カテゴリ:熊本県の山( 49 )

天主山へ・・トリカブト

higeさん・mamaさんお初の天主山へ行こう!! 白のトリカブトを観よう!!
e0164643_15332845.jpg


山友のMishanの八山会の山行が29日に行われ、登山道の様子などをMishanにお聞きしました。

道の駅「佐俣の湯」で1日7時に待ち合わせ。当日早朝に出ても、往復の運転・山歩きと体力的にきついので、どうせ暇人ですので30日13時半ごろ我が家を出発。

耶馬渓・玖珠・阿蘇・高森と一般道を通り、途中「道の駅」などに立ち寄り、のんびり運転で道の駅「佐俣の湯」へ。中のレストランで食事などを済ませ早めの就寝。

雲一つないスカイブルーの空。明日もこの天気が続きますように~~
e0164643_1541913.jpg


1日、午前6時過ぎにhigeさん到着。mamaさんは急遽の所用のために不参加。

道の駅「通潤橋」へと移動。ここでhigeさん号をデポ。悪路を予想して4駆の我が家の車で行きます。鮎の瀬大橋を渡ってからは予想通り道はデコボコ。大変でした~~
e0164643_15534732.jpg


これより立入禁止と書かれていますので、その手前の路肩に駐車。今日は一番乗りのようです^^
e0164643_15553388.jpg


ゲートがあり、そこからは道はえぐれ、荒れていました。2007年5月にやはり鮎の瀬登山口から登った時はもう少し先の広場に車を置いたのですが・・・(10年前ですね)
e0164643_160233.jpg


e0164643_1603841.jpg


やっと登山口に到着。

75回目:10月1日(日)   天主山    天気:曇り    3名
ルート:駐車地点(7:37)→登山口(8:32)→天主の舞台(9:35~9:42)
    →分岐(10:28)→天主山(11:12~11:17)→お花畑へ→天主山
    (12:34~13:10、昼食)→分岐(13:32)→天主の舞台(14:08)
    →登山口(14:58)→駐車地点(15:43)

実は土曜日の朝、ベッドで足を延ばしたりのいつもの体操をするときに、左の膝に違和感が・・・

??歩けるだろうか??  不安感がよぎる。 まぁその時には途中で待っとけばいいし~~

取りつきにロープがあります。登山口からいきなりの急登です。

左足に力が入りませんが、何とか歩みを進めます。立ち休憩で水分補給。天主の舞台に到着。

90分の予定が60分少々。あらまぁ早かったねぇ~「信ちゃん、飛ばしすぎだよ~」(笑)
e0164643_19372883.jpg


天主の舞台(1194ḿ)で梨を食べて、さぁ進みましょうか~ これからはhigeさんが先頭^^

開けたところからは洞ヶ岳、目丸山。
e0164643_20442111.jpg


小松神社への分岐に到着。山頂手前の岩場は要注意。これからはトリカブトが咲き、しばし写真タイム。なかなか足が前に進みません。真っ白に近い色もありますね(^^♪

山頂に到着。(1494ḿ)
e0164643_20554868.jpg


e0164643_205861.jpg


記念撮影を済ませます。higeさん、お初の山頂(^_^)/ 今度mamaさんを連れてこなくてはね(^_-)-☆  三人のは下山時に、今日初めて出会った登山者に撮っていただきました。
e0164643_2121874.jpg


お花畑へと出発です。往復1時間。下り始めてからhigeさんと相方さんに「私はゆっくりと行き、途中でお花の写真を撮ったりするので、二人で行って来たら~~」

あっという間にいなくなりました^^

トリカブトがいっぱい咲いています\(^o^)/  まだ三分咲きぐらいですが、きれいです。
e0164643_21145937.jpg


e0164643_21151998.jpg


一旦下って、トリカブトの群生地でお花鑑賞。これから先へ行っても、また山頂まで登り返すのは大変だなぁ~で、ゆっくりと戻る。二人に電話するも通じない。まぁ戻ってくるでしょう!

