信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大分県の山( 218 )

涌蓋山へ・・・イワギク

そろそろイワギクが咲き始めるのでは、で山友さんに前日のお昼に「明日、行きますけど~」とメールをする。

お天気を調べると大分方面は土・日曜日はあまりよくない。金曜日は用事があるし~~で。

急なお誘いですが、higeさんご夫妻が「行きま~す」

e0164643_11581259.jpg


90回目:10月6日(木)   一目山・みそこぶし山   天気:晴れ   4名
ルート:登山口(8:19)→一目山(8:40~8:44)→みそこぶし山
    (10:09~10:20)→登山口(11:42)

8:30に登山口待ち合わせですが、お互い早めに着き、出発。先ず一目山へ。
e0164643_1263110.jpg


リンドウが眠りから覚めようとしています^^一目山まではアキノキリンソウとリンドウ。

一目山山頂を下るときに、見頃な朝露を身にまとったヤマラッキョ
e0164643_12122748.jpg


リンドウ、アソノコギリソウも~~
e0164643_12133026.jpg


まだ紅葉は早いようですね。
e0164643_1214408.jpg


台風一過で素晴らしい青空になりました(^^)/
e0164643_12151542.jpg


ミヤマキリシマの戻り花も咲いています。
e0164643_12194450.jpg


みそこぶし山に到着。higeさんの肩に蝶々が(^^♪  しばらく遊んでいます。
離れてもまたhigeさんの肩に~~  よほど蝶の好きなフェロモンがあるのかな??
e0164643_12245034.jpg


雨ヶ池のヤマラッキョの群生がまだ見られるかなぁ~で、ここで下山。

帰り道は一目山の裾野を歩くとウメバチソウが。ナギナタコウジュ・マツムシソウも^^
e0164643_1233417.jpg


今日お目当てのイワギク。前回見た時よりもお花が少なくなってるかな??
e0164643_12352899.jpg


長者原へと移動。九重連山を眺めながら昼食タイム。

午後の部へ~~
by nobucyansyuncyan | 2016-10-08 12:40 | 大分県の山 | Comments(4)

帰り道のお花散策

妙善坊の駐車場にてお昼を済ませて、お花散策へと移動します。

アカササゲ(マメ科のつる性多年草。内陸山地の草地に稀)  初見です(^^)/
e0164643_11244026.jpg


はっきっりとした場所はわかりませんが、この付近だろうねとのことで4人で散らばって散策。

ありました~~ 多分これでしょうね!!
e0164643_11264536.jpg


皆さん、一生懸命にいろんな角度から写真を撮ります(^^♪
e0164643_1129266.jpg


そして、帰り道でまた寄り道を~~(^_-)-☆
e0164643_11302296.jpg

ミゾソバ、ナガバノアカワレモコウ、ナガバノシロワレモコウ、サワトウガラシ、タヌキマメ、オモダカ

今日もいろんなお花に出会いました。

同行の方々に感謝・感謝!!
by nobucyansyuncyan | 2016-09-30 11:35 | 大分県の山 | Comments(0)

鋸山・・チャボツメレンゲ

もうそろそろチャボツメレンげが咲き始めるのでは~と思っていたら、早速山友のうすきさんが見に行かれていた。

天気予報を見るとこの一週間はあまりよくない。月・火曜日は曇りで、あとは雨マーク。

それで月曜日に出かけようと準備をして外へ出ると、雨が降り始めました。

「やめよう」ということで、火曜日に改めて出かけることにしました(^-^;

e0164643_13584330.jpg

e0164643_1359428.jpg


88回目:9月27日(火)    鋸山    天気:曇り   4名
ルート:妙善坊からの周回

「火曜日だったら行けます」のお二人に声をかけて我が家に集合。車一台で出かけます。

9時過ぎでしたが、ほかに登山者はなし。
空模様も心配でしたので、行動食を食べ、お弁当は置いていくことに~~
e0164643_14123937.jpg


フユノハナワラビなどを眺めながら雫石まで来ると霧雨が。ショートカットして尾根に取りつく。

フユノハナワラビ、ハギ、カラスノゴマ、マメヅタ、ギボウシ
e0164643_14191648.jpg


前日の雨で岩峰は滑りやすくなっています。足元に注意です。
e0164643_1424113.jpg


痩せ尾根の岩場です。お天気が悪いのでうまく写真がとれませんでしたが・・・
e0164643_1428513.jpg


そしてお目当てのチャボツメレンゲ。写真を撮るのにも苦労します。
e0164643_1425479.jpg


イワレンゲ、ブゼンノギク、キハギ
e0164643_14264047.jpg


無事に下山。丁度お一人の方が出発されるところでした。鹿児島ナンバーで九州百名山を歩いているとのことでした。

私どもはベンチでお昼タイム。とある場所へ別のお花を探しに行きます。
by nobucyansyuncyan | 2016-09-29 14:43 | 大分県の山 | Comments(4)

山ガールと由布岳へ。

久しぶりに山ガールとの歩きです。

以前から由布岳に登ってみたい~の声があったのですが、地震の影響で入山禁止。

8月6日にやっと解除となりました。

京都・滋賀の山歩きの疲れが心配だったのですが、疲れも特になく、「由布岳へ行きましょう!」

86回目:9月22日(木・祭日)   由布岳   天気:曇り   3名
ルート:正面駐車場(8:25)→合野越(9:09~9:15)→マタエ(10:34~10:39)
    →東峰(10:56~11:21、昼食)→分岐(11:41)→日向越(13:15)→
    合流(14:08)→正面駐車場(14:22)

e0164643_11403713.jpg


今日の行程を説明します。ピストンか東峰から東登山口へ、そして日向越から正面への周回コース。これは行程が少し長くなるので体調を見てから~決めますね。お鉢周回はしません。

今日の山頂は全く見えません。ガスの中~~  雨が降ってないだけ良しとしなければ。
e0164643_11463284.jpg


合野越まで順調。それからはくの字・くの字の繰り返し。開けたところの展望もありません。

お花を探しながら~~  久しぶりの山歩きだったので少しきつそう。
e0164643_11511796.jpg


e0164643_11541022.jpg


マタエに到着。お鉢周回する方は今のところいません。我々は東峰へ。
e0164643_115439100.jpg


お初の由布岳。山頂記念撮影をし、ランチタイム。見ると西峰が見え始めました。お鉢の岩場も。

岩場に慣れたらお鉢を歩こうね~~  下山はどうしますと聞くと、別の道を歩きたいですねとのこと。では、お鉢を少し歩き、東登山口への岩場を下ります。
e0164643_1202293.jpg


岩場の下りでは四苦八苦。一番危険なところでは空身にして補助して下りました。

一度怖い~と思ったら、足がすくんだんでしょうね。

岩場を下りながら見たお花。シオガマギク、センブリ、フクオウソウ
e0164643_13232284.jpg


日向越から正面登山道へと向かいます。平坦な道は大丈夫ですが、少し岩などあると・・・

雨が降ってきたような~~樹林帯の中ですので、さほど気になりません。
e0164643_13332527.jpg


約6時間の山歩き。お初の由布岳に大満足したようですが??
by nobucyansyuncyan | 2016-09-26 13:40 | 大分県の山 | Comments(2)

想定外の山歩きで花牟礼山へ

タイトルの通り、今日はいろいろと変更がありまして~~

熊群山へと登る予定でした。この山は途中で苔むした石段や岩場がありまして、雨の後は危険極まりないので、お天気の時に行きましょうと以前higeさんと約束してました。

今の時期、山はお花も少ないし、お天気も続いていたので「登るなら今でしょう!」

9時に県道621号線の路肩で待ち合わせ。

6時少し前に一般道を走ります。空を見ると「おっ、きれい!!」
e0164643_11242832.jpg


途中、「仙の岩」でトイレ休憩。
e0164643_11271933.jpg


湯布院より熊群山の登山口を目指します。ところが途中で全面通行止めの立看板が・・・

ナビを適当に合わせていたので、熊群山の登山口はその先の設定になっています。

今 思うとこの時点でhigeさんに連絡をすればよかったのですが・・・

英彦山の岩ゴロゴロ以来、全面通行止めはトラウマになっています。

もし、higeさんたちが男池側から来るのであれば??

迂回路に従い、車を走らせます。ぐっと回り道。田舎道を飛ばす・飛ばす~~

この先、全面通行止めの標識が。行けるところまで進みましたが・・・その先にはやはり立看板が。

工事関係者の方がいましたのでお聞きすると、熊群山は向こう側からは行けるとのこと。

higeさんに連絡をすると、神社の先がどうも通れないようだと??

では雨が池でお花散策しますか~で男池園地で待ち合わせ。

合流するまで時間もあるので、名水の滝で一休み。そこで携帯が鳴る。
e0164643_1149498.jpg


花牟礼山に行きましょうか? 了解。数年前に行ったことがあります。

落ち合って花牟礼山の登山口へ。コンクリートの道を突き進んで広場に車を置いた覚えがありますが・・・夏草が茂り、車に覆い被さります(>_<) こんな道を進んだのかなぁ~  別の道だったかなぁ? 記憶が途切れました。 mamaさんがネットで調べると、上の方まで車で行ける道があるとのこと。 ではその道で登りましょうか~~
e0164643_1205594.jpg


林道に入り、またも草が茂って車に「ビシッ、バシッ」と当たります。

で、どうにか登山口に到着。標識は何にもありません。どうも「北東尾根コース」らしい。

急に決まったことなので手元に地図がない。携帯の地図とGPSが頼りです。

82回目:9月10日(土)  花牟礼山(1170.3ⅿ)   天気:晴れ   4名 
ルート:登山口(11:15)→三角点(12:41)→花牟礼山(1:49~13:20)
    →登りの藪漕ぎ合流地点(13:45)→取りつき地点(13:52)→
    駐車地点(13:58)

ゲートの手前を右に下りて、荒れた道を進みます。(本当は手前にある砂防ダムを見て、左の尾根取りつき点から進むようです)

左の尾根に取りつかないといけないのですが、登る場所がなかなか見つからない。

前へと進む道がなくなったところで左をみると、かすかに踏み跡がある。

ここから藪漕ぎが始まりました。なるべく歩きやすいところを進んでーーやっと尾根に着きました。

一休みして呼吸を整えて・・ これから急登の始まりです。
e0164643_13432423.jpg


一旦、緩やかなところに出ましたが、ここからは笹原となり、またまた急登の始まりです。
e0164643_13591179.jpg


稜線に到着。右へと行き、三角点にタッチ。そして開けたところで以前歩いたながみず山を眺める。
背丈ほどのカヤトの藪漕ぎで大変だったことを思い出しました。

山頂は展望はありません。higeさんご夫妻はお初の山頂です(^^♪
e0164643_1475055.jpg


下山は男性に今の道を下ってもらい、一般的な登山道を下山して迎えに来てもらおうか~などと話していましたが、やはり下山の道を確かめたくて一緒に下ることに。

下る・下る~~一気に。藪漕ぎした合流地点を確認して、またまた下る~~
e0164643_14184468.jpg


取りつき地点も確認。道から入り込んだところに目印があったので見落としたようです。

今回見かけたお花。黄色のはメナモミ、ヒガンバナ、キツネノマゴ、モミジガサ、イヌホオヅキ
e0164643_14292351.jpg


今日の軌跡です。
e0164643_14324473.jpg


今回、急に決まったことなので手元に地図はなし。これは反省点。

だが、藪漕ぎは楽しかった~~  またお初のルートも歩くことが出来ました。

higeさん、mamaさん、有り難うございました。

一か所 気になるテープを見つけました。あのテープの行く先は~~??
by nobucyansyuncyan | 2016-09-12 14:49 | 大分県の山 | Comments(14)

鹿嵐山へ

熊本の山友(Mishan)たちが大分の山・鹿嵐山へ八山会の例会でお出でになる(^^♪

台風12号が九州へ接近。天気も心配したが宇佐方面は晴れマーク。「明日は予定通り決行します」とのこと。地元の物産館でイチジクを買い求めて~^^

主に脊梁の山を歩かれていて、何度かご一緒したことはあるのですが、早朝集合の脊梁は遠い~~

鹿嵐山だと宇佐・院内ですので、「皆さんにお会いしたいねぇ」で参加させていただきました。
e0164643_16275746.jpg


第一登山口で9時待ち合わせ。挨拶を済ませ、持参のイチジクを食べてもらって出発です。

80回目:9月3日(土)   鹿嵐山   天気:曇り   9名
ルート:第一登山口(9:00)→雌岳(10:11~10:17)→鞍部(10:29)→ 雄岳
   (10:42~11:22、昼食)→万里の長城→地蔵峠(12:32~12:42)→
    第二登山口(13:01)→林道歩き・中央登山口(13:08)→第一登山口(13:32)

橋の手前のお地蔵さま。以前来たときは手に旗があったような~~
e0164643_109402.jpg


登り一辺倒できついです。時折樹間の間からの風に「おっ、生き返る~~」

雌岳に到着。国東にお住いのミッチンが法螺貝を吹きます。その後、お弟子さん(?)も何人か~

山頂での記念撮影(Mishanから拝借しました)
e0164643_10182363.jpg


雌岳から下って鞍部へ。ここは中央登山口への分岐です。そして一登りで雄岳へ。一等三角点。

ここで昼食タイム。山頂からの展望。肉眼ではきれいに見えますが、写真では??
e0164643_11325055.jpg

仙岩山とツルリンドウ(蔓竜胆)、ガラスノゴマ(烏の胡麻)、ミヤマウズラ(深山鶉)

こんな坂だったかねぇ~言うような急坂を下り、万里の長城へ。
e0164643_11471570.jpg


e0164643_11441460.jpg


e0164643_11443744.jpg


e0164643_1145350.jpg


e0164643_11452168.jpg


紅葉の頃は岩峰に映えてきれいでしょうね。

地蔵峠へと下り、お地蔵さまにお参りをして少し戻って、第二登山口へ。
e0164643_11503933.jpg


第二登山口の看板は地面に倒れていましたので、木に立てかけてきました。
e0164643_11523939.jpg


林道を歩き、中央登山口へ。ここまで7分ほどでした。そして「豊前の名水」をいただき、出発点の第一登山口へ。心配された雨も降らず、無事に山歩き出来ました。

2011年3月に登って以来の7年ぶりの鹿嵐山でした。

今回の軌跡
e0164643_11575228.png


久しぶりに八山会の皆様にお会いして、またまた元気パワーをいただきました。

その内、脊梁のお山へもお邪魔したいと思うのですが・・・・

その時はまたよろしくお願いいたします!!
by nobucyansyuncyan | 2016-09-05 12:08 | 大分県の山 | Comments(13)

登山道検証・・・由布岳

地震の影響で入山禁止となっていた由布岳。8月6日に解除となりました。

山友さんのブログで状況などはわかりましたが、自分の眼で確かめたくて登ってきました。

e0164643_21405768.jpg


78回目:8月21日(日)   由布岳    天気:晴れ    4名
ルート:駐車場(7:58)→合野越(8:37)→マタエ(10:01~10:12)→
    西峰(10:33~10:37)→東登山口分岐(11:39)→東峰(11:52)
    →マタエ(12:08~12:37、昼食)→合野越(13:34~13:39)→
    駐車場(14:15)

前日の夕方に急きょ、「明日、由布岳へ行こうか~」higeさんご夫妻に「明日は何処へ~」

「別に予定はありません、何処へ行きますか~」で8時に由布岳正面登山口の駐車場で待ち合わせ。

やはり入山規制がとれたので、皆さん「由布岳へ」でしょうか。駐車場は満車ですが何とか置けました。1台出ていきましたのでhigeさん号も無料駐車場へ置くことが出来ました。

e0164643_22244148.jpg


合野越を過ぎて木々のトンネルがきれると、くの字・くの字の道が続きます。暑い~~

お花があると少し癒されますが、イヨフウロやオトギリソウなどで少ないですね。

マタエに到着。西峰の斜面が崩落しています。
e0164643_22343587.jpg


彰子戸の岩場、鎖が頑丈になっています。
イヨフウロ、シモツケ、ホクチアザミ、ホソバノヤマハハコ
e0164643_22373326.jpg


西峰に到着。記念撮影です^^
e0164643_22412221.jpg


お鉢廻りへ。
e0164643_22451837.jpg


途中の岩場の様子です。
e0164643_22463166.jpg

e0164643_22465528.jpg


東峰で昼食をと思ったのですが、陰がなくて暑い~~。マタエまで下りてやっと昼食タイム。

合野越の木陰で休憩タイム。とにかく暑い。山頂では20℃とhigeさんは言っていたが、岩場なので照り返しがあり、体感気温は30度を超えているような~~

癒しの木陰
e0164643_22561676.jpg


今日 見かけたお花の一部です。
ホタルブクロ、シオガマギク、アキノキリンソウ、フクオウソウ、キオン
e0164643_2332758.jpg


今回の軌跡
e0164643_2335667.jpg


登山道は異常なしですね。お鉢廻りは西峰からすぐのところと、東登山口の分岐の手前のところで、以前はもう少し楽に上がれたけど。分岐から東峰山頂手前のところで「頭上注意」の案内があり、岩があったのですがその岩がなくなっていた。

マタエへ下山中に見た一コマ。
彰子戸の岩場で下山中の方が鎖場を通らずに無理に岩峰を下りていました。「ルートが違いますよ~~」と大声で指示しましたが、ルートを修正する人、そのまま下山する人を見かけました。

せっかく鎖などを使ってルートを作ってくださっています。

危険な行為はやめましょう!!
by nobucyansyuncyan | 2016-08-22 23:25 | 大分県の山 | Comments(12)

九重山麓へお花散策

山友のポンちゃんご夫妻、higeさんご夫妻がそれぞれを山歩きを終えて、13日は九重でお花散策をするとのことで、私どももお初の花に逢いに出かけることに~~

76回目:8月13日(土)   九重山麓・他   天気:晴れ   6名

9:30に待ち合わせ。9時に到着。ポンちゃんご夫妻は5分後に到着。higeさんご夫妻は天狗ヶ城の朝駆けをして9:30丁度に到着。

今日の朝駆けはあまりよくなかったとのこと。それは残念でしたね。

お初の花、アオフタバラン(青双葉蘭、10~20㎝の多年草)
e0164643_21421629.jpg


e0164643_21425255.jpg


12個の眼で探しながら歩きます(私は老眼鏡をかけていますので、14個ですね^^)

「ないねぇ~」と、すると左眼が「ここよ~」と呼びかけがているかのよう^^

先行する人に呼び掛けて「これじゃない~~」。持参の本を見ます。「そうだ・そうだ~~」

皆さんお初なので、しばし撮影タイム。小さくてなかなか上手く撮れません。

カメラ・腕のせいにして、なかなか立ち上がれません。私もトップのがどうにか~~^^

それとジンバイソウ(神拝草、20~40㎝の多年草)
e0164643_215862.jpg


e0164643_2212734.jpg


その他、見かけたお花(フシグロセンノウ、クサアジサイ、ノブキ、コフウロ、キツネノカミソリ)
e0164643_2242129.jpg


場所を移動して~~(サギソウ、サワギキョウ、ヒメシロネ、アギナシ)
e0164643_2273957.jpg


皆さんとお別れし、帰る途中で寄り道を^^
(タヌキモ、タヌキマメ、キキョウ、??の花)
e0164643_2294056.jpg


一番暑い最中でしたので、汗はしたたり落ちるし~~で帰るまでに着替えること3回。

水分補給は忘れずに。クーラーボックスを積み込んでのお花散策でした。

ご一緒いただいた皆さん、お疲れ様でした~~
by nobucyansyuncyan | 2016-08-14 22:18 | 大分県の山 | Comments(8)

お花散策・・・タデ原湿原ほか

続きです。

牧ノ戸より長者原へ移動。

ヒゴタイ
e0164643_1414065.jpg


少しアップで~~
e0164643_14145186.jpg


サワギキョウ、ハンカイソウ
e0164643_1416131.jpg


ヤマトラノオ、シラヒゲソウ、トモエソウ(遠くにありましたのでズームで)、サワヒヨドリ
e0164643_14183553.jpg


木道をぐるっと一周しましたが、暑い・熱い~~

そして「とある場所」へ移動。サギソウが乱舞してました(^^)/
e0164643_14273342.jpg


コバノギボウシ、ミズトンボ、アギナシ、エゾミソハギ、キツネノカミソリ
e0164643_14291534.jpg


サギソウ
e0164643_14314816.jpg


お花散策に明け暮れた一日でした、とっても楽しかった~~(^^♪
by nobucyansyuncyan | 2016-08-09 14:37 | 大分県の山 | Comments(6)

扇ヶ鼻へお花散策

もうマツムシソウなどが咲いているとのことで、くじゅうの扇ヶ鼻へ行こうか~~

夜、ネットを見ると由布岳も登山解禁になったよう。心が少し動いたが・・・

e0164643_9552497.jpg


74回目:8月7日(日)   扇ヶ鼻   天気:晴れ   2名
ルート:牧ノ戸(8:25)→展望所(8:44)→分岐(9:28)→扇ヶ鼻
   (10:00~10:40)→牧ノ戸(11:55)

牧ノ戸の駐車場に着くと、見知ったお方が・・・
日本山岳会東九州支部の加藤支部長と法華院山荘の弘蔵さんたちが。

久住山御池の遭難慰霊碑へ向かうとのこと。「一緒に行きましょう」とのお誘いでしたが、「今日はお花散策なので申し訳ありません」とお断りして一足お先に出発です。

登山届を提出。展望所までの道、もうお花が・・・嬉しいですね^^
e0164643_10101053.jpg


登山道を右に左にと歩きながらお花撮影に忙しいです。

分岐を我々は右の扇ヶ鼻へ。加藤さんたちを見るともう先へと進んでいます。半袖の方が加藤さん。20数名の参加者だそうです。
e0164643_10134731.jpg


帰ってから調べました。

山の安全を祈り、山で遭難してなくなった人たちを慰霊する、安全祈願祭です。

今から86年前の昭和5年(1930年)8月11日、台風の中、道に迷った福岡県の若者が二人、久住山御池の南の丘の上で遭難死しました。その慰霊碑の前でこの二人の遭難者はもとより、過去の多くの山の遭難者の慰霊を行うと共に、山の安全登山を祈るという趣旨で毎年8月第1日曜日に慰霊祭を行っています。山を愛し、山の安全を思う人たちはどなたでもご参加頂けます。九重の夏山歩きを楽しみながら立ち寄ってみませんか>多くの方々の安全祈願参加をお待ちしています。

日 時 平成28年8月7日(日)午前11時から

場 所 久住山御池の遭難慰霊碑前

(雨天の場合は御池避難小屋)

主 催 公益社団法人日本山岳会東九州支部・法華院温泉山荘

このような主旨であれば参加するんだった。支部内の行事だと思っていました。
弘蔵さんは碑前でお経をあげるとのことでした。

さて、お花散策ですが~~なかなか山頂へたどりつきません^^

ワレモコウ、ママコナ、イブキトラノオ
e0164643_10274111.jpg


シモツケソウ(花が咲く前が線香花火のようで可愛い!)、ホクチアザミ
e0164643_1033493.jpg


山頂付近にはマツムシソウが咲き始めていました。これから増えるでしょうね。
e0164643_10342312.jpg


マツムシソウ、ノギラン、フクオウソウ、イヨフウロ
e0164643_10503939.jpg


山頂は心地よい風が。汗をかいた服もすぐに乾いてしまうくらいです^^

さぁ、下山です。途中で天山でお会いした方に声をかけていただきました。有難うございます。

英彦山が万年山(はねやま)の奥に見えています。涌蓋山は秀麗な峰ですね。
e0164643_10585699.jpg


沓掛山への最後の登りです^^
e0164643_10513425.jpg


今回の軌跡です。
e0164643_1163540.jpg


12時前に到着。ソフトクリームが美味しい~!!

一休みして 長者原のタデハラ湿原へ移動です。
by nobucyansyuncyan | 2016-08-09 11:09 | 大分県の山 | Comments(6)