信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:北アルプス( 36 )

1日目、移動日・松本へ

2012年度の夏山遠征は北アルプスへと決定。

行き先は霞沢岳・焼岳・西穂高岳。

徳本峠は2002年7月、燕岳~常念岳~大滝山へと縦走し、徳本峠・明神へと下山。
2004年9月に島々より入山、徳本峠を越えて横尾山荘まで。

今にも壊れそうなつっかい棒をした趣きのある徳下峠小屋に泊まって霞沢岳へ行こう!!

2000年7月、北穂高岳~奥穂高岳。2001年7月、前穂高岳~奥穂高岳。2002年9月、奥穂高岳。
2004年9月、北穂高岳。と歩いているが西穂高岳はまだ未踏。

それを歩こう!!

計画の段階であれこれ思案?  焼岳~西穂高岳も体力的にきつければ、中尾温泉へと下山し、ロープウェイで西穂高口まで行けば山荘まで1時間。

エスケープルートの下調べも完了。

九州は梅雨明けはまだだけど、松本方面は曇り時々晴れとなっており、夜行バスを予約。

小屋や山荘も予約。準備は整ったのだけど・・・・・天気予報が外れてきたみたい・・・・(>_<)

行橋~小倉~新大阪へ(ジパング利用) 新幹線は「さくら」乗車
e0164643_15404235.jpg


新大阪~松本間は夜行バスにて車中泊。よく眠れました~~^^
e0164643_1541425.jpg

by nobucyansyuncyan | 2012-07-25 15:51 | 北アルプス | Comments(0)

帰って来ましたよ~~


今年の夏山遠征、北アルプス!!

1日目(19日):豊津~小倉~新大阪~松本

2日目(20日):松本~島々・徳本峠登山口~二俣~岩魚留小屋~徳本峠小屋(泊)

3日目(21日):徳本峠小屋~霞沢岳ピストン~明神~上高地~西糸屋山荘(泊)

4日目(22日):西糸屋山荘~焼岳小屋~焼岳ピストン~焼岳小屋~西穂山荘(泊)

5日目(23日):西穂山荘~西穂独標~西穂高岳~西穂山荘~上高地~日本山岳会「山研」(泊)

6日目(24日):「山研」~松本~名古屋~小倉~豊津

以上、夜行バス泊を入れて5泊6日の2012年度の遠征も無事終了!!
by nobucyansyuncyan | 2012-07-24 22:50 | 北アルプス | Comments(10)

夏山遠征へ

今日の夕方より北アルプスへ出かけてきます。

新大阪まで新幹線、その後は夜行バスにて松本へ~~

では行ってきま~す(*^。^*)
by nobucyansyuncyan | 2012-07-19 14:16 | 北アルプス | Comments(0)

剱岳・源次郎尾根に挑戦・その6

5日目:8月30日(火)      富山より自宅へ      移動日

昨夜は新鮮な魚と美味しい料理をたくさん食べ、温泉に入ってと下山後の至福のひと時を過ごしました。
e0164643_13352281.jpg

コースターの写真、このような景色を観たいものです。

10月以降の空気の澄んだ時、観られるとのことですが・・・・・

民宿「あさひや」さん、どうもお世話になりました。

北陸自動車道・名神・山陽道と行きと同じように走り、17時過ぎには出発地点の山口セミナーパークに辿り着きました。

往復1700キロ。
全行程、リーダーのTさん一人が運転です。免許証は全員持って来ていましたが・・・・・

若さもあるのでしょうが、タフなお方です。感謝、感謝!!

その言葉しか出ません。

山行中、見かけたお花の一部です。
e0164643_13484874.jpg
e0164643_13511275.jpg





e0164643_1353174.jpg

e0164643_13552882.jpg
e0164643_1359879.jpg

e0164643_143254.jpg
e0164643_1442653.jpg


e0164643_1454320.jpg

挑戦した源次郎尾根のⅠ峰とⅡ峰。  Ⅱ峰の横は八ッ峰です。
e0164643_14142857.jpg

山口を出て、Eさんをいつものように小倉の自宅で降ろし、我が家へ~~

我々が剱岳へ登った時、2件ほど滑落事故があったそうです。

そう言えば、上空をヘリが飛んでいました。

我々は何事もなく無事に帰り着くことが出来ました。

いつもの2人だけの山行とはまた違う、充実感・達成感のある山旅でした。
by nobucyansyuncyan | 2011-09-04 14:31 | 北アルプス | Comments(2)

剱岳・源次郎尾根に挑戦・その5

4日目         
80回目:8月29日(月)      剣山荘~室堂~立山       天気:晴れ
ルート:剣山荘(6:32)→剱御前小舎(8:33~8:55)→雷鳥沢キャンプ場(10:50~
    11:25)→地獄谷経由→室堂(12:10~12:30)→バス・ケーブル→立山駅(13:45)
    →氷見市の民宿「あさひや」

ぐっすりと寝込み、「朝食券がないと食べれませんよ~」で起こされました^^

今日は下山して、「氷見市の民宿で新鮮な魚を食べよう!!」

e0164643_22243494.jpg
今日もいいお天気です。

山友が登っています。

展望もバッチシでしょう!!

昨日のハードな山行を終え、笑顔で記念撮影。

2日間、お世話になりました<(_ _)>

e0164643_22534528.jpg

二度 雪渓上を歩き、のんびりとお花を探し、いつまでも剱岳を眺める。

白馬岳の稜線、五竜岳も見えてます。
e0164643_2313577.jpg

剱岳よ「さようなら~~」、もう来れないだろうな。少し感傷的。

剱御前小舎の広場にて一休み。
e0164643_2372719.jpg

薬師岳と黒部五郎岳
e0164643_2382361.jpg

目を転ずれば槍ヶ岳も見えてます。見えるかなぁ~~
e0164643_2394380.jpg

e0164643_2313635.jpg
雷鳥沢キャンプ場にてまたまた一休み。

もしかしたらビバーグ(?)かもで持参したラーメン「うまかっちゃん」とコーンスープを昼食としてみんなで食べる。

コーンスープも美味しかった~♪

いつも山頂から下山し、その日に自宅に帰っていたので、こんなにゆっくりすることは滅多にない。

これもなかなかいいものです。

地獄谷を経由して室堂へ。

丁度 連絡もよく、待ち時間もなくてケーブルカー。バスを乗り継いで立山駅へ。

今宵の宿は氷見市の民宿「あさひや」さんにお世話になります。
by nobucyansyuncyan | 2011-09-03 23:26 | 北アルプス | Comments(6)

剱岳・源次郎尾根に挑戦・その4

3日目・続きです

e0164643_1410333.jpg
この岩峰を懸垂下降で降りてきました。

ザイルを片付け、歩き始めたのが14:13

もう10時間は経過しています。

疲れもそろそろピークです。

剣山荘が2475m。

源次郎尾根の取り付きの標高が約2100m。

Ⅰ峰が2709m

Ⅱ峰が2760m

ここまでくれば、後は山頂を目指すのみ。

時々ガスってくるので、八ッ峰の展望はあまりよくありません。

だがこれからは浮き石が多く、落石注意。

さぁ、頑張って歩きましょう!!
e0164643_14545060.jpg

山頂に到着。ひょいと祠の前に出ました。先頭を歩いていたNさんが「山頂、誰かトップに行って!」

リーダーさんは最後尾だったので、「お父さん、最高齢者だから先に行かせてもらったら~」

思わず、涙が出ました。2998mの時に1度。2999mになってまた感激の山頂到着。

皆さんに感謝です!!

源次郎尾根。やはりキケンです。
e0164643_14594677.jpg

山頂にて全員で記念撮影。遅くなった場合は途中でビバーグの可能性あり、とリーダーに言われていましたが、何とか小屋の布団で寝れそうです。

山頂には誰もいません。カニの横バイの第1歩です。
e0164643_15215297.jpg

e0164643_15232619.jpg

平蔵のコルへ
e0164643_15243081.jpg

平蔵の頭を通過。前剱への登り返し、あともう少しだから気を抜かないで。

夕焼けがきれい!!
e0164643_1535726.jpg

剣山荘と剣沢小屋が見えました。あともう少し。「冷たいビールが待ってるよう~!!」
e0164643_153629.jpg

小屋が見えるけど、なかなか着かない。ぎりぎりセーフ。

15時間半の歩き。よく歩きました!!

生ビールで乾杯!!     美味しかった~~☆☆☆☆☆
by nobucyansyuncyan | 2011-09-03 15:51 | 北アルプス | Comments(8)

剱岳・源次郎尾根に挑戦・その3

3日目
79回目:8月28日(日)      剱岳(2999m)      天気:晴れ      
ルート:剣山荘(3:30)~剱沢小屋(4:25)→雪渓・アイゼン装着(5:05)→取り付き
     (5:50)→源次郎尾根→Ⅰ峰(12:15~12:25)→Ⅱ峰(13:23→14:13、
     懸垂下降)→剱岳(15:42~15:50)→カニの横ばい→平蔵のコル(16:34)
     →前剱(17:26)→剣山荘(19:10)

本には剱岳を代表するバリエーションルートに、源次郎尾根と八ッ峰があり、岩登りの技術が必要な岩稜ルートと書いてある。

頑健な岩コブのようなⅠ峰とⅡ峰の2つのピークからなる岩稜で、平蔵谷と長次郎谷を分けて、剱沢からダイレクトに本峰へと突きあげている。Ⅱ峰の下りは30mの懸垂下降でこのコースのクライマックスとのこと。

「この指、とまれ!!」で参加の意志表示をして、12月の顔合わせから月1回の岩登りと懸垂下降の練習。

e0164643_1127147.jpgいよいよ本番となりました。   

お天気は申し分無し。  晴天!!

ヘッドランプを付けて剣山荘を3:30に出る。

剱沢小屋方面へ少し歩いてから下りかけたが、ハイマツ帯に邪魔をされ戻り、剣沢小屋からの取り付きに変更する。

まだ暗い中を足元に気を付けながら、ザレた道を歩く。

アイゼンを装着し、剱沢の雪渓を下る。
e0164643_11391845.jpg

正面に鹿島槍が見えてます。
e0164643_1143778.jpg

振り返ればモルゲンロートに輝く山並みが・・・・・
e0164643_11451726.jpg

5:50、さぁ、いよいよ源次郎尾根に取り付きます。ここでアイゼンを外し、ハーネスやヘルメットの登攀スタイルに変身。宿の弁当を少し食べます。入口は目印がありますが、それから先は全くありません。
e0164643_11505883.jpg

最初の岩場。ネットで調べるとここが一番のネックとのこと。リーダーが取り付きますが、岩が濡れて滑る。後続はザイルのお世話になりました。
e0164643_11571458.jpg

2番目の箇所。ここは左端に立っているEさんの足場の後は切れ落ちています。もし私たちが登る時に滑り落ちたら・・・・・  安全のため、ザイルを出す。
e0164643_1202892.jpg

前を行く2人
e0164643_1211519.jpg

ザイルを片付けてきたリーダーとサブリーダー
e0164643_12133961.jpg

ルンゼコースの合流点付近で道を間違える。正面は岩場。右に踏み跡があり、その先にも道らしき跡が見える。それを進むが笹漕ぎとなり、迷ったところまで戻る。

下りは怖い(>_<)   用心、用心!!   約40~50分のロスタイム。

3番目の箇所。  安全、安全!!
e0164643_1325478.jpg

Ⅰ峰にようやく到着。この行程が長かった~。リーダーとサブリーダーは大変ですよね。
ザイルを出し、片付けて~~

Ⅱ峰の登り。これを登るのかぁ~と見上げたのですが、思いのほか すんなりと登りあがりました。

岩とハイマツの間を登って行きます。
e0164643_13285121.jpg

Ⅱ峰の懸垂下降の地点まで来ました。
e0164643_13503670.jpg

相方さんも頑張ってます
e0164643_13514740.jpg


3日目・その4に続きます。
by nobucyansyuncyan | 2011-09-03 12:16 | 北アルプス | Comments(0)

剱岳・源次郎尾根に挑戦・その2

2日目
78回目:8月27日(土)     立山駅~室堂~剣山荘     天気:晴れ
行程:多賀SA(5:35)→富山インタ(7:50)ー→雄山神社→立山駅(9:30)→美女平
    →室堂(10:45~11:00)→剣御前小舎→剱沢テン場→剣山荘(16:35)

