カテゴリ:福岡県の山( 169 )

古処山・屏山へ

22回目:3月17日(火)   古処山(859.5m)・屏山(926.6m)   天気:晴れ  3名
ルート:秋月キャンプ場駐車場(9:35)→5合目林道(10:15)→2名は紅葉谷へ(10:26)
     →水舟(10:49)→ツゲ林(10:53~10:56)→縦走路(11:16)→屏山(11:38
     ~12:25)→古処山(13:29~13:50)→水舟(14:06)→5合目林道(14:31)→
     秋月キャンプ場駐車場(15:01)
S・TAROUさんとのメールのやりとりで、「英彦山にもマンサクはあるのですか?今度一緒に!」とのことで英彦山に行く予定でしたが、「古処山のホソバナコバイモもそろそろ咲いているのでは?」で急遽古処山へとなり、9:30秋月キャンプ場で待ち合わせ。
川添いの道を歩き、5合目の林道に到着。今日は気温が高く、ここまでで汗がダクダク・・・・・
S・TAROUさんは平気な顔! 紅葉谷のコースは歩いたことがない、と言うので男性2人はそちらへ~~  急登で~す。
「ツゲ林の入口で会いましょう」   私は三角杉・水舟を通ってツゲ林入口へ。
ほんの少しお休みしただけで2人が到着。「手前の合流地点で待ってたよ!、TAROUさんが電話したけど・・・」  携帯の着信記録がない。   「ふ~ん」・・・・・ 
ツゲ林。古処山に来るときはこの道が好きなのでここをよく歩きます。
e0164643_23135254.jpg

縦走路に出ても、今日は調子がイマイチーー(^_^;)   2人に先に行ってもらう。のんびり行って出会ったところでお昼にすればいいや、でゆっくりと歩く。途中、16~17人の団体さんを追い越す。 屏山の山頂手前で戻ってきた2人と合流。3人で山頂へ~~、一緒に昼食タイム。そうこうしていると団体さんが着いた。普段、静かな屏山の山頂も急に賑やかに・・・・・
e0164643_23241335.jpg

♪ど~この誰だかし~らないけれど♪  落椿のいけばながありました~~(^^♪  
e0164643_2333475.jpg

古処山の山頂にはなかなか辿り着きません~~  お目当てのホソバナコバイモです。
e0164643_23394398.jpg
e0164643_23401369.jpg









e0164643_23434913.jpg
TAROUさんはまだお目にかかったことがないだろう、と思い、ご案内しました。山頂近くにある不動明王様です。丁度居合わせた方のお話では徳川の時代の作らしいとのこと。入り込んだところにあるのであまり人の目には・・・・・


山頂で遊びすぎたので、八丁越ではなく水舟経由で秋月キャンプ場の駐車場へと戻ります。






S・TAROUさんとまたの再会をお約束してお別れをする

帰り道は小石原から岩屋方面に走り、19日にお約束している岩屋神社のお花がきにかかり、下見に行ってきました。もう満開に近い状態でした~~(^^♪
これまたご案内したら、喜ばれるお顔が目に浮かびます!!(^^♪

携帯の着信記録がなかった訳がわかりました~。TAROUさん、私の携帯ではなく自宅に☎してました~~
by nobucyansyuncyan | 2009-03-18 00:17 | 福岡県の山 | Comments(4)

急に里山歩き!

20回目:3月12日(木)   三高山(251m)・白馬山(261m)  天気:晴れ   4名+2名
ルート:三高山小屋→展望台→三高山→白馬山のピストン
今日はお天気もいいし・・・・と思いながらも掃除をしていたらTさんから☎、観梅会のときの福岡からのゲストのIさんがお出でになるとのこと。小屋からの英彦山の展望を観に・・・・・
早速、嘉麻市へとお出かけ~~。とりあえず登山靴とストック、お茶、ガスの用意をして^^
小屋に着くともう、写真を撮られていました。私もお仲間に・・・  この間は雨で展望はなしでしたが今日はきれいに見えています。
e0164643_1185723.jpg

三高山まで歩こう、ということになり登山靴に履き替え~ やはり用意していてよかったぁ~
展望台は手入れがされており、英彦山や馬見山・屏山・古処山もバッチシ!!
e0164643_11152312.jpg

ついでに白馬山まで足を運び、鴨ヶ岳まではこの次の楽しみに~~と言うことで戻っていたらお山の会で2~3度ご一緒した方にバッタリ・・・・  「山友は皆、仲間だ」で小屋までご一緒に~~
歩いている最中も小屋の管理をされている山友のTさんは登山道の整備に忙しい。転んで怪我をしないように「カズラ」を刈り取ったり、標識を付けたり・・・・とか。
e0164643_11315972.jpg

三高山の山小屋です。トイレはありますが、電気・水道の設備はありません。
e0164643_11312923.jpg

小屋の中の様子。Tさんが撮影した写真や山のポスター、本などが置いています。
e0164643_11342636.jpg

小屋で遅めのお昼です。途中からのお仲間さんもご一緒に・・・・
しばらく山談議・花談議に花が咲き、時間のたつのも忘れてしまいました。
福岡のIさんを皆さんでお見送りして、お仲間さんを安国寺の駐車場まで送って我が家へ。
急なことでしたが、お天気も良かったし、楽しい1日を過ごすことが出来、山友に感謝です!!
by nobucyansyuncyan | 2009-03-13 11:48 | 福岡県の山 | Comments(4)

福智山系を歩く

18回目:3月7日(土) 新城山(403.9m)・茶臼山(408m)・金満山(526m)・焼立山(759m)  
       天気:曇り時々晴れ    6名
ルート:採銅所駅集合(8:30)→新城登山口(8:52)→新城山(9:30~9:32)→茶臼山
    (10:01~10:11)→こもれび別れ(10:42)→満千越(10:41)→金満山(11:24
    ~11:27)→縦走路(12:06)→焼立山(12:09~13:00)→鮎返新道入口(13:21)
    →鮎返川源流(13:28)→兵頭岩(13:36)→坊主岩(13:50)→新城登山口(14:30)

福智山系を歩きませんか?とのことでMORIさんご夫妻、カラスさんご夫妻と一緒に歩いてきました。このコースは福智山~牛斬山間の縦走路以外は未踏でしたので、ワクワクしながら~、急登にあえぎながら~でしたが楽しい山歩きでした。
集合場所の採銅所駅を出て、新城登山口へ移動。登山者駐車場には先客が1台(2人)いました。
その方たちも初めてのようで「7時間ぐらいですかねぇ~」と聞かれたので、「私共は初めてですが、メンバーの方が言うにはそのくらいのようですよ」と返答する。
いよいよ出発。植林の中を進む。風もなく、蒸すので早めに衣服調整。その間に2名の先客に先行してもらう。
「コショウノ木」の花が咲いており、撮影タイム。ツチグリもありました~
e0164643_16525224.jpg

茶臼山・新城山の分岐に到着。先に新城山へ。「道草の会」の方々が整備されたのだろう、山頂標識にはその名前が書かれていた。1回目の集合写真を撮る。分岐へと戻り、茶臼山へ。道中、俊ちゃんがキクラゲを見つける。少しいただく(^^♪
茶臼山に到着。ここも道標がしっかりとついており、同行の4名の方は木辺峠から登ったとのこと。またまた分岐に戻り、これからは尾根歩き。大王松があり、大きな松ぼっくりが落ちていました~。こもれび別れを過ぎ、満千越へ。間欠泉へのルートがあるとのこと。金満山への急登を進む。
e0164643_17484.jpg

落ち葉の敷き詰めた尾根道に岩場が出現。「修験窟入口」の案内板が・・・ 英彦山神宮のお札が祀っていました。
e0164643_17212239.jpg

4等三角点のある金満山に到着。3座目です~。縦走路の尾根筋が見えるのだけどなかなか着かない~~。やっと縦走路に出ました。そこから焼立山はすぐです。予定の時間より早く着いたようです(*^。^*)
4座目です。皆さんとの集合写真(MORIさん撮影)
e0164643_17314497.jpg

筑豊の町を見ながら山頂で昼食。小1時間のんびりと過ごします。昼寝をしたい気分でした~
山頂はきれいに苅り取られ、間違って筑豊方面へ下山する人がいるらしいとのこと。
焼立山を後にし、いよいよ同行の方も初めてのコース。鮎返新道へと進みます。
写真は縦走路を振り返ったところです。今回下りましたが、上りも結構きつーーいです。
e0164643_17452949.jpg

