信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

宮崎観光・・クルスの海、馬ケ背他

一日目の山が予定時間より早く終わったので、宮崎観光へ。

本来なら、一日目は丹助岳・矢筈岳。二日目は冠岳・宮崎観光でした。

けど、天気予報では明日は(27日)雨の確率100%。では、そうしましょう!!

矢筈岳下山の後、日向・細島へと向かう。
願いが叶う「クルスの海」
e0164643_22542163.jpg


e0164643_22544167.jpg


e0164643_22545721.jpg


higeさんとお孫さん(??)のかくれんぼ
e0164643_22555043.jpg


e0164643_22564469.jpg


移動して「馬ケ背」「細島灯台」へ。
ハマナデシコ、ホソバワダン
e0164643_22585790.jpg


e0164643_22591781.jpg


16:30に「日向サンパーク」へ。受付を済ませ、コテージ「サルスベリ」へ。
荷物を入れ、2階の広間に早々とお布団を敷き、「お舟出の湯」へ。
お風呂はまったりとして気持ちよかったですね。露天風呂があれば申し分ないんですが・・・
e0164643_237187.jpg


夕飯は鴨鍋と信ちゃんお手製の餃子。おいしかった~~!!

それこそ、よく食べ・よく飲み・お話も弾みました~~(^^♪

二日目の27日は6:30に起床。外は雨。冠岳(少しの雨なら行縢山)の予定でしたが、結構な雨でしたので、山は無し。山帽子さんの提案で愛宕山へ。そしてネットで調べた熊野江神社のヤッコソウ鑑賞へ。
e0164643_23151165.jpg


e0164643_23153011.jpg


ヤッコソウはもう終盤(11月の初めごろがベストかな)でしたが、皆さんお初だったので喜んでいました。私どもは以前、鹿児島の刀剣岳へわざわざ見に行きました~~

道の駅「かまえ」で海鮮丼をいただきました。とっても美味しかった~です。

ここでhigeさん、mamaさん、エルちゃんとお別れです。

2日間お世話になりました。とっても楽しい宮崎の山旅でした。
by nobucyansyuncyan | 2016-11-29 23:49 | 宮崎県の山 | Comments(8)

矢筈岳へ

続きです。  帰りの展望所から見た矢筈岳です。
e0164643_1625323.jpg


丹助小屋にて昼食を済ませ、矢筈岳登山口まで狭い林道を車で移動します。

ルート:矢筈岳登山口(11:31)→鞍部(12:00)→東峰(12:12~12:19)
    →鞍部(12:28)→西峰(12:40~12:43)→東屋(13:06)→
    矢筈岳登山口(13:21)

登山口からゆっくり下って~ ここから眺める丹助岳、鋭角でかっこいいですね!!
天狗岩も見えるし、岩壁の途中にある伊佐賀神社の所在地も見えてます。
e0164643_16342866.jpg


ここは私どもも含めて、皆さんお初の山です。地図を確認しながら進みます。

山頂(666ⅿ)に到着。丁度登ってきた若者グループに集合写真を撮っていただきました。
e0164643_16444915.jpg


エルちゃんも「登ってきたなぁ~」の言っているのかな?? 前方に比叡山が見えてます。
e0164643_16455234.jpg


さぁ、鞍部まで戻ってきました。私どもとhigeさの夫婦は西峰へと進みます。
高所恐怖症の宮ちゃんはここから来た道を戻るとのこと(西峰・キケン)。山帽子さんもお付き合いで戻ることに~~

ロープを伝いながら進むと、西峰に到着。下に降りる道がある筈だけど・・・下を除くと絶壁です。
するとhigeさんが踏み跡がありますよ~~
e0164643_16552032.jpg


足場の狭いロープ箇所を最大の注意を払って下ります。
e0164643_16583228.jpg


「エルを車に置いてくればよかった~」とhigeさん。
e0164643_165922.jpg


e0164643_171621.jpg


東屋があり、チョークストーンもあり~の変化にとんだ登山道でした。

4人とも怪我なく無事に下山。あぁ~よかったねぇ~~!!

