カテゴリ:熊本県の山( 49 )

川辺川源流から国見岳へ

6名での前夜の楽しい宴~~☆☆☆  ミラさん夫婦は京丈山へ。

2日の7時ごろに道の駅「佐俣の湯」で待ち合わせ。私どもはMishanの車に相乗りさせていただきました。

佐倉荘にて全員集合。総勢20名。

「五木五家荘GOGOプロジェクト 川辺川源流点→国見岳」の登山道整備・下見登山に同行させていただきました。

93回目:9月2日(火)     国見岳(1738.8m)     天気:晴れ     20名
ルート:登山開始(9:33)→マタロク谷→昼食→川辺川源流地点(12:51)→国見岳
     (13:18~13:40)→分岐(14:58)→国見岳旧登山口(15:25)

日本最後の清流と言われている川辺川(かわべがわ) まさにその通りです。脊梁の奥深い谷です。
e0164643_14453299.jpg


今回はゲートより少し奥まで車で入りました。下山口に一台デポ。

出発準備をしていると、同行者の背中にトンボが一匹。居心地いいのか逃げません^^ 消防署の方がロープなどの点検をしています。入口から整備の開始です。アケボノソウが一株咲いていました。
e0164643_14543445.jpg


沢の中を進んで行きます。苔むした倒木を乗り越えます。
e0164643_1458979.jpg


何度も渡渉。岩壁にキレンゲショウマが咲いていました。
e0164643_1525474.jpg


危険個所ではロープを張り、安全確保です。
e0164643_15164884.jpg


佐倉荘の御主人が倒木に切り込みを入れ、歩き易くしてくださいます。感謝です!!
e0164643_1524622.jpg


Mishanも時々マーキングをしています。9月20日~21日はお天気だといいですね。
e0164643_15204587.jpg


ヒナノウスツボ(花がミッキーナウスの顔)のよう^^   キノコもた~くさん。
e0164643_1513269.jpg


20回近く渡渉したでしょうか。水かさが多いところでは石を置いてくれたり、手を貸してくれたり~~
e0164643_15225593.jpg


源流に到着。500mlのペットボトルに源流の水をいただきました。一登りで国見岳山頂。
e0164643_15311273.jpg
 

国見岳のレスキューポイントは「021」です。さぁ、下山開始。途中の分岐は右へと下ります。
e0164643_15342159.jpg
 

デポした地点に無事下山。車を回収する間、我々は休憩タイム。佐倉荘へと戻ります。

佐倉荘の奥さんの冷たいお茶、ゆで卵、お豆腐、漬物などの心温かなおもてなしをいただきました。

皆さま、有難うございました<(_ _)>   ここで解散。

Mishanの車で佐俣の湯へ戻り、またの再会を期して・・・・・♪

声かけしてくださり、有難うございました。  感謝・感謝!!です。

今回のGPSの軌跡です。
e0164643_15502891.jpg

by nobucyansyuncyan | 2014-09-05 15:57 | 熊本県の山 | Comments(6)

俵山へお花散策

2日に「川辺川源流から国見岳」の山歩きのお誘いを受けましたので、熊本・脊梁までの日帰りは厳しいので、一座登って待ち合わせの「佐俣の湯」へ、と言うことに~~☆

今の時季、俵山には「ヒメノボタン」が咲きます。今年も会いたいなぁ~~
e0164643_1363476.jpg


92回目:9月1日(月)    俵山(1094.9m)    天気:曇りのち晴れ   4名
ルート:俵山峠駐車場(10:10)→展望所(10:15)→分岐(11:52)→俵山(11:58~12:35)
     →新道コース経由→分岐((13:05)→P865地点(13:27)→林道出合(13:55)→
     ケルン地点(14:10)→萌の里駐車場(15:05)

サスケ&ミーコさん夫婦と「萌の里」で10時待ち合わせ。我が家を5:40に出発し、一般道を走り9時ごろ到着。お店は9:30に開くとのこと。待っているとミーコさん達が到着。少し待ってもらいお弁当を購入後、登山者用駐車場へ移動し、1台をここにデポ。登山口の俵山峠へ移動。

