虎尾桜・・・福智山

この時季、毎年気になる桜・・・福智山の山麓に咲くエドヒガンザクラの虎尾桜の鑑賞へ。

山友さんの情報によれば27日は3~4分咲き。28日は5分咲きとのこと。

この桜はピンクが濃く、満開前の頃がとってもきれいなんです。

30日は用事があるので、今日(29日)しかないでしょう!!

樹齢600年の虎尾桜(9:50ごろの桜)
e0164643_1721485.jpg


28回目:3月29日(火)   福智山  天気:曇り時々晴れ   4名+2名
ルート:上野駐車場(9:08)→登山口(9:20)→虎尾桜(9:47~10:03)→
   林道(10:12~10:16)→上野越(10:30)→鷹取山(10:43~10:56)
   →上野越(11:09)→福智山(11:54~12:30)→林道(13:17)→林道
   (13:31)→源平桜(13:58)→虎尾桜(14:34~14:50)→登山口(15:18)
   →上野駐車場(15:23)

上野(あがの)駐車場に着くと、「今から登るんですか~」と若いお兄さんが人懐っこく話しかけてきた。「はい、桜を見てから~~」と答えると、「sanpoの息子です」

一度、浅間山~岳減鬼山~大日ヶ岳の時にご一緒したことがあります。仕事中ですからと車で出ていかれました。声をかけていただき有難うございます<(_ _)>

準備をして登山口へ。トイレを並んで待っていると、2人前の方がどうもあの人に似ているような~~? やはりそうでした。「あこちゃん」です。2年ぶりぐらいでしょうか。
「ご一緒していいですか~」「いいですよ~一緒に登りましょう!」

4人で近況報告をしながら虎尾桜へ。写真を撮っていると「はまちゃん」、「むさしさん」、「ひとすじさん」、「九ちゃん」にお会いしました。
e0164643_2033740.jpg


もう少し粘って写真を撮る、と言う「はまちゃん・むさしさん」と別れて上野越へ。そして鷹取山(633ⅿ)へ。水仙がた~くさん咲いています。一休みして上野越に戻ります。
e0164643_2034810.jpg


福智山に到着。久しぶりの福智山です。三角点にタッチ。風を避けて岩陰で昼食。下山に取り掛かろうとしていたら「はまちゃん・むさしさん」とまたバッタリ~~
e0164643_2055373.jpg


旅は道連れ~~でご一緒させていただきました。以前3度ほど登ったことのある道を下ります。

源平桜の近くの道へ。(?)新道でしょうか~~  エイザンスミレが咲いています。
e0164643_2111387.jpg


源平桜はあと一週間から十日後が見ごろでしょうか。

午後からの日差しの中の虎尾桜。朝よりピンクが濃ゆいようです(^^♪
e0164643_2121344.jpg


e0164643_2123939.jpg


登山口にてそれぞれお別れ。私どもは上野駐車場へ。駐車場の桜も満開です。
e0164643_2185188.jpg


今回の奇跡です。
e0164643_21104334.jpg


帰り道、勝山地区を通ったので「千女房の桜」へ寄ってみようか~~^^
e0164643_21152422.jpg

e0164643_21155147.jpg


ちょうど満開。少し花弁が舞っていました。

今日は桜の追っかけになりましたが、懐かしい山友さんにも出会え、とっても楽しい一日でした。
by nobucyansyuncyan | 2016-03-31 21:22 | 福岡県の山 | Comments(12)

耶馬渓・競秀峰へ

両子山より移動し、耶馬渓の「青の洞門」へ。菊池 寛の「恩讐の彼方へ」で有名です。
e0164643_1540445.jpg


ゲンカイツツジが岩峰にあるのが見えますが、何しろ遠い~~

駐車場より手掘りのノミの跡があるトンネルを歩き、競秀峰の取り付きより出発。
e0164643_15452054.jpg


標識がありますので、先ず迷うことはない^^
e0164643_1547535.jpg


三の峰の展望台より下を覗きます。我々の車も見えています^^
e0164643_15495573.jpg


撮影ポイントは至る所にあり、まぁ忙しいこと^^岩峰・お花・・・
e0164643_15522919.jpg


妙見窟に到着。そして清水洞へ。
e0164643_1554556.jpg


e0164643_15542592.jpg


三陣の祠を過ぎるとこのようなところが・・・気を付けて歩けば大丈夫ですが、右下は断崖です。
高所恐怖症の方はちょっと無理かも~~
e0164643_15583495.jpg


陣の岩展望所に到着。ゲンカイツツジが丁度見頃(^^♪
e0164643_162987.jpg

e0164643_1623431.jpg


下山口の弘法寺に到着。山国川へと出て、今 歩いたところを眺めます。
矢印のところを頭上に気を付けながら歩き、その上が陣の岩展望所。
e0164643_1672847.jpg


higeさんご夫妻が両子山は初めてのことでしたので、同じくお初でゲンカイツツジが見頃の競秀峰をセットにしての山歩き。十分に楽しめていただけたようで~~良かったぁ(^O^)/

急な声掛けで参加出来なかった方、今度はhigeさんの案内で楽しまれてくださいね。

今回の軌跡です。
e0164643_16252261.jpg

by nobucyansyuncyan | 2016-03-30 16:24 | 大分県の山 | Comments(6)

両子山へ

以前、田原山(鋸山)をhigeさんご夫妻と歩いた折り、今度 両子山へも御案内しますね。

と約束していました。本来は4月3日の予定でしたが・・・

25日(金)に山友さんに急なお誘いをしましたが、皆さん都合が悪く、今回はhigeさんご夫妻と私どもの4人です。ゲンカイツツジの咲く競秀峰とセットでの歩きです。

27回目:3月26日(土)   両子山    天気:晴れ   4名
ルート:両子寺駐車場(8:25)→奥の院→お山巡り取り付き(8:40)→
    百体観音・針の耳・鬼の背割→町境尾根取り付き(8:57)→尾根
   (9:17)→両子山(9:40~10:05)→群境尾根へ(10:11)→
    地籍図根三角点(10:44)→三角点(11:08)→林道へ(11:09)
    →走水観音(11:36)→仁王像→駐車場(12:08)

途中で朝日を眺めながら、順調に車を走らせ、八時前に到着。準備をしているとhigeさんご夫妻到着。
e0164643_22515763.jpg


受付で入山料200円を支払い、本堂で安全登山のお参りを済ませ奥の院へ。
e0164643_22582243.jpg


上を見上げると、ゲンカイツツジが3株ほど咲いていました。けど高くて~~
e0164643_22584851.jpg


お山巡りの案内図と取り付きです。
e0164643_2305171.jpg


百体観音・針の耳。
e0164643_2315733.jpg


鬼の背割
e0164643_2323527.jpg


ここを過ぎると足場が悪くなり、張られているトラロープを持って急登を上がります。

尾根に到着。ホッと一息。気持ちの良い林の中を進みます。椿の花が多いですね。

お二人さん、お初の山頂に到着。一等三角点です。周りの木々は伐採されており、見通しはよいです。展望台に上がり山座同定。じなしさんがいるとさっさと山の名前が出てくるでしょうが・・・
「じなしさん、教えて~~」と叫びましたが、中山仙境にいるじなしさんには聞こえたでしょうか。

e0164643_2313426.jpg


姫島と矢筈岳、鷲巣山、尻付山とハジカミ山
e0164643_2314484.jpg


下山はコンクリート道を少し歩き、群境尾根に取り付きます。
e0164643_23164445.jpg


アップダウンを繰り返し、カヤの中にある三角点にタッチすると、すぐに下山口へ。

それからは林道をしばらく歩き、また林の中へ入り、走水観音へ。

車道を道なりに進むと、両子寺への道に出ます。右へと行き、仁王像へ。
e0164643_23233721.jpg


ここの風景、秋の紅葉の頃はとっても素晴らしいんですよ。また観てみたいと来たことがあるのですが、一度見たあの光景にはなかなか出会えないですねぇ~~

丁度お昼ですので、まだ一分咲きですけど、桜の下でランチタイム。じなしさんに電話をすると、ただ今は中山仙境の途中だとのことでした。

今回の軌跡です。
e0164643_23303669.jpg


昼食後、耶馬渓へと移動です。
by nobucyansyuncyan | 2016-03-28 23:38 | 大分県の山 | Comments(12)

明日の土曜日・26日はゆっくり歩きの姉妹とゲンカイツツジの咲く岩屋神社の予定だった。

4月3日に国東の両子山へhigeさん御夫婦と行く予定にしていたのだが、昨日の英彦山の岩壁に咲くゲンカイツツジを見たら、もう両子山も咲いているのでは?

急遽、予定を変更。姉妹には25日・午後から行きましょうか。

26回目:3月25日(金)   岩屋神社   天気:晴れ    4名

添田駅の駐車場、12時集合。我が家の車で小石原経由で筑前岩屋駅先の岩屋神社へ。

その前に国道沿いのミツマタの群生地へ。
e0164643_13524199.jpg


ぐるっと周回。奥の院近くにあるタムシバ。以前ここに来た時、目の前が真っ白なタムシバの林を見たのですが・・・その時は石楠花も咲いていたので、やはりもう少し時期がずれていたのでしょうね。
そうなると、英彦山のタムシバも時期早々だったのかな??
e0164643_13582954.jpg


e0164643_1405522.jpg


丁度、民家の奥様がおられたので、少しお話を。「どうぞ中に入って見てくださいよ」
お言葉に甘えまして、お庭を拝見。たくさんのお花が咲いていますね。

e0164643_1441562.jpg

ヒュウガミズキ、レンギョウの八重だとのこと。やはりお庭の管理、が大変だとのことでした。

小石原の道の駅でお野菜・果物などを購入。

添田公園へ移動。ゆっくりと桜見物。池のほとりのベニシダレザクラはまだ蕾です。
e0164643_14124927.jpg


久しぶりに一緒に歩きました。これからは平尾台のお花も咲き始めることでしょう。

またお花散策が楽しみです。
by nobucyansyuncyan | 2016-03-28 14:17 | 福岡県の山 | Comments(4)

英彦山のタムシバは~

yamahikoさんのブログに岩石山のタムシバの記事が出ていた。

山友さんより「英彦山のタムシバは何処にあるんですかねぇ~」「探しましょうか~」

岩石山のタムシバ
e0164643_14452425.jpg


25回目:3月24日(木)   英彦山   天気:曇り   3名
ルート:別所駐車場(10:26)→奉幣殿(10:44)→三呼峠(11:43)→大南神社
   (11:55)→籠り水分岐(12:06)→展望所(昼食)→南岳(13:26)→
    中岳(13:40~13:50)→北西尾根・モアイ像→別所駐車場(15:10)

奉幣殿でお参りを済ませ、南岳方面へと進む。きょろきょろと山腹を見廻しながら三呼峠に到着。

標識が新しくなっています。通行止めも解除されていました。大南神社へ。
e0164643_1521219.jpg


大南神社から鬼杉への道も整備されつつありました。

分岐に到着。真新しい標識。
e0164643_1564133.jpg


南岳への急登を登る。お腹がすいたので展望所にて昼食。次回歩く岳減鬼山などを眺めながら~~

南岳、そして中岳に到着。北西尾根を下りながら同行者がモアイ像へはまだ、とのことなのでモアイ像経由で下山。
e0164643_15122366.jpg


無事に下山。タムシバは探すが見つからない。また近いうちに英彦山散策しなければ~~

今日見かけたお花。スズシロソウ、ヤマルリソウ、エイザンスミレ、ホソバナコバイモ、マンサク
e0164643_15162324.jpg


道路沿いで見上げたゲンカイツツジ。岩肌にきれいに咲いています。
e0164643_1518935.jpg


山友さんとお別れし、別所駐車場~添田間の道沿いの桜。
e0164643_15201083.jpg


添田公園の桜もどのくらい咲いているか気になり立ち寄る。

ワァーきれいに咲いているではないですか~~満開まであと少し^^
e0164643_15244525.jpg

e0164643_15241534.jpg


帰りは岩石山トンネルを抜け、弓張岳線の赤村側の登山口前を車で通り抜け、山腹に咲いているタムシバを眺めながらぐるっと8キロほど周回し、少し遠回りになったが我が家に帰り着く。

岩壁に咲いているゲンカイルルジ。もう満開に近い! 

3日に国東のゲンカイツツジを見に行く予定だったが、これは変更せねば~~(^_-)-☆
by nobucyansyuncyan | 2016-03-27 15:43 | 英彦山系 | Comments(4)

前日(20日)にハードな峰入り古道を歩いたばかりだけれど・・・・

自宅に帰りついて一息入れたところに山口の友より電話。

「明日、茶が床園地に何時ごろですか~」周防台付近を歩いたことがないので~ご一緒にだったのですが、野焼き後でお花もまだなので、「今が盛りのゲンカイツツジを見ませんか~」と提案。
e0164643_8272188.jpg

添田町の「道の駅歓遊舎」で8:30待ち合わせ。前夜は下関に泊まったそうな^^

24回目:3月21日(月)   岩屋神社   天気:晴れ   5名
ルート:岩屋神社内をぐるっと散策

添田から狭い斫石峠を抜けて東峰村の岩屋神社へ。駐車場の前にはもう見ごろのゲンカイツツジ(^^♪

3人はここは全く初めて。ぐるっと周回すると2時間ほどかかりますよ~~

先ず岩屋神社の鳥居を潜り、トウツバキ、大公孫樹を見上げて、本社の岩屋神社へ。
e0164643_8314860.jpg


e0164643_834389.jpg


烏帽子岩を巻き、岩尾根を通って見晴岩へ。前日歩いた大日ヶ岳・斫石峠・釈迦ヶ岳と棚田。
e0164643_8405680.jpg


奥の院、大日社などを~~
e0164643_8422244.jpg

e0164643_843396.jpg


岩屋キャンプ場の一隅でコーヒータイム。空は真っ青。キャンプ場で子供たちの遊ぶ姿を見ながらの~~んびり。昨日の疲れが吹っ飛びました(^^♪

山口に帰る友とここでお別れ。私たちはもう一度ゆっくりゲンカイツツジを眺めに。
e0164643_8481799.jpg


e0164643_8483320.jpg


e0164643_8485336.jpg


帰りはミツマタの群生地を眺め、小石原経由で我が家へ。
e0164643_8501781.jpg


初めての場所、そしてゲンカイツツジと奇岩巡り。喜んでいただけてよかった(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2016-03-24 08:54 | 福岡県の山 | Comments(8)

今回の核心部、小石原・行者堂~陣尾~大日ヶ岳~釈迦ヶ岳~深倉越~深倉園地を歩きます。

その間には貝釣り・笈釣り・糸ヶ峰などの難所が待ち構えています。

今回のお気に入りのショット。モデルはhigeさん。
e0164643_15302596.jpg


小石原・行者堂から大日ヶ岳の間は未踏です。本やネットで予習をしました^^

ポンちゃんからロープをお願いできますか、とのことで15ⅿと5ⅿの2本を持参。

何でも貝釣りに設置されている残置のロープが古いので危険だとのことです。

23回目:3月20日(日) 陣尾・大日ヶ岳・釈迦ヶ岳  天気:晴れ  11名
ルート:駐車場(6:35)→行者堂→登山口(6:51)→陣尾(7:40~7:44)→
    貝釣り(8:08~8:22)→笈釣り・観音岩・笙の窟(8:38~8:56)→
    糸ヶ峰(9:22~9:28)→林道(10:04~10:15)→愛敬瀬戸(11:03)
   →昼食(11:08~11:44)→大日ヶ岳(11:56~11:58)→斫石峠(13:00)
   →釈迦ヶ岳(13:28~13:32)→分岐(13:46)→湯谷越(14:04)→深倉越
   (15:09)→深倉園地(15:40)

深倉園地に6時集合。車をデポ。小石原焼伝統産業会館の駐車場へ移動。ここより出発です。
ポンちゃんより今回の概要の説明があり、危険個所・長丁場の歩き。気を引き締めて歩きましょう。
e0164643_14172059.jpg


「役行者」の鳥居を潜り、行者堂・護摩場の説明を受け、香水池の案内板へ。
「膝石」・・足をのせるだけで膝の病に特効あるとのこと。皆さん交代で。もちろん私も~
e0164643_15134870.jpg

e0164643_15145635.jpg


陣尾まではツチグリやクチベニタケ、キジョランの葉をを見つけ、おしゃべりしながら歩きますが~
e0164643_15221117.jpg


陣尾(675.8ⅿ)に到着。衣服調整。これからはまず貝釣り。ポンちゃんとhigeさんが先に行き、ロープを設置。2日間雨が降ったので岩も濡れており、コケもありで滑りやすい(今回は禁句ではありませんでした)
e0164643_15275680.jpg


笈釣りでザックをデポし、まず観音岩へ。それから残置ロープを使って「笙の窟」へ。
e0164643_1538325.jpg


みなさん、降りて・上って~だから時間がかかります。けどこんな危険な場所でやはり修行をされていたかと思うと行ってみたくなります。

登山道に戻り、ここからが正念場。糸ヶ峰です。
e0164643_15443438.jpg


e0164643_15445296.jpg


危険個所の糸ヶ峰を過ぎ、やっと皆さんに笑顔が戻りました。が時にはこんな岩場へ~
e0164643_15522353.jpg


林道で一休み。おやつタイムです。振り返って降りてきた山を眺めます。

林道から急坂に取り付き、その後もアップダウンを繰り返して「愛敬瀬戸」に到着。「女岩」の案内板があり、ここでは目隠しをしてその岩の割れ目を通り抜ける修行があったそうです。仏の子として生まれ変わるということらしいです。

その近くの広場で太陽を浴びながら昼食。昼寝をしたい心地よさ。男岩があったよ~とのことで、またまたみんなで行くことに。
e0164643_1615940.jpg


そこからあっという間に大日ヶ岳(826ⅿ)の山頂へ。またまた岩場があり、それをクリアして斫石峠へと進みます。
釈迦ヶ岳(844ⅿ)の山頂で記念撮影(higeさん提供)
e0164643_1653277.jpg

e0164643_1655470.jpg


今までの道に比べると足に優しい登山道を歩き、湯谷越に到着。後は少し登って下るだけ~~
e0164643_1622184.jpg


深倉越に到着。ここで私ども夫婦がトップを交代。登りに使うことはあっても下りはありませんでした。休憩を含めて8時間は歩いています。怪我をしないようゆっくりと下山。
e0164643_16443660.jpg


深倉園地の慈母観音に到着。駐車場へ行くと山友の「山帽子さん」が差し入れを持って待っていてくださいました。思わぬサプライズに嬉しかったですねぇ~~(^^♪
前日に「明日は何人ぐらいですか~」「12人ぐらいだと思いますが~」