途中、1人の登山者に出会う。牛斬山方面から来て、「牛斬山はどちらですかねぇ~」と・・・・
話を聞くと、福智山からの縦走で焼立山からの道を筑豊方面を下りてうろうろとしたらしい。
やはり間違えた人がいたんだぁ~~。この縦走路は何回も歩いていますが、間違った人に出会ったのは初めてです。やはり地図・コンパスは必携ですね~~
苔むした道を歩き、鮎辺川源流と書かれた標識の場所を通過。兵頭岩・坊主岩も通過。
ミツマタの花もきれいに咲いており、山椿の落花も同行者の目を楽しませてくれました。
e0164643_183537.jpg
e0164643_1831848.jpg

花を観るといやされますね~~
そのほかにはサツマイナモリ、スミレなどが咲いていました。
by nobucyansyuncyan | 2009-03-08 18:20 | 福岡県の山 | Comments(0)

17回目:3月2日(月)  大法山(232m)・白馬山(261m)  天気:晴れ  4名+1名
ルート:安国寺梅林公園→大法山→白馬山→梅林公園→三高山

猫の丸尾などの県境尾根を歩き、夜の9時前のニュースを見ていたら、先日 観梅会で行った
梅林公園が丁度見頃とのことで満開の梅の映像が流れていました。
お天気も翌日のみ晴天で、あとはずーと傘マークが・・・・
早速、山仲間のお姉さんにTEL。お姉さんもテレビを見ていて、行きたいなぁと思っていたとのこと♪

田川で待ち合わせ~ 1台の車で姉妹と一緒にお出かけ~~  話も弾みます(^^♪
梅観だけの予定でしたが、「バクチノキ」があり、見てみたいとお互い話も合い、里山歩きとなりました。
まず1座目~は大法山。赤の矢印のコースで進みました。自然林がいいですね~~
林道に出て、展望台へ。展望はなく、立派な東屋がありました。
e0164643_2226851.jpg

2座目~は白馬山。北アルプスは白馬岳ですが、ここは○○山ですよ
e0164643_2236030.jpg

白馬山から安国寺へと下山開始。途中、陽だまりの中、ランチタイム。またまた話が弾みます・・・・
たっぷりと休憩をして、今日のメインの2番手の「バクチノキ}へ。大きな木で~~す。
e0164643_22404789.jpg
このほか、ムクロジ、カゴノキも結構大きな幹廻りでしたね~




















「バクチノキ」の説明文です
e0164643_22474886.jpg

梅林公園で嘉麻在住の山友Tさんと会い、梅の木の下でお茶会の始まりです。
女性が3人ともお抹茶を持参してました~(^^♪ 今日のお茶は格別おいしかった~~です
e0164643_2391113.jpg

通りがかりの方が「ホ~、優雅だなぁ~」との顔をして過ぎ去りますが、その中の3人連れの方と目が遇いました。Tさんとお知り合いの方でした。昨夜のテレビを見て、お母さんを連れてきた、とのことで90歳のお母さんとご一緒でした。首元の赤いスカーフが似合ってました^^
3人にお抹茶を差し上げましたが、お母様がたいそう喜ばれました。私も昨年の十月に91歳で亡くなった母を思い出してしまいました。

そして3座目~はTさんと一緒に管理している小屋へ行き、そこから三高山へ。
そこからの英彦山の眺めはまた素晴らしい~~!! 先日、福岡からのゲスト、I さんはお天気が悪く残念でしたが、今日は少し霞んではいましたが、きれいに見えてましたよ~

姉妹は初めての山を3座登り、梅を観て、お茶会をして~と大喜びでした。
夕方、お抹茶を差し上げた方からもお礼のお電話をいただきました。
私も母を思い出し、親孝行の真似事をさせていただきました。感謝です!!
by nobucyansyuncyan | 2009-03-03 23:24 | 福岡県の山 | Comments(0)

犬ヶ岳へ

10回目:2月2日(月)  犬ヶ岳(1131m)   天気:晴れ   4名
コース:登山口(9:18)→林道(10:15~10:31)→笈吊峠(10:54~11:02)→
     犬ヶ岳(12:12~12:58)→大竿峠(13:26)→林道(13:44~13:48)→駐車場

お友達から「どこかへ連れてってぇ~」と電話。暮れの岩石山から一緒に歩いておらず、「どこか雪道を歩きたい!」とのことで、久し振りに犬ヶ岳へ~
椎田駅で友達をピックアップし、求菩堤の先にある犬ヶ岳の駐車場へ。
シャクナゲの頃は満車となる駐車場も終日我が家の車のみ。きれいなトイレもありますよ。
案内板です。今日のコースはうぐいす谷から恐ヶ淵の周回コースです。
e0164643_14404344.jpg

杉林を通り、経読林道に一旦出て、笈吊峠の登山口へと歩みを進めます。一休憩です。
落ちた樹氷がきらきらと輝いている中を歩き、笈吊峠に到着。問題はここから!!

