信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

お花散策の予定が・・・・

86回目:9月29日(木)     平尾台      天気:曇りのち雨     3名
ルート:茶ヶ床園地より散策

久しぶりにゆっくり歩きのお姉さんと平尾台を歩いてきました。

9:30 茶ヶ床園地で待ち合わせ。

もうこの時間ですでに満車。平日なのにどうして~~

九州工業大学のロケット発射の実験があっているようです。
e0164643_22122514.jpg

茶ヶ床から左側の大平山方面へは立ち入り禁止。

今日歩く予定のコースでしたので、しばらく実験の様子を見ることに~~

ロケット発射地点  最大限の望遠で撮って見ました。
e0164643_2158151.jpg

茶ヶ床では無線のやり取りをしていました。 もうすぐ発射のようです。
e0164643_21583521.jpg

9:44 発射。追いかけますが写っているかどうかーー
e0164643_2281233.jpg

パラシュートが岩山とキス岩の間に落ちているようです。
e0164643_229385.jpg

学生さんたちはパラシュートの回収に。立ち入り禁止も解除されたので我々も山歩きへ。

途中で、「パラシュート発見、回収しました。」の声が聞こえました。

ドリーネの小穴付近を通っていると、お姉さんが何かを発見。「何だろうねぇ~?」

「では、ちょっと行ってみましょうかぁ~」と背丈ほどの藪をかき分けてーー
e0164643_22211768.jpg

ロケットのパラシュートでした。もう1つあったのですね。

丁度 学生さんも探しに見えたので引き渡して、また花散策へ。
e0164643_2220881.jpg

お気に入りの岩山でランチタイムのつもりでしたが、藪こぎの登り返しがきつくて・・・・・

先ほどのドリーネを眺めながらのお昼。

初めて間近に見たロケット発射で大いに盛り上がりました。

お目当てのお花も見たことだし、帰りましょうか~~

カマキリさんがバッタを捕まえたところに遭遇。
e0164643_22295494.jpg

ヒメヒゴタイ
e0164643_2231193.jpg

アケボノソウ                       シオガマギク
e0164643_22314958.jpg
e0164643_22332530.jpg

カワミドリ
e0164643_2234395.jpg

茶ヶ床園地の東屋でティタイムをしていると、聞き慣れない音色の調べが~~

好奇心旺盛。お姉さんと行って見ることに。

プロモーション・ビデオの撮影で、楽器は「馬頭琴」とのこと。
e0164643_22414380.jpg

モンゴルから来た方で、名前の「マイラスさん」

1ヶ月後くらいにH・Pに出すとのことでした。

我々3名のギャラリーのために1曲弾いてくださいました。

(離れ離れになっている恋人を想っている、)もの悲しい哀愁を帯びた調べでした。

マイラスさんと馬頭琴
e0164643_22495752.jpg


今日の平尾台・花散策

いろんなことがありました。

記憶に残る一日となりました(*^。^*)
by nobucyansyuncyan | 2011-09-30 22:59 | 平尾台 | Comments(4)

お花散策・天山へ~

85回目:9月25日(日)       天山(1046.2m)     天気:晴れ    2名
ルート:上宮駐車場(8:32)→分岐(9:02)→あめ山・996m(9:18~9:24)→
     天山(9:54~~~お花散策)→秘密のルート→上宮駐車場(13:30)

マッスルさん(H・P、霊峰天山)の案内で初の天山を歩いてきました\(^o^)/

かずさんのお誘いなど何度か機会があったのですが、日程が遇わず・・・・・

多久I・Cの出口で8:00に待ってます。とのことで宿泊地の東彼杵の道の駅を出発し、多久I・Cへ。

7:50ごろに着きましたが、もう来られていました。

厳木の道の駅を通過。以前バスハイクで作礼山に来たとき、休憩したような・・・・??

一生懸命、マッスルさんの後をついて行き、上宮駐車場に到着。

e0164643_21244811.jpg
皆さんのH・Pでお馴染みの小さな鳥居を潜って神社にお参り。

もう、キバナノアキギリやアキチョウジのお花がお出ましです。

このコース、お花が多いとのことです。

分岐からあめ山へと進みます。


天山は蛇紋岩の地質の山なので植生が違うとのこと。

マッスルさんからいろいろとレクチャーを受けました。

いつまで覚えてられるかな??

あめ山からの天山です。
e0164643_21344084.jpg

山頂からの展望:昨日の虚空蔵山や郡岳からの経ヶ岳の稜線も見えています。

e0164643_2142761.jpg
分岐に戻り、天山へ。

初のお山でしたので、記念撮影を^^

一等三角点が設置されていました。

お花を激写中、「信ちゃんさん??」と声をかけられました。「はい~」


ブログ仲間の「悟空の笑顔さん」御一家とワンちゃんの悟空も一緒です。

お会いするのは初めてですヽ(^o^)丿  マッスルさん、相方さんも一緒に^^
e0164643_2155459.jpg


きれいで可愛い親子です。悟空くんはお尻を向けています。何とか正面から撮らなくては~~

さて、今回の目的。お花散策と天山北壁に挑戦!!

マッスルさんに北壁を教えていただきました。

ちょっと手強いぞ~~  どこに手足を置こうかなぁ~??
e0164643_2263226.jpg

散策路の休憩場所にある岩でした^^
e0164643_2292789.jpg

私がこの岩で写真を撮り、遊んでいると、そよかぜさんのH・Pを見ている方が「あれはこの岩ですか~?」

そよかぜさん、ごめんなさいね。北壁に挑戦して征服しました~^^

悟空さん一家とは駐車場に帰り着くまで一緒に行動しました。
e0164643_2216504.jpg

rちゃんは小学4年生。我が家の孫と同じ学年。前日、いーさんと由布岳に登り、お鉢を回って来たとかー!

びっくりです(@_@;) 空手の練習に週5回行き、1回が2時間。

8月にはタイで世界大会があり、2位だったとか~~\(◎o◎)/!

悟空くん
e0164643_22262119.jpg

e0164643_22265361.jpg
この短いかわいい手足をフル活動して、一生懸命に着いてきます。

「お母さん早く~、お父さん早く~~」と振り返ります^^

思わぬ出逢いで、花散策も楽しくて~~♪ ♪ ♪

サスケさん、ミーコさんにもお逢いしました。

とっても楽しい一日でした。

マッスルさん、どうも有難う!!



e0164643_22374389.jpg

e0164643_2242096.jpg
e0164643_2243765.jpg

e0164643_2245485.jpg

by nobucyansyuncyan | 2011-09-28 22:47 | 佐賀県の山 | Comments(9)

虚空蔵山・群岳へ・ついでに鉢巻山へ

84回目:9月24日(土)      虚空蔵山608m)・郡岳(826m)・鉢巻山(334.6m)
                     天気:晴れ         2名
ルート:虚空蔵山(こくぞうさん)・609m
   木場登山口(9:30)→分岐・新道冒険コースへ(9:40)→虚空蔵山(10:18~11:05)
     →ファミリーコース→分岐点合流(11:23)→木場登山口(11:32)

8月2日にS・TAROUさん達とオオキツネノカミソリ観賞に井原山へ行ったとき、山頂でマッスルさんと出逢い、「秋の天山をお花の時に案内してくださいね」とお願いしていました。

初めてお会いしたのに図々しいですねぇ~^^

けど、約束はきちんと守ってくださいました。

「もうそろそろいいですよ~!」とメールをいただきました。

それならばお天気も良いことだし、前日から出かけよう~~

登ってない山でそんなにハードではない山。

ありました。以前から気になっていたお山。

虚空蔵山・・・・・「九州のマッターホルン」と呼ばれているお山です。
e0164643_14104729.jpg

狭い林道を走り、木場登山口に到着。(マッスルさんお勧めのコース)

e0164643_1415410.jpg
e0164643_14152737.jpg

e0164643_14225381.jpg
冒険コースの途中で「マムシ注意」の看板がありました。

足元を注意しながら進むと「寺屋敷跡」の案内板

この場所でスズメ蜂が一匹、羽音をブンブン言わせて飛んでました(>_<)

