信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:宮崎県の山( 37 )

アケボノ咲き乱れる大崩山へ

「美人の湯」の第二駐車場にて朝を迎えました。

朝食を食べている最中も車がどんどん登山口へと行っています。

今日は山頂へは行かず、りんどうの丘経由でアケボノツツジを堪能する、と言うコース設定です。

41回目:4月27日(月)      大崩山     天気:晴れ     5名
ルート:登山口(6:50)→大崩山荘(7:30~7:35)→分岐(7:53)→渡渉→
    袖ダキ(9:21~9:32)→乳房岩(9:42~9:46)→下ワク(10:22~10:32)
    →中ワク(10:45~11:0)→上ワク(11:40~12:03)→りんどうの丘
    (12:23~12:59)→小積ダキ(13:36)→象岩(14:05)→林道分岐
    (15:18~15:27)→渡渉(15:56)→大崩山荘(16:02)→登山口(16:28)

e0164643_15353220.jpg


丁度一年前に、宇土内谷から大崩山は登っています。今回御一緒のミーコさん御夫婦、ミラさん御夫婦と。

今回の祝子川からのコースは2010年11月以来です。この時は剱岳・源次郎尾根への訓練山行。

大きな山です。5年の月日。体力は下山まで持つかなぁ~~^^ゞ

e0164643_15362636.jpg


登山口にて今回御一緒してくださる緒方氏が登山届けを提出して、さぁ出発です。フジツツジが出迎えてくれます。
e0164643_15461444.jpg


大崩山荘のところの分岐を三里河原方面へ。ロープを伝ってトラバース。次の分岐は湧塚方面へ。
e0164643_15534940.jpg


渡渉地点からの展望です。
e0164643_15564588.jpg

e0164643_15574120.jpg


水がきれいですねぇ~♪  いつまでも眺めていたいのですが、まだまだ序の口。先へと進みます。

これから梯子やロープが次々と出てきます。

袖ダキに到着。ここからの大崩山の岩峰は特に素晴らしい!! 今日は青空。申し分ありません(^O^)/
e0164643_1671227.jpg


真向かいの小積ダキです。アケボノツツジが咲いているのが見えますねぇ~~
e0164643_1643243.jpg


乳房岩へと寄り道。以前、ここでたくさんのササユリを見たのですが、今年はどうなんでしょうかね。

下ワクに到着。(前のグループの方々です)
e0164643_16205515.jpg


そして中ワクへ。岩峰歩きですのでプチ渋滞。ここでしばらく休憩です。上にあがります^^
e0164643_16235016.jpg

e0164643_16243442.jpg


きつい登りが続きます。アケボノツツジに癒されています^^
e0164643_16374260.jpg


上ワクの広場に到着。空身で岩峰に上がります。7日廻りの岩峰が見えています。
e0164643_1638760.jpg


今度いつ来れるか分らない(もう来れないかも~)、ゆっくり景色を堪能!!
e0164643_16414351.jpg


分岐(12:15)より、りんどうの丘へと行き、ここで昼食タイム。
e0164643_16445994.jpg


e0164643_16495070.jpg


ここから小積ダキの間にとってもお気に入りのところがあるんです。もうそろそろ~と思っていたら、緒方氏も思いは同じなんでしょうね。早速撮影タイムの始まりです。
e0164643_16482286.jpg

e0164643_16485723.jpg


小積ダキに寄り道。この後通過する象岩です。
e0164643_16545323.jpg


象岩をトラバース。ワイヤーがありますが、この下は奈落の底です。要注意。
e0164643_16564255.jpg


梯子場、ロープ個所と数え切れないほど通り、一番要注意の箇所です。
e0164643_16583480.jpg


途中、見かけたお花です。ヒカゲツツジもありました。それとワチガイソウも~
e0164643_1701657.jpg


今日はずーと新緑に眼を癒されました。昨日のお山は阿蘇の噴煙で、歩くたびに埃が舞っておりました。
e0164643_173062.jpg


無事に下山。登山届けに書き込みをする緒方氏。記念に一枚。
e0164643_1753458.jpg


今回、宮崎県の山に精通した緒方氏との同行で、とっても心強く、楽しい山歩きが出来ました。

お忙しい中、私どもにお付き合いいただきまして有難うございました<(_ _)>

まっちゃん、楽しかったですよ~~    またお誘いくださいね~~♪

今回のGPSの軌跡です。
e0164643_1710654.jpg

by nobucyansyuncyan | 2015-05-03 17:17 | 宮崎県の山 | Comments(6)

三尖~黒岳~親父山周回

四季見原キャンプ場のコテージで清々しい朝を迎える。今日もいい天気です^^
昨日、午後から登った玄武山も見えています。

今日御案内していただける緒方氏も到着され、登山口へ移動します。登山口には1台駐車していますが、我々が置くともう外の方が置けないので、荒れた林道を詰め、親父山登山口の前の空き地に置く。
e0164643_16141024.jpg


40回目:4月26日(日)    三尖~黒岳~親父山周回    天気:晴れ    12名
ルート:駐車地点(7:45)→登山口(7:53)→三尖(8:59、9:10、9:46)→黒岳
    (10:02~10:18)→親父山(11:00~11:06)→障子岳(11:32~12:10、昼食)
   →親父山(12:34~12:40)→展望岩(13:05~13:12)→分岐→親父山登山口(14:02)

林道を歩き、三尖の登山口へ。枯れたスズタケの急登です。息があがります。
e0164643_16305056.jpg


e0164643_16312845.jpg


阿蘇山の噴煙が高千穂方面へ。降灰注意報が出ています。落ち葉に灰が積もっています。
e0164643_16345815.jpg


三つのピークの三尖(1474m)、黒岳(1578m)の山頂です。
e0164643_16411831.jpg


アケボノツツジが咲き誇っていますね。
e0164643_16431930.jpg

e0164643_16442563.jpg


黒岳の展望所で一休み。岩場を越えてえ親父山(1644m)へ。B-29の墜落現場を過ぎ、障子岳(1703m)へ。
e0164643_16515668.jpg


障子岳では偶然に山友のなっちゃんにお会いしました~~♪  展望所でランチタイム^^

さて親父山へと戻ります。そこからは「ツーチャン新道」を歩きます。

親父山にて記念撮影。祖母山も随分行ってませんねぇ~
e0164643_1657788.jpg


下山路もアケボノツツジ、ミツバツツジが・・・  シャクナゲは今年はやはり裏年なんでしょうかね。
e0164643_1659811.jpg

e0164643_16593664.jpg

e0164643_170099.jpg


無事に下山。昨年この反対コースを歩きましたが、どちらから歩いてもきついですね。

玄武活性化センターにて解散式。宮崎のグループは今日帰られますが、サスケ&ミーコさん御夫婦と私どもは緒方氏の案内で翌日の山へと移動です。

高千穂の温泉で降灰や汗を流し、チキン南蛮発祥の地・延岡で美味しいチキン南蛮をいただきました。

17時過ぎに着きましたが、もう並んでいましたね。とっても柔らかくて美味しかった~~(^O^)/
e0164643_1710958.jpg


今日のGPSの軌跡です。
e0164643_1710593.jpg


さて緒方氏は大崩山を御一緒していただけるということで、祝子川(ほうりがわ)の「美人の湯」のしての駐車場へ。

同じ思いの方が多いのでしょうね。駐車場もだいぶ埋まっていました。

美人の湯で生ビールで今日の山歩きを乾杯!!  明日はロングコース。  がんばろう!!
by nobucyansyuncyan | 2015-05-01 17:20 | 宮崎県の山 | Comments(6)

赤川浦岳・玄武山

白のアケボノツツジを愛でましょう!!・・・今回の赤川浦岳(あかごうらだけ)のテーマです^^
e0164643_134539.jpg


阿蘇から待ち合わせ場所の「玄武活性化センター」へと移動です。今日も良いお天気のようです(^^♪
e0164643_13474961.jpg


9時集合ですが、8:30には皆さん集合です。トイレをお借りして登山口へと移動します。

39回目:4月25日(土)    赤川浦岳(1231.9m)    天気:晴れ    12名
ルート:登山口(9:15)→赤川浦岳(10:22~10:27)→展望所(10:45~11:00)
     →登山口(11:29)

