剱岳・源次郎尾根よりの登頂!!

8月26日(金)17:00に集合場所の山口県のセミナーパークを出発。

27日、立山~室堂~剣山荘泊

28日、源次郎尾根からの剱岳~剣山荘泊

29日、剣山荘~室堂~立山~氷見の民宿「あさひや」

30日、帰宅

バリエーションルート・源次郎尾根、30mの懸垂下降あり

岩登り、懸垂下降の訓練山行を経ての剱岳!!

剱岳は2回目の登頂ですが、今回は特に感慨深く山頂で涙が出ました。

年を公表しますが相方さん70歳、私・信ちゃん64歳。

バリエーション・ルートからの挑戦!!

追って、レポをUPしますが、取りあえず2枚の写真を~~
e0164643_23304364.jpg

e0164643_23321296.jpg

by nobucyansyuncyan | 2011-08-30 23:34 | 北アルプス | Comments(14)

明日から北アルプスへお出かけします。

11年前からアルプスへと出かけ、北アルプスがほとんどです。

昨年は南アルプス、北岳~間ノ岳~農鳥岳の縦走でした。

ほとんど相方さんとの二人旅。

今回は会の個人山行に参加の挙手をし、バリエーションルートですのでたくさんは行けず、5人での山旅です。

15時に北九州のEさんをピックアップし、山口へと向かい、リーダーさんの車で出発です。

全員 免許は持っていますので、交代しながら~~

「なるべく軽量に」とのことですが、水をまだ入れてませんが、現在8キロ。

雨具・着替え・ヘルメット・ハーネス・カラビナなどの登攀用具・アイゼン・非常食・行動食・その他諸々。

10キロ以下の荷物でアルプスを歩くことは珍しいのですが、今回 ザックを買い換えました。

軽いですね!1キロを切ってます、僅かですが・・・・・^^

広島のよっちゃんの「5人のてるてる坊主」の効き目がありそうな気配です(*^。^*)
by nobucyansyuncyan | 2011-08-25 22:45 | 北アルプス | Comments(8)

77回目:8月16日(火)     右田ヶ岳     天気:曇り・にわか雨・晴れ    5名
ルート:右田ヶ岳・天徳寺駐車場(7:02)→勝坂コースへ→尾根分岐(7:42)→岩場にて
     訓練(8:33~9:48)→右田ヶ岳・426m(10:16~10:40、昼食)→直登コース
     →懸垂下降の練習(11:00~11:30)→分岐(11:56)→海宝寺跡(12:17)→
     駐車場(12:30)

北アルプス・バリエーションルートの8回目の訓練山行です。

本来は7月24日の予定でしたが、リーダーさんの急用で今日に延期となりました。

けど結果オーライ、今日はいい練習となりました。リーダーさんに感謝!!

7時に右田ヶ岳の駐車場に集合。

3:10に起き、4:10に我が家を出発。

小倉南区のEさんをピックアップして佐波川S・Aで一休み。

防府西のインターで下り、駐車場へ。リーダーさんも丁度着き、身支度を整えて出発。

勝坂コースへと進みます。尾根ルートへと。
e0164643_1151539.jpg

e0164643_116160.jpg
この岩を三点確保で登ります。


もちろん、ザックは背負ったまま。


前回、陶ヶ岳で練習した時はザックが気になり、後に引っ張られる感じがしていましたが、もう慣れました。














さぁ~、これから懸垂下降。(モデルはEさん)
e0164643_11105936.jpg

e0164643_11133759.jpg

2回、繰り返し練習。ザイルを片付けていると雨が降り始めました。

急いで雨具の上を着て雨宿り。雨も小降りになったところで協議。

山頂まで行き、様子を見て・・・・・

青空となりました。早目のお昼を食べ、直登コースを下ります。

登山者の邪魔にならないよう、ほどよい岩場を懸垂下降で下ります。
e0164643_11234014.jpg

海宝寺跡の下山口より、舗装道の照り返しを浴びながら駐車場へ。

今日、歩いた右田ヶ岳です。いい練習場所でした。
e0164643_11304256.jpg


役割分担、装備などを再確認して帰途に着きました。

12月の大崩山での顔合わせから始まり、今回の最終訓練まで。

長いようでしたが、アッという間でした。

後は本番まで。26日の夕方、出発します。
by nobucyansyuncyan | 2011-08-18 11:40 | 中国地方の山 | Comments(10)

