<   2010年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

11月28日(日)   お隣の県、山口まで行って来ました。

山口県セミナーパークにて開催された研修会にビジターとして参加してきました。

講義内容は
 山岳遭難事故状況と対応・山でかかりやすい病気・歩行技術・地図の読み方・天気の読み方などなど・・・・

9時開始で17時まで。昼食、トイレタイムが合わせて1時間。

びっしりの内容の机上講習でした。

16時からはカシミールについてのお話があり、今日はそのおさらいでパソコンと午前中 格闘していました^^

私が研修会に出ている間、相方さんは「勉強はいやだ~」ですぐ近くの火ノ山の縦走路を歩いてきました。
e0164643_22171446.jpg

登山口(9:22)→鯨岩→岩屋山・210m(10:03)→陶ヶ岳(10:35)→火ノ山・303.6m(11:19~11:42)→亀山・303.6m(12:13)→梅ノ木山・280.1m→仁光寺コース→下山口(13:00)

この名前は確か「スクラム」と読んでいましたね。

意味はわかりません^^

丁度、お昼休みの時、TELすると「今、真上の山にいるよ~」と亀山の山頂でストックを振っている人が見えました。

ゆっくり歩いても13時過ぎには下山口に着き、それから駐車場まで来ても、だいぶ待たせた様子。

けど、それを承知の上ですから・・・・・


e0164643_22334042.jpg

e0164643_223493.jpg

亀山の山頂からセミナーパークです。赤丸のところで私は勉強中でした~^^


このコース、以前10月に凧さん、S・TAROUさんと歩きました。

その時は暑くて、暑くて~~   ペットボトルの凍ったお茶で生き返りました^^

亀山からセミナーパークへと下山したので、今回はきちんと最後まで歩いたそうです。

じっとしていると寒かったそうで、単独歩きだし、早目に着いた模様・・・・・・

一人歩きがほとんどない相方さんです。  自立・・・・・????
by nobucyansyuncyan | 2010-11-29 22:48 | 中国地方の山 | Comments(2)

午後から尺間山へ

11月26日の続きです

(社)日本山岳会東九州支部編の「大分百山」の尺間山の項を見ると、尺間山は「霊峰尺間」として親しまれている信仰の山で、尺間の名前の起こりは釋魔、つまり魔を釋くという意味だそうです。
e0164643_21104219.jpg

e0164643_21115958.jpg

第1駐車場には国木田独歩の碑がありました。

ぐるっと周回しようかなと思いましたが、1時間40分かかるので、ここは400段の石段をピストンしようということで、第2駐車場へと移動。
e0164643_2122456.jpg

e0164643_21225263.jpg
400段の石段、見上げると「ワァーきつそう!」

元越山は短時間の歩きだったけどー

この400はしんどいだろうなぁ~

ゆっくりと幅の狭い石段を歩く

200段目で少し広くなっていました

一休みしなさいということでしょう^^









登りきると展望所が・・・・天見ヶ原     彦岳が見えています。
e0164643_21305699.jpg

e0164643_2132304.jpg

e0164643_21354595.jpg

e0164643_21362421.jpg
山頂の神社でおみくじを買う相方さん

登りの400段はきついながらも休憩なしで上がりました^^

下りは要注意!!

石段の幅が狭いので大股で歩かないよう~~

気をつけて歩きました^^


尺間山、下から歩く道もありますが、今回は楽チンモードで~~


津久見I・Cより入り、別府S・Aで休憩。

早目の帰宅となりました。
by nobucyansyuncyan | 2010-11-27 21:53 | 大分県の山 | Comments(2)

元越山・尺間山(神社)

96回目:11月26日(金)    元越山(581.5m)・尺間山(641m)   天気:晴れ    2名
ルート:色利登山口(9:22)→第一展望台(9:36)→第二展望台(9:50)→第三展望台 
     (10:00)→林道(10:27)→第五展望台(10:29)→元越山(10:40~11:10、
     昼食)→色利登山口(11:57)

絶好の山日和です。

以前、山の店の店員さんに津久見出身の方がいて、国木田独歩が佐伯にいる時に2回ほど登り、「地球が丸く見える」「展望のいい山」で元越山のことは聞いていました。

紅葉前線も終わりになろうとしているので、国東の山巡りか、と迷ったのですが大分自動車道無料区間を利用して出かけてきました。
e0164643_16142118.jpg

e0164643_15561898.jpg
e0164643_1603141.jpg
椎田道路、宇佐~佐伯 I・C(部分的に有料)で降り、R217、R388から県道501に出て米水津(よのうづ)を目指して進み、色利登山口へ。

左の案内板から右折すると、右、左と親切に標識があり、広い駐車場もあり、迷わずに登山口へ^^


e0164643_1675825.jpg

最初、木立からのコースを予定していたのですが、MORIさんが登る途中は展望もないとのことでしたので、情報を集め、本にも載っていないが展望抜群だとのことでしたので、このコースに決定。
「九州・大分付近の楽しい山ある記」参照
e0164643_16164762.jpg

e0164643_16181621.jpg

e0164643_16195272.jpg
e0164643_16203598.jpg

とても歩きやすい道で、いたるところに木の説明がありました。

カゴノキ、スタジイ、ヒサカキ、クロマツ、アカマツ、アセビ、タブノキ、クロガキなどなど・・・・

第一から五まで展望台があり、米水津湾や佐賀関などの展望は素晴らしいものでした^^
e0164643_16272041.jpg

親切に「山頂まで100m」の案内表示もあり、山頂へと~~
e0164643_16303448.jpg

e0164643_1631308.jpg

1等三角点です。お天気が良すぎて、四国の方は目を凝らせば見えるかなぁ~?
東・西・南・北と眺望図が書いてあり、その上に独歩の文が。
e0164643_16355942.jpg
早朝の出発でしたので、早目でしたが、展望を楽しみながら昼食タイム。

下山は来た道を戻り、登りは2ヵ所ほど「急登」を歩きましたが、帰りは「ゆるやか」を利用しました。

やはり平日だからでしょうか、どなたにも会いませんでした。

このコースは平成19年に整備されたそうです。地元の皆様に感謝!!

丁度12時でした。  尺間山へと移動。

続きます
by nobucyansyuncyan | 2010-11-27 16:59 | 大分県の山 | Comments(4)

味噌作り

11月25日、毎年の年中行事になりました味噌の仕込みです。

10月8日、30キロの玄米を精米し、2つの袋に小分けして、椎田町にある味噌加工所へ持って行きました。
e0164643_225932.jpg
精米すると1割減ります。

「11月の末には出来ますよ~」とのことでしたが、もう出来てきました。

我が家が1袋、ゆっくり歩きの姉妹が2人で1袋。

毎年、恒例の行事となりました。







e0164643_2255329.jpg

瓶に仕込んで、約、1年間寝かせます。
e0164643_22144123.jpg

今年は塩を少なくしました。

ガムテープで蓋をしっかりと止め、

新聞紙で大事にくるみ、

埃が入らないよう、ビニール袋でまたくるみ・・・・

おいしいお味噌の出来ますように~~



e0164643_22213067.jpg

左が今年仕込んだ我が家の味噌、右はこれから1年間使う味噌。

子供が持って帰ったり、主人の姉妹に送ったりで結構無くなります。

お姉ちゃん達に少しお味噌をあげたら、「美味しいねぇ~、私たちも一緒に~~」で

もう、何年になりますかねぇ~~

街中は風通しが悪いので、少し涼しい田舎の我が家の倉庫で寝かせて、熟成します。

仕込んだ後は、しばらくおしゃべりタイム。

これも毎年恒例。

さぁ~ 1年後  封を開けるのが楽しみです(^^ゞ
by nobucyansyuncyan | 2010-11-26 22:38 | 出来事 | Comments(0)

