信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:英彦山系( 223 )

英彦山探検隊・・サルメンエビネ

11日に英彦山を歩いた折り、偶然にサルメンエビネの株を見つけました^^

そして探していたところには~~なぜだか見つからなかった。目が節穴だったようです。。。

e0164643_1635051.jpg


43回目:5月16日(火)   英彦山    天気:曇り   6名 
ルート:別所駐車場(8:55)→モアイ像→中岳(11:12~11:40、昼食)→
    裏英彦山道→籠り水峠(13:24)→奉幣殿→別所駐車場(15:39)

9時に別所駐車場にて待ち合わせ。キンラン・ギンラン・サルメンエビネを探しながら歩きます。

が、どうも鹿さんの餌になったようで~~上部が食いちぎられた状態のキンラン・ギンランを見かけました。鹿も増えすぎて困っているようです。

ヤマボウシが咲き始め、登山道にはサギゴケが。
e0164643_2034869.jpg


同行の方がモアイ像に行ったことがないというので、モアイ像へと立ち寄る。
e0164643_2083956.jpg


北西尾根へと進み、石楠花鑑賞。
e0164643_2011127.jpg


コバノミツバツツジ、まだまだ見頃のがありました^^
e0164643_20143747.jpg


中岳にて早目の昼食。時間もまだ早かったのか山頂には5~6人の登山者。山頂からの展望。阿蘇の涅槃像、九重山系の山々。由布岳などが霞んではいますが見えています。
e0164643_20184166.jpg


裏英彦山道へと進みます。ケルンの谷へと下りますが、ここでも石楠花鑑賞。
e0164643_2035576.jpg


ガマズミ(?)、ハイノキ、ヒメレンゲ、ヤシャビシャクなど~~
e0164643_20372840.jpg


鹿の角の大岩壁。緑が多いとまた雰囲気が違って見えますね。
e0164643_20234526.jpg


オオヤマレンゲはまだまだ硬い蕾。やはりあと1ヶ月後かな?

キツネノカミソリの葉は、僅かしかありませんでした。今年は咲くのかな?

裏英彦山道から三呼峠を経由して奉幣殿へ。ナンゴクウラシマソウで暫し撮影タイム^^
e0164643_2041191.jpg


奉幣殿にて久しぶりに宮司のYさんにお会いしました。優しい笑顔が大好きですね^^
クリン草、いろんな色があるんですね。ヒコサンヒメシャラの蕾もかわいい~~
e0164643_20444837.jpg


サルメンエビネ、以前はた~くさんあったようですが、鹿さんの餌になったり、人的被害にあったりで少なくはなっているようですが、可愛いお猿さん顔のエビネをある程度の本数を見ることが出来ました。

つーさん、Nさん、山虫さん、higeさん、今日もご一緒いただき 有り難うございました。
by nobucyansyuncyan | 2017-05-17 21:06 | 英彦山系 | Comments(2)

裏英彦山を歩く・・シャクナゲ

サンデー毎日の身なので、どうしてもお天気の日を狙って歩く^^

今日の目的は石楠花とサルメンエビネ。以前見たところでは残っているだろうか~~

北西尾根のこのポイントは好きなところだけど霞んでいますね~
お花もやや終盤(陽が当たりすぎのよう)。他のところではまだまだ蕾がいっぱいです。
e0164643_97289.jpg


サルメンさんも別のところで元気に育っていました(^^♪
e0164643_954959.jpg


41回目:5月11日(木)   英彦山   天気:曇り時々晴れ   2名
ルート:豊前坊(9:01)→登山口(9:23)→ケルンの谷(10:33~10:36)
   →鹿の角(11:48)→中岳(12:50~13:06)→北西尾根→豊前坊(15:25)