声も出さずにソーと通り過ぎました^^;

鎖場などを過ぎると山頂です。祠が並んでいます。
e0164643_14294392.jpg

大村湾が目の前、展望がいいです(^^♪    一等三角点(608m)
e0164643_1430523.jpg

景色を楽しみながら早目の昼食。下山はファミリーコースへと

何だかアッと言う間に下山。

それでは一応予定していた郡岳へ行きましょうか~

日向地区の棚田
e0164643_14374225.jpg

場所が違うと今 登った山もこんな形をしています^^
e0164643_14385055.jpg




ルート:郡岳(こおりだけ)・826m
    郡岳南登山口(12:55)→分岐(13:41)→郡岳(13:59~14:15)→分岐(14:24)
      →南登山口との合流地点(14:30)→南登山口(15:05)
e0164643_1512727.jpg

        この701は緊急時のレスキューポイント番号

鉄塔の下を通り、木漏れ日の射す登山道
e0164643_15151014.jpg
e0164643_15153613.jpg


郡岳山頂(826m)    三等三角点
e0164643_1517739.jpg
山頂で休憩していると大村の高校生が大きなザックを背負って7~8人到着。

顧問の先生と一緒に。

聞くと15キロぐらいの重さとのこと。

若い~と言うことは素晴らしい~!!  羨ましいなぁ~


山頂より大村湾の眺め
e0164643_15215181.jpg

先ほど登った虚空蔵山が見えてます
e0164643_15225841.jpg

郡岳です。
e0164643_15391921.jpg



鉢巻山(はちまきやま)・334.6m   駐車場より歩いて登り15分、下り10分。

郡岳への移動時、「ひがんばなまつり」の幟がたくさんあり、賑やかでした。

もう、今宵の宿へと移動するのみでしたので、帰りに寄り道をして彼岸花観賞^^
e0164643_15453042.jpg

山頂よりの展望。  もう16時ですので、夕暮れの海ですねぇ~
e0164643_15483760.jpg

山頂には祠があり、虚空蔵菩薩が祀られていました。その横には三等三角点がありました。
e0164643_1550968.jpg

まだ蕾はありますが、もう最盛期は過ぎていましたね。
e0164643_15513384.jpg


山頂での休憩時に地元の方にお話を伺い、長崎空港の近くに「湯の華」のいうお風呂があり、その周りには食事施設もあるとの情報を聞き、ゆっくりとお風呂に入り、夕飯も済ませ、今宵の宿予定地の東彼杵の道の駅へ~~
by nobucyansyuncyan | 2011-09-27 14:40 | 長崎県の山 | Comments(10)

「ふる里再発見」

9月23日(金)添田町のオークホールにて開催された

「ふる里再発見」

~英彦山・日田を語るシンポジウム~


に参加してきました。

13:00より受付開始。13:30より開催。16:40終了。
e0164643_16504121.jpg

会長の添田町長の挨拶があり、日本山岳修験学会顧問の方の基調講演があり・・・・

アトラクションとして詩吟「英彦山」と剣詩舞、

英彦山神宮氏子さんの「獅子舞」と「鉞舞い」
e0164643_1722294.jpg

この獅子頭、1つは20キロ、もう1つは13キロあるそうです。
e0164643_1723553.jpg

e0164643_1725266.jpg

いつもは英彦山の神事や山開きに参加した時に見ることが出来ますが、このような外に出ての舞いは初めてとのことだそうです。

荘厳な雰囲気で皆さん、固唾をのんで見入ってました。

第2部はパネルディスカッション 「語り継ぎそして未来へ」
e0164643_1713138.jpg

そして最後に主催した英彦山観光ガイドボランティア、添田町観光連盟を代表して早田真智子さんの挨拶です。
e0164643_17195250.jpg


早田さん御夫婦にはいつもお世話になっています<(_ _)>

このような会を町民の手によって開催されたということは大変素晴らしいです。

拍手! 拍手!!
by nobucyansyuncyan | 2011-09-26 17:22 | 出来事 | Comments(2)

貫山へ~  もう秋ですね~!

83回目:9月22日(木)     平尾台・貫山     天気:曇りのち晴れ   2名
ルート:茶ヶ床園地(10:12)→急登→四方台(11:38)→貫山(12:02~12:25)→
     四方台(12:43)→茶ヶ床園地(13:30)

e0164643_10205147.jpg

相方さん、脚立より落ちてから初めての山歩き。

それまでウォーキングは欠かさず続けていました^^

平尾台、今日は風が吹き抜けて寒いくらいでした。

大平山方面へと進み、「なんだ坂、こんな坂!」と久しぶりに急登を上がり、四方台へ。
e0164643_1038166.jpg


貫山へ上がる。誰もいませんーー   やはり平日だからかなぁ~

下山時、単独、3~4人のグループと10人ほどの方とすれ違いました。

茶ヶ床園地も駐車場は半分ほど空いていました。

今日は展望も良く、由布岳、国東の山も見えていました。姫島も。

北九州空港の先には宇部の方まで。 
e0164643_1036519.jpg

ヒメヒゴタイが咲き始めていましたよ
e0164643_10402995.jpg

e0164643_10404695.jpg

シオガマギク
e0164643_1042038.jpg

ナンバンギセルもまだ頑張ってました^^
e0164643_1043596.jpg

ヒナノキンチャクさんもまだまだ~~
e0164643_10435725.jpg

ハバヤマボクチさん、このすくっと伸びているところがいいですね^^
e0164643_1047115.jpg

e0164643_10492753.jpg
茶ヶ床への帰り道、小鳥さんが道案内をするかのように先に行き、時々振り返ります。

そのしぐさの可愛いこと~(*^。^*)

前回、ゆっくり歩きのお姉さんと来たときもお出ましでした^^

同じ小鳥さんかな?
by nobucyansyuncyan | 2011-09-23 10:56 | 平尾台 | Comments(7)

もう1つのパンフレットの答え

e0164643_19333712.jpg


1、日本は「山国」と言われていますが、さて、日本に山の数はいくつあるでしょう?
   ③ 15000以上

2、日本でいちばん高い山は富士山。では2番目に高い山は?
   ① 北岳

3、日本でいちばん低い山は標高何m?
   ① 5m(大坂の南港にある天保山の標高が5m・・・厳密には4.5m)

4、富士山の標高は3776m。では、日本には3000m以上の山はいくつあるでしょう?
   ② 21
      北岳・3193m、奥穂高岳・3190m、間ノ岳・3189m、槍ヶ岳・3180m、悪沢岳・3141m、
      赤石岳・3120m、涸沢岳・3110m、北穂高岳・3106m、大喰岳・3101m、前穂高岳・3090m、      中岳・3084m、荒川中岳・3083m、御嶽山・3067m、塩見岳・3052m、農鳥岳(西)・3051m、      仙丈ヶ岳・033m、南岳・3033m、乗鞍岳・3026m、立山(大汝山)・3015m、聖岳・3013m

5、北アルプスの槍ヶ岳に登ったことのある作家は次のうちの誰でしょう?
   ① 芥川龍之介

6、日本の国土に占める森林の割合は、先進国と呼ばれる国の中では何番目でしょう?
   ① 2番目

7、飛騨山脈を「日本アルプス」と命名したのは誰でしょう?
   ① 英国技師ウィリアム・ガウランド

8、日本で最も雨量が多い山は?
   ② 屋久島

9、日本には信仰の山がたくさんあります。いまでも女性が登れない女人禁制の山とは?
   ③ 大峰山(大峰山のなかの山上ヶ岳・・・山伏の修行の場として女性の入山を断っている)

10、山には変わった名前の山があります。次のなかで、実際に存在する山は?
   ① 韓国岳   ② 外国山   ③ 日本国   どれも正解
   
   韓国岳(1700m)・・・霧島火山群の最高峰
   外国山(そとくにやま、258m)・・・岡山県の久米高原にある
   日本国(にほんごく、555m)・・・・山形県と新潟県の境にある山 

 
by nobucyansyuncyan | 2011-09-22 20:32 | 出来事 | Comments(2)

安全編の答え

e0164643_22343843.jpg


1、朝、テレビの天気予報で香水確立が0%となっていましたが雨対策は?
   ③ たとえ予報が0%でも雨具は必ずもっていく。
      (どんなときでも雨具は必要です)      

2、山や自然の中で自分の位置を把握する方法は、次のうちではどれでしょう?
   ② 地図とコンパスで現在地を確認

3、山の中で休息を取るのに最適な場所は、次のなかではどこでしょう?
   ③ 平坦で風をさえぎることができる場所

4、仲間と登山するとき、歩くペースは、誰に合わせたらいいのでしょうか?
   ② 一番体力の弱い人に合わせて歩く 
      (一番弱い人や体調のすぐれない人に合わせて歩くのが基本です)

5、山の中で体調が悪くなった仲間がいます。次のうち何をしてあげますか?
   ③ 休憩し荷物を仲間で分担して下山する

6、下山途中、道に迷ったと思ったら、どう対処するのが正しいでしょう?
   ② 分かるところまで登り返して考える  
      (戻る体力や自信がない時は、その場を動かないことが肝心です。)

7、登山の際に、いざというときのための必需品は、次のうちどれですか?
   ① ヘッドランプ、救急医薬品、非常食
8、仲間と山登りに行く場合の判断・意志決定で最適と思われる方法は?
   ③ 事前にリーダーを選任し決定権を委ねる

9、登山道で登山者どうしがすれ違う際、正しい対処法を選んでください。
   ③ 臨機応変に判断して対処する

10、登山の前に、いざという時に備えてやるべき最も重要なことは何ですか?
   ① 登山届けを提出して行動計画を各方面に伝えておく 
by nobucyansyuncyan | 2011-09-21 22:46 | 出来事 | Comments(2)

雨ですねぇ~

台風15号が低迷しており、お天気が悪くて山へは行けません。

丁度、相方さんのアクシデントもあり、いい休養にはなりましたが・・・・・

「山を考える」の1枚目のパンフレットを掲載します。

これは昨年の8月22日に祖母山・九重・英彦山・福智山4ヶ所の山で配布しました。

私の担当はHGの英彦山でした。
e0164643_21503543.jpg

私の加入している山岳会を含めて5つの山岳団体(日本山岳協会、日本勤労者山岳連盟、日本山岳会、日本山岳ガイド協会、日本ヒマラヤンアドベンチャートラスト)が「山の日」をつくろう、としています。

以下、パンフレットより
わたしたち山を愛する5つの山岳団体は、国民祝日としての「山の日」制定を提案します。「山の日」は、日々の生活と文化に結びついた山の恵みに感謝するとともに、美しく豊かな自然を守り、育て、次世代に引き継ぐことを国民のすべてが銘記する日です。この運動を通じてわたしたちは、登山者の安全と健康に寄与し、登山の楽しみを広く伝えたいと念願します。すでに祝日となっている「海の日」と対をなして、日本に住むすべての人々が、山という自然を見つめなおし、深いかかわりを考える日にしたいと思います。

パンフレットの裏面にクイズがあります。
e0164643_21522393.jpg


お暇な方は考えてくださいね。

答は後日・・・・・
by nobucyansyuncyan | 2011-09-20 22:02 | 出来事 | Comments(0)

お山の予定でしたが・・・・・

e0164643_15382843.jpg

e0164643_15385137.jpg

17日~18日は「山の日」設定PR活動で九重へ行き、道中パンフレットを配り、法華院温泉山荘に宿泊。

の予定でしたが・・・・・・

16日の朝、相方さん 我が家の庭にある柿「ぼんごねり」を取っていたところーー

脚立がしっかりと固定されていなかったようでーー

脚立の一番上に上がり、高枝鋏みを一生懸命駆使していたところ、脚立が自然と閉じたとのこと(本人の弁)

脚立から落ち、左肩から二の腕にかけて強打(>_<)

大丈夫だと言うがすぐに病院へ連れていく。

レントゲンの結果、骨折はなし。良かった、良かった~~

飲み薬と湿布の処方が出て、「2日間は安静にして、アルコールは駄目ですよ~」

相方さん、アルコール禁止令が堪えたようですぅ。。。。。

コンクリートではなく、柔らかな地面だったからまた良かったのでしょう!!

そんな訳でお山はキャンセルとなりました・・・・・

我が家の柿。1年おきですが鈴なりとなっています。
e0164643_1651749.jpg

e0164643_1654083.jpg

実家に、友人に、ご近所にと収穫したのは配っていますが、まだまだた~くさん。

ちなみに 相方さんが落ちた時、私はと言うと・・・・・

高枝挟みで落した柿を、蚊に刺されながら拾っておりました~~

この「ぼんごねり」・・黒くごまがふいて、とっても美味しいです。

そのままやサラダ、酢の物にして食べています^^
by nobucyansyuncyan | 2011-09-17 16:21 | 出来事 | Comments(12)

お花を求めて~俵山

82回目:9月13日(火)     俵山(1095m)     天気:晴れ      2名
ルート:俵山交流館萌の里(8:45)→原野ルート経由→P865地点(10:45)→
     P926地点(11:00~11:05)→俵山(11:45~12:35)→近道へ(13:55)
     →萌の里(14:50)

「山が呼んでる」のそよかぜさんのH・Pに俵山の「ヒメノボタン」の写真が掲載されていました。


初見の花です。俵山も初めての山です。

e0164643_11195284.jpg5時に我が家を出発。

耶馬渓、八丁原、瀬の本を抜けて宮地へ。

根子岳のときはいつもこのルート。

八丁原の手前でハプニング!!

カーブを曲がったところで豊後牛1頭が車道を歩いているではありませんかー(@_@;)

3:20ほどかかって萌の里に到着。トイレを済ませて臨時駐車場へと移動。

e0164643_1130266.jpg

この案内板にあるように左の原野ルートから右の林道ルートの周回コース。

下山時、牛さんがいるのかなぁ~

歩き始めてすぐにヒメノボタンに出逢いました。

サイヨウシャジン、ハバヤマボクチ、オミナエシなどたくさんのお花が~~

けどこのコース、影がありません(>_<)  

そよかぜさんが書いている通り、アッチッチ~~です。

e0164643_11482967.jpg
e0164643_11485042.jpg

林道に出合いました。左へ行くとすぐに近道の案内が。

「あっ、この道だな」で進む。影があり、時折り吹く風で生き返る^^
e0164643_1153753.jpg

林道コースとの出合いのP865に着き、P926へと。

ちょっと一休み。展望所からの眺め、阿蘇は雄大ですねぇ~~
e0164643_11573513.jpg

またまたアッチッチの道を登り、やっと山頂に到着~~
e0164643_11584792.jpg

マツムシソウがもう満開(^^♪  景色を眺め、のーんびりと(*^。^*)
e0164643_123439.jpg

e0164643_1244924.jpg

下山は林道コースを黙々と歩く。面白みのないコース(~o~)

下山時の近道コースに出合う。けどそれもほんのちょっとー

左手に肥後牛の赤牛さんの団体を発見!!

朝の出来事が頭をよぎり、牛さんを回避。

右手へと農道を上がり、朝通った尾根の一つ手前の尾根道を下山。

一番暑い時間帯に草原を歩きましたので、無風状態と草いきれで熱中症寸前(>_<)

かき氷がなかったのでソフトクリームを食べて萌の里でまたまた生き返り~~

けどこのヒメノボタン、かわいいお花でした。
e0164643_12221577.jpg

e0164643_12224284.jpg

タヌキマメも愛嬌があってかわいい~
e0164643_12293540.jpg

e0164643_12295478.jpg
このお花はヤマトラノオ、

それともホソバヒメトラノオ

わかりません???

山友に話すと、この暑い時期に俵山に登ったのぉ。。。。。

2~3日前にバイキングを食べに萌の里へは行ったけど~

山に登る気は起きなかったねぇ~

とのことでした。



暑かったけど、ヒメノボタンに出逢えて大満足(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2011-09-15 12:41 | 熊本県の山 | Comments(6)