大崩山へ・その②

95回目:11月21日(日)       大崩山      天気:晴れ      5名
ルート:祝子川登山口(5:38)→大崩山荘(6:08~6:17)→河原で朝食(6:40~6:50)
     →袖ダキ(8:15~8:38)→乳房岩(8:18~8:24)→下ワク塚(9:30)→中ワク塚
     (9:45~10:00)→上ワク分岐(10:34)→りんどうの丘(11:00~11:35、昼食)
     →小積ダキ(12:07~12:17)→林道分岐(13:43)→渡渉点(14:25~14:43、
     ティータイム)→登山口(15:09)

さぁー、しっかり歩かなくては・・・・・・

今日は来年の夏に向けての歩きのテスト(?)


皆さん、目覚めが早く、5:00起床、5:30出発の予定でしたが、5時前にはコテージを出発。

登山口の林道に駐車し、ハーネスを装着、ヘルメットを被って5:30過ぎには出発準備OK。

暗闇の中、空にはまだ星が~~☆☆    ヘッドランプを点けての歩きです。

e0164643_163425.jpg
大崩山荘を過ぎ、河原へ寄り道をして帰りの渡渉点の水量の確認です。

岩峰が見え、気が引き締まります。


ワク塚分岐まで進み、河原で朝食。

おにぎりをすばやく食べます。

展望の良い袖ダキを目指して進みますが、この登りはけっこうきついです。

いつ来てもきつい~~

ようやく袖ダキに到着。

真っ青な空!!

目の前に小積ダキの岩峰が・・・

ワク塚の岩峰が・・・・


e0164643_16205589.jpg

e0164643_16261087.jpg
乳房岩に寄り道をして、下ワク塚に着きました
(乳房岩から下ワク塚の眺め)

途中にはこのような2段・3段の梯子があります。

以前は木の梯子で朽ちたりしていましたが、今はアルミの梯子がかかり、整備されています。

整備された方に感謝・感謝!!

が、高度感がありますので、要注意。

展望抜群で阿蘇、九重などが眺められ、山座同定をします。


中ワク塚に着きました。ここでちょっと岩登りの勉強
e0164643_16334458.jpg

e0164643_16394187.jpg

上ワク塚は5~6人のグループがいましたので、通過。りんどうの丘へ。

ワク塚の展望を楽しみながら、昼食タイム。
リーダーのTさん、ポーズが決まってます~!!
e0164643_1658026.jpg

展望のよいテラスからの眺めです。
e0164643_17195725.jpg

e0164643_17202337.jpg

小積ダキにて
e0164643_16593682.jpg

小積ダキから眺めた象岩です。赤い線のところをトラバースします。
e0164643_17142642.jpg

象岩をこれから歩く相方さんです。転落したら命の保証はありません(>_<)
e0164643_173641.jpg

その他にも危険個所はいっぱい。常設のロープを使って下降。
e0164643_1718917.jpg

足も疲れてきています。が、これからはまた急な下りです。転ばないように注意して~~

e0164643_17294641.jpg
朝、確認した渡渉点の河原に到着。

ここでティータイム。

あったかい飲み物で一息いれて~~

登山口まで。。。。。。

無事、怪我もなく着きました。




あとは岩登り、懸垂下降の練習が。。。。。

OKがもらえるかどうかは、まだわかりませんが何事も挑戦・挑戦!!



このブログを開設して丁度 2年となりました。

開くきっかけを作ってくださったミラさん、有難うございますm(__)m

また拙い文を読んでいただきまして、皆様ありがとうございます<(_ _)>
by nobucyansyuncyan | 2010-11-22 16:47 | 宮崎県の山 | Comments(6)

大崩山へ・その①

11月20日・21日は加入している山岳会の自主山行で大崩山へ行って来ました。

来年の夏、北アルプスのバリエーションルートを歩く計画が会報に掲載され、「参加したい!」と手を挙げました。

今回は最初に挙手したメンバーによる顔合わせと足並みを見るための訓練山行です。

ヘルメット、ハーネス装着。(ヘルメットは以前、工事用のを買っていましたので、今回はそれを使用)

