19回目:2月27日(月)      英彦山     天気:晴れ     2名
ルート:豊前坊駐車場→高住神社(9:30)→北岳(10:29)→中岳(11:00)→
     南岳(11:15~11:20)→中岳(11:32~12:13、昼食)→北西尾根経由
     →スキー場(13:10)→豊前坊駐車場(13:40)

英彦山の四王寺の滝も一段落となったようで、今日は霧氷見物の山歩きです。

「どこから登ろうか~」行きがけの車の中での話し合い~~

英彦山が近くなると霧氷がびっしり!!  青空です!!

霧氷が融けない内に~、で豊前坊まで車を走らせる。道路には全く雪はありません。

豊前坊は-1℃     空気がひんやりとしています。

高住神社で御参り。いつもお会いするFさんは今日はお休みとのことでした。
e0164643_21492097.jpg

シオジ林の案内板があるところから登山道は凍結しています。注意して歩きます。

北岳の肩の手前の凍結するところとオオヤマレンゲのある岩場は特に要注意です。

危険なところを過ぎると、「もう霧氷がきれい!!」 写真を撮りまくり・・・・・(^^♪
e0164643_22142411.jpg

e0164643_21563984.jpg

e0164643_2157833.jpg

e0164643_22163347.jpg

北岳から中岳の眺め
e0164643_21584829.jpg

11時に中岳到着。お昼にはちょっと早いので先に南岳へ。1等三角点にタッチ。

南岳から中岳への下りはまた要注意。北に面していますので凍結しています。

南岳から中岳の眺めです。
e0164643_22155854.jpg

中岳休憩所でランチタイム。  温度計は2度でした。

嘉麻市のMさんとKさん御夫妻にお会いしました。

下山は北西尾根経由でスキー場を通り、豊前坊へ。

この冬一番の霧氷に出合えて満足、大満足!!

帰りは「とある場所」にて「セリバオウレン」   健気に咲いています。
e0164643_2229159.jpg

by nobucyansyuncyan | 2012-02-27 22:32 | 英彦山系 | Comments(16)

18回目:2月24日(金)     仰烏帽子山(1302m)    天気:晴れ時々曇り   4名
ルート:元井谷登山口(9:54)→夫婦杉(10:42)→仏石分岐(11:13~11:23)→
     仰烏帽子山(12:10~13:02)→兎群石山へ(13:08~13:25)→仏石分岐
     (13:57)→仏石・福寿草群生地→第2登山口(15:28)

今年も「春告げ花」の福寿草がもうそろそろ~と思っていましたら、「そうだ!山に行こう」のいーさん、「山草花」・「Haruの気まぐれ日記」のHaruさん・HiroさんのH・Pで雪の中からの福寿草の花が掲載されていました。

24日は晴れマーク。ミラさんにメールをすると「行きま~す!!」

緑川P・Aで8時前後で待ち合わせ。松橋I・Cより国道3号、443号、25号を通って元井谷へ。

今回、車が2台ですので第2登山口へ1台デポし、元井谷登山口へと戻り、出発。

歩き始めてすぐにロープ越にお花が見えますが、写真を撮るにはちょっと遠~い。

夫婦杉の辺りから可愛らしい蕾が迎えてくれます。
e0164643_20572252.jpg

地元の方が5人ほど登山道の整備や福寿草が踏まれないよう石囲いをしたりしていました。

お陰さまで今年も可愛らしい福寿草のお花に出逢うことが出来ました。感謝、感謝!!

仏石分岐の手前で第1・第2登山口への標識が新しく設置されていました。

先ずは山頂へ。気持のよい縦走路。tetu-1さん、ミラさんは初めてのお山とのこと。
e0164643_2181457.jpg

山頂の4人での記念撮影はミラさんのカメラですので、後ほど~~  届きましたよ<(_ _)>
e0164643_21173572.jpg

今日はお天気が良すぎて霞んでいます。残念ながら普賢岳は見えませんでした。

山頂でゆっくりとランチタイム。山や旅行などお互いの近況など話はつきません^^

群生地へ行く前にもう1つのピーク、兎群石山へ。
e0164643_2119593.jpg

縦走路へ戻り、仏石分岐から仏石へ。
e0164643_21244670.jpg

e0164643_2125943.jpg

お花も丁度 見頃(*^_^*) ロープ越しに「今日の一枚」を一生懸命探します。
e0164643_21344450.jpg

福寿草の群生地へと移動。ここでもお花がたくさん出迎えてくれました^^

もう足が前に進みませんね~
e0164643_21491847.jpg

e0164643_21502941.jpg

今日の一枚かな?
e0164643_21543317.jpg

群生地手前で前後して歩いた3人連れとまた御一緒になる。

「旅は道連れ」で第2登山口まで一緒に歩き、運転手のみ我々の車に同乗。
e0164643_22135975.jpg

ミラさん御夫婦とは元井谷でお別れし、我々は五木温泉で入浴。

翌日、もう一日山歩きする予定でしたが、今晩から雨が降る確率が高いようなので、「雨の中を歩くのは厭だねぇ~、帰ろうか」で相方さんと話がまとまり、急遽帰ることとなりました^^