多賀SAの休憩室で仮眠をし、4時過ぎに目が覚めてお風呂に入り、さっぱりとする^^

5:35、多賀SAを出発。早朝の伊吹山・・・日の出の様子(車窓より)
e0164643_132257.jpg

富山インターで下りて雄山神社に「登山の無事」を願ってお参りに行く。

立山山頂にある峰本社の里宮として創建され、古くは大宮立山寺、江戸時代は岩倉寺、明治時代には岩峅寺雄山神社遙拝所と呼ばれていたそうです。
e0164643_1335785.jpg

e0164643_13122267.jpg

立山駅の無料駐車場に車を置き、美女平までケーブルカー、室堂までバスを乗り継いで移動。
e0164643_13181357.jpg

e0164643_1319859.jpg

撮影ポイントにて記念撮影。さぁ、出発~~    タテヤマリンドウが咲いていました♪
e0164643_13243100.jpg
e0164643_13272765.jpg

今日は剣山荘まで。予約をしているので展望を楽しみながら歩きます。
e0164643_13305599.jpg

みくりが池では美味しいソフトクリーム^^

雷鳥沢キャンプ場を通過。
e0164643_13353787.jpg

e0164643_13355469.jpg

立山連山の展望も望めます。
e0164643_13401538.jpg

e0164643_1345348.jpg
剣御前小舎に到着。

下っていると雷鳥さんが子連れで散歩してました。

リーダーの息子さんが剱沢のキャンプ場にテントを張っていますので、お邪魔します^^

若いって素晴らしいですねぇ~!!


e0164643_13522782.jpg

明日歩く剱岳・源次郎尾根が見えてます。行程は長いですねぇ~。
e0164643_1356213.jpg

16時過ぎの剣山荘に到着。

今日は布団4枚に5人。いわかがみの部屋の上段が今宵の部屋です。

食事を済ませ、シャワーを浴びて早目に就寝です。
by nobucyansyuncyan | 2011-09-02 14:06 | 北アルプス | Comments(2)

剱岳・源次郎尾根に挑戦・その1

1日目:8月26日(金)   移動日

e0164643_11415632.jpg
岩登りの訓練場所の陶ヶ岳がある山口のセミナーパークに17時集合・出発。

14時過ぎに我が家を出て、北九州市のEさんを乗せ、16時半には着きました。

リーダーのTさんの車に荷物を乗せ、17:05 出発。



防府を通過。右田ヶ岳が見えてます。ここにも通いましたねぇ~
e0164643_11542836.jpg

山陽道を走り、吉備S・Aで休憩。

e0164643_11572510.jpg
名神高速道路、滋賀県の多賀S・Aで仮眠。

ここはなかなかいいですねぇ~

ホテルは予約出来ますが、仮眠室は空いていればOK。

丁度 空いていましたので、取りあえず一眠り。

人の出入りは気になりますけど・・・・^^

身体を横にして寝ると、やはり疲れは取れますね。

短時間でしたが、熟睡しました。

2日目に続きます。
by nobucyansyuncyan | 2011-09-01 12:08 | 北アルプス | Comments(6)

無事、帰ってきました~!!

剱岳・源次郎尾根よりの登頂!!

8月26日(金)17:00に集合場所の山口県のセミナーパークを出発。

27日、立山~室堂~剣山荘泊

28日、源次郎尾根からの剱岳~剣山荘泊

29日、剣山荘~室堂~立山~氷見の民宿「あさひや」

30日、帰宅

バリエーションルート・源次郎尾根、30mの懸垂下降あり

岩登り、懸垂下降の訓練山行を経ての剱岳!!

剱岳は2回目の登頂ですが、今回は特に感慨深く山頂で涙が出ました。

年を公表しますが相方さん70歳、私・信ちゃん64歳。

バリエーション・ルートからの挑戦!!

追って、レポをUPしますが、取りあえず2枚の写真を~~
e0164643_23304364.jpg

e0164643_23321296.jpg

by nobucyansyuncyan | 2011-08-30 23:34 | 北アルプス | Comments(14)