早朝 降っていた雨も上がりましたが、登山道は滑り易い(>_<)  俵山までは90分。
e0164643_1325388.jpg


お花を愛でながらの、ゆっくり歩きです。
シモツケソウ、ホソバノヤマハハコ、ホソバシュロソウ、アソノコギリソウ、ホタルブクロ、キリシマヒゴタイ
e0164643_13335548.jpg

e0164643_13562937.jpg


分岐までは暑かったですね。時折り心地よい風が吹きますが~ マツムシソウに癒されます^^
e0164643_13371892.jpg


山頂でランチタイム。我が家は購入のおにぎり。ミーコさん夫婦は冷やし中華とおにぎりのようです^^

一の峯・二の峯も眼下に見えています。あそこもお花が多いんですよねぇ~~
e0164643_13432920.jpg


山頂からは新道コースと書かれている道を歩く。何処に出るのか興味津々。
P865地点の手前に出ました。
e0164643_13462952.jpg


ここからは見覚えのある展望が見えます。植林の中を進み、林道に出合います。
e0164643_13504727.jpg


緑の草原が広がってます。
e0164643_13555731.jpg


さてこれからはヒメノボタンを探しますが、以前見たところには全く咲いていません。
麓でやっと3株ほど咲いているのをみつけました(^O^)/ ホソバノヒメトラノオも咲いていました^^
e0164643_1475389.jpg


下山後、デポした車を回収。今宵の宿である「佐俣の湯」へと向かいます。ミラさん夫婦も同時に到着。

入浴後、レストランにてミニ宴会。 駐車場に戻ってまた楽しい宴の開始となりました(^^♪

俵山のGPSの軌跡です。
e0164643_14181100.jpg

by nobucyansyuncyan | 2014-09-04 14:21 | 熊本県の山 | Comments(12)

ミラさん夫婦と「火曜日に白岩山へお花散策へ行きましょう!!」

そして私どもが2日続けての平尾台散策の折り、初日にひとすじさん・山ふたすじさんにお会いする。
2日目に貫山の山頂で宮ちゃん、ビジターセンターで山帽子さんのお会いして、今回のメンバーとなりました。

道の駅「佐俣の湯」で作戦会議後、明日の予定を再確認して就寝。

夜中に大雨が降りましたが、起きた時は曇り空。山歩きには差し支え無さそう~♪

とある場所でキレンゲショウマ観賞。今回のメインのお花です。もう最盛期は過ぎたよう~~
e0164643_21115277.jpg
 

e0164643_21264331.jpg


e0164643_2126179.jpg
 

91回目:8月26日(火)   白鳥山(1639m)    天気:曇りのち晴れ   8名-2名=6名
ルート:峰越登山口(10:20)→ドリーネ(11:30)→平清経住居跡(11:35)→白鳥山
     (11:48~12:11)→峰越登山口(13:06)  
     4人は御池登山口へ下山(13:40)

峰越登山口より登り始めて間もなく、所用のためひとすじさん・山ふたすじさんは下山することとなり、それからは6人で行動となりました。

御池登山口からは21年10月にMORIさん達と登っていますが、峰越からは初めてです。

大きなブナの木がたくさんあり、ギボウシが木に着床しています。苔もきれい~~☆

ドリーネのところに着きましたが、鹿害から守るためでしょうネットが張り巡らされています。

e0164643_21414952.jpg


e0164643_21412866.jpg


ドリーネからは左へ曲がり、癒しの森を歩き、平家残党 「平 清経住居跡」の案内を過ぎると山頂はすぐそこ。

山頂の展望はありません。山頂標識の上に鹿のシャレコウベが置いてありました。
e0164643_21524827.jpg


山頂付近にはネットで囲いがありました。見るとミカエリソウが少し花が咲いていました。
その他の今日見かけたお花。ギボウシ、ハガクレツリフネソウ、コフウロ、ヤマジオウ、ツルリンドウ
e0164643_21573476.jpg


