントを叩きつける雨で目が覚める。ザァーと降って止んだようだ。
昨夜のすき焼きの残りで雑炊とうどんの2本立てで朝食を作る。これで腹ごしらえは完了!

5時の朝一のバスに乗る予定だったが、バス停に着いたのは5:03。5:20のバスを待ち、乗り込む(一ノ瀬~別当出合間は乗用車通行禁止。シャトルバスが運行)
別当出合に到着。トイレも済ませ、出発~~。つり橋を揺られながらも渡ります。まだ雨は降っておらず、川の水もこんな感じです。
e0164643_11503067.jpg
e0164643_1151027.jpg

中飯場で休憩、ここはトイレ、水場もあります。ここから甚之助避難小屋までの間はキヌガサソウもたくさん咲いていました。
e0164643_122691.jpg
e0164643_12282599.jpg

雨も降り始めました~。甚之助小屋に到着。ここもトイレ、水場があります。
小屋の外壁にあったコースの案内板です。
e0164643_12265865.jpg

アオノツガザクラ、コイワカガミ、オタカラコウ、コバイケイソウ、ニッコウキスゲ、ツマトリソウ、ゴゼンタチバナ、チングルマなどの花が咲き乱れ、霊峰白山の「延命水」をいただき、雨の中、癒されながら急登を登って黒ボコ岩に到着で~す。ハクサンフウロ、ハクサンコザクラもありました。
e0164643_12431012.jpg


黒ボコ岩から先は弥陀ヶ原と呼ばれ、木道で植生が保護されています。何を撮影中かな~
e0164643_12521268.jpg
e0164643_12523455.jpg

                                  クロユリでした~(^^♪


室堂の100m手前より風も強くなり、雨も氷雨となり、頬が痛くなりましたーー
室堂センターで一休み。ストーブが点いていて温まりました~(^^)v

北海道の事故の二の舞にならないよう、間にフリースなどを着込んで山頂の御前峰へと出発です。風が強く身の軽い人は飛ばされそうです(しっかり付いているので大丈夫でした~(^^ゞ)。
山頂での証拠写真です。
e0164643_13103151.jpg
e0164643_13105820.jpg

e0164643_13194441.jpg

e0164643_1322938.jpg

e0164643_13261098.jpg
e0164643_13264073.jpg

室堂で温かいお昼を食べ、身体も温かくなって一気に別当出合へと下ります。風もますます強くなってきました。連休ですので、これから登るたくさんの人とすれ違います。「お気をつけて~」と声掛けしました~~

別当出合が1250m、御前峰が2702.2m。1450mのピストンでした~
本当は室堂に宿泊予定でしたが、予約開始と同時にリーダーが予約を入れたのですが、もういっぱいで取れませんでしたーー

一ノ瀬キャンプ場に戻ったとき、また一時的に強く雨が降り、お風呂でさっぱりとして、近くのお店で簡単な夕飯を食べました。
テントに帰り着いたときは星も見え、明日はいい天気のようです^_^;
私共はサンデー毎日なのですが、勤めの方が居られるのでもう一日と言う訳にはいきません。

明日は永平寺か東尋坊を見て帰ろう、ということでお開きとなりました。
# by nobucyansyuncyan | 2009-07-25 11:29 | 白山 | Comments(0)

白山へ遠征・2日目

62回目:7月18日(土)   荒島岳(1523.5m)    天気:曇り時々雨    9名
ルート:佐開(さびらき)コース・林道途中に駐車(6:53)→林道終点・登山口(7:47)→
    シャクナゲ平(8:42~8:50)→荒島岳(10:00~10:35)→シャクナゲ平(11:35)
    →林道終点(12:14~12:20))→駐車地点(13:00)

夜通し走ったので北陸道・南条SAで仮眠・休憩。福井ICで降りてR158を経由して荒島岳の佐開登山口へ。下山後の移動のことを考えて林道を車で走り詰めて、最短ルートの佐開登山口・林道終点より入山の予定だったが、このルートは余り歩かれてないようで、夏草が生い茂り、四駆の車でも通行不能となり、中間地点に停車して、空模様も怪しいので雨具のズボンを着けて歩き始める。荒島岳への案内がありました。
e0164643_1545173.jpg
e0164643_15453486.jpg

林道終点は広場になっておりますが、ここまで上がってくるのは大変そう・・・・・
登山道の案内も朽ちていました~
e0164643_15505111.jpg
e0164643_15511913.jpg

