<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

野焼き後の花は?

31回目:3月31日(木)     平尾台・塔ヶ峯・貫山     天気:晴れ     5名
ルート:吹上峠(9:56)→大平山(10:47~11:00)→塔ヶ峯(11:50~13:00)→
     林道→貫山(13:35)→四方台→中峠→キス岩→茶ヶ床園地(14:55)

木曜日、お天気も良さそうなので「久しぶりに会いましょうか~」と山友にメール。

今、春休みの真っ最中ーー。

「孫が遊びに来てるから~」、「孫との約束で~~」

ゆっくり歩きの姉妹が「孫もいいかねぇ~」で九重をいっしょに歩いたMさんも加わり、平尾台散策。

茶ヶ床園地に1台デポ。吹上峠より出発です。
e0164643_142423.jpg

e0164643_14114214.jpg
e0164643_1412214.jpg

シロバナタンポポ、スミレが満開!

センボンヤリもポツポツと咲いていましたよ^^  かわいいですねぇ~

ヒトリシズカなどはまだまだでした。



e0164643_14223367.jpg
大平山を過ぎ、塔ヶ峯へと進む。

山の側面の岩峰を眺め、山頂に到着。

展望台へと行くが、今日は霞んで眺めは余りよくありません。

「天狗の舞台」でランチタイム。陽だまりはあったか~い(*^。^*)




e0164643_1437478.jpg
e0164643_14381097.jpg
  Mちゃんは貫山初登頂。

  相方さんと2人で山頂へ。

  私たち軟弱隊はゆっくりと歩き、

  四方台で待ち合わせ。


e0164643_14503670.jpg

オキナグサはまだ出始めたばかり。。。。

これからが楽しみです。

平尾台通いが多くなりそうです(^^♪

Mちゃんに「根性の木」「キス岩」「大魔人(蛸入道)」を案内し、茶ヶ床園地へ下山。

新中学生。山ガールの誕生か~~^^

こちらもこれから楽しみですぅ。。。。。。


e0164643_1504465.jpg
e0164643_1515428.jpg

e0164643_1513119.jpg
by nobucyansyuncyan | 2011-03-31 23:17 | 平尾台 | Comments(1)

英彦山・清掃登山

30回目:3月27日(日)      英彦山      天気:晴れ時々曇り    25名

私どもが加入している山岳会の清掃登山です。

A班 : 高住神社→北岳→中岳

B班 : 別所駐車場→奉幣殿→ボッカ道→中岳

C班 :別所駐車場→奉幣殿→南岳巻き道→中岳

9時15分、別所駐車場に集合。

ゴミ袋など配布し、注意事項などが総括リーダーよりあり、記念撮影をして登山開始。

私の担当はC班で、8名で出発しました。

1~2月の積雪で倒木が道を塞いでいましたが、だいぶ整備されていました。
e0164643_21455713.jpg

だが、智室社を過ぎたあたりから未処理の倒木が道を塞いでいます(>_<)
e0164643_21502772.jpg

ゴミ袋、トングを持っての鎖場を何とかクリア。

参加者の中に南岳の巻き道を通ったことがないと言う方がいましたので、巻き道へ。
e0164643_21511972.jpg

e0164643_22163398.jpg

中岳に到着。昼食後、休憩所の裏手の斜面のゴミを拾いだします。
e0164643_22215050.jpg

急な斜面はザイルで身を確保して。。。。。

たくさんのゴミが出てきました。一升瓶、錆びたジュースの缶など随分前の物のようです。

皆さんと手分けして運びます。下山は皆 同じコースです。
e0164643_22262870.jpg

山頂で御一緒した英彦山ボランティアガイドの早田さんもお手伝い。
e0164643_22294759.jpg

ゴミの山です。こんなにたくさんありましたが、まだまだほんの一部のようです。
e0164643_22343656.jpg

今回、一般登山道のゴミは僅かでした。

産霊(むすび)神社の横の斜面や休憩所の裏手の斜面など、這いつくばって取りました。

いつも登っている英彦山。

きれいな英彦山であって欲しい!!

登山される皆さん、自分のゴミは持ち帰りましょう!!

余裕のある方は、落ちているゴミを拾ってくださいね<(_ _)>
by nobucyansyuncyan | 2011-03-28 23:00 | 英彦山系 | Comments(11)

陶ヶ岳へ

29回目:3月26日(土)      陶ヶ岳     天気:曇り時たま雪    5名

北アルプス・バリエーションルートの4回目の訓練山行です。

今日の課題は「フィックスロープを使った岩登りと30mの懸垂下降」です。

今朝の香春岳です。  雪です!!  車中からパシャッ
e0164643_2232443.jpg

小倉南区で一人ピックアップ。その後小倉南I・Cより山口南I・Cまで。

道中も山は雪!  今日は出来るのだろうか心配だが、とにかく現地まで直行。

陶ヶ岳の駐車場は宇部山岳会の「アルパインクライミングの講習会」があるとかで、ほぼ満車。

準備をして登り始めると、薄日が差してきました。「やはり、日頃の行いがいいんだぁ~!」

広場の木々にロープを張って、カラビナを付け替えて移動の練習。
e0164643_2247958.jpg

e0164643_22472470.jpg


何事も繰り返しの練習!!   雪が降ってきました(ーー;)

小屋でティータイム。雪も止み、さぁこれから岩登りの練習です。

今日は宇部山岳会のMさんがお手伝いしてくださいました。

通い慣れた岩場でしょうが、支点を撮りながらスイスイと上がって行きます。
e0164643_22525720.jpg

相方さんも頑張ってます。今日は調子が良さそうです^^
e0164643_2255045.jpg

e0164643_22553358.jpg

時折り雪が舞い始め、岩場が濡れてきました。

濡れた岩場の性ではありませんが、↑のところで私は難儀しました(-.-)

登山道を下りて、小屋で昼食タイムです。

他のメンバーの方もおられ、山談義に花が咲いていました。

お手伝いいただいたMさんはザイル仲間と練習とのことです。有難うございました。

遅めの昼食後は他のエリアで岩に取り付き、懸垂下降の練習。

今日はヘロヘロになり、この後 写真を撮る余裕がありませんでした。(>_<)

次回は頑張ろう!  くよくよしない!

立ち直りの早いのがわたしの取り得だ~^^;
by nobucyansyuncyan | 2011-03-27 23:15 | 中国地方の山 | Comments(0)

花散策、九重へ

28回目:3月24日(木)     沓掛山ほか     天気:曇り時々晴れ   5名

久しぶりにゆっくり歩きのお姉さん達との山歩き(?)です。

道の駅「おこしかけ」でお弁当など買い込んで、支払いの時に「途中で河津桜の案内板を見かけたのだけど、もう咲いているのですか?」と尋ねると、「今が満開ですよ~!」と道順を書いた紙をいただきました。

では、折角ですのでまず「河津桜」から~~
e0164643_103408.jpg

e0164643_1035096.jpg

耶馬渓経由で走りましたので、次は「ゲンカイツツジ」。今年は遅いですねぇ~
e0164643_10381892.jpg

牧ノ戸峠まで来ました。マンサク観賞です。沓掛山のマンサクはまだちょっと早いようです。

ゆっくり歩きの妹さんのお孫さんも今回一緒です。以前 男池散策をしましたが九重のピークを踏むのは初めてですので、沓掛山へ。おばばと孫ちゃんの記念撮影です^^
e0164643_10441348.jpg
e0164643_10434672.jpg

今度、いつ来れるだろうか。もう最後かも~といつもの口ぐせです。

麓のマンサク。きれいなリボンがクルリン^^
e0164643_1052194.jpg

e0164643_10523846.jpg

さて、今からメインのお花散策です。たくさんの福寿草やユキワリイチゲ、アズマイチゲに大喜び~(^O^)/
e0164643_1055545.jpg

e0164643_10561972.jpg

e0164643_10572275.jpg
e0164643_10583014.jpg

e0164643_1125571.jpg
e0164643_11271470.jpg




e0164643_1115964.jpg

e0164643_110165.jpg

e0164643_110246.jpg


た~くさんのお花に出会いました。

その他に「カテンソウ」や「ショウジョバカマ」「エイザンスミレ」にもお目にかかりました。

九重方面には自分で運転してはなかなか行けない、とのことでとても喜んでいただきました。

お孫さんのMさんも沓掛山初登頂です^^

皆さんの笑顔を見て、こちらも大満足~☆☆
by nobucyansyuncyan | 2011-03-25 11:28 | 大分県の山 | Comments(4)

鹿嵐山(かならせやま)へ

27回目:3月19日(土)    鹿嵐山(758.1m)    天気:曇り時々晴れ   2名
ルート:第1登山口駐車場(10:03)→雌岳・716m(11:15)→雄岳(鹿嵐山山頂)・758.1m
    (11:45~12:20)→分岐(13:17~13:30、地蔵峠へ)→第2登山口駐車場(13:50)
    →第1登山口駐車場(14:15)

山岳会の会員さんがお世話している公民館活動の山の会のサポートを依頼されましたので、今回はその下見登山です。

4月は野峠~一ノ岳(英彦山、犬ヶ岳はまだ雪がある)
5月は鹿嵐山(8年振りかなぁ~~)で、今回は鹿嵐山に決定。
e0164643_21335661.jpg
宇佐よりR387で円座より右折。


8年前は狭い道でしたが、立派な道になっていました。


第1登山口は駐車場も出来て、トイレもありました。


e0164643_21461110.jpg
今回は第2駐車場に車を停めて、周回して第1駐車場へと行く予定でしたので、第2へと進むと道路工事で通行止め。

今月いっぱいかかるとのことでした。

第1へと戻り、そこからの周回と決めました。

駐車場には我々を含めて3台。

案内に従い、第1登山口より入るとお地蔵さまが。

「安全登山のためにこれを建立」 平成15年8月吉日 とありました。

確か、以前はなかったような~~

登山道はよく整備されており、木々には説明も。   雌岳に到着。展望はありません。
e0164643_21551870.jpg
e0164643_215542100.jpg

なかなか気持のよいの登山道です。
e0164643_2202113.jpg

雄岳、鹿嵐山、山頂に到着。一等三角点です。

霞んではいますが、由布岳も見え、八面山、仙岩山も指間の距離です。
e0164643_2234311.jpg

三人の先客がいました。何と同じ山岳会の仲間がお友達と登って来ていました(*^^)v

雄岳からの下りはなかなかの急傾斜です。

e0164643_22103550.jpg


下りで事故が多いので、きついけどこれを登った方が無難かなぁ~と相方さんと話しながら進むと、「地蔵峠の景」です。「万里の長城」とも呼ばれています。
e0164643_2220428.jpg

e0164643_22213394.jpg

山岳会の仲間、Mさんとそのお友達です。

「夕方、送別会があるのでお先に失礼」と帰られました。
e0164643_22224345.jpg


久しぶりに鹿嵐山の奇岩怪石を眺めながら、分岐より地蔵峠へ。

ここにもお地蔵さまが祀られていました。
e0164643_22354712.jpg
13:45に第2登山口着。

第2駐車場の確認。ここにはトイレはありません。

道路工事をしている横を通らせてもらい、出発点の駐車場へ。

路端にはフキノトウや土筆も出ていました。

小振りのフキノトウを少しいただき、今晩のおかずに~

大変、おいしゅうございました^^

下見を終えての感想。

やはり、今回と逆のコース設定がいいかな??