一足先に登山口に着いていたお二人とも再会。

この道は上りに使うべきで、下りはしんどかったですねぇ~~

西峰です。山頂を少し巻いてあの岩場を下りたのよねぇ(@_@)
e0164643_17658.jpg


今回の軌跡です。
e0164643_1773779.jpg

by nobucyansyuncyan | 2016-11-29 17:10 | 宮崎県の山 | Comments(4)

丹助岳へ

山帽子さんが山友さんたちと早めの忘年会にと予約していた日南のコテージ。

皆さん、都合が悪くなりキャンセルしなくては~~と山歩きの時に話していました。

それじゃそのコテージに泊って、宮崎の山歩きをしましょうか~~ということになりまして(^^♪

106回目:11月26日(土)  丹助岳(815ⅿ)  天気:晴れ   6名
ルート:登山口(9:12)→展望台へ→天狗岩への分岐(9:35)→丹助岳
   (10:06~10:17)→分岐・神社へ(10:33~10:42)→登山口(10:55)

天狗岩にて
e0164643_2118105.jpg


9時に道の駅「星雲橋」にてhigeさんご夫妻と待ち合わせ。

山帽子さん、中間の宮ちゃんは我が家に集合。5時には出発予定でしたが、早めに到着。4時半過ぎに我が家の車で出発。耶馬渓・玖珠・瀬の本・高森と一般道を走ります。

瀬の本を過ぎたところで、周りの木々が白~~い。霧氷です。今季初です^^
e0164643_21314666.jpg


宮地駅手前でトイレ休憩。するとバルーンが2機。「今、無料で乗れますよ~」「待ち時間は?」
「まだ早朝なので15分ぐらい」「乗る時間は?」「5分間です」

乗ってみたかったが、待ち合わせの時間があったので、残念ながら諦め・・・

高森にて根子岳を眺める。今回の地震で天狗が崩壊しているのが肉眼でも見られます。
e0164643_21411518.jpg


星雲橋に8:30到着。休憩後、丹助岳登山口へと移動。宮ちゃん・higeさんご夫妻はお初の山です。
e0164643_214411.jpg


展望所へ。戸川岳・二つ岳・釣鐘山などが見えます。大崩山は雲の中。
e0164643_220851.jpg


分岐より天狗岩へ。天狗岩で少し遊びます(^^♪
e0164643_222950.jpg


e0164643_2222544.jpg


higeさんとエルちゃんは私と一緒に岩峰伝いに。他の方は天狗岩を一旦下りて巻き道経由で合流します。山頂に到着。この後行く矢筈岳が眼前に聳えています。
e0164643_2241213.jpg


おっ、先ほど登った天狗岩が見えます。落ちなくてよかったです。。。
e0164643_22183315.jpg


「広場」の標識を左に進みます。急坂です。そして分岐から伊佐賀神社へと行ってみます。
e0164643_22233443.jpg


e0164643_22243240.jpg


無事に下山。時間は早いけど丹助の小屋をお借りして昼食タイムです。

今回の丹助岳の軌跡です。
e0164643_2240245.jpg

by nobucyansyuncyan | 2016-11-28 22:43 | 宮崎県の山 | Comments(6)

ゲンカイイワレンゲを求めて

山友さんが11/7に下見に行かれた時は、まだまだのようでしたので~~

もうそろそろ咲いているのでは、で海辺へとお花を求めて出かけてきました。

e0164643_20284786.jpg


e0164643_20304148.jpg


2年前に案内していただき、初めてのお花にワクワクしたものでした^^

その時はリュウノウギクなども見たのでしたが、今回 2年前と同じコースを歩きましたが探しようが足りなかったのでしょうか、見当たらず・・・

シマカンギクだけはた~くさん咲いていました。

e0164643_20394013.jpg


e0164643_2040329.jpg


e0164643_20402697.jpg


e0164643_20411571.jpg


e0164643_20432964.jpg


e0164643_20434837.jpg


2年前は12月11日に行っていますので、機会をみてもう一度足を運んでみましょう!!
by nobucyansyuncyan | 2016-11-24 20:57 | お花 | Comments(2)

宝満山七窟巡り

今年は宝満山~英彦山の峰入り。
近畿の大峯奥駈け道・弥山・八経ヶ岳などと峰入り山行が続きました。

そして今回は宝満山の七窟を巡ろうというポンちゃん企画。

105回目:11月20日(日)  宝満山   天気:雨のち曇り   8名
ルート:駐車場(7:56)→竈門神社(8:03)→愛嶽山(8:42)→かもしか新道
    →大南窟(9:32~9:50)→福城窟(10:45~10:50)→益影の井→
    法城窟((11:00)→剣の窟(11:45~11:59)→金の水(12:09)
    →普池の窟(12:18)→うさぎ道へ→釜蓋窟(12:40~12:45)→
    キャンプ場(13:04~13:44、昼食)→羅漢道へ→宝塔窟(14:22)
    →正面登山道に合流(14:48)→閼伽(あか)の井(14:58)→徳弘の井
   (15:20~15:28)→駐車場(16:08)

我が家を5:53出発。早朝でしたので道路も空いており、一段下の駐車場には7:20到着。
いーさんと風来坊さんがバス「まほろば号」で到着。ガック隊長も来られて準備をする。
ポンちゃんとhige夫妻はもう一段下の駐車場とのことで、皆さん集合して今日の行程をポンちゃんが説明。その時まではどんよりとはしていたが雨ではありませんでした。

トイレを済ませて外へ出ると雨が・・・かなり激しく降り出しました。
雨具を着用して出発。竈門神社に今日の安全登山をお願いします^^

e0164643_13285269.jpg


愛嶽山(おだけさん)経由で鳥追峠へ。雨も上がったので山頂手前で衣服調整。
e0164643_13422399.jpg


そしてかもしか新道経由で大南窟へ。ちょっとわかりづらい場所にありましたが、それは岩峰の立派な窟でした。上にあがれるとのことで、上がってみました。展望も素晴らしい!!
e0164643_13485967.jpg


e0164643_13491699.jpg


雨上がりで滑りやすい道を進み、少し険しい道となり・・・福城窟へ。梵字がありました。
e0164643_13534352.jpg


e0164643_13542698.jpg


キャンプ場手前にある法城窟へ。
e0164643_1356641.jpg


せっかく山頂近くまで来たのに、これから下ります。剣の窟へ。
e0164643_13584919.jpg


金の水へ。そして普池の窟へ。
e0164643_14104138.jpg


一旦 縦走路に出合います。そしてうさぎ道へと進み釜蓋窟へ。この頃から腰に痛みが走り、歩くのがきつかった。釜蓋窟へは行かずに待っていようかな~~なんて思いが一瞬よぎりましたが、もうちょい頑張ろう!
e0164643_14203052.jpg


キャンプ場へと行き、小屋で昼食休憩。紅葉はもう終わりですね。
e0164643_14222589.jpg


宝満山の山頂は踏まず、羅漢道へと進みます。この道は何度か歩いたことがあります。
伝教大師「最澄」が修行されたといわれる場所です。伝教大師窟が宝塔窟のようです。
e0164643_14281251.jpg


正面道に合流。中宮を過ぎ、閼伽の井へ。さらに下って徳弘の井。ここで小休止。
e0164643_1430559.jpg


探し物を探し当て、竈門神社に無事到着。「紅葉祭り」とのことでたくさんの人・車。
e0164643_14333370.jpg


今回のルートです。
e0164643_14593262.jpg


腰から足にかけての痛みも何とか終了までもってくれました。

どうにか皆さんに迷惑をかけずに済みました。

企画していただいたポンちゃん、下見などしていただき、有り難うございました。
英彦山にしろ宝満山にしろ、奥が深いですね~。

同行の皆さん、どうもお世話になりました<(_ _)>

2008年から始めたこのブログ、今日で丸8年になりました。
自分のことながら、よ~く続いているもんだなぁと思っています。

このブログをご覧いただいている皆様、有り難うございます。感謝です!!
by nobucyansyuncyan | 2016-11-22 15:18 | 福岡県の山 | Comments(14)

野垰から一ノ岳へ

お天気もよさそうだし、何処へ行こう!

宝満山は20日に行くし、英彦山は先日行ったばかりだし、福智山へ行こうか~~と決定。

だが、前日に相方さんが野垰から犬ヶ岳へ行こうかと変更。

以前、求菩提方面へと歩いたときの紅葉があまりにも素晴らしかったから(*^^)v

104回目:11月17日(木)   一ノ岳   天気:晴れ   2名
ルート:野垰(9:10)→一ノ岳(11:55~12:20、昼食)→林道へ(12:50)→R496へ
   (14:20)→野垰(14:35)

野垰登山口に着いたときは我が家の車のみ。平日だし、静かな山行が楽しめますね^^
e0164643_14314947.jpg


№8の表示板を出発。石楠花の穴場なんですが、蕾は少ないかな??

谷間の紅葉を愛でながら~~
e0164643_1436311.jpg


e0164643_14362562.jpg


e0164643_14364062.jpg


頭上の紅葉ばかりではなく、足元を見ると「スッポンダケ」。丁度写真を撮っていると、野垰へと向かう登山者とすれ違う。「なんのキノコなんでしょうかね?」「多分、スッポンダケかアミガサタケの類ではないでしょうかね」卵も何個かありました。

お話を伺うと在籍していた山岳会の他支部の方でした。晩餐会の話やら山のことなど話が盛り上がりました。日本の山はほとんど登り、外国の山も多数いかれているとのことでした。これから英彦山まで歩かれるとのこと。ほんとの山男という感じでした。

e0164643_1514449.jpg


e0164643_157464.jpg


落ち葉を踏みしめながら進むと木の根元にキノコが。これは何でしょうかね。
e0164643_1584890.jpg


一ノ岳に到着。真新しいベンチで昼食。ここまでの紅葉を見ていたが、もう終焉。
林道の方がよさそうなので、犬ヶ岳までは行かずにもう帰ろうか~~求菩提山方面へと進む。
e0164643_15462668.jpg
 
e0164643_15245620.jpg


林道をてくてくと歩く。途中にあるトリカブトもすっかり終わってました。

荒れた林道。以前 標識設置のため役所の車で通ったのだが、こんな状態ではとても通れなかったでしょうね。
e0164643_15383712.jpg


林道の紅葉
e0164643_1545276.jpg
 

e0164643_15455768.jpg


e0164643_15465269.jpg


2時半過ぎに駐車地点に到着。さて、帰りは遠回りして寒田の牧の原キャンプ場へ。

NHKで黒田官兵衛があっている時は結構賑わっていましたが・・・
途中の案山子などを眺めながら、我が家へ。今日も楽しい一日でした(^^♪
e0164643_15555667.jpg


  
by nobucyansyuncyan | 2016-11-19 15:59 | 福岡県の山 | Comments(2)

山口の角島へ

11月15日(火)、娘がお休みでした~♪

お天気もよさそうなので、どこかドライブに行こうか~~

で、角島大橋を渡りたいねぇ~ということなので出かけることに。
e0164643_22281064.jpg


ネットで角島付近の観光地を調べ、千畳敷・龍宮の潮吹・角島のコースを考える。

千畳敷
e0164643_2245040.jpg


e0164643_22452580.jpg


龍宮の潮吹
e0164643_22465714.jpg


e0164643_22473864.jpg


e0164643_2248978.jpg


e0164643_22484544.jpg


角島大橋を渡り、レストランで昼食を終えたところで前の席の方と目があいました。
「あら、まぁ~」英彦山でお知り合いになった「ふく夫婦さん」でした。

一緒にダルマギクを散策することとなりました。

有料駐車場(300円)に車を停め、散策。娘は適当に灯台などを見学。私はお花を求めて~~

イソギク、ハナイソギク、ハマナデシコなどを教えていただきました。
白い縁のあるのが「ハナイソギク」です。
e0164643_230323.jpg


シマカンギク、ホソバワダン
e0164643_236503.jpg


ダルマギクの群生地。ロープで保護されていますが、たくさん咲いていました。
e0164643_2393264.jpg


e0164643_2310685.jpg


e0164643_2310307.jpg


帰り際、鳥さんがちょこちょこと遊んでいます。懐っこいですね^^逃げません^^
しばらく鳥さんを眺めていました。鳥さんの名前は「ユキホオジロ」とのこと。
e0164643_23163543.jpg