翌日登る親父岳登山口を左折し、赤川浦岳の登山口である黒原越へ。

準備を済ませ、出発です。簡単登山と言うことで、相方さんの荷物はお茶とカメラのみ。
e0164643_1485640.jpg


白のアケボノツツジがあると言う展望所には帰りに寄るとのことで、先ずは山頂へ。

今季初めてのアケボノツツジですので、足が止まり、撮影タイムが続きます。12名ですので撮影も順番待ちです。
e0164643_14134289.jpg


e0164643_14143698.jpg


お初の山頂です。赤川浦岳は宮崎百山の一座ですね。

下山は展望所へと立ち寄ります。狭いので2組に別れて白のアケボノさんを眺めます。
e0164643_14205791.jpg


オオカメノキ、シャクナゲ(数が少ない)、ミツバツツジが登山道を華やかにしてくれています。
e0164643_14254571.jpg


予定通り、お昼前には下山。登山口の木陰で昼食タイム。

さて、これからどうしよう。今日宿泊場所の四季見原キャンプ場へ行くにはまだ時間的に早い・・・

もう一座登ろうか、と言うことになりまして玄武山へ。今日だけ参加のtetu-1&ミラさんとはここでお別れ。


最初の待ち合わせ場所の「玄武活性化センター」へ移動。

この山は2013年の9月10日にサスケさん夫婦と登っています。急登でした~~

ルート:駐車場(13:05)→登山口(13:20)→玄武城跡(14:25)→玄武山(14:38~14:48)
     →下山口(15:45)→駐車場(16:00)

e0164643_1501585.jpg


登山口までの舗装道の登りが一番きつかったですね。民家のサクラソウなどのお花に癒されながら~~

午後からの暑さは半端ではありませんでしたね(>_<)  きつかった~~

死亡事故があったところは進入禁止となっており、そのすぐ先に梯子が掛けられていました。

梯子を下り、ロープを伝ってトラバースし、山頂へ。先ほど登った赤川浦岳がよく見えています。

山中で見かけたお花。エビネラン、ギンラン、カノコソウ
e0164643_15134549.jpg


今宵の宿の四季見原キャンプ場のコテージへ。鍋を囲んで10名で賑やかに~(^^♪
e0164643_15151432.jpg


夕陽も沈んで行きます。 お天気もよさそう!!  明日も頑張ろう!!
by nobucyansyuncyan | 2015-04-30 15:30 | 宮崎県の山 | Comments(4)

韓国岳を徘徊

昨夜は早朝からの移動でお疲れモードだったのでしょう、一番呑み助の相方さんも早々とダウン。

全員6時前に起床し、ゆっくりコーヒータイムまで済ませ、7:30に山小屋を出発。

不動池の駐車場にてまっちゃんの同行の方と合流。今日は屋久島遠征のボッカトレとのことで大きなザックの方もいます。

60回目:5月25日(日)    韓国岳(1700m)    天気:曇り時々晴れ   13名
ルート:駐車地点(8:10)→硫黄山経由→分岐(8:26)→五合目(9:04)→九合目(9:30)
     →韓国岳(9:36~9:47)→徘徊→駐車地点(14:05)