登りにゆっくりと急登を登らせ、地蔵の景の瘠せ尾根歩きは疲れがまだ出てない午前中に済ませる。

さぁ~、あと4月の下見をしなくては・・・・・

過去、何度か歩いており、鹿嵐山のように8年振りではないから。。。。。
by nobucyansyuncyan | 2011-03-19 23:00 | 大分県の山 | Comments(0)

東日本大震災

3月11日、世にも未曾有なことが起こった。

M8.8と発表され、M9.0に訂正となったが、テレビに映し出される東北方面の映像は直視出来ない。

青森、岩手、宮城、福島。特に宮城県の被害者の数は増える一方・・・・・

横浜と千葉に主人の姉妹がいる。

心配になり、連絡を取る。最初、なかなか繋がらなかったが両方とも無事とのことで一安心。

その後の生活が心配になり、今日、電話をかける。

「余震があり、寝てても怖くて眠れない。」

「暫くの間、九州に帰って来たら~、けど家が心配で帰ってこれないねぇ~」

「けど、テレビを見ると私たちは家があって、家族も無事。ゆっくりと足を伸ばせるスペースもある。それだけでも有難い。」

被災された方が一日も早く、平穏な日々が過ごせますように願っております。


心よりお見舞い申し上げます
by nobucyansyuncyan | 2011-03-14 23:17 | 出来事 | Comments(0)

くじゅうのマンサク、まだ早かった

26回目:3月12日(土)        指山(1449m)・三俣山北峰(1690m)    
      天気:晴れ      9名
ルート:長者原(8:20)→指山入口(8:55)→指山山頂(9:37~9:50)→三俣山・北峰
    (11:12~13:00)→合流地点(14:17)→長者原(15:25)

「遊山歩」3月の例会登山です。  「くじゅうにマンサクを愛でに行こう!」

8時30分、長者原集合でしたが、皆さんすでに到着しており、8時05分に着いた私どもが一番遅かった~。

急いで出発準備を済ませ、先月 山行をお休みしたので、久しぶりに皆さんと顔を合わせる。
e0164643_2032739.jpg

長者原を出発し、登山道脇のマンサクを探すが、上の方にほんの少し・・・・

まだまだ早いようです。

指山自然観察路より指山方面へと進み、指山入口より指山へ。

中腹より雪道となり、アイスバーンの状態。
e0164643_2075297.jpg

マンサクを探しながら歩くが、長者原でチラホラでしたので、少し標高がある指山はまだまだ硬い蕾。
星生山も真っ白~~
e0164643_201632100.jpg

指山の山頂にて(MORIさん提供)
e0164643_2019135.jpg

指山より北峰を目指します。北峰への登りでアイゼン装着。

このコース最大の難所 。                        まだまだ硬い蕾のマンサク
e0164643_20324911.jpg
e0164643_20352555.jpg



本来は○○尾根を下る予定でしたが、雪深く、道迷いをし、「急がば回れ」と北峰へと登り返しました。

約1時間のロスタイム。朝 早目の出発でしたのでまだまだ心に余裕があります。
e0164643_20444399.jpg

雪道を下り、登山道に合流。タデ原湿原を通り、長者原へと無事に帰り着きました。
e0164643_2051455.jpg

くじゅうの春はまだまだ先のようです~~

そろそろ例の花園へ様子伺いへ行きたいのですが、咲いているでしょうか??
by nobucyansyuncyan | 2011-03-13 20:57 | 大分県の山 | Comments(0)

田原山(542m)

25回目:3月11日(金)      田原山(542m)      天気:晴れ       4名
ルート:田原山駐車場(9:20)→南尾根→大観峰(10:13~10:23)→八方ヶ岳(10:35)→
     無名岩→熊野磨崖仏(11:44~12:20、昼食)→見返り岩→田原山駐車場(13:05)

夏のバリエーションルート山行の個人訓練山行、英彦山に続く山歩きです。

英彦山では思わぬ(?)雪山歩きとなり、次はどこの山にしようか。

低山だが、岩稜歩きの練習にもってこいの場所として大分県の国東地方の山へと出かけてきました。

今回はEさんとNさんも一緒です。一応、リーダー以外の参加メンバーです。

お二人とも田原山は初めてとのことです。

道の駅「おこしかけ」で待ち合わせ。我が家の車で登山口の妙善坊へ。

登山口にある案内板です
e0164643_13525212.jpg

植林の中を進み、雫石(しずくいし)のところで一休み。

南尾根へと上がり、これからは足元に気を付けて進む。右側は断崖絶壁。

山頂手前より一方通行の道の谷へと下る。そして登りあがると大観峰。

由布岳・鶴見岳も見えています。由布岳の斜面は結構 雪が残っているようでした。

目を転じれば両子山や猪群山などの国東の山々が望めます。

展望を楽しんだ後は、山頂へと移動。やせ尾根の斜面です。
e0164643_1354388.jpg

今日は時折り強い風が吹き、飛ばされないように低空姿勢で用心して・・・・
e0164643_13542527.jpg

山頂ではお互いに写真の撮りっこをしただけで、すぐに移動。 寒~い(>_<)

