<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

貫山へ~~

79回目:9月27日(日)     貫山     天気:曇り      4名
ルート:茶ヶ床園地→中峠→四方台→貫山→茶ヶ床園地

9時半に山友の姉妹と茶ヶ床園地で待ち合わせ~
1台デポして吹上峠に移動する予定でしたが、ガスって展望もないので、のんびり散策することにしました~~
お花を探しながらいつの間にか四方台に。「もうちょっと頑張って貫山へ行こう!」「久しぶりだから行けるだろうか~?」
おしゃべりしながら山頂に着きました~(^^♪    記念撮影をして、早速ランチタイム。
私どもは昨夜の栗ご飯のおにぎり。「なかなかしないのよねぇ~」で交換。おかずもお互い手を伸ばして分け合って食べます(^^ゞ
見る見るうちに大勢の方が~~。山口の長門から来た団体さんです。
山頂でこんなにたくさんの方に会うのは、滅多にありません。いつも平日登山が多いので・・・・
e0164643_2285045.jpg

e0164643_2292189.jpg

山頂でゆっくり休憩した後は四方台から大平山方面への急坂を下って、小穴の横を通ってのミニ周回コースです。出発点の園地に着きましたが、ここも団体さんが休憩中でした。

吹く風も心地よく、散策するのに丁度良い平尾台・貫山。人も車もいっぱいでした(^-^)

センブリはまだまだ蕾が多く、これからですね~  ナンバンギセルがまだありましたよ~

e0164643_22224632.jpg
e0164643_2223499.jpg

ヒメヒゴタイがもう咲いていましたよ~~☆
e0164643_22265365.jpg

明日からお天気が崩れるというので、2日にかけて英彦山、平尾台のお庭巡りをしてきました。
10月になると、また秋のお花を探しに歩くつもりで~す。
by nobucyansyuncyan | 2009-09-27 22:34 | 平尾台 | Comments(2)

久しぶりに英彦山へ

78回目:9月26日(土)     英彦山     天気:晴れ      2名
ルート:別所駐車場(9:55)→奉幣殿(10:15)→中岳(11:44~12:25)→
     別所駐車場(13:50)

7月7日以来の英彦山です。 久しぶりのお庭散歩です~~

11月3日には「炎と太鼓の祭典」が催されるようです。
奉幣殿への石段、いつもきついですねーー
e0164643_21541931.jpg
e0164643_21545765.jpg

産霊神社の手前で顔なじみのSさんにお会いしました。
「今日はお一人ですか?」「みんなどこに行ったんだろうねぇ~、誰にも会わなかったねぇ~」
山頂も15人ほどで静かでした。
e0164643_22105465.jpg

バードウォッチングコースを下山し、奉幣殿裏の道を別所駐車場へと戻りました。
いつもは何気なく通り過ぎるのですが・・・・・
e0164643_22195497.jpg

キンモクセイも満開で、いい香りが漂っていました。ベニバナボロギクです。
e0164643_22224861.jpg
e0164643_22231376.jpg

いつもの場所にアケボノソウが咲いていましたが、本数は少なかったような・・・・
by nobucyansyuncyan | 2009-09-26 22:32 | 英彦山系 | Comments(0)

山陰の山旅

3日目
77回目:9月21日(月)    川床~船上山縦走     天気:晴れ     2名
ルート:川床(7:10)→岩伏分れ(7:47~7:52)→大休峠・1112m(8:47~8:52)→
     矢筈ヶ山・1358.6m(9:47~9:52)→小矢筈ヶ山(10:17~10:20)→甲ヶ山・
     1338m(11:14~11:24)→昼食(11:35~12:00)→勝田ヶ山・1210m(12:
     25~12:31)→船上神社・815.6m(13:52~13:55)→千丈のぞき(14:10~
     14:22)→東坂登山口(14:45)

昨夜、相方さんと話し合った結果、縦走はしたいけど下山後の足の確保が問題・・・?
下山後、車のところまで歩いて帰るには約13.5キロ。大変だぁ~~
行けるところまで行って、時間を計算して、あと戻るか~~??

登山口の川床で携帯でタクシー会社に電話すると、通じました~~
15時ごろ、東坂登山口に来てもらうよう手配をしました。これで縦走ができます(^O^)/

岩伏分れで香取方面から来られたご夫婦の方と大休峠までご一緒しました。
自分たちは矢筈ヶ山までのピストン。小矢筈ヶ山の登りが怖いーー、そのあとの甲ヶ山の前後の岩場が・・・と話されます。一応、本やネットで情報は仕入れていますが・・・・??   大丈夫だろうか~~

岩伏分れから大休峠までは石畳の道が続きます。ブナがきれいです!!e0164643_2118549.jpg
e0164643_21194212.jpg

e0164643_21221867.jpg

大休峠に到着。避難小屋があります。中を覗くときれいです。会の山行計画ではここに宿泊予定だそうです。
e0164643_21262063.jpg
e0164643_21263971.jpg

大休峠からは急登が続きます。途中で見かけたブナの木です。芸術作品ですねぇ~
e0164643_21305623.jpg
ほぼ予定通りに矢筈ヶ山(やはずがせん)に着きました。問題はここからですねぇ~
e0164643_2136481.jpg

石鎚山の天狗峰みたいです。昨日の烏ヶ山も見えています。
e0164643_21375142.jpg
e0164643_2139265.jpg

先ほどのご夫婦は「気を付けなさいよ」。
「はい、無理はしません。危ないと思ったら引き返します。」で行動食をお腹に入れ、気合を入れて出発です。

無事、クリア~~。小矢筈ヶ山の山頂で手を振りました。

矢筈ヶ山と小矢筈ヶ山をバックに
e0164643_2147281.jpg

甲ヶ山(かぶとがせん)への登りです。
e0164643_21502649.jpg

甲ヶ山と勝田ヶ山(かつたがせん)の間にある通称「ゴジラの背」です。本によると50~60mぐらいあるそうです。石の上を歩いたり、越えたりと注意深く、足場を探して無事、通過~~
e0164643_21584310.jpg

私たちが渡るとき、待ってくれていたグループの方が歩き始めました。今日は山頂標識を設置するために来られたそうです。ご苦労様です<(_ _)>
e0164643_224962.jpg

e0164643_22154424.jpg大きなブナの木がありました。

そろそろ紅葉も始まっています。ナナカマドの赤い実が青空に映えます。
e0164643_22122834.jpg

e0164643_22125651.jpg下調べによると、船上神社を過ぎてから「千丈のぞき」といって岩上から屏風岩が見えるところがあるそうで、15時までに間に合いそうなので行ってみることにしました。
ぐんぐん下ります。「まだ下るのかねぇ~」と話していたら目の前が開け、テラスになっています。
いい眺めでしたけど、登りがきつかった~~(>_<)



e0164643_2250316.jpg

14時45分に東坂登山口に到着し、15時予約のタクシーにも間に合いました。
ここ、船上山は後醍醐天皇にまつわる史蹟が多いですね。
e0164643_22442632.jpg

入山地の川床に無事、帰りつきました。タクシー代は3740円か3760円だったようで、チップも入れて4000円支払いました(^^ゞ
大山寺に移動して「大山館」でお風呂に入って、今日一日の汗を流し、さっぱりとしたのですが、溝口I・Cから入った米子自動車道は渋滞真っ只中ーー   前に進みません(>_<)
渋滞中に撮った伯耆大山です。烏ヶ山も・・・小さく見えてます。
e0164643_2372727.jpg


この3日間、お天気に恵まれ、高速代も3000円。走行距離約1200キロでした。

三瓶山は私は2回目ですが、あとは全部お初の山でした。相方さんは全部お初^^

楽しい、少しハードな山陰の山旅でした。
by nobucyansyuncyan | 2009-09-24 23:21 | 中国地方の山 | Comments(0)

山陰の山旅

2日目・9月20日(日)午後の部     烏ヶ山(1448m)
ルート:鏡ヶ成国民休暇村駐車場(12:15)→登山口(12:20)→南峰(13:50)→烏ヶ山
    (14:00~14:30)→駐車場(15:50)

岡山県新庄から烏ヶ山の登山口がある鳥取県の鏡ヶ成へ移動です。
移動中の伯耆大山と烏ヶ山です。
e0164643_11115817.jpg

だんだん、お山が近づいてきました。大山も雲が退き、きれいに見えています。
e0164643_11163669.jpg

e0164643_11291696.jpg鏡ヶ成国民休暇村に車を停め、芝生の上で昼食です。

昨日の夜、作ったいなり寿司です。

ここも行楽の家族連れで賑わっていました。マツムシソウが満開~~







e0164643_11342041.jpg
e0164643_11312562.jpg
崩落場所は山頂までに2ヵ所あるようです。気をつけて~~

登山道は笹漕ぎの連続ですーー 
けどよく歩かれているようで、踏み跡はしっかりとしています。テープも付いています。
e0164643_1140473.jpg

ロープの付いた岩を乗り越え、(この岩は滑りやすかった)
e0164643_11411063.jpg

南峰手前の崩落場所です。ホソバノヤマハハコがたくさん咲いていました。
e0164643_11441777.jpg

南峰から見た大山と烏ヶ山の山頂です。
e0164643_11453974.jpg

ここにもロープが付けられていました。ここは登りにくかったですね~
e0164643_11474040.jpg

烏ヶ山の山頂に到着です。イルカのような特徴のある岩です。
e0164643_11515345.jpg

そのイルカの背に乗って、大山をバックに~(^^♪
e0164643_11522354.jpg

展望を楽しみ、少し探検をして山頂で30分ほど過ごし、下山です。
新小屋峠への道もありますが、明日のコースの登山口の確認などがありますので、ピストンで下りました。

入山禁止を覚悟で登りましたが、やはり気の抜けない山歩きでした。

けど、展望は素晴らしかった\(^o^)/

10月の会の山行で川床~船上山の縦走があり、リーダーさんが交通機関の心配をしていましたので、下山後、「船上山自然の家」の場所や登山口の確認、登山口から川床までの距離などを調べながら、大山寺の下山キャンプ場の駐車場へ~~

車はほぼ満杯。何とか場所を確保して夕飯を済ませ、明日のコースの話し合いです。
by nobucyansyuncyan | 2009-09-24 12:23 | 中国地方の山 | Comments(0)

山陰の山旅・・毛無山、白馬山

2日目・午前
76回目:9月20日(日)  毛無山(けなしがせん)・1218m、白馬山(はくばせん)・1060m 
     天気:晴れ    2名
ルート:田浪集落・登山口(7:15)→毛無山(8:40~8:52)→白馬山(9:32~9:41)→
     登山口(10:25)

丁度一年前、東京のグループとの大山登山があり、夕方大山寺の駐車場に集合予定でしたので、その前にどこかの山へで、本で探したのが烏ヶ山。ネットで調べると平成12年の鳥取県西部地震で崩壊しており、入山禁止。役場に問い合わせると自己責任で登っている人はいるが、やはり・・・・・とのこと。

そして勧められたのが毛無山。ブナ林のとてもきれいな山だとのことです。その時は毛無山へは行かず、中蒜山、上蒜山に登りました。
けど、やはり烏ヶ山に登りたい!!  自己責任の名の下で・・・・ 
それで今回、午前中に毛無山。移動して午後に烏ヶ山の計画をたてました。

道の駅「メルヘンの里新庄」を出発して、田浪の登山口へ。
毛無山は鳥取県側の俣野からと岡山県側の新庄からがあるが、今回は周回出来る岡山県からのコースで歩くことにしました。

登山口へ向かう途中、女滝と不動滝を観る。
e0164643_22591330.jpg
e0164643_22594240.jpg

登山口には毛無山ビジターセンターが建てられており、トイレも完備していました。
e0164643_2334311.jpg

ブナ林がとってもきれい!!  そして荒れていない!!
倒れている木が見当たらない~~☆
e0164643_2383256.jpg

登山道の様子です。木の根っこが張り出しています。

e0164643_23114523.jpg
毛無山の山頂です。大山は今日も雲が蔽いかぶさっていますーー
e0164643_23143234.jpg

白馬山への縦走路へ少し下ったところにカタクリ広場がありましたが、今は葉も残っていませんので、どの位のカタクリの花が咲くか全くわかりませ~ん。山口の寂地山と同じ位かな??
縦走路のブナ林もきれいでした。
e0164643_23204154.jpg

毛無山・山の家です。茅葺きの趣きのある家で「どうぞ休憩してください」とポットにお湯も入っており、湯のみも用意していました。田浪の方の毛無山とその登山者を大事にする心が伝わってきました。
e0164643_23272560.jpg


午後の部は明日へ~~
by nobucyansyuncyan | 2009-09-23 23:40 | 中国地方の山 | Comments(0)

山陰の山旅・三瓶山

世間ではシルバーウィークで5連休。

我が家はサンデー毎日の身ですが、21歳を過ぎた猫がこのところ眼も耳も悪くなり(歳ですので・・・)、あっちでゴツン、こっちでゴツン(>_<)   心配ですぅーー

けどお天気がいいので娘に留守番をお願いして、山陰へと出かけてきました。

18日の夜、9時過ぎに我が家を出発。東九州~九州~中国自動車道を走り、三次まで。

1日目
75回目:9月19日(土)      三瓶山      天気:晴れ     2名
ルート:西の原(8:02)→分岐(8:20)→峠(9:02)→子三瓶山・961m(9:30~9:37)→
    風越(9:52)→孫三瓶山・907m(10:06~10:22)→大平山・854m(10:51~10:
    58)→女三瓶山・957m(11:19~11:46、昼食)→兜山通過→男三瓶山・1126m(
    12:40~12:52)→分岐(13:52)→西の原(14:07)

e0164643_16151261.jpg


道の駅「頓原」で仮眠。R54・R40を経由して「西の原」の「定めの松」横より登山開始。e0164643_155693.jpg
e0164643_15583765.jpg



クロスカントリーのコースなどあり、きれいに芝が植えこまれた道を歩き始め、少し行くと男三瓶山と峠への分岐となる。右の峠への道を進むが「熊注意」の看板が・・・・・
九州の山では鈴は鳴らさないが、今回はザックにちゃんと取りつけています^^
笹を漕いで進むのですが、何となく怖い~~
e0164643_1682664.jpg
e0164643_168595.jpg

キバナノアキギリ、ヤマハッカ、アキチョウジ、マツモトセンノーなどの花が咲き、風の通らない谷筋と道を汗をかきながら進むとやっと峠に着きました。左は男三瓶への急登です。右へと行き、赤雁山を巻いて子三瓶へと進みました。子三瓶から孫三瓶へ~~
e0164643_1624711.jpg

大平山から眺めです
e0164643_16284165.jpg

女三瓶への途中で「東の原」の登山口への道があります。ここはリフトがあり、「室の内」散策コースなどがありますので利用して上がってくる方もいます。
e0164643_16373796.jpg

鉄塔の林立する女三瓶で昼食タイムです。出発するころ、30人ほどの小学生が父兄の方々と男三瓶の方から到着しました。我々も頑張らねば~~  振り返ってみた女三瓶です。
e0164643_16425510.jpg

後は男三瓶を残すのみ。標高は一番高くて1126mです。山頂手前の小屋は老朽化で閉鎖されていました。
e0164643_16463061.jpg

男三瓶山の山頂で記念撮影です^^
e0164643_16502266.jpg

ガスってきて分厚い雲も出てきて空模様が怪しくなりました。大山は全く見えませんーー
e0164643_179169.jpg
e0164643_171065.jpg

e0164643_17104064.jpg
e0164643_17111511.jpg



明日の登山口への移動がありますので、早々に下山です。下界はい~い天気です。芝生で子供たちはかけっこなどして遊んでおり、親御さんたちは寝ころんでのんびりとしていました~

国民宿舎「さんべ荘」で入浴を済ませ、さっぱりとして、今晩の宿道の駅「メルヘンの里新庄」へと移動です。
by nobucyansyuncyan | 2009-09-23 17:12 | 中国地方の山 | Comments(0)

障子ヶ岳(英彦山系)へ

74回目:9月14日(月)    障子ヶ岳(948m・896m)    天気:晴れ    2名
ルート:玉屋神社登山口P(9:26)→岳減鬼峠への分岐10:05)→林道歩き→障子ヶ岳登山
    口(10:28~10:34)→障子ヶ岳山頂・948m(10:55~11:00)→障子ヶ岳三角点・
    896m(11:17~11:25)→昼食(11:30~11:55)→障子ヶ岳登山口(12:30)→
    分岐(12:55)→林道経由→駐車地点(14:30)

皆さんのH・Pでのアケボノソウの開花の情報を見て、もうそろそろ咲いているかな?と英彦山系の障子ヶ岳へと行って来ましたが、結果としてはまだ早かった・・・・・です。

車はしゃくなげ荘の前を通り、英彦山大権現も通り過ぎて玉屋神社への入り口に停めて、今日は障子ヶ岳へ。
e0164643_1055508.jpg

e0164643_1059753.jpg
e0164643_1121316.jpg
e0164643_11545799.jpg

e0164643_1245041.jpg川を渡って対岸へ。植林の中を黒岩山への標識を過ぎ歩いて行くと、岳減鬼登山口・深倉園地への分岐に出ます。
「3年前は大南林道をこんなに歩いたのかねぇ~」と話しながら、やっと障子ヶ岳の登山口に到着しました。
前の時はこの林道の道筋のアケボノソウが満開でしたけど・・・・


急登を登り、開けたところから英彦山の中岳のお社と南岳が見えました。山頂に到着。
e0164643_11152619.jpg

e0164643_11185476.jpg地図を見ると尾根上に三角点があるので、前回と同じく三角点のある地点まで。

e0164643_11233267.jpg









三角点にタッチする相方さんです。
e0164643_11241750.jpg
e0164643_11352619.jpg

e0164643_11362387.jpg
e0164643_11364278.jpg


今日会いたかったアケボノソウです。あとはオニルリソ(?)、オタカラコウ。

下山は元来た道を通りますが、分岐から「何かお花がないかなぁ~」で林道をテクテクと歩きました。やはりアケボノソウはまだまだ蕾。ツルリンドウを見かけましたが、写真はボケてました(^_^;)

アケボノソウの株も少し少なかったように見受けました。道も荒れていましたので、雨で流されたのでしょう・・・・・

帰りの車中からの障子ヶ岳です
e0164643_11492299.jpg

by nobucyansyuncyan | 2009-09-15 12:13 | 英彦山系 | Comments(2)

山口県の山、陶ヶ岳~火の山~亀山縦走

73回目:9月7日(月)  ミニ八ヶ岳・・・岩屋山(218m)、北Ⅲピーク、陶ヶ岳(230m)、
     北Ⅰピーク、火の山(303.6m)、梅ノ木山(280m)、遠下山(250m)、亀山
     (300m)       天気:晴れ      4名
ルート:陶ヶ岳登山口駐車場(9:30))→潟上(かたがみ)中学校横(9:50)→鯨岩(10:15
    ~10:22)→岩屋山(10:40~10:47)→陶ヶ岳(11:25~12:12)→火の山(13:
    03~13:20)→梅ノ木山(13:34~14:37))→亀山(14:22~14:30)→セミナー
    センター(15:00)→出発地駐車場(15:30)

S・TAROUさんより「7日は凧さんとの山行で、ミニ八ヶ岳と呼ばれている陶ヶ岳~火の山縦走に行きませんか~」とのお誘いで、ご一緒させていただきました。

今日も抜けるような真っ青な空、暑くなるだろうな~と水分を余分に用意する。

ETCの通勤割引を利用して、高速代は半額でした(^^ゞ

陶ヶ岳登山口である松永周甫薬草園跡の駐車場に 9:30 集合でしたが、その時間には出発OKでした。久しぶりに凧さんとご一緒します。

e0164643_21474642.jpg
e0164643_21495279.jpg










潟上中学校横からの登山道を歩き始めます。入口に(陶来楽夢山歩登山口)とありますが、何と読むのだろう、わかりません??  帰ってからネットで調べました。どうも(すくらむ)と読むようです。

歩き始めの道は湿地帯で「ミミカキグサ」がたくさん咲いていました。平尾台でサギソウと一緒に咲いているのを見かけましたので、ここにもサギソウはないかと探しましたがありませんでしたーー

この道はこの時期はあまり歩かれてないようで、シダが生い茂り、足元に気をつけると顔にクモの巣がべたー・・・ (>_<)   ストックで払いながら、の歩きでした。
e0164643_2263611.jpg

鯨岩に到着。展望は抜群!! 田んぼか畑か分りませんが、きれいに碁盤の目のように区切られていました。
e0164643_22381875.jpg

(北Ⅳピーク)の岩屋山へは大展望岩を通らずに直登コースをあえぎながら登りました。

e0164643_22313645.jpg
(北Ⅲピーク)の展望地で岩屋山西斜面の岩場を眺め、(北Ⅱピーク)の陶ヶ岳はついうっかりして縦走路は通らずに小屋がある「肩の広場」に来てしまいました。ここは2回ほど岩登りの練習(?)で来ました。

凧さん達を早速岩場へと案内しました。この陶ヶ岳は「山口県岩登り発祥の地」だそうで、国体ルートなどいろんなルートがあるようです。

岩登りは少しかじった程度なので、グレードとかは全くわかりません???





陶ヶ岳で昼食タイム。久しぶりに凧あげを見られるかな? 
風が弱くて、すぐに下りてきます。5~6回トライしますが、高~くは上がりません。残念。。。
e0164643_22433787.jpg

e0164643_2252176.jpg陶ヶ岳の山頂でのS・TAROUさんです。    すごく高度感があるでしょう!!

(北Ⅰピーク)を過ぎ、火の山への縦走路を歩きますが、この頃よりなかなか足が進みませんーー

火の山の山頂で「このまま下りましょうか?の提案がありましたが、「もう少し頑張りましょう!」と返事をして・・・・
展望を楽しむふりをして休憩(^^ゞ

(南Ⅰのピーク)の梅ノ木山で凍らせた麦茶のペットボトルをナイフで半分に切り、氷をガリガリ。体温が上昇しているので冷やします。  生き返りました!!

(南Ⅱのピーク)の遠下山を何とか歩き、(南Ⅲピーク)の亀山にやっと着きました。ここでまた凍ったペットボトルの登場です。すると凧さんが折りたたみの鋸をザックから出しました。 切れ味抜群。 4等分にします。

凧さんのザックは「ドラエモンのポケット」です。 カイト・鋸などが出てきます。 次回は何が出るか楽しみです(^^♪

亀山の山頂からの眺望は抜群でした!!  由布岳が見えています。その左手にあるのは国東の山のようです。島は姫島だと思いますが、見えます。

少し戻り、亀山セミナーパークコースで下山です。車道を歩いて出発点の駐車場へと戻ります。途中コンビニがあり、足はそちらの方へ・・・・   皆さん水分補給です。
e0164643_23363629.jpg


今回のお山です。低山とはいえ、暑くてきつかったです。。。。
e0164643_2339822.jpg


本当は仁光寺コースを下りて縦走を完走したかったでしょうが、やはりこの時期、長い車道歩きはこたえます。涼しくなったら再挑戦!??
by nobucyansyuncyan | 2009-09-10 23:48 | 中国地方の山 | Comments(2)

由布岳・お鉢廻り

72回目:9月4日(金)    由布岳(1584m)   天気:晴れ     4名
ルート:正面登山口(8:56)→合野悦(9:37~9:47)→またえ(11:07~11:12)→
    西峰(11:32~11:36)→昼食(11:49~12:25)→東峰(13:20~13:35)
    →またえ(13:46)→合野越(14:42~14:47)→正面駐車場(15:20)

9月の半ばに後立山連峰の縦走に行く山友が「どこかに連れてって~」で岩場のある山で、
お花もそろそろ「トリカブト」が咲いているのでは~で由布岳になりました。

正面登山口は平日でもありますし、空いていました。
山頂はガスがかかっていましたねー   朝の由布岳の様子です。
e0164643_22283093.jpg

すすきもエビ色になっており、山はもう秋ですね~
e0164643_22314816.jpg

合野越を過ぎ、またえに到着。障子戸の岩場があるので、行動食を少し食べて腹ごしらえ。
幸いに降りて来る方はいないようです。ここは離合ができませんからねぇ~
e0164643_22371955.jpg

これから取りつきにかかる俊ちゃんです。
e0164643_22404832.jpg

久しぶりにこのメンバーでの山行でしたので、西峰の山頂で記念撮影。
e0164643_2259212.jpg

2年前の9月、高瀬ダムからの烏帽子岳~野口五郎~水晶~鷲羽~三俣蓮華~双六~笠ヶ岳とこのメンバーで歩いてきました(^O^)/  展望は素晴らしかったですよ~~

西峰のいつものところにトリカブト、オタカラコウが咲いていました^^
ちょうど花期もよかったようで・・・・・
e0164643_2303322.jpg

花畑でランチタイム。山では何を食べても「美味しい!!」

これからはザレ場を通って、いよいよミニミニキレット。気をつけて通過しましょう(^^ゞ


東峰に着きました~。今日は風もないし、「あの岩に登ろう」でバンザ~イ

e0164643_23111290.jpg
e0164643_23143381.jpg


e0164643_2321321.jpg

e0164643_23214983.jpgホソバノヤマハハコやホクチアザミ、アキノキリンソウなどのお花も見かけました。

オオマルバノテンニンソウとホタルブクロ、フウロです。








e0164643_23292745.jpg


下山時は由布のお山がきれ~いに見えています。

真っ青な空、心地よい風、心が洗われます^^
by nobucyansyuncyan | 2009-09-09 23:38 | 大分県の山 | Comments(0)

貫山へ

71回目:9月1日(火)    貫山      天気:晴れ     2名
ルート:吹上峠(9:48)→大平山(10:30)→四方台(11:10)→貫山(11:44~12:11)
    →湿原(12:40~13:00)→大平山(14:08)→吹上峠

久しぶりの更新です(^^♪
パソコンの調子が悪く、新しくなったのはいいのですが、機械に振り回されています。
頭がなかなかついていきませ~ん(>_<)

お友達からは「どこにも行ってないの~、どこか具合が悪いの~」の☎
少しづつ慣れてきました。

あまりにお天気がいいので、家事を手早く済ませて平尾台へ花散策に出かけてきました。
吹上峠の駐車場から出発です。我々の車を含めて、3台です。
大平山から見ると茶ヶ床園地はたくさんの車が停まっています。

さぞかし貫山の山頂は多いのでは・・・・・???

山頂までにお会いしたのは5人ほど。後から2人が登って来られましたが、それまでは貸し切りでした。

林道を通り、湿原へ~。サギソウがまだまだ元気に咲いていました(^O^)/

中峠を経て、大平山への登り返しはきつかったですね~
気温の一番高い時間帯。私たちの「平尾台スタイル」でも、照り返しで・・・・・・暑い!!
e0164643_14395249.jpg

e0164643_1441244.jpg

e0164643_14423142.jpg

平尾台はもう秋の気配が・・・・   栗のイガも痛そうでした~~
e0164643_14453970.jpg

by nobucyansyuncyan | 2009-09-09 14:47 | 平尾台 | Comments(1)


信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
英彦山系
平尾台
福岡県の山
大分県の山
大分・国東の山
佐賀県の山
長崎県の山
熊本県の山
宮崎県の山
鹿児島県の山
北アルプス
中央アルプス
南アルプス
白山
中国地方の山
上州・関東の山
北海道の山
東北の山
近畿の山
四国の山
山の想い出
山歩き
お花

出来事
旅行
国土地理院
歴史散策

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

リンクサイト

フォロー中のブログ

気まぐれ散歩
そうだ!山に登ろう
関西の山の週末山登り日記
行けるとこまで
山が呼んでる
山馬鹿日記
Haruの気まぐれ日記
S・TAROUのブログ
じなしの山歩記と国東半島...
休日の山登り
風来坊のアウトドアライフ
山に癒されて
山野草に癒されて

最新のコメント

へこさん、こんにちは。 ..
by 豊津の信ちゃん at 13:52
信ちゃん、おはようござい..
by へこさん at 06:40
風来坊さん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 21:30
信ちゃん、こんばんは! ..
by 風来坊 at 17:30
へこさん、こんばんは。 ..
by 豊津の信ちゃん at 23:01
今晩は。 皆さん、準備..
by へこさん at 22:25
ポンちゃん、こんにちは。..
by 豊津の信ちゃん at 10:30
けいこたん、有り難うござ..
by 豊津の信ちゃん at 10:20
はまちゃん、こんにちは。..
by 豊津の信ちゃん at 10:15
こんばんは テントは、..
by ポンちゃん at 22:11

検索

記事ランキング

ブログジャンル

登山
九州

画像一覧