硫黄山登山口より出発です。
e0164643_16312017.jpg


五合目(9:04)、 九合目(9:30)到着。  休憩タイム。雲海越しに市房山・石堂山が見えています。
e0164643_16365760.jpg


山頂での集合写真。岩壁にはヒカゲツツジがたくさん咲いていました。
e0164643_16384381.jpg


山頂からの展望です。高千穂の峰、いい姿ですねぇ~♪ 雲がかかっています。
e0164643_16424392.jpg


5分後、雲がとれました~♪
e0164643_1643386.jpg


さて、これからは徘徊中~~
e0164643_16443998.jpg


e0164643_1645031.jpg


e0164643_16452569.jpg


硫黄山付近のミヤマキリシマは丁度見頃でした。
e0164643_16482852.jpg


e0164643_16481424.jpg


今回、2日間にわたりスペシャルルートを御案内いただきましたまっちゃん、有難うございました<(_ _)>

奥さまもいろいろと準備してくださり、感謝、感謝です。

宮崎の山、まだ歩きたい処があります。また御迷惑をおかけするかもしれませんがよろしくお願いします。

いやぁ~楽しかった~  歩き応えのある山行でした。  感謝・感謝の言葉しかありません(礼)
by nobucyansyuncyan | 2014-05-27 16:56 | 宮崎県の山 | Comments(6)

宮崎の山へ、竜王山~矢岳

宮崎の山友「まっちゃん」よりミヤマキリシマ・ヤマツツジがそろそろ見頃かも~の御案内をいただきました。

私どもはお初の山です。桃源郷のツツジと炭化木を愛でる山旅とのことで、楽しみです!!

我が家は孫(小4)の運動会だったのですが、今回は山優先といたしまして~(^_-)-☆

桃源郷から眺めた高千穂の峰
e0164643_11265731.jpg


59回目:5月24日(土)   竜王山(1175m)・矢岳(1132m)  天気:晴れ   11名
ルート:登山口(9:05)→分岐(9:38)→桃源郷→炭化木→竜王山(14:24)→分岐(14:54)
     →矢岳(15:08)ピストン→登山口(16:03)

最初は高原I・Cを下りて高原駅8時に集合でしたが、遠方の我が家のために8:30集合となりまして。

皇子原の矢岳登山口へ移動。準備をしているとデポをしに行ったまっちゃん達が戻ってきました。

さて登山開始。新緑がきれい!  大きなキノコがデンと(@_@。
e0164643_11313472.jpg


グリーンシャワーを浴びながら進むと、セッコクが巻きつくように咲いています。
e0164643_11344022.jpg


そしてそれぞれ色合いの違うヤマツツじがお目見えです。
e0164643_11371686.jpg

e0164643_11372675.jpg


案内人の後を一生懸命ついて行きます。これから桃源郷へとのことです(^^♪

満開だったらツツジが滝のようだとのことですが、今年は少し遅れているようです。だけど言わんとすることはわかります。見事なことでしょう!!
e0164643_1145732.jpg


オレンジ、ピンク、赤と混ざり合って咲いています。
e0164643_11464393.jpg

e0164643_11465396.jpg


桃源郷のツツジをたっぷりと楽しんだ後は炭化木へと進みます。
e0164643_1149174.jpg


e0164643_1151968.jpg

e0164643_11514662.jpg


竜王山に到着。今日の暑さは半端ではありません。木陰で一休み。新鮮なフルーツが美味しい!!

同行のEさんから送っていただいた集合写真です。上が竜王山、下が矢岳です。
e0164643_1157077.jpg


竜王山から矢岳の縦走路はヤマツツジの庭園です。そしてツクシコウモリ、ミカエリソウの群生地。
e0164643_1241878.jpg

e0164643_1243340.jpg


下山時、見かけたのですがこれは何でしょうかね?1本だけありましたが・・・(右下)
e0164643_126269.jpg


急坂を転がるように下りて、無事下山。デポした車に乗り込み、出発地点の駐車場へ。

温泉で汗を流し、前回泊まった山小屋で宴会です(^^♪

明日も宮崎の山・徘徊が続きます(^_-)-☆
by nobucyansyuncyan | 2014-05-27 12:11 | 宮崎県の山 | Comments(8)

宮崎の山旅・・・⑥親父岳~黒岳~三尖

今回の山旅の最終日です。高千穂の道の駅より四季見原へと移動し、親父岳登山口に到着。

霧雨が降り、車中で天候待ちの方も居られます。

我々も~~とは思いましたが、登っている内に天気が回復するのでは・・・??と期待して。

52回目:5月1日(木)  親父岳・黒岳・三尖    天気:曇り時々霧雨   4名
ルート:親父岳登山口(7:35)→四季見原コースとの合流点(8:45)→展望台(8:54)
   →親父岳(9:31~9:40)→黒岳(10:35~10:40)→三尖(11:49~12:12、昼食)
   →三尖登山口(12:59)

登山口にある地図(石堂山でお逢いした日田のUさん御夫妻のお薦めコースを歩く)
e0164643_1675194.jpg


親父岳林道を進み、途中より右手へと入る。シャクナゲもちらほらと花を咲かせています。
e0164643_169989.jpg


登山口より70分ほどで四季見原コースとの合流点に着き、その先に大岩があります。
e0164643_16112727.jpg


フラットに進み、親父岳直下から急登です。山頂(1644m)は我々のみ。障子岳へピストンされた単独者、真っ直ぐに親父岳ルートを登って来られた御夫婦と少し賑やかになりました。
e0164643_16212550.jpg


サスケ&ミーコさんは親父岳は以前 直登コースを登られたとのこと。これからはお初の山。

我々は全くのお初~です。

黒岳へはロープの着いた岩場を2ヵ所ほど登る。濡れて滑り易いです。

お天気ならば祖母山などを横目に見ての絶好のロケーションなんでしょうが、何も見えません(>_<)

黒岳山頂(1578m)に到着。我々と逆コースの男性お二人が休憩中でした。
e0164643_1628896.jpg


アケボノツツジ、シャクナゲが咲き誇っていますが、本当に残念。今度リベンジで紅葉の頃にでも・・・
e0164643_1630194.jpg


三尖山頂(1474m)に到着。地図上の山頂は一つ手前のピークとなっています。

お初の山でミーコさん御夫婦とかんぱ~い!!
e0164643_1634121.jpg


これからは激下りです。やはり下りになると膝に負担がかかるのでしょう。ゆっくりと歩きます。

13時前に登山口に到着。駐車地点までは1分ほどです。目の前に見えています^^

ここでサスケ&ミーコさんとお別れ。三秀台経由で帰りました。

親父岳~黒岳~三尖周回コースのGPSの軌跡です。
e0164643_16415166.jpg


阿蘇・くじゅうで一休みして我が家へ。6日間よく遊びました。

お付き合いしていただいたミラさん御夫婦、ミーコさん御夫婦にはお世話になりました<(_ _)>

またよろしくお願いします。

宮崎の山を案内していただいた緒方さん、まっちゃん御夫妻にはこれまたお世話になりました。

とっても楽しい宮崎の山歩きでした。

最後にくじゅうで見かけたお花です。ヒゴイカリソウ、まだ間に合いました~♪
e0164643_1651835.jpg

e0164643_1651258.jpg

by nobucyansyuncyan | 2014-05-07 16:52 | 宮崎県の山 | Comments(10)

宮崎の山旅・・・⑤大崩山

私どもも今回の宮崎の山旅はほとんどお初です。大崩山だけは歩いています。

けどアケボノツツジを観るなら宇土内谷からがいいと聞いていますが、このルートはまだ歩いたことがありません。
e0164643_16551493.jpg

それでtetu-1&ミラさん夫婦がお初の山ですので、宇土内谷からのコースを選択。

鹿川渓谷の入口にミラさん号をデポ(4駆ではないので宇土内谷の登山口まではちょっと無理かな~)

我が家の車に乗り込み、駐車地点の確保で早朝出発。お陰で1・2番でした^^

朝食を食べ、出発。

51回目:4月30日(水)     大崩山(1644m)     天気:曇り     6名
ルート:駐車地点(6:42)→登山口(7:17)→鹿納分岐(8:59)→稜線分岐(9:14)
    →石塚(9:20)→大崩山(9:26~9:51)→上ワク塚(10:35~10:55)→昼食
    →稜線分岐(11:52)→鹿納分岐(12:13)→登山口(13:35)→駐車地点(13:54)