我が家から建設中の伊良原ダムを見て、野垰を経て豊前坊へ。ダムから先の道は狭いですねぇ~

野垰付近には車が4~5台ほど。出発準備をされていました。

豊前坊に着き、準備を済ませて出発。少し戻り、薬師林道へと進みます。

登山口にて衣服調整。風はありますが、これからは樹林帯の中。

早速、石楠花が見えてきます。ミツバツツジはもう終盤ですね。鷹ノ巣山をバックに^^
e0164643_931481.jpg


望雲台付近の展望。
e0164643_932167.jpg


山芍薬はもう完全に終わっていました。ふと見るとキノコが。卵もありましたね。
e0164643_9375683.jpg


先日行った金山の緑も綺麗ですが、英彦山もいいですねぇ(^^♪
e0164643_9332885.jpg


次々に現れる石楠花の撮影に忙しい~。 やっとケルンの谷に到着^^

小休止し、この前はここから登ったのだが、今回は鹿の角へ。途中でMさんと出会う。

単独のMさん、「一緒に登ろうかね」で中岳までご一緒に。

鹿の角の大岩壁。風が強いので今回はパス^^ ヒカゲツツジももう終盤。
e0164643_9464637.jpg


ミツバツツジのきれいどころ、かろうじてありました。鬼の舌を経て、中岳へ。
e0164643_9501735.jpg


外のベンチで遅い昼食。別コースを下山のMさんとはここでお別れ。我々は北西尾根へ。
e0164643_955929.jpg


ここのミツバツツジと石楠花も今日の探索コースなんです^^
e0164643_9572389.jpg


e0164643_9581329.jpg


e0164643_101220.jpg


無事に豊前坊へと下山。帰りはいつものように別所駐車場から油木ダム経由で。走行距離はほとんど同じ。だったら道が少し広い赤村物産館・油木ダム経由の方がいいかなぁ~~

今日、見たお花(いつものところにはありませんでしたが・・・)
e0164643_10113511.jpg


ヤシャビシャク
e0164643_10115858.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-05-13 10:16 | 英彦山系 | Comments(2)

新緑の英彦山

久し振りの英彦山です。

見たいお花がありますので、あのコース、このコースと欲張りに歩いてきました^^

37回目:4月30日(日)   英彦山   天気:晴れ   2名+3名
ルート:別所駐車場→豊前坊(9:18)→高住神社→望雲台→北岳の肩(10:32)
    →望雲の頭→裏英彦山道→ケルンの谷(11:34~11:40)→中岳
    (12:40~13:13)→行者の滝→別所駐車場(15:01)

間に合えばバスで豊前坊へ。9時前に別所駐車場に着きましたので、町営バスで豊前坊へ。

早速、道草の開始です。フデリンドウ、サバノオが咲いています。
e0164643_2242265.jpg


高住神社にてFさんにご挨拶。お久しぶりです~~

登り始めると岩壁に日陰ツツジが咲いています。コンデジを精一杯望遠にするのですが・・・

何とか目の高さのところに咲いているのをパチリ。
e0164643_2285071.jpg


北岳への登山道は花盛り。エイザンスミレ、ミツバコンロンソウ、ワチガイソウ、コミヤマカタバミ
など~  撮影に忙しい^^
e0164643_22224167.jpg


望雲の頭 経由で裏英彦山道へ。お若い二人連れとすれ違いましたね。以前は標識もなかったのですが、今は北岳へなどの分岐標識があります。
e0164643_22262610.jpg


山芍薬の咲く場所へ~~昨日は2~3輪咲いてたとのことですが、今日は10数輪咲いていました。
まだ蕾がありましたので、もう少し楽しめるかな??
e0164643_2233163.jpg


ケルンの谷手前でRyoさん、sanpoさん、なおさんとバッタリ。また山頂でお会いしましょう!

ケルンの谷で一休み。お昼前ですが、行動食を食べ、もうひと頑張り。

直登で登ります。ふうふう言って登っていると山友さんから電話。そして自転車のKさんとバッタリ。いい休憩となりました(^_-)-☆

ヤマルリソウ、コミヤマカタバミが咲いていました。石楠花はまだまだですね。
e0164643_22452214.jpg


中岳で昼食を終えたところにRyoさんたちが到着。一緒に行者の滝経由で下山することとなりました。慌ただしく昼食をさせて申し訳ありませんでしたね。
e0164643_22494460.jpg


サバノオ、とっても可憐なのが咲いていましたよ。

ミツバツツジも咲き始めていました^^
e0164643_2253561.jpg


無事に別所駐車場に到着。Ryoさん、sanpoさん、なおさん、ご一緒いただき有難うございました。
いろいろとお話しながらの下山は、あっと言う間でした。またよろしくお願いします。

帰宅途中で見かけた石楠花。満開!! 山中で今度は見たいものです。
e0164643_230306.jpg


今日の英彦山での目的は、日陰ツツジを見て、山芍薬の鑑賞、石楠花の状態、ヤシャビシャクを愛でる(だったのですが、お花がなくなっているよ、との情報ありました)

とある場所に咲いていた山芍薬。もう見ごろを過ぎていました~~
e0164643_23113564.jpg


盗掘に遭わず、いつまでも咲いていて欲しいものです。
by nobucyansyuncyan | 2017-05-01 23:16 | 英彦山系 | Comments(2)

英彦山探検隊・・ミツマタ群生地と窟巡り

さて、今回の英彦山探検隊の歩んだ道は・・やはり荒れた登山道と訪れたことのない修験者の窟。

25回目:4月2日(日)   英彦山    天気:雨・霰・雹・雪   9名
ルート:別所駐車場(9:00)→大河辺窟((9:46)→ミツマタ群生地→玉屋神社
   (10:57~11:03)→大南神社(11:57~12:22、昼食)→観音窟→双戸窟
    →別所駐車場(14:45)

山友のポンちゃんが、「つーさんと歩きたい!!」とのことで今回の企画となりました。

どんよりとした空模様。取りあえず集合場所の別所駐車場へ出向くと、ポンちゃん・風来坊さん・ガック隊長・higeさん・mamaさんは出発準備をされていました。歩く気まんまんです^^

私どもが着いて間もなく、つーさんも到着。Mさんを待ちます。簡単な自己紹介。

ポンちゃんの希望のコースは、前日と今日の天気から岩場が濡れて危ないので取りやめ。またの機会に歩きましょうとのことで、ミツマタの群生地を見て、窟巡りにしましょうとつーさんにお任せ。
e0164643_1531244.jpg


9時に別所駐車場を出発。「いせくん」を撫でて行ってくるよ~~
e0164643_1534789.jpg


上仏来山への取りつきから入山。渡渉して先ずは大河辺窟へ。大・中・小の窟が並んであり、ポンちゃん曰く親・子・孫窟だね^^  うーん なるほどね(^-^;

窟の前を下る。また渡渉。
e0164643_15395224.jpg


倒木をかき分け、荒れた道を進む。
e0164643_15405497.jpg


一登りすると、辺り一面明るい世界に~~素晴らしいミツマタの群生地。
古の修験者さんの生活の糧だったのでしょう。上の方まで続いています。そして坊の後も。
e0164643_15453623.jpg


e0164643_15455357.jpg


泉蔵坊跡とのことです。このころからあられ、そして雹となり、空も暗くなってきました。

一先ず、玉屋神社で小休止。
e0164643_1551337.jpg


鬼杉方面へと進み、大南神社へ。丁度12時近くになったので、ここで昼食タイム。
今日はカップ麺がとりわけ美味しかったです。歩いているとさほど寒さは感じられないのですが、休憩すると、ぐんぐん冷えてきます。温かい麺はまだ手放せないですねぇ~~
e0164643_1611754.jpg


昼食後は名もない窟へ。まだまだ知らない世界がありますね。

ポンちゃんたちがまだ観音窟をみていないとのことで観音窟へ。そして双戸窟へ。
e0164643_165281.jpg


yamahikoさんがよく行かれるゲンカイツツジの咲く場所はまだ咲いておりませんでしたが、ここは程よく満開の木もありますが、まだ蕾もあり、しばらく楽しめそうです。

空がまた暗くなり、雨が降ってきました。今日の天気は雨・霰・雹・雪となんでもござれの空模様。時折雷さんも鳴っておりましたが・・・女神2人の効き目はなかったような~~
e0164643_16101847.jpg


まぁ、無事に下山しました。つーさん、Mさん、英彦山の一面をまた知り得ました。

有難うございました!!(礼・礼)  またよろしくお願いいたします。

今日見かけたお花の一部です。
e0164643_16132847.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-04-03 16:18 | 英彦山系 | Comments(9)

英彦山・花散策

18日は峰入り古道歩きの打ち上げ会。19日は孫の中学と高校入学のお祝いの会。

2日間、よく食べて・飲んで・食べて~~少し運動をしなくては(^_-)-☆

21回目:3月23日(木)   英彦山   天気:曇り   2名+3名
ルート:別所駐車場(9:21)→奉幣殿(9:36)→三呼峠(10:44)→材木石
   (11:07)→南岳(11:45)→中岳(11:58~12:40)→別所駐車場(14:15)