私ども以外の方はお初の山頂です。おめでとう!! 九州百名山が一座達成出来ましたね~☆

ドリーネ地点で二手に分かれ、4人は御池登山口へ。私どもはピストンして車を回します。

登る時より展望が良くなっているようです。
e0164643_2233255.jpg


御池登山口へと車で移動。4人も無事に下山して来ました。

途中で宮ちゃん、山帽子さんとお別れし、またまた朝通った狭い道を戻り、「梅の木轟公園吊橋」で一休み。

e0164643_221105.jpg


相方さん、tetu-1さんは初めて渡る~とのことでした。下を見ると怖いですねぇ~

二本杉からのまたまた狭い道を通り、佐俣の湯に到着。ここでミラさん御夫婦とお別れ~~

「また来月お会いしましょうね~!」

今回、急な山変更となりましてお助け電話をし、山友さんに大変お世話になりました。

そよかぜさん、ogataさん、五家の輪熊さん、サスケさん・ミーコさん、有難うございました<(_ _)>


 
by nobucyansyuncyan | 2014-08-28 22:25 | 熊本県の山 | Comments(10)

阿蘇山麓花巡り

先日 ミラさん御夫婦と菊池渓谷を歩いた折り、日田のUさん御夫妻は所用で参加出来ず・・・

今日(12日)、身体も空いているとのことで、またまた熊本へとお出かけして来ました。

85回目:8月12日(火)      阿蘇山麓     天気:曇りのち晴れ     4名

南小国のユーステーションで待ち合わせ。先ずは押戸ノ石へ案内していただきました。
e0164643_10392054.jpg
 
e0164643_10402443.jpg
 

e0164643_10412410.jpg

ここから眺める外輪山、雄大ですね。奥に見えるのが大観峰です。
e0164643_1043363.jpg
 

菊池渓谷の上流の清水谷へと移動。車をデポ。かぶと岩展望所より清水谷へとお花散策です。

アソノコギリソウ、ノギラン、ギボウシ、カワラナデシコ
e0164643_1049137.jpg


シモツケソウ、ホソバシュロソウ、ゲンノショウコ、ホソバヒメトラノオ、ママコナ、チダケサシ
e0164643_10534465.jpg


ワレモコウ、タチフウロ、ツリフネソウ、イワタバコ
e0164643_10553144.jpg


たくさんのお花に出会いました(^^♪   グリーンシャワーを浴びながら~~
e0164643_10574575.jpg


デポした車でかぶと岩展望所へと戻り、阿蘇のお山を眺めながらランチタイム。癒しの時間です^^

それから とある場所へと移動。以前から見たいと思っていた「ヤツシロソウ」

ボランティアで春は野焼き・草刈りなどをされて保護されているとのことです。

我々が見たところは自然のまま~~。草藪の中から4~5本咲いていました。
e0164643_1110816.jpg


教えて下さった方にお礼の電話をすると、やはり盗掘が多いそうです。

自然のものはやはり自然の中で見るのが一番ですね!!

お付き合いいただいたUさん御夫妻。有難うございました<(_ _)>
by nobucyansyuncyan | 2014-08-14 11:19 | 熊本県の山 | Comments(10)

福寿草・・・岩宇土山へ

五木の道の駅にて心地よい目覚め~♪

朝食の準備をしていると、あらまぁ~顔見知りの方が・・・いーさんや5百枝さん。

当日、道の駅集合の山虫さん御夫婦も到着されたので、久連子へ向けて出発。
e0164643_16122379.jpg


サスケさん・ミーコさん御夫妻はサスケさんがひいていた風邪をミーコさんがいただいたらしく、体調不良とのことで泣く泣く久留米へ帰られました。

24回目:2月23日(日)    岩宇土山(1347m)   天気:晴れ    5名
ルート:登山口(8:09)→山ノ神(9:24)→鍾乳洞(9:48)→久連子岳(9:55)→岩宇土山
    (10:31)→オコバ谷分岐(10:44~10:50)→白崩平(11:22~12:40、昼食)→
    オコバ谷登山口(13:16)→駐車地点(13:41)

