<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

脊梁の山のまとめ

2月23日(土)、岩宇土山のGPSの軌跡
e0164643_2045261.jpg


2月24日(日)、平家山~京丈山縦走の軌跡
e0164643_20471666.jpg


Mishanさんより拝借した集合写真
e0164643_20491221.jpg

e0164643_20494614.jpg

by nobucyansyuncyan | 2013-02-28 20:50 | 熊本県の山 | Comments(2)

脊梁の山、平家山~京丈山縦走

やまびこ会・五家荘オフ会、2日目です。

五家荘自然塾をMishan号・まっちゃん号・サスケ号・信ちゃん号で一足先に出発。

先頭車のMishan号、時々停車して落石を片付けます。

車高の高い四駆の車の方は?と前夜言われたのも頷けます。

ハチケン谷の登山口に3台をデポ。Mishan号で平家山登山口のとぞの谷駐車場へ移動。

11回目:2月24日(日)     平家山~京丈山     天気:晴れ     30数名
ルート:平家山駐車場(9:12)→平家山登山口(9:35)→平家山(11:11)→昼食
     (11:57~12:30)→分岐(14:01)→ワナバノ谷分岐(14:44)→京丈山
     (15:27~15:42)→雁俣山分岐(16:15)→ハチケン谷登山口(16:30)
     →平家山登山口へ車の回収→R445広場にて解散(17:45)

23日のみの方、24日のみの方などが居られ、デポ車以外の方は二本杉広場に8:10集合。

デポ車が到着した時は、もう皆さん出発準備OK。急いでこちらも準備をする。

Mishanさん、かわせみさん達が五家荘プロジェクトで登山道の整備などをされ、レスキューポイントを設け、緯度・経度を書きこんでいます。登山口は14番。
e0164643_1619882.jpg


樹林帯の登り。ポイントは16番。
e0164643_16221029.jpg


今日は快晴。展望も素晴らしい\(^o^)/  こぶの山は小金峰とのこと。
e0164643_16242342.jpg


11時過ぎに平家山に到着。未踏の山ですので、2人で記念撮影。
e0164643_1626561.jpg


鞍部にて昼食を済ませ、京丈山へ。この縦走路は気持良く歩くことが出来ました。

天主山・その奥に祖母山、だら~とした鈍頂の目丸山などを教えていただきました。
e0164643_16322740.jpg


e0164643_16324160.jpg


ブナの木々、新緑・紅葉、きれいなことでしょうね。近ければ何度も通いたいのですが・・・・
e0164643_16343855.jpg


アップ・ダウンを繰り返してやっと目の前に京丈山が~~
e0164643_16362835.jpg


e0164643_16364560.jpg


15:30、予定されていた時間より多少遅れましたが、京丈山に到着。

「道中、どこかに宝物がありますからねぇ~」世話人のかわせみさんが言われていましたが、京丈山の山頂標識に封筒がテープで留められており、やらせではありませんが、偶然にかわせみさんの奥さんのやませみさんが見つけました。

五家荘プロジェクトの方からのお礼状でした。

山頂からは眼前に雁俣山、その奥に微かではありますが雲仙・普賢岳も見えていました。
e0164643_1648031.jpg


皆さん、下山の早いこと^^    ハチケン谷の登山口に無事到着。

デポした車で平家山の「とぞの谷駐車場」に運転手を乗せ、車の回収。

R445号線の林道入口の広場で解散式。

世話人のMishanさん、かわせみさん、有難うございました。

参加者の班編成、配車などお手数をおかけしました。

お陰さまで楽しい山歩きが出来ました。

また機会があれば参加したいし、脊梁の山を歩きたいですね。
by nobucyansyuncyan | 2013-02-26 16:48 | 熊本県の山 | Comments(10)

岩宇土山へ・・・福寿草を求めて

インターネットの山の会・やまびこ会の五家荘オフ会に参加してきました。

23日は岩宇土山の福寿草。24日は平家山~京丈山の縦走。

岩宇土山の福寿草は久しぶり。24日の山は初めての山ですのでとっても楽しみです。
e0164643_21412164.jpg

23日は9:30「久連子古代の里」に集合です。

22日の19時半ごろ我が家を出発。宮原S・Aで車中泊。

八代I・Cで高速を下りて、宮原交差点より五木方面へ。道の駅「子守唄の里・五木」で休憩。

今回の世話人の一人の「やませみさん・かわせみさん」や「サスケさん・ミーコさん」「久留米のNさん」にお会いする。

集合場所の「久連子・古代の里」へと移動。

9:30、五家荘オフ会の受付開始。参加者は37名。4班に班編成で私どもはB班。
e0164643_21403878.jpg


今回の世話人のMishanさん、かわせみさんの挨拶。

10回目:2月23日(土)     岩宇土山     天気:晴れ     37名
ルート:古代の里(9:45)→登山口(10:10)→山の神(11:14)→久連子岳(11:50)→
     昼食(12:00~12:25)→岩宇土山(12:53)→分岐(13:04)→白崩平(14:00)
     →オコバ谷登山口(14:50)→古代の里(15:30)→五家荘自然塾

福寿草は丁度見頃のよう。登山者も多く、路上駐車となるので、古代の里より準備運動を兼ねて歩く。

登山口よりいきなりの急登が始まります。山の神に到着。鍾乳洞までの間はトラバースするところがあり、霜柱が弛んで落石が起こり易い。

e0164643_22305782.jpg


鍾乳洞に到着。今回のもう一つの楽しみ、氷筍は小さいのが2~3個ありましたが、写真写りは??

鍾乳洞の真上が久連子岳。新しい山名の標識がありました。B班での記念撮影。

e0164643_2235383.jpg


鞍部にて昼食。昼食後、見晴しのよいところでMishanさんが山の説明。
e0164643_22403466.jpg


オコバ谷への分岐より白崩平への下りは凍結しており、注意して進む。

誰か転んだぁ~とのことでしたが、幸いに怪我はなかった様子。

福寿草の花畑は今が満開(*^。^*)
e0164643_22494914.jpg


e0164643_22495854.jpg


e0164643_234577.jpg


渡渉をし、対岸に渡る。ここは地元の消防署・泉分署の方がロープを持って待機してくれていました。
e0164643_2331037.jpg


今回の世話人さん達が「五家荘プロジェクト」で登山道の整備などを泉分署の方々とされています。

本当に感謝です<(_ _)>

皆さん、無事に歩き終えて今晩宿泊組は「五家荘自然塾」へと移動。

明日の行程の説明、自己紹介のしながら鍋を囲み、山談義を楽しみました。
e0164643_2391233.jpg


明日も天気がよさそうで~す(^O^)/
by nobucyansyuncyan | 2013-02-25 23:11 | 熊本県の山 | Comments(8)

GPSを片手に明星山へ

遠来のお客さんの「宮崎のまっちゃん」、五十嵐さん、サスケさん、相方さんは黒髪山へ。

tetu-1さん・ミラさん御夫婦は午後から所用のため島原へ。

ミーコさん、久留米のNさん、私の3人は「かわせみ先生」御指導で午前中は机上講習。

私はサスケさんのパソコンをお借りして、カシミール上にGPSからダウンロード。

カシミール3Dのやり方などを教えていただきます。(どこまで理解出来るか??)

1人が理解したのを先生役になって教えあいますが、途中で???

かわせみ先生の出番です。

そしてこれから歩く明星山をGPSへアップロードして、午後から実技講習。


9回目:2月17日(日)     明星山      天気:曇り     4名
ルート:登山口(14:08)→炭焼小屋コース→明星山(15:27)→分岐・沢コースへ
     (15:47)→下山(16:15)

