信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

登り納め・英彦山へ

106回:12月28日(月)      英彦山     天気:篭り時々小雪     2名
ルート:別所駐車場(9:35)→奉幣殿(9:53~10:03)→中岳(11:28~12:00)→南岳(12:10)→
    分岐(13:07)→奉幣殿(14:01)→別所駐車場(14:25)

今年は英彦山に始まり、英彦山で終わり~~

明日からは買い物、少しばかりのおせちの用意で忙しい日々となりそうです^^

前日の天気予報では朝方は雨とのことでしたが、お山は雪では~~で英彦山詣でとなりました。

油木ダム付近は全く雪の気配なし。少しがっかりーー。予報は外れかなぁ~

りんご園辺りから雪景色(^^♪

別所駐車場は我が家の車のみ。誰もいません。年末ですものね~。

今年も英彦山のいろんな道を歩きましたが、最初と最後は正面から。
奉幣殿の屋根は雪化粧をしてました。
e0164643_1455363.jpg

石の参拝道です。この付近で鹿3頭を見かけました。
e0164643_141199.jpg
e0164643_1411303.jpg



オオヤマレンゲも寒そう~でした。  6月、楽しみに待ってるからねぇ~
e0164643_14144635.jpg

今日の英彦山山頂です。小屋にある温度計は-3℃でした。積雪8~10センチ、新雪です。
e0164643_14162260.jpg

山頂は我々のみ。途中、一人の方とすれ違いましたけど・・・

前回、北岳~中岳を周回したので、今日は中岳~南岳の周回にしました。
縦走路の霧氷のトンネル
e0164643_14261788.jpg

鎖場です。
e0164643_14282487.jpg
風が吹き抜けるところは「エビの尻尾」も大きくなっていました。
e0164643_14301359.jpg

南岳からはトレースがありませんでした(^O^)/

新雪を踏みしめて・・・・    けどその下は凍結しているので要注意です。

鬼杉への分岐に来るとそこからはたくさんの足跡がありました。

神社下の時々お寄りする茶店のおばちゃんに年末のご挨拶をして、別所駐車場に戻ると車は3台。

静かな「歳の瀬」の英彦山でした。

帰り道から眺めた英彦山です。T字路と右折すると薬師峠、左折すると添田方面。
e0164643_14455187.jpg


今年はネットのお友達といろんな山に登りました。
S・TAROUさんと井原山、ミラさんと阿蘇の中岳や雲仙の九千部岳、HIROさんやいーさんとの紅葉の英彦山、「遊山歩」のMORIさんたちとの山行、と新しい出会いがありました。

お付き合いしていただいた皆様に感謝です。

今年一年お世話になりました。

また来年もよろしくお願い致します。

では、皆様、良いお年をお迎えください。
by nobucyansyuncyan | 2009-12-29 15:11 | 英彦山系 | Comments(7)

平尾台で忘年会

105回目:12月26日(土)      平尾台       天気:曇り       4名
ルート:千貫岩駐車場(10:12)→三笠台(10:18)→不動山・411m(10:55)→
     風神山・433.3m(11:15)→大かんの台・432.8m(11:29)→千貫岩駐車場
     (11:55~13:00、昼食)→ラクダ山(13:36~13:50)→千貫岩駐車場(14:30)

いよいよ年の瀬も押し迫ってきました。

時々、お山をご一緒する姉妹との忘年山行です。

来年の干支、寅年の飾りを押し花で作ったから~、と言うことで、「お山でいただきましょう!」で定番(?)の平尾台です。
今回のルートは平尾台が一望出来るラクダ山です。その前に近場を周回します。

千貫岩駐車場で10時に待ち合わせ。
お昼には駐車場に戻る予定なので、お茶と少しのおやつ、防寒着。1つのザックに4人分を入れて相方さんが背負います。  女性は荷物なし~~   楽ちんです(^^♪
e0164643_2353147.jpg

不動山への道から三笠台を振り返りました
e0164643_2375262.jpg

不動山、 風神山、 大かんの台
e0164643_2312479.jpg
e0164643_23122432.jpg
e0164643_23132891.jpg


駐車場の東屋のベンチで忘年会のつもりでしたが、風が吹き抜けてさむ~~い(ブルブル)

風を避けて車で囲んで宴会の始まり~です。

飲むのは相方さんだけ。他は帰りの運転がありますので・・・・・

いつもの山のお昼の延長~~     女はおしゃべりタイム~~

体が冷えてきたので少し歩きましょうか~でラクダ山へ。後方は大平山、貫山です。
e0164643_23255096.jpg
e0164643_23261435.jpg

竜ヶ鼻の採石場です。トラックが小さくみえます^^
e0164643_23295328.jpg


いつもは大平山・貫山からの眺めですけど、今回は反対からの眺めです。

黄砂のためか少し霞んではいますが、360度の好展望のお山です。

吹上峠から大平山、貫山、周防台、桶ヶ辻、天狗岩の稜線がずーと見渡せます。

竜ヶ鼻から香春岳。   英彦山は霞んで見えませんでした。

下山時、「平尾台の歴史」などを研究していて、ボランティアでガイドをしているという「市民学芸員のSさん」にお会いし、「ここは縄文人が住んでいて、狩りの矢じりや石器なども出ているんですよ~。この台地は縄文人が走り回っていたんですよ~」と立ち話でしたが、大変興味深いお話をお聞きしました。

駐車場に戻り、来年の新年登山のお約束をしてお別れしました。

かわいい「寅ちゃん」有難うございました<(_ _)>
by nobucyansyuncyan | 2009-12-27 23:56 | 平尾台 | Comments(3)

仙岩山へ

104回目:12月23日(水)    仙岩山(570m)     天気:曇り時々晴れ     6名
ルート:麻生・仙人P地点(8:50)→宝陀寺奥の堂(9:04~9:10)→分岐(10:12~10:18)→
    仙岩山(10:30~10:40)→鞍部(11:10~11:40、昼食)→504mピーク(11:48~11:55)→
    県道登山口(12:06)→展望台(12:25~12:55)→P地点(13:30)

仙岩山(せんがんざん)。地形図では569.8m、山頂標識では572m、「九州の山三角点」では570m。
果たして正確な標高は???

仙岩山は「麻生耶馬」と呼ばれ、奇岩・奇峰の独特な風景です。夷耶馬の中山仙境と同じように岩尾根あり、瘠せ尾根ありのスリルを味わい、展望を楽しんで来ました。

仙岩山の案内板です
e0164643_160594.jpg

宝陀寺奥の堂の参道入り口の鳥居(1689年に奉納)と石の仁王像(1772年に建立)です。
e0164643_1661260.jpg
e0164643_1663570.jpg
e0164643_167776.jpg
先日の両子寺の仁王像とは違って、また味わいのある石像でした。

奥の堂の石仏。      滑り易い道を進んで行きます。今回も4足の急登ありでした。

e0164643_1613768.jpg
e0164643_16133241.jpg

地形図とGPSで現在地と時々確認します。     ニューピークですので2人で記念撮影
e0164643_16173837.jpg
e0164643_16182131.jpg

途中の鞍部にて風を避けて昼食です。1時間ほど休憩の予定でしたが、展望もないので早目に切り上げ~です(^_-)-☆
504mのピークを確認してまもなく県道側の登山口に到着です。

県道を歩きながら、自分たちが歩いた道を確認。 麻生耶馬の展望を堪能!
e0164643_16295581.jpg

e0164643_16324074.jpg途中に展望台への道があり、寄り道。素晴らしい景観でした(^O^)/

みんなで記念撮影。後は絶壁です(^_^;)

途中で見かけた野菊です。
e0164643_16375178.jpg

MORIさんご夫妻が前回歩いた時は、道を探しながら「あっちうろうろ、こっちうろうろ」のようでしたが、下見(?)のお陰で早目の下山となりました。
おまけにぐるっと周回することが出来ました。

感謝で~すm(__)m
by nobucyansyuncyan | 2009-12-24 16:52 | 大分県の山 | Comments(0)

国東の両子山へ

103回目:12月19日(土)      両子山(721m)      天気:曇り       5名
ルート:両子寺駐車場(10:13)→奥の院(10:23)→お山巡りコースへ(10:25)→針の耳(10:32)→
     鬼の背割り(10:38)→両子山(11:35~11:40)→昼食(11:45~12:07)→郡境尾根コース
     →走水林道(13:15~13:25)→走水観音(13:44)→国東仁王像(14:00)→駐車場(14:10)

8時に道の駅「おこしかけ」に集合。道中の橋の上は凍結していましたので、スタッドレス装着の我が家の車で国東半島まで~。

中津から先は雪も多くなり、ノロノロ運転でした。
途中、スリップでの事故車を見かけましたが、何とか無事に到着しました。

拝観料200円を納めて境内に入り、鳥居をくぐって奥の院へ。

e0164643_2305737.jpg
e0164643_2312670.jpg

針の耳の入り口と出口の様子
e0164643_2333380.jpg
e0164643_2335336.jpg


鬼の背割り
e0164643_2344497.jpg

雪道で滑りやすい急登を「なんだ坂~、こんな坂~」と気合を入れて進みます。
e0164643_2383018.jpg

両子山に着きました。
いつものように記念撮影を済ませ、風を避けて手早くお昼です。

これより郡境尾根へと進みます。
e0164643_23145081.jpg

一登りすると、今度は一気に狭い尾根を下ります。

「これを下るの~」、「道がないのでは~」の声が後から聞こえます。

石や木の根っこが雪に隠れていますので、転ばないよう腰を低くして・・・・・
ここが今日の一番の核心部でした~(^_^;)

尾根上は風もあり、なかなか休憩も取りづらく、600mのピーク、498.3mの三角点を確認しながら林道に下り、やっと落ち着いて休憩です。

走水観音堂に着き、美味しい水をいただきました
e0164643_23314431.jpg

仁王像を眺め、「脚がよくなりますように~」と仁王様の脚をなでなでしてきました^^
e0164643_23403149.jpg

皆様、しっかりと台地を踏みしめている仁王様にあやかろうとなでるのでしょうね。
仁王様の脚の艶が違っていました。

思わぬ雪で、郡境尾根を下るときは要注意でしたが、「楽しめました~!!」のコメントを同行者の方からいただき、ご案内した甲斐がありました~
by nobucyansyuncyan | 2009-12-20 23:52 | 大分県の山 | Comments(2)

英彦山へ

102回目:12月18日(金)        英彦山      天気:雪      2名
ルート:別所駐車場(10:00)→高住神社(11:10)→北岳(12:45)→中岳(13:20~13:40、
昼食)→バードウォッチングコース→別所駐車場(14:50)

昨日、車のタイヤ交換をする。スタッドレスに~~
これで雪道はいつでもOK(^^♪

今朝の新聞の地域版を見ると、伊良原小学校の校庭で5㎝の積雪。雪合戦の様子が掲載されていました。
英彦山の麓ですので、英彦山も結構 雪があるのでは~~。

早速お出かけしてきました。

別所駐車場から先はチェーン規制になっていました。
e0164643_2275870.jpg

別所駐車場に車を置き、自然歩道を歩きます。全くトレースがありません(^^♪
e0164643_2293696.jpg

高住神社でお参りをして・・・・    段々雪が深くなります。
e0164643_2214599.jpg

北岳の肩の手前の階段です
e0164643_22159100.jpg

e0164643_22154458.jpg
e0164643_2216385.jpg

北岳の手前までは全くトレースがありませんでした。

新雪を踏んで歩く~~  気持よかったですね^^(^^♪

北岳までは時折り雪も止み、写真も撮ることが出来ましたが、吹雪いて手もかじかみ・・・・・・

中岳の小屋にある温度計は-5℃  北岳で40㎝、中岳で30㎝の積雪でした。

この冬初めての英彦山の雪景色を存分に堪能してきました。
by nobucyansyuncyan | 2009-12-18 22:32 | 英彦山系 | Comments(4)

島原遠征・・・国見岳~普賢岳

3日目
 101回目:12月14日(月)      国見岳(1347m)・普賢岳(1359.3m)
        天気:晴れ         3名
 ルート:第2吹越(9:13)→分岐(10:14)→国見岳(10:34~10:40)→普賢岳(11:20~11:52、
      昼食)→分岐(12:30~12:35)→第2吹越(13:25)

今日は素晴らしいお天気~☆

島原遠征、最後の日で~す。

3日間、通った島原から雲仙への道。

国見岳・妙見岳への登山口でもある第2吹越から登山開始です。登り一辺倒~~
3日目ともなると、結構 身体にこたえます。

前回、この道を歩いた時は霧氷がとてもきれいで、霧氷のトンネルになっていました。

分岐に着き、まず国見岳を目指します。
e0164643_21303774.jpg
 
国見岳の山頂で恒例の記念撮影。
e0164643_21315721.jpg

分岐に戻り、紅葉茶屋を経て普賢岳へ。
平成新山はまだ噴煙が上がっています。
e0164643_213771.jpg
 
普賢岳の山頂で3人仲良く~
e0164643_21402757.jpg

お昼を済ませ、妙見岳には登らずーー   元来た道を戻ります。

Yさん宅に戻り、裏の畑へ行き、野菜の収穫~~(^^♪
無農薬、堆肥も自分で作っている こだわりの堆肥です

白菜、大根、サラダ菜、レタス、春菊などた~くさんいただきました。

車も帰りはさぞかし重かったことでしょう!

今回、山行計画から宿泊まで全てYさんにお世話になりました。
お初の山も三座 登りました。

ミラさんご夫妻にも大変お世話になりました。

このご恩は今度お会いした時に、楽しい山歩きでお返ししたいと思っています。
by nobucyansyuncyan | 2009-12-16 22:08 | 長崎県の山 | Comments(2)

島原遠征・・・九千部岳~吾妻岳

2日目
 100回目:12月13日(日)      九千部岳(1062.4m)・吾妻岳(869.8m)
        天気:曇りのち小雨          4名
 ルート:田代原キャンプ場P(8:59)→中尾根直登ルート入口(9:18)→大休憩(10:15~10:30)→
      九千部岳(11:28~11:47)→田代原キャンプ場P(12:50~13:50、昼食)→吾妻岳登山口
      (13:53)→吾妻岳(14:25~14:32)→田代原キャンプ場P(15:00)

今年100回目の山歩きとなりました~
相方は何故だか、私より1回多い101回目です。私より多いのは初めのことですぅ。。。。(^^♪

九千部の吹越下山口にミラ号をデポし、田代原キャンプ場駐車場へ。

tetu-1さんは残念ながらお仕事とのことで、ミラさんの案内で九千部岳のスペシャルルートです(^^ゞ

e0164643_1643519.jpg
e0164643_16433364.jpg

滑りやすい木道を歩き、いよいよ直登コースへの取り付きです。
e0164643_16454323.jpg

登山道の様子です。このところ四足の急登歩きが続いています(>_<)
e0164643_16474960.jpg

e0164643_1648989.jpg

e0164643_1649770.jpg
e0164643_16494015.jpg

九千部岳の山頂手前の岩が見えています。その岩峰です。

e0164643_165321100.jpg
e0164643_1657491.jpg










岩を過ぎて12~13分で山頂に
ひょいと飛び出ます。
山頂で記念撮影~(^O^)/

展望は良好!  昨日登った山。 明日登る山
e0164643_1792886.jpg
e0164643_1795417.jpg

山頂でミラさんとしばしの別れでミラさんは吹越の下山口へ・・・・
我々は田代原への周回ルートでの下山です。

我々が田代原に着いたとき、もうミラさんは昼食のお好み焼きの支度に取りかかっていました。
いやぁ~、美味しかったですねぇ~~(^^♪
フライパンでのお好み焼きをひっくり返す手さばきはお見事!!でした(@_@)

e0164643_17202222.jpg
e0164643_17204954.jpg

楽しくて~、美味しかったランチタイムも終わり、一足先に帰られるミラさんとお別れして、3人は吾妻岳へ。満腹後の登りはきついですねぇ~

吾妻岳の山頂です。展望は全くありません。小雨が降り出したので、吾妻観音はパスしました。
e0164643_1728024.jpg
e0164643_17282769.jpg


昨日の絹笠山、九千部岳、吾妻岳はお初の山でした。
2年前の2月、「スイス会」(取りあえず、ネーミング)で来たときは普賢岳の霧氷の素晴らしさに九千部岳予定が変更となりました(^^ゞ

ミラさん、2日間お世話になりました

また、英彦山、九重のお山でお会いしましょう!!
by nobucyansyuncyan | 2009-12-16 17:45 | 長崎県の山 | Comments(0)

島原遠征・・・絹笠山~矢岳~高岩山

1日目
 99回目:12月12日(土)      絹笠山(870m)・矢岳(971m)・高岩山(881m)
      天気:晴れ        6名+1匹(レアルちゃん)
 ルート:白雲の池P(9:11)→絹笠山(9:42~10:05)→原生沼かきつばた公園→温泉街→地獄→
      矢岳園地→矢岳登山口(11:25)→矢岳(12:03~12:35、昼食)→宝原園地(13:05)→
      高岩山登山口(13:21)→高岩山(13:51~14:21)→宝原園地(14:51)

スイス・トレッキングでお友達になり、時々お山を一緒に歩いている島原のYさんから「島原においでよ~、山に行こう!! 帰りは野菜もたくさんあるよ~」のお誘いで島原遠征となりました。

最初、1泊2日の予定でしたが、「気ぜわしいなぁ~、どこも行けんが~」で2泊3日となり、○○館宿泊予定が「我が家に泊まり~」でYさん宅となり、すっかりお世話になりました。

「やまびこ・オフ会」でミラさんにお会いした時、「もしかしたら島原に行くかも~」でお話をすると、「その時は連絡ください~」で厚かましく連絡し、ミラさんにもお世話になりました(^^ゞ

我が家を4時半ごろ出発し、島原に着いたのが8時。
Yさんの車を宝原園地にデポし、我が家の車でミラさん達の待つ白雲の池Pへ~
今日、歩いたコースです。
e0164643_223345100.jpg

白雲の池Pに着くとミラさん・tetu-1さんの娘さんと息子(?)のレアルちゃんが一緒に待っていました。
Yさんはミラさん達ともお知り合いで話が弾みます。レアルちゃん、先頭を頑張っています^^
e0164643_22391328.jpg

絹笠山に到着。展望所が高台にあります。
レアルちゃん、「どうしようかな~?登れるかなぁ~」で悩んでいます^^

「よ~しガンバ、ガンバ!!」で難なくクリア~

e0164643_22444142.jpg
e0164643_2245927.jpg

仲良しお二人さん(^^♪
e0164643_2301645.jpg

レアルちゃん、かわいいねぇ
e0164643_232565.jpg

レアルちゃんも一緒に雲仙の温泉街、地獄の湯煙りに負けることなく歩き通し、矢岳の山頂へ
e0164643_2361415.jpg

レアルちゃんのママは少しお疲れモード(^_^;)
高岩山はパスして休憩タイム。

5人で高岩山までピストンです。
登山口にある「みそ五郎足跡石」            高岩神社の鳥居をくぐり
e0164643_2310469.jpg
e0164643_23111555.jpg

e0164643_23301052.jpg

e0164643_23335879.jpg民話で「大男のみそ五郎」がお手玉にした大岩があると言う、高岩山の山頂標識を過ぎ、岩の間を潜り抜けて高岩神社に到着です。少し霞んでいますが、展望は良好です。

レアルちゃんとレアルちゃんのママが待つ宝原園地に戻ってきました。
明日はミラさんが九千部の特別なルートを案内してくれるとか・・・・   楽しみです。



「雲仙小地獄」の温泉に入り、ミラさん宅へちょっとお邪魔しました~~

Yさんの奥さんの手料理でお腹いっぱい(*^_^*)

奥さんに教えていただき、「クリスマス・リース」まで作りました。
by nobucyansyuncyan | 2009-12-15 23:55 | 長崎県の山 | Comments(2)

英彦山へ

98回目:12月8日(火)     英彦山、中岳・南岳・鹿の角    天気:晴れ    2名
ルート:銅(かね)の鳥居(10:00)→奉幣殿(10:22)→中岳(11:44~12:30、昼食)→南岳
     (12:39)→鹿の角(13:28)→裏英彦山道へ(14:18)→分岐(14:41)→奉幣殿
     (15:27)→p地点(15:45)

あまりの晴天~~☆   明日から天気は崩れるとの予報
急遽、「英彦山へでも~」でお出かけとなりました。

本来、今日のコースは中岳~南岳を周回し、上仏来山へ行き、十六羅漢へと歩く予定でした。

銅の鳥居を通り、石畳みの道を歩きます。
e0164643_224241.jpg

e0164643_2244368.jpg

奉幣殿への階段はお正月の準備中でした~~
e0164643_2272422.jpg

英彦山・中岳です。青空がまぶしいです^^
e0164643_229543.jpg

中岳で顔馴染みの嘉麻市のMさんにお会いしました。
南岳へと向かいますが、霜で白くなっており、石のところは滑りそう・・・・・
e0164643_22141053.jpg

南岳を下山中、笹藪が刈り込まれています。「どこに行くんだろう?、多分、巻き道に出る筈だけど・・・?」でそこから予定変更。

巻き道に出ました~~

そこから下に刈り込みは続いています。以前、藪を漕いでこの道を上がってきたことはあります。

で、歩いてきました。
e0164643_22222773.jpg
e0164643_22225624.jpg

途中から観た南岳と中岳です。
e0164643_22435622.jpg
e0164643_22442640.jpg








鹿の角に到着しました。
e0164643_22471312.jpg

岩壁で遊んできました。両サイド、切れ落ちています。
e0164643_2302825.jpg


裏英彦山道に出合い、籠水峠に着き、これからは歩き慣れた道~~です。
by nobucyansyuncyan | 2009-12-08 23:41 | 英彦山系 | Comments(6)

宇佐6山縦走

97回目:12月6日(日)   妙見山(444m)・谷山(434m)・石山(540m)・鬼落山(576m)・
      石井山(487.5m)・高山(480m)       天気:晴れ       7名
ルート:香下ダム・妙見山登山口(8:14)→射場越(8:39~8:45)→妙見山(9:02~9:10)→
     射場越(9:29)→谷山(9:56~10:00)→石山(10:55~11:07)→石山峠(11:45)→
     鬼落山(12:41~13:18、昼食)→石井山(13:55~14:00)→三ツ井戸跡(14:34~
     14:37)→高山(15:00~15:05)→三ツ井戸跡(15:22~15:29)→林道(15:41)→
     高山登山口(15:55)

遊山歩・12月の例会は宇佐6山縦走です。標高は434m~576mの低山ですが登り・下りの繰り返しのハードな山歩きでした。

椎田町の道の駅「おこしかけ」に7時集合。遠くは防府から~
2台を高山登山口のデポし、出発地点の香下ダムの妙見山登山口へと移動。

e0164643_21592744.jpg
e0164643_21595393.jpg
登山口の案内と
妙見山の山頂に
ある「妙見山史誌」です。


1山目の妙見山の山頂標識です。e0164643_2211234.jpg


途中できのこを見つけましたが、果たして毒か否かか??
詳しい人がいませんのでそのままにしておきました(^^ゞ
e0164643_2214882.jpg








e0164643_22175317.jpg射場越を通過して谷山への登りにかかります

2山目の谷山です
e0164643_22224791.jpg

3山目の石山です

e0164643_22302061.jpg
e0164643_22261453.jpg





石山からの
急な下りです。
ロープなど設置
しているので
助かります。




石山峠に到着。落ち葉の絨毯で気持ち良かったですねぇ~

けど、これからが今日のハイライト。     鬼落山~~
鬼も転げ落ちるような急登??   そのものズバリ!!   急でした~~

息があがりました。アキレス腱が伸びっぱなしーー
e0164643_22433044.jpg
 
4山目の鬼落山です
石山でMORIさん差し入れの大福を食べたので、鬼落山で遅めの昼食です。
e0164643_2253328.jpg

またまた急降下をして~~   足が笑います(^_^;)
5山目の石井山です
e0164643_2352560.jpg
e0164643_2304921.jpg





歩いてきた道を
振り返ります。

あとは1山を残すのみ。
よーく歩きましたね~




e0164643_23105825.jpg

最後の高山では皆さん笑顔で記念撮影です。

予定していた時間より早く到着しました。

これから分岐の三ツ井戸跡まで戻り、怪我のないよう万全の注意をして高山登山口へ。



デポしていた車に乗り込んで、出発点の香下ダム・妙見山登山口へ車の回収です。

今日は風も吹き、少し肌寒かった(12月だから当然??)のですが、長丁場の縦走には丁度よい気候だったのではないでしょうか。
エスケープルートも確認してましたが、何とか歩き通すことが出来ました。

一緒に歩いてくれた山友に感謝!!    我が足に感謝!!
by nobucyansyuncyan | 2009-12-07 23:29 | 大分県の山 | Comments(2)