信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大分県の山( 216 )

氷結の御池・くじゅうのお山へ。

今季・冬のくじゅうをまだ歩いていないーー

凍った御池を歩きたい~~で真っ白になった英彦山への誘惑を振り切ってくじゅうへ。
e0164643_992095.jpg


14回目:2月18日(木)  久住山・天狗ヶ城・中岳  天気:晴れ  2名
ルート:牧ノ戸(7:50)→展望所(8:15~8:20)→久住山(10:20~10:25)
    →天狗ヶ城(11:06~11:10)→中岳(11:25~11:31)→御池
   (11:45~12:25、昼食)→牧ノ戸(14:25)

早くに目が覚めたので、5:20に出発。いつもの道、広域農道・耶馬渓・玖珠を経て牧ノ戸峠へ。大曲の手前から圧雪した雪道になっていました。平治号の前の長者原駐車場は1台の車。大曲も1台。牧ノ戸駐車場は結構停まっていました。
e0164643_9322932.jpg


登山届を提出。帰着時間は14:30(5分違い、自分でもびっくりポンです^^)

雪のコンクリート道を進み、最初の展望所にて衣服調整。
そして九重のパノラマ展望所へ。阿蘇の涅槃像など素晴らしき眺めです(^^)/
e0164643_9394043.jpg


展望所の温度計は-11℃  けど陽射しがあり、寒さを感じません。

由布岳
e0164643_9402466.jpg


沓掛山を振り返る
e0164643_9415899.jpg


三俣山・・・どれも素晴らしい眺めです。  やはり今日 来て良かった~~(^^♪
e0164643_943228.jpg


素晴らしい雪景色に足は前になかなか進みません^^
e0164643_954886.jpg


e0164643_9543773.jpg


後ろを振り返ると涌蓋山もまた素晴らしい!!
e0164643_9562658.jpg


祖母山の展望
e0164643_9574692.jpg


ロープに付着した雪はブレードのよう(^◇^)
e0164643_1031572.jpg


9:48、避難小屋。スルーして久住山へ。

星生山と避難小屋。  帰り、星生山はどうしようかな~??
e0164643_1013712.jpg


久住山(1786.5ⅿ)、天狗ヶ城(1780ⅿ)、中岳(1791m)に登頂。
e0164643_10193729.jpg


久住山と御池
e0164643_10214783.jpg


さぁ、氷結の御池へと行きます。氷上散歩です(^^♪
e0164643_10233738.jpg


e0164643_10241571.jpg


御神渡りも見られます。
e0164643_1025674.jpg


帰り支度をしていたら、あら まぁ 英彦山の常連のSさんとバッタリ~^^

氷結の御池を見に来た、とのこと。帰り道はご一緒に~~

大きなワンちゃんを連れた方に、写真を撮らせていただきました(ブログ掲載OK)
e0164643_1049112.jpg


14:25牧ノ戸駐車場に到着。

今日のGPSの軌跡です。
e0164643_1053151.jpg


時間もまだ早かったので、とある場所へお花散策。
e0164643_10565894.jpg


e0164643_10571838.jpg


地元の方が言ってましたが、「毎日、皆さんお出でになるがまだ早いですよ。アズマイチゲは3月10日ごろしか咲かないよ」とのこと。

またそのころ、機会があればお花散策に出向きたいと思っていますが・・・
by nobucyansyuncyan | 2016-02-20 11:06 | 大分県の山 | Comments(12)

酒吞童子山へ

続きです。

三国山~国見山のピストンをし、登山口に着いたのが13:30。

予定は酒吞童子山。周回で約2時間コース。けど移動などで時間がかかるようであれば猿駈山でもいいですよ~(私どもは先日 干支の山で登ったが、他の方はお初なので)

いや、予定通り行きましょう!でお初の酒吞童子(しゅてんどうじ)山となりました。

ルート:登山口(14:02)→小鈴山(14:16)→分岐(14:30)→酒吞童子山
    (14:57~15:02)→分岐(15:37)→下山口(15:37)→林道歩き
    →駐車地点(16:03)