瘠せ尾根を歩き、無名岩まで行くがここも風が吹き抜けて寒~~い。

熊野磨崖仏へ御案内。Nさんは観光で下から石段を登ってきたことはあるが、Eさんは初めて。
e0164643_14224411.jpg

穏やかな顔の不動明王。
e0164643_14243585.jpg

大日如来像
e0164643_14262445.jpg

来た道を少し戻り、妙善坊の駐車場へ。

風が強くて、ちょっと心配しましたが、無事に下山。

今回、私のカメラを忘れ、相方さんので撮りましたが、画像がいまいち・・・・

同行のNさんから送られてきた画像です。
e0164643_14442276.jpg

by nobucyansyuncyan | 2011-03-13 14:46 | 大分県の山 | Comments(0)

福寿草を愛でに仰烏帽子山へ

24回目:3月5日(土)     仰烏帽子山(1302m)    天気:晴れ    2名
ルート:駐車地点(7:33)→元井谷登山口(7:40)→分岐(8:47)→展望台→仰烏帽子山
    (9:33~9:52)→兎群石山へ(9:57~10:19)→分岐(10:53)→仏石・花散策→
    ランチタイム(11:20~11:45)→群生地→第2登山口分岐(12:49)→元井谷出合
    (13:40)→元井谷登山口(14:05)→駐車地点(14:15)

冷え込みの厳しい朝を迎えました。車の内側まで凍ってました~(~_~)

昨夜は19時には寝たので、睡眠は充分です。が、早く山へ行ってもお日様がささないとお花は開かないので、コーヒーを飲みながら、時間をつぶす。

登山口近くで車の音、人の声がし始めたのでボチボチと行動開始。

仰烏帽子山は5~6年振りです。やはり登山道が荒れ、道も若干変わっています。
e0164643_23131136.jpg

沢沿いの陰の部分はまだ雪が残っていました。
e0164643_23144748.jpg

稜線に出ると、気持のよい登山道
e0164643_23161270.jpg

途中の展望台に立ち寄り、やがて山頂へ。霞んではいますが、白髪岳、韓国岳、新燃岳の噴煙もかろうじて見えます。市房山の展望
e0164643_2320507.jpg

山頂が混雑してきましたので、少し下り、兎群石山へ(今年の干支の山、初登りです)
e0164643_23232538.jpg

e0164643_23235782.jpg
このようないわれが書いていました。

石を見ると大きな石はなく、丁度うさぎさんが何匹も群れをなして遊んでいるような~~







e0164643_2327985.jpg

さて、分岐へと進み、仏石へ。前回来たときは仏石の上に上がりましたが、今日は霜柱が溶け、早春の九重の登山道のようになって、ぬかるんできました。

滑って危ない!!   危険回避~~

福寿草が満開!!
e0164643_23343868.jpg

展望のいい広場で昼食タイム。お天気はいいし、土曜日だし、人が多いです^^

群生地へ移動。
e0164643_23391961.jpg

e0164643_2339539.jpg
暖かな日差しに福寿草も黄金色に輝いています。

「私を写して~!」

「こっちにもいるのよ~」と声かけて来たり~

「私、恥ずかしいから~」と隠れてたり~

人ではなく、花さまざまです^^




下山は群生地をそのまま過ぎて、第2登山口の方へ。

そこから林道歩きをすると1時間近くかかるが、荒れてはいるが、元井谷に出る道があるとのことで、それを歩くことに。

倒木があり、荒れてはいましたが無事、登山口に辿り着きました。

途中で見かけた今日一番のべっぴんさんで~す。
e0164643_235576.jpg

お風呂の半額券をいただきましたが、帰りまでの道中が長いし、渋滞などを考えると~で、登山口で汗をかいた服を着替え、さっぱりとした気分で我が家へ~~。

満開の福寿草に出会え、今年は何か良いことがあるかなぁ~~♪♪

2日間の車の走行距離は約640キロ。
by nobucyansyuncyan | 2011-03-08 00:07 | 熊本県の山 | Comments(8)