山帽子さん、冷たいコーヒーゼリーがとっても美味しかったです。有難うございました<(_ _)>

移動して見かけた今日のお花です。ギンリョウソウの赤ちゃん、ミスミソウ、ショウジョバカマ
e0164643_16452339.jpg


今回のカシミールでの軌跡(携帯の軌跡をカシミールに移項)。
e0164643_16471741.jpg


同行のけいこたんより教わった携帯での軌跡のアップの仕方。日々頭の訓練です^^
e0164643_1651354.jpg


同行の皆さん、お疲れさまでした。今回も無事に歩き通すことができました。有難うございました。
by nobucyansyuncyan | 2016-03-22 17:15 | 英彦山系 | Comments(20)

英彦山のマンサク

12日に佐渡窪のマンサクを見に行ったが、英彦山のマンサクもそろそろ見頃では~~

週末に峰入り古道を歩きます。4回目の今回は小石原から深倉越までの長丁場。

この峰入り古道のハイライトです。少し歩いておかなければ~~

22回目:3月15日(火)   英彦山   天気:晴れ   2名+2名
ルート:別所駐車場((9:22)→奉幣殿(9:39~9:42)→三呼峠(10:47)
    →分岐(10:57)→展望所(11:15~11:20)→南岳(12:01)→
    中岳(12:15~12:51)→北西尾根経由→モアイ像→分岐(13:46)
    →青年の家(14:15)

別所駐車場より奉幣殿へ。すると本殿の前では何やら用意がされておりました。

10時半よりお田植え祭の神事が行われるとのことです。
e0164643_20223340.jpg


観たいけど~残念。今日は山歩きモードです^^  お参りを済ませ、出発です。

四王寺の滝への取り付きを過ぎ、倒木などがある少し荒れた登山道をひたすら登り三呼峠へ。
大南神社への道は工事中で通行止め。標識も新しくなっています。
e0164643_20331919.jpg


材木石の手前より登山道には雪が・・・展望所より眺める岳減鬼山~猫の丸尾。雪で斜面は真っ白。
この週末はその手前まで歩くのだけど、金曜日の天気予報は雨だけど山はーー 心配です。
e0164643_20382935.jpg


木々に残っている雪は丁度「コブシ」の花が咲いているような~~
e0164643_2049424.jpg


南岳への道。雪も少し深くなりました。
e0164643_2052414.jpg


南岳到着。丁度お昼の音楽が聞こえてます。一等三角点にタッチして中岳へ。
e0164643_21135491.jpg


e0164643_20545633.jpg


中岳のマンサクは丁度見頃です(^O^)/

中岳で「中間の宮ちゃん」とバッタリ~^^ そして八代からおい出たという犬連れの御婦人。
「ブログ見てますよ~」と声をかけてくださいました。有難うございます<(_ _)>

お昼を済ませ、宮ちゃんと一緒に下山。旅は道連れ。同じテーブルでご一緒だった単独の方も一緒にいいですか~と追いかけて来ました。北西尾根を進みます。途中からモアイ像へ。
e0164643_2113278.jpg


スキー場へと下山。そこから青年の家へ。宮ちゃんの車に相乗りさせていただき別所駐車場へ。
e0164643_21291749.jpg


宮ちゃん、どうも有難うございました。

今日見かけたお花です。
e0164643_21281888.jpg


e0164643_21283376.jpg


e0164643_21285388.jpg


北岳~豊前坊へと下山予定でしたが、少し楽ちんしました。

さて峰入り古道、無事に歩き通せるか~~??
by nobucyansyuncyan | 2016-03-16 21:35 | 英彦山系 | Comments(14)

佐渡窪のマンサク

例年この時期にくじゅうのマンサク詣でに出かけている。

最初の計画では牧ノ戸から沓掛山付近のマンサクを眺め、星生山まで行き、下山してお花散策の予定だったが、山に登るとついつい次はあの山へ~となりそうだったので、午前中は軽めの山歩き。午後からお花散策と言うことにしまして~~