20日、13:30に「豊前道の駅、おこしかけ」で相乗りさせていただき、宮崎へと南下。

祝子川の大崩コテージにて宿泊。

夜は親睦を深めながら、「牛シャブ」  美味しかったですねぇ~!!
e0164643_10575443.jpg

e0164643_1113388.jpg
宴会を一時 中断し、リーダーの用具の点検があり、最新の用具の説明や使用方法など教わりました。

ハーネスは以前、スイス・トレッキングの際、ブライトホルンに登った時に買っていたものでOK。
シュリンゲは短かったので、購入しなければ・・・・
もちろん、ヘルメットも購入の予定。(参加OKとなればの話ですが・・・・)


また新たな目標が出来て、楽しみが増えました。
by nobucyansyuncyan | 2010-11-22 11:19 | 宮崎県の山 | Comments(0)

奇岩の紅葉巡り

94回目:11月18日(木)    岩屋神社・深倉峡     天気:晴れ    6名
ルート:添田~岩屋神社~深倉峡~添田

紅葉・・・・・今年はずいぶん楽しみました(*^。^*)

けどゆっくり歩きのお姉ちゃん達との紅葉巡りはしていません。

携帯にメール・・・・18日の予定は?

「妹とゆっくり英彦山の紅葉谷でも行けたらいいねぇ~と話しているんだけど~」

「では、今 紅葉がベストだと思う岩屋神社と深倉峡へ行きましょうか~」

で、添田駅の駐車場で待ち合わせ。


前日の夕方、Hiroさんより電話。

「メールしたのですが、明日はどこへ行くのですか?」

「ごめんなさい、忙しくてまだPC開いてませーん、岩屋神社へ行きますよ~」

で、Hiroさんも急遽参加。「道の駅、歓遊舎」で9時過ぎに待ち合わせ。

Hiroさん、あっぷるさんが早々と着いており、新鮮な野菜など買い込んでいました^^

東峰村へ抜ける狭い道をくねくねと走り、釈迦ヶ岳・大日岳の登山口がある斫石(きりいし)峠トンネルを通り抜け、岩屋神社の駐車場へ。
青空に紅葉が映えて、もう激写・激写!!
e0164643_1953737.jpg

イチョウの絨毯、踏んで歩くのにはばかります。横をそーーと^^
e0164643_19571870.jpg

この公孫樹は昭和35年に福岡県天燃記念物に指定された、樹齢600~700年。
高さ36メートル、幹回り約6メートルの巨木です。
e0164643_19583615.jpg
e0164643_2071093.jpg

e0164643_208497.jpg

展望岩にて・・・・Hiroさん、高いところや岩の恐怖感はもう卒業したのでしょうか?
e0164643_20283562.jpg

皆さん、ここを通過したのだけど、証拠の写真がありませんので相方さんに戻ってもらいました。
e0164643_20255741.jpg

「もうちょっとバックして~」「オーライ、その位置から~」
e0164643_20261731.jpg

展望岩が何ヶ所かあります。その岩上からの眺めです。
V字になっているところが斫石(きりいし)峠、石積みのきれいな棚田です。
e0164643_20372142.jpg

Hiroさん、やはり高所恐怖症、克服された様子。スイスイと上がっていきます。
e0164643_20412739.jpg

この上に上がっていました(@_@;)
e0164643_20434545.jpg

岩屋神社、熊野神社、大日社などを周回し、奇岩と紅葉巡りは一先ず終了。

丁度、昼食タイムとなり、岩屋キャンプ場の広場でおしゃべりに花が咲き、賑やかに~~


食後は深倉峡へと移動。滝巡りをし、紅葉も~~
e0164643_20525868.jpg

e0164643_2053539.jpg

ここの紅葉もきれいでした(*^。^*)

