4月のやまびこオフ会・城井ノ上城址(きいのこじょうし)に続き、黒田官兵衛絡みで御所ヶ岳~馬ヶ岳の周回コースが開催されることとなった。

4月は峰入り古道歩きがあったので、欠席とした。

地元の山でもあるし、今年のお正月は馬ヶ岳でご来光を拝みに登った。これは行かねばなるまい!
e0164643_1401919.jpg


68回目:7月24日(日)  御所ヶ岳~馬ヶ岳   天気:晴れ   17名
ルート:住吉神社駐車場(9:10)→登山口(9:25)→神籠石→景行神社→
    馬立て場→西門→第2見張台→御所ヶ岳(11:07~11:13)→八畳岩
    →馬ヶ岳(12:15~13:02、昼食)→三角点(13:10)→展望所
   (13:21)→下山口(13:40)→住吉神社駐車場(14:17)

住吉神社駐車場に9時集合。登山コースの紹介・自己紹介などを済ませ、9:10出発。
住吉池の回廊を通り、御所ヶ岳の登山口へ。
e0164643_14233216.jpg


神籠石
e0164643_14434632.jpg


登山口からママコナ、ヒモヅルを眺め、景行神社へ。
e0164643_14262580.jpg


そこからは馬立て場~西門~第2見張台など、ぐるっと外回りの道を歩くことに。

いやぁ~低山で暑いこと、暑いこと。熱中症にならないようこまめに水分補給。

分岐標識はきちんとあり、迷うことはありません。御所ヶ岳(ホトギ山)到着。
緑の葉に同対化した「ナナフシ」がいました。
e0164643_14364731.jpg


一旦下り、馬ヶ岳への登り返し。きつかった~~(>_<) 低山侮るなかれ。

夏草の生い茂る山頂でランチタイム。皆さんすぐには食べる気にはならなかったようです。
我が相方さんもおにぎりが1個しか食べれなかったそうです。

同行者の帽子にトンボが・・・皆さん写真撮影にお忙しいようです^^

e0164643_14564795.jpg


e0164643_14504721.jpg


展望台に立ち寄り、下山開始。大谷登山口より土塁、堀切などを経て出発地点の住吉神社へ。

今回の軌跡です。
e0164643_15271352.jpg


ご一緒いただいた皆さん、お疲れ様でした~~♪
by nobucyansyuncyan | 2016-07-26 15:07 | 福岡県の山 | Comments(8)

山友さんからお誘いがありまして古処山へ。それもお初の登山口から~~

オオキツネノカミソリは見ごろを迎えていましたね(^^♪
e0164643_11271987.jpg

e0164643_11274520.jpg


67回目:7月23日(土)   古処山   天気:晴れ   10数名
ルート:遊人の杜キャンプ場(9:00)→登山口(9:14)→群生地→奥の院
    →大将隠し→分岐(10:30)→ツゲ林へ→古処山(11:25~12:28)
    →遊人の杜キャンプ場(13:31)

遊人の杜キャンプ場はお初のところです。立派なキャンプ場ですね。

キャンプ場内のトイレをお借りして、登山口へと取りつきます。
e0164643_1142457.jpg


小さな沢を渡ると急登の始まりです。風はなく、汗が流れ出ます。水分補給を忘れずに。

そうこうしているとキツネさんがちらほらと。早速 撮影タイムの開始です(^^♪

奥の院の冷気。ひんやりとした風で「あぁ、天国~。生き返るぅぅ」この場所去りがたし^^

眼鏡がくもり、岩場の足元が一瞬見えなくなりました。
e0164643_11553434.jpg


奥の院を通過して、広場で全員揃うのを待ちます。ここで一人は直接山頂へ。

ツゲ林の分岐で明日の山歩きを考慮して、私どもはニシキキンカメムシを探しながらツゲ林を経由して山頂へ行くことに。ほかの皆さんは屛山へ。

キツネさんもちらほらありますが、ニシキキンカメムシはなかなか見当たらないですねぇ~

ゆっくり・ゆっくり、辺りをきょろきょろ探すのですが・・・

残念!!見つけられませんでした。キツネさんのお花撮影でごまかします^^

山頂で食事を済ませ、後続の方が来るのを待ちます。

後続の方も食事を済ませ、希望者のみ山頂直下の磨崖仏へ。そして下山開始。

分岐からはこれまたお初の道です。キャンプ場に到着。
e0164643_13208100.jpg


いつもの秋月からの道もいいですが、時にはこの道もよいかな~~

今回見たお花です。ギンバイソウ
e0164643_13174243.jpg


e0164643_1319879.jpg


ハグロソウ、オオハンゲ、ツチアケビ
e0164643_13193955.jpg


ギンバイソウ、ミゾホウズキ
e0164643_13254923.jpg


今回の軌跡です。
e0164643_13344335.jpg


Tさんとお仲間の皆さん、どうもお世話になりました。

お初のコースも楽しかったです。
by nobucyansyuncyan | 2016-07-25 13:43 | 福岡県の山 | Comments(10)

今回の三鈷峰への道は大休峠から親指ピーク・振子山を経て登る未踏のルート。

そして象ヶ鼻の斜面のお花畑。楽しみです!!
e0164643_2093634.jpg


66回目:7月18日(月)   野田ヶ山・振子山・親指ピーク・象ヶ鼻・三鈷峰
              天気:晴れ    16名(1名体調不良で留守番)

ルート:川床(6:01)→岩伏別れ(6:40)→大休峠(7:58~8:08)→
    野田ヶ山(8:56)→親指ピーク(9:31)→振子山(10:13)→
    振子沢への分岐(10:42)→象ヶ鼻(11:01~11:05)→ユートピア小屋
   (11:15~11:57)→三鈷峰ピストン→分岐(12:30)→取りつき(12:55)
   →砂すべり→元谷→(14:03)→大神山神社(14:20)→大山情報館(14:45)

4時半起床だが、4時ごろにはもう目が覚めました。準備をしながらテントを撤収。

今回、1名が体調不良で留守番をすることとなり、彼が登山口の川床までピストンで我々を送ってくれることとなりました。豪円台の駐車場から登山口まで歩いていく予定でしたので、少し時間短縮になりました。

1陣は先発隊で7名が出発。2陣は9名で1陣を追っかけます^^
e0164643_20284948.jpg


登山口の川床を出発。濡れて滑りやすい橋を渡ります。トチバニンジン、ヤマアジサイ、ソバナなどが咲いている登山道を進むと岩伏別れに到着。
e0164643_2034719.jpg


アジサイもまだまだきれいですが、おや、紅葉した葉もありますね~~
e0164643_20344247.jpg


大休峠に到着。先発隊が出発するところでした。入れ替わりに少し休憩。
e0164643_20375938.jpg


2009年9月に大休峠から矢筈ヶ山・甲ヶ山・船上山などは歩いていますが、今回は反対方向です。

野田ヶ山へ行く道は足元はぬかるみ、少し藪漕ぎ状態になりながら進み、野田ヶ山に(1344ⅿ)到着。そこからはこれから向かうユートピア小屋が稜線上に見えます。そして気になる親指ピーク。

身の細る思いをして岩場を下ります。ダイモンジソウ、ダイセンオトギリソウ、キュウシュウコゴメグサ
e0164643_2165813.jpg

e0164643_2142246.jpg


親指ピークに到着。皆さん巻き道を行き、ピークには立たず。私どもは、もちろん上へ^^
e0164643_2120899.jpg


振子山の山頂付近、ナンゴククガイソウ、ホツツジ、イヨフウロ、振子沢への分岐地点
e0164643_2121653.jpg


ここまで結構アップダウンがあり、体はヘロヘロ(>_<)

だが、この先は素晴らしいお・は・な・ば・た・け
e0164643_21325280.jpg

e0164643_21384153.jpg

e0164643_21385841.jpg


やっと象ヶ鼻(1550ⅿ)に到着。この斜面はほんとにお花・お花・お花~~です。

ユートピア小屋へと移動。小屋の陰でランチタイム。小屋の前もナンゴククガイソウの絨毯です。
大勢の方がここのお花を目指してきています。ランチ後は三鈷峰へ。
e0164643_21472642.jpg


