※1日目
  39回目:5月2日(土)     根子岳     天気:晴れ     3名
  ルート:ヤカタガウド登山口(8:33)→見晴新道→展望所(10:45~11:50、昼食)→天狗
       のコル→ヤカタガウド登山口(13:10)
 「遊山歩」の山行で丹助小屋の広場に2日の夕方現地集合だったので、「行きがけに根子岳のヒカゲツツジを観て行こう」と相方さんと話がまとまり、1日の夜、根子岳の主のIさんにTEL。「咲いているよぅ、ムシカリもきれいだよ!一緒に登ろう」とのこと。手前の駐車場で待ち合わせをしてIさんの車でヤカタガウド登山口へ。
 前回、見晴新道を下ったので今回は反対でと言うことになり、Iさんの案内で歩き始める。彼は地下足袋姿で足取りが軽い。急登だが何とか付いて行くと、イワカガミ、マイズルソウのお出迎え。ミツバツツジの花の色が濃く、大きい。根子岳にあるのはサイゴクミツバツツジとのこと。そうこうしているとムシカリ、ヒカゲツツジもお出ましです~~!
見晴新道のメガネ岩とヤカタガウドコースのメガネ岩です
e0164643_1502018.jpg

e0164643_1504035.jpg

e0164643_1574066.jpg

e0164643_1581273.jpg
e0164643_159334.jpg

e0164643_1593452.jpg

天狗岩へ取り付いています。ザイルと人の姿が!! 今日の案内人のIさんの頼もしい後姿です。
e0164643_15152112.jpg
e0164643_1515474.jpg


彼はとても気が優しくてシャイな人です~   今回は後姿のみにして・・・・

Iさん、有難う!!     また根子岳に行くときはよろしく~~(^-^)

Iさんとお別れして、温泉に入って今日の汗を流して集合場所の丹助小屋へ~~
「道の駅、星雲橋」で一休みして、狭い林道をくねくね、ぐんぐん走り、まだかなぁ~と・・・・・
やっと辿り着きました。もうMORIさんご夫妻は到着されており、各々夕飯の用意。今日のメニューはカレーとごぼうサラダ、枝豆、スナックエンドウ、チーズ、etc・・・・・アルコールのつまみが多いですねぇ~
# by nobucyansyuncyan | 2009-05-08 15:47 | 熊本県の山 | Comments(0)

井原山~雷山へ

38回目:4月28日(火)  井原山(983m)・雷山(955.3m)  天気:晴れ   3名
ルート:駐車地点・瑞梅寺井原山入口バス停(7:42)→きとく橋(7:49)→アンの滝(8:32
    ~8:36)→井原山(9:51~10:02)→洗谷分岐(10:31)→雷山(11:36~12:16)
    →雷神社上宮(12:38)→清賀の滝(13:06)→井原山雷山中腹自然歩道(13:34)
    →駐車地点(14:37)

27日(月)に5名のメンバーで「縦走路のミツバツツジの観賞登山」で予定していましたが、早朝より雨(ーー;)   直前キャンセルとなり、28日は?とのことで決定となり、S・TAROUさんと歩いてきました。MORIさんご夫妻は用事の為、今回パス。JA糸島産直市場「伊都菜彩」でS・TAROUさんと合流し、駐車地点のの井原山バス停へ。井原山は久し振りですねぇ~。矢印が今回のルートです。
e0164643_23113685.jpg

イチリンソウ、ニリンソウ、ラショウモンカズラ、ヒメレンゲなどに癒され、アンの滝に到着です。
縦走路の手前よりミツバツツジが出迎えてくれました。
e0164643_23163956.jpg
e0164643_2317596.jpg

井原山と雷山の新しくなった山頂標識です。
e0164643_23203348.jpg
e0164643_23205960.jpg

満開のミツバツツジです\(^o^)/
e0164643_2323526.jpg

井原山山頂から見ると山肌はピンクになるそうですが、まだまだ蕾が多く、一週間前後が見頃かも?
雷山山頂で心地よい風に吹かれながらお昼です。少し霞んではいますが羽金山、二丈岳、浮岳など見えます。急坂を下り、上宮に着き、清賀の滝へとまた下ります。これから歩く井原山雷山中腹自然歩道は3人とも初めて歩く道です。標識を探しながらで・・・見つかりました!
e0164643_23472129.jpg
e0164643_23472596.jpg

中腹自然歩道は道ももう少し荒れているのかな?と思っていましたが、標識も要所要所にあり、迷うことはありませんでしたが、結構アップダウンがあり、下り終えた足には「もう登りはいやだ!」と言っておりました~~
e0164643_23473878.jpg
e0164643_23474347.jpg

井原山・雷山のあと一週間後の状態も気になるし、アケボノツツジ、シャクナゲも見に行かなければ・・・と気が焦りますね~~(^_-)-☆
# by nobucyansyuncyan | 2009-04-30 00:12 | 福岡県の山 | Comments(5)

岩石山と日岳へ

37回目:4月23日(木)   岩石山(454m)・日岳(589.4m)   天気:晴れ   2名
ルート:添田公園(9:25)~針の耳経由~岩石山(9:26~9:30)~奥の院(10:54~11:12)
    ~添田公園(12:00)・・・車で移動・・・日岳登山口(12:43)~日岳(13:13~13:20)
    ~北登山口(14:00)~駐車地点

岩石山のミツバツツジの咲き具合を偵察に行きましたが、ものの見事にふられました~(ーー;)  添田公園の駐車場よりいつも歩く針の耳、滝巡りコースで行きましたが、ミツバツツジはほんの少しーー。花付きがわるいのかねぇ~と話していたら、毎日のように登る方が「一週間前が良かったよ~、それはきれいだった」とのことでした。
e0164643_165203.jpg
e0164643_16521451.jpg

楽に通れる針の耳と八畳岩よりの英彦山の眺め
梵字岩に上って、四方の景色を展望し、奥の院の陽だまりで早目の昼食としました~
e0164643_17193677.jpg

日岳の登山口へと移動中、民家の庭先のシャクナゲ、ツツジが見事でしたので、ちょっとお邪魔しました(^^♪  シャクナゲの花期は過ぎていました~。その木の大きいこと!!  80歳というおじさんが脚立に上がって、来年の為に花芽をきれいに取っていました。
e0164643_172611100.jpg


油木ダム経由で英彦山に行くとき、日岳登山口を見かけます。ずーと気になっており、「ふくおか無名山」の本をみると短時間で登れるようなので、今日の2山目です。
別所駐車場から見る日岳は三角錐のきれいな山で、五木寛之の「戒厳令の夜」という小説に登場する「火岳(ほたけ)」のモデルになった山とのことです。(残念ながら、読んでません)
日岳の登山口の標識です。竹を掻き分けて入ります。
e0164643_17365570.jpg
e0164643_1737063.jpg

日岳の山頂です。大きな石の祠がありました。
e0164643_17414876.jpg

北登山口へと下山します。途中、今年初めてニョロさんを見ましたーー 相方さんがもう少しで踏むところでした(*_*;
木漏れ日の中、新緑がとてもきれいでした(^^♪
e0164643_17453095.jpg

駐車地点まで戻るとき、またまた民家の庭先に満開のシャクナゲがきれいでした\(^o^)/
e0164643_1748268.jpg

# by nobucyansyuncyan | 2009-04-26 17:52 | 福岡県の山 | Comments(1)

36回目:4月19日(日)  平尾台・貫山   天気:晴れ~!  14名
ルート:吹上峠→大平山→四方台→貫山→オキナグサ→岩山→キス岩→茶ヶ床園地

平尾台へ行きますけど・・・のお誘いで地元のがしんさん、kuriroさんと一緒に平尾台をご案内(?)しました。

自然観察センターに9時集合。自己紹介の後、茶ヶ床園地に4台デポしている間に移動して吹上峠より出発。10分も歩かない内にキランソウ、ホタルカズラ、ヒメハギのお出ましに足が止まり、早速撮影タイム。大平山までの間にヒトリシズカ、センボンヤリ、オキナグサ、ともう揃いぶみ~!!激写中のお二人さん!出会えてよかったですね~☆
e0164643_23251778.jpg
e0164643_23253765.jpg

私も真似をして、向きを変え激写して一枚!  誰かさんも真似をして???
e0164643_23301869.jpg
e0164643_23304035.jpg

遅々として歩みが進まないけど、四方台への急登を登り、貫山へ~~。 45分間の昼食タイム。日陰がなかったけど吹く風は心地よく、北九州空港や足立山を眺め、ザックに入れてきたお抹茶椀を出して、「野点」の開始で~す。皆さん、山で野点とは・・・・?とびっくりされてた様子~
e0164643_23475238.jpg

山頂での証拠写真も撮り、長崎組とは出会わないねぇ~と言っていたら、四方台の木陰でランチタイムを終えた「そよかぜさん達」とやっと出会うことが出来ました。12月7日の九重以来です。風来坊さんのお湯の提供でご希望によりまた野点の開始です(^^♪
e0164643_23481737.jpg

ドリーネの小穴、大平山とその後に福智山が見えます
e0164643_23542270.jpg

またまたオキナグサを観賞して、私のお気に入りの奥座敷「岩山」にご案内して「根性の木」「キス岩」の場所へと移動です
e0164643_23575611.jpg
e0164643_23581761.jpg

平尾台・花散策も終わり、千仏鍾乳洞へ行かれる人ありで茶ヶ床園地で解散~  とっても楽しい一日でした。ご一緒された皆さん、有難うございました。またお会いしましょう!!

時間が早かったので寄り道をして帰りました~  行橋の須佐神社(私たちは今井の祗園さんと呼んでます)横の片山さん宅で1500本のボタンの花観賞! 私は17日にお友達と行ったのですが俊ちゃんがまだ見てなかったので、もう一度・・・・
e0164643_0115534.jpg
e0164643_0122456.jpg

e0164643_0125120.jpg
e0164643_0131675.jpg

# by nobucyansyuncyan | 2009-04-21 00:18 | 平尾台 | Comments(8)

再び飯盛山・由布岳へ

35回目:4月18日(土)  飯盛山(1347m)、由布岳・西峰(1583.3m) 天気:晴れ 4名
ルート:正面登山道(8:33)→合野越(9:10~9:17)→取り付き(10:00)→飯盛山取り付き
    (11:00)→飯盛山(11:15~11:19)→飯盛山取り付き・昼食(11:30~12:00)→
    正面登山道に合流(12:50)→マタエ(13:15)→由布岳西峰(13:40~13:50)→
    塚原ルートへ(14:10)→林道(15:13)→駐車地点(15:49)→正面登山口へ
英彦山のバリハイルートを時々ご一緒しているMORIさんご夫妻と今回もまた懲りずに由布山麓の飯盛山を歩いてきました。前回のとき、合野越で休憩時、地元の方という人に塚原ルートのことを尋ねると「コースはまぁ解りやすいよ」とのことでしたので、下山口に1台デポして、正面登山口へ。
今日の由布岳です。真っ青な空、山腹にはまだ山桜が残っているようです。
e0164643_15523150.jpg

登山道にはキスミレ、エヒメアヤメ、リンドウが咲いていました。
e0164643_15554866.jpg
e0164643_1556840.jpg
e0164643_15563225.jpg





登山道から飯盛山取り付きに入り、目印の大岩目指して進みます。一度歩いた道なので順調に進んでいます。バイケイソウがチラホラと見え始めました。前回の時より随分、大きくなっています。
池代だと思います。木に取り付けられた標識ですが、見えづらいです。飯盛山の取り付きに出て、今回4人でしたのでウロウロと探しましたが、登り口はやはりよく解りません。適当に木や岩を掴み、登り始めます。
e0164643_161368.jpg
e0164643_16132626.jpg

飯盛山の山頂です。山頂標識はありませんが、GPSで測定しましたので間違いはないと思います。
e0164643_16135262.jpg

バイケイソウの園です。花が咲いているのを今度は見たいものです~。昼食を済ませ、来た道を戻っていると枯れ沢のところで人の声が・・・・?  今日、来ることは「大分の由美ちゃん」にはメールをしてましたが{まさか、由美ちゃんが・・・}   「由美ちゃ~ん」、「信ちゃ~ん」で昨年の7月にお会いして以来の再会です。
お会いするのは2回目ですが、もう?十年のお友達のような感じで~~す。
e0164643_16341531.jpg
e0164643_16343422.jpg

マタエに着き、西峰へと取り付きます。平日ではないので鎖場は渋滞ですー。
西峰で記念撮影を済ませ、お鉢廻りのコースへ。途中、塚原コースへと入り込み、樹林帯の中を下山します。
e0164643_16522782.jpg
e0164643_16525534.jpg

展望はありません。登りに使うのはしんどいかな?  ようやく林道に出ました。砂防ダムの堰堤横を通り、デポした駐車地点に辿り着き、正面登山道の駐車場へ。今からサクラソウの花を愛でに行きま~す。
キスミレ、エヒメアヤメ、バイカイカリソウ、ジロボウエンゴサクなども咲いていました~☆
e0164643_165105.jpg
e0164643_16511922.jpg

# by nobucyansyuncyan | 2009-04-20 17:02 | 大分県の山 | Comments(0)