大しめ縄を見上げ・・・・・
e0164643_20551562.jpg

東屋でティータイム。お抹茶セットを持ってきていましたので、紅葉を愛でながら~^^

至福のひと時でした~(^^♪

Hiroさん、あっぷるさん、ゆっくり歩きのお姉さん達にお付き合いいただき、有難うございました。

お二人とも喜んでいました。

またのお付き合いを~~^^
by nobucyansyuncyan | 2010-11-19 20:33 | 英彦山系 | Comments(4)

鷹ノ巣山へ

93回目:11月14日(日)     鷹ノ巣山      天気:晴れ時々曇り     12名
ルート:薬師峠(10:10)→一の岳(10:32)→二の岳(10:57)→三の岳(11:23)→
     テラスで昼食(11:25~11:45)→巻き道経由→薬師峠(12:53)

今日は7:50~9:00まで、資源ゴミ分別の当番です。

アルミ缶、スチール缶、その他の缶、ペットボトル、ガラス、陶器類、新聞、雑誌など諸々19品目の仕分けの容器を並べ、区域の方が持って来たのを間違えないよう、お手伝いをしながら、仕分けをし、容器いっぱいになったら次の容器を準備したり・・・・・

一仕事が終わり、S・TAROUさんやのどかさん、かずさん達が鷹ノ巣山に紅葉登山をするとの情報がありましたので、「久しぶりに皆さんに会いたい~!!」で昨日に続き、英彦山系の山でしたが出かけてきました。

e0164643_1954939.jpg
e0164643_1954365.jpg

e0164643_19564047.jpg
時間的に私どもが遅いので、帰りの巻き道で遭遇するのでは~~でTELすると、「今、二から三に向かっています」といーさんの声。

「この分だと三の下山時に遭うかも~」で登山道を歩く。

紅葉は以前、S・TAROUさん、Hiroさんと来たときの方がきれいだったね~と相方さんと話しながら進みます。

二の岳の山頂標識、以前は朽ちてなかったのですが、新しく作られていました。



二の岳のロープ個所です
e0164643_20274394.jpg

皆さんとは三の岳のテラスでお会いしました。

S・TAROUさん、風来坊さん、肉まんさん、いーさん、のどかさん、かずさんまではお聞きしていましたが、toshiyanさん、あっぷるさん、hirokoさん、hirokoさんパパがいます。大人数(@_@;)

テラスで暫しのお別れ。皆さんはこれから下山。私どもは昼食。いつもだったら大展望が望めるのですが、ガスって何も見えません(>_<)

三の岳のチムニーを下降中に皆さんと合流しました。

さぁ~これからは道草隊(?)と一緒に行動です^^
e0164643_2031516.jpg

e0164643_20321844.jpg

e0164643_20324189.jpg

e0164643_203311100.jpg

皆さん、紅葉に酔いしれています(^^♪

突然のサプライズで登場し、ご一緒していただき有難うございました。

久しぶりに皆さんとお会いし、とっても楽しい一日でした。

薬師峠でお別れし、「お天気もいいし、まだまだ紅葉見物をしよう!」で野峠から蛇淵の滝を経て、築上郡の寒田経由で我が家へ・・・・・

途中の道端にあった案山子です。とっても可愛かった!!
e0164643_20431031.jpg

e0164643_20433347.jpg
e0164643_20435158.jpg

by nobucyansyuncyan | 2010-11-14 20:55 | 英彦山系 | Comments(16)

英彦山・紅葉三昧

92回目:11月13日(土)      英彦山      天気:晴れ時々曇り     3名
ルート:豊前坊駐車場(9:20)→裏英彦山登山口(9:35)→ケルンの谷(10:47)→垂水の壺(10:55)
     →籠水峠(11:30~12:10、昼食)→分岐(12:40)→南岳巻き道→中岳(13:46~14:00)
     →北西尾根経由→スキー場(15:02)→豊前坊駐車場(15:20)