平尾台・お花を求めて~

76回目:8月9日(火)      平尾台     天気:晴れ      3名
ルート:平尾台うろうろ~~

今日も暑い一日でした。

けど、もしかしたら早咲きのサギソウが咲いているのでは~で、ゆっくり歩きのお姉さんをお誘いしまして、あっちウロウロ~、こっちウロウロ~~

咲いていましたね。2輪ほど~~(^^♪
e0164643_22194872.jpg

今日もたくさんのお花さんに出逢いました。目的の一つ、ヒナノキンチャク
e0164643_2222420.jpg

e0164643_22222712.jpg

スズサイコ、この花はボケ連発でした^^
e0164643_22243986.jpg

ヘクソカズラ
e0164643_22265053.jpg

コマツナギ、ヤマノイモ
e0164643_22273520.jpg
e0164643_22275517.jpg

カワラナデシコはそろそろ終盤のようです
e0164643_22293344.jpg

キキョウ
e0164643_22301321.jpg

コオニユリ
e0164643_22305756.jpg

今が旬のノヒメユリ
e0164643_2234214.jpg

e0164643_22325764.jpg
e0164643_2239666.jpg

      オミナエシも咲いていましたね


ヒメシロネ
e0164643_22413041.jpg
帰り道、舗装道を歩いていると「ホオジロ」さんが前をチョンチョンと

道案内をしてくれました~^^
e0164643_22442217.jpg


ホオジロさんと出会う前に小倉在住のお友達にお会いしました。

3人で来ていましたが、皆さん、免許証無しとのことでしたので、「タクシーで来たのかねぇ、休憩中に下山してきたら、お姉さんの車に途中まで乗せてあげたら~」」と話していましたが、私たちが帰るまでに姿は見せずーー

夜、お友達のところに電話をしました。聞いてびっくり~~

「市丸」のバス停のところから登山道があるので、吹上峠まで1時間ほど歩き、うろうろとし、帰りもまた同じようにしてバス停まで歩いたとのこと(@_@。

平尾台はいつもこのようにして歩くのよ~~

車で茶ヶ床園地や吹上峠まで来る我々としては考えられません。

それも私より遥かに御年配のお方です。

明日は足立山に行かれるとのこと~~

パワーがあり過ぎますぅ。。。。。
by nobucyansyuncyan | 2011-08-09 23:08 | 平尾台 | Comments(4)

英彦山周回コース

75回目:8月4日(木)      英彦山       天気:晴れ       4名
ルート:キャンプ場(9:24)→北西尾根→中岳(10:52~11:05)→南岳(11:16)
     →展望所(11:25~12:15、昼食)→分岐(12:30)→裏英彦山道経由→
     下山口(15:40)→豊前坊着(16:00)

夏の北アルプス・バリエーションルート訓練山行が24日、延期となりました。

御一緒する方が、「4日がお休みなので歩きませんか~」とのことでNさんもお誘いして英彦山での自主訓練山行となりました。

e0164643_1563453.jpg

豊前坊の駐車場に1台デポし、キャンプ場より出発。


北西尾根へと取り付きます。


お二人は初めてのコースです。


北西尾根上にある存在感のあるブナの木


北岳を眺め、中岳にある上宮のお社が見えると、まもなく中岳山頂です。






e0164643_15125839.jpg

お天気ならば、あと1回 合同の訓練山行があります。

e0164643_15171817.jpg4人での自主訓練はこれが最後かなぁ~で中岳山頂にて記念撮影。

丁度居合わせた登山者の方に撮っていただきました。

お社の前からの展望ですが、由布岳の山頂は雲の中でしたが、まずまずの眺望。

普賢岳が目を凝らすとうっすらと見えます^^

南岳に到着。

鎖場を過ぎて、岳減鬼山などが見える展望所にてランチタイム。

さらっとした風が心地よく、汗が適度に引いていきます。

分岐より裏英彦山道へと入り、オオキツネさんの群生地へ。

一昨日観たばかりですけど、やはりきれい~~!!

少し枯れ花がありますので、ピークは一昨日かな~♪
e0164643_15363565.jpg

e0164643_1537285.jpg

垂水の壺、ケルンの谷を過ぎ、薬師峠に無事着きました。
e0164643_15515980.jpg

午後からは風もなく、暑かった~~

Nさんは前回、toto1614さん・山いちごさんとの時に歩いていますが、Eさんは裏英彦山道は初めてのコース。

以外と長いんですねぇ~~とのこと。

下旬の出発までもう少し。

お互い、頑張ろうね~~!!
by nobucyansyuncyan | 2011-08-05 15:53 | 英彦山系 | Comments(6)

74回目:8月2日(火)      英彦山山麓      天気:曇り     5名
ルート:鬼杉登山口→鬼杉→お花散策→大南神社→鬼杉登山口

ゆっくり歩きのお姉さん達と一緒に英彦山のオオキツネノカミソリの花を愛でてきました。

昨年は井原山の群生地に御案内。

31日に私たちはブログ仲間と井原山のキツネさんを堪能してきました。

e0164643_16212.jpg
井原山、英彦山、どちらにしようか迷ったのですが、近場でゆっくりとお花を楽しんだ方がいいかなぁ~~♪


天気予報は午後から添田町は雨の確率が高いようです。


せめて散策の間は降らないことを願って~~


大南林道を入り、鬼杉登山口に車を停める。


先客2台。


鬼杉に到着。

さて、これから裏英彦山道へと入りこみ、キツネさんの群生地へ。
e0164643_1663977.jpg

e0164643_1672020.jpg

e0164643_1674341.jpg

e0164643_1681813.jpg

いやいや、裏英彦山のキツネさんも見事です!!

先客も居られますが、静かにお花を楽しむことが出来ました。

姉妹の妹さんの孫ちゃんも参加されてましたが、写真をたくさん撮っていたようです^^
e0164643_16145682.jpg

帰り道、大南神社へと寄り道。岩壁にコオニユリが咲いていますね。
e0164643_16175576.jpg


鬼杉付近にはイワタバコも丁度 咲き始めていました。
e0164643_16201226.jpg

e0164643_16204082.jpg

e0164643_1621260.jpg

e0164643_162381.jpg

ゆっくり、のーんびりとお花を楽しんで、姉妹も大満足(*^。^*)

心配したお天気も薄日が差し、これまた大満足^^

いつもの口ぐせで来年も観ることが出来るかねぇ~~

ここまで来れるかねぇの言葉が出ていましたが・・・・・
      
by nobucyansyuncyan | 2011-08-03 16:31 | 英彦山系 | Comments(4)

73回目:7月31日(日)      井原山       天気:晴れ       5名+1名
ルート:洗い谷(8:08)→縦走路(10:10)→井原山(10:43~11:24、昼食)→水無分岐
     (11:33)→アンの滝への分岐(12:55)→水無鍾乳洞→水無登山口(13:55)

本来ならば山岳会の方がお世話している公民館活動のサポートでの井原山でした。

無理のない歩きでオオキツネノカミソリを愛でるということで、古場岳~井原山~水無鍾乳洞を提案し、6月に下見を相方さんとしたのですが・・・・・

夏バテで参加者が少なく、マイクロバスを仕立てて行くには~~とのことで中止します。の連絡がありました。

それならば、自分たちだけで行こう!!

S・TAROUさんに洗い谷からのコースを御一緒に~~のメールを出す。

丁度、Haruさんからも連絡があったとのことでS・TAROUさん、Haruさん、Hiroさん、私たちの5名での出発となりました。

S・TAROUさんは水無駐車場へ先に行き、車をデポします。4人はキトク橋7:30待ち合わせして水無への林道へ来てください。だったのですが・・・・・

7時にキトク橋に着き、30分過ぎてもHaruさん、Hiroさんが来ないーー

どうしたんだろう??   来ない筈ですねぇ~  もう先に着いて上の林道で待ってたようです。

何かの行き違いがあったようです。だけどこのお陰でブログ友が増えました~~(^^♪

洗い谷コース取り付きの「ふぢばし」より入山。沢沿いの道を渡渉を繰り返して歩きます。
e0164643_21161499.jpg

暑いけど、水の音の響きが心地よいです!