修験者が背負っていた笈を肩から外して、吊るして登り下りした笈吊岩があります。
少し凍結していますが、下から見れば「あそこを通って、こう行けば大丈夫!」とシュミレーション。 
初めに相方が・・・・  下から右の岩、などと指図しますが、自分が行くときはなかなか
思うようには進めません^_^;
e0164643_1523147.jpg
e0164643_1524791.jpg

釈迦岳(1140m)辺りからところどころ雪道となり、友達は「今年初の雪!」と大喜び(^^♪
貸しきりの犬ヶ岳の山頂。残雪のある尾根で雪と戯れていま~す。
山頂を後にしたところで2名の登山者に出会いました。野峠から来たそうです。
二ノ岳(1120m)への登りです。雪!雪!で歩きも会話も弾みます~~
e0164643_15144372.jpg

またまた難所が待ち構えています。恐ヶ淵ーー  雪解け水で水量も多く、取り付けられて
いる鎖を持ち、慎重に対岸に渡ります。
e0164643_15213341.jpg

キツネノカミソリの群生地を通過。もう芽吹いています~(^^)/
e0164643_15363060.jpg

駐車場に15:28着きました。2名の登山者に出会っただけの静かな犬ヶ岳でした。
by nobucyansyuncyan | 2009-02-03 15:37 | 福岡県の山 | Comments(3)

8回目:1月20日(火) 犢牛岳(690.6m)  天気:曇り時々晴れ
コース:田代登山口(11:25)→犢牛岳(12:10)→展望所(昼食、12:15~13:15)→
     田代登山口(13:52)→大峰の大クヌギ

今日は山仲間の姉妹と新年登山です。お姉ちゃんは今月70歳になりました。
私共が平成12年に初めて北アルプスの山を歩いたときにご一緒して以来の山友です。

添田駅に9:30待ち合わせ。我が家の車に乗り込んで英彦山の豊前坊へ~~
「青年の家」から先は路面凍結してました。姉妹は雪の英彦山は久し振りです。
「おぉぉー雪だ、雪だ」と大喜び(*^_^*)
登山靴に履き替えているときに、お姉ちゃんが「靴がない・・・・・」
「添田で積み込むときに忘れたのかなぁ、それとも家に忘れたか~~」
とりあえず、今来た道を引き返すーーー  車の外で主を待ってました~~
防寒着だ・・、アイゼンだ・・で荷物が多くて靴の積み込みを忘れてたようです。

時間も11時近くなったので英彦山は取り止めて、短時間で登れる干支の山の犢牛岳に変更。
添田から油木ダムを通り、大峰口から林道に入り、田代登山口へ。
登山靴に履き替えて、気分を変えてさぁ、出発~~。竹林を抜けます。
e0164643_2136585.jpg

4日に登ったときには山頂の三角点は雪に埋もれていましたが、今回、登山道には雪はなし。
山頂にほんの少し残っていました。
展望のいいところまで戻り、陽だまりの中で新年会です~
誰にも合わない、のんびり、まったりとした昼食タイムです(^^♪

下山後、大峰の大クヌギを見に行きました。
e0164643_2153773.jpg

大きな幹で、大人3人が手を繋いでやっと~~です
e0164643_21585065.jpg

アクシデントがあったものの無事、姉妹とご一緒の新年登山は終わりました。
お二人とも英彦山は何度も登っているので、今年の干支の山に登れてよかったですね。

帰り際、「来年は寅年、トラの字のつく山はあるのかなぁ~・・・・」
1月、今年まだ明けて間がないのだけど~~~(^^)v
by nobucyansyuncyan | 2009-01-20 22:15 | 福岡県の山 | Comments(0)

難所ヶ滝へ

6回目:1月15日(木) 三郡山(936m)・宝満山(830m)  天気:曇りのち晴れ
コース:昭和の森(9:45)→手前の滝(10:48~10:53)→難所ヶ滝(11:05~11:25)→
     縦走路(11:50)→三郡山(12:27~13:02)→宝満山(14:17~14:29)→
     キャンプ場(14:38~14:49)→うさぎ道経由→昭和の森(16:15)