天主山。今から登り返しです。
e0164643_2130486.jpg


山頂で昼食タイム。全く人に会いませんでした。三人の貸し切り( ◠‿◠ )

下山の準備をしていると、やっと一人の登山者に出会いました。写真をお願いし~~

下りはまたまた要注意。下って上って天主の舞台へ。

ヒーコラ登った分、今度は下りです。
e0164643_2131326.jpg


無事に登山口に到着。長かったなぁ~~  脚も何とか持ちました。

荒れた林道を戻り、駐車地点へ帰り着きました。スマホのGPSの電源を切ろうとしたら「あら、携帯がないー」下山時、ゲートの手前近くで見た覚えがあるので、あそこまではある。

相方さんが「しょうがないなぁ」で今来た道を戻ります。立入禁止の看板がなくなっていたので車でゲートのところまで、相方さんを追っかけて行きます。早いですねぇ~もうゲートのところまで行っていました。「あったよ~」

ゲートを股ごした時にポシェットから落ちたようです。いつも何かしでかすからねぇ~~

そういえば峰入りの時には昼食時に切株の上に携帯を置き忘れ、取りに戻ったり~~

休憩時にカメラを置き忘れたことは何度かあります。。。無事に回収は出来てますが・・・

以後、気をつけます。。。。。

道の駅「通潤橋」でhigeさんと別れ、また同じ下道を通って我が家へ。21時前に帰り着きました。

higeさん、お疲れ様でした。
mamaさん、今度はヤマシャクの頃にhigeさんに案内してもらってくださいね。
by nobucyansyuncyan | 2017-10-03 22:04 | 熊本県の山 | Comments(12)

本来ならば大分の鋸山(田原山)へチャボノツメレンゲを見に行く予定でした。

ところが山友のうすきさんが前日に行き、蜂に刺されたとのこと。その前に裏宝満山でやはり山友の風来坊さんが蜂の餌食になったとのこと。怖いです。。。

今の時季、蜂の行動が活発で岩峰に巣がかかっているのを何度か見たことがあります。

止めよう、何処へ行く。カニのはさみ岩に登れるようだからいつか登りたいねぇ~と話していた八方ヶ岳に決定。道の駅「鯛生金山」で8時待ち合わせ。

蟹足岳とカニのはさみ岩
e0164643_1954472.jpg


74回目:9月24日(日)  八方ヶ岳・蟹足岳・カニのはさみ岩  天気:晴れ  4名
ルート:登山口(8:35)→水神(8:58)→穴川分岐(8:58)→班蛇口分岐(10:33)
   →八方ヶ岳10:46~11:30、昼食)→山の神・蟹足岳分岐(12:16)→蟹足岳分岐
   (12:26)→蟹足岳(12:38)→カニのはさみ岩へ(12:54~13:15)→林道
   (13:34~13:44)→駐車地点(14:13)

我が家を5:20出発。途中、トイレ休憩などをしながら集合場所の鯛生金山に7:35到着。

「ダリアが咲いてますよ」の案内でお花を観賞。higeさんたちも到着。登山口の矢筈キャンプ場へと車を走らせる。くねくねとした狭い道。あらっ、結構 車が多いですねぇ~ 何とか登山口近くに置けた^^ 
e0164643_2021023.jpg


準備を済ませ、登山口へ。北尾根登山口の案内もありますが、今日は谷コースから。

男滝・女滝・孫滝・乙女滝などありましたね。前回(2010年12月)の時はあったのかな?
e0164643_2027875.jpg


滝への途中で梯子場や水神などもあり~~ フユノハナワラビがありましたね。
e0164643_20282130.jpg


大岩の下にある鳥居。そして落ちそうで落ちない岩
e0164643_20333812.jpg


穴川分岐に到着。途中きょろきょろが多かったので、思いのほか時間がかかりました^^
ミカエリソウも咲き始めていましたね。

「雷の木」などの案内もあり、ギンリョウソウモドキが出ていましたので、それを眺めながら班蛇口分岐に到着。higeさんたちは以前ここの取りつきから登ったそうです。ですので、今までの道はお初とのこと。
e0164643_20393088.jpg


八方ヶ岳山頂(1052ḿ)に到着。山座同定を楽しみ、早めの昼食。結構な登山者ですね。
e0164643_2047674.jpg


山頂にはマツムシソウが咲いています( ◠‿◠ )  早めの昼食。

山頂よりの展望  普賢岳や阿蘇の涅槃像も辛うじて見えています^^
e0164643_20494746.jpg


下山は山頂から少し下った分岐より「山の神」へ。
e0164643_2052439.jpg


途中の案内、左へ行くと山の神だが、今回はカニのはさみ岩へ行くために尾根を真っすぐに。

蟹足岳分岐。ここで一人の男性が、Mishanの地図を見ながら考慮中~。蟹足岳は展望がないと言うし~。私どもはお先に蟹足岳へ。結構な急登でございました。山頂(地図は819ḿ。山頂標識は821.7ḿ)は展望はありません。