駐車地点の温度計は4℃、風は冷たいです。
この階段は持ち上げる足の高さに比例しておらず、きつかったです。よっこらしょの掛け声。
e0164643_10483822.jpg


ふーとため息をついたところが小鈴山の山頂。1120ⅿ  そして下る・下る~
分岐に到着。下山時はここまで戻ります。
e0164643_10541365.jpg


登山道。きれいに整備されていますね。
e0164643_10573656.jpg


鎖場を登りあがると山頂。1180.5ⅿ
e0164643_10594946.jpg


e0164643_1105893.jpg


釈迦岳・御前岳が微かに見えていますね。分岐まで戻り、スーパー林道へ。

林道を少し歩き、駐車地点へ。皆様、お疲れ様でした。

今回のGPSの軌跡です。
e0164643_1164941.jpg


今回、一番楽をしたのは「エルちゃん」

倒木を潜ったりして2回ほどザックから飛び出ましたが、higeさんの背中のザックの中で楽ちんでしたね。担いでるhigeさんは大変だと思いましたが・・・

上り坂のきついとき、思わず「エルちゃん、代わってよ~~」と叫んでいた私です^^
e0164643_1121920.jpg


林道歩きの時に酒吞童子山の名前の謂れをhigeさんから聞きました。

この山の名前と石楠花の郷が近くにあるとのことで、いつかはお花の時季に登りたいと思っていた山です。山の中に花芽の付いた木もありました。

思わぬことで4座登れました。御同行の皆さんに感謝です<(_ _)>
by nobucyansyuncyan | 2016-02-02 11:32 | 大分県の山 | Comments(10)

干支の山・猿駈山へ

今年は猿年。このところ毎年続いている「干支の山歩き」

大分に猿駈山、佐賀に猿岳、長崎に猿葉山があるようだ。

4日(月)はお天気もよさそうだし、干支の山へ登ろうか~と地図や資料を見ていたところに、山友のサスケさんより電話。「急なんですが、明日 猿駈山へ行きませんか~」

喜んでOK(^^)/  10時に竹原トンネル手前に集合とのこと。

3回目:1月4日(月)  猿駈山・高取山・城山  天気:晴れ  10名
ルート:竹原峠登山口(10:07)→猿駈山(10:38~11:01)→登山口(11:28)

サスケ&ミーコさんご夫妻、明星山のお仲間さん(Sさん・Zさん)、山虫さんご夫妻、日田のUさんご夫妻、私どもの計10人です。山虫さんとは久しぶりですね。

竹原トンネルの手前から旧道をくねくねと進み、竹原峠の登山口に到着。路肩に駐車。
e0164643_16313481.jpg


登り始めるが、いきなりの急登。心の準備がまだ出来ていません^^はぁはぁ・ぜぇぜぇ~
e0164643_16333153.jpg


40分のところを30分ですから、さもありなんですねぇ~ 猿駈山(968ⅿ)に到着。
展望はありません。おやつを食べ、記念すべき干支の山で集合写真。
e0164643_16381016.jpg


下山は転ばないように気を付けて。どうしても木に摑まるので朽ちた木を除去して少し整備を。
e0164643_16412116.jpg


無事に下山。さてこれから移動して次のお山へ。その前に見晴らしの良いところで昼食タイム。
先ほど登った猿駈山です。
e0164643_1642411.jpg


案内図がありますが、GPSの軌跡です。
e0164643_164447100.jpg



次なるお山「高取山」へ。日向神ダムの横をくねくねと進み、高取山へ3㎞・1㎞の標識に従い、まだまだ進みます。「行けるの~?」と思っていたら案内板のある登山口に到着。

ルート:登山口(12:56)→山頂(13:30~13:48)→登山口(14:14)

猿駈山は今年の干支で登る方が多い様なので、少し整備をされていますが、この山は倒木あり、かき分けて進むという塩梅でした^^
e0164643_17122458.jpg


登山道
e0164643_17125813.jpg

e0164643_17132219.jpg


ここもお初の山ですので、記念撮影。釈迦岳・御前岳がPM2.5の影響で霞んで見えています。
e0164643_17155895.jpg


GPSの軌跡です。
e0164643_1723175.jpg


ピストンで下山。「次はどうする~?」「移動は15分ほど。登りは1時間前後。」
「では5時前に下山出来るねぇ~」「行こう・行こう!!」


「城山」の登山口へ移動。
ルート:登山口(14:42)→山頂(15:30~15:49)→登山口(16:25)

ここはサスケ&ミーコさん御夫婦は10月に登ったとのこと。サスケさんの先導で進みます。
e0164643_2131079.jpg


今日、三座目ですので皆さん足に疲れが出始めたようです。「足が上がらないねぇ~~」
e0164643_20524313.jpg


山頂にて山座同定をしますが、何しろPM2.5でお昼時より霞んでいます。

さぁ、17時前には下山しましょう。
e0164643_20575556.jpg


GPSの軌跡です。
e0164643_20584951.jpg


今回は事前に登山口の確認をされたサスケさん、ミーコさんに大変お世話になりました。

なかなか低山・里山の登山口はわかりにくいものです。

これで以前登った釈迦岳・午前岳を含めると矢部八山」の五山を登りました。

あとは文字岳・前門岳・三国山の三山になりました。

こうなれば残り三山も登りたいものですね。さぁいつになるでしょうか(^_-)-☆


 
by nobucyansyuncyan | 2016-01-05 21:18 | 大分県の山 | Comments(6)

48年ぶりの祖母山・神原コース

26日に元越山へ行くことが決まったとき、お天気が良ければ帰りにもう一座登ろうか~

さて、どこへ行こう。南下するとまた一座、と言う具合になるし、28日は用事もあることだし。

そして思いついたのが、神原からの祖母山。

遥か若かりし頃、会社の仕事が終わってから汽車で竹田駅へ。駅のベンチでシュラフに包まって寝て、朝一のバスに乗り、神原へ。
多分9合目の小屋(?)で一泊し、下山して岡城址などを散策した想い出があります。

渡渉地点では水量が多くて、男性におぶさって川を渡ったことも・・・・・

その川は何処だったのだろう~~??

20歳ぐらいの事なので、48年前になりますか~~^^

道の駅「やよい」で入浴し、車中泊の準備も済ませ、higeさんご夫妻と別れ、取りあえず近くまで行こう。食料をコンビニで調達。

お初の神原(車では)、途中、真っ暗だし道を間違えてうろうろ~~。適当なところでお休み。

124回目:12月27日(日)   祖母山(1756.4ⅿ)  天気:晴れ   2名
ルート:神原駐車場(8:00)→御社の滝(8:28~8:36)→五合目小屋(8:46)
    →国観峠(10:30~10:41)→祖母山(11:30~12:08)→国観峠
    (12:47~12:58)→御社の滝(14:14)→神原駐車場(14:35)

e0164643_1633426.jpg


登山口の駐車場。立派な小屋もあり、トイレもあります。
e0164643_1641406.jpg


e0164643_16423918.jpg


e0164643_16432269.jpg


トレッキングコースを進み、2合目の滝などを眺め、ヒメシャラの木が多いですね。
e0164643_16475960.jpg

e0164643_16484150.jpg


御社(おやしろ)の滝に到着。どうも背負われて川を渡ったのはここだったかな??
e0164643_16502034.jpg

e0164643_16504585.jpg


5合目の小屋に到着。トイレが作られているようです。
e0164643_16564279.jpg


この小屋はうろ覚えですが、昔もあったような??