シャクナゲ平に到着(1195m)。それぞれの登山口からの合流地点です。これからは「もちがかべ」と呼ばれている急登で鎖などがありました。
e0164643_15585869.jpg
e0164643_15592425.jpg

2名の方がリタイアしようか迷っていましたが、何とか全員山頂に到着\(^o^)/
山頂は当初、ガスがかかっていましたが、腹ごしらえしている間に青空が見え、視界も開けてきましたが白山の方はまだ分厚い雲の中でした~^_^;
e0164643_1662260.jpg

全員で記念撮影。100名山でした~。深田久弥の故郷の愛する山で白山の展望が本来は素晴らしいのでしょうが・・・・・
e0164643_170990.jpg

e0164643_16133776.jpg

お花はハクサンフウロ、ショウマ、シモツケソウ、クガイソウ、タマガワホトトギスなどが咲いていました。
e0164643_16222199.jpg
e0164643_16225146.jpg



全員寝不足気味でしたが、無事に山頂を踏み、下山できました。
さぁ~、これから明日の白山登山に向けてR158・R157を通り、市ノ瀬キャンプ場へと向かいます。
勝山市のお風呂で汗を流し、スーパーで今日の食材を調達。今晩のメニューはすき焼きです(^^♪

テントは3張り。テントを張る間に手の空いた人は夕飯の準備と手際よく運び、すき焼きも美味しくいただきました。明日は朝一番のバスに乗り、白山ピストン。大変だけど、頑張ろう!!
# by nobucyansyuncyan | 2009-07-24 16:56 | 白山 | Comments(0)

白山へ遠征

7月17日(金)夕方~20日(月)   荒島岳・白山へ遠征!!    9名

17日、19時に山口市のNさん宅発の計画なので16時30分我が家を出発。苅田北九州空港ICより東九州自動車道~九州自動車道~中国自動車道に入り、小郡ICで一旦降りて瑠璃光寺近くの友人宅へと行く。18時40分ごろ到着。ETCの通勤割引で半額でした~

ザック・着替え・テント・シュラフ・カセットコンロ・鍋など積み込んで19時10分に出発。山口ICより中国自動車道に入り、名神高速~北陸自動車道を走り、福井ICまで。
その間、大体2時間の走行で休憩、運転者交代。我が家の車は4名乗車で3名が交代で運転。私も鹿野SAから七塚原SAまで運転。南条SAで仮眠を取って南条SAから荒島岳登山口までと2回運転しました~

山口~福井までETCの割引で2100円 (!!)  安く済むのは嬉しいことですね~\(^o^)/

途中のコンビニでお昼の弁当を調達して荒島岳の登山口へと移動です。

明日に続きます・・・
# by nobucyansyuncyan | 2009-07-23 22:53 | 白山 | Comments(0)
61回目:7月12日(日)      津波戸山(529m)、中山仙境・高城山(316.9m)
     天気:晴れ         3名
ルート:津波戸山登山口(7:54)→海蔵寺跡(8:20)→西尾根巡拝コース→奥の院→
      津波戸山山頂(10:50)→展望所→奥の院→大師像→東尾根巡拝コース→
      津波戸山登山口(12:40)・・・・・・車で移動
     河川プール発(14:05)→高城山・夷耶馬(316.9m)→隠洞穴→駐車場(14:18)

5月に「九州と信州の会・北アルプスのつどい」があり、参加した山小屋のオーナーが国東の山に登り、「九州にも瘠せ尾根があり、岩場があって北アルプスの練習台になる山がありますねぇ~」と言われ、昨年私たちが行った後立山連峰に行く予定の方から、「国東の山は行ったことがないので連れて行ってください!」と頼まれ、なかなか日程が合わず、12日となりました~(^_^;)

「道の駅おこしかけ」で7時に待ち合わせ。お互い早めに集合し、出発。登山口にてコースの説明です。
e0164643_21531212.jpg

海蔵寺跡に立ち寄り、これから登山道に入ります。うっそうとした道です。キヌガサタケの朽ちたのを1個見つけました。谷を登り、途中から西尾根巡拝コースへと進みます。石橋を渡る同行者のKさん。距離は短いですけど、下は谷底で~す・・・・・
e0164643_21553711.jpg

岩を這い上がり、展望のいいところで一休み。由布岳もきれいに見えていました~
鎖やロープを伝い、「針の耳」を通り、また沢を登りつめて「奥の院」に到着。山頂までは一登り。
山頂で記念撮影をし、展望所へ行くと1人の方が食事中でした~。我々はもう一座あるので、行動食のみ。谷を下り、弘法大師の立像を見て、東尾根巡拝コースへと進みます。八十八カ所巡りの途中にて。
e0164643_2220489.jpg

コオニユリ、カワラナデシコなどが咲いていました。帰り道、朽ちたキノコあたりで相方さんが成長段階のキヌガサタケを見つけました(^^♪
e0164643_22275920.jpg
e0164643_22282942.jpg

駐車場でお昼を済ませ、中山仙境がある夷(えびす)に移動~~

駐車場に停め、水筒を持って空身で出発~~   2時間の周遊コースです。
e0164643_22341795.jpg

この時季は登山者も少ないようでクモの巣があります。梅雨時の2座目はきついですね~
異常に汗をかきます。水分の摂り過ぎ・・・・(^_^;)
無名橋です。ここは巻き道もあります(^^ゞ
e0164643_2240155.jpg

瘠せ尾根を進みます。強風のときは危険ですが、今日は無風ーー 少し風が欲しい・・・・・
e0164643_2246508.jpg

この尾根を過ぎて、隠洞穴へと下ります。そこから下山口までは700m。
途中、イワタバコが咲いていました。今年初見です~~(*^。^*)
e0164643_22513769.jpg

Kさんは9月ごろ、扇沢~爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~五竜岳~遠見尾根のコースを予定しているそうです。気をつけて 行ってらっしゃ~い!!

この時季の低山はやはり暑いーー   2座は地獄ですーー
国東の山は11月半ば以降の紅葉の時期がやはりお薦めです

写真を取り込んでいたらミスをして、私のは消去してしまいました・・・・(ーー;)
相方さんのは辛うじて残っていました~~
あ~ ショックーー
# by nobucyansyuncyan | 2009-07-14 23:12 | 大分・国東の山 | Comments(2)

また城山へ

60回目:7月10日(金)     城山       天気:曇りのち雨     4名
ルート:城山登山口→竹林→城山登山口→城山→城山登山口→公園で昼食→六ヶ岳山麓散策

山仲間のお姉ちゃんたちに今年もウスキキヌガサタケを見せてあげたい・・・・と前日(9日)の昼間、連絡をして香春駅の駐車場で7:30待ち合わせ。昨年は7~8本観ました~!

さて、今年は・・・?  5日にネット仲間に誘われて行ったときは0本。この4~5日はどうも出てないようです。今年はきのこさんもご機嫌ナナメのようです(ーー;)

けど、こればかりは「時の運」  期待して・・・・・

家を出るとき、空は明るく、薄日が射していました。小倉方面はどんより~。
風が強いので雲の流れが早い・・・・

城山登山口に着いたとき、丁度常連さんが下山してきました。早いですね~、まだ8:30。「今日も出てないーー」とのこと。ならば竹林に行って、「白のキヌガサタケを先に探しましょう!」でそのまま車で移動。

卵と朽ちたのが3個ほどありました。姉妹は卵を見たのは初めてでしたので「こんなのだ~!」と感激してました。

城山登山口に戻り、雨でもOKスタイルの長靴を履き、傘を持って歩き始めました。5日のときは蕾だったウバユリも花が咲いていました。
e0164643_2001238.jpg

5合目あたりから雨が降り始め、モノトーンの世界・・・・・ 
e0164643_20517.jpg
 
山頂まで両サイド、気をつけながら歩きましたがやはりありませんでした。
途中で「歩く唐津街道さん」にお会いしましたが、「今年は少ないねぇ~、もう終わりなのかなぁ~」と言われていました。  ちょっと淋しそうでしたーー

車で10分ほどの公園で早目のお昼。雨は少し降っていましたが東屋ですので濡れる心配はありません。1時間半ほどおしゃべりなどして過ごしました~(^^ゞ

六ヶ岳の登山口に移動。昨年、キヌガサタケのきれいなのを見かけました。5日のときも立ち寄り、探しましたがありませんでした。  今日はあるかも~~

大きな卵と朽ちたのがありました~~(写真はピンボケでした)
ところが・・・・  きれいなレースのキヌガサタケが待っていてくれました\(^o^)/
e0164643_20252128.jpg
e0164643_2025401.jpg



レースも欠け、昨年のよりは見劣りがしますが、今日は朽ちたのしかお目にかかっていませんでしたので、これが観られただけでもラッキーです。

「来年もまた来ようね!!」
# by nobucyansyuncyan | 2009-07-10 20:35 | 福岡県の山 | Comments(1)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan