カテゴリ:大分県の山( 226 )

山をあきらめ、散策~

昨日(20日)は絶好のお天気だったが、9時ごろまで用事があり、遠出は出来ないー(ーー;)
天気予報を見ると、大分方面は曇り。一途な望みを持って21日、鳴子山のオオヤマレンゲを目指して沢水へと車を走らせるが、九重森林公園付近は13日の猟師岳の時と同じく真っ白ーー。視界はほとんどありません。雨も降ってきましたーー。瀬の本へ行くのをあきらめ、牧ノ戸峠経由長者原へと戻る。
牧ノ戸、大曲の駐車場はミヤマキリシマの賑わいが過ぎ、空きがありました。

長者原にてタデ原湿原の散策へ~~
やはりお花は少なく、シライトソウ、クララ、イブキトラノオなど・・・
e0164643_16361275.jpg

e0164643_16372314.jpg
e0164643_16392252.jpg

ここのクララは平尾台のと比べると元気でした。e0164643_16412590.jpg
傘を差しながらの散策でしたが、まだ消化不良~~
鶴見岳近くの神楽女湖(かぐらめこ)の菖蒲が見頃かも~!で移動。
e0164643_16451749.jpg

e0164643_1647201.jpg

e0164643_16484476.jpg
e0164643_16491664.jpg

付近を散策しているとハナイカダがありました^^
e0164643_16532771.jpg

昨年、鳴子山のオオヤマレンゲの一番いい時に行き、パソコンの待受け画面はその時のオオヤマレンゲです。今年も・・・と思ったのですが、お天気には勝てませんーー^^;
by nobucyansyuncyan | 2009-06-21 17:06 | 大分県の山 | Comments(2)

花の探訪・1日目

51回目:6月13日(土)   猟師岳(1423.2m)・合頭山(1384m)   曇り   7名
ルート:九重森林公園(10:20)→林道・オオヤマレンゲ観賞→猟師岳(11:12~11:20)→
     合頭山(11:48~12:15)→九重森林公園(12:55)

6月の「遊山歩」の例会に参加。1日目は猟師岳への途中にあるオオヤマレンゲの花を観賞。2日目は大崩山のササユリ。大崩山のササユリは以前から観たかったお花ですのでとても楽しみです!!
まずは1日目のオオヤマレンゲの報告です。

8時「道の駅おこしかけ」集合だが、7:50に着いたときはもう同行のメンバーは集まっており、7:55「おこしかけ」出発。スキー場のある九重森林公園に着いたとき、ガスっており辺り一面真っ白ーー。駐車場も一杯の車でした。皆さまオオヤマレンゲがお目当てです~~!!   レインウエアの上着を着て、併設のリフトに沿って歩きます。ユウスゲの花が靄の中から浮かびます。
e0164643_23245882.jpg

e0164643_23252381.jpg

途中より猟師岳の登山口があります。右手に入り込み、少し進むと「うさぎさん」と「かめさん」のコースに分かれますが、我々は「かめさん」コースを歩きました。が、すぐに林道に出ます。そこにはこんな天気にもかかわらず、たくさんの人が・・・・ カメラを構えてあっちから~、こっちから~と激写中です。メンバーの仲間も「右へならえ!」で加わります。もちろん、私も・・・・   
e0164643_23402037.jpg

e0164643_2340413.jpg

猟師岳へと進みます。石楠花の大木があり、以前「ここの石楠花もきれいですよ」と森林公園の方からお聞きしてましたが、すっかり忘れていました~~  のんびり、話しながら歩いていると追い越しの方が・・・・「白川の里」のTaka さんです。猟師岳の山頂で会社の登山仲間に追いついたTakaさんとまたお遭いしました。

合頭山へと進み、お天気がよければここから眺める九重連山の景色が素晴らしいのですが、ガスは晴れず真っ白。山頂を少し下った広場で昼食を済ませ、来た道を戻り、途中の分岐より森林公園への道を進みます。ミヤマキリシマがまだ残っておりました。
e0164643_2358671.jpg


さぁ、これから大崩山の登山口へと移動です。
竹田を過ぎ、三重から宇目町方面へ右折。唄げんか橋で休憩。桑の原トンネルを抜けて、祝子川へ。
e0164643_03983.jpg

e0164643_032877.jpg

「唄げんか」と言うのは大分県南部の宇目町(佐伯市)やその周辺地域に伝わる民謡で子守娘達の「労働歌」だとのこと。「唄で争う」意味と「唄を争う」という二つの意味があり、文句の種が切れたほうが負け、だそうです。

大崩山の登山口近くの祝子川の「美人の湯」の下の駐車場でテント泊。我が家は車中泊。シートを倒していつでも寝れる準備をしてから温泉へ~~   その後、宴会突入~~で~す。
今日のメニューは焼肉、白身魚のムニエル、だご汁、オードブル。和洋折衷ですがおいしかった~~☆☆
e0164643_0143457.jpg

by nobucyansyuncyan | 2009-06-16 00:28 | 大分県の山 | Comments(0)

ミヤマキリシマを求めて!

49回目:6月1日(月)    星生山(1762m)・天狗ヶ城(1780m)・中岳(1791m)・肥前ヶ城
     (1685m)     天気:晴れ     2名
ルート:大曲(9:00)→1499のピーク(通称・乳首岩9:30~9:41)→星生山(10:20~10:25)
     →久住別れ(11:02)→天狗ヶ城(11:29)→中岳(11:45)→鞍部にて昼食(11:50
     ~12:15)→久住別れ(12:47)→肥前ヶ城(13:15~13:20)→星生新道分岐
     (13:43)→大曲(14:30)

前日は孫の運動会で少々お疲れモードでしたが、2日は夕方から小倉へお出かけ。3日~4日はお天気が雨マークになっているので、今日しかない~! と言うことでミヤマキリシマ観賞へと出かけてきました~~
「平治岳がきれいよ~」との情報がありましたが、好きな星生山へ。星生新道を上がり、通称・乳首岩付近で由布岳や三俣山などを眺めて、のんびりとするのがだ~いすきです(^^)v
e0164643_11241542.jpg
e0164643_11244558.jpg

e0164643_11251391.jpg

マイズルソウやイワカガミのお花も咲き、ドウダンツツジも賑やかにぶら下がっています。
星生新道は急登ですが、お花や景色を眺めていると、あっという間に山頂へ着きます。
e0164643_1129417.jpg
e0164643_11295871.jpg

星生山より星生崎へと進み、久住別れへ出て「どこへ行こうか」久住山は人が多そうなので、天狗ヶ城~中岳へと歩く。この頃より風が強くなり、中岳山頂下の鞍部で風をよけて昼食。「さぁ~これから何処へ・・・」 天狗ヶ城へ登るとき、御池の上のピークを指差して「あの山は何と言う山ですか」と聞かれ、「行ったことないし、名前はあったのかなぁ~」 いつも御池の周りを通っているので確かめに登りました。山頂標識はありませんでした~。1652のピークのようです。
再び久住別れに着き、スガモリ越え経由で大曲へ戻るか、でしたが肥前ヶ城にある「白のミヤマ」を今年も咲いているか、確認の為に肥前ヶ城へ~~。虫の被害もなく今年もきれいに咲いていました~(^o^)/
星生山へ上り返し、分岐より星生新道へと朝 通った道を通って大曲へと戻りました。
e0164643_12102180.jpg

e0164643_12104185.jpg

e0164643_1211241.jpg

まだまだ蕾も多く、あと一週間は大丈夫!!久住山での山開きまで持ちそうですよ~~(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2009-06-04 12:22 | 大分県の山 | Comments(4)

鶴見山系・伽藍岳~内山

46回目:5月23日(土)   伽藍岳(1045.3m)・内山(1275.4m)・大平山(扇山、810m)
     天気:晴れ      6名
ルート:明礬温泉・鍋山湯源郷(8:23)→カラスの湯(8:23)→塚原越(10:06)→伽藍岳
    (10:25~10:30)→西峰(10:52~11:22、昼食)→塚原越(11:51)→石楠花尾根
    分岐(13:10)→内山(13:14~13:35)→石楠花尾根分岐(13:37)→大平山分岐
    (15:07~15:14)→大平山(15:20~15:45)→明礬温泉分岐(15:50)→蛇湯
    (16:11)→鍋山湯源郷(16:40)

「遊山歩」の例会で上記ルートの周回登山です。本来は17日でしたが、雨の為、延期。私共も別口の会の山行で不参加としていましたが、23日は用事もない事だし、カラスの湯から塚原越・内山から石楠花尾根は未踏でしたので歩いてきました。
「道の駅・おこしかけ」に7時集合。宇佐より別府まで高速を利用し、明礬温泉の秘湯「カラスの湯」を目指します。昔の温泉場の名残の「鍋山湯源郷」の空き地に車を停めます。岡山ナンバーの車も停まっています。山かな?秘湯巡りかな?
歩き始めてすぐ風呂上りの4~5名の方とすれ違う。後学の為にと「カラスの湯」を見物。何の囲いもない、本当の露天風呂・・・我々女性は・・・遠慮しま~す。露天風呂から見た鶴見岳と今日、最後に登る大平山です。
e0164643_21491433.jpg
e0164643_2149412.jpg

奥の2ヶ所は泥湯。手前の2ヶ所は透明で、その手前のお風呂の前が登山道のようです。男性2名が入浴中でした~  その前を失礼して通りました~(^_^;)
枯れた沢に取り付き、登山道らしからぬ荒れた道を歩いて進みました
e0164643_21564973.jpg
e0164643_2157523.jpg

新緑がきれいだが、登り一辺倒の「断層尾根」を進みます。  けっこう、きつーいです(^_^;)
e0164643_221192.jpg

どうにか縦走路出合いに辿り着き、塚原越から伽藍岳へ。ミヤマキリシマがほぼ満開状態に咲いています。小休止の後、西峰へ。由布岳、これから登る内山が目の前に・・・・ 「腹が減っては・・・」ということで、西峰直下できれいなお花を眺めながら昼食タイムです。
e0164643_229137.jpg

内山への登りで~す。大きな木の根っこ・・・男性と女性、コンパスの差がありますね~
e0164643_22153690.jpg

石楠花尾根の分岐から一登りで内山に到着です。鶴見岳への縦走路、由布岳の展望を楽しんで分岐へと戻ります。これからのルートは皆、初めてです。シャクナゲの咲いたあともありました。結構、木が大きかったですね~。咲いていたらさぞかしきれいだったことでしょう!岩尾根の急坂が続きます。足元に注意をして転ばないよう、細心の注意です。
e0164643_2228433.jpg
e0164643_22301015.jpg


大平山・明礬温泉の分岐に到着です。急坂を一気に下ったのでちょっと一休み(^^ゞ
大平山へと進み、別府湾を眺め、三角点捜しです~  ここは山頂標識から離れたところにあるらしいです。本では少し下ったところと書いていましたが、私たちは下りすぎてました・・・・MORIさんの奥さんが林の中にある三角点を探し当て、無事タッチ!
いよいよこれからは下るのみ。分岐に戻り、明礬温泉へと・・・・  途中、これまた秘湯の「蛇湯」を見て通り~~(男性が入浴中でした・・・道から丸見え~~)、  恵比寿社を過ぎて鍋山の駐車場にやっと到着です。
途中で見かけたお花です。ギンラン、ミヤマキリシマ、サイハイラン、シライトソウ
e0164643_22454578.jpg
e0164643_22461360.jpg

e0164643_22464026.jpg
e0164643_2247166.jpg

鶴見岳から伽藍岳は2~3年前、縦走したことはありますが、今日のこのコースは結構、しんどかったです。急登に次ぐ急登、下りもまた急で、新緑とお花に疲れを癒されました~(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2009-05-25 23:07 | 大分県の山 | Comments(1)

GWの山旅(5/2~5/6)

※5日目
 42回目:5月6日(水)   夏木山(1386m)・五葉岳(1569.7m)・お姫山(1550m)
       天気:晴れ     6名
 ルート:夏木新道登山口(6:36)→あけぼの平(7:33~7:45)→船石(8:19)→夏木山
      (8:42~8:54)→五葉岳(10:32~10:42)→お姫山(11:14~11:18)→昼食
      (11:25~11:50)→五葉岳(12:14)→夏木山(13:50)→分岐(14:00~14:10)
      →あけぼの平(14:42)→夏木新道登山口(15:15)
 今回の予定のコースは犬流れから小鋸・大鋸を経由して夏木山・五葉岳に行き、夏木新道を下る筈でしたが、前夜着いたときに登山口に「夏木山~犬流間は登山道崩落のため通行できません」と立て看板がありました。4/28にこのルートを歩いた友達の話では、通行止めのことは話題にも上がらなかったし・・・・
夏木新道の登山口へ移動すると、「4/29、16時ごろに屏風岩が崩落して通行不可」とのこと。私共は昨年もこのコースを歩いているが、MORIさん夫妻は雨の為、大鋸・小鋸は通行しなかったので是非とも歩きたかった、とすごく残念そう。危険回避のため無理はせず、五葉岳からお姫山まで足を延ばすことで話がまとまりました。
e0164643_2125098.jpg

いきなりの急登です。木の根っこが浮き出ています。下りは気をつけなくては、と話しながら進みます。ミツバツツジ、シャクナゲが見え始めました。あけぼの平ではアケボノツツジの花はもう終わっていました^_^;
船石に到着するころ、大崩山がきれいに見えてきました。
e0164643_2133292.jpg

e0164643_21333571.jpg

夏木山の山頂での集合写真です
e0164643_21343983.jpg

夏木山の山頂は満開のアケボノツツジの競演です\(^o^)/
五葉岳への縦走路はミツバツツジ、アケボノツツジ、ヒメシャラ林、新緑と撮影材料には事欠きません。足が止まります(^^♪  特徴ある鹿納坊主がよ~く見えます。宇土内谷より大崩山から鹿納坊主に行く予定でしたが雨の為休息日となってしまいましたーー
e0164643_21464125.jpg

お姫山まで行き、また今来た道を戻ります^^ 帰りもまた自然と足が止まってしまいます~(^^♪  シャクヤクの蕾、バイケイソウの群落、ワチガイソウなど咲いていました。
e0164643_21544525.jpg
e0164643_21551162.jpg

e0164643_21555011.jpg
e0164643_2156178.jpg

e0164643_21582815.jpg

春はこの3~4年、アケボノツツジを愛でに夏木山に来ていますが、裏切りませんねぇ~ ミツバ・ヒカゲ・アケボノ、シャクナゲと楽しませてくれます。今回、ご一緒したMORIさんご夫妻、カラスさんご夫妻有難うございました。走行距離640キロのGWの山旅でした(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2009-05-11 22:18 | 大分県の山 | Comments(1)

再び飯盛山・由布岳へ

35回目:4月18日(土)  飯盛山(1347m)、由布岳・西峰(1583.3m) 天気:晴れ 4名
ルート:正面登山道(8:33)→合野越(9:10~9:17)→取り付き(10:00)→飯盛山取り付き
    (11:00)→飯盛山(11:15~11:19)→飯盛山取り付き・昼食(11:30~12:00)→
    正面登山道に合流(12:50)→マタエ(13:15)→由布岳西峰(13:40~13:50)→
    塚原ルートへ(14:10)→林道(15:13)→駐車地点(15:49)→正面登山口へ
英彦山のバリハイルートを時々ご一緒しているMORIさんご夫妻と今回もまた懲りずに由布山麓の飯盛山を歩いてきました。前回のとき、合野越で休憩時、地元の方という人に塚原ルートのことを尋ねると「コースはまぁ解りやすいよ」とのことでしたので、下山口に1台デポして、正面登山口へ。
今日の由布岳です。真っ青な空、山腹にはまだ山桜が残っているようです。
e0164643_15523150.jpg

登山道にはキスミレ、エヒメアヤメ、リンドウが咲いていました。
e0164643_15554866.jpg
e0164643_1556840.jpg
e0164643_15563225.jpg





登山道から飯盛山取り付きに入り、目印の大岩目指して進みます。一度歩いた道なので順調に進んでいます。バイケイソウがチラホラと見え始めました。前回の時より随分、大きくなっています。
池代だと思います。木に取り付けられた標識ですが、見えづらいです。飯盛山の取り付きに出て、今回4人でしたのでウロウロと探しましたが、登り口はやはりよく解りません。適当に木や岩を掴み、登り始めます。
e0164643_161368.jpg
e0164643_16132626.jpg

飯盛山の山頂です。山頂標識はありませんが、GPSで測定しましたので間違いはないと思います。
e0164643_16135262.jpg

バイケイソウの園です。花が咲いているのを今度は見たいものです~。昼食を済ませ、来た道を戻っていると枯れ沢のところで人の声が・・・・?  今日、来ることは「大分の由美ちゃん」にはメールをしてましたが{まさか、由美ちゃんが・・・}   「由美ちゃ~ん」、「信ちゃ~ん」で昨年の7月にお会いして以来の再会です。
お会いするのは2回目ですが、もう?十年のお友達のような感じで~~す。
e0164643_16341531.jpg
e0164643_16343422.jpg

マタエに着き、西峰へと取り付きます。平日ではないので鎖場は渋滞ですー。
西峰で記念撮影を済ませ、お鉢廻りのコースへ。途中、塚原コースへと入り込み、樹林帯の中を下山します。
e0164643_16522782.jpg
e0164643_16525534.jpg

展望はありません。登りに使うのはしんどいかな?  ようやく林道に出ました。砂防ダムの堰堤横を通り、デポした駐車地点に辿り着き、正面登山道の駐車場へ。今からサクラソウの花を愛でに行きま~す。
キスミレ、エヒメアヤメ、バイカイカリソウ、ジロボウエンゴサクなども咲いていました~☆
e0164643_165105.jpg
e0164643_16511922.jpg

by nobucyansyuncyan | 2009-04-20 17:02 | 大分県の山 | Comments(0)

ニューピーク・飯盛山

31回目:4月3日(金)   飯盛山(1347m)   天気:曇りのち晴れ   2名
ルート:由布岳正面登山道(9:38)→合野越(10:15~10:23)→取り付き地点(11:10)→
     お昼(12:20~12:45)→山頂への取り付き(13:10)→飯盛山(13:22~13:25)→
     取り付き地点(14:28)→合野越(15:02~15:05)→登山口(15:37)

2日は雪の英彦山に急遽出かけたので、「3日はお天気が良かったら宿題の飯盛山に行ってみよう」との計画は中止だと思い込んでいたら、6時ごろ「行くぞ!」の相方さんの声(@_@)
急いで仕度をして、7:30 我が家を出発~~  9:20 由布岳の登山口に到着です。
用意をしていたら隣に停めた車のナンバーが「袖ヶ浦」。千葉県からお出でのご夫婦で29日からの移動で宮島や錦帯橋など見学して、今日は由布岳に登るとのこと。

昨年の7月に由布岳でお会いした「楽しい大分の山々!!」の由美ちゃんに飯盛山のバイケイソウのことをお聞きして 登山道の確認で冬枯れのときに「一度登ってみよう!」と思っていて、ずっと宿題でした^_^;
合野越で一休み。そういえば飯盛ヶ城はまだ登ったことがないんだ~   その内に~~
休憩地点で見上げていた飯盛ヶ城も真下にみえます。取り付き地点から暫くはカヤの草原の中を歩きます。
e0164643_1733118.jpg
e0164643_1757956.jpg

右手に西峰が真上に見えます。このまま直に行けるのでは?と思ってしまいます。第1目標の大岩です。どこでも上がりたい性分なので、記念撮影で~す。
e0164643_1815497.jpg
e0164643_1821376.jpg

テープはところどころ付いています。が、見落として枯れ沢を少し下るところをついつい上り、潅木や岩と格闘しましたが、目標のお山は斜め左に見えています。苔むした岩もありますので歩き易い道を探しながら歩いていて 右、右へ進んだようです~。 「テープ地点まで戻ろう」でその地点まで戻り、腹が減っては・・・・でお昼としました。
e0164643_18151428.jpg
e0164643_18155116.jpg

これから登る飯盛山です。山頂までの道はテープはありませんでしたーー   木々や岩を掴み、強引に登っていきます。山頂標識はありませんでした。狭い山頂に2ヶ所の岩がありましたので展望のいい岩で記念撮影です!
e0164643_18211467.jpg
e0164643_18213875.jpg

下山で~す。来た道を戻ります。間違わずに取り付き地点まで到達しましたが、意外と時間がかかりますね~~   合野越で「ふ~!」と安堵感?!  
正面登山道はキスミレも少し咲いていました。これからはお花が楽しみですね。バイケイソウの群落も是非 観てみたいものですね!!
帰りに安心院から見た今日のお山です。
e0164643_20491314.jpg


大分の由美ちゃん、有難うございました。  やっと宿題を終えました!!
by nobucyansyuncyan | 2009-04-04 18:47 | 大分県の山 | Comments(6)

再び男池へ

27回目:3月26日(木)    男池散策    天気:晴れ    5名
ルート:男池駐車場→男池・かくし水→男池駐車場→白水湿生花園

24日に虎尾桜を観に行った姉妹とそのお孫さんと一緒にお出かけで~す。
姉妹のお姉さんが4/1と4/8に白内障の手術をします。「しばらく山歩きが出来ないのでは?山の空気を吸っておきたい!」とのことで、先日行った男池のお花がきれいに咲いていたので、サクラの次はイチゲだ~~と。
男池園地のケヤキの大木とド根性の木?石??です
e0164643_2159527.jpg
e0164643_2201838.jpg











冬枯れの中をかくし水まで歩きます。喉を潤おしま~す。Mちゃんはここは初めてです。「下の湧水の水よりこの水の方がおいしい~~!!」 ご満悦ですぅ~~(^。^)e0164643_2222087.jpg
e0164643_2224248.jpg









日差しはあるのですが、気温が低くてお花がなかなか咲いてくれません。お昼を食べ、時間稼ぎをしてまた花散策へ~~   イチゲの他はハルトラノオ、ネコノメソウ、サバノオなど咲いていました。
e0164643_22174011.jpg

湿生花園でミズバショウ、カタクリのお花を見て、また大感激!!

手術後、普通の生活はOKだそうですが、山歩きはしばらく・・・・
また一緒に歩きましょうね~~  お大事に!!
by nobucyansyuncyan | 2009-03-27 22:27 | 大分県の山 | Comments(0)

花を求めて!!

24回目:3月21日(土)  九重・指山(1449m)、男池、白水湿生花園   天気:晴れ  2名
ルート:長者原→指山→長者原、男池へ移動→男池散策、白水湿生花園

前日の天気予報で21日は晴れ~  22日は会の山行で福智山清掃登山があるけど雨の確率が40%以上だと中止。予報では70%になっていたので絶対に中止。と決め込んで6時に家を出発。途中、眺めた日の出です。思わず車を止めてパチリ!
e0164643_22512659.jpg

耶馬溪・玖珠経由で長者原に到着。以前、指山の山腹がマンサクでまっ黄色になる様をみたことがあるので、指山を目指して行動を開始するが、どうも花の付きがイマイチのようです。
抜けるような青空、見上げたマンサクです。指山の山頂から見た三俣山のマンサク。
e0164643_2351758.jpge0164643_2353569.jpg









長者原に戻り、男池に移動。駐車場は意外と車が少なかったですね~
駐車場でお弁当を食べ、メインのアズマイチゲとユキワリイチゲの花を求めて散策です。
e0164643_2317389.jpg

e0164643_23183269.jpg

今日はお天気もいいし、土曜日だしということで花散策のお客さんが結構いました。
皆さん、立派なカメラで激写!!  私も真似をするんですが・・・・
かくし水まで行く予定でしたが、下を向いての激写スタイルで立ち上がると頭がクラクラとして途中で引き返し、白水湿生花園に移動。ここでミズバショウとカタクリの花を愛でてきました。
e0164643_2338385.jpg
e0164643_2334238.jpg









e0164643_23455734.jpg
e0164643_23463178.jpg








今年も男池で清楚で可憐で花に出会うことが出来ました。
やはり毎年の逢瀬を楽しみに花散策に来てしまいますね~!
by nobucyansyuncyan | 2009-03-22 23:53 | 大分県の山 | Comments(2)

古峠から野峠へ

21回目:3月15日(日)    古峠~経読岳(992m)~犬ヶ岳(1130.8m)~野峠  
                   天気:晴れ    10名
ルート:野峠(7:15)から古峠(8:15)へ移動、古峠発(8:35)→経読岳(10:20~10:23)→
     黒仁田峠(10:55~11:02)→茶臼山(11:35~12:29)→笈吊峠(12:41)→犬ヶ岳
     (13:42~13:53)→大竿峠(14:12)→一ノ岳(14:26~14:30)→野峠(16:20)、
     古峠へ車の回収
今日は1月に「遊山歩」に入会した、会の3月定例山行。初めての顔合わせの方が2名いました。今後ともよろしくです!!
まず、野峠に7時集合、遅れた1人を待って車をデポして県道32号線を経由して、ハイウェイ林道、ダート林道を通り、経読岳の古峠登山口へ。
犬ヶ岳まで6.1㎞、野峠までは・・・・  長いなぁ~今日のコースは・・・・  頑張ろう!!
e0164643_16415388.jpg

途中、足場の悪いところもあります。ここは滑らないよう鎖に助けを借りて・・・・・
e0164643_16435039.jpg

登山道です。14日の雨が山では雪!霜柱もありザクザクと小気味良い足音が響きます。
e0164643_16454360.jpg

岸壁には大きなツララが下がっていました。あれでウイスキーを飲むと美味しいだろうなぁ~と俊ちゃんのつぶやき^^
e0164643_16485432.jpg

経読岳を過ぎ、茶臼山への途中で視界が開け、九重の山々や由布岳・鶴見岳がよく見えていました。茶臼岳で昼食タイム。暖かな春の日差しです!!
e0164643_1722138.jpg
笈吊岩の状況です。お友達と犬ヶ岳へ行ったときは左側の鎖を登りましたが、今日は俊ちゃんが「靴底が減っている靴だから止めとく」で真ん中の鎖へ・・・やはり凍っているところがありました。
e0164643_1755386.jpg









縦走路に大きなブナの木があります。ここはお気に入りの場所です。ベンチもありますのでお抹茶を持ってきて野点をしたこともあります。
2ヶ所の岩場も無事、通過。皆さん、元気な足取りで野峠に到着~~です
e0164643_17133854.jpg

e0164643_1734163.jpg
この看板は黒仁田峠にある「現在地確認看板」です。   1番~8番まで雁股山~野峠の間に豊前市役所の依頼で加入している山岳会のメンバーと2006年に設置しました。この山域に登ったときには倒れてないか、やはり看板が気になり、無事だと安堵しているのです。もし、何かあった場合、何番の近くですよと連絡をすると対策が立てやすいのでは・・・・・   ないにこしたことはありませんけど・・・・・
by nobucyansyuncyan | 2009-03-16 17:42 | 大分県の山 | Comments(2)

信ちゃん&俊ちゃんの愛山めぐり


by nobucyansyuncyan
プロフィールを見る
画像一覧