今年も仰烏帽子山の黄金色に輝く福寿草を愛でることが出来ました。

やはり野に咲く花は野で愛でるのが一番。盗掘などされませんように~~

今回のGPSの軌跡。仏石からは電池切れとなっていました。
e0164643_2365429.jpg

by nobucyansyuncyan | 2012-02-25 22:34 | 熊本県の山 | Comments(8)

17回目:2月19日(日)     英彦山     天気:曇り     9名
ルート:別所駐車場(9:46)→奉幣殿(10:11)→梵字岩→天狗の鼻→四王寺の滝
     (12:22~12:35)→昼食(13:05~13:45)→811ピーク(14:10)→奉幣殿
     (15:04~15:15)→別所駐車場(15:35)

山口市と下関の山友が滝見物に来るというので御一緒しました。

相方さんは直前になって腹痛で急遽取り止めに・・・・・

英彦山への雪道、私一人で大丈夫かな?と心配だったのですが、慎重に運転をし、いつもの道の油木ダム経由で別所駐車場へ。

9:00~9:30に集合だったのですが、早目に着き、英彦山でいつもお会いするMさん、Sさん、Sさんと出会う。昭和の森での「焼き牡蠣」のメンバーです。

「ヤマメ11さん」ともバッタリ。英彦山、黒岳などでも遭遇。山のお話などお付き合いいただきました。

その内、今日のメンバーが到着。一気に賑やかになりましたね^^

梵字岩、天狗の鼻へ行ったことがない、とのことで御案内。

それから四王寺の滝へと歩きました。今日は日曜日。ギャラリーが多かったですね。
e0164643_1742041.jpg

e0164643_175897.jpg

春の足音がすぐそこまで・・・・・  氷の状態も今一歩ですね。
e0164643_178143.jpg

e0164643_1783118.jpg

e0164643_1784990.jpg

e0164643_179628.jpg

このギャラリーの中には「山ちゃん塾」の山下建夫さんもお出でていました。

余りの人の多さに混雑を避けて昼食を~とのことで、取り付き点近くまでも戻ってランチタイム。

山友が「811のピークから玉屋神社への道を歩こう」で、私も途中までは歩いてはいますがまだ未踏でしたので、地図を片手に痩せ尾根歩き。
e0164643_1720257.jpg

両サイド切れ落ちていますし、20㎝ほどの積雪。先頭を歩いた山友のリードで皆さん無事に渡り終えました。

奉幣殿で無事登山終了のお礼をし、別所駐車場へ。

今日一緒に歩いた山友は、「やはり英彦山はいいねぇ~!」の感嘆の声(*^_^*)

私も久しぶりに歩く山友がいましたので、会話を楽しみながらの嬉しい山歩きでした。
by nobucyansyuncyan | 2012-02-20 17:31 | 英彦山系 | Comments(6)

伯耆大山へ・その④

16回目:2月12日(日)      弥山     天気:曇り・山頂は吹雪     6名
ルート:夏山登山道(5:50)→5合目・アイゼン装着(7:03~7:20)→弥山(8:47)
    →9合目避難小屋(9:05~9:30)→5合目(10:34~10:40)→登山口(11:30)
    →昼食→テント撤収→入浴→米子へ→夜行バスで小倉へ→小倉着(13日、5:30)

留守部隊の1名を除き、今日も6名で出発。まだ夜が明けきらずヘッドランプを着け、出発。

4合目辺りから、木々に付いた樹氷が分厚くなってきています。(標識は雪の中で見えません)
e0164643_15423690.jpg

ヘリが旋回しています。最初 撮影かなと思ったのですが、遭難救助のヘリのようです。

5合目に到着。アイゼンを装着。
e0164643_15454779.jpg

展望もここまでは良好!
e0164643_1547114.jpg

e0164643_15473379.jpg

6合目の小屋を横目で探すが見当たらない。どうも雪の中のよう・・・・

休憩なしにどんどん登る。風が強くて休める状況ではなし。

前を行く登山者。  皆 前傾態勢で歩いてます。
e0164643_1554414.jpg

視界は悪くなり、ホワイトアウトに近い状況。そんな時、頂上避難小屋がうっすらの見えました(^O^)/

先ずは山頂へ。もちろん山頂標識は雪の中。小屋より先の平らなところを山頂としています。

私が仲間を撮って、撮影者交代で撮ってもらいますが、私だけカメラ目線^^
e0164643_1651028.jpg

頂上避難小屋にて休憩。2階から出入りします。(凧さんたちが前日 雪に埋まっていた入口を開けてくださったそうです。感謝!!)

6合目も通過。予定では行者谷を下りるようになっていたのですが、安全策を取り、元来た道を戻ります。

スキーやスノボーを背負った若者が上がって来ています。
e0164643_16165528.jpg

12時前に登山口に到着。マイハウスへは行かずにお店へ直行^^

ビールで乾杯!!温かいおそばをいただきました。

18:10の米子行きのバスまで時間がありますので、ガスを焚き、テントを乾かします。
e0164643_1644694.jpg

テントを撤収して、先ほどのおそばを食べたお店で入浴。気持よか~~!!

米子に着いて、22:30のバスまで時間がありますので、夕食と反省会(*^_^*)

今回も意義ある冬山合宿でした。大山は行く度にいろんな表情を見せてくれます。
e0164643_2116366.jpg

今回も登れなかった三鈷峰。帰り道 白く輝いていました。
e0164643_16335592.jpg


GPSの軌跡は電池切れで途中で終了していました。
by nobucyansyuncyan | 2012-02-16 16:45 | 中国地方の山 | Comments(9)

伯耆大山へ・その③

15回目:2月11日(土)      三鈷峰へ(上宝珠越の先で撤退)   
      天気:曇り時々晴れのちホワイトアウト         6名
ルート:テント場→南光河原駐車場発(5:30)→大神山神社(5:55)→元谷(6:30~6:40)
    →1242のピーク(8:05~8:55)→中宝珠越(9:05)→アイゼン装着(9:20~9:33)
    →上宝珠越(10:25)→ルートを外れる・撤退(11:45)→大神山神社(14:28)→
    南光河原(15:00)→テント場

2年前、大神山神社から下宝珠越へと取り付き、三鈷峰を目指したがタイムアウトで撤退。

今回は元谷から中宝珠越・上宝珠越・三鈷峰へと進む予定でしたが・・・・・またもや撤退。

三鈷峰は遠かった~~(ーー;)

南光河原駐車場でトイレを済ませ、5:30出発。順調に元谷到着。
e0164643_2115243.jpg

元谷より大山北壁の眺めは素晴らしい!!
e0164643_21235716.jpg


e0164643_21245311.jpg

北壁・大屏風岩の展望
e0164643_2125299.jpg

尾根を忠実に上がり、稜線に出る。が雪が多すぎて2年前とは様子が違うように見える。

ザックの中に忍ばせていたGPSを取り出し、現在地確認。1242のピークに我々は居る。

けど尾根は岩峰。両サイドは切れ落ちている。他に道はないかと探すがここしかないようだ。

どうにか中宝珠越に到着。ここからはうっすらとトレースがありました。

上宝珠越との間のピークでアイゼン装着。青空が覗き、樹氷が綺麗です。
e0164643_21502794.jpg

e0164643_21505580.jpg

このまま青空が続いて・・・・・と願うばかりです。

上宝珠越に着くころにはガスがかかり始め、目標となる三鈷峰も見えず、かすかなトレースを頼りに進む。

ユートピア小屋もガスの中。ホワイトアウトの状態。

再度GPSにて現在地確認。どうも天狗ヶ峰へと進んでいるような・・・・・

戻って三鈷峰へ行くにしても時間は足りない。リーダーの判断で撤退と決める。

中宝珠越まで足元注意。足を滑らせるとどこまでいくのやら~~

元谷へ無事下りる。ふーヤレヤレです。

先頭のサブリーダーは大変気を使ったことと思います。

大神山神社にて留守部隊の1人と合流。記念撮影
e0164643_22203855.jpg


一度はユートピアの小屋まで行ったことはありますが、三鈷峰には手が届かず・・・・

「また来いよ~」でしょうが、果たして夢は叶うのでしょうか?

本日歩いた軌跡です。
e0164643_2230477.jpg


その④に続きます。
by nobucyansyuncyan | 2012-02-15 22:31 | 中国地方の山 | Comments(4)

数値地図の掲載

(1)「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図20000(地図画像)、数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)数値地図50mメ  ッシュ(標高)及び数値地図10mメッシュ(火山標高)を使用した。(承認番号 平23情使、第597号)」
(2)地理院長の承認を得て作成した成果品(地図)を第三者がさらに複製又は使用する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。
○地形図には山旅倶楽部の1/25000を使用しています。拡大して使用しています。
承認期日 平成24年2月2日


1月のやまびこオウ会の時にCJNさんやかわせみさんにお会いし、国土地理院のことをお聞きしました。

GPSの軌跡をブログなどに掲載するに当たり、申請などしなくてよいのだろうか?

お二人より「是非 申請してください。」

以前 国土地理院よりパスワードを取得して申請しようと思ったのですが、書類の言い回しが難しく、そのままにしていました。

今回、「英彦山・四王寺の滝」のテレビ局の取材協力の時に、やませみ・かわせみさんよりいろいろと親切丁寧に教えていただき、申請しました。

2月2日に許可がおり、一番上の項目を明示しなくてはならず、ブログの右端に明示しようといろいろと試行錯誤しました。が、私の頭では???

どなたかいい知恵がありましたら、よろしくお願いします。


GPSに関しては、加入している山岳会の記念行事で中央分水嶺踏査で山を歩き、時には登山道ではない藪に突入したりで、緯度・経度で現在地確認のために使用していました。

軌跡などを取りだしたのは、まだ最近のことです。

これから、まだまだ勉強。頭の中に入りきれるのかな心配ですけど・・・・・
by nobucyansyuncyan | 2012-02-15 06:19 | 国土地理院 | Comments(7)

伯耆大山へ・その②

14回目:2月10日(金)     元谷へ      天気:曇り      7名
ルート:下山キャンプ場(10:50)→大神山神社(11:30)→元谷にて雪上訓練
     (12:25~13:55)→大神山神社(14:22)→下山キャンプ場(15:00)

下山キャンプ場にてテント設営後、温かい紅茶を沸かし、各々の保温ポットに入れて持って行きます。

元谷へ向けて出発。
e0164643_14491015.jpg

大神山神社の灯篭も雪の中に埋もれていたようです。
e0164643_14504413.jpg

山門を潜って大神山神社へ。屋根の雪の量は半端ではありません。
e0164643_1457311.jpg

元谷近くのカーブミラーの位置^^
e0164643_1502746.jpg

霧氷がきれいですが、曇天・・・・・
e0164643_1522470.jpg

リーダーは体調不良の一人に付き添い、元谷小屋へ。5人で中宝珠へのルートを確認し、雪上訓練の練習。

先ずはシリセードで、これは楽しいですね(*^。^*)
e0164643_1575167.jpg

滑落停止訓練
e0164643_1583662.jpg

シリセードの状態で2~3回して、今度は山の斜面で転んだ、を想定して止める練習。

これは最初の一転び、勇気が要りましたね。

転びながら態勢を整えて・・・・・  2年前は雪が少なくて練習が出来ませんでした。

何事も繰り返し練習をして身体で覚える。  今回もいい勉強になりました。

訓練を終え、また来た道を戻ります。
e0164643_15243199.jpg

今日の夕飯は五目御飯のアルファー米と豚汁。我が家特製のお味噌を持参し、とっても美味しくいただきました。

テントでの語らい、夕飯。とっても楽しいひと時です。

明日は三鈷峰を目指します。

その③に続きます。
by nobucyansyuncyan | 2012-02-14 15:34 | 中国地方の山 | Comments(6)

伯耆大山へ・その①

2月9日(木)     2年振りに冬の伯耆大山へ~!!

e0164643_21275350.jpg本当は10日(金)より出発予定でした。

けど7人分の切符が取れなくて、1日早くして往復の切符を手配することが出来ました。

9日、30分前の23:15に集合。小倉駅前23:45発の米子行きのバスにて出発。

車内は始発の福岡から乗車の方々が、もう就寝態勢に入っていました。

10日の6時20分に予定通り、米子に到着。

7時20分発の大山寺行きのバスまで1時間、待合所にて朝食など食べて待ちます。

8時25分 大山寺到着。2年前より雪の量が違います。
e0164643_21515611.jpg


下山キャンプ場にてテント設営の準備中です。
e0164643_21575499.jpg

なん、なんと~佐賀の平六さんがいましたよ
e0164643_222251.jpg


13日の帰りに下山キャンプ場から眺めた伯耆大山。きれいな稜線です!!
e0164643_21511616.jpg


さぁ~2日間の宿の完成させて、元谷へと出発です。

その②に続きます。
by nobucyansyuncyan | 2012-02-13 22:19 | 中国地方の山 | Comments(6)

