信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

平尾台へ

64回目:7月30日(金)      平尾台      天気:晴れのち雨(平尾台では)     
ルート:茶ヶ床園地よりお花を求めて散策                    5名

今日も暑い(>_<)

9:30 茶ヶ床園地集合。  吹く風が心地よい~~

久しぶりにお姉ちゃん達をお誘いしてのお花散策です。
もうそろそろノヒメユリやコオニユリが咲いているのでは~~

いつもの平尾台スタイルです。お天気がいいのに雨傘~~(^^ゞ
e0164643_21272784.jpg

ノヒメユリ                    コオニユリ
e0164643_2130686.jpg
e0164643_21305586.jpg

キキョウもた~くさん咲いていて・・・・
e0164643_21341496.jpg

e0164643_2135139.jpgよ~く探すとカキランがありました。
e0164643_21354946.jpg

ここで友達にアクシデント発生。
何と左の靴のソールが剥がれてーー  
お姉ちゃんが持っていた紐と私が持っているテーピング用のテープで応急処置。

けど、何か右足もやばい感じーー

まだ歩き始めて間がないので、駐車場へと戻り、スニーカーに履き替えて・・・・・

ソールの張り替えをして2年ぐらいとのことでしたが、どうしてなんでしょうね?

私の履いていた靴は、張り替えをしてもう4年ぐらい経過していますけど・・・・

気を取り直して、また散策開始。
e0164643_2152425.jpg
サギソウはまだ咲いていませんでした。

ムラサキミミカキグサが咲いていました。

暑いので鬼の唐手岩の下の水場へと避難。

ここで涼みながら、早目の昼食タイム。

今日も我が家はソーメン。 夏場はこれに限りますね^^


e0164643_21592055.jpg


中峠へと戻り、「さぁ~、これからどこへ行く?」

暑いから、ベンチでおしゃべりタイム~で茶ヶ床園地へ。

しばらく近況報告などしていると、空模様が怪しくなってきて、ポツポツとーー

「では、またねぇ~」でお別れして、雨の中 帰りましたが、我が家付近は全然 雨は降っておらず・・・・・
by nobucyansyuncyan | 2010-07-30 22:13 | 平尾台 | Comments(10)

根子岳へ、

63回目:7月25日(日)    根子岳・東峰(1408m)   天気:晴れのち雷雨    7名

ルート:駐車場(8:45)→見晴らし新道入口(8:54)→新道・眼鏡岩(9:52)→縦走路へ
     (11:11)→根子岳・東峰(11:56~12:30)→展望所→天狗のコル(13:35)→
     眼鏡岩(14:00)→ヤカタガウド登山口(15:00)→駐車場(15:15)

遊山歩の7月例会です。 豊前「道の駅おこしかけ」6時集合。 
耶馬渓、瀬の本経由で車を走らせました。
駐車場から見た、阿蘇・高岳です。今日も暑そう!!
e0164643_22103455.jpg

見晴らし新道は過去2回(根子岳の主Iさんと一緒)歩いていますが、春先と紅葉のころ。

今の時期はーー  大変でした~~(>_<)

入口の看板がわからないほど草がぼうぼう。
藪こぎ状態で先頭は露払いをしながらで服はびっしょりーー

Iさんから以前、教えていただいた新道の眼鏡岩です。
e0164643_22121096.jpg

崩壊地をトラバース
e0164643_22144689.jpg


e0164643_22232060.jpg
まだまだ危険個所が続きます。

石がもろくて転落しないよう、落石をしないよう気を付けながら・・・・・

ロープを使い、三点確保でクリア~

自分が降りたら、すぐさま、安全地帯へと・・・


時たま風は吹くのですが、蒸し風呂ーー

やっと縦走路へと出ました。



東峰の手前にマツモトセンノウ、ホソバノシュロソウ、ギボウシなどが咲いていました。
e0164643_22401610.jpg
e0164643_22404458.jpg


ギボウシ越しに天狗峰
e0164643_2242125.jpg

東峰で集合写真。
e0164643_22447100.jpg

今日も我が家のお昼は定番になりつつある、ソーメン。美味しかった~~

下山開始。先ほどの縦走路まで戻り、天狗のコルへ。途中の展望所にて。
e0164643_22504035.jpg

遠くで雷が鳴り始め、空模様も怪しくなりました。
駐車場に着くまで何とかもってくれればねぇ~と話しながら、ヤカタガウドを下ります。

ヤカタガウドの眼鏡岩です。
e0164643_22543662.jpg

14:31、下山中。この後、5分後ぐらいに雨が降り始めましたが、雨粒の大きいこと(@_@。
e0164643_22583594.jpg

急いで、合羽を着ました。素早い行動。皆さん、間に合いました^^

15時にヤカタガウドの登山口に到着。これから駐車場まで舗装した林道を歩きます。

あっという間に泥水の川となり、道に散乱していた木々や石ころが流されていきます。

雷が「ゴロゴロ、ドカーン」  

一瞬、身がすくみ、とっさに身体を小さくしますが、小走り状態で取りあえず、車へ。

この間の10分がとても長く感じられました。

夏のアルプスの代名詞「午後からの雷、夕立」

アルプスでは今回出会いませんでしたが、まさか今日、遭遇するとは??
GPSでの軌跡です。
e0164643_23292643.jpg









  
by nobucyansyuncyan | 2010-07-26 23:38 | 熊本県の山 | Comments(8)

南アルプスを歩く、その6

4日目

62回目:7月21日(水)       天気:晴れ
ルート:大門沢小屋(5:25)→休憩小屋(7:16)→奈良田発電所バス停(7:55)
    バス(8:07発)→広河原(8:45着)→乗合タクシーで甲府へ(10:15着)
    甲府(10:42発)・・・特急・・・静岡(13:01着、13:12発)・・・ひかり→新大阪
    (15:03着、15:22発)・・・ひかり・・・小倉(17:48着、18:03発)・・行橋(18:29着)

大門沢小屋はコイン・シャワー(4分、500円)があり、15時半からの時間制限でしたが、 シャワーを浴び、3日間の汗を流し、さっぱり、すっきりとしました。

奈良田~見延間が土砂崩落のため通行できないので、一旦 広河原へ出て甲府へと行かなければなりません。バスが1日3本、とのことなので10時のバスに乗る予定。

同宿の皆さんもボチボチ出発するし、10人の団体さんの後に小屋番さんに別れを告げて5時25分に出発。

小屋を出てすぐのところに橋がかかっており、団体さんの一人が真ん中で立ち往生。
四つん這いになろうとしたりしておりましたが、何とか無事に渡りました。
e0164643_21141959.jpg

下はゴーゴーと水が流れ、真ん中まで来ると、やはり足がすくみますね。

団体さんが先を譲ってくれたので、自然と足が速くなり~~

いろんな橋がありました
e0164643_21243768.jpg

e0164643_2125157.jpg

e0164643_2126567.jpg

この「もりやま橋」を渡ると、しばらくは林道歩き。
e0164643_2213307.jpg

この分だと8時のバスに間に合うかも?で少し急ぎ足になったり、「もうゆっくり行こうよ」とぶつぶつ言ったりしていましたが、「うん、間に合いそうだ!!」でまた急ぎ足~~

発電所のバス停に7:55着。
先発隊が「お疲れ様~~」  「間に合ったね、良かったね~!」

車中の人となり、北岳登山口の広河原へ。
乗合タクシーで甲府へ。途中、夜叉神峠、芦安の駐車場で下りる方がおられ、5人が甲府駅へ。

予定より早くなったので、それからまた大慌て・・・・・

19時前には我が家へ帰り着きました。

今回のアルプス山行はお天気に恵まれ、見たいと思っていたお初の「キタダケソウ」にも出会え、大満足の山旅でした\(^o^)/
イワウメ、ミネズオウ、チングルマ、ゴゼンタチバナ
e0164643_224591.jpg















e0164643_2244961.jpg















e0164643_2252931.jpg












e0164643_22111599.jpg


まだまだ たくさんのお花に出会えました(^^♪

体力はだんだんと落ちてきています^_^;
いつまで行けるだろうか・・・・・???
by nobucyansyuncyan | 2010-07-24 22:20 | 南アルプス | Comments(6)

南アルプスを歩く、その5

3日目        天気:晴れ

61回目:7月20日(火)    間ノ岳(3189.3m)・西農鳥岳(3051m)・農鳥岳(3026m)

ルート:北岳山荘(5:25)→中白根山(6:07~6:11)→間ノ岳(7:23~7:35)→農鳥小屋
    (8:35~8:50)→西農鳥岳(10:02)→農鳥岳(10:47~11:25)→大門沢下降点
    (12:05)→大門沢小屋(14:50)

4時31分。山荘前から眺めた早朝の富士山です
まだゆっくりと見ていたかったのですが、朝食が4:30からです。
e0164643_142396.jpg

記念にTシャツとバンダナを買い求めて、出発。今日は稜線歩き。
これから登る中白根山と間ノ岳
e0164643_1434951.jpg

振り返って、北岳と北岳山荘
e0164643_14314434.jpg

今日も展望は素晴らしい!!
e0164643_14362641.jpg

甲斐駒ヶ岳と仙丈岳
e0164643_14405630.jpg

中央アルプス、乗鞍、北アルプス(仙丈岳の後)
e0164643_14422484.jpg

間ノ岳山頂、三等三角点
e0164643_14455497.jpg

間ノ岳を下っている時、富士山を見ると雲が・・・・  噴火しているように見えました^^
e0164643_14532630.jpg

農鳥小屋で一休み。ここのトイレは(@_@) (>_<)

振り返って、間ノ岳と農鳥小屋
e0164643_152820.jpg

小鳥が横切ったけど、何の鳥だろう!と相方さんが言うのでよーく見ると雷鳥のお母さんが^^
子供が4羽、ウロウロとしていました。
e0164643_157137.jpg

e0164643_1574373.jpg

農鳥岳への道
e0164643_15114549.jpg

e0164643_1512788.jpg

塩見岳もずーと見えています。今回、間ノ岳から塩見岳に行こうか、農鳥岳にしようかと計画の段階で迷いましたけど・・・・

農鳥岳山頂です。ガスってきて展望はなくなりましたが、ランチタイム。
北岳山荘のお弁当は寿し飯と鮭などのおかずが入っていました。
お湯を沸かし、わかめスープを飲み、食後のコーヒー(^^ゞ
e0164643_15443058.jpg

北岳山荘から一緒の方や10人の団体さんも今夜は同じ小屋泊まりのようです。

大門沢下降点に到着。ここから激・下りが始まります。
e0164643_15332131.jpg

このような道もあり、転ばないよう気を付けながらーー
e0164643_15372576.jpg

ようやく、小屋の着きました。途中、2~3ヶ所橋を渡るところがありましたが、間隔が広くてコワゴワ~~
e0164643_15411090.jpg

e0164643_15465761.jpg


     
by nobucyansyuncyan | 2010-07-24 15:48 | 南アルプス | Comments(0)

南アルプスを歩く、その4

2日目の続きです

北岳肩ノ小屋前で休憩中、一眼レフのカメラを持った方に「キタダケソウ、まだ咲いてますか~?」

「咲いてましたよ!」で親切に教えていただきました。

ただ、私たちが見つけることが出来るかどうか~

ゆっくり歩きながら、目を皿のようにして探しました~~

バンザ~イ、ありました\(^o^)/

念願のキタダケソウに遭えました(*^。^*)
e0164643_21172634.jpg

e0164643_21215350.jpg

e0164643_21221984.jpg

これで今回の北岳登山の目的は達成!!


お天気に恵まれ、念願のお花にも出会え、この上ない喜び~~です!!

チョウノスケソウ、この花もお初でした。
e0164643_21272933.jpg

花はよく似ていますが、葉が違いますね

北岳山頂、3193m。富士山に次ぐ2番目の高峰です。3等三角点。
e0164643_213246.jpg

e0164643_21323445.jpg

山頂での証拠写真です。山梨百名山の標識がありました。
e0164643_21375546.jpg

またまたお花畑が~~
e0164643_21443766.jpg

オヤマノエンドウ
e0164643_21451758.jpg

ミヤマシオガマ
e0164643_21465619.jpg















イワベンケイ
e0164643_21483056.jpg

その他にもたくさんのお花に・・・・・

北岳山荘が真下に見えていますが、寄り道が多いので、なかなか着きません^^

雷雲が出ていないし、安心してゆっくり散策し、15時 やっと到着です。

それでも早い方で、夕飯16時半。翌日の朝食4時半です。

今日も布団1枚に1人です。昨日はぎゅうぎゅう詰めだったようですよ。
by nobucyansyuncyan | 2010-07-23 22:03 | 南アルプス | Comments(2)

南アルプスを歩く、その3

2日目               白根三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳) 

60回目:7月19日(月)       北岳(3193m)       天気:晴れ
ルート:広河原山荘(5:37)→分岐(5:58~6:04)→二俣(8:04~8:13)→右俣コースへ→
     昼食→白根御池分岐(10:40)→小太郎尾根分岐(11:21~11:30)→肩ノ小屋
     (12:10~12:30)→北岳(13:25~13:40)→北岳山荘(15:03)

朝食前、広河原から見た北岳です。
e0164643_146298.jpg

e0164643_148201.jpg朝食です。
これにご飯とみそ汁が付いてます。

納豆を食べたのは栄養的には良かったのでしょうが、出発前にもう一度歯磨きしたのですが、歩いている最中も口の中がネバネバーー(>_<)






e0164643_14135496.jpg
二俣まで3時間の標識案内、ここで衣服調整。

大樺沢の水の音を聞きながら~~

けっこうな水量です。









e0164643_14214292.jpg

















e0164643_14221993.jpg


















e0164643_14282049.jpg


板をかけただけでなく、仮設の橋もありました。これは安心して渡れます^^
e0164643_14441262.jpg



雪渓が表れてきました。 北岳です。 真っ青な空。
e0164643_1447343.jpg


雪渓上を歩きます。ほんの少し、ここまではアイゼン無しでも大丈夫です。
e0164643_14484316.jpg


二俣分岐です。水は冷たかったですねぇ~  けど気持良かった^^
e0164643_14503010.jpg


ここから上は左俣コース。八本歯のコルを経て、北岳山荘との分岐に出るコースがありますが、私たちは右俣コースを歩きます。

お花畑です(^^♪     ミヤマハナシノブ
e0164643_1533123.jpg


キバナノコバノツメとハクサンチドリ(?)
e0164643_15113620.jpg
e0164643_1512591.jpg


シナノキンバイの花畑
e0164643_15141778.jpg


ハクサンイチゲの開きかけ~~   こういう状態も好きですね^^
e0164643_15171334.jpg


何しろたくさんのお花で足が先に進みません(*^。^*)

やっと小太郎尾根との分岐に着きました。

甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、鳳凰三山もきれいに見えます。八ヶ岳も~~

北アルプス、槍ヶ岳にキレットも~~
e0164643_15282777.jpg


富士山も~~
e0164643_15393763.jpg


やっと北岳肩ノ小屋(標高3000m)に着きました(^^ゞ
e0164643_15435058.jpg


ここで一休み。

丁度、隣に座った方から「キタダケソウ」の情報をお聞きしました。

無事に出会えるといいのですが・・・・・
by nobucyansyuncyan | 2010-07-23 15:49 | 南アルプス | Comments(4)

南アルプスを歩く、その2

1日目(18日、日曜日)、     天気:晴れ      2名

今日は移動日。行橋駅からJRに乗り、甲府まで。
その後、山梨交通のバスで広河原へ。宿泊先の広河原山荘までは歩いて10分ほど。

甲府から広河原行きのバスの最終が14:00。

e0164643_9533828.jpgそれに間に合うよう、逆算すると、行橋駅発が5:12。娘に送ってもらう。

小倉~新大阪間は「のぞみ」。
今回は経費節減で全て自由席^^

e0164643_957297.jpg




新大阪~静岡間は「ひかり」    静岡~甲府間は特急。

列車の乗り換え時間が10分以内。新幹線から在来線への移動は大急ぎ^_^;

静岡発が10:40。お弁当を買う間もありません。
車内販売があるだろう、と思っていたら 無しーー  
甲府着、12:52分。  お腹が空きました・・

バスの発車まで1時間ありますので、何か食べよう~
そこへタクシーの客引きが・・・・  私たちを含めて4名のザック姿の人が・・・

「バス代+1000円でどうかね、今すぐ出すよ。バスは1時間後だからその時はもう着いてるよ」

4人とも「お腹が空いているから何か食べなくては~」
「1000円分、美味しい物 食べたほうがいいね。どうせ早く着いても今日は宿に泊まるだけだから・・・」

駅前に停まっているタクシーの運ちゃんに、「この辺で美味しいお店ある?」

教えていただいたのが甲州名物「ほうとう」
e0164643_1024473.jpg

暑いときに熱いもの~でしたが、おいしかったですよ~^^

バス停へ行くと、登山姿の人が10名ほど。
約、2時間 バスに揺られ、車窓からの絶景(下は谷底)を見て、広河原に到着。

橋を渡り、山荘へ。
e0164643_10351597.jpg

e0164643_10362675.jpg

手続きを済ませ、2階の寝間へ~  
今日はお布団1人、1枚。  昨日は2人で1枚だったそうです。

夕飯まで付近を散策。
e0164643_10414617.jpg

さすが、甲州ワインの本場ですね。ワイン付きでした(*^。^*)
by nobucyansyuncyan | 2010-07-23 10:47 | 南アルプス | Comments(1)

南アルプスを歩く、その1

「今年の夏のアルプスはどこへ行こう!」

春ごろから頭の中にあるのは北岳へ行き、キタダケソウの花を観てみたい~!!

けど、キタダケソウの花の時期は6月中旬~7月上旬。

6月の末は今年は甥の結婚式で東京。

結婚式終了後にそのまま山へ行きたいけど、丁度 梅雨の真っ只中ーー

取りあえず計画書は作成したが、今年は諦めかけていました。


梅雨が明け、しばらくお天気が続きそう!!

もしかしたら見れるかもしれない

北岳山荘と北岳肩ノ小屋に電話をして花の情報と残雪の状況を聞く。

「よし、行こう!!」

広河原山荘に予約の電話をして、駅へ行き、切符の購入。
(ジパング)の会員なので、「のぞみ」以外は3割引き^^

日程は18日~21日。  3泊4日。  

後はこのままお天気が続きますように~~と祈るのみ

高齢の猫(22歳を過ぎました)の面倒を娘に頼み・・・・・

ザックに詰め込み、準備完了!!

だった筈でしたが、夜 ネットを見ていると「奈良田~見延駅の県道南アルプス線は土砂崩落のため、全面通行止め」の文字が・・・・・

奈良田に下山予定でしたので、「どうしよう、帰れない。コース変更か??」

山梨交通に電話。「通行止めでしたが、登山者がいるので、1日3便だけ奈良田~広河原間のバスを出します」とのこと。
大回りになるけど、登山口の広河原に戻れば、そこから甲府へ行けば帰れる・・・・

時刻表の設定などを急いで書き直して、ようやく準備完了となりました。
by nobucyansyuncyan | 2010-07-22 21:32 | 南アルプス | Comments(4)

祖母山へ・オオヤマレンゲを求めて、その2

続き~です。

このところ山での食事はソーメンが主流です。
インスタントのダシとネギのみじん切り、わさびを用意して、日帰りでしたら氷も持って来るのですが~~

展望を楽しみながらの食事は至福のひと時です(^^ゞ

ちょっと 飛び交う虫が多かったですけど・・・・・(>_<)

山頂から9合目小屋までの間にもオオヤマレンゲは結構咲いていました。
e0164643_2133697.jpg

e0164643_2135936.jpg

背伸びをしながら撮影に忙しく~   バイケイソウも丁度いい感じに咲いていました。
e0164643_217435.jpg

9合目小屋に着きました。 
e0164643_2194480.jpg

ここでもオオヤマレンゲのお花とご対面です^^  今日のメインです。
e0164643_21123725.jpg

e0164643_2113246.jpg

馬ノ背を通過、    開けているので展望もバッチシ!!
e0164643_21152968.jpg

e0164643_21155027.jpg

宮原分岐。ここから尾平へと下ります。
e0164643_21183180.jpg

e0164643_21191797.jpg
下山中、アサギマダラを発見。

途中、3回ほど見かけましたが、なかなかカメラにおさまってくれません。

何とか~~☆☆☆






宮原から尾平の下りも急な道が続きます。

2合目の林道分岐もそのまま自然林の山道を下ると、朝、黒金尾根に取り付く時にくぐった橋を渡り、登山口に無事帰り着きました。
e0164643_21262374.jpg


懸念した雨にも遭わず、お初の黒金尾根ルートを歩きましたが、とにかく暑かった~~

相方さんは休憩の度にタオルを絞っていました。

「天狗の水場」で顔を洗い、汗を拭き、本当に生き返った気持でした。

今年は英彦山、根子岳、祖母山のオオヤマレンゲを愛でました。

何処も素晴らしく、「天女の香り」がして、貴婦人そのままですね!!
by nobucyansyuncyan | 2010-07-10 21:59 | 大分県の山 | Comments(9)

祖母山へ・オオヤマレンゲを求めて、その1

59回目:7月8日(木)      祖母山(1764m)     天気:晴れ時々曇り    2名
ルート:尾平駐車場(5:38)→黒金尾根分岐(5:47)→川上渓谷分岐(6:17)→栂原生林
     (7:30~7:35)→天狗の水場(8:22~8:32)→縦走路出合い(8:55)→展望台
     (8:56~9:06)→裏谷岩(1570m)展望台経由→祖母山(10:25~10:55、昼食)
     →9合目小屋(11:15~11:25)→宮原(12:08~12:14)→尾平駐車場(13:55)

本来ならば7月3日~4日に祖母山へ行こう!の計画でしたが、雨模様のお天気でしたので延期。

7日~9日の間は梅雨の中休みで、晴れマークが出ているし、オオヤマレンゲもまだまだ見れるとの情報で出かけてきました~~

古祖母山~祖母山の縦走路は歩いたことがありますが、黒金尾根はまだ未踏でしたので、「是非 歩きたい~!!」

7日の夕方、倉木山麓でお花散策をし、移動。
途中、雨は降るし、雷は鳴るし・・・・・で心配したお天気は大丈夫でした(^-^)

4時半ごろ起床、片付けを済ませ、昼食用のソーメンを湯がきながらのながら族で朝食を済ませ、6時出発の予定でしたが、用意もできたことだし、早目に行動開始。
これから歩く祖母の山並みです。
e0164643_1327157.jpg

宮原との分岐の橋の下をくぐって、1つ目の橋を渡り
e0164643_13273097.jpg

2つ目の橋をまたまた渡り
e0164643_13275116.jpg

川上渓谷への分岐の手前で、タマゴタケ発見^^
真っ白な球のタマゴタケの卵もありましたが、ピンボケでした。(>_<)e0164643_13381346.jpg
e0164643_13445989.jpg

川上渓谷の分岐を過ぎると、いよいよ急登の始まりです。風もなく、蒸し暑い~~
栂原生林で栂の美林を眺め、一休み。
e0164643_14686.jpg

e0164643_148321.jpg

ここで標高1200m

黒金八景の3番目。

青々とした木々の葉を見ると、寝そべって空をずーっと見ていたい、の心境です。













e0164643_14181676.jpg
       天狗の水場に到着。

       顔を洗い、喉を潤し、

       しばしの休憩タイム。

       行き返った心地が

       しました^^


急登を喘ぎながら登っていると、ショウキランを発見~~
e0164643_1434782.jpg

e0164643_14342767.jpg

8:55、縦走路にやっと出ました。長かった~~
e0164643_14455143.jpg

展望台からの眺めです。大障子や傾山が見えてます^^
e0164643_14441755.jpg

これから向かう祖母山。もうちょっと、頑張ろう!!
e0164643_145424100.jpg

裏谷岩へと寄り道。八景の5番目です。1570m。  天狗岩を借景に(^^♪
e0164643_1515827.jpg

祖母の岩壁を梯子やロープを使って登ります。
e0164643_157443.jpg

10:25 祖母山の山頂に到着。   思わず相方さんと握手^^
e0164643_15102070.jpg


祖母の山頂に立つと、若かりし頃と同じポーズをついついしていまいます。
体型は随分違いますけど・・・・・^_^;


登りの途中で見かけたお花です。本で調べると「ウバタケギボウシ」
e0164643_1520193.jpg

「九州の野の花」によると、ユリ科で深山の岩場に稀

小型で、花茎は斜めに立ち紫色を帯びる。花数は極めて少ない。

ウバタケは祖母山の別名。

貴重なお花を観ることが出来、\(^o^)/


山頂で昼食タイム。ソーメンの美味しいこと、夏場はこれに限ります(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2010-07-10 15:35 | 大分県の山 | Comments(2)