S・TAROUさんより寒波が来たら難所ヶ滝へ行きませんか、とのお誘いで昭和の森で9:30待ち合わせ。しょうけ越が路面凍結のため通行止め。篠栗を経由して昭和の森へ。
いつも早目に見えているのだがいないのでTEL。ゲート手前の駐車場にいるとのこと。我々は上の駐車場。すぐに行きます、と2台の車が坂道を上がって来られた。
S・TATOUさんとHiroさん。12月の雪のくじゅう以来です。
4人で難所ヶ滝の氷瀑を期待して昭和の森より歩き始めます。
道に雪が見え始め、凍結路となってきたので、10:20アイゼン装着。
手前の小滝も凍っています(^^♪ お二人はこの滝は始めてとのこと。
e0164643_14142918.jpg

e0164643_1415297.jpg難所ヶ滝です。まぁまぁ見られる氷瀑ですね。何年か前に見たのが頭に残っているので、ついついそれ以上のものをと期待してしまいます。前日、テレビで放映されたようで、それを見て今日は来ましたと言う方がいましたね。






















撮影に夢中のお二人さん。ベストアングルで撮れましたか?
e0164643_14241295.jpg

三郡山への縦走路です。私もこの道はお気に入りですが、やはり皆さん、同じ~^(^^)v
e0164643_14302681.jpg

三郡山の山頂で昼食タイム。青空の下、冬の定番メニューは「おじや」です。
お気に入りの縦走路を歩き、宝満山へ。鎖のある岩場は通行禁止となっていました~
宝満山の山頂で山座同定中のお二人さんです
e0164643_14381036.jpg

うさぎ道を経由して下山しました。
一年ぶりの難所ヶ滝、やはり見ごたえはありますね~。
寒波がきたら、また観に来ます。S・TAROUさん、Hiroさん一緒に歩いてくださって有難うございました
by nobucyansyuncyan | 2009-01-16 14:58 | 福岡県の山 | Comments(6)

2回目:1月4日(日) 犢牛岳(690.6m)  天気:晴れのち曇り
コース:田代登山口(13:25)→ピーク(13:50)→犢牛岳山頂(13:55~14:02)→
     ピーク(14:08)→田代登山口(14:28)

昨日はHGの英彦山に新年のご挨拶に行き、どこか干支の山でお手軽なところは・・・・・
と言うことで急に思い立ち、英彦山系の犢牛岳へ。難読ですねー(こっといだけ)です。
赤村から油木ダムの中間点の大峰口バス停より左折、林道を走り、「大峰の大クヌギ」の
案内板のところをまた左折、果たして登山道はあるのかなぁと心配しながら地図を見て・・・
ありました!!
e0164643_22195340.jpg

竹林を進み、平山地区からの登山道と合流。そこから山頂まで1キロ。
展望台より英彦山の眺め\(^o^)/
e0164643_22311315.jpg

犢牛岳山頂に到着。雪に埋もれた三角点を探し出し、相方さんがタッチ~。
e0164643_22343887.jpg

下山は元の道を戻って、干支の山、探訪は終わりです、1時間の山歩きでした。
山中間のお友達より年末にいただいた押し花の干支です。
e0164643_22471785.jpg

かわいいねぇ~~  小倉のYさん、有難う!!
by nobucyansyuncyan | 2009-01-04 22:53 | 福岡県の山 | Comments(4)

岩石山へ

11日、十二月とは思えない暖かな陽気で、忘年山行です。
場所は添田町の岩石山(446m)、低山ですが、楽しめる山です。
添田公園に駐車。人家の間を通って「針の耳」を抜けて
e0164643_22352735.jpg


15~20分で山頂へ。この間は春はミツバツツジが咲きますよ。
山頂から5分ほどで八畳岩に到着。今日は貸切~!
e0164643_22401460.jpg


昼食タイム。忘年会なのでお菓子、果物などいろいろと出てきます。
が、最後はお抹茶で(^^♪
お手前は小笠原流??
e0164643_22452612.jpg

e0164643_22455120.jpg


まだまだ山歩きはあと数回は・・・・
とりあえず、お仲間さんとの山での忘年会は賑やかに終了です(*^_^*)
by nobucyansyuncyan | 2008-12-12 22:51 | 福岡県の山 | Comments(0)