カテゴリ:英彦山系( 226 )

英彦山、山開き前夜祭

48回目:5月30日(土)   英彦山中岳   天気:曇り     2名+1名
ルート:別所駐車場(9:30)→奉幣殿(9:50~9:55)→中岳(11:25~12:07)→
     バードウォッチングコース→奉幣殿→別所駐車場(14:00)

5月の最終土・日曜日に英彦山の山開きの前夜祭と山頂祈願祭が催されているようで、今年は加入している山岳会から16人参加。バンガローを予約しており、16時にキャンプ場集合。
山頂祈願祭は孫の運動会が31日にあるため参加できないので、寝袋などを車に積み込んで、15時までに下山して、しゃくなげ荘で入浴して・・・・と時間配分をして別所駐車場へ。
奉幣殿の社務所に立ち寄り、先日の神幸祭のときのスナップ写真を宮司さんにお渡しして、登り始めました。
石段で後を振り向いたとき・・・・見知ったお顔が・・・・中間の宮ちゃんです~♪  
時々英彦山でお遭いし、平尾台をネットの仲間と歩いたときお声かけしました~
今日は下山まで御一緒させていただきました(^^♪
e0164643_22344439.jpg

山頂での記念撮影(中間の宮ちゃん提供)
e0164643_2236940.jpg

オオヤマレンゲが一輪咲いていました(^-^)
e0164643_22394663.jpg

ドウダンも鈴なりで~す
e0164643_22404151.jpg

山頂のヒコサンヒメシャラは咲き始めていました。花びらの一片がほのかにピンク~♪
e0164643_22431781.jpg

別所駐車場の手前で宮ちゃんとお別れして、しゃくなげ荘へ~~  汗を洗い流してさっぱりとしてキャンプ場へ。バンガローで夕飯の準備です。メニューは「山賊鍋」  適度にアルコールも入り、19時からの前夜祭に参加です。添田町長の挨拶などあり、青年の家の職員の「マサカリ舞い」、子供達や婦人会の踊りなど楽しみました。婦人会の方の帯の柄は「ヒコサンガラガラ」ですよ。最後は全員参加の炭坑節。大変賑わいました~~
e0164643_2254485.jpg

e0164643_22551288.jpg

e0164643_22554335.jpg

催しが終了した後は、地元の方のおもてなしでカッポ酒~、焼き鳥~とたくさんいただきました(^^)v  添田町の方々、有難うございました。楽しかったです~~
中間の宮ちゃん、思いがけずお遭いして、山登りおつきあい頂き有難うございました。
by nobucyansyuncyan | 2009-06-01 23:09 | 英彦山系 | Comments(2)

英彦山へ

33回目:4月12日(日)   英彦山    天気:晴れ     2名
ルート:花駅駐車場→奉幣殿→中岳→バードウォッチングコース→奉幣殿→駐車場

地域の用事が9時前に終了したので、英彦山へと出向く。神幸祭があり、今日は400キロのお神輿が石段を上がり、奉幣殿へと戻るとのこと。ただでさえ、あの石段を上がるのは結構、しんどい!!
スロープカーの花駅で用事を済ませ、そこより石畳の道を歩き、奉幣殿へ。安全祈願をして2時からお神輿が動くというので、それまでに戻らないといけないので正面ルートから中岳山頂へ。途中、嘉麻市のMさん、中間の宮ちゃんにお会いする。山頂で休憩中、山火事だろうか?煙が・・・・
静かな山頂が今日は賑やかだ!!  田川高校の新一年生のオリエンテーションで「青年の家」に2泊するとのこと。T先生の指導で山頂の清掃を始めた。「来たときよりきれいに!」感謝、感謝!!
e0164643_2362358.jpg
e0164643_2365991.jpg

13時半過ぎには奉幣殿に着き、お神輿を待つがなかなか上がってこないーー
掛け声が聞こえ、来ました~~! 宮司さんの先導で上がってきました! 地域のおまわりさんも担ぎ手に加わっていました。ご苦労様です!!
e0164643_2325985.jpg

重さ 400キロ これが2基。最後の石段がこたえま~~す、ガンバって!!
e0164643_2312749.jpg
 
社務所横の石段に安置し、神事が行われ、その後、稚児舞・マサカリ舞・獅子舞がありました。
e0164643_23161534.jpg

e0164643_23163025.jpg

e0164643_23165573.jpg

獅子の顔は木で出来ており、とても重そう! 後の方もきつそう!!  でしたが荘厳なる舞いでした
e0164643_23201563.jpg
e0164643_23203068.jpg

今まで行事があると避けて山に登っていました。混雑がいやで・・・・・
けど石段を沿道の皆さんの「ワッショイ、ワッショイ」の掛け声とともに400キロのお神輿が上がってくる様は感動ものでした!! 勇壮で厳かな伝統あるお祭り  「御神幸祭」  また来年も是非!!
by nobucyansyuncyan | 2009-04-14 23:40 | 英彦山系 | Comments(0)

急遽、英彦山へ

30回目:4月2日(木)   英彦山(1200m)   天気:晴れ時々曇り     2名
ルート:豊前坊駐車場(10:01)→北岳(10:58)→中岳(11:23)→南岳(11:37)→中岳
    (11:50~12:27)→北岳(12:50)→豊前坊駐車場(13:44)

台所で朝食の後片付けをしていると、2階に行っていた相方さんが「英彦山・犬ヶ岳が白いよ~」と。「行こうか!  今の時期に雪とは~~(^^♪」で話は早い・・・・・
バタバタとお昼の用意をし、洗濯物を干してお出かけで~す(^^)v

油木ダム経由で別所駐車場へ。周回する予定でしたが、町営のバスはもう出た後。
豊前坊へと車を走らせる。「青年の家」を辺りから雪・雪で~す(^^♪
高住神社の「神牛」も今日は寒そうです。雪景色の登山道です!
e0164643_2312249.jpg
e0164643_2315295.jpg

北岳の肩 手前の階段です。雪をギュ、ギュと踏んで久し振りの雪の感触を楽しみながら歩きます。 写真撮影にいそがしい~~(^^♪  南岳が霧氷できれいなので足を延ばします
e0164643_23112516.jpg
e0164643_23114575.jpg


南岳への途中から見た中岳です
e0164643_23152149.jpg

久し振りの雪の英彦山でした~~!  中岳の休憩所の温度計は4℃でした。 
帰りは足元に気をつけてゆっくりと下山です。

添田公園に寄り、桜見物です。ソメイヨシノはもう散り始めていましたが、しだれ桜がもう少しで見頃を迎えそうです
e0164643_23213349.jpg
e0164643_23215166.jpg

e0164643_23251997.jpg

1日は散歩のついでに地元の八景山まで行き、桜見物。今日は前夜の雨が山は雪だったようで、急遽英彦山へ、そして添田公園でまたまた桜見物。  満足・満足~です!!
by nobucyansyuncyan | 2009-04-02 23:32 | 英彦山系 | Comments(4)

28回目:3月28日(土)  三陀山(930.6m)、鷹ノ巣山・三の岳(980m)  天気:曇り  8名
ルート:野峠(7:55)→鷹ノ巣山への分岐(8:05)→871のピーク(8:46)→最低鞍部(9:30~
    9:40)→三陀山(10:20~10:35)→最低鞍部(11:05)→徒渉点(11:35~12:10)→
    稜線813:159→鷹ノ巣山・三の岳(13:38~14:10)→野峠(15:37)

MORIさんご夫妻とその仲間で英彦山のバリエーション・ルートをまたまた歩いて来ました。
野峠に8:00集合でしたが、皆さん気合が入っており時間前に集合。早目の出発。
登山口より行き成りの急登です。倒木を乗り越えて進みます。露岩の岩壁です、落ち葉で足元が滑ります~
e0164643_22225145.jpg
e0164643_22231267.jpg

871のピークを通過。最低鞍部で大休止。これから三陀山へ。初登頂です。急登が続きます。
何とか上りつき、お初の山頂で記念撮影です(^^♪  これから歩く道の確認です。
まだまだ行程はなが~いですーー
e0164643_22315422.jpg
e0164643_2232928.jpg

最低鞍部まで戻ります。途中で垣間見えた、これから行く鷹ノ巣山です。
時間があれば登る予定です。林道を少し歩き、彦水川を渡ります。少し早目ですが、
川のせせらぎを聞きながらお昼です。紅葉のときはなかなか良さそうな雰囲気です。
e0164643_22481541.jpg
e0164643_22483955.jpg

枯れた沢を歩きます。キツネノカミソリの群生があり、、ハシリドコロの花が咲いていました。
途中より尾根に取り付き、稜線に出ますがこれまた、4足の急登でなかなかのものでした^_^;
鷹ノ巣山の三の岳が目の前です。初めての方が1人いましたので登ろう!という事に。
最初の取り付きはロープがありましたが、その上とチムニーのところはどなたかが撤去されたのでしょうか、ありませんでした。紅葉の頃、登ったときにはありましたけど・・・・
三の岳も無事登り終え、野峠への道に進もうとしていたら倒木の根元にロープが置かれていました・・・
e0164643_2310015.jpg
e0164643_23102086.jpg

途中、「天狗の舞台」というところに~~  この道は何度か通っていますが、いつも通り過ごしていました。平らな大岩で言われてみなければ見落とすかも? 木に標識がありました・・・・   いよいよ終盤です!!  元気いっぱい、皆さん笑顔で記念撮影です。
e0164643_23161821.jpg

休憩、昼食タイムを含んで8時間弱の歩きでした。1月に登った苅又山の隣に位置する英彦山系の山です。英彦山は大好きな山ですが、いろんなルートがありますね~。紅葉のときにでもまた訪れたいものです。
 
by nobucyansyuncyan | 2009-03-29 23:35 | 英彦山系 | Comments(1)

19回目:3月9日(月)   英彦山(1200m)   天 気:曇り    4名
ルート:鬼杉登山口(9:14)→鬼杉(9:29~9:34)→籠水峠(10:15~10:20)→
    大岸壁・黒岩の頭(10:37~10:44)→奇岩・衝立岩(11:11)→鬼の舌(11:23)
    →迂回路(11:41)→中岳(11:54~12:32)→南岳(12:41)→鬼杉(13:45~
    13:51)→鬼杉登山口(14:04)
e0164643_11152037.jpg
山友が「どこか歩きたい~」と言うので、「どこがいい?」と聞くと、「久し振りに裏英彦山!」ということになり、添田駅で待ち合わせ。8:35、JRの日田彦山線で到着。車中で「裏英彦山の途中から未踏のルートを歩こう」と提案。鬼杉登山口へと移動。ネットのゲートを開け、鬼杉へ。これから登るルートを地図で確認、といっても地図上には載っていない・・・・・
籠水峠から見る大岸壁。この上にこれから行くのです!!







e0164643_1118575.jpg
尾根上の登山道です。石が苔むしており、足を滑らさないよう、踏み外さないよう注意しながら歩く。
今は冬枯れで落ち葉のじゅうたんですが、急登でやはり滑りやすいです^_^;

稜線上に出ました。左へと進み、展望所(?)へ











e0164643_11273335.jpg
断崖絶壁です(お友達からいただいた概念図では「黒岩の頭」と書いていました)

今日は展望がものすごく良くて、阿蘇の涅槃像、九重の山並み、普賢岳も見えています。
ただ、周りは切れ落ちていますので、気をつけながらの山座同定ですーー

1071mの「鹿の角」(ついうっかり木に掛けている標識を見逃してしまいました)を過ぎ、これからは笹こぎの始まりです
e0164643_11432648.jpg

「鬼の舌」地点、通過中です。岩が濡れていて滑りやすいーーです(^_^;)
e0164643_11485662.jpg

途中、展望のよい場所で一休みして、何とか危険なところは終わったようで一安心。
笹こぎを何かきかすると南岳の迂回路に出ました。思わず「ヤッター!!」
お仲間と握手です~~
中岳へと行き、本来の目的である「マンサク」の花の観賞(^^♪
e0164643_120992.jpg

丁度、お昼の時間になり、休憩です。空模様も気になったので下山。
南岳を経由して登山口の鬼杉へと下っていきます。
途中、木々の間から見えた大岸壁と1071mのピークの「鹿の角」です。
この先端(赤い印)にいました~~
e0164643_1284577.jpg

今回のこのルートは本や地図には載ってません。目印のテープなども少ないです。
山仲間のMORIさんからお聞きしたり、H・Pを見て頭に叩き込んでどうにか歩くことが出来ました。地図・コンパスは必携です。
幸いなことに駐車地点に着いたら雨が降り出しました。
by nobucyansyuncyan | 2009-03-10 12:28 | 英彦山系 | Comments(4)

県境尾根を歩く

16回目:3月1日(日) 猫の丸尾(1044m)・上塚山(936.6m) 天気:曇りのち晴れ 10名

ルート:鬼杉登山口(7:41)→鬼杉(7:55~8:05))→籠水峠(8:40~8:45))→猫の丸尾(9:02~9:15)→最低鞍部(9:30~9:35)→石楠花の頭(10:00)→上塚山分岐(10:19)→上塚山(11:29~12:15)→分岐(13:07)→5Mの岩場(13:20)→岳減鬼峠(13:55~14:05))→英彦山大権現駐車場(15:20)

英彦山のバリハイルートをご一緒しているMORIさん達と県境尾根を歩いてきました。
今回の参加者は10名。3名の方はお初でした~~
7:30英彦山大権現の駐車場で待ち合わせ。鬼杉登山口へと移動。
網ネットの入口を開け、歩き始める。早々に鬼杉到着。
e0164643_2222267.jpg
推定樹齢1200年で周囲12メートル、以前どのくらいあるのかなと手を繋いで測ったことがありました~
が、今は鬼杉は保護の為囲まれていて、それはできません。
天然記念物に指定されています。














裏英彦山道を歩き、籠水峠へ。猫の丸尾への登山道も冬枯れの素敵な雰囲気です。
e0164643_2216881.jpg

猫の丸尾で集合写真(MORIさん撮影) 以前来た時はこの山頂標識はありませんでした。
e0164643_22212425.jpg

最低鞍部(ここも標識がありました)、石楠花の頭を過ぎ、上塚山への分岐です。ここから
1:30とありましたが、休憩も含めて1:10ほど。皆さん、足の調子もいいようです(^^♪
上塚山山頂です。展望はありません。ニューピークなので2人で記念撮影です。
山頂で2人の男性の方にお会いしました。林道から上がり、1時間ほどだったそうです。
e0164643_22323722.jpg

英彦山と鷹ノ巣山の眺めです。先日の嘉麻市からの眺めとはまた違いますね~~
e0164643_22392222.jpg

今回一番の難所です。5Mの岩場の下降です。
e0164643_22425748.jpg

危険箇所も皆さん、無事に通過~☆  岳減鬼峠に到着しました。
今年のシャクナゲは裏年ですね~  どこも花芽の付きがよくありません。
蕾をみると嬉しくて、思わずニコッとしますが全般に少なかったですね・・・・・

どなたも足を滑らせることなく徒渉を終え、大権現の駐車場へ。
陽だまりの中、休憩を含めて7時間半の山歩きも無事、終了で~~す^^
by nobucyansyuncyan | 2009-03-02 23:01 | 英彦山系 | Comments(0)

12回目:2月12日(木)  英彦山(1200m)  天気:晴れ  4名
ルート:スロープカー花駅駐車場(8:57)→奉幣殿(9:15~9:20)→取り付き(9:55)→
     幻(?)の滝(10:50)→縦走路(12:05)→中岳(12:10~12:55)→休憩所の東屋                 (13:49)→奉幣殿(14:48)→スロープカー花駅駐車場(15:00)

英彦山の南西の沢を歩きましょう!とMORIさんからの誘いで俊ちゃんと出かけました。
2月なのに春の陽気。バリハイコースを歩くにはいいかも知れない(^^♪

花駅で待ち合わせ、迷惑のかからない駐車場へ移動。準備OK~~
石畳の道を歩き、奉幣殿へ。 杉田久女の句碑です。「谺して 山ほととぎす ほしいまゝ
e0164643_1547593.jpg

衣が池横の「天狗の鼻」への尾根道へと入り、そのまま沢へと突入。風倒木で荒れている。
潜ったり、またいだりして進む 
e0164643_15531845.jpg

巨木も多く、石を抱いた「根性の木」もありました。「根性の木」を見るMORIさんの奥様。
e0164643_165179.jpg

e0164643_1653246.jpg

取り付き地点から50分、眼の前に大岸壁が・・・・!!  高さは30~40mはあるだろう
上部は水が流れているが、広い下部は岩面が濡れているだけ。帰ってから知り合いにいただいた写真と照らし合わせて、これが「幻の滝」と判明。
e0164643_168248.jpg

浮石に注意して滝を右に巻いて、シャクナゲの枝に邪魔されたり、笹漕ぎをして何とか滝の上部に辿り着く。残雪の道(?)を進み、南岳~中岳の縦走路に出ました\(^o^)/
1月17日に登った苅又山が見えています。
e0164643_16192044.jpg

暖かいので中岳のベンチで昼食タイム。帰りのコースは正面を下ろう!と言うことに。
産霊神社を過ぎ、中津宮を過ぎ、休憩所の東屋に着いたとき、「この道はまだ通ったことはないけど、抜けられるらしいですよ」と私がポソッともらす・・・・
すかさずMORIさんが「行って見ましょう!」でまた新たな道へと入り込む~~
崩壊したところもあり、「頭上注意」の看板も。
けど苔むした岩や自然林でとても素敵な雰囲気でした
e0164643_16331247.jpg

途中から自分たちでコースを変え、奉幣殿へ400mの地点に出会いました。
中岳山頂でお会いした団体さんより先に出発して、回り道をしたので奉幣殿ではその方達の後に着きましたが、新しい発見もあり、今日一日、とても充実した山歩きでした。
MORIさんより今日のコースは「英彦山衣が池横の沢」と命名しましょうと連絡がありました。
by nobucyansyuncyan | 2009-02-13 17:06 | 英彦山系 | Comments(1)

大雪を期待して英彦山へ

9回目:1月27日(火) 英彦山(1200m)  天気:曇り時々晴れ  8名
コース:別所駐車場(9:40)→キャンプ場(10:10)→紅葉谷→中岳(12:10~13:00)→
     南岳巻き道経由→三呼峠→奉幣殿(15:15)→別所駐車場

加入している山岳会のメンバーより英彦山へ行きませんか?とのお誘いで、週末平地でも
雪が積もり、25日はお友達との山行も現地集合が出来ないとのことでお流れ・・・・

さぞかし英彦山は大雪が降り、13日の60cmより多いのでは?と期待して行きましたが、
別所駐車場は全く雪がありませんでしたーー
今日のリーダーの案で紅葉谷から登ればトレースはないかも?と言うことでキャンプ場へと
歩き始めます。別所から先の路面は凍っていました~

キャンプ場から尾根道を進みます。トレースはありません(^^♪
あるのは鹿やウサギの足跡のみ。
e0164643_1271779.jpg
e0164643_1273385.jpg

交代でトレースのない紅葉谷を歩き、バードウォッチングのコースと合流です。
e0164643_1285960.jpg

中岳休憩所でお昼を食べ、アイゼンを装着。南岳へは登らずに巻き道へ~~
樹氷のトンネルと巻き道からの中岳のお社です。
e0164643_12124328.jpg

e0164643_1213225.jpg

岩場です。凍っていませんでしたので大丈夫でした~~
e0164643_12142767.jpg

奉幣殿で、皆様今年一年のそれぞれのお願い事をしておりました(^^)
by nobucyansyuncyan | 2009-01-28 12:26 | 英彦山系 | Comments(4)

苅又山へ

7回目:1月17日(土) 苅又山(960m) 天気:曇り
コース:高住神社駐車場(9:10)→北岳の肩(10:07~10:11)→裏英彦山道(10:40)→
     苅又山(12:58~13:00)→昼食(13:02~13:45)→薬師林道(14:37~14:49)
     →高住神社駐車場(15:54)

英彦山のバリハイルートをご一緒したMORIさんより「遊山歩」に入って一緒に歩きませんか、とのお誘いで今月より入会。今日が今年1回目の例会。
薬師林道からのルートではなく、一先ず北岳への登山道を登って北岳の肩より裏英彦山への
ルートに出て、少し薬師林道方面へ戻り、尾根伝いに苅又山へと歩く、ロングコースです。

彦山駅に8:30集合。2台の車で豊前坊へ。路面は凍結しており、運転手は慎重なハンドル裁きで無事到着~   早速アイゼンを装着して高住神社へ。
事故のないよう安全祈願をして出発。20~40センチの積雪。
e0164643_22272132.jpg

北岳の肩への最後の一登り。木の階段ですが段差はありません
両端を持たないと滑りま~す(^^)v
e0164643_22304486.jpg

裏英彦山への道を行くが、スズタケの道が雪の為、前になかなか進めそうもないので、直に
谷を降りて裏英彦山へ。 なかなか大変でした~~  人間雪ダルマにならなくてよかった~
裏英彦山道に下りついて、ホッと一息。
e0164643_22375793.jpg

苅又山への道は全くトレースがなく、3人で交代でラッセル(?)
木々の間を進むが上から雪がドサッ、キャーの悲鳴! 滑り転んだり、急登にあえぎながら
何とか苅又山に到着~  初めてのピークです(^^)
今日のメンバーです。MORIさん夫妻と相方以外は初顔合わせです。
e0164643_22493230.jpg

山頂をほんの少し下ったところで遅めの昼食タイム。あったかい卵スープとしょうが湯。
心の中までホッカホッカ~~
尾根より木々に邪魔されていますが、鷹ノ巣山も見えてます。
e0164643_22554058.jpg

急坂を転げるように下りて、薬師林道に到着。雪ダルマを作ってお遊びタイム~
e0164643_22584833.jpg

1時間の林道歩き。20~30センチの雪。
踏み跡がないので、相方さんは喜んで先頭を歩きます。
途中にはツララのカーテンが・・・  きれいなツララを味見しましたが、美味しかった~
e0164643_233345.jpg

英彦山の北岳に登る時きれいな三角錐の山が苅又山、いつかは~と思っていましたが
まさか雪中行軍で行くとは・・・・しゃくなげの蕾は余り付いておらず、紅葉のときがいいと
言うので、再度その時に訪れてみたいと思います。
by nobucyansyuncyan | 2009-01-17 23:14 | 英彦山系 | Comments(4)

雪だ~、英彦山へ!!

5回目:1月13日(火) 英彦山(1200m)   天気:曇りのち晴れ、山では雪
コース:別所駐車場(9:45)→奉幣殿→南岳(12:48~12:50)→
     中岳(13:00~13:40)→別所駐車場(14:48)

週末・連休は野暮用で身動きとれず、今日、英彦山の積雪状況を確かめに・・・
油木ダム経由で車を走らせましたが、英彦山が近づくにつれ雪は深くなりました~
別所Pに到着しましたが、車が4~5台。やはり雪が気になるようです(*^_^*)
長~いツララです。このときは青空が覗いていました。
青空と雪と霧氷と・・・・期待がふくらみます(^^♪
e0164643_23214016.jpg

雪かきをされていました。ご苦労様です
e0164643_23224714.jpg

奉幣殿への道。この石段を上がるときは身が引き締まりますね。
e0164643_23255062.jpg

南岳山頂にて、三角点も雪の中でした。
e0164643_23261953.jpg
 
中岳山頂にて。見事な樹氷の中で相方さんは寒そう^^ 小屋の中での温度計は-5.5℃
e0164643_23282289.jpg
 
帰りはいつものバードウォッチングのコースへと・・・雪で重そうで~す
e0164643_23324844.jpg
 
奉幣殿から南岳へと進みましたが、トレースはなし!  60cmほどの積雪
ラッセルというほどではありませんが、いい運動になりました。  
by nobucyansyuncyan | 2009-01-13 23:42 | 英彦山系 | Comments(2)