少し荒れた涸れ沢を進み、
e0164643_16595763.jpg


2:30かかって国観峠に到着。ガスって展望がなかったので上は霧氷かもねぇ~と話しながら登っていたのですが、バンザ~イ!!  霧氷!・霧氷!!  思わず、相方さんと握手です^^
e0164643_1734032.jpg


お地蔵さんの前には御餅も飾られていました。

8合目
e0164643_175597.jpg


9合目
e0164643_1753744.jpg


山頂
e0164643_177968.jpg


e0164643_1774040.jpg


e0164643_17131919.jpg


e0164643_17134470.jpg


e0164643_17143599.jpg


まだもう少し霧氷を眺めていたかったのだが、手が段々とかじかんでくるし~で名残惜しいけど下山開始。山頂直下は凍っていますので要注意。一応アイゼンは持参してますが、使うほどのことはありません。

下山中、パラパラと霧氷が落ちてきます。丁度いいときに行き会わせたようです(^^)/

国観峠で振り返り、祖母山に別れを告げます。

e0164643_17205932.jpg


来た道を帰り、無事に渡渉も済ませ、ひたすら駐車場へ。14:35到着。

今日は14~15名ほどの登山者と遭遇しました。

竹田から瀬の本~玖珠と、いつもの一般道を通り、無事に我が家に到着。

今日のGPSの軌跡です。
e0164643_17262825.jpg

by nobucyansyuncyan | 2015-12-29 17:32 | 大分県の山 | Comments(8)

天空の縦走路・・・元越山へ

久留米の山友、カントさんが26日に元越山へ行きますとのことでしたので、ご一緒させていただきました。以前、英彦山でもご一緒したhigeさんご夫妻もお誘いして~~

地元、大分・臼杵に在住のうすきさんにもお声をかけましたが、26日は田中陽希さんが市房山登山予定のようなので、自分も市房山へ行く予定とのことでした。

が、陽希さんの日程が変わり(26日が24日、そして25日へ)、うすきさんも御一緒することとなりました。

123回目:12月26日(土)  空の公園~石槌山~仁田尾~色利山~元越山~色利登山口
              天気:晴れ    10名
ルート:空の公園(9:25)→石槌山(10:09~10:16)→仁田尾(11:01)
    →展望所(11:21)→色利山(12:06~12:42、昼食)→元越山
   (12:34~12:58)→五合目(14:28)→色利登山口(14:59)→
    駐車場(15:08)

8:30~9時に着くように行きます。とのことでしたので我々も早めに出発。ところが広域農道を20分ほど走ったところでポシェットを忘れたことに気が付く。中には地図・携帯・カメラなどが入っています。取りに戻ろう、9時にぎりぎりかも??  

今度はみやこ豊津I・Cより椎田南まで高速を利用。まだ全線開通しておらず豊前I・Cまでは一般道。
あとは東九州自動車道利用で何とか9時前に待ち合わせ場所の色利駐車場に到着。

e0164643_2235481.jpg


2台デポして出発地点の「空の公園」へ移動。
e0164643_225447.jpg


今日は「エルちゃん」も一緒です^^
e0164643_2261415.jpg


途中では「フジツツジ」満開です。10:09、石槌山(486ⅿ)に到着。石槌山・石鎚山、どちらが本当?
e0164643_22195673.jpg

椿の落花が花の少ない登山道を癒してくれます。

仁田尾(491.7ⅿ)に到着。登山道は整備されており、標識がきちんとあります。地元の方に感謝です。
e0164643_22202569.jpg


ところどころ猪ちゃんの運動会のあとを見かけますが、気持のよい縦走路です。

色利山にてランチタイム。風もなくお天気も最高! 海を眺めながらのお昼も最高!

目指す元越山。山頂にて憩いのひと時(^^♪
e0164643_22303311.jpg

PM2.5の影響で四国は見えず、「地球は丸い」を実感できませんでした。

下山も展望所が各所にあり、お初の今日のルートを久留米の山友さんは満喫されたようです。

今日、見かけたお花です。トウワタ、フジツツジ、タツナミソウ、サネカズラ(ビナンカズラ)、
e0164643_2238144.jpg


色利登山口の駐車場の小屋です。ミカンのご接待があり、美味しくいただきました<(_ _)>
e0164643_22423571.jpg


今回のカシミールでのGPSの軌跡です。
e0164643_22492225.jpg

by nobucyansyuncyan | 2015-12-28 22:52 | 大分県の山 | Comments(8)

名ガイド、じなしさんの案内で国東トレッキング

さて、少々二日酔いの朝を迎えました^^  6時前に起床。

各自 朝食を済ませ、使った部屋は掃除機できちんと掃除をし(借りた時よりきれいに~をモットーに)、集合場所の一の瀬溜池へと車を走らせます。

大不動岩屋から眺めた岩峰(大不動岩屋・・3回目です)
e0164643_2139342.jpg


118回目:11月29日(日)  千燈岳   天気:曇り   17名+2名
ルート:駐車地点(8:10)→尻付岩屋(8:38)→大不動岩屋(9:18~9:25)
    →千燈石仏(10:17)→旧千燈寺(10:40)→不動茶屋
    (11:50~12:20、昼食)→五辻不動(12:38)→林道(13:20)→
    千燈岳(14:11~14:18)→駐車地点(15:14)

じなしさんより今日の行程の説明があり、簡単な自己紹介を済ませ出発。車道を歩き、尻付岩屋へ。
e0164643_21541241.jpg


大不動岩屋へと進みます。higeさんご夫妻とうすきさんはお初の場所で、amiさんご夫妻は前日ここまで来て、千燈岳の登山口を確認して赤根の郷にて入浴だったそうで、その時にバッタリと私どもに会い、拉致された(^^♪
e0164643_2159382.jpg


分岐を過ぎたところで、見慣れないお花がすぐ近くにあるとのことで見に行きますが、わかりません。名前をご存知の方、教えてください<(_ _)>
ハマナデシコではないかと教えていただきました。
e0164643_2221420.jpg

そして皆さんに少し遅れたので、急いで下山中にまたまた発見。登山道を少し入ったところに市房山にあるようなミニチョークストーン(じなしさんもご存じありませんでした~)。

尻付岩屋まで戻り、車道を歩き、千燈石仏へ。鎌倉時代の作らしいです。庚神塔もあります。
e0164643_228359.jpg


そして旧千燈寺へ。
e0164643_22194040.jpg


奥の院への苔むした石段を上がる。うさぎ&かめさんグループのお一人が般若心経を唱えています。
何も見ないで・・・感心しました!! 御利益がありますよ~☆
e0164643_22261488.jpg


じなしさんより教えていただきました、キジョラン(アサギマダラが卵を産み付けるそうです)
e0164643_22291381.jpg

仁聞菩薩のお墓や国東塔、五輪塔群などを案内していただき、不動茶屋でお昼です。

ここで日田のUさんのご近所の方とバッタリ~。これから行動を共にします。

不動山の一角に展示されているゴームリーさんの作品。
e0164643_22343886.jpg


2回ほど林道を横切り、急登が始まります。  標高 605.8ⅿ
以前はこれをピストンしたのだけど、こんなにきつかったかなぁ~~
過去の記録を見ると、2007年に歩いていますね。
e0164643_22382418.jpg


下山はあかねの郷・渓泉へ。無事に下山。じなしさんが予定していた時間よりはオーバータイムだったらしいです。お花散策など寄り道が多くて、どうもすみませんでした<(_ _)>

大人数になりましたが、皆さんとのお話もとても楽しかったですよ(^^♪

またのお誘い、お待ちしております。

じなしさん、お世話になりました~~(*^_^*)

今回のGPSの軌跡です。
e0164643_22475821.jpg

by nobucyansyuncyan | 2015-12-01 22:53 | 大分県の山 | Comments(2)

天念寺へ

午後の部です。

津波戸山を終え、駐車場にてお昼を済ませ、higeさん第一希望の両子山へと向かう。

けど少し走ったところで考え直す。行くのに40分。歩きで3時間。これではゆっくりお風呂に入る間がないなぁ~。懇親会の時間設定は聞いてないが、あまり遅くなっても~で行く先変更。

鬼会の里駐車場(13:31)→周回コース→鬼会の里(14:28)→川中不動へ

e0164643_13223656.jpg


天空の橋・・無明橋を渡り、右端の岩峰へ進む予定です。

e0164643_13282936.jpg

足元に十分注意して、自己責任で行動します。

登り始めてすぐにこれは下りに歩いた道だが・・・久しぶりだったのでコースを間違えたかな?

まぁコースが逆になっただけだから~。鎖場をトラバースして、今度は垂直に近い鎖場を登ります。
e0164643_1339376.jpg

e0164643_13383417.jpg


無明橋へ。雨の時は濡れて危険ですが、今日は大丈夫のようです。higeさん、mamaさん、余裕^^
うすきさん、役者ですね。黒岳・天狗岩を彷彿させてくれています(^_-)-☆
e0164643_13474817.jpg


下の景色を眺めます。
e0164643_13493547.jpg


さて、また岩場を下り、下から眺めた右端の岩峰へ。
e0164643_13512694.jpg


ぐるっと周回して鬼会の里に戻ってきました。ちょうど地元のおばさまがおしゃべりしていましたので、「天念寺さんへお邪魔させていただきました~」
e0164643_13522049.jpg


川中不動さんへお参りして、川の鯉などを眺め散策。以前 秋に来たときは銀杏の落ち葉がとってもきれいだったのですが~~

国見温泉「赤根の郷」で入浴。16時集合でしたので車に行き準備をしていたら、なんと、英彦山で時々お会いする「amiさんご夫妻」。

今日はどこかで車中泊して、明日は千燈岳に登るとのことだったので、行程はほぼ同じ。

じなしさんに「2人増えてもいいですか~」でamiさんご夫妻も一緒に今日の宿「トンテンカンの家」へ。
e0164643_14214012.jpg


夕方からじなしさんご夫妻、日田のUさんご夫妻と一緒に11人による賑やかな宴。

いやぁ~楽しかったですねぇ~~(^^♪  少々飲みすぎたようですぅぅぅ
by nobucyansyuncyan | 2015-12-01 14:33 | 大分県の山 | Comments(2)

津波戸山へ

23日に国東の山・鋸山へ来たばかりだけど、今日は津波戸山へ。

じなしさんより29日にうさぎ&かめさんグループを国東トレッキングに案内しますので、よかったらご一緒に~とのお誘いがありました。

これから国東を歩きたいというhigeさんご夫妻とうすきさんをお誘いしまして~~♪

117回目:11月28日(土)   津波戸山   天気:曇り   6名
ルート:駐車場(7:51)→登山口(8:10)→海蔵寺跡(8:20)→
    水月寺奥の院(9:57)→津波戸山(10:20)→展望所(10:26)
    →弘法大師像(11:03)→88番(11:29)→駐車場(12:14)

駐車場にある案内板。3人がお初とのことでルートを確認します。
e0164643_16515230.jpg


まだノダケが咲き、サツマイナモリなどを眺めながら登山口に到着。一番札所の海蔵寺跡へ。
e0164643_20295460.jpg


三番より左へ進み、お地蔵さんの番号を探しながら歩きます。そして無明橋へ。順番に渡ります。
e0164643_20491483.jpg


うすきさん、higeさんご夫妻、なおさんと~~

相方さんが渡る時は誰も見ていません^^  お地蔵さんの番号確認中のようです。
e0164643_20515373.jpg


一番の難所かな?? 足元の岩がまだ濡れており、苔むしていますので注意して歩きます。
後続の2人連れに足元の位置のサポート。
e0164643_2058035.jpg

e0164643_20582450.jpg


針の耳。
e0164643_2115859.jpg


水月寺奥の院に到着。仁聞の硯石水の話などをしていると「おーい、おーい」と叫ぶ声。そして「どこを通ったらいいんですか、上に行くんですか、下へですか~」

私どもは{???} higeさんが様子を見に行く。うすきさんが笛を出して吹く。後続の2人連れの方がどっちに進んだらいいか迷ったみたいです。テープを追えばわかると思うのですが・・・

山頂に到着。お初の山頂で照れているお二人さん(^_-)-☆
e0164643_21153786.jpg


大師像までの間も右に行ったり、左に行ったりとお地蔵さんの番号をひたすら確認します。

e0164643_21174534.jpg


そしてロープ、鎖を伝って88番のある尾根へ。最後の鎖場は木の根があり、本当に足元要注意。
e0164643_21201984.jpg


無事に下山。今回は安全のためにヘルメットを着用しました。

登山口のところで7~8名のグループの方がコース図を見ながら「この山は初めてで、どう歩いたらいいか、わからないんですよねぇ~」

案内板を使って説明をしましたが、事前学習はして来ないのかな???

今日のGPSの軌跡です。
e0164643_21344219.jpg


駐車場で食事を済ませ、帰られる「なおさん」とお別れして、5人はもう一座目指して移動します。
by nobucyansyuncyan | 2015-11-30 21:40 | 大分県の山 | Comments(10)

国東の鋸山へ

鋸山の紅葉、11月の末頃が岩峰に映えていつもきれいなんですが・・・

井原山でお近づきになり、平尾台などをご一緒したポンちゃんが国東の山はまだなんですよねぇ~~

今度一緒に行きましょうで「チャボノツメレンゲ」探索の時に声掛けをしようと思ったのですが、まだ現役で働いていらっしゃるので、いつの日か~~♪

22日の夕方、「明日、10時ごろに妙善坊の駐車場へ行きます」とのメール。

21日、浅間山~岳減鬼山~釈迦ヶ岳を歩いたばかりだが、お腹の調子も良くなり、足の疲れもないのでOKの返事。バタバタ登山準備をしまして~~

116回目:11月23日(月)   田原山(鋸山)   天気:曇り    5名
ルート:妙善坊駐車場(9:38)→雫石(10:10)→大観峰(10:34~10:40)
    →八方岳(10:54)→無名岩(11:42~12:00、昼食)→熊野磨崖仏
    →妙善坊駐車場(13:18)

9:10ごろ駐車場に着いて準備をしていると、ポンちゃん御一行が到着。奥様とKさん。

案内板の前で今日の行程を説明。
e0164643_1693475.jpg


見上げる岩峰はお天気のせいではないようで、くすんでニシキギの赤い色が映えません。
e0164643_16145762.jpg


それでも「フユノハナワラビ」などを見つけ、少し癒されます。

大観峰で国東の山々の展望を~~   全く見えません(>_<)
今度お天気のいい時にリベンジしてくださいね。
e0164643_162326100.jpg


苔むした滑りやすい岩場をクリアして、岩尾根を通り、展望の良い無名岩で昼食。
e0164643_16224657.jpg


前方にある屏風岩もくすんでしまって・・・・あぁ~残念。

ポンちゃんご夫妻は全く国東が初めてとのことでしたので、熊野磨崖仏へとご案内。
e0164643_16255889.jpg

e0164643_16253199.jpg


e0164643_16294716.jpg


妙善坊への分岐から一気に熊野磨崖仏へ下った分、今度は登り返して、汗びっしょりになって出発点の妙善坊駐車場へ。

今日見かけたお花の一部です。
シマカンギク、ベニバナボロギク、フユノハナワラビ、ブゼンノギク
e0164643_16345014.jpg


ツメレンゲ、サツマイナモリ、チャボノツメレンゲ
e0164643_16354353.jpg


「風の郷」で入浴されるというお三方と別れ、私どもは我が家へと~~

お初の国東の山でしたが、今度はお天気・展望の良い時にまたチャレンジしてくださいね。
by nobucyansyuncyan | 2015-11-24 16:41 | 大分県の山 | Comments(6)

九重・黒岳へ

29日に英彦山周回ルートを悟空さんとご一緒した際、九重山系で黒岳だけがまだ未踏とのこと。

そして31日は仕事もお休みとのこと。「じゃ、31日に黒岳に登る?」と私。

山行中にうすきさんへTEL。「もしよかったらご一緒しませんか~~」

夕方 悟空さんより「許可が出ました。よろしくお願いします」のメール。

早速、7時に男池集合のメールを悟空さん、うすきさん、higetiasへ。

男池湧水の黄葉。今が一番見頃ですね(^^)/
e0164643_16332864.jpg


108回目:10月31日(土)   黒岳   天気:晴れ   4名
ルート:男池駐車場(6:45)→かくし水(7:19~7:24)→ソババッケ
   (7:52~8:00)→奥ゼリ(8:32)→風穴(8:54~9:02)→
   天狗分れ(9:52)→天狗(10:10~10:30)→天狗分れ(10:49)→
   高塚山(11:02~11:36、昼食)→風穴(12:18)→男池駐車場(14:15)

我が家を4時半前に出発。広域農道・耶馬渓・玖珠を通って男池に着くと、もううすきさんが準備中。悟空さんも到着されて、少し早目に出発。協力金100円を箱に入れます。
登山届けも提出。帰着時間は取りあえず14時に。
e0164643_1639325.jpg


男池からの紅葉、まだ陽が差さなくていい色が出ませんね。帰りを期待して。かくし水で衣服調整。
ソババッケから先は悟空さん、初めての道とか~~
分岐標識があると、ここからは大戸越へに出れるよ~とうすきさんが説明されていました。

風穴に到着。穴を覗いていましたが、入るのを躊躇されていました。雪は残っていませんでしたね。

さて、ここからの登りはザレていて歩きにくいです。以前より道が悪くなっているような??
下りに気を付けないとね、などと言いながらきついので休憩を入れます^^

久しぶりに見る、こちらからの大船山です。上の段の写真はソババッケから見た平治岳。
e0164643_10475626.jpg


天狗分れに到着。先ず天狗を目指します。岩ゴロゴロの道。悟空さん、楽しそう!!

天狗に到着。相方さんが「さぁ、登ろう」と先に行きかけますが、「駄目よ、悟空さんが先よ!」

悟空さん
e0164643_10544557.jpg


うすきさん(少し笑いを~~詳しくは「山に癒されて」をお読みくださいませ)
e0164643_10551650.jpg


私ども
e0164643_10555069.jpg


風もないし、素晴らしい青空の中で天狗を楽しみました\(^o^)/

由布岳も祝福してくれているようです^^
e0164643_1141777.jpg


さて、分岐へ戻り、いよいよ高塚山へ。悟空さんお初の山で、念願の山頂です。
e0164643_1124783.jpg


お花がもう少なくて、このハガクレツリフネは男池登山口に僅かに残っていました。

僅かのスペースを見つけ、昼食タイム。先ほど遊んだ天狗を見ながら~~

出発間際に私どもの地元の山の会でご一緒したことのあるMさんとバッタリ。
ご一緒のお仲間さんを見ると、何と同級生の妹さんも(驚) 〇十年ぶりにお会いしましたねぇ~。

足元に気を付けながら風穴まで下山。そしてソババッケへ。

ここからは紅葉を求めて、あっちうろうろ・こっちうろうろ~~
この角度がいいよ~~ 撮った写真を眺めては「色が今一だねぇ~ボツだ~」の会話。
e0164643_11145022.jpg


とっても楽しいひとときでしたねぇ~  くすくす笑いの連続(^^♪

パワースポット
e0164643_11222675.jpg


紅葉も山麓まで降りてきています。ちょうど見ごろ~かな
e0164643_11234559.jpg


男池園地へ無事に下山。ホッと一息ですね^^ 時間も想定内の14時。
e0164643_11311489.jpg


おいちゃん家に寄り、きびだんごと鴨ロースを買い求め、解散。

悟空さん、今回でくじゅうのピークはほぼ登ったとのこと。ご一緒出来、嬉しく思います。

うすきさん、2日前は男池から平治岳だったにもかかわらず、ご一緒いただき、感謝です。

higeさん、ミラさん、残念でしたね。

今回も楽しく、充実した山歩きを楽しむことが出来ました!!
by nobucyansyuncyan | 2015-11-02 11:43 | 大分県の山 | Comments(12)