先にテープがありましたので、少し進み、左折すると踏み跡が薄い。だが、GPSを見て、岩峰もすぐ先に見えるので進むと「カニのはさみ岩」への分岐に到着。

先ほどの男性と丁度鉢合わせ。「早かったですねぇ~」「ネットで見た梯子はもうちょっとしっかりしていたような~~怖かった」

取りつきに到着。Mishanの写真では2段あった梯子の横棒が上の小さいのしかありません(>_<)

相方さんがシュリンゲを出し、登りやすくし、落ちていた横棒をかけてロープでくくって固定します。何とか登れそうです。
e0164643_21204593.jpg


そんな苦労は忘れて、馬鹿の高登りよろしく、それぞれのポーズ(^_-)-☆
e0164643_21234743.jpg


下山も大変でした。相方さんが使用したシュリンゲとロープの回収。higeさん・mamaさんのほほえましいツーショット-☆☆  この場所はちゃんとした梯子が欲しいですね。
e0164643_21261616.jpg


一休みして呼吸を整えて、さぁこれから激下り。落石に注意して転ばないように~~
e0164643_21321091.jpg


林道に無事に到着。ちょっと休憩。アケビを見つけ、飾り用に2個いただきました。
e0164643_2139483.jpg


林道をてくてく歩きながらお花散策競。  今日見かけたお花の一部。
フジカンゾウ、ツルリンドウ、ベニバナボロギク、ナツエビネ、カラスのゴマ
e0164643_21421344.jpg


下山後、カニのはさみ岩がよく見える場所へ移動し、しばし撮影タイム。
e0164643_21511958.jpg


higeさん・mamaさんとはここでお別れ。私どもはとある場所へ移動し、花を探しますがもう終焉でした。残念~~

今回の軌跡です。
e0164643_21455823.jpg


higeさん・mamaさん、エルちゃん、お疲れ様でした~~
by nobucyansyuncyan | 2017-09-26 21:54 | 熊本県の山 | Comments(6)

熊本の山での福寿草鑑賞2日目です。

五木の道の駅にて朝を迎えます。どんよりとした空。福寿草は開いてくれるかな??

今日の仰烏帽子山での目的は福寿草、2年前に歩いた尾根のリベンジ、まだ見ぬ霜柱のお花(?)

e0164643_20455794.jpg


15回目:2月26日(日)   仰烏帽子山    天気:曇り    6名
ルート:第2登山口(7:48)→分岐・山頂へ(8:41)→風穴(9:27)→仰烏帽子山
   (9:55~10:10)→展望台へ(10:24~10:31)→椎葉谷分岐(11:11)→
    仏石(11:45)→昼食(12:11~12:40)→群生地→三角点(13:40)→
    第2登山口(14:52)

それぞれの車に乗り、元井谷第1登山口へ。上の空地に我が家の車をデポ。
higeさん号に乗せてもらい、第2登山口へ。まだ5台目だったので余裕です^^
e0164643_211793.jpg


霜柱のお花。お初です。白髪岳やここにあるというので、是非とも出会いたいと思ってました。
e0164643_2120573.jpg

シモバシラ(シソ科の多年草の植物)
シモバシラの茎は冬になると枯れてしまうが、根はその後長い間活動を続けるため、枯れた茎の道管に水が吸い上げられ続ける。そして、外気温が氷点下になると、道管内の水が凍って、茎から氷柱ができる。この現象は、地中の根が凍るまで続く。(ウィキペディアより)


写真を撮っていると、「何ですか~」と声をかけていきますが、「霜柱です」と答えると、「ふーん」と言って通り過ぎていきます^^

今日は曇天なので、気温が高くなる午後からの方がお花も開くだろうと、先に山頂へと進みます。
e0164643_21272739.jpg


風穴では生温かい風が出ています。眼鏡がすぐに曇ります。

快適な尾根歩き
e0164643_2131295.jpg


兎群石山は皆さん行ったことがあるので、今回はパス。

山頂に到着。曇っていて眺望はよくありません。市房山もそれらしき山が見えますが・・・
e0164643_21364489.jpg


行動食を食べて、下山開始。展望台へと進みます。そして椎葉谷を下ります。
私どもは2回目ですが、皆さんお初のルート。少々荒れています。
e0164643_21415031.jpg


e0164643_2142698.jpg


時には気持ちのよい道もあります^^
e0164643_21425154.jpg


苔と沢の水音に癒され~~
e0164643_2145445.jpg


分岐に到着。仏石へのルートを進みます。鎖場がありました。新しいようですね~~
e0164643_2149237.jpg


覆い被さるような岩峰を過ぎると仏石に到着。

仏石付近にも群生はあるのですが、何か少ないですねぇ~~
e0164643_2153191.jpg


群生地手前の広場で昼食タイム。ここで結構皆さん食事をされています。

群生地へと移動。昨日、白崩平で青空の下で見た福寿草が輝きを放っていましたので、今日の福寿草はひっそりと自分の存在を示すような・・・
e0164643_2214248.jpg


ここで山友さんのカントさんの会のグループの方々にお会いしました。カントさんは今回不参加とのこと。2年前にもカントさんと山頂でお会いしましたが・・・

第2登山口の手前から尾根へと進みます。2年前に歩いた時、支尾根へと途中から進みましたので、今回はリベンジです。higeさんは第2登山口からの道を歩きたい。出来たら椎葉谷も~~

私はこの尾根を歩き、デポした場所に辿り着きたい。それぞれの歩きを取り入れての今回の山です。

e0164643_22155434.jpg


急下りの連続。ここは登りたくないよねぇ~~の道が続きます。

無事にデポした駐車地点に到着。運転者のみを乗せて第2登山口へ車の回収へ。

kyonさん、amiさん、higeさん、mamaさん、お疲れ様でした~~

お陰様でお初の霜柱にも出会えましたし、尾根の検証も出来ました。

感謝・感謝の2日間でした。
kyonさん、amiさん、higeさん鍋に釣られての特別参加、有り難うございました。

今回の軌跡です(higeさんよりいただきました。私のは途中で電池切れー)
e0164643_22264517.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-02-28 22:35 | 熊本県の山 | Comments(18)

恒例となりつつある熊本の山での福寿草鑑賞。

さて、今年もMishanの八山会の企画に参加するつもりでしたが、ご一緒するhigeさんご夫妻が上福根山がまだ未踏とのことなので、上福根山まで足を延ばすことにしました。

オコバ谷分岐から上福根山までは往復2時間半から3時間かかります。Mishanたちとの待ち合わせの時間9:10ではちょっと厳しいかなぁーで、少し早めに出発です。

e0164643_9483482.jpg


14回目:2月25日(土)   岩宇土山・上福根山   天気:晴れ   4名+2名
ルート:古代の里駐車場(7:33)→登山口(8:00)→山ノ神(9:05)→鍾乳洞→
   久連子岳(9:32)→展望所(9:43~9:53)→岩宇土山・1347ⅿ(10:03)→
   オコバ谷分岐(10:13)→林道(10:44)→上福根山・1645ⅿ(11:35~12:13)
   →林道(12:44)→オコバ谷分岐(13:04)→白崩平(13:37~14:25)→
   オコバ谷登山口(15:00)→古代の里駐車場(15:45)

前日の24日の14時ごろ、車中泊用にセットして我が家を出発。

玖珠・阿蘇・熊本・大津・大通越を経て五木の道の駅へ。やはり遠いですねぇ~~

22時ごろ到着されたという(熟睡中で覚えていません)higeさん号。

25日、朝食を済ませ、higeさん号に相乗りさせていただき、古代の里へ。ここに車を置いて出発。
e0164643_10274171.jpg


ミキサー車と何度かすれ違いながら登山口に到着。足場の悪い急登です。

山ノ神に手を合わせ進み、その先のロープ箇所。ロープ以外 手掛かりはありません。
鍾乳洞への道も岩とロープを手掛かりに~~  第一村人の福寿草を発見^^
e0164643_10313450.jpg


鍾乳洞では石筍を探すも・・久連子岳(1240ⅿ)へと進みます。古代の里が眼下に見えています。
e0164643_10384859.jpg


ザレた道を進み、足場の良い場所で一休み。昨年の秋に歩いた稜線が見渡せます。
霧氷が付いており山頂は白いですね(^^♪
e0164643_10422599.jpg


鹿避けネットの横を通り、通過点上にある岩宇土山(1347ⅿ)にて記念撮影。
e0164643_1045357.jpg


10:13オコバ谷分岐に到着。ここから上福根山へと進みます。私どもも10数年前に来たことはありますが・・・草ぼうぼうの林道。ここからまた急登です。

途中で見かけた「コアカミゴケ」。登山道は少し雪が残っていました。
e0164643_10573393.jpg


霧氷の名残にも何とか間に合ったようです^^
e0164643_1058223.jpg


山頂でランチタイム。白い山並みを見ながら昨年の秋のことを4人で思い出話~~

オコバ谷分岐までは同じ道を歩きます。崩落した道を右手に見ながら白崩平へ。
希少植物を鹿害から守るために張られたネットのゲートを開けて入ります。
e0164643_1143233.jpg


満開の福寿草。快晴なのでパラボラアンテナが開いています(^_^)/
e0164643_116596.jpg


e0164643_1172896.jpg


相方さんが花弁がギザギザのを見つけました~~
e0164643_1182224.jpg


私たちが来るということで、宮崎の山友のまっちゃん御一行が待っていてくれてました。
白崩平で一緒になったamiさんご夫婦も交えて記念撮影。どうもお待たせして申し訳ありませんね。
e0164643_11144363.jpg


久し振りの再会。またどこかの山を一緒に歩きたいですね。

お花を目一杯堪能し、下山に取り掛かります。amieさんご夫婦と一緒に6人です。

途中でオニシバリを見つけ、またまた撮影タイム。

古代の里にやっと到着。待っていてくれたMishan御一行と少しお話を~~
いただいたお饅頭が美味しかったです。有難うございました<(_ _)>

まっちゃん、Mishanたちとお別れして、セリバオウレンの場所へ。今年は株が少ないような~~
e0164643_11281587.jpg

e0164643_11283523.jpg


今日の軌跡です(higeさんからいただきました)
e0164643_11321894.jpg


夢唄で入浴、ここでも花友さんにお会いし~~五木の道の駅へ行くと、やまごえさんご夫妻が・・・
あら、どうしてここにいるの~~お互い様ですねぇ~(笑)

higeさんご夫妻、amiさんご夫妻と6人で小宴会。途中で花友さんが乱入(??)

秋の花巡りの話もまとまり^^楽しい宵も更けました。
by nobucyansyuncyan | 2017-02-28 11:45 | 熊本県の山 | Comments(14)

脊梁の2日目は昨日下山した泉五木トンネルから、鷹巣山~積岩山のピストンです。

いーさんは早朝に出発されたようで、もう車はありません。

昨日のhigeさん鍋にお餅を入れて食べ、準備を済ませて出発です。

99回目:10月30日(日)   鷹巣山・蕨野山・岩茸山・積岩山
               天気:晴れ    4名+エルちゃん

今日もエルちゃんはhigeさんの背中に背負われています^^
e0164643_1662477.jpg


ルート:登山口(7:27)→分岐(7:41)→鷹巣山(8:28~8:30))→
    蕨野山((9:10~9:18)→岩茸山(9:38~9:40)→岩茸越(9:55)
    →積岩山(10:01~10:32)→岩茸山(10:48)→蕨野山(11:06)→
    鷹巣山(11:42)→分岐(12:14)→登山口(12:31)

一気にぐーーと登ります。結構 足に来ます。分岐に登りあがってほっと一息。
e0164643_16271883.jpg


これから進む山が見えています。お花はなし。昨日と同じくキノコを眺めながら・・・

時折、きれいな黄葉が・・・
e0164643_16295047.jpg


鷹巣山、山頂付近はアセビが蔓延っており、かき分けて進みます。道がわかりづらい。
何とか山頂に到着。山頂は少し登山道から外れたところにありました。
e0164643_16363946.jpg


鷹巣山(たかすやま、1454ⅿ)、蕨野山(わらびのやま、1438ⅿ)
e0164643_16375852.jpg


higeさんとエルちゃん
e0164643_1641389.jpg


癒しの森
e0164643_16422883.jpg


e0164643_16424517.jpg


e0164643_16425869.jpg


岩茸山(いわなばやま、1438ⅿ)を経て、積岩山(つみいわやま、1414ⅿ)に到着。
e0164643_16471719.jpg


下山は同じ道を戻ります。岩宇土山などを眺めながら~~
e0164643_16514963.jpg


今回登った山は、全部お初の山です。脊梁は奥深い山ですね。

何度も足を運びたいのですが、遠い~~ですね。

お付き合いいただいたhigeさん、mamaさん、どうもお世話になりました。

お天気に恵まれた楽しい2日間の脊梁の山旅でした~~<(_ _)>
by nobucyansyuncyan | 2016-11-02 16:57 | 熊本県の山 | Comments(4)

10月29日~30日で脊梁の山を歩いてきました。

今回、山歩きのお誘いが重なりまして・・・最初の約束を最優先(^^♪

e0164643_15403969.jpg


我が家からは熊本・五家荘は遠い。金曜日の13時半に一般道を通って、玖珠や阿蘇の道の駅に寄り道しながら待ち合わせ場所の五木の道の駅へ。お二人の到着を待ちます。

ほどなくhigeさんご夫妻も到着。

98回目:10月29日(土)  高塚山・石楠山西峰・石楠山東峰・南山犬切・七遍巡り
              天気:晴れ   4名+エルちゃん
ルート:登山口(7:52)→高塚山(8:53~8:59)→分岐(10:15)→石楠山西峰
   (10:29)→石楠越(10:35)→石楠山東峰(10:46)→南山犬切
   (11:52~12:19、昼食)→七遍巡り(12:43~13:16、水上越へ散策)
    →南山犬切(13:33)→石楠山東峰(14:27)→石楠越(14:33)→
    石楠山西峰(14:41)→分岐(14:46)→下山口(15:00)

準備が出来たので6時少し前に道の駅を出発。下山口の「泉五木トンネル」出口の空き地に我が家の車をデポ。higeさん号で高塚山登山口へと戻る。
7:52登山口を出発。六地蔵登山口への分岐を過ぎ(9:31)、1時間ほどで高塚山(1508.2ⅿ)に到着。
e0164643_19455635.jpg


素晴らしい尾根歩き。紅葉は落葉が目立ち、冬枯れの中を歩いているような感じ。
e0164643_19561226.jpg


時たま青空に映える紅葉が・・・
e0164643_19565635.jpg


鷹巣山分岐(10:15)を過ぎ、石楠山西峰(1442ⅿ)に到着。そして石楠山東峰(1433ⅿ)へ。
e0164643_209155.jpg


先ほど登った高塚山
e0164643_2092928.jpg


e0164643_209534.jpg

存在感のあるブナの古木。

癒しの紅葉
e0164643_20244417.jpg


南山犬切(1561.9ⅿ)に到着。ここでランチタイム。そして七遍巡り(1590ⅿ)へ。
トリカブトの群生地へと赴くが、もう花は完全に終わっていました。
e0164643_2020956.jpg


市房山などの展望を眺め、緑のきれいな苔の道を戻る。
e0164643_2022871.jpg


写真撮影に忙しいmamaさん(^^♪
e0164643_20271846.jpg


今日はお花は極・極少ない、代わりに名前のわからないキノコがた~くさん。
鷹巣山分岐から少し鷹巣山へと進み、トンネル下山口へ。
e0164643_20363718.jpg


今日は上の紅葉を見るより、下の落ち葉がきれいでしたね^^
e0164643_20385123.jpg


今日の軌跡です。
e0164643_20392772.jpg


温泉で汗を流し、表へ出ると相方さんたちが「いーさん」と談笑中。
今日は大金峰・小金峰へと行ってきたとのこと。なんか大変だったとのこと~~

higeさんが用意した鍋を囲みながらの楽しい宴。
明日のお山を一緒にとお誘いしましたが、やはり予定している山へといくとのことでした。

では、明日もありますのでお休みなさ~~い
by nobucyansyuncyan | 2016-11-01 21:02 | 熊本県の山 | Comments(4)

阿蘇の草原を散策

8月8日(土)は五ヶ瀬にて17時ごろ集合でしたので、その前に阿蘇のお花散策へ。

今日はとっても素晴らしいお天気。空が真っ青!!

ここのところ、こんな青空にお目にかかってません。山も良く見えてます~♪

兜山展望所より眺めた阿蘇。噴煙が上がっています。
e0164643_16365134.jpg


78回目:8月8日(土)   天気:晴れ

菊池渓谷を散策予定だったが、夏休みで土曜日、多分駐車場はもう満杯かも~~で兜山展望所より清水谷までのお花散策。そしてその他の草原散策へ。

今日、見たお花の一部です。

ユウスゲ、コオニユリ、フシグロセンノウ、タムラソウ
e0164643_16443630.jpg


バアソブ、コバギボウシ、エゾミソハギ、メマツヨイグサ
e0164643_1646563.jpg


カワラナデシコ、クサフジ、ママコナ、ヤマジオウ
e0164643_1649785.jpg


そしてもっとも会いたかったヤツシロソウ(昨年に続き、二度目です^^)
e0164643_16522876.jpg


タチフウロ、ヤツシロソウ(まだつぼみもありました)
e0164643_16533135.jpg


オグラセンノウ、ノヒメユリ、ワレモコウ
e0164643_16542521.jpg


お風呂でさっぱりとして、待ち合わせ場所へ行くと、1組を残してもう皆さん集合していました。

早速、食事の準備です。我が家の献立は刻み穴子入りのちらし寿司。レトルトのご飯を温め、これまた超簡単なお寿司の素を使用。それと野菜サラダ。

13名が集まりました。賑やかな酔い・宵が更けていきます~~(^^♪

夜中に起きて星空を眺めます。満天の星空!!

流れ星がスーと尾を引いて流れました。それもほんのちょっとの時間で二つも。

とっても幸せな気分でした~~♪
by nobucyansyuncyan | 2015-08-10 17:10 | 熊本県の山 | Comments(4)

五木村にて

2月28日、岩宇土山を案内していただいたMishanさん達とお別れし、私どもは五木村へ。

場所がはっきりとしませんので、途中で携帯へ。

「竹ノ原」から左折するとすぐですから~~とのことで向かうと、山友さんが外へ出てくれていました。

メニューは猪のボタン鍋と鹿肉のバーベキューです。

男性は「いろり」で火をおこし、炭火でのバーベキューの準備中。

女性は野菜を洗って、それぞれのメニューに合わせ材料を切っています。

私も早速お手伝い。ブロッコリー、レタスなどの野菜サラダを作ります。

ワイワイガヤガヤ、口も動かしますが、手もよく動いています(^^♪

あっという間に用意が整い、宴会の始まりです。私どもを含めて総勢14名。賑やかです^^

自己紹介、遠くは広島から。昨年、後立山を歩いた時に知り合ったそうです。3名の方が初対面。

宴もたけなわとなり、パソコン・プロジェクターで歌の開始。いろんな山の歌がありますね。

私は途中でダウン。二階のロフトで寝袋の中。いろんな話が飛び交っていましたが、子守唄のよう。。。


さて、夕方から降っていた雨は、起きた時点でまだ降っています。

皆さんは雨具を着けて準備中。だが雨だと花は咲かないしねぇ~~

結局、里でも見られる「古代の里」へ。私どもは皆さんとお別れし、のんびりと帰路につきました。

中国地方からお出でだったのに残念でしたねぇ~~

またどこかの山でお逢いしましょう!!

一晩お世話になった山小屋風の「ロータリーヒュッテ」  宿泊代:1人500円。
水道・電気あり。ガスは無し。トイレはきれいではありませんがありました。
e0164643_22232636.jpg

by nobucyansyuncyan | 2015-03-03 22:27 | 熊本県の山 | Comments(0)

岩宇土山へ・・・福寿草

道の駅五木にて車中泊。 今日はお天気も良さそう!!  星がきれいでした。

きれいな福寿草が見られそうです(^O^)/
e0164643_16241937.jpg


ぐっすりと眠れましたが、4時過ぎに一つ開けて駐車した2トントラックがエンジンをかけっ放しで仮眠しているようで、目が覚めてしまいました。

6時ごろまで我慢。シュラフの中にもぐりこんでいました^^

朝食を済ませ、待ち合わせの時間まではだいぶあるので、「古代の里」へ移動する旨、連絡をしてゆっくりと狭い道を走って登山口手前の「古代の里」へ。

20回目:2月28日(土)    岩宇土山(1347m)     天気:晴れ    11名
ルート:古代の里(9:10)→登山口(9:32)→山ノ神(10:41)→鍾乳洞(11:08)→
    久連子岳(11:13~11:18)→昼食→岩宇土山(12:18)→オコバ谷分岐(12:26)
    →群生地・白崩平(12:50~13:20)→オコバ谷登山口(14:00)→古代の里(14:33)

セリバオウレンを探索したり、久連子鶏を眺めて皆さんの到着するのを待つ。
e0164643_16483924.jpg


三々五々集まり、9:10に「古代の里」を出発。久連子荘(今は営業していない)横の登山口へ。
最初から急登です。Mishanさんが消えかかった字に加筆して登山道整備です。御苦労さま<(_ _)>
e0164643_1648116.jpg


山ノ神に到着。ここで一休み。これからはロープに沿って道をトラバース。落石に注意です。
e0164643_20182531.jpg


鍾乳洞の中を探索。石筍を楽しみにしていたのですが、もう融けてしまってました。久連子岳(1240m)へ。

風を避けてランチタイム。今日も温かいカップ麺です^^  そして岩宇土山へ。尾根上のピーク地点ですので山頂標識がないと見逃しますね。見えてる山は高巣山です。
e0164643_20335287.jpg


オコバ谷分岐から下ります。白崩平の群生地へ向けて一目散~~(^^)

お天気も上々♪  黄金色の福寿草が輝いています(^O^)/  蕾もまだまだあります。
e0164643_20424366.jpg


e0164643_20433534.jpg


e0164643_2044483.jpg


e0164643_20444586.jpg


e0164643_20462660.jpg


下山中も斜面に福寿草がた~くさん。足が止まります(^^♪
e0164643_20504522.jpg


渡渉をし、オコバ谷登山口に着きました。林道を歩き、出発地点の「古代の里」に無事に帰り着きました。
e0164643_20532865.jpg


今日、見かけたお花です。セリバオウレン、オニシバリ、ネコヤナギ
e0164643_20555410.jpg

e0164643_2057199.jpg


「福寿草祭り」開催中の「古代の里」で少しお買いもの。ここで皆様とお別れです。

私どもはジャンダルムを一緒に歩いた山口の山友が、仰烏帽子岳の福寿草観賞にお出でになるとのことで五木の竹ノ原の宿にて合流です。

明日は雨予報なんですが、山は?お花は??
by nobucyansyuncyan | 2015-03-03 21:13 | 熊本県の山 | Comments(4)

やはり年に一度はこの春を告げるお花を見ないことには~~とのことで出かけてきました。

それも熊本・脊梁まで日帰りで~~(~o~)

今年はまだ早かったのか?  お花はちょっと少なめでした。けど綺麗だった(^^♪
e0164643_22361863.jpg


17回目:2月21日(土)    仰烏帽子山(1302m)    天気:曇り   2名+2名
ルート:駐車地点(8:21)→登山口(8:30)→夫婦杉(9:18)→稜線へ(9:43~9:47)
    →風穴(10:02)→兎群石山へ10:27~10:49)→仰烏帽子山(10:51~10:57)
    →仏石(11:39)→お花散策・昼食→下山口へ(13:05)→三角点(13:12)→
    尾根を外す(13:41)→登山口(14:23)→駐車地点(14:34)

朝 3:20に目覚ましをかける。すっきりを起きれた(^^♪

パソコンのスイッチを入れ、天気予報を確認をする。夕方まで天気はもちそうだ。

コーヒーを沸かし、ポットに入れて、もろもろの用事を済ませ、4時に出発するが、忘れ物をし引き返す。

4:08再度出発。筑後小郡I・Cより高速へ。松橋I・Cで下りて登山口の元井谷へ。

登山準備をしながら、パンとコーヒーでここで朝の食事。

第2登山口へと行かれる車が通ります。その中の一台と偶然 目が合う。日田のUさん御夫妻。

旅は道連れで、一緒にここより登ることとなりました。

下にある登山口へと歩きます。下山はこの駐車場に下りる予定なのですが・・・・
e0164643_23141096.jpg


以前より相当に荒れています。沢も大きな石がごろごろ。
e0164643_23181553.jpg


9:44、稜線に到着。すると駐車場で御一緒だった方が第2登山口の方へと進む様子。
山頂へ行かないんですか~と聞くと「初めて来たのでわからなかった」とのこと。山友のMishanの地図を印刷してきていたので、現在地や山頂・群生地を説明する。

その時にポシェットに入れた筈の地図を落したようで、途中で失くしたことに気がつく。緯度・経度を書き込んだ地図も別にもってきていたのだが、一緒にしていたので・・・

まぁ、頭の中に入っているからいいか~~・・・・これが大失敗の元となりました。

風穴に立ち寄り、ほんのちょっと残雪のある登山道を進み、兎群石山に。
ここの案内板も綺麗になっていましたね。以前はやっと字が見える程度の標識でしたが。
e0164643_23304893.jpg


仰烏帽子山に到着。「あぁ、見たことのあるお顔の方が・・・」 久留米のカントさんとそのお友達でした(^^♪

山頂にて一緒に記念撮影。またよろしくお願いします<(_ _)>

仏石の群生地へ。ここで「やまごえさん」とも再度お逢いしました。今日はもう一座登られるとのことでしたが。
e0164643_2337317.jpg


e0164643_13103725.jpg


第2登山口近くの分岐より尾根に取り付く。夫婦杉へと下る道は以前歩いたことがあります。
今回は尾根を歩き、駐車した地点へと下山の予定。地図が手元にないので「何かなし尾根を外さないで歩こう!
e0164643_13134132.jpg

e0164643_1342398.jpg


そしてピンクのテープが付いていたのでそれを追う。すると途中でピンクと白のテープが両方ついており、そこからは白のテープしかない(この時点で尾根を外し、間違ったようだ)

途中でGPSを見ると軌跡は左へとなっている。そして右側に通るべき尾根が見えています。

急下りの連続でしたが、まぁ事故も無く、無事に下山出来ました。
地図はザックの中に予備を用意しておかなくては・・・・・反省ですぅぅぅ

登山口より駐車地点へ戻り、ホッと一息。コーヒータイムです。

日田のUさん御夫妻、今日はお付き合いを有難うございました。お世話になりました<(_ _)>

今回のGPSの軌跡です。
e0164643_1353335.jpg

by nobucyansyuncyan | 2015-02-24 14:02 | 熊本県の山 | Comments(6)