山友のSさんとの山行です。もう一人来る予定でしたが、お孫さんの守りが急に入りまして・・・・

久しぶりに一緒に歩きます。英彦山の紅葉が観たいとのことで~

別所駐車場(は満車状態。豊前坊は少し空きがありました。
e0164643_21491029.jpg

テレビでも紹介があっていましたので、立派なカメラ片手の方がた~くさん♪

薬師峠より鷹ノ巣・裏英彦山道への入口へと入ります。

前を歩いていたグループは鷹ノ巣へ。その前のグループは同行程のようです。

10人ほどのグループでリーダーは知り合いの下関のNさんでした^^

急登を登り、展望の開けたところに出ると、九重連山や根子岳・高岳が見えています。

黄砂で霞んではいますが、眺望も何とかよさそうです。
e0164643_2211710.jpg

紅葉もいい色具合になっています。同行のSさん大喜び(*^。^*)
e0164643_2234237.jpg

e0164643_2235969.jpg

裏英彦山を歩く方が増えましたねぇ~

今日はたくさんの方とすれ違います。

同行のSさん曰く「前 連れてきてもらった時は、笹漕ぎで大変だったのにぃー。立派な道になっているねぇ~」(@_@)

風を避けて、籠り水峠の分岐で昼食。「鹿の角」の紅葉はイマイチかな?
e0164643_22123039.jpg

赤・オレンジの色もきれいですが、この色合いが好きですね^^
e0164643_22145963.jpg

縦走路へと出て、南岳を目指して登りますが、けっこうキツイ!

けど御褒美が・・・・   紅葉の定番スポット。   材木石の上です
e0164643_22201877.jpg

南岳の山頂直下の鎖場で団体さんが降りてきていますので、迂回路の巻き道へ。

中岳山頂に14時近くの時間になりました。これから紅葉谷を下山予定でしたが、「久しぶりに北西尾根の紅葉を見ましょう!」と言うことで北西尾根へと・・・・

笹漕ぎで大変だったこのルートの笹はきれいに刈られ、以前の面影は全くありません。

大変だったが、前の方が楽しみがありましたねぇ~~

紅葉谷の紅葉もきれいでしたが、今日の圧巻はやはりここでした!!
e0164643_22324312.jpg

by nobucyansyuncyan | 2010-11-13 22:34 | 英彦山系 | Comments(4)

英彦山・滝巡り

91回目:11月11日(木)     HO11の滝・幻の滝     天気:曇り時々晴れ   2名
ルート:別所駐車場(9:45)→奉幣殿→滝巡り→奉幣殿→別所駐車場(15:40)

e0164643_201166.jpg
久しぶりに一緒に歩く山友が「英彦山に行きたいねぇ~!」で、13日に予定しています。

紅葉の下見を兼ねて歩いてきました。

当日は本人たちの希望を聞いてですが、裏英彦山か鷹ノ巣山、紅葉谷経由の周回コースになると思うので、では違う道を~~^^

朝方まで雨が降っており、道も濡れていたので少し遅めの出発。

奉幣殿から南岳へのコースへと。

きれいな黄葉ですが、まだ空がどんよりとしていますので、カメラでは見た目の色が出ませんねぇ~



e0164643_2083543.jpg

滝への道での紅葉。何とも言えぬ色合いですね^^
e0164643_20174695.jpg

時々ご一緒しているMORIさんが名付けたHO11の沢の滝です。
e0164643_20411849.jpg

幻の滝です
e0164643_2043424.jpg

天狗の鼻からの紅葉の眺め
e0164643_20462629.jpg

今日は全く山頂を踏んでいません。

滝と紅葉を愛でに歩きましたが、滝付近の色合いは今一歩^^

梵字岩先の展望所からの英彦山の谷の紅葉はそれは見事でした
e0164643_20585496.jpg

ただ曇天でしたので、いい色には出ていません(>_<)

道端にかわいいキッコウハグマが^^
e0164643_20553884.jpg
e0164643_20555661.jpg



明日はお天気もよさそう!

けど黄砂の影響で、我が家から見える英彦山系の山や平尾台は全く見えてませんでした。

紅葉はいい色が出るでしょうか?
by nobucyansyuncyan | 2010-11-12 21:07 | 英彦山系 | Comments(1)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan