竜ヶ鼻へ

95回目:11月27日(金)     竜ヶ鼻(680m)     天気:曇り    4名
ルート:金辺トンネル付近P(9:03)→竜ヶ鼻取り付き(9:37)→三角点(10:55)→竜ヶ鼻山頂
    (11:05)→展望所(11:10~12:00、昼食)→下山地点(13:27)→P着(13:40)

前日、中山仙境で偶然お会いしたMORIさんご夫妻と連チャンでの山歩きです。
過去の山歩きをみますと2001年にキャンプ2(山の店)の山下健夫さんの山ちゃん塾に参加して登って以来、8年ぶりです。

取り付き手前の紅葉です。まだまだきれいでしたねぇ~
e0164643_1093684.jpg
e0164643_1010694.jpg



いよいよ竜ヶ鼻に取り付きます。何しろ急登だったことは記憶にあります。
e0164643_1016261.jpg
e0164643_10484463.jpg





笹漕ぎが始まりました。
ほんの少しでしたけど~



これからは四足の急登です。両手両足をフル活動~~
e0164643_103021.jpg
e0164643_1029383.jpg



山頂の展望はありません。
展望所へ移動し、香春岳を見ながら昼食です。
e0164643_10365813.jpg

e0164643_1038835.jpg
展望所には竜ヶ鼻の立派な山頂標識がありました。






e0164643_10431999.jpgこれから下山です。
幸いに岩が濡れていないので滑りませんが、注意しながらやはり手足はフル活動です。

イノシシのヌタ場があり、「イノシシに出会ったらシシ鍋にしよう」などと話していたら、先の方で枝が動いています。
「何だろう?まさかね~」
小鳥が飛び立ちました。
「鳥だったよ~」
その後、私のうしろにいたMORIさんの奥さんが「イノシシーー!?」
岩の中に入り込んでいたようで、そうとおっかなびっくり覗くと前足が隙間から見えました(@_@。


静かに足早に退散ーー     「あぁ~怖かった~~」

イノシシと格闘(?)することもなく、何とか無事に下山することが出来ました。

我が家から竜ヶ鼻を見ると「への字」ですが、駐車地点から眺めた竜ヶ鼻です。
e0164643_1193196.jpg

by nobucyansyuncyan | 2009-11-29 11:22 | 福岡県の山 | Comments(12)

国東のお山へ・中山仙境

94回目:11月26日(木)   中山仙境(316.9m)    天気:晴れ     10名
ルート:中山仙境坊中駐車場(11:00)→登山口(11:08)→隠洞穴(11:30~11:44)→
     夷耶馬・高城山(12:14~13:40)→無明橋→駐車場(14:48)

e0164643_21375785.jpg11月22日、五十嵐さんのラジオ放送を聞いた友達を中山仙境へ案内した後、オフ会に出席の予定でしたが、雨の予報でしたので早々に中止としました。

オフ会に参加された五十嵐さんより「26日に行きますよ。よかったらどうぞ~」で厚かましくも御一緒させていただきました。

登山口で偶然お会いしたMORIさんご夫妻も加わり、福岡組5名、北九組5名の計10名の人数となりました。

今回は看板にあるルートの逆のコースを歩きました。
e0164643_21551955.jpg

e0164643_21555117.jpg

e0164643_21562528.jpg

低山ですが、国東半島の六郷満山のお山ですので、瘠せ尾根・岩峰があり気が抜けません。高所恐怖症の方や雨の後・強風の時は登山中止されたほうがいいと思います。

今日は快晴!!  風もありません。登山日和です(^^♪

山頂ではのんびり・ゆったりとランチタイム。ウクレレの生演奏もありました。

展望を楽しみ、山頂の反対側にも岩峰が連なっています。いつかあの尾根を歩きたい・・・・
e0164643_21565627.jpg


山頂での集合写真です。とっても楽しい、愉快なお仲間さんでした^^
e0164643_22174299.jpg

いつまでも山頂でまったりとした時間を過ごしたいのですが、そろそろ下山へ~~
鎖場・瘠せ尾根はまだまだ続きます。
e0164643_22203832.jpg

皆さん余裕のある笑顔で無明橋を渡り、展望岩より夷耶馬の眺めを堪能し、駐車場へ。

本来、周回して2時間のコースですが、岩峰と紅葉を楽しみ、山頂でのウクレレの演奏と、のんびり・まったりとした時間を過ごさせていただきました。有難うございました。

お仲間さんに感謝です!!
by nobucyansyuncyan | 2009-11-28 22:42 | 大分・国東の山 | Comments(2)

味噌作り

2008年は10/15日に椎田町にある加工所にお米を持って行ったら今年の1/22日に取りに行き、翌日の1/23日に瓶に漬け込みました。

e0164643_22451264.jpg今年は少し早目にと思い、1週間早く加工所にお米を持って行く。
何と、もう加工が出来て、11/16日に受け取りに行って来ました~

11/24に山仲間の姉妹と我が家で瓶に漬け込みました。
我が家は15キロ。姉妹は2軒で15キロ。

e0164643_2249836.jpg
e0164643_22505118.jpg

2人並んで、お味噌を入れてギュッギュッと押し込み、塩をパラッパラッと入れます。「美味しいお味噌が出来ますように」と言いながら、それを繰り返して・・・・・
e0164643_22573282.jpgいっぱいになったら最後は塩を保存のために上に余分に置きます。
e0164643_2305397.jpg








e0164643_2364442.jpg瓶をガムテープでしっかりと密閉し、新聞で包み、我が家の風通しのよい倉庫に次回、漬け込む時まで約1年間保存します。

田舎暮らしをしている姉に教えてもらってから、毎年作っています。

お陰で美味しいお味噌汁をいただいています(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2009-11-26 23:16 | 出来事 | Comments(2)

阿蘇・中岳へ

93回目:11月23日(月)    阿蘇・中岳     天気:晴れ     4名
ルート:仙酔峡→中岳ピストン

e0164643_21523084.jpgこのブログ「信ちゃんの美夜古たより」を開設して昨日で丁度1年です。
ミラさんが私の先生です、何しろパソコン初心者ですので・・・・
これからも御指導よろしく~~です(^^ゞ

前日、ミラさん、tetu-1さんと「やまびこ会オフ会」前半の部でお会いして、阿蘇山上のロープウェイ乗り場の駐車場、9時の待ち合わせの約束をしましたが、いませーーん。
携帯をかけると仙酔峡のロープウェイ乗り場の方へ~~
阿蘇山上西駅のロープウェイは高濃度のガスが発生し、運行していません。立ち入り禁止。
私どもが仙酔峡へと移動。ようやく出会い、出発が10時半近くになりました^^

ミラさんはただ今リハビリ中。まだ無理はできませんので仙酔峡から中岳へのコースを一緒にお話しながら、のんびりと歩きました。
e0164643_2229683.jpg

快晴!!  先日、阿蘇に来た時はとっても寒かったので今日は防寒着がザックの中に余分に入っていますが、暑くて「北風と太陽」のお話のように脱いだ服がザックの中へ~~

火口東の展望台から眺めると車は上の火口壁の駐車場に停まっています。
「解除になって通れるようになったんだねぇ~」と話していると「高濃度のガス、発生。緊急に避難してください」のアナウンス。
蜘蛛の子を散らすように車は下の駐車場へと移動しています。
e0164643_22391062.jpg

2~3回、その状態が繰り返されていました。
怪我の功名とでも言うべきか、仙酔峡からの登山で正解だったようです(^^ゞ

中岳の山頂でランチタイム。相方さんのザックの中にお弁当が入っていませんーー
バタバタとして出発したので車の中に置き忘れたようです(^_^;)

ミラさん達のお弁当をいただいてしまいました~~
どうもすみませんでした。
e0164643_22544643.jpg

来た道を戻り、仙酔峡へ。
またの再会をお約束してお別れで~す。

今日の素晴らしい夜明けです
e0164643_2371158.jpg

雲海の中の祖母山、涅槃像です
e0164643_2384551.jpg

e0164643_239462.jpg

by nobucyansyuncyan | 2009-11-25 23:12 | 熊本県の山 | Comments(2)

「やまびこ会」オフ会

11月22日(日)、「やまびこ会」10周年記念オフ会が竹田市の白丹「くしふるの里」にて開催され、参加してきました。過去、6回ほど参加しましたが、泊まりのオフ会は初めてです。

当日は国東のお山を登ってから~~の予定でしたが、雨の予報でしたので中止とし、夕方早目に着くように我が家を出発。

ミラさん、tetu-1さんとも1年ぶりに再開し、翌日のお山の打ち合わせ~

卓上コンロ、鍋などいつもの車中泊グッズを持参し、豚汁を作りました。

皆さん、三々五々集まり、おでんを囲んで夜遅くまで賑わってました(^^♪

YUTAさん、製作です。
e0164643_20452480.jpg


22日参加のメンバーです。セルフタイマーのはボケてました~(^_^;)
e0164643_20521811.jpg


宿泊した「くしふるの里」です。23日の朝、撮影しました。
e0164643_20574029.jpg

by nobucyansyuncyan | 2009-11-24 21:04 | 出来事 | Comments(4)

塔ヶ峯へ

92回目:11月19日(木)    塔ヶ峯(586m)・貫山・岩山    天気:曇り    4名
ルート:吹上峠(9:12)→塔ヶ峯への分岐(9:57)→塔ヶ峯(10:33)→展望岩(11:50)→
     天狗の舞台(11:00~11:30)→林道へ(11:42)→貫山(12:16~12:25)→岩山
     (13:05~13:12)→茶ヶ床園地(14:00)

MORIさんご夫妻と9:00、茶ヶ床園地待ち合わせ。1台デポして吹上峠に移動。

周防台・桶ヶ辻の眺め、右端に天狗岩が見えます。
10/15にS・TAROUさん、Hiroさんとこのルートを歩きました。
e0164643_168412.jpg

貫山より煙が・・・・  一瞬、山火事かな?と思いました。ヘリも飛んでいます。
後でわかったのですが防火帯を焼いていました~~

e0164643_16204597.jpg塔ヶ峯分岐より入ります。以前は標識もなかったのですが・・・・

足元に注意をしながら下り、そして岩を上がって・・・・

距離は短いのですが、手足をフルに使います。



e0164643_1626240.jpg
e0164643_16263662.jpg
山頂の展望は全くありません。

大平山側からの塔ヶ峯の側面の様子です。



井手浦からのルートの展望台へと行ってみます。ここは皿倉山、福智山などよ~く見えます。

天狗の舞台に戻り、早目の昼食です。
下山は早いですねぇ~   10分少々です(^^♪

時間も早いので貫山へ~~   どんよりとした曇り空ですが、眺望はあります。
国東のお山、姫島の矢筈岳、鹿嵐山などが見えています。

貫山より下山後はMORIさんが「今年はセンブリやウメバチソウに出会っていない」と言うので、もうお花のピークは過ぎているのでないかも~で探していると、何とかかろうじてありましたね~
e0164643_16465382.jpg
e0164643_16471976.jpg


岩山に立ち寄り、我が家の奥座敷(?)に案内して、平尾台の眺望を楽しみます(^^ゞ

ライオン岩へも立ち寄りました。この岩は見る角度で???と言われますが
e0164643_16583616.jpg

きょうはしっかりライオンに見えたようですぅ。。。。。
by nobucyansyuncyan | 2009-11-20 17:02 | 平尾台 | Comments(4)

91回目:11月15日(日)   阿蘇高岳(1592m)・中岳(1506m)  天気:曇り   5名
ルート:日ノ尾峠(8:10)→高岳東峰・天狗の舞台(10:09~10:15)→月見小屋(10:30~
    11:10)→高岳(11:24~11:30)→中岳(11:50~11:55)→火口西駅(13:07)→
    火口散策→阿蘇山西駅駐車場(13:35)

日ノ尾峠より阿蘇高岳へは「いつか歩こう!」と思っていたコース。
今回、MORIさん御夫妻と歩くチャンスが到来。それならば砂千里もついでに~~

どちらも未踏のルートです。  興味津々です。

15日、阿蘇山西駅のロープウェイ乗り場の駐車場に8時集合です。

前日のお昼は孫の七・五・三の祝い事があり、相方さんは目いっぱい・腹いっぱい飲んでいい御機嫌~~
「朝早く起きれるかなぁ~」「取りあえず、近くまで行っていた方が・・・・」で夜八時半過ぎに出発。  耶馬渓・小国経由で阿蘇へ~~    ロープウェイ乗り場の駐車場で車中泊^^

真っ暗な中、車を走らせるがパノラマラインの途中から霧が立ち込み辺りは真っ白・・・・
視界数メートル・・・(>_<)    何とか駐車場の広場に着きましたーー

私はすぐに深い眠りに・・・  相方さんはなかなか寝付かれなかったそうです。。。。 

15日、朝食の準備をしているとMORIさんが~~   同じ広場の奥の方で泊まっていたそうです。  着いたのが夜中だったし、ガスで何も見えませんでしたので・・・・・ 

同行のippeiさんも来られ、車をデポし、我が家の車で登山口の日ノ尾峠へと向かいます。

e0164643_10181011.jpg

日ノ尾峠よりすぐの登山道を進むと、山桜の大木が~~  さぞかしきれいなことでしょうね~

e0164643_1022282.jpg 背丈以上のカヤのなかを進みます。
e0164643_102305.jpg

e0164643_10292480.jpg

東峰直下にツララが^^   今季初めての霧氷や氷の芸術品も~(^^♪
e0164643_10342376.jpg

e0164643_10352833.jpg
 
e0164643_10355478.jpg

月見小屋で一休み。早目のお昼を済ませて、阿蘇高岳へ~~
ガスで何も見えません(^_^;)  時たま青空が覗きますがすぐにまた真っ白ーー
風も強く、山頂での温度は1℃。 体感温度は氷点下・・・・   寒かった~~
e0164643_10511120.jpg

中岳へと進み、いよいよ初の砂千里へのルートへ。噴火時の断層地形を見ながらの歩きを期待していたのですが、全く見えませんーー   草紅葉はきれいでしたけど・・・・
e0164643_10562540.jpg
e0164643_10565277.jpg

やはり阿蘇のお山ですね~  山容が違います。
e0164643_1162712.jpg

e0164643_117791.jpg

e0164643_1173220.jpg

e0164643_118711.jpg

砂千里、足跡がた~くさん。。。。
ロープウェイや車で上がり、中岳に行く方がけっこう居られるようですねぇ~~

火口周辺を散策しましたが、警備の方がおっしゃるには「今日は噴火口は今のところ全く見えなかった」そうです。
e0164643_11181413.jpg
e0164643_11183912.jpg

火口西駅から阿蘇山西駅まで遊歩道で下山し、ippeiさんとお別れし、デポした車の回収へ。

今日のお初のルート、想像以上に素晴らしかった~~!!
阿蘇の雄大さを再認識しました。

お天気の時、また挑戦します。
by nobucyansyuncyan | 2009-11-16 23:24 | 熊本県の山 | Comments(5)

由布岳・西峰へ

90回目:11月6日(金)    由布岳・西峰     天気:曇り時々晴れ    4名
ルート:佐土原コース(?)登山口(8:05)→取り付き(8:25)→飯盛山ルートと合流(10:10
     ~10:15)→台地(10:25~10:45)→お鉢周回コースに合流(11:25~11:30)→
     西峰(11:37~11:50)→昼食(12:00~12:30)→塚原コース分岐(12:40)→下山
     (13:45)→塚原コース登山口(14:15)

遊山歩のMORIさん御夫妻と由布岳のお初のルート探検です。
「楽しい大分の山々」の「大分の由美ちゃん」と由布岳で最初にお話しした時、飯盛山のことをお聞きし、相方と探索、無事ニューピークに登りました。
2回目、MORIさん御夫妻をお誘いして歩いた時、偶然、由美ちゃんと遭遇。その時、ちらっとお聞きしたルートが気になり、今回挑戦。 西峰へ直に上がる道もあるとお聞きして、さらにそれにも・・・・・   1/12500に拡大した地図とGPSを持参しました。

車を下山口のゲート前に1台デポ。R617にある「万葉の湯」を探します。湯布院の温泉館かなと思い、探すけどない。自衛隊の駐屯地まで来てしまい、バック。
ありましたねぇ~、タンクと看板。

草つきの道を上がって行くと有刺鉄線が・・・  それをくぐり、またゲート。その中を入り、ほんのちょっと歩くと堰堤の右に赤テープがありました。
e0164643_23161311.jpg
e0164643_23164192.jpg

昨日は英彦山の紅葉巡り、今日のコースの紅葉もきれいでした~(^^♪
e0164643_23221931.jpg

4足の急登です。足が疲れてま~す(^_^;)
e0164643_2323279.jpg

途中にあったブナの大木です。幹の色がきれいでしたねぇ~
e0164643_2325158.jpg

この標識が出てくると、合流地点は近く、お花の時季にはコバイケイソウの咲く台地ももうすぐです。
e0164643_23332216.jpg
e0164643_2334216.jpg

今回は飯盛山へは登らず、↑の写真のような灌木の中を進んで西峰を目指します。
e0164643_23412066.jpg

テープもところどころ付いており、休憩時にGPSで位置確認。合流点に着きました(^O^)/
西峰へと行きましたが、ガスで見通しも悪いのでお鉢分岐で昼食タイム。

下山は塚原ルートへと進みます。
e0164643_2348237.jpg

下山口近くの紅葉です。ここもいい雰囲気ですねぇ~
e0164643_23503364.jpg

e0164643_2351357.jpg

下山口からは舗装した林道を通るのですが、ショートカットして倒木を跨いだりして植林の中を歩き、ゲートに到着。MORIさんのお友達の「たろうさん」が待っていました~
いろんな方の掲示板ではお名前を拝見するのですが、初めてお会いしました。
昨日、英彦山で御一緒した「いーさん」も御存じのようでした。
またまた新しい出合いです(^^♪

2日続きの山歩きで、今日のコースは台地までは登り一辺倒(@_@)
久しぶりに足にきましたねぇ~~  

けど気になるルートを歩くことが出来、大満足!!

紅葉も満足!!
by nobucyansyuncyan | 2009-11-08 00:11 | 大分県の山 | Comments(2)

英彦山の紅葉巡り

89回目:11月5日(木)     英彦山     天気:晴れ時々曇り     5名
ルート:キャンプ場(9:41)→紅葉谷→正面登山道に合流(10:55)→中岳(11:45~12:20、
     昼食)→南岳(12:33)→裏英彦山道へ(13:39)→籠水(こもり)峠(14:11)→垂水
     (たるみず)の壺(15:10)→ケルンの谷(15:19)→薬師峠(16:20)

S・TAROUさんより先日平尾台を御一緒した時、今度裏英彦山の紅葉を~~

豊前坊9時集合。7:30ごろ電話があり、少し遅れますから~
そうは言ってもいつも早くみえるので、少し早目に着くように家を出る。
豊前坊の紅葉などを眺めていると、9:15ごろ到着しました。
e0164643_1462353.jpg

今日のメンバーはS・TAROUさん、Hiroさん、いーさん。
御希望のコースは高住神社~北岳~中岳~南岳~裏英彦山のルートでしたが、もう山頂の紅葉は終わっているし、で紅葉谷から南岳~に提案、変更。
我が家の車を置き、いーさんの車に乗り込んでキャンプ場へ。
3人ともこのコースは初めてとのこと。
e0164643_14173918.jpg
e0164643_14142322.jpg
歩き始めから次々に出てくる紅葉・黄葉に「ワァーきれい!」「すごい!」の連発!!
足が進みません^^
この調子だったら裏英彦山に回れるかなぁ~

とうとう後ろから来ていた小学生の団体にも追い越されました(^^ゞ
同じ町内の勝山・久保小学校の5年生とのことでした。豊津・犀川は別ルートから登って、中岳山頂で合流。思わず、韓国岳で遭難した子供のことが思い出され、「先生から離れたら駄目だよ~」
e0164643_1432447.jpg

中岳に寄るつもりはなかったのだが、「マユミがきれいだろうね~」で山頂へ。先ほどの小学生もお弁当を食べていました。我々も避難小屋の中でランチタイム。
山頂で嘉麻市のMさんと門司のKさんにお会いしました。

南岳を過ぎ、岩場を下る。Hiroさんはお初のルート。少し、腰が引けていましたね。
e0164643_14402012.jpg

材木石に到着。ここの紅葉は撮影の絶好ポイント。絵になるところです。
e0164643_14425198.jpg

分岐よりいよいよ裏英彦山道へ。「鹿の角・1071mのピーク」はこの上ですが、岩壁に圧倒されます。少し角度を変えて・・・・
e0164643_1448319.jpg
e0164643_1449258.jpg

大好きな場所、「我が家の庭」とお友達には言っています。
自然の庭園、大きな木々と苔むした石、落ち葉。
心が癒されます。落ち着きます。
e0164643_1512138.jpg
e0164643_1514686.jpg



裏英彦山の紅葉です。
e0164643_155110.jpg

e0164643_1535035.jpg

e0164643_1542886.jpg

途中、いーさんが「少し、ピッチをあげましょうか?」「そうですね、日が暮れるのが早いから~」で撮影は終了しましょうで歩きましたが、すぐに「ワァ~」「キャァ~」のオンパレード(^^ゞ
「大丈夫ですよ、暗くなっても道は・・・・」でカメラ、ビデオ撮影にとまたまた大忙しです^^

無事、下山。いーさんは通しで歩いたのは初めて。Hiroさんは全くの初めて。
少し終わりかけの紅葉でしたが、なんとか見ることが出来、よかった、よかったぁ~!!

帰ってから留守電の伝言。「9:15~20ごろ着きますから~」とS・TAROUさんから。
S・TAROUさん、携帯に電話してね~~(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2009-11-07 15:27 | 英彦山系 | Comments(6)