思いもかけず「ふく夫婦さん」にお会いし、お花散策にもお付き合いいただきまして感謝です。

ダルマギクはもう一週間から十日ほど早かったら~ベストでしたでしょうね。

けどあんなに咲いているなんて、びっくりでした。

今回は娘が往復の運転をしてくれて、楽チンでした。
by nobucyansyuncyan | 2016-11-17 23:24 | 旅行 | Comments(8)

英彦山大権現と竜門峡の紅葉

さて、続きです。

大権現の駐車場は工事中で少しの車しか置けません。ここだけの紅葉を楽しみに来た方は、途中にある駐車場かしゃくなげ荘から歩いてお出でです。
ご高齢の方には上り坂がしんどいようです。

鳥居を潜って、いい景色が飛び込んできます^^
e0164643_1504544.jpg


e0164643_1534093.jpg


英彦山大権現の由来
e0164643_1542738.jpg


e0164643_1573582.jpg


紅葉谷へと進みます。昨年よりは少し落ちますが、きれいな黄葉・紅葉です(^^♪
e0164643_159283.jpg


e0164643_1594458.jpg


e0164643_1510330.jpg


移動して、しゃくなげ荘から下って竜門峡へ。
e0164643_15182068.jpg


e0164643_15183831.jpg


e0164643_15191330.jpg


キッコウハグマ
e0164643_15192778.jpg


e0164643_15194350.jpg


もう充分に紅葉を堪能しました~\(^o^)/

別所駐車場へ車を置いている宮ちゃんを送り、そのまま油木ダム経由で我が家へ。

「旅は道連れ」 宮ちゃん、3日に続きご一緒しましたが楽しいひと時でした。
by nobucyansyuncyan | 2016-11-14 15:26 | 英彦山系 | Comments(10)

裏英彦山道を歩く

週末はお天気もよさそう!!
だけど13日の日曜日は資源ゴミを出す日(月1回だから缶などが溜まります。特にビール缶)

では12日しかないよねぇ~ で、もう一度英彦山の紅葉詣でに出かけてきました。

豊前坊の紅葉・・・丁度見ごろでした!!
e0164643_1637595.jpg


103回目:11月12日(土)   英彦山    天気:晴れ    3名
ルート:しゃくなげ荘P・・バス移動→豊前坊(9:34)→薬師林道(9:43)
    →登山口(9:51)→ケルンの谷(11:05~11:13)→籠り水峠
   (12:12~12:35、昼食)→鬼杉(13:04~13:10)大南林道(13:28)
    →英彦山大権現(13:53)

今日の行程は、しゃくなげ荘前の駐車場に車を置き、バスで豊前坊へ。裏英彦山道をぐるっと歩いて、大権現と竜門峡の紅葉を愛でる。ピークは踏みません。

バス停に15分ほど前に着きました。一人の若者もバスを待っています。「英彦山、初めてなんです。熊本の八代から来ました」知り合いの名前を出しましたが、ご存じないとのこと。

地図は持っていますか、と聞くと持ってないとのこと。いつも2~3部持っている添田町発行の折り畳みの地図を1部差し上げる。

新聞やテレビで英彦山の紅葉が出たようで、バスは満員。「銅の鳥居」で降りられた方が半数。そこまで立っていました^^

バスに乗る前に「今日はもしかしたら宮ちゃんに出会うかも~」と話していたんですが、別所バス停から当の宮ちゃんが乗り込んで来ました。「あらまあ、どこへ」「今日は裏英彦山の紅葉をもう一度と思って~」「ついて行っていいですか~」「山頂は踏みませんよ~」でお仲間さんが一人増えました^^