沢に沿って3ヶ所のロープ場があります。ちょっと滑り易い。
e0164643_21235318.jpg

e0164643_21241324.jpg

e0164643_21245178.jpg

S・TAROUさんを探せ~!(笑)
e0164643_21281545.jpg

洗い谷、最後の詰めの場所です。Hiroさん、ガンバ!!
e0164643_2213146.jpg

バリエーションの訓練をしているリーダーさんは「ロープは出来るだけ持つな!、三点確保で!」と言いますが、ここだけはロープを持たないと、なかなか上にあがれません^^;

稜線に出て、オトギリソウ、ヤマブキショウマなどの花を愛で、山頂に到着。

そこでS・TAROUさんに「マッスルさん」を紹介していただきました。

お名前はもれ聞いていましたが、初めてお会いしました。マッスルさんよろしく~<(_ _)>

e0164643_22285264.jpgまた、ここでバリエーションルートを一緒に歩くNさんのお友達という方にお会いしました。

いつもブログを見ていただいているそうで~~ありがとうございます!!

そんなこんなで30分~40分のロスタイムが有意義なものとなりました^^

下山はマッスルさんも一緒に6人となり、賑やかに~

けど、通称「日本庭園」まではラッシュでした。たくさんの方がキツネ詣でにお出でておりました^^

オオキツネノカミソリ、今年は素晴らしかった~!!
e0164643_22332525.jpg

e0164643_22341146.jpg

e0164643_22372877.jpg

e0164643_22375864.jpg

e0164643_22395727.jpg
今年の井原山のオオキツネノカミソリ

丁度 見頃の時に愛でることが出来ました。

御案内いただいたS・TAROUさん、有難うございました。

御一緒いただいたHaruさん、Hiroさん、楽しかったです。

下山 御一緒のマッスルさん、今後ともよろしく~

登りに静かな洗い谷を歩き、下山はオオキツネノカミソリの観賞と何とも贅沢な山歩きでした。

井原山を満喫しました\(^o^)/
by nobucyansyuncyan | 2011-08-02 22:52 | 福岡県の山 | Comments(8)

皿倉山

72回目:7月30日(土)      皿倉山      天気:晴れ      11名
ルート:煌彩の森コース→皿倉平→ビジターセンター(ピストン)

山岳会の講習会に参加。   女性専科:皿倉山にて山岳事故救助技術

今回は女性専科。相方さんは家で留守番です。

「手と口を出さなければ男の人もOKですよ~」と言われましたが、「いやぁ~留守番しとくー」

帆柱ケーブル山麓駅駐車場、9時集合ですが早目に着きました。

講師のSさんが到着されてから、今日の講習会の内容の確認、自己紹介を済ませ、「煌彩の森コース」を歩き皿倉平へ。途中、休憩時に講師から質問があります。
e0164643_2144153.jpg


タンパク質とは何か?

山行時、水はどのくらい摂取するか、いつ飲むか?

心拍数は?などなど~~

おおよそ~~では駄目。きちんとしたデータに基づいた数値を出さなくては・・・・・

「どうしてその数字が出るのですか?」と言われると次の返答に窮します(?_?)

休憩の度にφ(..)メモメモ

皿倉平の広場に到着。早いですけど昼食タイム。

広場の草付きの斜面を利用してロープを使って救助訓練。

男性はビデオを撮ったりして、口は出しません。
e0164643_21433399.jpg

e0164643_21454452.jpg

滑車の原理を応用して、ザイルで遭難者を引き上げる。

これだと「か弱き女性?の細腕??」でも大丈夫!!

終了後、ビジターセンターの研修室にてミーティング。

各自、登山の折り、6~8ミリのロープを10m持っていれば「もしもの時に足して使用することも出来る」

納得~~!!  

私は細引き5~6m。  相方さんは6ミリを5mほどを持って行っていますが、今度山のお店に行った時に購入する予定。

荷物の軽量化。だけど命には代えられません!!
by nobucyansyuncyan | 2011-08-01 22:04 | 福岡県の山 | Comments(4)