信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大分県の山( 220 )

男池にてお花散策

今日(9日)は山口のお友達とのお泊り山行。

16時に飯田高原の交差点にて待ち合わせ。その前に男池園地のお花のチェックへ。

33回目:4月9日(土)   男池園地    天気:曇り   4名

「友人の別荘に泊まりますけど、どうですか。翌日はくたみ岐れの桜を見て、何処かのお山へ」のお誘いが・・・山は何処でもよいとのこと。ならば・・・^^

以前 higeさんが大船山の南尾根を歩く課題が残っているんですよね~と話していました。

「お友達も誘っていいですか~」   「どうぞ~~」

higeさんご夫妻と12:30に男池園地で待ち合わせ。春準備中です^^
e0164643_15202339.jpg


写真を撮っていると、「あら~!!」今日ご一緒するメンバー4人とバッタリ。

ぶらぶらと名水の滝方面へと歩きだす。

早速アマナ、シロバナネコノメソウ、ヤマエンゴサク、ヒトリシズカ
e0164643_157539.jpg


お昼を食べると言う4人と「また後で~」とお別れし、またお花散策へ。

ハルトラノオ、ミツバツチグリ、コガネネコノメソウ、ヤマルリソウ、ミツバコンロンソウ
e0164643_15171169.jpg


ツクバネソウ、エイザンスミレ、サバノオ
e0164643_15181454.jpg


名水の滝へと一旦降りて、また登り返します。ヒトリシズカや純白のヤマルリソウ。

と、そこへ山帽子さんが・・・(驚)  先日平尾台でバッタリだったのに九重で~~

一緒に花散策。と、そこへ今度はマッスルさんが「こんにちは~」

まぁまぁビックリです(^^;

マッスルさんは滝方向へ。山帽子さんはまた別のところへとのことで、ここでお二人とはお別れ。
我々はかくし水へと進むが、途中で時間切れ~~

ユキザサ、ショウジョバカマ、
e0164643_15192152.jpg


「男池のおいちゃん家」で少しおしゃべりをし、待ち合わせ場所へ。

別荘、なかなかいい雰囲気です。
e0164643_15574937.jpg


オーナーさんもご一緒に。賑やかな夜となりました。
by nobucyansyuncyan | 2016-04-11 16:03 | 大分県の山 | Comments(10)

耶馬渓・競秀峰へ

両子山より移動し、耶馬渓の「青の洞門」へ。菊池 寛の「恩讐の彼方へ」で有名です。
e0164643_1540445.jpg


ゲンカイツツジが岩峰にあるのが見えますが、何しろ遠い~~

駐車場より手掘りのノミの跡があるトンネルを歩き、競秀峰の取り付きより出発。
e0164643_15452054.jpg


標識がありますので、先ず迷うことはない^^
e0164643_1547535.jpg


三の峰の展望台より下を覗きます。我々の車も見えています^^
e0164643_15495573.jpg


撮影ポイントは至る所にあり、まぁ忙しいこと^^岩峰・お花・・・
e0164643_15522919.jpg


妙見窟に到着。そして清水洞へ。
e0164643_1554556.jpg


e0164643_15542592.jpg


三陣の祠を過ぎるとこのようなところが・・・気を付けて歩けば大丈夫ですが、右下は断崖です。
高所恐怖症の方はちょっと無理かも~~
e0164643_15583495.jpg


陣の岩展望所に到着。ゲンカイツツジが丁度見頃(^^♪
e0164643_162987.jpg

e0164643_1623431.jpg


下山口の弘法寺に到着。山国川へと出て、今 歩いたところを眺めます。
矢印のところを頭上に気を付けながら歩き、その上が陣の岩展望所。
e0164643_1672847.jpg


higeさんご夫妻が両子山は初めてのことでしたので、同じくお初でゲンカイツツジが見頃の競秀峰をセットにしての山歩き。十分に楽しめていただけたようで~~良かったぁ(^O^)/

急な声掛けで参加出来なかった方、今度はhigeさんの案内で楽しまれてくださいね。

今回の軌跡です。
e0164643_16252261.jpg

by nobucyansyuncyan | 2016-03-30 16:24 | 大分県の山 | Comments(6)

両子山へ

以前、田原山(鋸山)をhigeさんご夫妻と歩いた折り、今度 両子山へも御案内しますね。

と約束していました。本来は4月3日の予定でしたが・・・

25日(金)に山友さんに急なお誘いをしましたが、皆さん都合が悪く、今回はhigeさんご夫妻と私どもの4人です。ゲンカイツツジの咲く競秀峰とセットでの歩きです。

27回目:3月26日(土)   両子山    天気:晴れ   4名
ルート:両子寺駐車場(8:25)→奥の院→お山巡り取り付き(8:40)→
    百体観音・針の耳・鬼の背割→町境尾根取り付き(8:57)→尾根
   (9:17)→両子山(9:40~10:05)→群境尾根へ(10:11)→
    地籍図根三角点(10:44)→三角点(11:08)→林道へ(11:09)
    →走水観音(11:36)→仁王像→駐車場(12:08)

途中で朝日を眺めながら、順調に車を走らせ、八時前に到着。準備をしているとhigeさんご夫妻到着。
e0164643_22515763.jpg


受付で入山料200円を支払い、本堂で安全登山のお参りを済ませ奥の院へ。
e0164643_22582243.jpg


上を見上げると、ゲンカイツツジが3株ほど咲いていました。けど高くて~~
e0164643_22584851.jpg


お山巡りの案内図と取り付きです。
e0164643_2305171.jpg


百体観音・針の耳。
e0164643_2315733.jpg


鬼の背割
e0164643_2323527.jpg


ここを過ぎると足場が悪くなり、張られているトラロープを持って急登を上がります。

尾根に到着。ホッと一息。気持ちの良い林の中を進みます。椿の花が多いですね。

お二人さん、お初の山頂に到着。一等三角点です。周りの木々は伐採されており、見通しはよいです。展望台に上がり山座同定。じなしさんがいるとさっさと山の名前が出てくるでしょうが・・・
「じなしさん、教えて~~」と叫びましたが、中山仙境にいるじなしさんには聞こえたでしょうか。

e0164643_2313426.jpg


姫島と矢筈岳、鷲巣山、尻付山とハジカミ山
e0164643_2314484.jpg


下山はコンクリート道を少し歩き、群境尾根に取り付きます。
e0164643_23164445.jpg


アップダウンを繰り返し、カヤの中にある三角点にタッチすると、すぐに下山口へ。

それからは林道をしばらく歩き、また林の中へ入り、走水観音へ。

車道を道なりに進むと、両子寺への道に出ます。右へと行き、仁王像へ。
e0164643_23233721.jpg


ここの風景、秋の紅葉の頃はとっても素晴らしいんですよ。また観てみたいと来たことがあるのですが、一度見たあの光景にはなかなか出会えないですねぇ~~

丁度お昼ですので、まだ一分咲きですけど、桜の下でランチタイム。じなしさんに電話をすると、ただ今は中山仙境の途中だとのことでした。

今回の軌跡です。
e0164643_23303669.jpg


昼食後、耶馬渓へと移動です。
by nobucyansyuncyan | 2016-03-28 23:38 | 大分県の山 | Comments(12)

佐渡窪のマンサク

例年この時期にくじゅうのマンサク詣でに出かけている。

最初の計画では牧ノ戸から沓掛山付近のマンサクを眺め、星生山まで行き、下山してお花散策の予定だったが、山に登るとついつい次はあの山へ~となりそうだったので、午前中は軽めの山歩き。午後からお花散策と言うことにしまして~~

今年の佐渡窪のマンサク。花つきは良かったです。まだつぼみも多く、これからが見頃となりそうです。
e0164643_215457.jpg


21回目:3月12日(土)    佐渡窪    天気:晴れ   2名
ルート:登山口(8:50)→くたみわかれ(9:16)→佐渡窪(10:14~10:53)
    →くたみわかれ(11:37~11:54、昼食)→登山口(12:12)

我が家を6時過ぎに出発。途中で日の出を迎え、玖珠についたときは一面のガス。全く見通しが悪く、相方さんは慎重に運転。川筋を離れると空は一面の青空(^^)/ 涌蓋山も雪化粧(^^♪
e0164643_21192340.jpg


e0164643_21194647.jpg


頭上のマンサクを眺めながら進んでいると登山道は雪道に。

佐渡窪に到着。お目当てのマンサクの木へ一目散。咲いていましたねぇ~(^o^)/
e0164643_2273830.jpg


大船山を見上げると山頂は霧氷の世界。
後から来る方はどなたもマンサクに立ち寄ろうとはしませんね。山へGO!!かな
e0164643_22101126.jpg


佐渡窪に別れを告げて、くたみわかれのベンチでランチタイム。
e0164643_22143185.jpg


行きがけにはなかった雪のお顔。どなたの作でしょうか、かわいいですね^^
e0164643_2222960.jpg


これからは有名になった、私にとっては「秘密の花園」

アズマイチゲ
e0164643_22243365.jpg


ユキワリイチゲ
e0164643_22252420.jpg


サバノオ
e0164643_22275448.jpg


フクジュソウ、サバノオ
e0164643_222773.jpg


エイザンスミレも。アマナはまだ早いのかな。見当たりませんでした。
シロバナネコノメソウもいつも見かけるところでは見当たりませんでした。
e0164643_22315093.jpg


今年もくじゅうの春を告げるお花に出会えて大満足の一日でした\(^o^)/
by nobucyansyuncyan | 2016-03-13 22:41 | 大分県の山 | Comments(18)

氷結の御池・くじゅうのお山へ。

今季・冬のくじゅうをまだ歩いていないーー

凍った御池を歩きたい~~で真っ白になった英彦山への誘惑を振り切ってくじゅうへ。
e0164643_992095.jpg


14回目:2月18日(木)  久住山・天狗ヶ城・中岳  天気:晴れ  2名
ルート:牧ノ戸(7:50)→展望所(8:15~8:20)→久住山(10:20~10:25)
    →天狗ヶ城(11:06~11:10)→中岳(11:25~11:31)→御池
   (11:45~12:25、昼食)→牧ノ戸(14:25)

早くに目が覚めたので、5:20に出発。いつもの道、広域農道・耶馬渓・玖珠を経て牧ノ戸峠へ。大曲の手前から圧雪した雪道になっていました。平治号の前の長者原駐車場は1台の車。大曲も1台。牧ノ戸駐車場は結構停まっていました。
e0164643_9322932.jpg


登山届を提出。帰着時間は14:30(5分違い、自分でもびっくりポンです^^)

雪のコンクリート道を進み、最初の展望所にて衣服調整。
そして九重のパノラマ展望所へ。阿蘇の涅槃像など素晴らしき眺めです(^^)/
e0164643_9394043.jpg


展望所の温度計は-11℃  けど陽射しがあり、寒さを感じません。

由布岳
e0164643_9402466.jpg


沓掛山を振り返る
e0164643_9415899.jpg


三俣山・・・どれも素晴らしい眺めです。  やはり今日 来て良かった~~(^^♪
e0164643_943228.jpg


素晴らしい雪景色に足は前になかなか進みません^^
e0164643_954886.jpg


e0164643_9543773.jpg


後ろを振り返ると涌蓋山もまた素晴らしい!!
e0164643_9562658.jpg


祖母山の展望
e0164643_9574692.jpg


ロープに付着した雪はブレードのよう(^◇^)
e0164643_1031572.jpg


9:48、避難小屋。スルーして久住山へ。

星生山と避難小屋。  帰り、星生山はどうしようかな~??
e0164643_1013712.jpg


久住山(1786.5ⅿ)、天狗ヶ城(1780ⅿ)、中岳(1791m)に登頂。
e0164643_10193729.jpg


久住山と御池
e0164643_10214783.jpg


さぁ、氷結の御池へと行きます。氷上散歩です(^^♪
e0164643_10233738.jpg


e0164643_10241571.jpg


御神渡りも見られます。
e0164643_1025674.jpg


帰り支度をしていたら、あら まぁ 英彦山の常連のSさんとバッタリ~^^

氷結の御池を見に来た、とのこと。帰り道はご一緒に~~

大きなワンちゃんを連れた方に、写真を撮らせていただきました(ブログ掲載OK)
e0164643_1049112.jpg


14:25牧ノ戸駐車場に到着。

今日のGPSの軌跡です。
e0164643_1053151.jpg


時間もまだ早かったので、とある場所へお花散策。
e0164643_10565894.jpg


e0164643_10571838.jpg


地元の方が言ってましたが、「毎日、皆さんお出でになるがまだ早いですよ。アズマイチゲは3月10日ごろしか咲かないよ」とのこと。

またそのころ、機会があればお花散策に出向きたいと思っていますが・・・
by nobucyansyuncyan | 2016-02-20 11:06 | 大分県の山 | Comments(12)

酒吞童子山へ

続きです。

三国山~国見山のピストンをし、登山口に着いたのが13:30。

予定は酒吞童子山。周回で約2時間コース。けど移動などで時間がかかるようであれば猿駈山でもいいですよ~(私どもは先日 干支の山で登ったが、他の方はお初なので)

いや、予定通り行きましょう!でお初の酒吞童子(しゅてんどうじ)山となりました。

ルート:登山口(14:02)→小鈴山(14:16)→分岐(14:30)→酒吞童子山
    (14:57~15:02)→分岐(15:37)→下山口(15:37)→林道歩き
    →駐車地点(16:03)

駐車地点の温度計は4℃、風は冷たいです。
この階段は持ち上げる足の高さに比例しておらず、きつかったです。よっこらしょの掛け声。
e0164643_10483822.jpg


ふーとため息をついたところが小鈴山の山頂。1120ⅿ  そして下る・下る~
分岐に到着。下山時はここまで戻ります。
e0164643_10541365.jpg


登山道。きれいに整備されていますね。
e0164643_10573656.jpg


鎖場を登りあがると山頂。1180.5ⅿ
e0164643_10594946.jpg


e0164643_1105893.jpg


釈迦岳・御前岳が微かに見えていますね。分岐まで戻り、スーパー林道へ。

林道を少し歩き、駐車地点へ。皆様、お疲れ様でした。

今回のGPSの軌跡です。
e0164643_1164941.jpg


今回、一番楽をしたのは「エルちゃん」

倒木を潜ったりして2回ほどザックから飛び出ましたが、higeさんの背中のザックの中で楽ちんでしたね。担いでるhigeさんは大変だと思いましたが・・・

上り坂のきついとき、思わず「エルちゃん、代わってよ~~」と叫んでいた私です^^
e0164643_1121920.jpg


林道歩きの時に酒吞童子山の名前の謂れをhigeさんから聞きました。

この山の名前と石楠花の郷が近くにあるとのことで、いつかはお花の時季に登りたいと思っていた山です。山の中に花芽の付いた木もありました。

思わぬことで4座登れました。御同行の皆さんに感謝です<(_ _)>
by nobucyansyuncyan | 2016-02-02 11:32 | 大分県の山 | Comments(10)

干支の山・猿駈山へ

今年は猿年。このところ毎年続いている「干支の山歩き」

大分に猿駈山、佐賀に猿岳、長崎に猿葉山があるようだ。

4日(月)はお天気もよさそうだし、干支の山へ登ろうか~と地図や資料を見ていたところに、山友のサスケさんより電話。「急なんですが、明日 猿駈山へ行きませんか~」

喜んでOK(^^)/  10時に竹原トンネル手前に集合とのこと。

3回目:1月4日(月)  猿駈山・高取山・城山  天気:晴れ  10名
ルート:竹原峠登山口(10:07)→猿駈山(10:38~11:01)→登山口(11:28)

サスケ&ミーコさんご夫妻、明星山のお仲間さん(Sさん・Zさん)、山虫さんご夫妻、日田のUさんご夫妻、私どもの計10人です。山虫さんとは久しぶりですね。

竹原トンネルの手前から旧道をくねくねと進み、竹原峠の登山口に到着。路肩に駐車。
e0164643_16313481.jpg


登り始めるが、いきなりの急登。心の準備がまだ出来ていません^^はぁはぁ・ぜぇぜぇ~
e0164643_16333153.jpg


40分のところを30分ですから、さもありなんですねぇ~ 猿駈山(968ⅿ)に到着。
展望はありません。おやつを食べ、記念すべき干支の山で集合写真。
e0164643_16381016.jpg


下山は転ばないように気を付けて。どうしても木に摑まるので朽ちた木を除去して少し整備を。
e0164643_16412116.jpg


無事に下山。さてこれから移動して次のお山へ。その前に見晴らしの良いところで昼食タイム。
先ほど登った猿駈山です。
e0164643_1642411.jpg


案内図がありますが、GPSの軌跡です。
e0164643_164447100.jpg



次なるお山「高取山」へ。日向神ダムの横をくねくねと進み、高取山へ3㎞・1㎞の標識に従い、まだまだ進みます。「行けるの~?」と思っていたら案内板のある登山口に到着。

ルート:登山口(12:56)→山頂(13:30~13:48)→登山口(14:14)

猿駈山は今年の干支で登る方が多い様なので、少し整備をされていますが、この山は倒木あり、かき分けて進むという塩梅でした^^
e0164643_17122458.jpg


登山道
e0164643_17125813.jpg

e0164643_17132219.jpg


ここもお初の山ですので、記念撮影。釈迦岳・御前岳がPM2.5の影響で霞んで見えています。
e0164643_17155895.jpg


GPSの軌跡です。
e0164643_1723175.jpg


ピストンで下山。「次はどうする~?」「移動は15分ほど。登りは1時間前後。」
「では5時前に下山出来るねぇ~」「行こう・行こう!!」


「城山」の登山口へ移動。
ルート:登山口(14:42)→山頂(15:30~15:49)→登山口(16:25)

ここはサスケ&ミーコさん御夫婦は10月に登ったとのこと。サスケさんの先導で進みます。
e0164643_2131079.jpg


今日、三座目ですので皆さん足に疲れが出始めたようです。「足が上がらないねぇ~~」
e0164643_20524313.jpg


山頂にて山座同定をしますが、何しろPM2.5でお昼時より霞んでいます。

さぁ、17時前には下山しましょう。
e0164643_20575556.jpg


GPSの軌跡です。
e0164643_20584951.jpg


今回は事前に登山口の確認をされたサスケさん、ミーコさんに大変お世話になりました。

なかなか低山・里山の登山口はわかりにくいものです。

これで以前登った釈迦岳・午前岳を含めると矢部八山」の五山を登りました。

あとは文字岳・前門岳・三国山の三山になりました。

こうなれば残り三山も登りたいものですね。さぁいつになるでしょうか(^_-)-☆


 
by nobucyansyuncyan | 2016-01-05 21:18 | 大分県の山 | Comments(6)

48年ぶりの祖母山・神原コース

26日に元越山へ行くことが決まったとき、お天気が良ければ帰りにもう一座登ろうか~

さて、どこへ行こう。南下するとまた一座、と言う具合になるし、28日は用事もあることだし。

そして思いついたのが、神原からの祖母山。

遥か若かりし頃、会社の仕事が終わってから汽車で竹田駅へ。駅のベンチでシュラフに包まって寝て、朝一のバスに乗り、神原へ。
多分9合目の小屋(?)で一泊し、下山して岡城址などを散策した想い出があります。

渡渉地点では水量が多くて、男性におぶさって川を渡ったことも・・・・・

その川は何処だったのだろう~~??

20歳ぐらいの事なので、48年前になりますか~~^^

道の駅「やよい」で入浴し、車中泊の準備も済ませ、higeさんご夫妻と別れ、取りあえず近くまで行こう。食料をコンビニで調達。

お初の神原(車では)、途中、真っ暗だし道を間違えてうろうろ~~。適当なところでお休み。

124回目:12月27日(日)   祖母山(1756.4ⅿ)  天気:晴れ   2名
ルート:神原駐車場(8:00)→御社の滝(8:28~8:36)→五合目小屋(8:46)
    →国観峠(10:30~10:41)→祖母山(11:30~12:08)→国観峠
    (12:47~12:58)→御社の滝(14:14)→神原駐車場(14:35)

e0164643_1633426.jpg


登山口の駐車場。立派な小屋もあり、トイレもあります。
e0164643_1641406.jpg


e0164643_16423918.jpg


e0164643_16432269.jpg


トレッキングコースを進み、2合目の滝などを眺め、ヒメシャラの木が多いですね。
e0164643_16475960.jpg

e0164643_16484150.jpg


御社(おやしろ)の滝に到着。どうも背負われて川を渡ったのはここだったかな??
e0164643_16502034.jpg

e0164643_16504585.jpg


5合目の小屋に到着。トイレが作られているようです。
e0164643_16564279.jpg


この小屋はうろ覚えですが、昔もあったような??

少し荒れた涸れ沢を進み、
e0164643_16595763.jpg


2:30かかって国観峠に到着。ガスって展望がなかったので上は霧氷かもねぇ~と話しながら登っていたのですが、バンザ~イ!!  霧氷!・霧氷!!  思わず、相方さんと握手です^^
e0164643_1734032.jpg


お地蔵さんの前には御餅も飾られていました。

8合目
e0164643_175597.jpg


9合目
e0164643_1753744.jpg


山頂
e0164643_177968.jpg


e0164643_1774040.jpg


e0164643_17131919.jpg


e0164643_17134470.jpg


e0164643_17143599.jpg


まだもう少し霧氷を眺めていたかったのだが、手が段々とかじかんでくるし~で名残惜しいけど下山開始。山頂直下は凍っていますので要注意。一応アイゼンは持参してますが、使うほどのことはありません。

下山中、パラパラと霧氷が落ちてきます。丁度いいときに行き会わせたようです(^^)/

国観峠で振り返り、祖母山に別れを告げます。

e0164643_17205932.jpg


来た道を帰り、無事に渡渉も済ませ、ひたすら駐車場へ。14:35到着。

今日は14~15名ほどの登山者と遭遇しました。

竹田から瀬の本~玖珠と、いつもの一般道を通り、無事に我が家に到着。

今日のGPSの軌跡です。
e0164643_17262825.jpg

by nobucyansyuncyan | 2015-12-29 17:32 | 大分県の山 | Comments(8)

天空の縦走路・・・元越山へ

久留米の山友、カントさんが26日に元越山へ行きますとのことでしたので、ご一緒させていただきました。以前、英彦山でもご一緒したhigeさんご夫妻もお誘いして~~

地元、大分・臼杵に在住のうすきさんにもお声をかけましたが、26日は田中陽希さんが市房山登山予定のようなので、自分も市房山へ行く予定とのことでした。

が、陽希さんの日程が変わり(26日が24日、そして25日へ)、うすきさんも御一緒することとなりました。

123回目:12月26日(土)  空の公園~石槌山~仁田尾~色利山~元越山~色利登山口
              天気:晴れ    10名
ルート:空の公園(9:25)→石槌山(10:09~10:16)→仁田尾(11:01)
    →展望所(11:21)→色利山(12:06~12:42、昼食)→元越山
   (12:34~12:58)→五合目(14:28)→色利登山口(14:59)→
    駐車場(15:08)

8:30~9時に着くように行きます。とのことでしたので我々も早めに出発。ところが広域農道を20分ほど走ったところでポシェットを忘れたことに気が付く。中には地図・携帯・カメラなどが入っています。取りに戻ろう、9時にぎりぎりかも??  

今度はみやこ豊津I・Cより椎田南まで高速を利用。まだ全線開通しておらず豊前I・Cまでは一般道。
あとは東九州自動車道利用で何とか9時前に待ち合わせ場所の色利駐車場に到着。

e0164643_2235481.jpg


2台デポして出発地点の「空の公園」へ移動。
e0164643_225447.jpg


今日は「エルちゃん」も一緒です^^
e0164643_2261415.jpg


途中では「フジツツジ」満開です。10:09、石槌山(486ⅿ)に到着。石槌山・石鎚山、どちらが本当?
e0164643_22195673.jpg

椿の落花が花の少ない登山道を癒してくれます。

仁田尾(491.7ⅿ)に到着。登山道は整備されており、標識がきちんとあります。地元の方に感謝です。
e0164643_22202569.jpg


ところどころ猪ちゃんの運動会のあとを見かけますが、気持のよい縦走路です。

色利山にてランチタイム。風もなくお天気も最高! 海を眺めながらのお昼も最高!

目指す元越山。山頂にて憩いのひと時(^^♪
e0164643_22303311.jpg

PM2.5の影響で四国は見えず、「地球は丸い」を実感できませんでした。

下山も展望所が各所にあり、お初の今日のルートを久留米の山友さんは満喫されたようです。

今日、見かけたお花です。トウワタ、フジツツジ、タツナミソウ、サネカズラ(ビナンカズラ)、
e0164643_2238144.jpg


色利登山口の駐車場の小屋です。ミカンのご接待があり、美味しくいただきました<(_ _)>
e0164643_22423571.jpg


今回のカシミールでのGPSの軌跡です。
e0164643_22492225.jpg

by nobucyansyuncyan | 2015-12-28 22:52 | 大分県の山 | Comments(8)

名ガイド、じなしさんの案内で国東トレッキング

さて、少々二日酔いの朝を迎えました^^  6時前に起床。

各自 朝食を済ませ、使った部屋は掃除機できちんと掃除をし(借りた時よりきれいに~をモットーに)、集合場所の一の瀬溜池へと車を走らせます。

大不動岩屋から眺めた岩峰(大不動岩屋・・3回目です)
e0164643_2139342.jpg


118回目:11月29日(日)  千燈岳   天気:曇り   17名+2名
ルート:駐車地点(8:10)→尻付岩屋(8:38)→大不動岩屋(9:18~9:25)
    →千燈石仏(10:17)→旧千燈寺(10:40)→不動茶屋
    (11:50~12:20、昼食)→五辻不動(12:38)→林道(13:20)→
    千燈岳(14:11~14:18)→駐車地点(15:14)

じなしさんより今日の行程の説明があり、簡単な自己紹介を済ませ出発。車道を歩き、尻付岩屋へ。
e0164643_21541241.jpg


大不動岩屋へと進みます。higeさんご夫妻とうすきさんはお初の場所で、amiさんご夫妻は前日ここまで来て、千燈岳の登山口を確認して赤根の郷にて入浴だったそうで、その時にバッタリと私どもに会い、拉致された(^^♪
e0164643_2159382.jpg


分岐を過ぎたところで、見慣れないお花がすぐ近くにあるとのことで見に行きますが、わかりません。名前をご存知の方、教えてください<(_ _)>
ハマナデシコではないかと教えていただきました。
e0164643_2221420.jpg

そして皆さんに少し遅れたので、急いで下山中にまたまた発見。登山道を少し入ったところに市房山にあるようなミニチョークストーン(じなしさんもご存じありませんでした~)。

尻付岩屋まで戻り、車道を歩き、千燈石仏へ。鎌倉時代の作らしいです。庚神塔もあります。
e0164643_228359.jpg


そして旧千燈寺へ。
e0164643_22194040.jpg


奥の院への苔むした石段を上がる。うさぎ&かめさんグループのお一人が般若心経を唱えています。
何も見ないで・・・感心しました!! 御利益がありますよ~☆
e0164643_22261488.jpg


じなしさんより教えていただきました、キジョラン(アサギマダラが卵を産み付けるそうです)
e0164643_22291381.jpg

仁聞菩薩のお墓や国東塔、五輪塔群などを案内していただき、不動茶屋でお昼です。

ここで日田のUさんのご近所の方とバッタリ~。これから行動を共にします。

不動山の一角に展示されているゴームリーさんの作品。
e0164643_22343886.jpg


2回ほど林道を横切り、急登が始まります。  標高 605.8ⅿ
以前はこれをピストンしたのだけど、こんなにきつかったかなぁ~~
過去の記録を見ると、2007年に歩いていますね。
e0164643_22382418.jpg


下山はあかねの郷・渓泉へ。無事に下山。じなしさんが予定していた時間よりはオーバータイムだったらしいです。お花散策など寄り道が多くて、どうもすみませんでした<(_ _)>

大人数になりましたが、皆さんとのお話もとても楽しかったですよ(^^♪

またのお誘い、お待ちしております。

じなしさん、お世話になりました~~(*^_^*)

今回のGPSの軌跡です。
e0164643_22475821.jpg

by nobucyansyuncyan | 2015-12-01 22:53 | 大分県の山 | Comments(2)