上宝珠越からは二手に分かれ、5名は砂すべりへ。ロープはありますが危険個所が・・・
一気に下ると早いのですが、安全第一。ゆっくりと下ります。
e0164643_2152354.jpg


途中の水場では、顔を洗ったり、埃まみれになった靴を洗ったりと時間調整をしながら~

元谷を過ぎ、大神山神社へ。長い石畳の道を下り、大山情報館へ。そしてYさんが車を移動してくれた駐車場へ。Yさん、待ち長かったでしょう!!  申し訳ありませんでしたね。

皆さん、怪我もなく無事に下山。楽しい2日間でした。未踏のコースを歩けて大満足\(^o^)/

見かけたお花の一部です。
e0164643_22155356.jpg


リーダーのNさん、声を掛けていただき、感謝です<(_ _)>

今回のGPSの軌跡。三鈷峰から元谷間は電源がきれていたらしくーー(3年前のがあります)
e0164643_2284356.jpg

by nobucyansyuncyan | 2016-07-21 22:16 | 中国地方の山 | Comments(12)

三徳山・投入堂

山口の山友よりお誘いを受けて、伯耆大山の三鈷峰へ。

その前に移動を利用して、三徳山・投入堂(みとくさん・なげいれどう)へ行ってきました。
e0164643_1451231.jpg


65回目:7月17日(日)   投入堂   天気:曇り   15名

山口に7:30集合。10人乗りレンタカー2台で17名で出発です。

投入堂は、鳥取県三朝町にある三徳山三仏寺の奥院。山の断崖の窪みに建造された平安時代の懸造り木製堂で、三仏寺の開祖とされる役小角が蔵王権現などを祀った仏堂を法力で山に投げ入れたという言い伝えから「投入堂」と呼ばれる。

受付で入山料(三徳山入峰修行・投入堂参拝登山)を払います。一人:400円。
e0164643_14212152.jpg


入山心得
e0164643_1442893.jpg


ここで服と靴のチェックがあります。同行の一人がタイツにスカートだったので本堂までだったらいいが、投入堂まではいけないとのこと。靴は皆さん登山靴ですのでOK。

石段を上がり、本堂(三仏寺)の横を通り、また受付があります。ここで200円を支払い、輪袈裟(わさげ)をお借りして身にまとい、歩き始めます。

e0164643_14305249.jpg

e0164643_151549.jpg


木の根っこを登り、滑りやすい鎖場がありで、なかなかの道でした。
e0164643_14465989.jpg


文殊堂の鎖場、地蔵堂、観音堂を経由して投入堂へ。
e0164643_14502091.jpg

     靴でダメと言われた人は草履を購入すればOK。700円とのこと。

よくもこんなところにお堂を作ったもんだと感心します。
英彦山や岩屋神社・国東のお堂を思い出します。
e0164643_1563941.jpg


同じ道を帰りますが、下山時は滑りやすいです。気を付けながらゆっくりと・・・
若いお兄さんたちとすれ違いましたが、皆さん足元は草履でした^^
e0164643_157389.jpg


川べりにギンバイソウが咲いていました。
e0164643_15103230.jpg


輪袈裟(わさげ)をお返しして駐車場へ。そして三朝温泉で入浴。

今日の夕飯を購入して大山の下山キャンプ場へ。

テントを設営して、夕飯、明日の準備と大忙しです^^

雨も降り始めましたが、夜中にはあがったようです。晴れるかなぁ~~
by nobucyansyuncyan | 2016-07-20 15:23 | 中国地方の山 | Comments(4)

昨夜、山友の中間の宮ちゃんより「山の計画がありませんか?」とのお誘いのメッセージ。

庭の草取りをもう一日頑張ってしようかね~だったが、すぐに山モードに切り替え(^^♪

英彦山へ行ったばかりなので、平尾台へ行きましょうか。

higeさんにも平尾台へ行きますけど~~とメール。

64回目:7月15日(金)   平尾台   天気:曇り時々晴れ   4名
ルート:茶が床園地(9:15)~~大平山~~吹上峠(14:30)

ヒナノキンチャク(今季お初です)
e0164643_22203692.jpg


吹上峠に9時集合。デポし、茶が床園地へ移動。中峠へ向けて歩き始める。

あっちうろうろ・こっちうろうろと寄り道ばかり^^まっすぐに歩けません(^_-)-☆

最終的には山頂を踏んだのは大平山のみ。吹上峠へと下山。

今日見たお花の数々。ノヒメユリ
e0164643_22282226.jpg


キキョウ(た~くさん咲いていました)
e0164643_22293793.jpg


ササバラン(まだ元気に~~)
e0164643_22303226.jpg


コオニユリ
e0164643_22313754.jpg


ヒオウギ(キキョウとヒオウギが目立っていました)
e0164643_22323196.jpg


キカラスウリ、カワラナデシコ、キキョウ、ヒオウギ
e0164643_22362737.jpg


撮影中のhigeさんと今日見かけたお花の一部です。セミもいましたよ。
e0164643_22373868.jpg


中間の宮ちゃんより送られてきた集合写真と撮影中の相方さんのスナップ写真。
e0164643_22401313.jpg


相方さん撮影中のコオニユリを別角度より^^
e0164643_22413594.jpg


ヒナノキンチャク、とっても小さくて、とっても可愛いお花です
e0164643_22431468.jpg


小穴(ドリーネ)と大平山。
e0164643_22444869.jpg


心地よい風が吹き、散策するのにあまり汗もかかず、気持ちよく歩けました。

同行の宮ちゃん、higeさん、お付き合いいただき有難うございました。
by nobucyansyuncyan | 2016-07-15 22:57 | 平尾台 | Comments(8)

9日に午後から平尾台を散策したが・・・来週はず~~と雨の予報。

ならば、もう一度フガクスズムシソウとウチョウランを見ようか~。そしてタマガワホトトギスがもう咲いているかも~~

夕方、higeさんに「明日は何方へ。私どもは英彦山へ行きますが」とメールをする。

みやこ町は資源ごみの回収が月に1回。私どものところは第2日曜日の午前8時より。

何しろ休肝日のない相方さん、ビールの缶がよくたまります。月1でも処分をしないと~~

ウチョウランとタマガワホトトギス
e0164643_10592322.jpg

e0164643_1102258.jpg


63回目:7月10日(日)   英彦山   天気:曇り    4名
ルート:シャクナゲ荘先の駐車場(9:30)→玉屋神社取りつき(9:45)→
    鬼杉(11:41~11:48)→展望所(12:30~12:54、昼食)→
    南岳巻き道(13:35)→中岳(13:47~13:54)→北岳(14:50)
    →豊前坊(15:55)

豊前坊に9時過ぎに待ち合わせ。いつもと同じコースでは変化がないので大南林道を歩き、玉屋神社経由で裏英彦山道をトラバースして、鹿の角かケルンの谷より中岳へ登り、北岳を経て豊前坊への周回ルートの予定。

higeさん号をデポし、我が家の車で大権現駐車場へ。一応しゃくなげ荘前で工事中の看板はないよねぇ~と確かめる。ところが大南林道の入り口に「工事中に付き進入禁止」

昨年8月3日にシャクナゲ荘前の空き地に車を置き、町営バスで豊前坊へと行き、鬼杉より下山して大変な思いをした。その時に「シャクナゲ荘のところに看板を出していたけど」と工事関係者から言われたが、看板が小さくて見落としていた。それより登山靴に履きかえたりと準備に追われていた。

「人も車も通行禁止とは書いてないよねぇ」(前の時は後で気が付いたのだが、人も車もと書いていた)
e0164643_1135411.jpg

大権現駐車場は資材置き場になっていた。

荒れた登山道。ところどころにキツネノカミソリがあるのだが、まだ出ていない。
オニルリソウとトチバニンジン。岩を抱いた存在感のある木。
e0164643_11384436.jpg


鬼杉に到着。ここで少し休憩。ベンチも案内板も新しくなっていました。
e0164643_11411755.jpg

e0164643_11413641.jpg


分岐で裏英彦山道を進むか、このまま南岳へ進むか協議。風もなく蒸し風呂状態なので早く稜線へ上がろうか、そうすると風もあるだろうから。材木石の横をヒーコラ言って登る。

展望所で遅くなったがランチタイム。ガスが流れていますがまだお天気は大丈夫なよう。
風が心地よい。生き返ります^^

南岳はパス。巻き道を通ります。

中岳に到着。どなたもいません。ベンチでオレンジを食べて栄養補給。
e0164643_11521747.jpg


北岳経由で高住神社へ。無事下山。デポしたhigeさん号で車の回収へ。

撮影中の一コマ。三者三様です^^higeさんは多分寝転んで写してる私を撮っているのかな?
e0164643_12542450.jpg


ウチョウラン、タマガワホトトギス
e0164643_12564628.jpg


フガクスズムシソウ、タカネマンネングサ
e0164643_1258521.jpg


とっても暑い一日でした。稜線に出れば心地よい風が吹いて気持ちがいいのですが、汗がしたたり落ちて、このまま体重減になればいいのですが・・・・(^_-)-☆

お付き合いいただきましたhigeさん、mamaさん、お疲れ様でした。
by nobucyansyuncyan | 2016-07-12 13:12 | 英彦山系 | Comments(14)

今日は本来はMishan企画の脊梁の山を歩く予定だった。

早朝集合なので、8日から移動してどこかの山へ~~の予定だったが、予報はずっと雨。

「今回は不参加とさせていただきます」と連絡したのだが、9日は朝 ぱらっと雨が降ったが何だか天気も回復して来た様子^^

午後より「平尾台でも行こうか~」

62回目:7月9日(土)   平尾台   天気:曇り   3名
コース:茶が床園地よりうろうろ

茶が床園地に着くと、見慣れた車のナンバーが^^早速「今 どこですか~」

「茶が床を出たばかりです。」追いついて一緒にお花散策です。

今日の3人のいで立ちは? 長靴、雨傘とまるで申し合わせたような~~(^^♪

コオニユリ(今季お初です)
e0164643_14221821.jpg


キキョウ
e0164643_1423161.jpg


ヒオウギ(これも今季お初です)
e0164643_14243590.jpg


ササバラン
e0164643_14261412.jpg


ガスの台上。コオニユリとヒオウギ
e0164643_14296100.jpg


ヨロイグサ、カセンソウ、オカトラノオ、ホウライカズラ
e0164643_143039.jpg


クルマバナ、サイヨウシャジン、キキョウ、ネジバナ、ササバラン
e0164643_14312849.jpg


もうミシマサイコが咲き始めています。
e0164643_14325440.jpg


そしてササバラン。前回1株だけでしたが、今回はたくさんの株に出会えました。
e0164643_14344068.jpg


4つの眼より6つの眼。「あっ、こっちにも~」と探し物が(^^♪

運動不足が解消した午後からの楽しいひと時でした。有難うございました<(_ _)>
by nobucyansyuncyan | 2016-07-11 14:42 | 平尾台 | Comments(8)

この時季の恒例の行事になりつつある倉木山とその周辺のお花散策。
e0164643_16343395.jpg


本来ならば、由布岳と倉木山でのお花散策ですが、由布岳はまだ入山禁止。

由布岳正面登山口に8:30待ち合わせ。が8時には皆さん集合。9名ですので2台の車で移動します。

61回目:7月3日(日)    倉木山    天気:曇り   9名
場所:倉木山とその周辺、男池

我が家を出る時はいいお天気^^  ところが由布岳近くになるとどんよりとした空模様になり、雨が・・・だが、すぐに止み、空には虹が~~

正面登山口に一番乗り。tetu-1さんミラさん到着。higeさん、mamaさんも。そして1日の英彦山でご一緒になったふくさんご夫婦も。今日は山ガールのKさんもお初の倉木山へ一緒に登ります。

higeさん号・信ちゃん号に相乗りして、倉木山の駐車地点へ。
e0164643_2071119.jpg

ヤマアジサイ、ヤマジオウ、シギンカラマツ、ギンバイソウ(まだ蕾が硬いです)

シライトソウ、カモメヅル、ヤマブキショウマ、山頂での集合写真(higeさんよりいただきました)
e0164643_20174444.jpg


倉木山で会いたかったワタナベソウ
e0164643_2019394.jpg


開けたところからの由布岳。
e0164643_20273499.jpg


倉木山を下山してお花散策へ(^^♪

先ずはメインのヒメユリ
e0164643_2033988.jpg

e0164643_20332934.jpg


キリンソウとオバギボウシ
e0164643_2032489.jpg


オタカラコウ、ユウスゲ
e0164643_20372052.jpg


ノハナショウブ、ヒメユリの蕾、キバナカワラマツバ、アソノコギリソウ
e0164643_203979.jpg


カワラナデシコ。きれいな色でした。
e0164643_20411576.jpg


そして最後にヒメユリ
e0164643_20464810.jpg


時間も早かったので、さて何処へ行こう。男池へ行こうか~~(^^♪

tetu-1さん、ミラさんとはここでお別れ。7名は男池へと移動^^

移動中は雨にも遭いましたが、着いたときは大丈夫でした。山ガールさんが名水の滝へ行ったことがないので、滝への往復。男池のワタナベソウは終盤でした。
e0164643_20551895.jpg


雷がゴロゴロと鳴りだしたので、お花散策は終了です。

お花散策に明け暮れた一日でした。山ガールのKさんもおじさん・おばさんにお付き合いの一日でしたが、とっても楽しかったとのこと。

同行の皆さん、お付き合いいただき、ありがとうございました。
by nobucyansyuncyan | 2016-07-04 21:26 | 大分県の山 | Comments(12)

6月26日に峰入り古道を歩いた山友さんとの英彦山の花散策。

その時、とある場所にあったウチョウランは蕾が少し開きかけていました。

今日はお天気もよさそうだし、ウチョウランが気になり、英彦山を歩いてきました(^^♪

e0164643_2282526.jpg


60回目:7月1日(金)   英彦山    天気:曇り   2+1+3+1=7名
ルート:豊前坊(9:14)→望雲台→北岳(11:20)→中岳(11:50~12:15)
    →モアイ像→豊前坊(14:13)

豊前坊の気温は21℃   やはり下界よりは涼しいですね。

高住神社でお参りをし、I権禰宜さん、Fさんにご挨拶して出発しようとしたところに鳴子山をご一緒したTさんとバッタリ。では一緒に登りましょうかね!
e0164643_2224423.jpg


望雲台へ立ち寄る。イワタバコはまだ葉のみでした。ここで「もしかして信ちゃん?、ブログ見てます~」と山口のふくさんご夫妻とお仲間さんに声をかけられる。

旅は道連れ。ではご一緒に~~(^^♪  6名になりました。

北岳ルートの大好きな場所です。
e0164643_2232830.jpg


溶岩の壁のオオヤマレンゲは私は見つけられませんでしたが、相方さんが一輪咲いているよ~~

いろいろとお話をしながら、のんびりと歩きます。稜線に出ると風が心地よい(^^♪

中岳に到着。先日 工事をしていたデッキは出来ていました。
e0164643_22362225.jpg


今日もお昼はおにぎりとソーメン。喉ごしがいいです^^

ここで平尾台でよくお会いする山帽子さんもご一緒になり、下山は1名増えて7名となりました。

ふくさんご夫妻とお仲間さんがモアイ像は?と言われたので、案内することとなり、先週に続きモアイ像経由の道を歩くことになりました。
e0164643_2245182.jpg


1人減り、3人減り、1人減りで最後 豊前坊に着いたときは2人となりました。

ご一緒くださった皆さん、今日も楽しい一日でした。有難うございました<(_ _)>

今日見かけたお花の一部です。

高いところにあったウチョウラン。望遠(安物のカメラですが)で撮影。トリミングしています。
e0164643_22523088.jpg


ツチアケビ、ショウキラン、ハンカイソウ
e0164643_22535820.jpg


フガクスズムシソウ、タマガワホトトギス、クモキリソウ、ヤマトウバナ
e0164643_22552094.jpg

by nobucyansyuncyan | 2016-07-01 22:59 | 英彦山系 | Comments(12)