太郎丸嶽・次郎丸嶽

23回目:3月4日(金)       太郎丸嶽(281m)・次郎丸嶽(397m)   
                     天気:晴れ        2名
ルート:駐車場(9:57)→分岐(10:35)→太郎丸嶽(10:59~11:10)→展望所→
    分岐(11:43)→展望岩→次郎丸嶽(12:25~13:16)→駐車場(14:10)

福寿草がちょうど見頃だとネット上で報告されていた。

「そうだ、福寿草を見に行こう!」 

前日の英彦山の道中に相方さんと話し合って(ほとんど私の一方的)決める^^

日帰りはもう体力的にきついので、例によって車中泊。

5日が晴れマークなので、仰烏帽子岳を5日とする。

さて、4日に登る山は?  

地図を広げ、S・TAROUさん達が先日行った「太郎丸嶽・次郎丸嶽」に決定。

それからの忙しいこと(^_^;)   資料や車中泊の用意。

5時半に我が家を出発。なるべく同じ道を通りたくないので御船I・Cで下り、57号線の天草街道を対岸の雲仙の山を眺めながら、天草パールラインを通り、登山口へ。
e0164643_22501052.jpg

S・TAROUさんや風来坊さんの報告の通り、分り易い登山口でした。
e0164643_22504462.jpg

e0164643_22554163.jpg

これから登るお山。左が次郎丸嶽、右が太郎丸嶽。民家横の生活道を通って~~
e0164643_2302415.jpg

整備された登山道で「長寿の湧水」、「遠見平」を経て太郎・次郎分れです。

出発前に通りがかりのおじさんにお話を伺い、「どちらを先に登った方がいいですか?」

「それは次郎の方がメインじゃけん、そっちを先に登り、体力に余力があったら太郎に行ったらいいよ」のアドバイス。

けど、ネットでの報告を見ると次郎でゆっくりとランチタイムにした方が良さそうでしたので、おじさんの意に反して太郎へと進む。

途中の大岩も楽しそう!   帰りに楽しむとして先ずは山頂へ。

大岩にて次郎丸嶽をバックに記念撮影。
e0164643_2314526.jpg

分岐に戻り、次郎丸嶽へと進む。何気なく撮った次郎の岩峰
e0164643_23185811.jpg

大岩があり、ロープがありますが使用しなくても大丈夫(^^♪
e0164643_23214051.jpg

少し霞んではいましたが、展望もよく、島々が箱庭のよう。

奥にある岩場でひとしきり遊んで、さて山頂へ~~

ところが、またまた岩場があるではありませんか!
e0164643_23254762.jpg

その時撮った画像です。
e0164643_23264625.jpg

その岩場で交代で写真を撮り、次郎丸嶽の山頂へ。

山頂から見ると、その岩場の位置がすごいところ~(@_@;)

またまた交代で写真の撮りっこ^^
e0164643_23313766.jpg

e0164643_23322015.jpg

本当はもう一座登ろうかと考えてはいましたが、それぞれの岩場で楽しみ、景色も堪能し、山頂でのんびりとしました。

雲仙と言えば、ミラさん。どうしてるかなぁ~と声が聞きたくなり、コール。

元気な声が跳ねかえってきました(*^。^*)

下山後は266号線を走り、不知火の道の駅でお風呂に入り、夕飯を買い込み、3号線を下り、宮原から仰烏帽子山の登山口の元井谷へ。

☆のきれいな夜でした。  明日はお天気もバッチシのよう~~!!
by nobucyansyuncyan | 2011-03-06 23:49 | 熊本県の山 | Comments(12)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan
プロフィールを見る
画像一覧