今年の佐渡窪のマンサク。花つきは良かったです。まだつぼみも多く、これからが見頃となりそうです。
e0164643_215457.jpg


21回目:3月12日(土)    佐渡窪    天気:晴れ   2名
ルート:登山口(8:50)→くたみわかれ(9:16)→佐渡窪(10:14~10:53)
    →くたみわかれ(11:37~11:54、昼食)→登山口(12:12)

我が家を6時過ぎに出発。途中で日の出を迎え、玖珠についたときは一面のガス。全く見通しが悪く、相方さんは慎重に運転。川筋を離れると空は一面の青空(^^)/ 涌蓋山も雪化粧(^^♪
e0164643_21192340.jpg


e0164643_21194647.jpg


頭上のマンサクを眺めながら進んでいると登山道は雪道に。

佐渡窪に到着。お目当てのマンサクの木へ一目散。咲いていましたねぇ~(^o^)/
e0164643_2273830.jpg


大船山を見上げると山頂は霧氷の世界。
後から来る方はどなたもマンサクに立ち寄ろうとはしませんね。山へGO!!かな
e0164643_22101126.jpg


佐渡窪に別れを告げて、くたみわかれのベンチでランチタイム。
e0164643_22143185.jpg


行きがけにはなかった雪のお顔。どなたの作でしょうか、かわいいですね^^
e0164643_2222960.jpg


これからは有名になった、私にとっては「秘密の花園」

アズマイチゲ
e0164643_22243365.jpg


ユキワリイチゲ
e0164643_22252420.jpg


サバノオ
e0164643_22275448.jpg


フクジュソウ、サバノオ
e0164643_222773.jpg


エイザンスミレも。アマナはまだ早いのかな。見当たりませんでした。
シロバナネコノメソウもいつも見かけるところでは見当たりませんでした。
e0164643_22315093.jpg


今年もくじゅうの春を告げるお花に出会えて大満足の一日でした\(^o^)/
by nobucyansyuncyan | 2016-03-13 22:41 | 大分県の山 | Comments(18)

野焼き後の平尾台

2月28日に平尾台の野焼きが行われたようだ。

27日~28日はやまびこ会の雲仙オフ会に参加。

野焼きが行われたばかりなので、花の咲くのはこれからだが、台上の状況を知りたくて散策。

20回目:3月8日(火)   平尾台    天気:曇り   3名
ルート:茶が床園地(9:42)→貝殻山(10:16)→周防台(11:05)→岩山
    (11:42~12:00、昼食)→茶が床園地(12:30)

野焼き後の平尾台を歩こうかねぇ~で、山帽子さんのブログへ平尾台をうろうろしませんか~と書き込み。何時ごろどこですか~とのメールが届く。

9:30、茶が床園地にて待ち合わせ。

今日は黄砂かPM2.5だろうか、霞んで全く展望が悪い。
e0164643_1439133.jpg


周防台への道
e0164643_1440158.jpg


お気に入りの岩山にてランチタイム。ふと四方台方面を眺めると、遠目でも体格のいいのがわかる方々が何かを持って下りてきている。何だろうねぇ~でしばらく眺めていると、目の前を通過。「救護の訓練」だとのことです。許可を得て写真を撮らせていただきました。
e0164643_1448199.jpg


今日、見かけたお花。オニシバリ。
e0164643_14542611.jpg

e0164643_14551567.jpg


今日 平尾台を歩いたのは山友さんから教えていただいたⅰPhoneを利用してのGPSの軌跡。
山友さんから詳しくやり方をメールで送っていただきましたが、何しろ70歳手前の我が身。
わからないところは娘にSOS。どうにかできた様かな??
e0164643_1575283.jpg


今にも泣き出しそうな空模様。下山してからポツリポツリと。

山帽子さん、お付き合い有難うございました。
by nobucyansyuncyan | 2016-03-09 15:14 | 平尾台 | Comments(6)