今日の目的は南岳への道筋でホソバナコバイモ・ヤマルリソウ・エイザンスミレ・マンサクの花を愛でること。
e0164643_13513220.jpg


9時ごろに別所駐車場に着くと、丁度つーさんが出発直前。お互いに歩くコースを言って山頂で会いましょう。

私どもが準備をして出発しようとしていたら、以前加入していた山岳会のお仲間が3名到着。
窟巡りの下見に来たとのこと。しばらくお話して「お元気で~」とお別れをする。
e0164643_1405431.jpg


南岳への道。材木石の手前のここが一番の踏ん張りどころ。お花を探しながらゆっくりと。
ヤマルリソウは咲き始め。エイザンスミレはまだ花芽がついていませんでした。
e0164643_1491027.jpg


縦走路のマンサク、いつも見かけるところにはありません。裏英彦山道らしきところに1本満開。

南岳直下の鎖場に梯子が設置されていました。
e0164643_1417929.jpg


南岳近くのマンサクもまだちらほらと。中岳山頂にあるマンサク。咲いてはいますが少な目。
e0164643_14193088.jpg


中岳山頂でつーさん、Mさん、苅田のMさんと一緒に下山です。何処を下ろうか~

モアイ像へと進み、そのまま谷を下り、別所駐車場へ。
e0164643_14245198.jpg


皆さんとお別れして花散策へ。ミスミソウも満開。花期が長いですね(^_^)/
e0164643_1435559.jpg


e0164643_14352454.jpg


e0164643_14354933.jpg


マンサクは裏年。それとも花の咲くのが遅い??

さてさて今年のお花はどうなんでしょうかね。
by nobucyansyuncyan | 2017-03-24 14:44 | 英彦山系 | Comments(4)

岩屋神社・ゲンカイツツジ

3月18日は竈門神社~宝満山~英彦山の峰入り古道を歩いたお仲間さんとの打ち上げ会。

夕方より「大野城いこいの森キャンプ場」にて開催。

で、時間もあるし、その前にどこかを歩きましょうか~で幹事さんの呼びかけ。

20回目:3月18日(土)   岩屋神社    天気:晴れ   7名
ルート:岩屋神社・奇岩・窟巡り

8時半に筑前岩屋駅にて待ち合わせ。そこから岩屋神社へ移動します。
e0164643_12463510.jpg


彼岸の頃には満開となり、見頃を迎えるゲンカイツツジ。今年はどうしたことでしょう(~_~;)
e0164643_12533074.jpg


まだほとんど蕾です。そして岩屋神社本殿は修復中で通行止め。

熊野社・烏帽子岩・大日社をぐるーと回ります。(トウツバキ、樹齢700年の大銀杏)
e0164643_1311526.jpg


e0164643_132941.jpg


e0164643_1324243.jpg


東峰村の棚田(峰入りで歩いた山並みが見えてます)
e0164643_135944.jpg
 

時間が早かったので、ミスミソウ鑑賞へ。
e0164643_13113137.jpg


e0164643_1312098.jpg


e0164643_1314084.jpg


「卑弥呼の湯」ですっきりとして、大野城いこいの森キャンプ場のバンガローへ。

参加者:10名。
本日お仕事のポンちゃんが到着した時はだいぶ出来上がっていましたが、改めて乾杯!!  

ポンちゃん、計画立案、ご苦労様でした!!  お陰様で峰入りを歩くことが出来ました(礼)

テーブルには各々持ち寄りの料理やお酒が並んでいます。賑わいましたねぇ~~☆
e0164643_13205920.jpg


皆さんと一致団結して歩き、充実感・連帯感が生じました。

またどこかのお山をご一緒して楽しみたいと思います。今後ともよろしくお願いします。
by nobucyansyuncyan | 2017-03-20 13:54 | 英彦山系 | Comments(16)

英彦山探検隊・・三陀山

つーさんから今度は三陀山へ行きましょう!!  はい、雪のない時がいいですねぇ~

天気予報を見て、6日の月曜日に「9日にお願い出来ますか~」とお願いのメッセージ^^

けど、まさかまさかの雪景色~~大変でしたが、今回も大変楽しい山行となりました(^^♪
e0164643_15212887.jpg


18回目:3月9日(木)   三陀山   天気:雪のち曇り   7名
ルート:路肩P地点(9:24)→P871ⅿ(10:21)→最低鞍部(11:03~11:10)
    →三陀山(11:45~11:50)→最低鞍部(12:17~12:20)→林道終点
   (12:26)→河原(12:53~13:25)→天狗の舞台(15:08~15:10)→
    三陀山分岐(16:17)→路肩P地点(16:34)

豊前坊に9時集合。別所駐車場から先はチェーン規制となっていました。青年の家手前から道路は雪道に。豊前坊の温度計は-3℃

higeさん号と我が家の車で出発地点の野垰へ。(この時、higeさんは車のフロントに愛用のカメラを置き忘れていました)
e0164643_15205947.jpg


分岐から三陀山へと(標識案内はありません)。滑りやすい斜面を登り、尾根に取りつきます。
消えそうな飯塚64会の標識に導かれ、871の三角点を過ぎ、急登を下り、最低鞍部へ。
e0164643_15523973.jpg


荷物をデポし、三陀山へ取りつきます。結構な登りです。。。
e0164643_15541981.jpg


山頂に到着。樹間から鷹ノ巣三の岳が見えています。同行者が作った雪だるま^^
e0164643_15564739.jpg


最低鞍部へと下ります。歩くこと数分で林道に飛び出ます。雪道は消え、彦水川の河原で昼食。
e0164643_1613540.jpg


e0164643_1615250.jpg


e0164643_1621520.jpg


さぁ、出発です。またまた雪道となりました。荒れた谷を通り、歩きやすい道(?)を探し、尾根に取りつきます。これも大変な道でした。
e0164643_16162073.jpg


鷹ノ巣山の三の岳の根元に来ました。さぁ、これからは野垰目指して~~

先ずは天狗の舞台へ~~思わず元気印のMさんが「舞台だから踊ろう!!」
e0164643_16231034.jpg


e0164643_16233119.jpg

集合写真は三陀山山頂です。(2枚ともMさんからいただきました)

野垰までの道も、露岩の痩せ尾根あり~~ 雪がありましたので危ないところは巻いたり・・・

全員無事に出発地点に戻りました。途中でフロントガラスのところにカメラを忘れたことに気づき、「今だったら取りに行った方がいいよ~」とみんなから言われていたカメラ。

無事でした~~(^_^)/  人通りの少ない場所ですけど、よかった・よかった~~

今回の軌跡です。
e0164643_163736100.jpg


山中で見かけた新芽。キツネノカミソリ、アオベンケイ、置きっぱなしのカメラ
e0164643_16415041.jpg


下山後に見たホソバナコバイモ
e0164643_16421615.jpg


同行の皆さん、今回もお世話になりました。有難う!!
by nobucyansyuncyan | 2017-03-10 16:51 | 英彦山系 | Comments(6)

英彦山探検隊

一週間前の14日につーさんに案内していただき、Wの滝などを探訪しました。

今度は23日の木曜日に三段の滝へ行きましょう!  けど、23日は雨模様(>_<)

21日に変更していただきました<(_ _)>  メンバーは前回と同じ5人です。

13回目:2月21日(火)   英彦山   天気:曇り   5名
ルート:豊前坊→三段の滝→中岳→行者の滝→窟巡り・双戸窟→別所駐車場

別所駐車場8:30集合です。1台で豊前坊へ。道路は凍結もなく大丈夫だったのですが、豊前坊の駐車場はアイスバーンとなっておりました。ここが一番危険でした。気温は-3度です。
e0164643_16131947.jpg


四の沢に取りつきます。苔むした岩。裏英彦山道と雰囲気が似ています。
e0164643_16154050.jpg


滝に到着。残念ながら氷瀑はなし。音を立てて水が流れています。来年はぜひとも凍った滝を見てみたいですねぇ~~
e0164643_16314684.jpg

e0164643_16313030.jpg


氷の芸術(higeさん、激写中。出来映えのほどは??)
e0164643_16322049.jpg


滝を巻き、上部に登りあがり、道なき道を進んでいきます。ふと見上げると霧氷だぁ~~!!
e0164643_1637476.jpg


縦走路に出合い、中岳へ。振り返る北岳。霧氷がきれいです(^^♪
e0164643_16401578.jpg


e0164643_16403363.jpg


e0164643_239215.jpg


中岳休憩所で早めの昼食。一つの目標はクリアしたので、あとの行程は別に考えていません。
「何処へ行こうか~」・・・山虫さんが歩いてないところ・・・双戸窟へ行こうか。

前回と同じく行者の滝へと下る。正面道の石段の下りは凍っていて怖いですねぇ、巻きました。

行者の滝も水音が凄いです。横の方に氷の芸術がすこ~~し^^
e0164643_16481728.jpg


観音開きの窟へ(国東の大不動岩屋を思い出しました)
e0164643_23112062.jpg


双戸窟へ。山虫さん、頭の中で道がつながりませ~~んとのこと。そうでしょうね。
e0164643_16495755.jpg

つーさん、山虫さんが中へと入りました^^

今にも壊れそうな朽ちた橋を渡り、別所駐車場へと無事に帰り着きました。
e0164643_1654561.jpg


下山すると青空~~ セリバオウレンも少し開花してました(^_^)/ 上手く撮れません(>_<)
e0164643_16552328.jpg


e0164643_16554839.jpg


つーさん、有り難う!!  今回もとっても充実した一日でした。感謝!!
by nobucyansyuncyan | 2017-02-22 17:02 | 英彦山系 | Comments(12)

英彦山・滝巡り

12日の峰入りを歩いた後に腰の調子も良さそうだし、英彦山の「Wの滝」を見てみたい~!!

13日の朝、山友のつーさん(Wの滝の命名者)にもしよかったら案内してもらえませんかとお願いのメッセージ。
「いいですよ~」と快い返事。

Wの滝・・・この近年、英彦山を年間300回以上歩かれている渡辺さん。昨年の暮れ、病気のためにあの世へと旅立たれました。いろんなルートを歩かれ、時には藪漕ぎなどされ、窟など見つけたりと英彦山の山の中をくまなく歩いていいました。

別所駐車場の定位置に車を停め、見かけると少しお話をし、デジカメを出して「こんなのを見たよ」
御一緒するには、渡辺さんは健脚。足手まといになっては~とご遠慮してました。

今までは名無しの滝と呼んでいたそうですが、その滝を見つけた渡辺さんを偲び、「Wの滝」とつーさんが命名したそうです。

Wの滝
e0164643_1631218.jpg


12回目:2月14日(火)   英彦山   天気:曇り時々雪   4名+1名
ルート:別所駐車場(9:00)→滝巡り→行者堂→奉幣殿→別所駐車場(14:49)

道路にはまだしっかりと雪が残っていました。8時半過ぎには皆さん到着。

すると前方から「おはようございます」と山友の「山虫さん」。あら、お久しぶりです。。。

奉幣殿で追いついて来られ、ご一緒することとなりました~~

山虫さんが行者の滝は行ったことがないというので、歩きながら行程を考えられ、四王寺の滝から行者の滝への周回コースとなりました。

雪道歩きは気持ちいいですねぇ~  まだ雪が深いですね。
e0164643_16222930.jpg


智室の滝
e0164643_1621426.jpg


四王寺の滝へ向かうころより雪が舞い出し、ガスってきました。
真ん中が欠けており、残念な結果でした~~
e0164643_16271517.jpg


名無しの滝・1
e0164643_16274991.jpg


名無しの滝・2
e0164643_16283716.jpg


相方さんにモデルになってもらいました^^
e0164643_16292048.jpg


名無しの滝・3
e0164643_16303332.jpg


同じく(これがWの滝ですか~と聞くと、まだ先でこれは名無しとのこと)
e0164643_1631143.jpg


きわどい斜面、雪に足を取られ歩きにくい。。。
e0164643_16333335.jpg


Wの滝
e0164643_16395868.jpg


今日は山頂を踏まず、行者堂にて昼食。軒先をお借りしました(<(_ _)>

そして帰りは行者の滝へ。やはり降雪で滝のようには見えないが、中では結構水が流れてました。
e0164643_16364613.jpg


無事に怪我なく、別所駐車場へと戻ってきました。

今日はとっても充実した一日となりました。

ご案内いただいた「つーさん」、ありがとうございました。

山中で渡辺さんをお見かけした時は、気軽に声をかけさせていただきました。
頭にタオルを巻き、独特のスタイルでした。「しばらく見かけませんでしたねぇ~」と言うと「検査入院していたんよ~」「どこが悪いんですか~」「またベッドが空いたら入院よ~」「山に登って大丈夫ですか?」「先生が普通の生活をしなさい、俺にとっては山に登るのが普通の生活なんよ~」

