<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

陶ヶ岳で訓練山行

20回目:2月27日(日)      陶ヶ岳     天気:曇り     5名
ルート:陶ヶ岳駐車場(9:30)→訓練(10:00~11:20)→昼食→訓練
     (12:20~14:30)→陶ヶ岳駐車場(15:00)

北アルプスバリエーションルート山行の3回目の訓練山行です。

リーダーは山口国体の打ち合わせで少し遅れますとのことでしたので、駐車場にて春の暖かな陽ざしを浴びながら、山のお話をしながらリーダーを待ちます。

全員揃い、岩場のある広場へと向かいます。

前回の場所で、復習です。15mの岩場で懸垂下降。

1回目より2回目。身体が少し覚えていたようです^^

午前中の練習を終え、早目の昼食とし、今後の打ち合わせなどを済ませて、今日の講習の課題。

「30mの岩場を登り、懸垂下降で下りる。」   見上げるとふぅ~。。。。。

リーダーがトップで登り、ザイルを張ります。(専門用語を知りませんので・・・・)
e0164643_15215619.jpg

次がお仲間のNさん。
e0164643_15242840.jpg

3番手は私。4番が相方さん。最後は岩ベテランのEさん。

身を乗り出しても絶壁ですので、上がってきたところの写真しかありません^^;
e0164643_152918.jpg

ザイルでつなぎ、上と下で確保されていても、下を見ると怖いですね。

しっかりとしたホールドを手探りで探し、安全な足場に立って・・・・・

下で見ていると、「あそこに行って、こー行って」と思うのですが、実際は・・・・・(?_?)

何とか、30mのテラスに到着しました。

今度は今 登ったところを懸垂下降で降ります。

先ずはリーダー。次はNさん。
e0164643_15411419.jpg

私の番です。写真は懸垂下降の途中でのものです。途中で写真を撮る余裕???
e0164643_15432492.jpg

e0164643_1545443.jpg
下の2人を少しズームで撮りましたが、画像は小さくしています。

下でしっかりと確保して、見守ってくださるので安心です。

けど、午前の部の2倍の高さです。

最初の一歩がちょっとビビリますねぇ~

やはり、一に練習、二に練習~~

相方さんです。
e0164643_15535110.jpg

ラスト、Eさん
e0164643_15543114.jpg

ロープを回収して、反省点を話しながら下山。

心配していたお天気も何とか持ってくれました(^O^)/

帰りの車中では雨。前回の時は横殴りの雪でした。

無事に今日の課題も終えることが出来、段々とモチベーションが高くなってきました(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2011-02-28 16:04 | 中国地方の山 | Comments(6)

宇佐の霊山・米神山へ

19回目:2月24日(木)     米神山(475m)     天気:晴れ      4名
ルート:佐田京石登山口(10:20)→第1展望台(10:42)→大巨石群へ(11:20)→米神山
     (11:45)→第2展望台へ→米神山(12:07~12:45、昼食)→日之神谷巨石群へ
     →熊登山口へ下山(13:34)→京石登山口(13:45)

以前から気になっていたお山、米神山にお誘いいただいたので歩いてきました。

地元の山歩会で3月の月例登山の代役の候補に名前が出たので、明日、下見に行くので行きませんか~と前日の夜7時過ぎに電話がかかりました。

即、OK(用事は後回し^^)

安心院I・Cを下りて佐田京石登山口へ。広々とした駐車場がありました。
e0164643_10362513.jpg

e0164643_10391436.jpg

e0164643_10395718.jpg

第1展望台へ。由布岳・鶴見岳が望めています。

木漏れ日の差す、気持のいい登山道でしたが・・・・・途中から急登の連続。  

ロープが整備されています。

一登りしたところで右へ20m行くと大巨石群との案内が。
e0164643_10482074.jpg

e0164643_10484237.jpg

ここからまた急登の連続^^;   低山と侮るなかれ・・・・・
e0164643_10514524.jpg

e0164643_10532218.jpg山頂に着きました。

第2展望台が少し行ったところにあるとのことでしたので・・・・

「展望を楽しみながらお昼にしよう!」と下って、上って・・・・

全く展望はなし(>_<)

未完成とのことでした。

米神山。ストーンサークルの山頂です。
e0164643_10585440.jpg

下山は熊登山口の方へと。

ここも急降下の道でした。途中、日之神谷巨石群へと寄り道。

ロープの張られた道を足元に注意しながら、どんどん下ります。

熊登山口に到着。

丁度、地元の方が居られたので、ちょっと立ち話。

3月の第2日曜日に「米神山巨石祭り」が開催され、餅まきなどあり、登山されるそうです。

田園風景を楽しみながら車道を歩き、出発点の京石登山口に着きました。

山歩会の方は「大人数だとここまでが何分」、「ロープ場はちょっと大変だなぁ~」などなど。

コースタイムを考えながら~~    やはりお世話する人は大変です^^

登山のコースは今日のルートの方が良いみたい。

熊登山口からは上り一辺倒で展望もありません。

帰路、安心院の三女神社に案内していただきました。
e0164643_11225669.jpg

歴史を紐解きながらの、低山歩きでしたが、なかなかどうして・・・・・

手強い山でした。が 楽しい山歩きでした。

あ誘いいただいたOさん、有難うございました<(_ _)>
by nobucyansyuncyan | 2011-02-25 11:34 | 大分県の山 | Comments(4)

英彦山・滝巡り

18回目:2月21日(月)      英彦山       天気:晴れ      2名
ルート:別所駐車場(10:10)→幻の滝→HO11の滝(仮称)→別所駐車場(15:30)

「あまりにお天気がいいので、どこかへ行こう!」で近場の英彦山へ~
e0164643_14572938.jpg
別所駐車場への道、陰のところはまだ雪が残っていましたが、駐車場には全く雪は無し。

準備をしていると、嘉麻市のMさんが「おはようございます~」と。 車が違うのでわかりませんでした。

今日は時間がないから紅葉谷ピストンで登り、

山頂のベンチはまだ雪の中だとの情報。


今日の我々の予定は

「幻の滝」が幻でなくなってきたような・・・滝の様子をもう一度見ようと思って。

分岐から入りこむと、テープの数があちこちに増えています。

雪もまだまだた~くさん
e0164643_15211737.jpg

「幻の滝」です。この暖かさでもう氷結はなくなっていました。
e0164643_15225891.jpg

滝を眺めながらのランチタイム。

まだ時間も早いので、もう一つの滝へと。

こちらも雪はなく、水の勢いのよいこと・・・・・

進むのに沢登りの状態でした^^
e0164643_15261967.jpg

途中、飯塚六四会のこのような手製の標識がありました。
e0164643_15343020.jpg
私どもはやはりMORIさんと一緒に歩いた仮称「HO11の滝」とします。

日ごとに暖かさが増してきています。

もう春はそこまで!!

花散策が待ち遠しいですねぇ~
by nobucyansyuncyan | 2011-02-22 15:39 | 英彦山系 | Comments(4)

古処山・屏山へ

17回目:2月19日(土)   古処山(859.5m)・屏山(926.6m)   天気:晴れ    2名
ルート:秋月駐車場(9:50)→5合目林道(10:30~10:35)→分岐(11:05)→ツゲ林経由
    →縦走路出合(11:29)→屏山(12:03~12:40、昼食)→古処山(13:30~13:36)
    →秋月駐車場(14:50)

19日・20日の2日間は実家のワンちゃんの朝、夕方の散歩と食事の世話を頼まれているので、早朝よりのお出かけや、まして遠くに行けない。

久しぶりに古処山を歩こうということで出かけてきました。

通り道の江川ダム。 随分 水位が減っていますね~
e0164643_10301314.jpg

駐車場には7~8台の車。 

少し歩くとキャンプ場が以前はありましたが、もう取り壊されていましたね。

5合目の林道に出るまでの道は、昨年の大雨による被害などで荒れていました。
e0164643_10381811.jpg
 
e0164643_1040666.jpg

e0164643_1040361.jpg

e0164643_1041048.jpg

5合目の林道より古処山、1.1キロ。  屏山、2.8キロ。

紅葉谷の分岐、水舟を過ぎ、馬見山~屏山方面へと進む。

ツゲ林の原生林に到着。ここは大好きなところです。
e0164643_1050302.jpg

コショウノキはまだ花が開いていませんでした。

縦走路へと出て、先ずは屏山へ。雪は20㎝ほど。
e0164643_10565089.jpg

山頂で一休み。雪景色の三郡山も見えてます。
e0164643_10595534.jpg

馬見山へはかすかな踏み跡があるようです。

来た道を戻り、古処山へ~  大将隠しへの道はトレース無しでした。
e0164643_112136.jpg

今日は冒険はせず、山頂へと進み、何か花芽はないかなぁ~と探しましたが、まだ雪の中。

あと一月もすれば、ホソバノコバイモなどの可愛い花が咲くでしょう!

けど、昨年の4月以来の古処山でしたが、登山道の荒れ様にはびっくりしました。

まだまだ危険個所がありました。

早速、森林巡視の報告書を提出しますが、元のような登山道になるのは何時のことになるのでしょうか。
by nobucyansyuncyan | 2011-02-20 11:21 | 福岡県の山 | Comments(0)

今週2回目の英彦山

16回目:2月16日(水)       英彦山       天気:晴れ       3名
ルート:別所駐車場(9:22)→奉幣殿(9:42~9:47)→産霊神社(11:22)→
     中岳(11:48~12:40)→北岳(13:20)→高住神社(14:35~14:47)→
     別所駐車場(15:55)

この夏、北アルプスのバリエーションルートを一緒に歩く予定の山岳会の方と英彦山を歩いてきました。

若かりし頃、勤務先の山岳会でヒマラヤ遠征へも行かれた方ですが、まだまだ現役でお勤めなものですから、忙しさにかまけ、歩きが足りないとのことで「歩きの訓練をしたい、一緒に歩いてください~」で御一緒しました。

英彦山も久しぶりとのことで、ここは安全祈願をして正面登山道より~
e0164643_14515579.jpg

13日に着けた中津宮へのトレースも降った雪で消えており、産霊(ムスビ)神社の前もきれい!
e0164643_14541881.jpg

お地蔵さんもすっぽり雪の中
e0164643_14562464.jpg

山頂への石段もこれまた雪の中。青空がまぶし~い!!
e0164643_1458798.jpg

今日の山頂です
e0164643_14593576.jpg

南岳・北岳へも全くトレースなし。   「さぁ、どうしよう~」

念のため、ワカンを2人とも持ってきていたので「北へ行こう、トレースを着けよう~!!」
e0164643_155476.jpg

御一緒したEさんはワカンの跡を歩くのですが、やはり時たま踏み抜いてSOS・・・・

雪が深すぎて、自分の足が持ち上がらないーー

その気持、わかります・・・・・     手助けが要りますぅ。。。。。

北岳の肩の下の木の階段です
e0164643_15141316.jpg

無事、高住神社まで下りてきました。

神社のFさんに温かな美味しいココアをいただきました。

いつも有難うございます。  感謝!!

別所駐車場までの自然歩道歩きが約1時間。ラッセルした足には堪えます(ーー;)

スキー場の横を通過。若い御夫婦がワンちゃんと遊んでいました。
毛足の長い犬で、ロシアの産とのこと。喜んで駆けずり回っていました^^
e0164643_15241552.jpg

Eさんも久しぶりの雪山歩きでお疲れになったことでしょう。

英彦山でこんなに雪があるなんて~~と、びっくりしていました。
by nobucyansyuncyan | 2011-02-17 15:31 | 英彦山系 | Comments(4)

雪遊び~!平尾台

15回目:2月15日(火)      平尾台・貫山      天気:曇り時々晴れ    2名
ルート:茶ヶ床園地(10:20)→貫山(12:00~12:25)→井手浦分岐(12:57)→キス岩
     (13:18)→茶ヶ床園地(13:35)

前夜の天気予報では曇りマーク。だが、早くに回復して日中は暖かくなるとのこと。

洗濯物を干して、貫山方面を見ると防火帯は真っ白、周辺の山も白くなっています。

「明日は英彦山の約束があるけど、ちょっと平尾台で遊ぼうか~」でバタバタと支度。

アイゼンとワカンを忘れずに~~^^

行橋~平尾台間はチェーン規制になっておりましたが、陰のところのみで後は大丈夫でした。

今日の茶ヶ床園地。車は我が家のを入れて2台でした^^
e0164643_21361841.jpg

舗装道より中峠へと進む道はトレースなし。気持いいですね~
e0164643_21384787.jpg

歩き始め7㎝ほどだった積雪も段々深くなり、吹きだまりのところは40㎝となり、ワカン装着。
e0164643_21421514.jpg
e0164643_21423469.jpg

右の相方さんが着けているワカンはスイストレッキングでお友達となり、何度か山行を御一緒したFさんからのいただき物です。(島原のYさんのお友達)・・・・・年代物ですねぇ

今日はどなたも山頂へは行っていません。足跡は我々のみ(^O^)/
e0164643_2158656.jpg

展望もまずまず。空港も見えています。
e0164643_222986.jpg

e0164643_2245478.jpg
三角点は雪に埋もれていました。

雪を払い、三角点にタッチ

分水嶺踏査を思い出します。

支部の担当は山口の県境の仏峠から平尾台まで。

私の担当は山口県の中間でした




今日のお気に入りの画像です
e0164643_2285241.jpg

下山は四方台から急坂を下り、分岐から左折しての周回コース
e0164643_22183243.jpg

福智山の山頂も白くなっています。
e0164643_2221983.jpg

久しぶりにキス岩に逢ってきました。
e0164643_22223315.jpg

結局、アイゼンは使用せず。

ワカンで雪と戯れ遊んだ一日でした。

今年はワカンが大活躍していますねぇ。。。。。
by nobucyansyuncyan | 2011-02-15 22:32 | 平尾台 | Comments(2)

英彦山へ~

14回目:2月13日(日)       英彦山      天気:晴れ時々曇り     2名
ルート:別所駐車場(10:35)→奉幣殿(10:54~11:00)→中津宮→産霊神社→
     中岳(12:44~13:18)→北西尾根うろうろ~→別所駐車場(15:52)

別件の山にお誘いを受けていましたが、高速が雪のため通行止めーー

前夜の内に諦めて、「さぁ、今日はどうしよう~」 

外を見ると、とってもいいお天気♪  明日はまた崩れるとのこと。

「英彦山へ行こうか」で急遽、9時過ぎに我が家を出発。

別所駐車場には20台前後の車が~。

「豊津の信ちゃん」と声をかけていただきました。
お名前をお聞きすると平尾台を御一緒した「山帽子」さんでした。
あの時はたくさんの人でしたので・・・・どうも済みません<(_ _)>
e0164643_1564246.jpg
e0164643_157529.jpg

知り合いの宮司さんが雪かきをしていました。ご苦労様です。

奉幣殿への石段も雪の中。
e0164643_151761.jpg

e0164643_15173498.jpg

登山道もサラサラの雪です。中津宮へはどなたも立ち寄ってないようです。初トレース^^
e0164643_1523728.jpg

e0164643_1524474.jpg
霧氷もびっしりと着き、珊瑚のよう。

家を出る時は青空だったのですが、お山は分厚い雲がーー

写真を撮りながら、「霧氷と青空」と期待したのですが・・・

時々、薄日はさすのですが~~

気持のよい登山道











途中の休憩所の東屋が雪の重みで壊れていました。
e0164643_15335272.jpg

今日の山頂風景。ベンチもすっぽり雪の中
e0164643_1536755.jpg

今日も休憩所の小屋でボランティアガイドの早田さんにお会いしました。

嘉麻市のMさんは先ほど北へ向けて下ったとのこと。逢えずに残念。

今日は2人ともワカンを持ってきました。北西尾根で遊ぼうか~~
e0164643_15413125.jpg

e0164643_1542438.jpg

e0164643_15423227.jpg

e0164643_15471522.jpg

倒木の間に時たま嵌り込んで、ズボッと入ることはありましたが、大正解!!

あっちうろうろ、こっちうろうろと遊びまわりました。

見慣れないテープを見つけ、探検も~~

英彦山はやはり奥が深いです(^_-)-☆
by nobucyansyuncyan | 2011-02-14 15:57 | 英彦山系 | Comments(4)

父の17回忌

今日、父の17回忌の法要が実家で取り行われた。

もう、17年か・・・・    命日は13日。

脳梗塞で倒れ、湯布院の厚生年金病院(?)で入院して、一生懸命リハビリしていたっけ。

当時、私どもは栃木県に居て、相方さんの会社の夏休みに子供を連れて、神奈川の川崎から宮崎の日向間のカーフェリーを利用して、母と湯布院で待ち合わせ、父を見舞ったこともありました。

好きな煙草も止め、プールでの歩行訓練を頑張っていました。

病に倒れて18年。  私どもも福岡県に転勤。

最期は病院でしたが、ほとんど実家で母と兄嫁が面倒を見てくれていました。

藤の花が咲くころになると、田川の方城にある藤寺へよく連れて行ってました。

そこはあまり歩かなくて済むので、父も楽なんです。私たちも・・・・

右半身が麻痺しているので、ほんのちょっとの坂道も上りは休み休みでも歩けるのですが、下りは杖をついても前のめりになって、転びそうになり怖かったようです。

手を持って一緒に歩いたり、時にはオンブをしたり(姉妹で私が一番力持ちだったのかな?)

お経を唱えながら、そんなことを思い出しました。

昨年の10月は母の3回忌でした。

仲の良い夫婦でしたから、あの世でも仲良くお茶飲みしている・・・・・のかな?
by nobucyansyuncyan | 2011-02-09 22:03 | 出来事 | Comments(2)

山友と雪の九重へ

13回目:2月5日(土)      九重山系      天気:晴れ時々曇り      9名
ルート:牧ノ戸峠駐車場(8:50)→久住避難小屋(10:30~10:40)→御池(11:02~11:07)
     →昼食(11:20~11:40)→中岳(11:50~12:02)→天狗ヶ城(12:16~12:22)→ 
     久住分れ(12:45)→スガモリ小屋跡(13:35~13:46)→長者原(14:50)

別件でいーさんにメールをすると、5日はそよかぜさん達と九重に行きます、とのこと。

長崎の普賢岳へ行ったときにお世話になったので「もし良かったら御一緒させていただけませんか~」

九重の「見晴らしの湯」の駐車場で待ち合わせ。お初の方もいるので自己紹介。

四季彩道路経由で長者原へ。車を1台デポし、2台で牧ノ戸峠へと~

もう満車。上の駐車場はちょっと無理ーー

足踏みし、雪を均し、何とか2台分確保。どうにか置けました(^^ゞ

今日は霞んで眺望は無し。展望所からの涅槃像も見えません(>_<)

避難小屋横の斜面でシリセード~~(*^。^*)
e0164643_2018184.jpg

女性はワーワー、キャーキャー^^  見ていた男性方も早速仲間に入らねば~~と

いーさん                          山馬鹿さん
e0164643_20223291.jpg
e0164643_20225420.jpg

童心に返って遊びました~(^^ゞ

次に目指すは凍った御池を渡り、中岳へ。 
e0164643_20293075.jpg

足元の氷を見ると、とてもきれいな紋様です。
e0164643_2034756.jpg

e0164643_203636.jpg
中岳の手前の鞍部にて早目の昼食となりました。

かずさんからの差し入れのお汁粉。

お餅も入って、とっても美味しかった~~

かずさん、有難う!!

中岳山頂にて記念撮影。相方さん撮影ですので写っていません
e0164643_20455854.jpg

天狗ヶ城からの御池です。今日も大勢の方が氷上を歩きました。
e0164643_20484184.jpg

久住分れより北千里ヶ浜を通り、スガモリへ
e0164643_20502133.jpg

e0164643_205353.jpg
e0164643_20572363.jpg

e0164643_214526.jpg
ワカンを持ってきていましたので、装着。

斜面は雪も多く、ワカンでも入りこみます。

けど、たのしい~~!!

かずさん、いーさんが体験。

かずさんは水を得た魚の様^^

いーさんはノッシ、ノッシと(^_-)-☆

けどお二人ともとても楽しそうでした。

振り返りみると素晴らしい眺め~☆
e0164643_21123692.jpg

e0164643_21132524.jpg

e0164643_2114285.jpg

e0164643_21155241.jpg

e0164643_21163086.jpg

鉱山道路から長者原への道へと進む。普段はぬかるんで歩きにくい道も今日は快適です。

風紋がとってもきれい!!

長者原に帰り着き、車を回収。牧ノ戸峠の駐車場にはまだまだ車がたーくさんあったそうです。

やはり皆さん、考えることは同じですね。

今日もたっぷりの雪で遊びました。

お世話くださったいーさん、有難う!!   かずさん、たくさんの話題提供、有難う!!

長崎組の皆さん、とっても楽しかったです~~☆☆☆☆☆
by nobucyansyuncyan | 2011-02-06 21:36 | 大分県の山 | Comments(10)
12回目:2月3日(木)      英彦山      天気:晴れ      2名
ルート:別所駐車場(9:30)→九州自然歩道経由→高住神社(10:37~10:50)→
     北岳の肩(11:39)→北岳(12:08)→中岳(12:59~13:30)→産霊神社
     (13:50)→バードライン経由→別所駐車場(14:40)

今日は晴れマーク。暗黙の了解で山の準備を済ませて出発。

いつものように油木ダム経由で来るが、今までの中で一番の積雪。

相方さんは慎重に運転。

別所駐車場に車を置き、豊前坊まで自然歩道経由で歩く。

スキー場もきれいです。東屋には雪ダルマがありました。
e0164643_2150824.jpg

高住神社に到着
e0164643_21511422.jpg

境内にある牛さん、背中が重そう~^^
e0164643_21522180.jpg

神社のFさんといつものようにちょっとおしゃべり。

「今日は長崎から20人ほどの団体さんが上がっていったよ~」

では、しっかりとトレースも着いてるね(^^ゞ

シオジ林の案内板も雪に隠れています。
e0164643_21573710.jpg

溶岩の壁の手前で、長崎の方が4名ほどUターンして戻ってきます。

「こんなに雪が多いとは思わんかった~」ちょっと御年配だったので、大変だったのでしょう

溶岩の壁で単独の方が・・・・「上の岩場のところからは誰も歩いてなく、腰まで埋まって大変だから戻ってますーー」例のオオヤマレンゲの倒木の個所のようです。

2パーティに別れた長崎の方に道を譲ってもらい、北岳の山頂を通過。
e0164643_2283877.jpg

北岳山頂を少し下ったところで若いアベックに追いつく。

彼がラッセルをしてくれて、トレースを着けてくれていたようだ。

一緒に休憩をし、そこから先頭を交代。二人で交互にラッセル。

今日はワカンを持ってきていたのだけど、「もう誰か歩いているだろう」と車に置いてきました^^;

「一つだけでも持ってくればよかったねぇ~」と話したのだけど、後のまつり・・・・・

中岳山頂手前で息の上がった私達を見かねて、若い彼が「代わりましょう!」

若い人はいいねぇ~  元気!  動きが違います^^

中岳で嘉麻市のMさんに遭遇。「北へのトレースを着けようと思って~」

「もう、しっかりと着けてきましたよう~」  「後から16人ほどが来てますよう~」
今日の中岳山頂
e0164643_2225465.jpg

休憩所の屋根の雪も緩んで落ちかかっています。
e0164643_22272569.jpg

休憩所で英彦山ボランティアガイドの早田さんと遭遇。

一緒に昼食を食べ、北岳へ下るとのこと。私たちは正面登山道へ。

e0164643_22313759.jpg
エビの尻尾がタツノオトシゴの親のような顔に見えます。


南岳へのトレースは無し・・・・


今日は南岳を下る元気はありません。


正面登山道を下り、産霊神社を通過。


東屋からバードラインへ。


紅葉谷へのトレースは着いているようでした。





山頂の雪は100~120㎝ほど。ベンチもすっぽり隠れています。

雪の英彦山を今日も存分に楽しみました(^O^)/
by nobucyansyuncyan | 2011-02-03 22:50 | 英彦山系 | Comments(8)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan