信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

イモ掘り

11月28日(月)

山友のYさん宅に2晩お世話になりました<(_ _)>

山歩き後に帰るつもりでした。

「もう一日泊まってイモ掘りして、野菜を持って帰り~~。ちゃんと芋も残しているよ~」

そのお言葉に甘えて・・・・・・

6時半過ぎ、朝食前の一運動。堆肥用の小山で足慣らし^^
e0164643_1513617.jpg

1年、2年と寝かせ、時々混ぜ返してすると、サラサラの黒い土になるそうです。

エコ、無農薬のこだわりの野菜を楽しみながら作っています。
e0164643_15181411.jpg

e0164643_15185736.jpg


朝食後、イモ掘りの続きをします。
e0164643_15173388.jpg

大根、キャベツ、白菜、さつま芋などた~くさんの野菜をいただきました。

感謝、感謝!!

また一緒に山歩きしましょうねぇ~♪☆
by nobucyansyuncyan | 2011-11-30 15:29 | 出来事 | Comments(10)

岩屋山満喫ルートを歩く

107回目:11月27日(日)     岩屋山(475m)     天気:晴れ      17名
ルート:岩屋神社駐車場(8:30)→岩屋神社見学→登山道へ(9:00)→わらび広場(9:28)
    →舞岳鞍部(10:10~10:20)→岩屋インカ石積(10:40)→展望岩(11:10)→美智子岩
    (11:40~12:25)→岩屋山(13:27~13:48)→岩屋神社(14:20)→駐車場(14:33)

さて今日はそよかぜさん御案内の岩屋山。

本来ならば2時間前後で歩けるお山だそうですが、満喫ルートとは~??

島原のYさん宅を6:30出発。そよかぜさんの走行案内ルートとナビで集合場所へ。

もう、皆さん到着されていました。   早か~~    急いで準備。

先ずは自己紹介。総勢17名。
e0164643_2252656.jpg

福岡から・・・凧さん、いーさん、S・TAROUさん、hirokoパパさん、hirokoさん、私たち

大分から・・・よっちゃん

佐賀から・・・+3Kさん、タクさん、兵六さん

長崎から・・・そよかぜさん、山馬鹿さん、ミッセルさん、山の星さん、bambooさん、Yさん

大分のよっちゃん、佐賀の3人さん、長崎のミッセルさん、山の星さんとは初顔合わせです。

各人のH・Pやブログ、報告などで名前は存じています。すぐに打ち解け~~

岩屋神社へお参りし、洞窟神殿、鬼の足跡などを見て、いよいよ登山開始。
e0164643_23756100.jpg
e0164643_2381293.jpg


e0164643_2393011.jpg


ヒオウギの岩場。ここは癒しの場所とか~~  素晴らしい展望が開けています。
e0164643_2311892.jpg

舞岳鞍部にて一休憩。これからは猪ちゃん道を歩くとか~~
e0164643_23151250.jpg

いーさんはそよかぜさんの護衛に行きますが、何故だかすぐ後にはつきません。
e0164643_23212470.jpg

2~3人後です。睨みは届くのかなぁ^^

睨みが効いたのか、大人数に恐れをなしたのか、猪ちゃんとは遭遇ならず・・・

またまた癒しの場所に到着
e0164643_2323356.jpg

そしてこの山の中に・・・・  そよかぜさん命名「岩屋インカ石積」

随分、上の方まで石積がありましたね。先人の知恵なのでしょうか?
e0164643_23243762.jpg

1つ目の展望岩を過ぎ、2つ目の美智子岩の展望所にてランチタイム。

そよかぜさんから「ツミレ汁」をいただきました。ユズ、ネギも付いて(^^)

御馳走さまでした<(_ _)> 途中で気が付き、撮影。どうも食いじがありすぎて^^
e0164643_23324879.jpg兵六さんからは似顔絵つきの小城羊羹です。
e0164643_23331689.jpg


「岩屋山の歌」「多良岳讃歌」の歌のお披露目。

そよかぜさん、とっても素敵な声でした。惚れ惚れするくらい~~♪♪
e0164643_2345136.jpg

誰か「僕はテノールで歌います」と言われていましたが?

いよいよ山頂へと進みますが、満腹の身にはアップ・ダウンの道は堪えます。
e0164643_23454638.jpg


ようやく登山口より5時間かかって山頂に到着
e0164643_23473555.jpg

e0164643_2356957.jpg


風は吹かず、凧さんの「凧」は上がらずに・・・・ちょっと残念でした。

久しぶりに見たかったのだけど・・・・

山頂からも激下りでしたが、無事に全員怪我無く下山。

そよかぜさん、ご案内有難うございました。

山馬鹿さんも下見など有難うございました。

お陰さまで道なき道、遭難(?)もせず、一日を楽しく過ごすことが出来ました。

御一緒いただいた皆様に感謝です!!

そよかぜさんからいただいたルート図です。

満喫ルート、充分に楽しみました。

岩屋山一筆書きルートと私は名付けました^^
e0164643_054084.jpg

by nobucyansyuncyan | 2011-11-30 00:10 | 長崎県の山 | Comments(7)

太郎丸嶽・次郎丸嶽へ

106回目:11月26日(土)    太郎丸嶽(281m)・次郎丸嶽(397m)、龍ヶ岳(469.6m)     
       天気:晴れ       4名
ルート:今泉駐車場(10:00)→太郎丸分れ(10:38)→太郎丸嶽(11:07~11:14)→分岐             (11:36)→次郎丸嶽(12:12~12:22)→展望岩(12:30~13:00)→今泉駐車場(13:50)

    車で移動・・・・寿ヶ岳神社駐車場(14:50)~龍ヶ岳~寿ヶ岳神社駐車場(15:20)

「27日に長崎の岩屋山・満喫ルートを歩きませんか~」とそよかぜさんからのお誘いのメール。

e0164643_1632616.jpg

島原にお住まいのミラさん・tetu-1さんも参加とのことで、「では、お天気が良ければどこか前日に歩きましょうか~」と話がまとまる。

私どもの山友の島原のYさんも一緒に天草の太郎丸嶽・次郎丸嶽に行くことに決定。

このお山は今年の3月に登りましたが、展望が良く、気に入った山の一つです。

3人はまだ未踏で是非とも行きたい山とのことです。

ですが、ミラさんは所用で参加出来ず、残念(>_<)




左が次郎丸・右が太郎丸
e0164643_16948.jpg

「長寿の湧水」「遠見平」を過ぎて分岐より先ずは兄の太郎丸嶽へ。
e0164643_16113897.jpg

相方さんに何時の間にやら撮られていました~^^
e0164643_1614377.jpg

途中のピークの岩場で展望を楽しみます。
e0164643_16255223.jpg

先ほどまでいた太郎丸です
e0164643_16273100.jpg

分岐に戻り、今度は弟の次郎丸嶽へ
e0164643_16281229.jpg

亀次郎岩で遊んだり~~^^  Yさん
e0164643_16293490.jpg

私とYさん
e0164643_1630538.jpg

次郎丸の山頂で昼食タイムの予定でしたが、団体さんのお出ましで賑やかになりましたので、少し戻り、展望岩で日向ぼっこをしながらのランチです。

下山は来た道を戻ります。

超簡単な山はないかねぇ~で「熊本県の山」を見ると、龍ヶ岳がキャンプ場まで車で行くと往復30分。

「では、行きましょうか~」でナビ設定。途中より林道をひたすら走り、念珠岳を右手に見やり神社の駐車場に到着。
e0164643_16444337.jpg


山頂の展望台には野口雨情の歌碑
 「阿蘇や雲仙 霧島までも 龍ヶ岳から ひとながめ」
e0164643_16455873.jpg

下山(?)後、島原半島へ行くフェリーに乗船。
e0164643_16465363.jpg


今宵の宿は島原のYさん宅です。

明日はtetu-1さんも所用があり、岩屋山満喫ルートに参加出来なくなり、寂しいです。 
by nobucyansyuncyan | 2011-11-29 16:53 | 熊本県の山 | Comments(2)

お味噌の仕込み

10月14日にいつもお願いしている椎田町の加工所にお米を15キロ×2の30キロを持って行きました。

昨日の夕方、「出来ましたよ~」との電話。

早速ゆっくり歩きの姉妹に「いつ仕込みましょうか?」

朝、椎田までお味噌を取りに行き、お姉ちゃん達が来るまでに我が家の味噌を仕込みます。

e0164643_2102480.jpg
午後よりいよいよ姉妹の分の仕込み開始です。

昨年仕込んで一年間寝せていたお味噌です。

いい色に仕上がっています。

上部は塩ですので、取り除きます。

今日のお昼は新しいお味噌を使って、豚汁を作りました。

とっても美味しかったですよ~~♪

早速、今年のを作ります。どんぶりで小分けし
e0164643_2161390.jpg

瓶の中に入れ、隙間なく抑え込みます。どうも妹さんの方が力がありそうな・・・・^^
e0164643_21105556.jpg


e0164643_214574.jpg最後は塩を全体に置いて、空気に触れないようラップをして瓶の蓋をしっかりとガムテープで留めて、新聞紙でかぶせ、麻紐でまたしっかりと縛る。

今日の日付を書き、袋に入れて終了。

これで一年間寝かせます。

梅雨を越せばOKだそうですが、いつも仕込みの時に出来上がりを楽しみに持って帰ります。

我が家はもう15~16年近く手作り味噌。お姉ちゃんたちも10年になります。



美味しいお味噌になりますように~~!!
by nobucyansyuncyan | 2011-11-21 21:47 | 出来事 | Comments(4)

名残りの紅葉、一の岳~求菩提山

105回目:11月17日(木)     一の岳・求菩提山    天気:曇り時々晴れ   3名
ルート:犬ヶ岳登山口(8:35)→恐淵(9:35)→林道(10:19~10:33)→大竿峠(10:48)
    →一の岳(11:05~11:11)→林道(11:32)→昼食(12:03~12:23)→杉の宿跡
    (12:32)→世須岳(12:47)→虎の宿跡(13:18~13:28)→胎蔵寺護摩場跡(13:47)
    →求菩提山(13:56)→阿弥陀窟(14:28)→下山口(14:51)→犬ヶ岳登山口(15:03)

11月7日にhirokoさんと英彦山の下見登山を御一緒した時に、「一の岳~求菩提山を歩きたいですねぇ~」と要望がありました。

では用事が終わってから歩きましょうかね。お天気ならば17日の木曜日に~~

e0164643_1358458.jpg
8:30 登山口の駐車場にて待ち合わせ。

「ふきのとう」と「求菩提庵」の間より入山です。


恐淵より大竿峠経由での歩き。

求菩提山は久しぶりですね。

前回は5~6年前かな?

鎖を伝って対岸に渡ります。
e0164643_1461829.jpg

今 渡ったところを振り返って。  素晴らしい渓谷美の筈なんですが・・・・・
e0164643_1410039.jpg

夫婦滝を過ぎ、林道に到着。少し腹ごしらえ^^

大竿峠に着きました。左へ行くと犬ヶ岳ですが、今日は右の一の岳へ。

この道は野峠~犬ヶ岳の縦走路。大好きな道です。

落ち葉を踏みしめて歩きます。ガサゴソ、サクサク(??)形容の言葉を思いつきません(^^ゞ
e0164643_14135540.jpg

一の岳に到着。九重がうっすらと見えています。
e0164643_14272278.jpg

これから求菩提山への縦走路歩きです。

一旦 林道に出ますが、また山道へ。これからの紅葉は素晴らしかった~!!
e0164643_14315438.jpg

e0164643_14325136.jpg

あまりの紅葉のきれいさにランチタイム。こういう贅沢はいいですねぇ~~

至福のひととき!!
e0164643_14363020.jpg

e0164643_14375794.jpg

e0164643_14381824.jpg

e0164643_14383849.jpg

名残りの紅葉を腹いっぱいいただき、求菩提山へ。
e0164643_14412998.jpg


国玉神社、鬼の石段を歩き、
e0164643_14434592.jpg

氷室、阿弥陀窟を見て、下山口へ。

少し車道を歩き、出発点の駐車場に到着。昼食、休憩を入れて6:30の歩きでした。

hirokoさん、どうもお疲れ様でした。

今年最後の紅葉(?) きれいなのが観れてよかったねぇ~(*^。^*)
by nobucyansyuncyan | 2011-11-18 14:53 | 福岡県の山 | Comments(8)

遠来のお客さんを案内して・英彦山

104回目:11月13日(日)     英彦山     天気:曇り時々晴れ     4名
ルート:高住神社(9:20~9:40)→望雲台~北岳(11:18)→中岳(11:50~12:03)
     →南岳(12:15~12:50)→産霊神社(13:14)→奉幣殿(14:23~14:33)
     →別所駐車場(15:10)

朝風呂に入り、極楽・極楽~~☆☆

このままゆったりとしていたいのだけど、今日は英彦山の御案内。

朝食を済ませ、お弁当もいただき、さぁ出発。先ずは銅の鳥居(かねのとりい)へ御案内。
e0164643_1124984.jpg


e0164643_1131646.jpg本来ならばこの石畳みを歩いて奉幣殿へと行き、正面登山道を登るコースを案内したいのですが、諸事情で「銅の鳥居」を案内後、別所駐車場へ。

びっくりしました。もう満杯!

トイレの前の空き地に何とか置くことが出来ました。

これから町営のバスで豊前坊へと移動。


e0164643_11143672.jpg
高住神社の天狗杉。

神社にお参りし、Fさんに温かくて美味しい紅茶をいただきました。

いつも有難う!!

遠来のお客さんも「あたたかなおもてなし」にびっくり。

喜んでいました~<(_ _)>





神社裏の「自然の天狗」を御案内。
e0164643_1120964.jpg


逆鉾岩、屏風岩などの奇岩を過ぎて、望雲台へ。

先日、テレビで中継があっていましたので、今回はまた特に人が多く、大渋滞。

下りてくるのを待ちます。この岩をトラバースしてからまた岩壁へ。
e0164643_11253776.jpg


落葉を踏みしめて北岳への登りが続きます。
e0164643_11315939.jpg

途中、山伏さんに遭遇。お願いしてお客さんと一緒にパチリ!
e0164643_11341687.jpg

北岳の山頂標識にタッチ。

中岳で4人で記念撮影。丁度居合わせたMORIさんにお願いしました。
e0164643_11363482.jpg

中岳ではたくさんの友人にも久しぶりに会うことが出来ました。が、

あまりの人の多さにゆっくり出来ないので、南岳へと移動。

ここでランチタイム。その前に南岳にある1等三角点にタッチ。これで英彦山の三座に登りました。

上宮まで戻り、正面登山道を下ります。

産霊(むすび)神社横のマユミ。
e0164643_11434392.jpg

下乗、稚児落し、中津宮、下宮を案内し、奉幣殿に到着。

高住神社でもお札などを買い求めていましたが、ここでも買っていましたね。

社務所前にある案内板。
e0164643_11492286.jpg

巻道もあるのですが、わざわざ石段を下ります。(英彦山を味わってもらうため~^^)
e0164643_11472155.jpg


ここを通る時は、おばちゃんの顔を見て、元気だと一安心。

今日も声をかけて、おばちゃん手作りの「しそジュース」をいただきました。

ボランティアガイドの早田さん宅にも立ち寄り、ちょっと立ち話。寄り道が多いです^^

ようやく別所駐車場に到着。怪我無く無事に案内を終え、一安心。

明日は国東のお寺や磨崖仏を観光して東京に帰るお客さんを行橋駅まで送ります。

山行委員会の打ち合わせが夕方よりありますので、残念ながら国東までは御案内できませんが・・・・

200名山の英彦山をご案内し、とっても喜んでいただくことができました。
by nobucyansyuncyan | 2011-11-15 12:12 | 英彦山系 | Comments(6)

遠来のお客さんを案内・平尾台

103回目:11月12日(土)     平尾台    天気:曇り     4名+4名
ルート:茶ヶ床園地~大平山~岩山~茶ヶ床園地

当初、遠来のお客さんは5人の予定でした。

2人が法事、町内の役で不参加となり、3名で寂しいねぇと話していましたら、直前に病気のためまた1人不参加となり、いよいよ淋しくなりました。

e0164643_2275348.jpgお客さん2名と我々2名の4名。それに山岳会の方がお世話している山歩会のメンバー4名が加わりました。

北九州空港に迎えに行き、茶ヶ床園地に着いたのは12時少し前。

東屋のベンチで急いでお昼を済ませ、8名で出発です。

明日の英彦山への足慣らし・・・・  けどピークは踏みましょうね^^

先ずは大平山。地元のお方は吹上峠からはあるけど、今日のコースは初めて~~とのこと。

リンドウ、ウメバチソウなどの花を楽しみながらの散歩道。
e0164643_22265435.jpg


ナンバンギセルもまだ頑張っていました^^

根性の木、キス岩を案内し、私どものお気に入りの岩山へ。
e0164643_2227189.jpg


ライオン岩へも行き、石灰岩のピナクルを堪能!!

「いやぁ~とっても良かった!!」と喜んでいただけました。

山歩会のメンバーとお別れし、今宵の宿、英彦山の「しゃくなげ荘」へ。

その前に時間もまだ早かったので深倉園地に御案内。

13日は「男魂祭」で賑わうでしょうが、今日は静かでした。
e0164643_22281256.jpg

e0164643_22284398.jpg

「しゃくなげ荘」の別館のお風呂にゆ~ったり、の~んびり。

鯉のあらい、ヤマメのから揚げ、鯉コクなどの料理に舌鼓を打ち、英彦山での夜は更けました。
by nobucyansyuncyan | 2011-11-13 22:36 | 平尾台 | Comments(6)

戸谷ヶ岳(712m)・岩石山

102回目:11月8日(火)     戸谷ヶ岳・岩石山     天気:晴れ     7名
ルート:戸谷ヶ岳登山口(9:25)→稜線(9:45)→蛤岩(9:51)→北峰(10:03~10:11)
     →南峰(10:17~10:53)→ピストン→下山口(11:24)

下山後、添田公園へ移動。岩石山へ
ルート:添田公園(12:40)→滝コースへ→針の耳(13:44)→岩石山(13:51~14:02)
     →国見岩・八畳岩→奥の院→添田公園(15:30)

e0164643_2123107.jpg地元の山歩会が戸谷ヶ岳へ下見に行くと言うので、まだ未踏の山でしたので同行させていただきました。

8時に豊津を出発。

添田町、川崎町を経由してオーナー制のりんご園を過ぎて林道の広くなった路肩に駐車。

とっても歩き易い道です。

植林も手入れがされているようです。

蛤岩に到着。
e0164643_21344973.jpg

これから先はちょっと急登でした。帰りは転ばないよう、要注意。
e0164643_21352472.jpg


e0164643_21373392.jpg北峰に到着。ピークのみで何の標識もありません。

行動食を食べ、さぁ出発。

すると先頭が「もう、着いたよ~」

あっという間に南峰に到着。

本を見ると縦走コースが書かれているので、山歩会の方と2人で歩くが・・・・

倒木・道なき道を下り、作業道の広場へと出るが・・・・・

「もし来るとしたら南峰までのピストンですねぇ~」で今、下りた道を戻る。

下りるのもしんどかったが、登るのはまたきつ~い(>_<)


行きが1時間。帰りは30分。「これではねぇーー。どこかないですか~ 」 


2月に山行予定というので、雪を想定して、添田公園までは車でも行くことができるのでは?

「岩石山」はどうですか~」

e0164643_226664.jpg添田公園へと移動し、民家の横を通って行く「滝コース」を歩く。

何年か前もこのコースを案内したのですが、メンバーも代わっており、「初めて~」とのこと。

3の滝、2の滝まではいつもは涸れ滝なのですが、水量も多く、ホント滝のよう。1の滝はちょろちょろ。

「針の耳」「天狗岩」を経て山頂へ。

国見岩、梵字岩、八畳岩で遊ぶ
e0164643_22153383.jpg

e0164643_22155444.jpg

八畳岩から眺めた英彦山
e0164643_22171029.jpg


「なかなかいいコースですねぇ!」と下見の皆さん、お気に召したよう(^^♪

体調不良で駐車場で留守番の方へ「ここにしましょう!」との報告。

お役にたててよかったぁ~~(*^_^*)
by nobucyansyuncyan | 2011-11-09 22:26 | 福岡県の山 | Comments(6)

英彦山・下見登山

101回目:11月7日(月)      英彦山      天気:曇り      3名
ルート:豊前坊(9:08)→高住神社(9:08)→北岳の肩(9:58)→北岳(10:17)→中岳
     (10:45~10:50)→南岳(11:03~11:07)→展望台・昼食(11:40~12:02)
     →分岐(12:25)→籠水峠(12:54)→垂水の壺(13:55)→ケルンの谷(14:02)
     →薬師林道・下山口(15:12)

この週末に東京から山岳会のお友達が九州に来ます。

平尾台のカルスト台地と英彦山の紅葉を案内する予定です。

hirokoさんをお誘いして、下見を兼ねて英彦山の紅葉状況を調べてきました。

高住神社の境内のイチョウ。落ち葉の絨毯です。
e0164643_1325584.jpg

蜘蛛の巣、水滴がついて芸術的~~
e0164643_1353959.jpg

今日の天気予報は曇り時々晴れでしたが、雨こそ降りませんが分厚い雲に覆われています。

時たま青空が・・・・・   一瞬真っ青な空が覗きました(*^_^*)
e0164643_1317170.jpg

が、すぐにまたガスが・・・・・・
e0164643_13174413.jpg

中岳の山頂。まだ11時前ですので人影は少ないですね。
e0164643_13194429.jpg

三角点のある南岳に到着。GPSの緯度・経度で1/25000の地図を使って現在地の確認。
e0164643_13293158.jpg

材木石のところの一番紅葉のきれいなところですが・・・・今年はやっぱり駄目なよう(>_<)
e0164643_13301314.jpg

さて、裏英彦山はどうかなぁ~で歩きますが
e0164643_13341529.jpg

籠水峠の大岩壁の周りも色が悪いですね。

裏英彦山道の紅葉も「うーん、悪かねぇーー」
e0164643_13404711.jpg


e0164643_13462355.jpg
新しい標識が取り付けられていました。

10月と言うことはまだ取り付けられてまがないようですね。




500号線から眺めた鷹ノ巣、一ノ岳です。
e0164643_13542011.jpg


今週末はお天気もよさそうですね。

紅葉は期待薄のようですが、福岡県の山を楽しんでいただけたら~~と思っています。
by nobucyansyuncyan | 2011-11-08 20:44 | 英彦山系 | Comments(4)

阿蘇・根子岳の紅葉

100回目:11月4日(金)     根子岳     天気:曇りのち小雨     6人
ルート:ヤカタガウド駐車地点(9:12)→見晴し新道経由→昼食→天狗のコル(12:25)
     →ヤカタガウド経由→下山口(14:00)→駐車地点

今年もやってきました根子岳の紅葉見物。

いろいろと忙しく5・6日は雨模様のようなので4日に行くことに決定。

行くに当たって、「根子岳の主・Iさん」にTEL。

紅葉の状況や登山道の様子などの情報を仕入れる。Iさんは仕事で御一緒出来ません(>_<)

ヤカタガウドの登山道も「天狗の水場」など崩落などで様変わりしているとのこと。

「雨の後などは滑り易いから気を付けてね。ヤカタガウドの登山道は落石が起こり易いからねぇ」

8㎜のロープを10m、シュリンゲ・カラビナなどをザックにしのばせる。

宮地駅で待ち合わせ。6人揃ったところで登山口へ移動。

今日の参加者は島原のYさん、tetu-1&ミラさん、いーさん、私ら夫婦の6名です。

どんよりとしたお天気ですが、この時点ではまだ雨ではありません。
e0164643_22571246.jpg

紅葉もきれい!  行く気、満々~~   見晴し新道へと進みます。
e0164643_2302844.jpg

見晴し新道のメガネ岩
e0164643_233768.jpg

段々道も険しくなります。足元に注意。
e0164643_2342746.jpg

e0164643_234446.jpg

このトラバースの手前から小雨が降り始めました。滑り易い、要注意です。
e0164643_238123.jpg

お天気ならば展望所からの景色もよいのですが、ガスで全く見えません(>_<)

足元注意の谷を登りつめ、下降地点へ。ここも落石注意です。
e0164643_231437.jpg

ここまでくれば一安心。ロープも使用することなく・・・・・

風を避け、木々で雨を避けて昼食タイム。

段々空が明るくなってきましたが、ガスで見えないので東峰はカット。

天狗のコルに到着。
e0164643_23203548.jpg

鍋谷を覗きこみますが、きれいな紅葉はいずこへ~~   真っ白です。
e0164643_23214948.jpg

ヤカタガウドのメガネ岩ですが、ボンヤリとしか見えませんね。
e0164643_2325388.jpg

登山道の鎖・ロープ個所です。モデルは相方さん
e0164643_2327576.jpg

怪我も無く、無事に登山口に到着。にこやかに集合写真です。
e0164643_23304461.jpg

年に1~2回、島原のYさんとはミヤマキリシマ・紅葉で歩いているのですが、このところお互いの日程が合わず、無農薬の野菜作りに忙しく、山は久しぶりだったとのことでしたが元気いっぱいでした。

「歩けるかなぁと心配だったが、また自信が持てたよ~」とYさん。

いーさん、お初のルート、雨で展望もなかったのですが、ガスから垣間見える紅葉も良かったですね。

tetu-1&ミラさん、今年も根子岳の紅葉にお付き合いいただき、有難うございます。
by nobucyansyuncyan | 2011-11-05 23:44 | 熊本県の山 | Comments(8)