カテゴリ:歴史散策( 3 )

郷土史を研究しているOさんより、以前写真を見せた庚申塔を見に行きたいのだけど~~

今回、国東の山友の「じなしさん」にご無理を言いましてお付き合いいただきました。

Oさんの希望は「ペトロ・カスイ岐部神父」とカニの彫り物のある庚申塔。

我が家を8時過ぎに出発。じなしさん宅へ。早速、ペトロカスイ岐部神父の場所へと移動。

少雨の中、じなしさんの説明。
e0164643_21365567.jpg


e0164643_634671.jpg


e0164643_21462056.jpg


e0164643_21485329.jpg


ペトロ・カスイ岐部神父の前で
e0164643_2147492.jpg


岐部神社へ立ち寄る。灯籠などにも隠れキリシタンの文様がうかがえる。
e0164643_21561489.jpg


岐部家のお墓にも案内していただく。周りにあるお墓の字にも隠れキリシタンの痕跡ではないだろうかと、じなしさんの説明。

昼食後、夷(えびす)にある庚申塔へ。一番下の台座にカニが彫られています。
そして別の場所の庚申塔へ。走水庚申塔(江戸期・享保4年の作)とのことです。
e0164643_2213998.jpg


国東にはこのような庚申塔がたくさんあります。

そして先日行った大不動岩屋。そこへも行ってみたい様子だったが、雨の後で足元が悪いのでまたの機会に。

地元・みやこの郷土史の編集をされているOさん。
国東へもよく足を運ばれているようですが、やはり地元のじなしさんの詳しい説明で、一つ・一つに納得された様子。

じなしさん、今回もお世話になりました<(_ _)>  感謝・感謝で~~す!!

またの機会があると思います。よろしくお付き合いお願いいたします。
by nobucyansyuncyan | 2015-12-16 22:38 | 歴史散策 | Comments(2)
朝 起きた時、外はどんよりとしていた。

買い物に行って、帰りは青空が見えていた。太陽が眩しい(^^ゞ

昼ご飯を済ませると、相方さんが天気もいいし、何処か行こうか~~♪

で、出かけた先が昨年 NHKのドラマで黒田官兵衛に負けた宇都宮重房の山城があった「城井ノ上城址」  
他城(たしろ)のイロハモミジがきれいかも~~☆
e0164643_23354887.jpg


111回目:11月8日(日)   城井ノ上城址   天気:曇り時々晴れ   2名
ルート:駐車場(12:56)→登山口(13:05)→番人の穴→展望所→他城のイロハモミジ
    →登山口(14:33)→駐車場((14:30)

寒田の牧の原キャンプ場の紅葉がきれい!
e0164643_1419165.jpg

e0164643_14193997.jpg


駐車地点にある宇都宮重房の案内板。
e0164643_14215537.jpg


登山口までの道筋にある三丁弓の岩を通り、登山口へ。  表門から歩きます。
e0164643_14255323.jpg


倒木が一瞬 イノシシの姿に見えました^^

番人の穴から鎖が設置しているところを通り、裏門へ。裏門の上を通りますが風が強くて大変でした。
e0164643_14295028.jpg


e0164643_14464883.jpg


急坂を下り、石抱きもみじの箇所を過ぎ、滑りやすい沢を歩いて他城のイロハモミジへ。
e0164643_14411420.jpg


e0164643_14415542.jpg


e0164643_14432263.jpg


帰りは求菩提方面へ少しは知り、「鬼の雁木の滝」へ。
e0164643_14524644.jpg


ここの紅葉はもう少し先のようです。

束の間の晴れ間を利用しての里山歩きでした^^
by nobucyansyuncyan | 2015-11-09 14:57 | 歴史散策 | Comments(6)

長崎街道を歩く

e0164643_1314435.jpg

ネットのお仲間で「山が呼んでる」のそよかぜさんが2月から長崎街道を歩いています。

長崎から始まり、最後だけでもお仲間に入れていただこうとメールをすると、終点の小倉には5月9日に予定しているとのこと。

午前中は用事があり、午後からの参加とし、うまい具合に落ち合うことが出来るか心配だったのですが・・・・

先ずは私たちも起点(終点)の常盤橋へと出向く。

常盤橋の麓には案内板と茶店があり、「常盤橋を渡った白象」のいわれが書いてあり、今日は黒崎から歩いているので、そろそろ疲れも出ており甘い物でもと「白象まんじゅう」を買い求める。

e0164643_13274632.jpg


長崎街道の一部分を歩き、西小倉駅近くになると、道路が拡張されていたりで分かりづらい。

近くの方にお聞きしても「さぁ~?」

大門(だいもん)の先で信号待ちをしていると、ザックを背負った面々が・・・・・

うまい具合に合流することが出来ました(^O^)/

それからは皆さんと一緒に歩く。街道歩きは初めてです。

昔の街道になるべく忠実に~~  歩きながらいろいろとエピソードもお聞きしました^^
e0164643_1337235.jpg


常盤橋に到着。ここで記念撮影。私も集合写真のお仲間に入れていただきました(相方さん撮影)
e0164643_1339068.jpg


これからは最終地点である門司往還道の大里を目指すとのこと。さぁ~出発。
e0164643_1342425.jpg


デパート「コレット」の中を往還道は通っています^^
e0164643_1344668.jpg


「門司口橋」を通り、貴船神社に立ち寄り、閻魔堂へ。

普段閉っているのだが、水曜日に有志の方が集まっているとのことで開いていましたので中を見せていただく。

写真撮影もOKとのことで、初めて閻魔様のお姿を拝見しました。

お茶の御接待もいただき、感謝です。
e0164643_13541819.jpg


願かけ地蔵さんの「かかえ地蔵」があるとのことで、健康を願いまして石のお地蔵さまをかかえさせていただきました。

e0164643_13572224.jpg


e0164643_148646.jpg


さぁ~最終地点はここです。
e0164643_1444791.jpg


が、ここではないか?と思われる場所には工場が立ち、立ち入り禁止の表示が(>_<)

港も立ち入り禁止の表示。少し海岸沿いに戻り、「ここに決定しよう!!」

そこでサプライズの演出を~~^^

ゴール用のテープを出し、皆さんにテープを切っていただきました(*^。^*)

終了後のひと時
e0164643_14173674.jpg


18時を過ぎました。夕暮れ時となりました。
e0164643_14202867.jpg


門司駅まで歩き、JRに乗り、出発地点の黒崎へ。長崎から黒崎までは車で来たそうです。

約3時間。お疲れ様でした。

私どもは小倉駅で日豊本線に乗り換え、行橋まで。


長崎から小倉までの長崎街道、228キロ。

11日間をかけて歩いたとのこと。最後は門司往還道の大里まで。

なるべく忠実に街道を歩き、史跡を訪ねて歩き通す。

なかなか出来ることではありません。

そよかぜさんとそのお仲間に乾杯!!

その最後に御一緒出来たことに感謝!!
by nobucyansyuncyan | 2012-05-11 14:34 | 歴史散策 | Comments(2)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan