信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:英彦山系( 219 )

英彦山・・峰入り古道を歩いたお仲間さんと

今日は峰入り古道を歩いたお仲間さんとの英彦山のお花散策です。

目的のお花はフガクスズムシソウ、そしてバイカツツジ、オオヤマレンゲとヒコサンヒメシャラがまだ見れるといいねぇ~。欲を言えばウチョウランも~~
e0164643_23105720.jpg


別所駐車場に8時集合。7時半過ぎには皆さん集合。帰り道がどのコースになるかわからないので、とりあえず車を2台デポ。豊前坊へ。

8時前というのに、今日は車が多いです。梅雨の中休みで今日一日が晴れマーク(^^♪

57回目:6月26日(日)   英彦山  天気:曇り時々晴れ   10名
ルート:豊前坊(8:09)→高住神社→望雲台→北岳(10:12)→中岳
    (10:45~11:18、昼食)→行者堂→北西尾根→モアイ像→スキー場
    →豊前坊(13:33)

豊前坊を出発。高住神社で参拝をし、Fさんと少しお話をして登山開始。
e0164643_152906.jpg


望雲台をピストンして、溶岩の壁横のオオヤマレンゲへ。ここは何とか一輪の花が残っていました。

北岳への岩場で団体さんが通過中。少し待ちます。

このルートがお初の方がいましたので、北岳山頂手前の広場へ。残念ながら今日は眺望はよくありません。ドウダンツツジはもう終了。

中岳への気持ちの良い縦走路を進みます。途中、岩に掘られた梵字へご案内。
e0164643_15441035.jpg


11時前に中岳到着。早いですがランチタイム。ここでポンちゃんとKさんのザックから冷えたノンアルコールのビールが人数分(@_@) 6月誕生のmamaさんと私へのお祝いだそうです。

ありがたくいただきます(^^)/

中岳の休憩所では大工さんが仕事をされていました。トイレへ行くためのテラスを作っているそうです。ご苦労様です。

さて、下山です。正面道を行者堂まで行き、オオヤマレンゲ鑑賞。ここはまだきれいなのが見られました(^^)/  皆さんも私も写真撮影に大忙しです(^_-)-☆

モアイ像へ行ったことがないですねぇ~とのことで、新緑に囲まれたモアイ像へ。
e0164643_169557.jpg


スキー場横を通り、「青年の家」を通過。そうだ、時間も早いし、「針の耳」もご案内しよう^^
帰り道、羽化したばかりのセミ。羽がまだ緑色です。セミの種類は??
e0164643_1636132.jpg


お初の方が5名。一度通過した方は出口でカメラを構えて待ちかまえます(*^_^*)

「わぁ。これはなんだ~」「こんな細いとこ 通れるの~~」などの声が聞こえてます^^
e0164643_16215572.jpg


豊前坊の駐車場へ無事に帰りつきました。今日はたくさんのお花にも出会えましたし、英彦山の未知のところへもご案内。「英彦山も奥が深いですねぇ」と参加者の声。

また英彦山へお出でくださいね。四季折々の英彦山、季節が変わればまた違う顔があります(^^♪

今回見たお花です。

マルミノヤマゴボウ、ツクシガシワ、タカネマンネングサ、クモキリソウ、ハンカイソウ
e0164643_1641791.jpg


ショウキラン、キヨスミウツボ、ヤマアジサイ、ヒカゲノカズラ
e0164643_16423897.jpg


フガクスズムシソウ、まだ蕾のタマガワホトトギス
e0164643_1644528.jpg


ウチョウラン、バイカツツジ
e0164643_1645849.jpg


また折を見てお花散策に出かけなくては~~(^_-)-☆
by nobucyansyuncyan | 2016-06-27 16:50 | 英彦山系 | Comments(14)

英彦山のオオヤマレンゲ

雲仙でオオヤマレンゲの一番花を見たけど、英彦山詣でをさぼっていました^^

お天気もよさそうだしで英彦山へ出向くことに~~

いつものように別所駐車場より町営バスで豊前坊へ。

I権禰宜さんとFさんにご挨拶をし、少し休憩をしてから高住神社を出発します。
e0164643_15143844.jpg

e0164643_15141769.jpg


52回目:6月11日(土)  英彦山   天気:曇り   2名+2名
ルート:豊前坊→高住神社(9:37~9:57)→望雲台→北岳の肩(11:23)→北岳
   (11:52)→中岳(12:35~13:10)→正面道→別所駐車場(15:05)

高住神社でお参りしていると、そこへ「いーさん」と「S・TAROU」とバッタリ(^^♪

4人で登り始めることに^^  今日はのんびりとお花散策です。

ヤマボウシ、タツナミソウ、ミズタビラコ、バイカウツギ
e0164643_15471166.jpg


望雲台にも立ち寄ります。ヒゲノカズラがた~くさん。

ヒゲノカズラ、フガクスズムシソウ、エゴノキ、タンナサワフタギ
e0164643_1604767.jpg


溶岩の壁、鎖場の上のオオヤマレンゲ、今年はきれいに咲いています。
e0164643_1612591.jpg


北岳前の広場にて展望を楽しみますが、今日は眺望はあまりよくありません。

お昼になりましたが、中岳まで我慢・ガマン。

中岳に到着。ヒコサンヒメシャラに今年も出会えました^^
e0164643_1653142.jpg


行者堂近くのオオヤマレンゲさんに会いに正面道を下る。今年は花付きがいいですね(@_@)

皆さんのブログを拝見して早く~と思っていましたが、まぁたくさんのお花が咲いていました。

これに青空だったらほんとに嬉しいのですが・・・・
e0164643_16183836.jpg


コナスビ、マルミノヤマゴゴウ、ヒナラン、シモツケ
e0164643_1610944.jpg


奉幣殿の社務所に立ち寄り、Yさんにご挨拶。いつもお世話になっています。

今日は4人でお花のお話しや山・健康のお話しと盛りだくさん^^

楽しい一日となりました。ご一緒いただいた「いーさん」「S・TAROUさん」久しぶりにお会い出来て嬉しかったです。
by nobucyansyuncyan | 2016-06-12 16:26 | 英彦山系 | Comments(10)

峰入り古道、いよいよゴール!!

竈門神社から英彦山までを繋げる峰入り古道、ついにゴールの日を迎えることとなりました。

お天気が心配でしたが、曇り空の中、集合場所の「銅の鳥居」横の駐車場へ。

彦山駅のトイレに立ち寄ると、ポンちゃんとバッタリ~~。今回も拉致しました~(^_-)-☆

全員集合して、三台の車で出発地点の深倉園地へ。たくさんの車があり、法被を着た方が・・・

お聞きすると「お汐井とり」だそうです。

39回目:4月24日(日)  英彦山系   天気:曇り・少雨   12名
ルート:深倉園地(7:20)→深倉越(8:17~8:22)→三国境(8:35)→
   岳減鬼山(9:26)→岳減鬼岳(9:39~9:46)→岳減鬼峠(10:22~10:30)
   →上塚山分岐(11:06)→石楠花の頭(11:30~11:02、昼食)→最低鞍部
   (12:24)→猫の丸尾(12:45)→籠水(13:02~13:09)→鹿の角(13:29)
   →鬼の舌→南岳(14:15)→中岳(14:30~14:46)→行者堂(14:58~15:03)
   →奉幣殿(15:57~16:08)→銅の鳥居(16:40)

大注連縄が掛けられた深倉園地、ポンちゃんから今日の行程と注意個所などの説明を聞いて出発。
e0164643_22484459.jpg


姥ヶ懐より慈母観音さんにお参りをして、前回下山して来た急登の道を深倉越へ。
やはりこの道は登る方が楽ですね。
e0164643_22541476.jpg


深倉越よりいよいよ峰入り古道の歩きとなります。急登を進み、三国境へ。
e0164643_2312291.jpg


ミツバツツジもちらほらと・・・そして癒しの森が目の前に。大好きなところ、秋もいいですよ。
e0164643_233053.jpg


樹間から眺める英彦山。まだまだ遠いですね。雨がぽつぽつと。雨具を上だけを着用。
e0164643_2354692.jpg


ポンちゃん大明神の威力も滑ったかなぁ~(笑)

雨のおかげでよか景色が見られました^^岳減鬼山に到着。そして岳減鬼岳へ。
e0164643_23101387.jpg


今回の一つ目の難所。梯子は朽ちて使用不能。設置してあるロープを使って下降。
e0164643_2313971.jpg


そしてまたまた岩場が出現。足がかりがあるので大丈夫。今回一応ロープを持参しておりましたが。雨も上がりました(^^)/
e0164643_23155012.jpg


岳減鬼峠に到着。これより豊前国小倉領の国境石がデンと建っています。少し休憩。

これから石楠花の頭までの間にまた危険個所。ここは下りに使うときは怖いけど登りは大丈夫。
けど雨で濡れているので細心の注意をします。
e0164643_2320582.jpg


上塚山分岐を過ぎ、苔むした岩尾根を通って石楠花の頭へ。結構お花も咲いており、撮影タイム兼ランチタイム。アップダウンの繰り返し。最低鞍部に下りて猫の丸尾へ。
e0164643_23301836.jpg


e0164643_23304057.jpg

higeさん、Takaさんのような哀愁を感じさせる後姿はまだですねぇ~~^^

目の前に籠り水の大岩壁が^^もうここまで来れば先が見えています。
e0164643_23372816.jpg


お初の方は大岩壁の上へと。鬼の舌。ここも危険個所なんですが大丈夫~~!!
落石をせぬよう、ここも細心の注意をして通過。南岳へ直登。
e0164643_23403387.jpg


中岳へ。集合写真を撮り、行者堂へ。ここで行者堂についてポンちゃんより説明。
ほんとに感心するのですが、よく調べておられます。

正面道を下り、奉幣殿へ。ここでポンちゃんに提案しました。
知り合いの宮司さんがおられたら英彦山についてちょっと説明をしてもらいましょうか~~

だが、ちょっと用事で社務所にはおられませんでしたが、ここは厚かましく居られた宮司さんに簡単でいいですから説明をお願いしました。山田様。有難うございました
e0164643_23531389.jpg


「日子の山」、「彦山」、「英彦山」  二百名山踏破の田中陽希さんも英彦山に登るにあたり威厳を感じて帽子を被らずに登ったそうな~~

「銅の鳥居」に到着。十二名の中で六名が満願成就。私どもは佐賀の山友・平六さんたちをご案内して英彦山に登った二回目が抜けておりますが・・・

ポンちゃん、風来坊さん、Kさん、higetiasさん、けいこたん&じゅんパパさん、

おめでとうございます。お疲れ様でした!!

ここでサプライズ。

ポンちゃんに感謝状の授与式。いーさんが発案でしたが、計画・立案、登山道の下見など、なかなか大変なことです。車の手配など心配も並大抵のことでなかったと思っています。
e0164643_071578.jpg


しばらくはお気軽に奥様・Kさんと自分たちの山歩きを楽しまれてくださいませ。

何かのついでにご一緒に~~と声がかかれば、喜んで馳せ参じますので(^^♪

井原山で声掛けをし、いただいたミニテーブルが縁でお知り合いとなったポンちゃん。ポンちゃんと平尾台でご一緒したときのKさん。多良岳でエルちゃんを背負ったので「あのお方では~」でお近づきになったhigeさん、mamaさんご夫妻。

今回の峰入りでお近づきになったけいこたん&じゅんパパさんご夫妻。ふぃずランドさん、寝太郎さん、2度ほどご一緒したことのある五百枝さん、時たま御一緒する風来坊さん。大船山の東尾根で声をかけていただいてからのお付き合いのうすきさん、遠路の参加 ご苦労様です。

よき山友さんと知り合いになれ、縁というものを実感している私どもです。

今後ともよろしくお付き合いくださいませ。
by nobucyansyuncyan | 2016-04-27 00:38 | 英彦山系 | Comments(22)

英彦山のヒカゲツツジ・山芍薬

平尾台の山芍薬が終焉を迎えており、これだったら英彦山のはどうかかなぁ~?で確かめに。

24日に峰入り古道が控えているので、今回はピークを踏まずにお花散策のみ。

38回目:4月23日(土)   英彦山山腹   天気:曇り   2名
ルート:高住神社(8:26)→望雲台(8:55~9:25)→裏英彦山道(10:22)
    →裏英彦山登山口(11:14)→豊前坊(11:40)

午後から雨模様という天気予報なので、いつもより早めに我が家を出発。8時ごろ豊前坊に到着。

早速 花散策。サバノオのかわいらしいお花が~~♪
e0164643_1082439.jpg


高住神社でFさんにご挨拶をと思って呼び鈴を押すが応答なし。お忙しいのでしょう。
e0164643_101105.jpg


登山道に取りつき、少し歩いたところで法螺貝の音が。Fさんがお参りしていたのでしょう!

今日は久しぶりに望雲台へ。途中の足元にも春の可愛いお花さんが~~
e0164643_10153442.jpg

  エイザンスミレ、ミツバコンロンソウ

ワチガイソウ、コミヤマカタバミを愛でながら、北岳の肩より裏英彦山道へ。
e0164643_10264599.jpg


ここに咲いてるお花は2輪。蕾も膨らんできていたので今日(26日)ごろが見ごろかな?
別のところにも1輪咲いていました^^
e0164643_10241698.jpg


ヤマウツボが昨年より本数が増えていましたね。ヒメレンゲも黄色のお星さまが・・
e0164643_10261650.jpg


今日のメインのお花。ヒカゲツツジ、山芍薬。今年も出会えてよかった~~(^^)/
e0164643_1029556.jpg


e0164643_10302117.jpg

by nobucyansyuncyan | 2016-04-26 10:33 | 英彦山系 | Comments(2)

峰入り古道、嘉麻峠~小石原行者堂

4回目の峰入り(私どもは1回抜けていますが)、小石原から深倉越まで歩き、残りはあと深倉越~英彦山行者堂・銅の鳥居まで。

ところが~~嘉麻峠から小石原までの区間は歯抜けになっていました。

いにしえの道があるとのことで先日ポンちゃんとKさんの2人がその道を歩かれて、今回、英彦山までの満願成就の間に、やはり歩いておかねば~~で案内してくださるとのことで、きちんと道を繋いできました。

そう言えば、東峰村からいただいた地図にも、その道は破線で書かれていました。

途中の不動岩にはゲンカイツツジが(^O^)/  展望も素晴らしかったですよ~
e0164643_1725137.jpg


30回目:4月2日(土)   峰入り道の繋ぎ   天気:晴れ   7名
ルート:嘉麻峠(7:47)→砥石ヶ谷(8:46)→大藪峠(9:37~9:44)
    →畑尻(10:17~10:27)→昼食(11:00~11:20)→芝峠
   (11:49~11:53)→不動岩(12:20~12:41)→兄弟嶽・二股山
   (13:05~13:20)→林道着(13:44)→行者杉→駐車場(14:19)

小石原焼伝統産業会館の駐車場に集合。デポして嘉麻峠へ移動。
ショウジョバカマが1輪咲いていました。今日のコースを知っているのはポンちゃんのみ。
けいこたんの御主人のじゅんパパさんが地図読みの勉強を兼ね、先頭を歩きます。
e0164643_21255669.jpg


まっすぐに尾根を進みそうになるようなわかりにくい道をGPS片手に歩いて行きます。

鈍頂の三角点を過ぎ、砥石ヶ谷に着き、それから50分ほどで大藪峠に到着。が前のほうにいた相方さん、苔むした岩で滑り尾骶骨を打った様子。ここで少し長めの休憩をしてもらいました。風来坊さんからエアーサロンパスをお借りしました。少し落ち着いた様子。
e0164643_21495299.jpg


大藪東尾根線へと進み、畑尻・三等三角点着。飯塚六十四会の手製の標識がありましたが、文字が消えかかっていて朝日岳??コースへとありましたが・・・
e0164643_221795.jpg


途中で昼食を済ませ、ここが金剛坂ではないだろうかと言う急下りを降りて、芝峠に到着。
そして展望のよい不動岩へ。ゲンカイツツジが咲き乱れています。まさかここでゲンカイツツジが見られるなんて(^^♪
e0164643_22101140.jpg

e0164643_22104467.jpg


前回の峰入りで歩いた斫石峠が見えています。(タムシバ、山桜で山が笑ってます)
e0164643_22144831.jpg


これから登る兄弟嶽(二股山)。唯一の岩場・不動岩。お花はヒサカキ。
e0164643_22225974.jpg


尾根道の登山道。結構荒れた道もありましたが・・・
e0164643_22154974.jpg


無事に下山。ポンちゃんとKさんのおかげで、つなぎの道も歩き通せました<(_ _)>

駐車場までは行者杉などを見て、「修験の道」がありましたので石畳の道を通って行者堂へ。
e0164643_22365924.jpg


e0164643_2232051.jpg


次回の最後の峰入りの打ち合わせをして解散。ご一緒の皆さんお世話になりました。

相方さんの尾骶骨は大丈夫でした。ご心配をおかけしました。

今回のGPSの奇跡です。
e0164643_22405333.jpg

by nobucyansyuncyan | 2016-04-03 22:45 | 英彦山系 | Comments(14)

英彦山のタムシバは~

yamahikoさんのブログに岩石山のタムシバの記事が出ていた。

山友さんより「英彦山のタムシバは何処にあるんですかねぇ~」「探しましょうか~」

岩石山のタムシバ
e0164643_14452425.jpg


25回目:3月24日(木)   英彦山   天気:曇り   3名
ルート:別所駐車場(10:26)→奉幣殿(10:44)→三呼峠(11:43)→大南神社
   (11:55)→籠り水分岐(12:06)→展望所(昼食)→南岳(13:26)→
    中岳(13:40~13:50)→北西尾根・モアイ像→別所駐車場(15:10)

奉幣殿でお参りを済ませ、南岳方面へと進む。きょろきょろと山腹を見廻しながら三呼峠に到着。

標識が新しくなっています。通行止めも解除されていました。大南神社へ。
e0164643_1521219.jpg


大南神社から鬼杉への道も整備されつつありました。

分岐に到着。真新しい標識。
e0164643_1564133.jpg


南岳への急登を登る。お腹がすいたので展望所にて昼食。次回歩く岳減鬼山などを眺めながら~~

南岳、そして中岳に到着。北西尾根を下りながら同行者がモアイ像へはまだ、とのことなのでモアイ像経由で下山。
e0164643_15122366.jpg


無事に下山。タムシバは探すが見つからない。また近いうちに英彦山散策しなければ~~

今日見かけたお花。スズシロソウ、ヤマルリソウ、エイザンスミレ、ホソバナコバイモ、マンサク
e0164643_15162324.jpg


道路沿いで見上げたゲンカイツツジ。岩肌にきれいに咲いています。
e0164643_1518935.jpg


山友さんとお別れし、別所駐車場~添田間の道沿いの桜。
e0164643_15201083.jpg


添田公園の桜もどのくらい咲いているか気になり立ち寄る。

ワァーきれいに咲いているではないですか~~満開まであと少し^^
e0164643_15244525.jpg

e0164643_15241534.jpg


帰りは岩石山トンネルを抜け、弓張岳線の赤村側の登山口前を車で通り抜け、山腹に咲いているタムシバを眺めながらぐるっと8キロほど周回し、少し遠回りになったが我が家に帰り着く。

岩壁に咲いているゲンカイルルジ。もう満開に近い! 

3日に国東のゲンカイツツジを見に行く予定だったが、これは変更せねば~~(^_-)-☆
by nobucyansyuncyan | 2016-03-27 15:43 | 英彦山系 | Comments(4)

峰入り古道・行者杉~深倉越

今回の核心部、小石原・行者堂~陣尾~大日ヶ岳~釈迦ヶ岳~深倉越~深倉園地を歩きます。

その間には貝釣り・笈釣り・糸ヶ峰などの難所が待ち構えています。

今回のお気に入りのショット。モデルはhigeさん。
e0164643_15302596.jpg


小石原・行者堂から大日ヶ岳の間は未踏です。本やネットで予習をしました^^

ポンちゃんからロープをお願いできますか、とのことで15ⅿと5ⅿの2本を持参。

何でも貝釣りに設置されている残置のロープが古いので危険だとのことです。

23回目:3月20日(日) 陣尾・大日ヶ岳・釈迦ヶ岳  天気:晴れ  11名
ルート:駐車場(6:35)→行者堂→登山口(6:51)→陣尾(7:40~7:44)→
    貝釣り(8:08~8:22)→笈釣り・観音岩・笙の窟(8:38~8:56)→
    糸ヶ峰(9:22~9:28)→林道(10:04~10:15)→愛敬瀬戸(11:03)
   →昼食(11:08~11:44)→大日ヶ岳(11:56~11:58)→斫石峠(13:00)
   →釈迦ヶ岳(13:28~13:32)→分岐(13:46)→湯谷越(14:04)→深倉越
   (15:09)→深倉園地(15:40)

深倉園地に6時集合。車をデポ。小石原焼伝統産業会館の駐車場へ移動。ここより出発です。
ポンちゃんより今回の概要の説明があり、危険個所・長丁場の歩き。気を引き締めて歩きましょう。
e0164643_14172059.jpg


「役行者」の鳥居を潜り、行者堂・護摩場の説明を受け、香水池の案内板へ。
「膝石」・・足をのせるだけで膝の病に特効あるとのこと。皆さん交代で。もちろん私も~
e0164643_15134870.jpg

e0164643_15145635.jpg


陣尾まではツチグリやクチベニタケ、キジョランの葉をを見つけ、おしゃべりしながら歩きますが~
e0164643_15221117.jpg


陣尾(675.8ⅿ)に到着。衣服調整。これからはまず貝釣り。ポンちゃんとhigeさんが先に行き、ロープを設置。2日間雨が降ったので岩も濡れており、コケもありで滑りやすい(今回は禁句ではありませんでした)
e0164643_15275680.jpg


笈釣りでザックをデポし、まず観音岩へ。それから残置ロープを使って「笙の窟」へ。
e0164643_1538325.jpg


みなさん、降りて・上って~だから時間がかかります。けどこんな危険な場所でやはり修行をされていたかと思うと行ってみたくなります。

登山道に戻り、ここからが正念場。糸ヶ峰です。
e0164643_15443438.jpg


e0164643_15445296.jpg


危険個所の糸ヶ峰を過ぎ、やっと皆さんに笑顔が戻りました。が時にはこんな岩場へ~
e0164643_15522353.jpg


林道で一休み。おやつタイムです。振り返って降りてきた山を眺めます。

林道から急坂に取り付き、その後もアップダウンを繰り返して「愛敬瀬戸」に到着。「女岩」の案内板があり、ここでは目隠しをしてその岩の割れ目を通り抜ける修行があったそうです。仏の子として生まれ変わるということらしいです。

その近くの広場で太陽を浴びながら昼食。昼寝をしたい心地よさ。男岩があったよ~とのことで、またまたみんなで行くことに。
e0164643_1615940.jpg


そこからあっという間に大日ヶ岳(826ⅿ)の山頂へ。またまた岩場があり、それをクリアして斫石峠へと進みます。
釈迦ヶ岳(844ⅿ)の山頂で記念撮影(higeさん提供)
e0164643_1653277.jpg

e0164643_1655470.jpg


今までの道に比べると足に優しい登山道を歩き、湯谷越に到着。後は少し登って下るだけ~~
e0164643_1622184.jpg


深倉越に到着。ここで私ども夫婦がトップを交代。登りに使うことはあっても下りはありませんでした。休憩を含めて8時間は歩いています。怪我をしないようゆっくりと下山。
e0164643_16443660.jpg


深倉園地の慈母観音に到着。駐車場へ行くと山友の「山帽子さん」が差し入れを持って待っていてくださいました。思わぬサプライズに嬉しかったですねぇ~~(^^♪
前日に「明日は何人ぐらいですか~」「12人ぐらいだと思いますが~」

山帽子さん、冷たいコーヒーゼリーがとっても美味しかったです。有難うございました<(_ _)>

移動して見かけた今日のお花です。ギンリョウソウの赤ちゃん、ミスミソウ、ショウジョバカマ
e0164643_16452339.jpg


今回のカシミールでの軌跡(携帯の軌跡をカシミールに移項)。
e0164643_16471741.jpg


同行のけいこたんより教わった携帯での軌跡のアップの仕方。日々頭の訓練です^^
e0164643_1651354.jpg


同行の皆さん、お疲れさまでした。今回も無事に歩き通すことができました。有難うございました。
by nobucyansyuncyan | 2016-03-22 17:15 | 英彦山系 | Comments(20)

英彦山のマンサク

12日に佐渡窪のマンサクを見に行ったが、英彦山のマンサクもそろそろ見頃では~~

週末に峰入り古道を歩きます。4回目の今回は小石原から深倉越までの長丁場。

この峰入り古道のハイライトです。少し歩いておかなければ~~

22回目:3月15日(火)   英彦山   天気:晴れ   2名+2名
ルート:別所駐車場((9:22)→奉幣殿(9:39~9:42)→三呼峠(10:47)
    →分岐(10:57)→展望所(11:15~11:20)→南岳(12:01)→
    中岳(12:15~12:51)→北西尾根経由→モアイ像→分岐(13:46)
    →青年の家(14:15)

別所駐車場より奉幣殿へ。すると本殿の前では何やら用意がされておりました。

10時半よりお田植え祭の神事が行われるとのことです。
e0164643_20223340.jpg


観たいけど~残念。今日は山歩きモードです^^  お参りを済ませ、出発です。

四王寺の滝への取り付きを過ぎ、倒木などがある少し荒れた登山道をひたすら登り三呼峠へ。
大南神社への道は工事中で通行止め。標識も新しくなっています。
e0164643_20331919.jpg


材木石の手前より登山道には雪が・・・展望所より眺める岳減鬼山~猫の丸尾。雪で斜面は真っ白。
この週末はその手前まで歩くのだけど、金曜日の天気予報は雨だけど山はーー 心配です。
e0164643_20382935.jpg


木々に残っている雪は丁度「コブシ」の花が咲いているような~~
e0164643_2049424.jpg


南岳への道。雪も少し深くなりました。
e0164643_2052414.jpg


南岳到着。丁度お昼の音楽が聞こえてます。一等三角点にタッチして中岳へ。
e0164643_21135491.jpg


e0164643_20545633.jpg


中岳のマンサクは丁度見頃です(^O^)/

中岳で「中間の宮ちゃん」とバッタリ~^^ そして八代からおい出たという犬連れの御婦人。
「ブログ見てますよ~」と声をかけてくださいました。有難うございます<(_ _)>

お昼を済ませ、宮ちゃんと一緒に下山。旅は道連れ。同じテーブルでご一緒だった単独の方も一緒にいいですか~と追いかけて来ました。北西尾根を進みます。途中からモアイ像へ。
e0164643_2113278.jpg


スキー場へと下山。そこから青年の家へ。宮ちゃんの車に相乗りさせていただき別所駐車場へ。
e0164643_21291749.jpg


宮ちゃん、どうも有難うございました。

今日見かけたお花です。
e0164643_21281888.jpg


e0164643_21283376.jpg


e0164643_21285388.jpg


北岳~豊前坊へと下山予定でしたが、少し楽ちんしました。

さて峰入り古道、無事に歩き通せるか~~??
by nobucyansyuncyan | 2016-03-16 21:35 | 英彦山系 | Comments(14)

英彦山満喫コース

英彦山のセリバオウレンを求めて、本来は4日(金)に歩く予定にしていましたが・・・

天気予報が悪くなり、少し雨が降るとのこと。で5日(土)に変更。

ならば峰入り古道を一緒に歩いている方にもお誘いをしまして、9名で歩いて来ました。

e0164643_16184211.jpg


19回目:3月5日(土)   英彦山   天気:晴れ時々曇り   9名
ルート:別所駐車場(8:54)→双戸窟(9:26~9:33)→天狗の鼻→四王寺の滝
   (11:11~11:22)→南岳(12:07~12:15)→中岳(12:35~13:00)
    →北西尾根・モアイ像→分岐(13:55)→別所駐車場(15:37)

今日のメンバーはS・TAROUさん、風来坊さん、ポンちゃん、higeさんご夫妻、けいこたんご夫妻、私ども2人の9名。別所駐車場に9時集合。

8:40ごろには皆さん集合。帰りのコースは決まっているが、さてどのコースを歩こう!!

ポンちゃんの道案内で双戸窟へ。
ミツマタの花を愛で、上仏来山の取り付きへ。
e0164643_1638755.jpg


e0164643_16384072.jpg


e0164643_1639453.jpg


さて、これからのコースはお二人にお任せしますと言われまして・・・
お初のところを歩く方がおられましたので、英彦山スペシャルコースといきますか~~!!

岩尾根を歩き、四王寺の滝へ。その前に梵字岩・天狗の鼻へ。本当は紅葉の頃がいいのですが。
啓蟄なんですね。大きなガマさんを見まして思わず「キャー」の悲鳴が。
e0164643_1645950.jpg


e0164643_16453394.jpg


四王寺の滝(もちろん凍ってません)に到着。S・TAROUさん、風来坊さんはお初とのこと。
e0164643_16481526.jpg


滝横を直登。南岳へ。今回は滝の下に雪があるのみで、この間 雪の中を歩いたのが嘘のよう。
e0164643_16515011.jpg


南岳の山頂には見慣れたお方が。今日ご一緒したメンバーの方と峰入り古道を歩いていますが、1日から5日まで通しで歩いているMORIさんが休憩中でした。久しぶりにお会いしました。
e0164643_200153.jpg


中岳にて昼食タイム。北西尾根を下山し、途中からモアイ像へ。
e0164643_2031832.jpg


分岐からスキー場経由へ。苔生した岩がきれいです。
e0164643_205103.jpg


別所駐車場へと無事に帰り着きました。御同行の皆さん、少し藪漕ぎもしましたが、英彦山を充分に楽しんでいただけたでしょうか。

歩けば歩くほど奥の深い英彦山です(^-^)

今日、お花散策したセリバオウレン、ホソバナコバイモ、ミスミソウ。可愛いねぇ~??
e0164643_20102576.jpg


e0164643_20112564.jpg


e0164643_20123889.jpg


e0164643_2013670.jpg

by nobucyansyuncyan | 2016-03-06 20:17 | 英彦山系 | Comments(18)

また雪の英彦山へ

本来はセリバオウレン鑑賞の予定だったが・・・思わぬ雪道歩きの英彦山。

新雪を踏み、トレースのない道を歩く\(^o^)/  素晴らしい英彦山!!

帰りに見た津野集落からの英彦山。
e0164643_15125277.jpg


16回目:2月25日(木)   英彦山   天気:曇り時々雪  4名
ルート:別所駐車場(9:12)→奉幣殿(9:35~9:42)→四王寺の滝取り付き
   (10:30)→四王寺の滝(11:16~11:27)→南岳(12:24~12:31)
    →中岳(12:45~13:20、昼食)→モアイ像経由→別所駐車場(16:13)

25日はお天気も良さそうなので、咲きだしたとの情報でセリバオウレン鑑賞でhigeさんご夫妻と別所駐車場9時に待ち合わせ。

ところが~~ 別所駐車場に向かう途中から雪道に。これではお花は無理かなぁ~~

別所駐車場で知り合いに会い、四王寺の滝に向かうとのこと。多分 氷結はないだろうが我々も行くことに。準備中なので一足お先に出発。
e0164643_15385126.jpg


e0164643_154034100.jpg


e0164643_15393469.jpg


もう間もなく滝なんですが~~
e0164643_15443264.jpg


四王寺の滝、残念ながら~~ですね。
e0164643_15465831.jpg


しばらく鑑賞の後は、南岳への道を歩く。ここでアイゼン装着。
e0164643_1549513.jpg


南岳の三角点。雪の中でした。
e0164643_15522874.jpg


12:45、中岳到着。昼食後は途中で会ったWさんが「雪のモアイ像、よかったよ~」の言葉でモアイ像へ。
e0164643_15564563.jpg


e0164643_1557187.jpg


登山道に合流後は、またまた新雪とトレースのない道を求め、スキー場経由で下山することに(^^♪
e0164643_15595160.jpg


少し青空が見え始めましたが~~
e0164643_1652655.jpg


思いがけずの雪道歩きとなり、大いに楽しみました。

今日、見かけたセリバさん。雪の中から少し顔を見せてくれました(^^♪
e0164643_1674021.jpg

by nobucyansyuncyan | 2016-02-29 16:10 | 英彦山系 | Comments(12)