登山口近くの車道より出発。GPSの電源を入れ、軌跡をONにします。

他の皆さんはこのコースを以前に歩いていますので、全く初めての私が今日は先頭。

GPSを片手に持ち、入れ込んだ軌跡をもとに進んで行きます。

曲がり角になると、「ちょっとそのまま進んでみてください。道が間違ったのがわかりますから~」

e0164643_10285749.jpg


二股の分岐にきました。かわせみ先生のは直登コース。

「右を行ってコースの違い、合流箇所の確かめをしましょうか」  「は~い 了解!」

山頂に到着。Nさんが印刷してきたカシミール3Dで山座同定。霞んで展望は余りありませんでしたが・・

e0164643_10361697.jpg


久留米大名誉教授の脇坂順一さんがこよなく愛した明星山。

脇坂桜などが植えられ、ベンチもありました。

暖かな陽射しの下でのランチタイムなど最高ではないでしょうか(^^♪

そこへミーコさんの携帯へ黒髪山コースのサスケさんより「もうすぐ帰り着きます」のコール。

尾根コースへと進み、分岐でGPSにてチェック。沢コースへ。

無事に帰り着きました。かわせみ先生 有難うございました<(_ _)>

サスケさん宅に帰り着いてから、Nさんが代表して今日の軌跡をパソコンに取り込む。

出来ました~~\(^o^)/

e0164643_10513460.jpg


今回の軌跡です。
e0164643_10531920.jpg


赤丸の所が二股の分岐でのルート。

私がGPSを手に持って歩いたのは、分水嶺の踏査のとき。会所有のGPSでした。

登山中の軌跡を取り、決められたポイントで緯度・経度を計り、書類に記入。

藪に突っ込み現在地がわからなくなったときに、緯度・経度で現在地を確認。

そのような使い方でしたので、軌跡をたどって歩く、とかはありませんでした。

前回の山口でのGPSの講習会。そして今回のかわせみ先生の親切丁寧な講習。

有難いことです。場所を提供してくださったサスケさん・ミーコさんに感謝です<(_ _)>

五十嵐さん、まっちゃん、楽しい懇親会でした。

tetu-1さん・ミラさん、2月のオフ会、取りあえず終了しましたね(^_-)-☆

久留米のNさん、覚えて今度は教えてくださいね。私の頭は退化してきていますので・・・・

かわせみさん、本当に手取り・足とり教えていただきまして感謝です!!

またよろしくお願いします。

そして最後になりましたが、サスケさん・ミーコさん有難うございました。

お世話になりました<(_ _)>
by nobucyansyuncyan | 2013-02-19 11:13 | 福岡県の山 | Comments(10)

福岡県の低山を歩く。黒金山~牛頸山

仲良し山友との「友達の輪~!!」

本来は1月の半ばに予定されていたGPSの勉強会。

私の風邪が長引き、今日に延期してもらいました。

9時半に小郡市の「山想空間」に集合。大野城いこいの森キャンプ場へと向かう。


8回目:2月16日(土)      黒金山・牛頸山    天気:晴れ    9名
ルート:キャンプ場(10:20)→黒金山登山口(10:24)→黒金山(10:59)→
     鉄塔広場にて昼食(11:53~12:22)→三市町境界山(12:25)→牛頸山
     (12:51~13:00)→キャンプ場(14:00)

e0164643_2231020.jpg


登山道はきれいに整備され、分岐にはきちんと標識も設置されていて、なかなか良い山でした。

黒金山(304m)を過ぎ、鉄塔のある広場にて風を避けて昼食。

英彦山はかすかですが遠望出来ました。

三市町境界山のピークを過ぎて急坂を登ると牛頸山の山頂です。

三郡山・宝満山や立石山なども見え、丁度航空機も着陸態勢に入り、高度がぐーんと下がってきています。
e0164643_22562655.jpg

e0164643_22571890.jpg


山頂からの展望を楽しみ、さて下山してサスケさん・ミーコさん宅へ。

夕飯の下準備をしてから、GPSの勉強会。

今日 歩いたルートをパソコンに取り込みます。

遠来のお客さんも見え、宴会の始まりです。11人となり、賑やかな一夜でした^^
e0164643_22574053.jpg


持参された「甕雫」宮崎の焼酎です。我が家の相方さん、にこにこです(^_-)-☆

今日のコースのGPSの軌跡です。
e0164643_23204018.jpg

by nobucyansyuncyan | 2013-02-18 23:22 | 福岡県の山 | Comments(8)

春の花・散策

2月14日(木)    天気:曇り時々晴れ     3名

前日の天気予報を見ると、明日は晴れマーク^^  気温も高い~~

とのことでしたので、ゆっくり歩きのお姉さんにお誘いの電話をする。

「福智花公園へお花散策へ行きませんか~~」

途中のコンビニでお弁当調達。

園内一番乗り~(^^♪   花公園のH・Pで咲いている花もチェック済み^^

フクジュソウ、セツブンソウ、ユキワリソウ、ユキワリイチゲもありましたね。
e0164643_22224261.jpg


e0164643_22233131.jpg


e0164643_22245941.jpg


e0164643_22251587.jpg


ベンチでランチタイム。今年初めて会うので新年の挨拶・今年の抱負など~~

話題に事欠くことはありません^^   ピーチク・パーチクさえずってました(^^♪

まだこれからもた~くさんの花が咲きそう。

シャクナゲも蕾がいっぱいついてました。

またその内出かけることにしましょう!!
by nobucyansyuncyan | 2013-02-14 22:36 | 出来事 | Comments(8)

