山口の山友よりのお誘いで
 30日は昼過ぎ、椎田町のスーパーで待ち合わせ。食料を買い込んで{とある場所}でテント泊。
 31日は沢水より大船山へ登山。

 ~~の予定でした~~

30日
 今晩のメニューはすき焼き。
 野菜は山口の方の菜園で採れた新鮮なお野菜。
 あとはお肉、卵、お豆腐などの食材を仕入れ、九重のテンバへ直行。
 夜、雨が降りそう・・で東屋の中に設営。私どもはいつものように車中泊の準備(^^ゞ

 10人の参加者で手分けして、行動も素早い(^^♪

 外で大船山を眺めながらの食事はおいしかった~~

 二次会はテントの中で・・・・・お話はつきません・・・・・

31日
 夜中に雨の音・・・(>_<)

 5時起床で霧雨の降る中、朝食を済ませ、テント撤収。
 これからの計画を協議した結果、「取りあえず沢水の登山口まで行ってみよう」
 登山口でまたまた話し合いーー  「今日はやめましょう」

 「別府で温泉に入ろう!」で堀田温泉へ~~   きもちよかったぁ~~☆
  
 「秘湯めぐりをしよう!」で散策・・・・・

 先ずは「鶴の湯」   ここはすこ~しありましたが涸れた状態。
e0164643_222612100.jpg
e0164643_22262897.jpg

 移動して「鍋山温泉郷」の「カラスの湯」
 2ヵ所あり、1つ目はこれから入る人が・・・
 もう1か所からは「坊がづる讃歌」の歌声が・・・  露天風呂で気持よく~~
 声に伸びがありました~~(^^)   「入って行かんねぇ~」誘われましたが・・・・
e0164643_22314827.jpg
e0164643_2232367.jpg

 また移動してダートを少し走り~ 「蛇ん湯」へ
e0164643_22444528.jpg 

ここも先客がいました~
 
「入って行かんねぇ~」とまた誘われましたが・・・・
 
男性は「ここはいいねぇ、入りたい~」   

女性は「・・・・・・・」

入りたいけど、道から見えるしーー

勇気がいります~~

そんなこんなで男性は次回のための秘湯めぐり~の一日。

またお天気にのいい時に展望を楽しみながらの山歩きをしましょうね~~(*^_^*)
by nobucyansyuncyan | 2010-01-31 22:56 | 大分県の山 | Comments(2)

またまた英彦山へ~

9回目:1月26日(火)      英彦山       天気:晴れ       3名
ルート:キャンプ場(9:15)→高住神社(9:55)→北岳(11:10)→中岳(11:38~12:18)
    →南岳ピストン(11:40)→紅葉谷経由→キャンプ場(14:10)

御所ヶ岳への新年登山の折り、山友が「雪の英彦山を歩きたい、今度連れてってぇ~」

前日の夕方、近くをウォーキングしている時に相方と「明日は天気も良さそうなので、山に行こうか!久しぶりに九重へでも~~」
調べると雪がなさそう(>_<)    では、英彦山へ~~

すぐに山友に連絡      添田駅で待ち合わせ~ 
日田彦山線でやってきました。

道路は全く雪なし(^_^;)    キャンプ場からの周回コースに決定。

自然歩道を通り、高住神社へ。途中、スキー場跡で鹿2頭を見かけました。
このごろ よく鹿を見かけますね~
e0164643_21144571.jpg

e0164643_2115661.jpg

登山道に入ると残雪があり、凍っています。用心のためアイゼン装着。
e0164643_21172326.jpg

溶岩岩から先、北岳の肩までの道は完全氷結でした~(@_@。
e0164643_21255658.jpg

e0164643_21262270.jpg

北岳山頂は僅かに霧氷が残っていました(^^♪
透き通って、ガラス細工のような霧氷が・・・・・   お友達も大喜び^^
e0164643_2131386.jpg

中岳山頂で嘉麻市のMさんにお会いしました。英彦山。今年9回目とのこと~(@_@)

山友は久しぶりの英彦山、北岳・中岳・南岳の山頂を踏みました。

アイゼンを付け、雪道を歩き、霧氷も観ることができ、溶岩岩のツララも少しいただき、
大満足の山旅だったことでしょう(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2010-01-27 21:45 | 英彦山系 | Comments(0)

また英彦山へ

8回目:1月23日(土)      英彦山      天気:曇り時々小雪     7名
ルート:スロープカー幸駅駐車場(9:10)→奉幣殿→沢取り付き(10:05)→滝(10:50)→
     行者堂(11:48)→中岳(12:05~12:38)→北西尾根→キャンプ場(13:56)→
     幸駅駐車場(14:30)

前回、裏英彦山に急遽変更した時に「今度は(仮HO11の沢)から英彦山を歩きましょう」とMORIさんより提案があり、「もしかしたら凍っているかも~」で楽しみにしてました。

9:00集合。奉幣殿への石畳の道を歩き、今日の安全祈願をして出発です。

取り付き地点より山中へ~~     テープなど全くありません。
e0164643_1031019.jpg

倒木を乗り越え、沢を詰めていくと滝に到着しました。
昨年行った「幻の滝」より少し小型です。   上部は凍って透明なきれいなつららが下がっていました。
e0164643_10345787.jpg
e0164643_10351993.jpg
ガスってきて木々に霧氷が付き始めました

生まれたてのホヤホヤ~~ 

きれいネ~~!!

e0164643_10415997.jpg

左から巻いて滝上部にあがりました。ここからはさらに道なき道です。
行者堂を目指し、登り詰めます。
e0164643_10461925.jpg
e0164643_10463943.jpg

正面からの一般登山道に無事 出ました。  山頂の木もきれいにお化粧してました^^
e0164643_10482744.jpg

昼食後、北西尾根を経由して駐車地点の幸駅へ。

e0164643_10523331.jpg
e0164643_10525365.jpg














北西尾根にあるブナの大木は幽玄の世界を醸し出しています。

今日も一日楽しく遊ぶことが出来ました。

未知のルートを一緒に考えながら歩き、大満足、大満足~~!!

ご一緒していただいた皆様に感謝です(*^_^*)
by nobucyansyuncyan | 2010-01-24 10:57 | 英彦山系 | Comments(4)

雪の裏英彦山を歩く

7回目:1月20日(水)     英彦山     天気:曇り       5名
ルート:英彦山大権現駐車場(8:46)→鬼杉登山口(9:20~9:30)→鬼杉(9:46)→
     籠水峠(10:32)→ケルンの谷(11:32)→縦走路出合い(12:13)→中岳(12:23~13:00)
     →南岳(13:08)→鬼杉(14:03)→鬼杉登山口(14:20)→英彦山大権現駐車場(14:44)

MORIさんから「岳減鬼山を別ルートで歩きませんか?」でお誘いを受け、英彦山大権現駐車場に8:30集合。
しゃくなげ荘を過ぎ、大南林道に入ると路面は凍結。何とか駐車場に着きましたが、車の移動は難しいーー

協議の結果、「裏英彦山を歩きましょう!」に変更。

少し早目に到着したので、路面の滑り具合をチェック。
危ないなぁ~と2人で話し合っていました。変更になってよかった~^^
e0164643_16113050.jpg
e0164643_16115673.jpg

鬼杉登山口でアイゼン装着。
登山道の南面は雪がなく歩き難いので裏英彦山道の分岐でアイゼンを着脱する。

紅葉がきれいだった裏英彦山道の「我が家の庭」も冬景色の静かなただずまい~(^-^)
e0164643_16282999.jpg

e0164643_16284928.jpg

ケルンの谷より中岳直下の道を進む。南岳への道は歩いたことはありますが、お初のルートです。
しゃくなげの木々の間を通り、雪で隠れた岩の間やスズタケに足をとられながら、縦走路に出合いました。
e0164643_16403235.jpg


フゥー、ヤレヤレ・・・・    しんどかったねぇ~~

中岳山頂にて記念撮影
e0164643_16415246.jpg

昼食後、南岳の鎖場が凍っていたら危ないのでアイゼンを装着。
南岳の北面は相変わらず雪が多いですねぇ

e0164643_16445760.jpg
e0164643_1645183.jpg

e0164643_1647238.jpg鎖場が過ぎたところで、下の方に鹿を発見。
谷を下りたところなので鹿も悠然と我々を見上げていました^^












展望台より今日行く予定だった岳減鬼山です
e0164643_1652675.jpg


材木石のところでアイゼンを着脱。足が軽くなりました~~(^^ゞ

鬼杉を過ぎ、登山口に無事到着。
けど大南林道はまだまだ凍っていました。誰かさん転んでいました^^

駐車場の氷は完全に溶けてなくなっていました。
帰り道のしゃくなげ荘までが心配だったのですがよかった~~(*^_^*)
by nobucyansyuncyan | 2010-01-21 17:05 | 英彦山系 | Comments(2)

御所ヶ岳

6回目:1月18日(月)    御所ヶ岳(246.9m)    天気:晴れ     6名
ルート:登山口(9:47)→東門→御所ヶ岳・別名ホトギ山810:22~10:50)→南門→展望台
    →第2西門→西門→馬立場→景行神社→奥の院→大師堂→中門→登山口(13:11)

山友のお姉ちゃん達との新年初登山です。
予定していた日にちが雪などのため延期となりましたが、今日は素晴らしいお天気です\(^o^)/

標高は低いですが展望は抜群です!!
地元・行橋の山々会(さんざんかい)の方が登山道の整備などされています。
e0164643_22413124.jpg

e0164643_22421361.jpg
e0164643_22424696.jpg


京都(みやこ)平野。こちらは犀川方面。
右端に英彦山。正面に犬ヶ岳など見えています。
e0164643_22431450.jpg

こちらは貫山、高城山が見えます
e0164643_22434292.jpg

ぐるっと周回して中門。  神籠石(こうごいし)。  国の指定史跡です。
e0164643_22445696.jpg

e0164643_22452587.jpg

神籠石とは北部九州から瀬戸内海沿岸に分布する古代の山城の一種だそうです。
御所ヶ谷神籠石は外周約3キロに及ぶ大きな遺跡とのことです。

今日、歩いたコースです。
e0164643_22462144.jpg


のんびり、ゆっくりと展望や遺跡を観ながらの里山歩きでした。

下山後は近くのファミレスで昼食、おしゃべりタイムでした(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2010-01-19 23:16 | 福岡県の山 | Comments(0)

難所ヶ滝

5回目:1月16日(土)   三郡山(935.9m)・頭巾山(901m)・仏頂山(869m)・宝満山(829m)
     天気:晴れ       5名
ルート:昭和の森(9:14)→手前の滝(10:26)→難所ヶ滝(10:48~11:00)→縦走路(11:20)→
     頭巾山ピストン(11:38~11:44)→三郡山(12:04~12:28、昼食)→仏頂山(13:22)→
     宝満山(13:38~13:48)→うさぎ道経由→昭和の森(15:10)

S・TAROUさんと「氷結した難所ヶ滝を観に行きましょう!」 なかなか実現しません(>_<)

やっと寒波が来て、昭和の森で待ち合わせ~

e0164643_16273346.jpgMORIさんご夫妻をお誘いして出かけましたが、道路交通情報では米の山峠、しょうけ越えは雪のため通行禁止。
八木山バイパス利用で何とか無事に集合場所に辿り着きました(^^ゞ

S・TAROUさんはMORIさんご夫妻とは初顔合わせ。自己紹介も済み、出発です。

動画撮影に忙しいS・TAROUさんです~~



難所ヶ滝手前にある滝です。今回もきれいな小滝が見られました(^^♪
e0164643_16341377.jpg
e0164643_16343597.jpg

分岐を左に取り、難所ヶ滝へ。途中から谷を登りつめて真っ正面から滝を見上げます
e0164643_16391457.jpg

難所ヶ滝。今回の一押しの写真です。
e0164643_16451884.jpg

e0164643_16412778.jpg
e0164643_16415289.jpg

e0164643_16502090.jpg

大きなツララのカーテンも見事です^^

滝見物の観客も多くなってきました。

我々は縦走路出合いへと進み、三郡山へ。樹氷のトンネルがこれまた見事!!
e0164643_16543032.jpg

e0164643_16561129.jpg

頭巾山を往復して、三郡山頂でランチタイム。  今日はあたたかいですね~^^

先ほどの縦走路出合いまで戻り、仏頂山を通過して宝満山へ。

e0164643_16563994.jpg

e0164643_1775472.jpg


うさぎ道を経由して河原谷へと周回して昭和の森へ。

1年振りの難所ヶ滝でしたが、大満足でした\(^o^)/

S・TAROUさん、今度は英彦山の雪中行軍をしましょうね(^_-)-☆
by nobucyansyuncyan | 2010-01-17 17:19 | 福岡県の山 | Comments(8)

雪!の英彦山へ

4回目:1月14日(木)     英彦山(1200m)     天気:曇り      5名
ルート:別所駐車場(10:23)→奉幣殿(10:50~10:56)→中津宮(11:56)→中岳
     (13:10~13:55)→紅葉谷経由→キャンプ場→別所駐車場(15:38)

MORIさんご夫妻をお誘いして英彦山へ行って来ました。
車中から見ると段々雪の量が違います。駐車場は30センチほど。車が埋まります^^

別所駐車場を出発するとき、いつも英彦山でお遭いする嘉麻市のMさんが来られました。
やはり物好きがいますね~~!!

途中にある中津宮に寄って見ました
e0164643_11373626.jpg

登山道の様子。青空が見えませんが、写真撮影が忙しいです(^^ゞ
e0164643_1139542.jpg

一人、もう下山して来ました。「このトレースはお宅だったんですか~。有難うございます」
「雪がすごいので山頂まで行かず、引き返しています」で産霊神社の手前からはラッセルです。

嘉麻市のMさんと相方が交代で頑張りました

e0164643_11571123.jpg
e0164643_11574133.jpg

中岳の山頂広場へ下りる時の雪は~~
e0164643_1205726.jpg

e0164643_1224294.jpg

休憩所の小屋は-4℃でした。ベンチもすっぽり雪の中です(@_@。
まだまだ物好きな方が高住神社~北岳を経由して登ってきました。
ひとすじさん、山ふたすじさんに九州マウンテンガイドの山下さん御一行。
山下さんの連れに中学・高校のときの同級生がいました(*^。^*)

下山は紅葉谷を経由。このころより青空が・・・・   もう少し早く出ればいいのにねぇ~~
e0164643_1211375.jpg


登山口に来るまでが大変でしたが、今日の感想(^^

とにかく すごい!!

ここは九州??
by nobucyansyuncyan | 2010-01-15 12:16 | 英彦山系 | Comments(4)

3回目:1月11日(月)      平尾台        天気:曇り       18名
ルート:自然観察センター(7:57)→大かんの台・432.8m(8:21)→風神山・433.3m(8:28~8:32)
    →不動山・411m(8:41)→千仏ロック(9:17)→千仏鍾乳洞(9:27~9:33)→貝殻山・472.4
    (9:55)→天狗岩・436m(10:26~10:34)→桶ヶ辻・568.7m(10:53)→周防台・606.5m
    (11:10)→昼食(11:15~11:45)→鬼の唐手岩(12:08~12:18)→広谷台・510.5m(12:18)
    →貫山・711.6m(13:05~13:10))→塔ヶ峯・586mへ(13:40~14:40)→大平山・586.5m 
    (14:53)→吹上峠(15:15)→自然観察センター(15:32) 

今月の「遊山歩」の例会は平尾台スペシャルコース。
山友をオープン参加とし、18名の大所帯となりました。私どもが会員になって初めての大人数でした。

自然観察センターに8:00集合でしたが、皆さん意気込みが違いますヽ(^。^)ノ

自己紹介も済ませて8時前にはもう出発OKです。

自然観察センターより行橋方面へと進み、千貫岩を過ぎ、三笠台駐車場より大かんの台へ。
大かんの台よりの眺めです。これから歩く天狗岩と稜線です
e0164643_2050784.jpg


風神山を過ぎ、不動山へ。不動山より少し戻り不動窟を経て千仏ロックへ。

この不動窟、千仏ロックへのコースは初めて歩く道でした(^_^

千仏鍾乳洞で一休み。コンクリートの急坂を上り貝殻山へ~

貝殻山からちょっと鬱蒼とした竹林を通り、天狗岩へ。先頭を歩くMORIさんの奥さんが「天狗岩へ直登しましょうか~」で藪こぎして岩場を通って天狗岩へ。
e0164643_21263994.jpg

e0164643_21273023.jpg
天狗岩は初めての方が多く、交代で上に上がり、臨場感を楽しみます。
e0164643_2128038.jpg

このころより空がどんよりとし、今にも雨が落ちてきそうな気配。少しピッチを上げましょうか~

このコースを初めて歩く方が「あと、どのくらいですか~」

MORIさん「あのピークまで15分」と常に「15分~」が口から出ます(^^ゞ
e0164643_21395689.jpg

周防台でとうとうポツポツとーー   
いよいよ降り出してからの食事は厭なので早いけどランチタイム。
この時、リーダーが「雨が降り出したのでコース変更します」 皆さん、仕方ないね~の顔。

食後歩き始めると、私を含め(?)皆さん日頃の行いがいいのでしょうね~☆
雨も止みました~~  (^O^)/
鬼の唐手岩
e0164643_2149333.jpg

貫山
e0164643_21493857.jpg

予定のコースを終了し、あとは大平山・吹上峠へでしたが、「時間も早いし、塔ヶ峯へ行きたい!」の声が出て、急遽 林道から塔ヶ峯の取り付きへ。
ここの下りは短いけどとても急。登りはやはり4足の急登です
展望台での集合写真です。後方に福智山が見えるのですが、今日はダメですねぇ~
e0164643_2155439.jpg

この後、大平山・吹上峠へと進み、皆さん一人の落後者もなく、無事に観察センターへと歩き通しました。

平尾台は「我が庭!」と言ってましたが、今回 未知のルートがありました(^^ゞ

平尾台スペシャルコースを企画していただいたリーダーのMORIさんに感謝です。

それにしても平尾台をよ~く歩きましたねぇ~
相方さんの万歩計は29000歩でした~~
by nobucyansyuncyan | 2010-01-12 16:24 | 平尾台 | Comments(3)

ソリ遊び

英彦山でソリ遊び      1月9日(土)

 お正月に娘、孫たちとお約束~~

 どこか雪遊びに連れてって~

 そう言えば3年ほど前、広島のスキー場へ行ったっけ~

 スノーボートで遊ばせ、○十年ぶりにスキーもしたなぁ~   へっぴり腰だったけど^^

 たくさん雪が降ったので、英彦山であそばせよう!!

 この2日間、晴天だったので心配ですぅ。山は雪があるけど麓はねぇ~

 キャンプ場に駐車。スキー場への途中で格好の斜面を見つけました(^^♪

e0164643_22445759.jpg

e0164643_22452464.jpg

e0164643_22455051.jpg

e0164643_22461717.jpg

e0164643_22491647.jpg


斜面はうっすらの雪でしたが、丁度よい傾斜でした^^

前半1時間半、午後からまた1時間ほど孫たちは大喜びでした。

娘、私たちは童心に帰って・・・・・    よく遊びました~~(^^♪

お昼は車の横で煮込みうどん。
「あったかくておいしい~」  ジジババの株もあがりました(^_-)-☆
by nobucyansyuncyan | 2010-01-10 23:02 | | Comments(0)

犬ヶ岳へ

2回目:1月8日(金)     犬ヶ岳(1130.8m)     天気:晴れ      2名
ルート:登山口(9:10)→うぐいす谷コース経由・林道(10:12~10:31)→笈吊峠(10:55~11:00)
     →犬ヶ岳(12:15~12:46)→大竿峠(13:12)→恐淵コース・林道(13:24~13:31)→
     登山口(15:08)

e0164643_20481031.jpg雪の英彦山へ行きませんか~、霧氷があるかも~でS・TAROUさん、Hiroさんに声かけしましたが、路面凍結の恐れありで「行きたいけど行けませ~ん」

相方と2人となりました。「どこへ行こうか。この間、英彦山だったので犬ヶ岳へ行こう!」

求菩堤資料館先の駐車場は我々の車1台のみ。シャクナゲの頃は賑わうのですけど・・・・

駐車場から林道に取り付くと、2頭の犬が飛んできました。求菩堤庵の飼い犬です。
1頭はお見送り~。赤茶のもう1頭は先になって進みます。
以前もそんなことがありました。ガイド犬のように道案内をするのです。今回もかな~?
e0164643_2058129.jpg

経読林道からの登山口よりアイゼン装着。雪も段々深くなってきました。
e0164643_21315911.jpg

ワンちゃん、先になって進み、時々まだかなぁ~と待っています。林道からの登山口では「ここから登るんだよ」とちゃんと待っていました。

笈吊峠に到着。左の鎖場を見ると凍結の状況がすごい!
右側の鎖場を登りかかるが、相方が2/3登った時点で「おまえは下りた方がいい、これ以上は危険だ!」で私は撤退。相方は何とか登りましたが・・・・
この場合はやはり前爪のあるアイゼンではないと・・・・今回は6本爪。  私は巻き道へと移動しました。

e0164643_21325993.jpg
e0164643_21334111.jpg

犬ヶ岳の山頂に到着。ベンチで昼食です。ワンちゃん、餌を欲しがる風でもないし、リラックスして出発まで待ってます。
e0164643_21402155.jpg
e0164643_21404422.jpg

縦走路です。
e0164643_21433418.jpg

大竿峠から恐淵へと下ります。このコースは少し危険。要注意です。
凍結しているので、足を滑らさないように。川に落ちないようにーー
e0164643_21542287.jpg

自然の造形美です(^^♪
e0164643_21544852.jpg

e0164643_2252456.jpg


ワンちゃんは恐淵の途中から別ルートを通り、危ない地点を過ぎたところで、後からハァハァ言いながら追いついてきました。それからはまた先頭へ。

求菩堤庵の近くになったらいつの間にかまた居なくなりました~~

求菩堤庵の奥さんが車でお出かけ。通りすがりに「茶色の犬が一緒でしたか~」
「はい、道案内をしてくれましたよ~」

今回、ワンちゃんのトレース、ラッセルで大助かりでした~(^^ゞ
by nobucyansyuncyan | 2010-01-09 22:18 | 福岡県の山 | Comments(6)