信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

火の山連峰(ミニ八ヶ岳)を歩く

山口にて2日目の朝です。頭上には星が煌めき、予報よりいいかな??

車中泊の道具を片づけながら、朝食の準備です。雑炊の素を使って雑煮。簡単で美味しい!

セミナーパークの第8駐車場にhigeさん号をデポ。陶が岳登山口の駐車場へ移動。

8回目:1月29日(日)  火の山連峰   天気:曇りのち小雨   4名
ルート:駐車場(8:12)→登山口(8:33)→クジラ岩(8:55~9:05)→
    岩屋山・210ⅿ(9:18)→小屋(9:35~9:42)→観音山・234ⅿ
   (9:50~9:53)→陶一の岳(9:59)→陶二の岳(10:08)→陶三の岳
   (10:22)→火の山・303.6ⅿ(10:37)→梅の木山・280ⅿ(10:52)
    →遠下山・250ⅿ(11:08)→亀山・300ⅿ(11:26)→仁光寺分岐(12:09)
    →セミナーパーク(12:44)

以前あった駐車場にはきれいな家が建ち、駐車場はその横を入ったところに出来ていました。
e0164643_2029916.jpg


岩屋山への取りつきの鴻上中学校の裏手から登山開始。空がどんよりと・・・

羊歯の茂る道を歩き、クジラ岩に到着。「あれ、鎖がついているねぇ~」登りやすくなっています。
e0164643_20353152.jpg


暫し岩上で遊びます。今日は展望はよくありません。「おっ、雨が降ってきましたねぇ~」
ザックカバーを着けます。どうしようかで少し協議。取りあえず陶ヶ岳まで行くことに。

途中で見た鯨岩。
e0164643_20454745.jpg


岩屋山に到着。きれいに刈られて山頂標識もしっかりと見えます。

陶ヶ岳への道。岩には梵字や観音様などが彫られています。
e0164643_205627.jpg


陶ヶ岳広場の小屋にて休憩。またまた協議。そんなにひどい雨ではないので、このまま続行。
火の山・亀山からのエスケープルートはあるので、その時にまた考えよう。

ロープを伝って。
e0164643_2134581.jpg


以前は陶ヶ岳の標識があったところには観音山の新しい標識。
e0164643_2141010.jpg


higeさん、mamaさんとエルちゃんの記念撮影。あまり横へ行くと危ないよ~~

振り返りみる陶ヶ岳の岩場。岩登りの練習や懸垂下降をした場所です^^
e0164643_2125482.jpg

一の岳~三の岳までありました。

火の山山頂。雨も上がり、このまま進むことに。

梅の木山・遠下山と立派な標識が。亀山山頂に到着。セミナーパークへ下らずに仁光寺方面へ。
e0164643_2129044.jpg


これからの岩場下りが面白いのですが、今日は雨に濡れていますので、慎重に下ります。

写真を撮るも、レンズが曇ります(>_<)
e0164643_21432571.jpg


e0164643_21434512.jpg


無事に下山。低山だけど変化があって大変面白い山です。
e0164643_21475593.jpg


デポした車に乗り、陶ヶ岳の駐車場へ。車の中で昼食タイム。止んでいた雨も降りだし、雨足も強くなりました。

丁度いい時に下山できたようです(*^^)v

長沢ガーデンで冷えた身体を温め、ほっこりと~~

higeさん、mamaさん、エルちゃん、2日間、お付き合いいただき、感謝です<(_ _)>

今回の軌跡です。
e0164643_2222518.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-01-31 22:03 | Comments(10)

石畑峠~竜王山縦走(山口県)

higeさんからのお誘いで、ネットのお仲間との山行に参加してきました。

higeさんが山口県の竜王山をまだ登ったことがないというのでその企画となったようですが、長~~い縦走コース。以前歩いたのは深坂からですので、今回は逆コース(地図の鬼ヶ城から先がまだあります)
e0164643_22362768.jpg


今回の主催者の「のんびりさんご夫婦」とは「国東のじなしさん」を通じてお名前は存じていますが、まだお顔を拝見したことはありません。

「友達の友達は皆友達だ!」の私ですので、「よろしくお願いしま~す」

お天気を見ての山歩きですので、土曜日・日曜日、そして土曜日(28日)に最終決定。

7回目:1月28日(土)  北浦スカイラインのお山   天気:晴れ   9名
ルート:石畑峠・220ⅿ(9:04)→正月ヶ峰・321ⅿ(9:36)→白滝の頭・422ⅿ
  (10:08)→狩音山・577ⅿ(10:55)→鬼小屋(11:24)→鬼ヶ城・619.6ⅿ
  (11:40~12:20、昼食)→広瀬こぶ・473ⅿ(12:52)→汐見岩・473ⅿ(13:11)
   →吉見峠・260ⅿ(13:41~13:47)→竜王山・613.9ⅿ(14:51~15:07)
   →雄鋤先山・583ⅿ(15:27)→雌鋤先山・490ⅿ(15:44)→シダキ場山(16:26)
   →深坂駐車場(16:54)

9時集合ですが、皆さん早めに集合。登山準備をして車を2台デポ。石畑峠に2台で移動します。

出発地点にあるお地蔵さまにご挨拶をして、さぁロング縦走の始まりです。

9:19、「川棚のタコ踊りの木」に到着。以前は標識があったような・・・
e0164643_2331163.jpg


いきなりの急登を登ると正月ヶ峰に到着。ふぅ~~
e0164643_2353635.jpg


白滝の頭に着きました。道も少し整備され、標識も立派になっています。
「親子の絆」の木。以前のブログの記事を見ると、ちゃんと写真を撮っていましたね^^
e0164643_23111342.jpg


狩音山(かろうと山)。先はまだ長い。行動食を補給。

刈り払われた名もないピークから見た鬼ヶ城。目の前にグンと急な坂が~~。
「今からあれを登るんだぁ~」
e0164643_23185558.jpg


途中の分岐にある「鬼小屋」 さぁ もうちょっと頑張ろう!

やっと鬼ヶ城に到着。まだ半分まで来ていませんが青空の下で昼食。昼寝をしたい気分(^^♪
ここで「じなしさん」とのエピソードを皆さんにご披露^^

重い腰を上げて縦走の開始。この坂を下るの~の激下り。広瀬コブ。汐見岩に到着。
前回の逆コースの時はここでランチタイムでした。
e0164643_23292159.jpg


吉見峠に到着。ここで水分補給。結構気温も上がっています。今からまた急登の始まり。
気合を入れなおします。ガンバ・ガンバ!!  エルちゃんに癒されます(^^♪
e0164643_944437.jpg


竜王山に到着。ここまではランの方2名にお会いしただけでしたが、ようやく数名の登山者に。
前回来たときは干支の山に登ろうで竜の名のつくこの山に、下関在住の山友さんと今回の逆コースで歩いたねぇ~と相方さんと思い出話。
e0164643_952031.jpg


山頂での集合写真(のんびりさんより送っていただきました)
e0164643_956121.jpg


雄鋤先山・雌鋤先山へのアップダウン、そしてシダキ場山の三角点タッチ。
e0164643_1055436.jpg


長い行程の終了、深坂駐車場へ無事に帰り着きました。
e0164643_1061720.jpg


e0164643_10112848.png


デポした車に乗り込み、出発地点の石畑峠へ。ここでご一緒した山口のメンバーさんとはお別れ。

いろいろと有り難うございました。今、腰痛持ちの身ですのでゆっくりとしか歩けず、皆さんにご迷惑をおかけしたのでは~と思いますが、とっても楽しかったです。

「今から登山開始よ~」急坂のロープ場では「やったぁ~ロープだ~!」と楽しい会話。励みになりました^^

また機会がありましたらよろしくお願いします。

さてさて、山口のメンバーさんとお別れした後は、川棚温泉で汗を流し、明日登る予定の火の山連峰近くに移動。ここで車中泊。

持参のレトルトのカレーを温め、higeさん号で宴会の始まりです^^

higeさんいわく、「今日のコースがこんなにハードだったとは~、信ちゃん何も言わなかったのでエルを連れて来たんだけど~~」

だけどね、置いてはなかなか来れないですよねぇ~(^_-)-☆
by nobucyansyuncyan | 2017-01-31 10:49 | 中国地方の山 | Comments(14)

大雪の英彦山

前日の夕方、山友の「中間の宮ちゃん」よりメッセージが入る。

「明日、山帽子さんと滝巡りに行こうかと思っています。8:30大任の道の駅で待ち合わせています」

「了解、9時ごろ別所駐車場で待っています。」higeさんも到着していて準備をしていると、常連の嘉麻市のMさんやSさんご夫妻が~~。

皆さん、思いは同じですね。久し振りの出会いです(^^♪ 

新年の挨拶を済ませていると、ようやく到着。

おや、一人見慣れたお顔の方が・・・「ふたすじさん」です。英彦山駅でバスを待っていると、丁度タイヤチェーン装着に寄られた宮ちゃん号に相乗りさせてもらって~とのこと。

雪が多いです。今日の英彦山山頂。
e0164643_22373646.jpg


6回目:1月24日(火)   英彦山   天気:曇り時々晴れ   6名
ルート:別所駐車場(9:33)→奉幣殿(9:58~10:03)→行者の滝(11:25)
    →登山道に合流(12:00~12:10)→中岳(13:05~13:32)→北西尾根
    →モアイ像(14:16~14:20)→合流(14:53)→別所駐車場(15:31)

嘉麻市のMさんはボッカ道を行くとのことで、奉幣殿裏でお別れ。

奉幣殿でお参りを済ませ、言い出しっぺの宮ちゃんを先頭に、さぁ出発です。
今日のメンバーは宮ちゃん・山帽子さん・higeさん・ふたすじさん・私どもの6人です。
e0164643_1095410.jpg


今日のリーダーは宮ちゃん。リーダーより前に出ては行けませ~~ん(^^♪
e0164643_10115226.jpg


行者の滝への取りつきからは全くトレースなし。だんだん雪も深くなってきました。
宮ちゃんも頑張って先頭を歩いています。時々後ろから「もう少し真っ直ぐ行ってから左へ~」などと声をかけます。
「先頭交代しましょうか」  返答せずに頑張ってます(*^^)v

行者の滝に到着。着雪していて全く滝らしくありません。2~3日後がいいかもねぇ~
e0164643_10182292.jpg


e0164643_10184530.jpg


道なき道を進み、正面登山道に合流。ここで12時。ちょっとおやつタイム。
あら、もう嘉麻市のMさんは下山されています。「またお会いしましょうね~」

ここから雪景色が素晴らしく、なかなか足が前に進みません。足にも疲れが出てきてますし・・・
e0164643_1023955.jpg


寝ころんで写真を撮ったり~~
e0164643_10232786.jpg


正面登山道の石段が全く見えません。気持ちいい~~\(^o^)/
e0164643_102909.jpg


e0164643_10292518.jpg


e0164643_10294860.jpg


e0164643_10301185.jpg


e0164643_1030302.jpg


13時過ぎにやっと中岳に到着です。するとhigeさんが「信ちゃん、nacchiさんが来てるよ~」

いつもブログを拝見して、いつかお会いしたいなぁと思っていました。「初めまして~」

ところが初めてではないとのこと。くじゅうで私どもが例の平尾台スタイルの、傘をさして歩いているところで出会ったとのこと。「まぁ、それはどうもすみません^^」

程よく空いた休憩所でお昼を食べ、下山は北西尾根経由で。

犬ヶ岳方面も雪が多いようですね。
e0164643_10442118.jpg


青空がのぞき、上空にはサンゴがた~くさん!!
e0164643_105231.jpg


途中から悪魔のささやき・・・higeさんが「信ちゃん、モアイ像へは?」
「そうねぇ、私も思っていたから行こうか~」 先頭を歩いていた宮ちゃんに言って、そこからは相方さんがトップ交代。

ここも全くトレースがありません。石の間に挟まったり、滑ったりしながら~~
e0164643_1051141.jpg


モアイ像に到着。雪化粧をしています(^_-)-☆
e0164643_1111294.jpg


登山道に出合い、ボッカ道を進み、奉幣殿裏手へ。

いつもの道を通り、別所駐車場へ。

宮ちゃん、声掛け有難うございました。

楽しい・楽しい雪の英彦山を満喫しました\(^o^)/
by nobucyansyuncyan | 2017-01-26 11:10 | 英彦山系 | Comments(8)

今季お初のくじゅうへ

本来、22日は宝満山~英彦山の峰入りの最終回の歩きだった。

だが、21日の夕方に「日曜日の天気が雨」とのことで延期となった。

higeさんと「どこかへ行きますか~」ということになり、「くじゅうの凍った御池へ行きましょうか」

5回目:1月22日(日)   くじゅうの御池    天気:雪   4名
ルート:牧ノ戸駐車場(8:58)→扇ヶ鼻分岐(10:10)→避難小屋
   (10:36~10:47)→御池→池の小屋(11:16~11:44、昼食)→
    扇ヶ鼻分岐(12:35)→牧ノ戸駐車場(12:54)

8:30に牧ノ戸駐車場にて待ち合わせ。長者原にてトイレ休憩のため立ち寄ると山友さんのカントさん御一行が。会の山行で吉部から大船山へ行くとのこと。新年の挨拶を済ませ、我々は牧ノ戸駐車場へ。信号待ちしていると丁度higeさんとスライド^^

準備を済ませ、アイゼンを装着して9時前に出発です。コンクリートの道も雪の中です。
e0164643_13375455.jpg


お天気が良ければ展望所から阿蘇の涅槃像も見えるのですが、全く何も見えません(>_<)

霧氷のトンネルを抜け、扇ヶ鼻分岐へ。さむ~~い!
e0164643_13502451.jpg


避難小屋で小休止。行動食で少しお腹を満たせます。寒いので皆さん小屋の中へ。入れ替わりに御池へと出発です。
e0164643_13554647.jpg


小屋を出てからは風の通り道。御池までの間は風がビュービュー。時々ストックで身体を支えます。
e0164643_142495.jpg


e0164643_1431257.jpg


御池も凍っています。が、ホワイトアウト状態で回りは何も見えません。

池の上を歩いていると、風で端へ、端へと押しやられます。
e0164643_1465545.jpg


池の小屋でランチタイム。カップ麺とレモネードで暖まります。やはりここも登山者が入ってきます。入れ替わりに私どもは退散。ビュービューと風の音が大きい。相方さんも吹き飛ばされそう。
e0164643_14154878.jpg


今日はピークハントはなし。このまま来た道を帰ります。

早く帰ってお風呂に入り、いっぱい飲んで、前夜から煮込んだおでんを食べよう~

ずーと雪が降り続いていたので、行きがけのトレースの上に新たな雪が。

霧氷も大きくなっています。三人三様の姿です(^_-)-☆
e0164643_14183718.jpg


おっ、mamaさん激写中(^^)/
e0164643_1419764.jpg


凍てつく「くじゅう」
e0164643_14204938.jpg


e0164643_1421875.jpg


沓掛山への登りがきつい! 二人の姿が辛うじて見えます。
e0164643_14282347.jpg


強風に耐え、無事に下山。
駐車場の近くでは子供さんたちがそり遊びをしていました。

higeさん、mamaさん、今季お初の雪のくじゅうを存分に味わいました。
いつもありがとうございます。
by nobucyansyuncyan | 2017-01-23 14:35 | 大分県の山 | Comments(16)

四王寺の滝・行者の滝へ

14・15日と冷え込みが続き、雪も多少降ったので、そろそろ滝も凍っているのでは~~

山友さんも15日の滝の様子をFBに出していた。「うーん、いまいちかな?」だけど水曜日から暖かくなりそうだし、「今日しかない!!」で出かけてきました。

4回目:1月17日(火)   英彦山    天気:晴れ   3名+1名
ルート:別所駐車場(9:17)→奉幣殿(9:37~9:42)→四王寺の滝取りつき
   (10:22~10:26)→四王寺の滝(10:58~11:16)→南岳(11:59)
    →中岳(12:16~12:48)→行者の滝(13:39~13:54)→奉幣殿
   (15:00)→別所駐車場(15:18)

四王寺の滝
e0164643_2016313.jpg


9時にhigeさんと別所駐車場待ち合わせ。米の山峠を越えるのが大変だったと。

私どもは油木ダム経由でしたが、津野集落を過ぎて別所駐車場への道が途中から雪道に。相方さんが慎重に運転。

ザックにアイゼンを入れて、9:17出発。奉幣殿でお参りを済ませます。

南岳方面へと進む。積雪は3㎝程。思ったほど雪はありません。滝へと取りつきます。

積雪は5~6㎝になってきました。滝手前でyamahikoさんご夫妻にお会いする。先日はお留守のようでしたので、ここで新年のご挨拶。「今年もよろしくお願いします!!」

平日ですので登山者も少ない。ゆっくりと見物。
e0164643_2034302.jpg


e0164643_20345110.jpg


e0164643_20351953.jpg


yamanbaさんが写真を載せていいですか~で、yamahikoさん・higeさんと一緒に。帰ってからyamahikoさんのブログを覗くとしっかりと載っていました~~(^^♪

因みに2011年1月25日にyamahikoさんたちと滝に取りついたときの写真。「幻の滝」と言ってました。まだメジャーになる前です。この時の滝が最高!!
e0164643_20553620.jpg


e0164643_2056023.jpg


e0164643_2056185.jpg


すごいでしょう!! このような氷瀑にまたいつ出会えるのか~~

南岳への取りつきの前に滝の横でアイゼン装着。相方さんは少し上がったところでアイゼンを装着。

相方さんと同じところでアイゼンを着けているお方が、どうも見知った方のようで「ケルンさん?」

お話をしながら登り、私どもが帰りは行者の滝へと行くというと、ご一緒していいですか~

もちろんOK。お仲間さんが増えました^^

辛うじて残っていた霧氷が・・・  写真に納めます。
e0164643_20494746.jpg


e0164643_2181674.jpg


南岳・中岳へ。上宮からの展望も今日はよかったですね。雲仙・普賢岳、そして経ヶ岳も。

九重方面に見やるとしっかりと見え、阿蘇の涅槃像も見えています。

中岳の休憩所で昼食を済ませ、正面登山道を歩き、行者の滝へと下ります。

四王寺の滝より氷結は進んでいるようで・・・\(^o^)/  4人の貸し切りです^^
e0164643_21101373.jpg


e0164643_21102887.jpg


名残を惜しんで~~(ケルンさん、相方さんの写真を掲載します・・(^^♪)
e0164643_21122522.jpg


これは2015年2月7日と13日の写真です。
e0164643_21173831.jpg


e0164643_21183083.jpg


奉幣殿でY宮司さんにバッタリ。先日ご挨拶に社務所へ立ち寄った時はお休みとのことでお会いできませんでした。新年のご挨拶を。

15:18、無事に別所駐車場に戻ってきました。同行のケルンさん、higeさん、お疲れ様でした。

今日も楽しい一日でした。またのお付き合いをよろしく~~
by nobucyansyuncyan | 2017-01-18 21:30 | 英彦山系 | Comments(10)

鶴見岳へ

干支の山(酉ではなく、鳥さんですが・・)鶴見岳へ。
e0164643_13394133.jpg


熊本の山友、Mishan御一行が干支の山巡りで福岡県の鳥屋山に続き、大分の鶴見岳へお出かけというので、「ご一緒したいのですが~~」と参加表明。higeさんご夫妻も一緒です。

9時過ぎに神社の駐車場にて待ち合わせ。8時半過ぎに着くと、福岡からの参加者2名は待機中。

準備をしていると、higeさんご夫妻、T&Mさんも到着。そうこうしていると熊本組が到着。

新年の挨拶をして、さぁ出発です。 火男火売(ほのおほのめ)神社でお参りをします。

3回目:1月14日(土)  鶴見岳(1175ⅿ)  天気:曇り   12名
ルート:駐車場(9:14)→神社(9:27)→林道(9:46)→分岐(10:00~10:10)
    →ロープウェイ山上駅(11:03~11:14)→昼食(11:21~11:43)→鶴見岳
    (11:48~11:56)→馬の背(12:15)→西の窪(12:27)→南平台
    (12:49~13:03)→踊り石(13:16)→分岐(13:37)→駐車場(14:13)

e0164643_1410739.jpg


まだ雪はありません。一気登山道ですがゆっくりと進みます。
e0164643_14103827.jpg


南平台との分岐に到着。そのまま山頂方面へ。下山はここで合流です。
e0164643_1419492.jpg


少し雪道になってきました。積雪1㎝。

ロープウェイ山上駅でトイレ休憩。やはり建物の中は暖かいですね。
山頂への途中にある建物の軒先で昼食タイム。カップ麺が美味しい~~です。
e0164643_14214146.jpg


あっという間に霧氷が~~  山頂にて今年の干支の初登りの記念撮影^^

Mishanが集合写真を撮りましょう、で準備をしていると、いつものトレードマークの帽子ではありませんでしたが、見た顔の方が^^

「外西さん?」やっぱりそうでした。ご一緒に記念撮影に加わっていただきました。
e0164643_14451769.jpg


生まれたての霧氷がきれい!!だが青空が・・・ 外西さんはもう少し粘ってみるそうです。

鞍ヶ戸への道筋・馬の背。これから先へは進めません。南平台へ。
e0164643_14503316.jpg


西の窪に到着。ここから南平台へは少し登り返します。
e0164643_1455355.jpg


南平台からは由布岳が目の前に。志高湖・高崎山・城島遊園地などが見渡せます。

由布岳は真っ白。少しトリミングしてみました。
e0164643_1522574.jpg


集合写真を撮っていると、Mishanの三脚が強風で2度倒れました。
e0164643_14584761.jpg


踊り石へと立ち寄り、合流地点の分岐へ。これでぐるっと周回しました。

ここからは朝と同じ道を歩きます。神社に立ち寄り、無事下山のご挨拶を。
石段にある灯篭は倒れたまま。先の地震の影響ですかね。
e0164643_14591295.jpg


皆さんとお別れし、higeさん、mamaさんと今年お初の顔合わせでしたので、お茶タイム。

由布岳が目の前。まだ白い~~です。
e0164643_15242437.jpg


新年早々の干支の山歩き。とっても楽しい一日でした。皆さんに感謝です!!

今回の軌跡。
e0164643_15315487.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-01-16 15:36 | 大分県の山 | Comments(10)

始動開始・・英彦山へ

1日の御来光登山以来の山歩きです。

一月は何だか忙しい。火・金曜日の燃えるゴミ。水曜日の不燃物。第2日曜日(今月は1日が日曜日だったので、第3日曜日の15日)が資源ゴミ収集の当番。

ゴミ収集車が回収した後のゴミ置き場の掃除。6日は今年初のゴミ回収でしたが、置き場に山と積まれ、早くに出す方もおられ、袋が破かれ、残飯などが出て片付けも大変でした。

そんなこんなで出かけようと思うと天気が悪いし~で、やっと今日、出かける気になりました。

2回目:1月12日    英彦山   天気:曇り   2名
ルート:豊前坊(9:33)→高住神社(9:36)→北岳の肩(10:26)→北岳
   (10:43~10:46)→中岳(11:10~11:32、昼食)→行者堂(11:44)
    →ベンチ(12:24)→別ルートへ(12:30)→ボッカ道に合流(12:36)
    →奉幣殿(12:53)→別所駐車場(13:23)

別所駐車場に車を置き、町営バスにて豊前坊へ。乗客は私どもを入れて5人。1人が鷹ノ巣ホテルで降りて4名。豊前坊からのほかの登山者もなく静かです。豊前坊の気温は-3度。
e0164643_2142219.jpg


I権禰宜さんに新年の挨拶をし、おみくじを買い求めて出発です。雪は全くありません。
e0164643_2146431.jpg


シオジ林も冬枯れの状態です。「溶岩の壁」は少し長めのつらら。木の階段の手前はやはり凍っています。ここは注意して歩きます。
e0164643_2150522.jpg


北岳近くの定点観測。雪景色は素晴らしいのですが・・・
e0164643_21534811.jpg


中岳の休憩所はどなたもいません。豊前坊から抜きつ抜かれつの若者一人が来て3人だけです。

早いですが、おにぎりとカップ麺で昼食です。常連さんも姿をみせず・・

今日は正面登山道を下ります。
e0164643_2159064.jpg


e0164643_2263048.jpg


東屋が取り除かれ、新しくベンチが設置されていました。

ベンチから少し下ったところに何やら道がありました。これは何処に通じるのかな? またしても好奇心? 決して歩きやすい道ではありませんでしたが、ボッカ道に合流してました。
e0164643_2281550.jpg


奉幣殿でお参りをして、交通安全のお守りを買い求め、Y宮司さんにご挨拶をと社務所へ行くと今日はお休みとのこと。
e0164643_2220775.jpg


いつものように土産物店のおばちゃんにご挨拶をし、yamahikoさん宅はお留守でしたので・・・

やっと例年通りの「我が家の新年の幕開け」です。

今日の軌跡です。
e0164643_22321335.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-01-12 22:38 | 英彦山系 | Comments(12)

2017年の御来光登山・・馬ヶ岳

皆さま、明けましておめでとうございます。

  本年もよろしくお願いいたします。


1日はお天気もよさそうで、きれいなご来光が見られるのではで昨年同様、黒田官兵衛ゆかりの里山、馬ヶ岳へと御来光登山に出かけてきました。

登山口まで車で10分弱。みやこ町犀川の二児神社(ふたごじんじゃ)から取りつきます。

1回目:1月1日    馬ヶ岳    天気:晴れ    2名
ルート:二児神社登山口→馬ヶ岳→二ノ丸→二児神社登山口

e0164643_16312972.jpg


今年は雲も多く、昨年より悪かったような~~ 素晴らしい日の出を拝みたかったのだけど・・

ヘッドランプを付けて、足元は二人とも長靴です。

昨年は娘も行ったのですが、「今年はいいよ~~」と行く気なしのようです。

分岐に着いて、時間も早いので先ずは馬ヶ岳の山頂へ。10人ほどの先客ありです。

我々は分岐まで戻って二ノ丸へ。三角点はここにあります。

切り開かれて展望がよくなっています。もう20~30人ほどが待ち構えています。

温かい紅茶を飲んで、日の出を待ちます。風がないので雲も動いてくれません。

7:19、ちらっと見えました(^_^)/
e0164643_16502971.jpg


すっきりとした御来光ではありませんでしたが。。。今年一年よろしくお願いします。
e0164643_16514763.jpg


我が家に帰り、新年の始まり~~  恒例の我が家のおせちです。

英彦山・高住神社で買い求めたお神酒と干支の置物を添えて・・・
e0164643_1735492.jpg


あとはなます・お煮しめ・ぜんまいの煮物(銭が舞うように・・母がよく言って作ってました)
きんとんは安納芋で作ってみました。黒豆も柔らかく出来ましたよ^^

今年は酉年。干支の山は何処かな? 多分 寺内ダム近くの鳥屋山(とやさん)かな・・・
by nobucyansyuncyan | 2017-01-01 17:12 | 福岡県の山 | Comments(24)