登山口より急登が続きます。汗をかかないようゆっくりと進みます。  9:24 山ノ神到着。
e0164643_1616049.jpg


トラバース道は自然落石もあり~で要注意。鍾乳洞への道も去年より荒れているよう。
福寿草もちらほらと見かけられます。
e0164643_16193897.jpg


久連子岳へ登り、人吉のカメさんの山頂まで5分の道案内で岩宇土山山頂へ。
ここは標識がなければ山頂とはわかりません。縦走路の1ピーク。オコバ谷分岐までは登山道も凍っており、注意して進む。谷を見るとずーと雪道。安全のため、分岐でアイゼン装着。

白崩平に近づくと雪の中から福寿草が・・・(^O^)/
e0164643_16303094.jpg


ランチタイムを兼ねて福寿草の撮影会。たくさんの方々が休憩されています。
まっちゃんグループも到着。
e0164643_16321276.jpg

e0164643_163253100.jpg

e0164643_16331044.jpg


今年も福寿草に出会えて大・大満足~\(^o^)/
e0164643_16345567.jpg


オコバ谷登山口へ。昨年危険な渡渉点は通行禁止と書かれており、少し下に道案内がありました。

整備してくださったプロジェクトの皆さま、有難うございました。

「福寿草まつり」の会場の久連子古代の里に立ち寄り、おまんじゅうや里の幸を購入。

近くに咲いているセリバオウレンの花を観賞。下欄の花はオニシバリです。
e0164643_16414083.jpg


青空と雪、そして可憐な春告げ花、福寿草。もう感激・感激~!!!

泣く泣く帰られたサスケさん・ミーコさん残念でした。お二人の分まで充分に観賞しました。

声をかけてくださったSさん、有難うございました。

御一緒いただいた山虫さん御夫妻、日帰りお疲れ様でした。

今回のGPSの軌跡です。
e0164643_1655478.jpg

by nobucyansyuncyan | 2014-02-26 16:57 | 熊本県の山 | Comments(14)

古閑の滝・仙酔峡の滝

昨夜は満天の星。今朝は冷え込みました。車も凍ってました~
e0164643_22373946.jpg


待ち合わせまでたっぷりあるので、午前中は「古閑の滝」へ。
e0164643_22392160.jpg


それでも時間が余ったので、いつも通り過ぎる阿蘇神社へ。
e0164643_22454316.jpg


「えんむすびの松」が境内にあり、丁度結婚式も行われていました。
e0164643_22454855.jpg


「阿蘇道の駅」でSさんと待ち合わせ。仙酔峡へと移動。

だがーー、ゲートがあり通行止め。丁度市役所の方が来られており、お聞きすると凍結しており危険だと。

そこで三者会談^^  1時間ほどの歩き。 よし 歩いて行こう!!

23回目:2月22日(土)    仙酔峡の滝     天気:晴れ      3名 
e0164643_2332159.jpg


途中まで入っている車がありました~

仙酔峡に到着。Sさんが言うには氷瀑はあまりよくないとか~~  私たちは大満足です(^^♪
e0164643_2361935.jpg


相方さんをモデルに^^
e0164643_2365225.jpg


滝の裏側に入って見ました。青く輝いていました(*^。^*)
e0164643_2375714.jpg


トレースの無いところを歩くとやはり深いですね。

歩いてきた道を戻ります。途中で4人の若者が・・・「滝があると聞いたのですが、まだ遠いですか?」

足元を見るとスニーカー、ローヒール。「この先雪が少し深いから、その靴ではーー」

「あるんだったら頑張ります!!」  大丈夫かなぁ~   その後、また別口の二人連れが。

暑くて汗をかきました。温泉でさっぱりとして今宵の宿泊地の「五木の道の駅」へ。

Mishanから「二本杉は凍結してるから大通越を通った方がいいですよ」との情報でしたので、忠告通りに走って道の駅へ。

現地集合のサスケさん・ミーコさんはもう待ちくたびれた様子・・・・・

少しアルコールをたしなみ、就寝としました^^
by nobucyansyuncyan | 2014-02-25 23:38 | 熊本県の山 | Comments(4)