林道より登山口へ向けて歩きだすが、同行の方が「車の鍵をかけたかなぁ~?」

「気になる時は確かめに戻った方がいいですよ~」  かけ忘れていたそうでお互いに注意しましょうね。

e0164643_19571282.jpg


登り始めてから1時間ほどすると、もうアケボノツツジのオンパレード(^O^)/
e0164643_2038936.jpg

花・花・花で足が前に進みません^^
e0164643_20373474.jpg

ミツバツツジもまだた~くさんの蕾が付いています。
e0164643_20384984.jpg

鹿納分岐を過ぎ、一登りで稜線へ。ここからは何度も通っています。
e0164643_20452293.jpg

石塚へ。ガスっていて展望はありません。取りあえずミラさん御夫婦お初の山頂へ。

山頂で恒例のノンアルコールでかんぱ~い!!
e0164643_20455153.jpg


りんどうヶ丘からのワク塚を見せたかったのですが、このお天気では何も見えません。

ならば上ワク塚だけでも~とtetu-1さん、相方さん、私とで行く。上ワク塚付近のアケボノツツジ、とってもきれいに咲いていました。聞くところに寄ると数十年振りの花付きだそうです。
e0164643_20553918.jpg


tetu-1さんと相方さんは上ワク塚へと登る。その間、下でアケボノ三昧!!
e0164643_20593538.jpg

e0164643_20561450.jpg

e0164643_20564483.jpg


存分に目の保養をしました\(^o^)/

途中でお待ちの三人と合流し、ちょっと腹こしらえ^^    そして下山へ~~

またしてもアケボノちゃんのところで写真撮りまくり~~♪

登る時に見えなかった鹿納坊主が見えてます。
e0164643_2164925.jpg

少し下に行くとまたきれいに見えてます。
e0164643_2173066.jpg


無事に下山。ミラさん号のデポ先に戻り、島原へ帰られるお二人とはここでお別れ。

残り4名は日之影温泉へ。さっぱりとして今宵の宿の高千穂の道の駅へ。

大崩山のGPSの軌跡です。
e0164643_21175817.jpg

by nobucyansyuncyan | 2014-05-06 21:14 | 宮崎県の山 | Comments(13)

宮崎の山旅・・・④石堂山

今回の山旅の第2目標です。米良三山の山開きに参加して、マグカップをゲットしよう~!!

米良三山とは、市房山・石堂山・天包山です。

宿泊したコテージを早めに出発です。
e0164643_21482268.jpg


50回目:4月29日(火)    石堂山(1547m)    天気:曇り    6名
ルート:6合目受付(7:30)→林道(8:36)→石堂山(9:36~10:05)→林道(11:02)
     →駐車地点(12:02)

6合目受付にて住所・氏名を記入して登り始める。
e0164643_21402891.jpg

6合目(7:49)・・・ぼちぼち登ろう        7合目(8:16)・・・いい事ありそう   
8合目(8:45)・・・何事もやればできる     9合目(9:14)・・・くるしさのりきれ

展望が開けた場所に来ましたが、ガスって見えません。すーと晴れて市房山が顔をだしました。
e0164643_2211636.jpg


一旦林道に出てまた登山道へ。痩せ尾根の道を進みます。アケボノツツジが咲いています(^^♪
e0164643_22133222.jpg

e0164643_2210040.jpg


どうやらこの先に見えているのが山頂のようです^^
e0164643_22144921.jpg


記念品としていただいたマグカップでかんぱ~い!!(もちろんノンアルコールです)
e0164643_22173937.jpg


e0164643_22183637.jpg

e0164643_22195189.jpg

e0164643_22211988.jpg


下りは登ってくる方との離合で時折り休憩タイム。これが晴れていればいい写真が撮れるんですが・・・・

登山道でバッタリと「のぼろ」の外西さんと遭遇。記念に御一緒に~♪
e0164643_22261858.jpg

西米良村役場の職員のゆうちゃんにお逢いしました^^(お母さんには温泉館ゆた~とでお話させていただきました)。
1合目で受付をし、最後に登ってきたそうです。

12時に下山し、駐車場でお昼タイム。さぁこれから大崩山の登山口へ向けて出発。

お風呂、食事を済ませ、今晩の宿泊場所へ。今日は3組の夫婦で車中泊です(^^ゞ

GPSの軌跡です。
e0164643_8374186.jpg

by nobucyansyuncyan | 2014-05-05 22:44 | 宮崎県の山 | Comments(0)