最終日・弥山へ

7回目:2月10日(日)      弥山     天気:曇り     4名
ルート:キャンプ場→南光河原(6:01)→夏山登山道→アイゼン装着(6:50)→
     五合目(7:28)→六合目避難小屋(7:48~7:55)→山頂(9:009→
     六合目避難小屋(9:38~9:44)→キャンプ場(10:55)

SLのTさんが体調不良で、山へは行かずに我々が登っている間にテント撤収などをしてくださるとのこと。

年長のTさんとお二人が留守番。4名で出発。

南光河原でトイレを済ませ、しっかりトレースの付いた夏山登山道を登ります。

二合目から繊細な霧氷が付き、きれいなんですがまだ夜は明けておらず、ヘッドランプ着用。

足元が滑って歩きづらいのでアイゼン装着。もうヘッドランプもいらなくなりました。

e0164643_1715195.jpg


六合目の小屋前で一休み。今年は小屋も全体が見えています。やはり雪が少ないようですね。

六合目から上は風通しもよすぎて耳が痛い。目出帽を着用。

海老の尻尾も20~30㎝ぐらいのがありますが、視界も悪いし、白の世界なので写真は無し。

山頂下の避難小屋を通過し、山頂へ。居合わせた方に撮っていただきました。
e0164643_17274790.jpg


あっという間に六合目の小屋に戻ってきました。

まだ10時前ですので、どんどん山頂へ向かっていきます。

小屋から一列に並んでの歩行、これは絵になりますね^^スキーの方も居られました。
e0164643_17304949.jpg


下山時は少し青空も見えましたので、写真タイムを取りながら~(*^。^*)
e0164643_17333738.jpg

e0164643_17335864.jpg

e0164643_17342665.jpg

e0164643_17344360.jpg


キャンプ場へ戻ってくるとマイハウスはきれいに片付き、温かいココアを準備して待っていてくれました。

今年はテントも少ないようですね。
e0164643_1741742.jpg


大山寺の旅館で入浴。昼食を済ませ、予定より早めのバスで米子へ。

来た時と同じように松江へとJRで移動。

松江の居酒屋で祝賀会兼反省会。

バスに乗り込んだ途端、バタンキューで小倉までぐっすりでした~(^^♪

念願の三鈷峰へ登頂できました。同行の皆さんに感謝です!!
by nobucyansyuncyan | 2013-02-13 17:50 | 中国地方の山 | Comments(9)

念願の三鈷峰へ

雪山の伯耆大山、2003年・2004年・2008年・2010年・2012年・2013年と6回目です。

2003年、元谷から上宝珠越でトレースのある道を進み、ユートピア小屋まで行くもトラバース道が雪崩が起きそうな気配だったので、三鈷峰へは行かず・・・・

2010年は下宝珠越横の尾根を登り、中宝珠越の先まで行くがラッセルに疲れ、タイムアウト。

2012年は中宝珠越横の尾根より取り付き、上宝珠越まで行くがホワイトアウトで撤退。

そして今年。自分自身では冬の伯耆大山は最後と決めていました。

ミーティングの段階で「今年こそ登ろう!登りたいねぇ~!!」

けどお正月過ぎから用心をしていたのですが、風邪をこじらせ、20日間だらーとした生活。

果たして体力が持つかどうか・・・?   同行の皆さんに迷惑をかけないように~~

6回目:2月9日(土)      三鈷峰(1516m)     天気:曇り時々晴れ    5名
ルート:キャンプ場→南光河原(5:37)→大神山神社(6:05)→尾根取り付き(6:51~6:58)
    →撤退(7:35)→再度尾根取り付き(8:00)→中宝珠越(9:58)→アイゼン装着
    (11:16~11:30)→上宝珠越(12:13)→ユートピア小屋(13:00)→三鈷峰(13:33)
    →分岐(13:56~14:03)→上宝珠越(14:23)→中宝珠越((15:15)→元谷(15:52)
    →キャンプ場(16:50)

4時起床。朝食は雑炊。風邪気味の年長のTさんは留守番。5人で出発。

昨日付けていたトレースを辿り、尾根取り付き点へ。
e0164643_14143411.jpg


木々をまたいだり、掻き分けて進むも目の前に岩盤が・・・・

左は絶壁、右は急峻な谷。巻いてもその先の状況がわからない(>_<)