熊本の清栄山へ

18日の夕方、tetu-1さん・ミラさん御夫婦と五ヶ瀬スキー場の駐車場で待ち合わせ。

そこまでの道筋で簡単に登れ、未踏の山はないかなぁ~で調べると「清栄山」がありました。

玖珠・瀬の本・阿蘇経由で登山口へ。

76回目:8月18日(日)    清栄山(1006m)    天気:曇りのち晴れ   2名
ルート:黒岩峠登山口(9:34)→清栄山(9:58~10:03)→ピーク(10:28)→清栄山
    (11:00~11:23、昼食)→黒岩峠登山口(11:38)

資料によると登山口から30分ほどだが急登とのこと。
e0164643_14361196.jpg


クサフジ、サイヨウシャジンの花を眺めながら進んで行くとキツネノカミソリがまだ咲いていました。
e0164643_14381515.jpg

シモツケソウ、ホタルブクロ、カワラナデシコ、キツネノカミソリ

時間的にまだ早いので、先のピークまで歩いてみることに。
e0164643_1445168.jpg


下ったまではよかったのですが、登りにさしかかるとそれからが大変でした・・・・・

草が背丈まで伸び、アザミが蔓延っており「アイタ、アイタ」と言いながら山頂に到着。

何の標識もありませんでした。地籍調査の跡はありましたが・・・

さて下山開始。清栄山までは少しの登りになっていますが、あのアザミの道を思うと(>_<)
e0164643_1458778.jpg


山頂にて昼食タイム。
e0164643_1512823.jpg


来た道を戻る。15分で下山。

高森を過ぎ、馬見原手前の「そよ風パーク」で入浴。

五ヶ瀬への道に入り、スキー場駐車場に到着。 
e0164643_1584894.jpg


久留米のNさんとバッタリ~~  キレンゲショウマを見に来たが花は2輪であとは蕾とのこと。

昨年も丁度同じ日にミラさん達と歩いたのですが、今年は遅いのかなぁ~~

ミラさんたちと合流。

祖母山や傾山の夕焼けがきれいでした。
e0164643_15142836.jpg


今回の軌跡です。
e0164643_15324259.jpg

by nobucyansyuncyan | 2013-08-21 15:17 | 熊本県の山 | Comments(4)

鞍岳~ツームシ山

本来ならば ゆっくり歩きの姉妹と一ノ峯・二ノ峯の予定でしたが、お姉さんが腰を痛めたとのことで中止に。

我が家は19日~21日まで2泊3日で孫守り。7食分の食事作りで大忙しでした。

山を歩きたい症候群にかられ、まだ未踏の鞍岳へ行くことに決定。

35回目:4月22日(月)  女岳~鞍岳~子岳~ツームシ山~孫岳  天気:晴れ  2名
ルート:伏石登山口(10:39)→森林コース→作業道(10:57)→女岳コース→分岐
     (11:46)→女岳(11:56)→分岐(12:06~12:35、子岳ピストン)→鞍岳
     (12:41~13:05)→ツームシ山(13:35~13:40)→孫岳(13:50~13:56)
     →ツームシ山(14:11)→馬頭観音(14:49)→らくらくコース→
     伏石登山口(15:58)