雪の平尾台へ

13回目:2月8日(水)      平尾台・貫山      天気:曇り時々雪     2名
ルート:茶ヶ床園地(11:19)→四方台(11:56)→貫山(12:20~12:25)→四方台(12:47)
     →井手浦分岐(13:01)→根性の木・キス岩→茶ヶ床園地(13:34)

水曜日は生協の日。

行橋の娘宅へ出かける前に貫山を見ると、防火帯が白くなっています。

「生協が終わったら平尾台へ行こう!」ですぐに話はまとまり、急いで準備をする^^

道路も途中より雪道となる。チェーン規制となっていました。

茶ヶ床園地は3㎝の積雪。吹きっさらしなので寒い~(>_<)

車の中で準備をして、行動食を食べ、貫山へ向かって歩き始める。
e0164643_2047358.jpg

トレースはありません。昨年、余りの大雪にワカンで歩いたのを思い出しました。

貫山への登り。雪が横殴りに降ってきます。
e0164643_2154567.jpg

三角点も雪の中。雪をはらいタッチする。

山頂では長居はせず、すぐに下山。

いつもの展望も雪景色だとまた違って見えます(^^♪
e0164643_21161691.jpg

e0164643_21165123.jpg

雪景色の中での「根性の木」「キス岩」を見たくて寄り道をする。

山へのトレースは全くありませんでしたが、キス岩付近はたくさんの足跡が・・・・・

雪景色の平尾台の撮る方々のようでした^^

雪の中のピナクル。岩の表情が面白いですね(*^。^*)
e0164643_21254363.jpg


2時間ちょっとの雪山(?)歩き。明日の夜から伯耆大山へ向けて出発します。
by nobucyansyuncyan | 2012-02-08 21:36 | 平尾台 | Comments(4)

難所ヶ滝へ

12回目:2月5日(日)       難所ヶ滝        曇り      12名
ルート:昭和の森駐車場(8:50)→アイゼン装着・小ツララ(10:10~10:16)→
     大ツララ(10:32~10:45)→駐車場(12:00)→東屋で昼食・解散

1月8日に英彦山へ行った折り、難所ヶ滝を観賞して下山してから「焼き牡蠣」をするから来ないねぇ~とお誘いを受けました。

いつも英彦山で出会う方で、もう顔見知りの方々です。

自分が食べるお昼だけを用意してきたらいいよぅ。。。。。。

で、お仲間に入れていただきました。

駐車場に9時集合。

しょうけ越えが心配でしたので、早目に出発。雪は路肩に少しだけでした。

駐車場も全く雪無し。8時前に到着。だんだん車が増えてきました。

11名が集合。10名で難所ヶ滝を目指して出発。

宝満山分岐当たりから雪道となり、小ツララでアイゼン装着。

上まで行き、ツララ観賞。なかなかいい具合に凍っています。
e0164643_11233464.jpg

e0164643_1124361.jpg

丁度居合わせた方が写真に入りましたが、赤い服が映え、何だかモデルさんのよう^^
e0164643_11283136.jpg

滝分岐からは大渋滞。滝は平日でも多いのに今日は日曜日。

まぁ仕方ないですねぇ~~  渋滞の列に入ります。
e0164643_1131262.jpg

大ツララに到着。滝のみの写真なんてとんでもない。いつも誰かが・・・・
e0164643_11325271.jpg

e0164643_11334116.jpg

すれ違うのも至難の技。早々に下山開始。

まだまだ登る方が多くて、渋滞の列は長くなっていました。

下山もスムーズにいきません。川を渡渉するところでどうしても混雑します。

昼食の時間までに何とか下山。昼食時には1名増えて12名となりました。

さぁ~美味しい牡蠣をいただくことにしましょう!

我が家のお昼はうどん。

ラーメン、お餅、トマト鍋、おでん、ピリ辛ウィンナーとさまざまな御馳走が出てきます^^

少しずつ味見させていただきました。
e0164643_11475885.jpg

御一緒いただいた皆さん、楽しいひと時を有難うございました。

下山時、英彦山を御一緒したHaruさん・Hiroさん御夫婦、I・Tさん、すーさんともお会いしました。

やはり氷瀑の難所ヶ滝、時季のものですねぇ(^_-)-☆
by nobucyansyuncyan | 2012-02-06 11:56 | 福岡県の山 | Comments(8)