豊前坊に着くといい具合に紅葉していてきれい、きれい!!  ひとしきり写真を撮ります。
e0164643_1935438.jpg


登山口より次第に勾配を上げ、登ります。鷹ノ巣山も少し色付いていますが・・・
e0164643_19392643.jpg


ケルンの谷までの黄葉・紅葉がすんばらしい!!  足が前に進みません(^_-)-☆
e0164643_19411037.jpg


e0164643_19412766.jpg


e0164643_19415759.jpg


由布岳の展望も~
e0164643_19455093.jpg


赤もきれいねぇ~~
e0164643_19462061.jpg


e0164643_19474298.jpg


奥ゆかしさが好きですね^^
e0164643_1948168.jpg


途中で「路傍の石」のyosheeeeさんにお会いして、ちょっとお話を(^^♪

籠り水峠で「鹿の角」を見ながらランチタイム。3日の時よりも少し色付いているかな?
e0164643_19533394.jpg


苔むした庭園を歩き~~
e0164643_2005643.jpg


鬼杉に到着。暫し休憩の後、大南林道へ。
e0164643_2021998.jpg


英彦山大権現と竜門峡の紅葉を愛でます。続きます。
by nobucyansyuncyan | 2016-11-13 20:10 | 英彦山系 | Comments(2)

平戸の山とお花散策

佐賀の黒髪山から平戸へ移動してきました。

今日は山とお花を目いっぱい楽しみます。お二人の希望はお花はイトラッキョとチョウセンノギク。

山は佐志岳、安満岳の予定でしたが、屛風岳にも行きたいとのこと。

7時前に平戸大橋を出発します。お日様が顔を出しています。今日も天気がいいですねぇ~
e0164643_1634458.jpg


102回目:11月6日(日)   平戸の山    天気:晴れ   4名+エルちゃん

安満岳(やすまんだけ)   534ⅿ   一等三角点:514.2ⅿ
 安満岳への標識がありましたので、先に登ることにして先ず展望所へ。今日も霞んでいます。
 
e0164643_16432338.jpg

 鳥居を潜って歩きにくい石畳の道を進んでいくと、祠があります。山頂標識はありません。
 前回ここに登った時は三角点へは行ってません。テープを頼りに荒れた道を少し登ると・・・
 びっくりしました。一等三角点だったんですね。

佐志岳(さしだけ)   346ⅿ
 車を走らせながら右手を見ると、お猿さんに似た特徴のある山が見えます。
 
e0164643_20354317.jpg


 真っすぐに山頂を目指せばすぐそこなんですが、寄り道が多く~~
 イトラッキョ、チョウセンノギクなどを写します。オトメラッキョを探します。
 なかなか見つかりません。何となくこれはもしかして~~オトメさんだといいのですが・・・
 
e0164643_20572717.jpg


 
e0164643_20575790.jpg


 
e0164643_20594365.jpg


車ですぐ近くに見える屛風岳へ行きます。早福トンネルの手前から林道へ。
登山口までは厳しいので、少し手前に置きます。

屛風岳(びょうぶだけ)   394ⅿ
 
e0164643_2152481.jpg


 ここも一等三角点でした。山頂標識は特にありません。

上段の野(じょうだんのの)
 東屋でお昼を食べましょうで食べていると、あしなが蜂が飛び交っています。
 怖くなり、そーーと移動。石段に座って食べます。蜂は怖いですねぇ~~(>_<)

 食後、早速お花散策。風が強く、写真はブレブレです。白とピンクのオケラ。
 
e0164643_21194630.jpg


 オケラ、タマムラサキ(ヤマラッキョ?)、センブリ(シロバナムラサキセンブリではないでしょうかとのことです)、ヒナヒゴタイ、ムラサキセンブリ
 
e0164643_21171463.jpg


 屛風岳と佐志岳をバックに、ヒナヒゴタイです。
 
e0164643_21234585.jpg


出発地点の平戸大橋に戻り、解散です。  2日間お世話になりました(礼)

今回もhigeさん鍋をいただきました。 とっても美味しかったですよ~~☆☆☆

帰りも浜玉道路、西九州道から都市高速、八木山バイパスを通り、約4時間。

やはり遠いですね。けどたくさんのお花に癒されました(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2016-11-08 21:36 | 長崎県の山 | Comments(8)