もうお顔も見れなくなりました。さみしいですねぇ~~
                                      
                                         合掌
by nobucyansyuncyan | 2017-02-15 16:55 | 英彦山系 | Comments(10)

大雪の英彦山

前日の夕方、山友の「中間の宮ちゃん」よりメッセージが入る。

「明日、山帽子さんと滝巡りに行こうかと思っています。8:30大任の道の駅で待ち合わせています」

「了解、9時ごろ別所駐車場で待っています。」higeさんも到着していて準備をしていると、常連の嘉麻市のMさんやSさんご夫妻が~~。

皆さん、思いは同じですね。久し振りの出会いです(^^♪ 

新年の挨拶を済ませていると、ようやく到着。

おや、一人見慣れたお顔の方が・・・「ふたすじさん」です。英彦山駅でバスを待っていると、丁度タイヤチェーン装着に寄られた宮ちゃん号に相乗りさせてもらって~とのこと。

雪が多いです。今日の英彦山山頂。
e0164643_22373646.jpg


6回目:1月24日(火)   英彦山   天気:曇り時々晴れ   6名
ルート:別所駐車場(9:33)→奉幣殿(9:58~10:03)→行者の滝(11:25)
    →登山道に合流(12:00~12:10)→中岳(13:05~13:32)→北西尾根
    →モアイ像(14:16~14:20)→合流(14:53)→別所駐車場(15:31)

嘉麻市のMさんはボッカ道を行くとのことで、奉幣殿裏でお別れ。

奉幣殿でお参りを済ませ、言い出しっぺの宮ちゃんを先頭に、さぁ出発です。
今日のメンバーは宮ちゃん・山帽子さん・higeさん・ふたすじさん・私どもの6人です。
e0164643_1095410.jpg


今日のリーダーは宮ちゃん。リーダーより前に出ては行けませ~~ん(^^♪
e0164643_10115226.jpg


行者の滝への取りつきからは全くトレースなし。だんだん雪も深くなってきました。
宮ちゃんも頑張って先頭を歩いています。時々後ろから「もう少し真っ直ぐ行ってから左へ~」などと声をかけます。
「先頭交代しましょうか」  返答せずに頑張ってます(*^^)v

行者の滝に到着。着雪していて全く滝らしくありません。2~3日後がいいかもねぇ~
e0164643_10182292.jpg


e0164643_10184530.jpg


道なき道を進み、正面登山道に合流。ここで12時。ちょっとおやつタイム。
あら、もう嘉麻市のMさんは下山されています。「またお会いしましょうね~」

ここから雪景色が素晴らしく、なかなか足が前に進みません。足にも疲れが出てきてますし・・・
e0164643_1023955.jpg


寝ころんで写真を撮ったり~~
e0164643_10232786.jpg


正面登山道の石段が全く見えません。気持ちいい~~\(^o^)/
e0164643_102909.jpg


e0164643_10292518.jpg


e0164643_10294860.jpg


e0164643_10301185.jpg


e0164643_1030302.jpg


13時過ぎにやっと中岳に到着です。するとhigeさんが「信ちゃん、nacchiさんが来てるよ~」

いつもブログを拝見して、いつかお会いしたいなぁと思っていました。「初めまして~」

ところが初めてではないとのこと。くじゅうで私どもが例の平尾台スタイルの、傘をさして歩いているところで出会ったとのこと。「まぁ、それはどうもすみません^^」

程よく空いた休憩所でお昼を食べ、下山は北西尾根経由で。

犬ヶ岳方面も雪が多いようですね。
e0164643_10442118.jpg


青空がのぞき、上空にはサンゴがた~くさん!!
e0164643_105231.jpg


途中から悪魔のささやき・・・higeさんが「信ちゃん、モアイ像へは?」
「そうねぇ、私も思っていたから行こうか~」 先頭を歩いていた宮ちゃんに言って、そこからは相方さんがトップ交代。

ここも全くトレースがありません。石の間に挟まったり、滑ったりしながら~~
e0164643_1051141.jpg


モアイ像に到着。雪化粧をしています(^_-)-☆
e0164643_1111294.jpg


登山道に出合い、ボッカ道を進み、奉幣殿裏手へ。

いつもの道を通り、別所駐車場へ。

宮ちゃん、声掛け有難うございました。

楽しい・楽しい雪の英彦山を満喫しました\(^o^)/
by nobucyansyuncyan | 2017-01-26 11:10 | 英彦山系 | Comments(8)