リーダーの「戻ろう、隣の尾根から取り付こう」で撤退する。1時間のロスタイム。

再度、昨年登った尾根より取り付く。トレースは全く無し。TさんとNさんが交代でラッセル。

宝珠尾根よりの三鈷峰・・・・今年は登れるかなぁ~  期待と不安。
e0164643_1432506.jpg


痩せ尾根は経験豊富なTさんがラッセル。
e0164643_1437110.jpg


上宝珠越手前のピークにてアイゼン装着。ここからはユートピア小屋目指して進む。

トラバース道。慎重に歩く。ユートピア小屋に到着。
e0164643_14594857.jpg


目の前に三鈷峰。宝珠尾根から見た山容とは違い、きれいな姿をしています。
e0164643_14472118.jpg


ずっと交代でラッセルしてくれた2人は流石に疲れが見え、ここからは交代でラッセルに加わる。

でも疲れた足には一歩・一歩がきつい~(>_<)   ラッセル先導のお二人には本当に感謝!!

念願の三鈷峰に到着\(^o^)/ 
e0164643_14583130.jpg


やっと登ることが出来ました!!  今回、気力はあるが体力不足がもろに出ました。

同行の皆さんに感謝あるのみ<(_ _)>    分岐にて一休憩。

さぁ~帰りのトラバース道は特に気をつけて~~  いつ雪崩が起きるかわからない状況です。

上宝珠尾根まで戻ると一安心ですが、これからも息が抜けません。

痩せ尾根を戻り、ピークへの登り返し。
e0164643_151398.jpg

e0164643_15133547.jpg


中宝珠越より元谷へ。途中シリセードもして~~
e0164643_1517170.jpg

e0164643_15171984.jpg


無事にテント場へと帰り着きました。みんなで乾杯~~!!

今回のGPSの軌跡です。
e0164643_15222650.jpg

by nobucyansyuncyan | 2013-02-13 14:16 | 中国地方の山 | Comments(6)

伯耆大山へ

やっと念願の伯耆大山・三鈷峰(1516m)に登ることが出来ました\(^o^)/

宝珠尾根からの三鈷峰です。
e0164643_16594197.jpg


2月7日(木)
伯耆大山へ向けて出発。    6名。

米子行きのバスが人数分取れなかったとのことで小倉駅前高速バス停 23:25発の松江行きに乗車。

夜行バスにて車中泊。乗客が少なかったので、座席を存分に倒しぐっすりと寝る。
e0164643_1763935.jpg



2月8日(金)

定刻の7:05松江駅前着。市内はうっすらと雪化粧。

松江駅~米子駅はJRにて移動。米子より大山寺は路線バスにて移動。10:34着。

e0164643_17792.jpg


登山届けを提出して下山キャンプ場へ。

さてテント設営の準備です。

一列に並んで雪を踏みこんだり、スコップで平にしたりで2つのマイハウスが出来ました。
e0164643_20512950.jpg


お昼を食べ、13時元谷へと出発。今回は昨年滑落停止などの練習をした尾根より中宝珠越の先の稜線へと出るルート。

大神山神社まではトレースも着いていますが、それからは全く無し・・・・

元谷へと進み、取り付き地点までしっかりとトレースを着けてきました^^
e0164643_2195121.jpg


林道のカーブミラーも低い位置にありますね^^

さぁ、テントへと戻り、今晩のメニューはアルファー米の五目ご飯と具たくさんの豚汁。

明日の準備を済ませ、19時ごろにはお休みタイム~ZZZzz
by nobucyansyuncyan | 2013-02-11 17:15 | 中国地方の山 | Comments(13)

春の花を求めて~ セリバオウレン

「一日の王」のタクさんのブログにセリバオウレンがアップされていた。

もう咲いているんだぁ~!   逢いたいなぁ~~!!

午前中 相方さんは歯医者。私は買い物を済ませ、昼食後「お花を観に行こうか~」

英彦山山麓に車を走らせ、目を凝らして探しました~

e0164643_22502897.jpg


まだ花芽は少ないです。まだまだ開きかけ~~  けど感激~!!


5回目:2月5日(火)      岩石山      天気:曇り      2名

いつもは添田公園から登る岩石山ですが、今日は午後から雨の予報。

短時間で登れる赤村からのピストン。

岩石不動明王や針の耳、大きな岩が点在し、面白いコースです。

e0164643_2314221.jpg

e0164643_2323235.jpg


赤村の展望   東屋もありました。
e0164643_2334342.jpg


e0164643_2363390.jpg


いつもランチタイムをする八畳岩に到着。

雨が降り始めたので急いで下山。往復1時間以内の山歩きでした~^^
by nobucyansyuncyan | 2013-02-05 23:11 | 英彦山系 | Comments(12)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan
プロフィールを見る
画像一覧