宮崎の山旅・・・③天包山

本来はお天気ならば28日は石堂山の予定でしたが、どうもお天気が悪いようーー

幸い山小屋もその日だったら空いているとのことで、もう1泊し、雨でも傘を差して登れそうな栗野岳の計画。

だが、「風が強いと飛ばされるよ~~」   地元の山友のアドバイスを聞いて、池巡りに変更しましたが・・・

朝 起きると一面真っ白。これじゃ何も見えないねぇ~で、池巡りも諦め、のんびりとして西米良村へ移動。

西米良のかりこぼうず大橋(米良三山の市房山・石堂山・天包山を表しているそうで、日本一の木造車道橋)
e0164643_15181550.jpg


「西米良温泉ゆた~と」で温泉へ入り、昼食。15時から宿泊手続きなので「暇だねぇ~」

「天包山へ登ろうか~」となりまして、6合目の「多目的広場」の駐車場へ。
e0164643_15151184.jpg


49回目:4月28日(月)    天包山(1188m)    天気:雨     6名 
ルート:多目的広場P(13:30)→山頂(14:26~14:31)~周回~多目的広場(15:25)

坊主岩。昔からこの岩に上がると雨が降り出すと言い伝えられているそうで、これ以上雨が降り、明日の山開きに差しさわりがあるといけないので上がりませんでした。
e0164643_15343969.jpg


雨の中の登山道
e0164643_15361363.jpg


無事下山し、温泉へ入り、かんぱ~い!!   明日のお天気は大丈夫~~かな??
by nobucyansyuncyan | 2014-05-05 15:52 | 宮崎県の山 | Comments(2)

宮崎の山旅・・・②えびの岳

宮崎の山旅、2日目は~~
 
48回目:4月27日(日)      えびの岳(1292m)     天気:曇り     13名 
ルート:えびの高原駐車場(8:15)→えびの岳(9:10)→えびの高原駐車場(9:33)

駐車場に車を停めて出発準備をするが、風が強く、とても寒い(>_<)

どうやら駐車場は風の通り道になっているようです。

キリシマミズキ、ヒカゲツツジ、ノカイドウの花を観賞し、えびの岳へ向けて出発です。

ヒカゲツツジ
e0164643_225094.jpg

ノカイドウ 
e0164643_22524481.jpg

キリシマミズキ 
e0164643_22524527.jpg


えびの岳。地図上には名前はありません。やはり地元の方は詳しいですね。
e0164643_2259498.jpg
 

展望所からは桜島が微かに見えています。
e0164643_231029.jpg


白いムシカリも林の中で目立っています。
e0164643_2363442.jpg


山頂標識はありませんでした。以前はあったそうですが~~  四等三角点です。
e0164643_2372170.jpg
 

9時半過ぎに駐車場に着きました。

10時から始まる「霧島国立公園80周年記念、地質の日関連イベント」の講演会にてお勉強です^^

「えびの高原だけに自生する、ノカイドウの謎」

講演拝聴後は移動して山小屋のオーナーのCoffee店で昼食です。

ここで2日間御一緒のメンバーと解散。いつものメンバー6名はまた山小屋へと移動。

まっちゃん御夫婦も少しお付き合いしてくださいました。お忙しいのに申し訳ありませんでしたね。

今晩のメニューは昨日の残りのおでんと山野草(タラの芽、蕨)の天ぷら。お美味しかったですよ~~♪

明日の行程を見直して、反省会終了。

えびの岳のGPSの軌跡です。
e0164643_23342419.jpg

by nobucyansyuncyan | 2014-05-03 23:36 | 宮崎県の山 | Comments(0)