今回のGPSの軌跡です。
e0164643_21451269.jpg


登山口近くの「四季の里旭志」途中の道は通行止めで迂回路の表示があり、ぐるーっと大回りしました。

登山口にはもう6台の車が停まっていました。お初の山ですので地図で確認。
e0164643_21551785.jpg


伏石(ぶくいし)登山口より出発。作業道より女岳コースに取り付きます。
e0164643_2158690.jpg


ミツバツツジが所々咲いており、急登の疲れを癒してくれます。ロープ個所も2ヵ所ほど。
e0164643_2263212.jpg


山頂手前で「右南まわり、左北まわり」と別れていました。相方さん左へ、私右へ~~
e0164643_2271347.jpg

左を歩いていませんが、右の方が展望が良さそうな~~(^^

女岳に到着。霞んではいますが、展望は良好。目の前にもう一つのピークが。

地図で調べると、子岳とのこと。女岳・孫岳と歩く予定なので、それでは行くとするか~~

一旦下って子岳の山頂。登り返します。キスミレ、ハルリンドウがいっぱい咲いています。
e0164643_22174138.jpg


ようやくメインの鞍岳へ。先ほどまで賑やかな声が聞こえていましたが、誰もいません。

昼食を済ませ、ツームシ山へ。またどんどんと下ります。帰りがきつそう(>_<)

平坦な縦走路はアセビの落花の絨毯になっています。
e0164643_22214053.jpg


ツクバネソウも咲いていました。山は左から子岳・女岳・鞍岳です。
e0164643_23182933.jpg


ツームシ山に到着。午後からは気温も上昇。記念撮影の後、これからの行動タイムをチェック。

今が13:35。孫岳まで往復35分だから15時前後に馬頭観音に着き、登山口には16時ごろには着きそう。で孫岳までまたピストンをすることとなりました^^

e0164643_22342914.jpg


登り返しはきつかったですねぇ~  馬頭観音分岐まで来るともう一安心。

登りはもうありません。

振り返り見る鞍岳山頂です。またミツバツツジを見ながらどんどん下ります。

パノラマ・らくらくコースとあります。らくらくコースへと進む。

展望岩に15:21着く。ちょっと上がって一休み。

また急な下りで作業道に出会う。15:38。朝歩いてきた道へと戻り、予定通り16時に到着。

阿蘇外輪山の山を歩いた時に気になった山容、鞍岳。やっと登ることが出来ました。

帰り道見た中津江の石楠花、もう満開。英彦山の石楠花もそろそろ見頃では~~♪
by nobucyansyuncyan | 2013-04-23 21:42 | 熊本県の山 | Comments(7)

ミラさん宅より島原外港~熊本新港を8:35のフェリーで移動。約1時間。

昨日登った天狗山や眉山が見えています。
e0164643_1634353.jpg


e0164643_16323289.jpg


カモメに餌をあげたりしているとあっという間に熊本に到着。
e0164643_16344012.jpg


内大臣橋より狭い道を通り、青石へと入り、登山口に到着。

30回目:4月12日(金)    目丸山(1341m)    天気:曇り    4名
ルート:登山口(12:16)→馬子岳分岐(13:15)→目丸山(13:35~13:47)
     →登山口(14:50)

明日がハードな山歩きなので短時間で登れて、我々が未踏の山である目丸山をサスケさんが提案してくれて歩く。

もしかしたらカタクリの花が咲いているかも~~♪  淡い期待を抱いての山歩きです^^

登山口で昼食を済ませ、出発。これはコミヤマカタバミだろうか?
e0164643_1794528.jpg


カタクリは山頂手前より、葉は見かけるが花はなかなか~~

やっと探して、探して・・・・10輪ほど蕾を見つけました。
e0164643_17161713.jpg


山頂付近では雪も舞い始めて寒かったので、開花はもうしばらくしてからということでしょうか。

落ち葉の絨毯を踏みながら、帰り道はピストンです。
e0164643_17195244.jpg


ヤマシャクは帰路、民家の庭先に咲いていたものです。

GPSは軌跡のスイッチをONにしたつもりがOFFとなっており、取れませんでした(>_<)

まぁ、この頃よくある失敗です^^
by nobucyansyuncyan | 2013-04-16 17:23 | 熊本県の山 | Comments(6)

やまびこ会オフ会で脊梁の山を歩きました。

その時は岩宇土山と平家山~京丈山縦走でした。

世話人のMishanさんが「あの山域も素晴らしいですよ~!、紅葉がまたいいですよ~」

今回、紅葉時ではないのですが、レスキューポイントの設置で歩くというので参加させていただきました。

15キロ。約10時間のロング山行とのこと。皆さんに迷惑をかけないだろうか心配でした。

23回目:3月26日(火)      脊梁山域      天気:晴れ     12名
ルート:泉八重登山口(8:35)→樅木富士(9:44~9:52)→ウードヤ山(10:36~10:41)
   →林道へ(10:53)→登山道取り付き(11:10)→五家宮岳・南峰(12:05)→五家宮岳
   (12:15~12:45、昼食)~南平家山(13:38~13:48)→夫婦山(14:47)→後平家山
   (16:11)→平家山(16:33~16:43)→平家山登山口(17:41)→とぞの谷駐車場(17:57)

6:20に「佐俣の湯」待ち合わせでしたが、6:10には最終待ち合わせの二本杉峠へ出発。

福岡県からは5人。あと7人は地元の方。その中に消防署勤務の方が3名。

休みを返上して参加されています。

救助要請があった時にの目安としてにレスキューポイントの設置。

緯度・経度・番号をポイントとなるところにその場で計って書き、設置。登山道の確認。

なかなか出来ることではありません。頭が下がります。感謝!!

下山地の「とぞの谷駐車地点」に車を3台デポ。泉八重のウードヤ山登山口へ。

お初の方もいますので自己紹介。記念撮影。さぁ、出発。この時点で予定を35分オーバーしています。
e0164643_16225293.jpg


Mishanさんが言うには「登山口から樅木富士・ウードヤ山までは急登です。あとは快適な縦走路です」とのこと。

ホントに急登でした。最初はゆっくりペースでしたので何とかクリア~^^

樅木富士(1241m)・ウードヤ山(1356m)
e0164643_16302879.jpg


その合い間にもレスキューポイントを設置。

ウードヤ山から五家宮岳・南峰の途中がまだ整備されておらず、藪こぎとのことで一旦林道へ。

少し林道を歩き、「ブナの里帰り」の標識から少し藪を漕ぎ、縦走路へ。

五家宮岳・南峰を12時過ぎに着き、ポイントを設置して五家宮岳(1538m)へ。昼食タイム。
e0164643_16374842.jpg


南平家山(1510m)・夫婦山(1460m)の間は3ヶ所のエスケープルートとして、林道に取り付く道があります。そと地点には標識も設置していました。

e0164643_16435460.jpg


今日は2組の夫婦が参加。サスケさん夫婦と私ども。お互いに夫婦で記念撮影したあと、4人でも~~  あれ?  なんかペアが違うような・・・・・??

後平家山(1560m)まではちと距離が長かったが、国見岳~烏帽子岳の縦走路を眺め、適当に休憩を入れていただき、平家山(1497m)へ。
e0164643_1658893.jpg


平家山からは前回登ったコースを下山するのみ。危険な個所が2ヵ所ありますが、それもクリア。

下山口で思わずバンザ~イ。所要時間も想定内に\(^o^)/
e0164643_1741578.jpg


一応、休憩時にヘッドランプを取り易い所に用意していましたが、使うことなく済みました。

奥深い脊梁の山を9時間半。これもMishanさんを始めとして地元・熊本の方々のお陰です。

レスキューポイントの設置のお手伝いをと思っていましたが、若い隊員の方が居られるので足を引っ張らないよう、お邪魔にならないようにしました^^

御一緒してくださった皆様、有難うございました。

今回のGPSの軌跡です。
e0164643_17123994.jpg


Mishanさんのブログによると、今回18ヶ所のレスキューポイントを設置したそうです。

集合写真などはMishanさんの写真をお借りしました。
by nobucyansyuncyan | 2013-03-28 15:47 | 熊本県の山 | Comments(4)