熊本の山での福寿草鑑賞2日目です。

五木の道の駅にて朝を迎えます。どんよりとした空。福寿草は開いてくれるかな??

今日の仰烏帽子山での目的は福寿草、2年前に歩いた尾根のリベンジ、まだ見ぬ霜柱のお花(?)

e0164643_20455794.jpg


15回目:2月26日(日)   仰烏帽子山    天気:曇り    6名
ルート:第2登山口(7:48)→分岐・山頂へ(8:41)→風穴(9:27)→仰烏帽子山
   (9:55~10:10)→展望台へ(10:24~10:31)→椎葉谷分岐(11:11)→
    仏石(11:45)→昼食(12:11~12:40)→群生地→三角点(13:40)→
    第2登山口(14:52)

それぞれの車に乗り、元井谷第1登山口へ。上の空地に我が家の車をデポ。
higeさん号に乗せてもらい、第2登山口へ。まだ5台目だったので余裕です^^
e0164643_211793.jpg


霜柱のお花。お初です。白髪岳やここにあるというので、是非とも出会いたいと思ってました。
e0164643_2120573.jpg

シモバシラ(シソ科の多年草の植物)
シモバシラの茎は冬になると枯れてしまうが、根はその後長い間活動を続けるため、枯れた茎の道管に水が吸い上げられ続ける。そして、外気温が氷点下になると、道管内の水が凍って、茎から氷柱ができる。この現象は、地中の根が凍るまで続く。(ウィキペディアより)


写真を撮っていると、「何ですか~」と声をかけていきますが、「霜柱です」と答えると、「ふーん」と言って通り過ぎていきます^^

今日は曇天なので、気温が高くなる午後からの方がお花も開くだろうと、先に山頂へと進みます。
e0164643_21272739.jpg


風穴では生温かい風が出ています。眼鏡がすぐに曇ります。

快適な尾根歩き
e0164643_2131295.jpg


兎群石山は皆さん行ったことがあるので、今回はパス。

山頂に到着。曇っていて眺望はよくありません。市房山もそれらしき山が見えますが・・・
e0164643_21364489.jpg


行動食を食べて、下山開始。展望台へと進みます。そして椎葉谷を下ります。
私どもは2回目ですが、皆さんお初のルート。少々荒れています。
e0164643_21415031.jpg


e0164643_2142698.jpg


時には気持ちのよい道もあります^^
e0164643_21425154.jpg


苔と沢の水音に癒され~~
e0164643_2145445.jpg


分岐に到着。仏石へのルートを進みます。鎖場がありました。新しいようですね~~
e0164643_2149237.jpg


覆い被さるような岩峰を過ぎると仏石に到着。

仏石付近にも群生はあるのですが、何か少ないですねぇ~~
e0164643_2153191.jpg


群生地手前の広場で昼食タイム。ここで結構皆さん食事をされています。

群生地へと移動。昨日、白崩平で青空の下で見た福寿草が輝きを放っていましたので、今日の福寿草はひっそりと自分の存在を示すような・・・
e0164643_2214248.jpg


ここで山友さんのカントさんの会のグループの方々にお会いしました。カントさんは今回不参加とのこと。2年前にもカントさんと山頂でお会いしましたが・・・

第2登山口の手前から尾根へと進みます。2年前に歩いた時、支尾根へと途中から進みましたので、今回はリベンジです。higeさんは第2登山口からの道を歩きたい。出来たら椎葉谷も~~

私はこの尾根を歩き、デポした場所に辿り着きたい。それぞれの歩きを取り入れての今回の山です。

e0164643_22155434.jpg


急下りの連続。ここは登りたくないよねぇ~~の道が続きます。

無事にデポした駐車地点に到着。運転者のみを乗せて第2登山口へ車の回収へ。

kyonさん、amiさん、higeさん、mamaさん、お疲れ様でした~~

お陰様でお初の霜柱にも出会えましたし、尾根の検証も出来ました。

感謝・感謝の2日間でした。
kyonさん、amiさん、higeさん鍋に釣られての特別参加、有り難うございました。

今回の軌跡です(higeさんよりいただきました。私のは途中で電池切れー)
e0164643_22264517.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-02-28 22:35 | 熊本県の山 | Comments(18)

恒例となりつつある熊本の山での福寿草鑑賞。

さて、今年もMishanの八山会の企画に参加するつもりでしたが、ご一緒するhigeさんご夫妻が上福根山がまだ未踏とのことなので、上福根山まで足を延ばすことにしました。

オコバ谷分岐から上福根山までは往復2時間半から3時間かかります。Mishanたちとの待ち合わせの時間9:10ではちょっと厳しいかなぁーで、少し早めに出発です。

e0164643_9483482.jpg


14回目:2月25日(土)   岩宇土山・上福根山   天気:晴れ   4名+2名
ルート:古代の里駐車場(7:33)→登山口(8:00)→山ノ神(9:05)→鍾乳洞→
   久連子岳(9:32)→展望所(9:43~9:53)→岩宇土山・1347ⅿ(10:03)→
   オコバ谷分岐(10:13)→林道(10:44)→上福根山・1645ⅿ(11:35~12:13)
   →林道(12:44)→オコバ谷分岐(13:04)→白崩平(13:37~14:25)→
   オコバ谷登山口(15:00)→古代の里駐車場(15:45)

前日の24日の14時ごろ、車中泊用にセットして我が家を出発。

玖珠・阿蘇・熊本・大津・大通越を経て五木の道の駅へ。やはり遠いですねぇ~~

22時ごろ到着されたという(熟睡中で覚えていません)higeさん号。

25日、朝食を済ませ、higeさん号に相乗りさせていただき、古代の里へ。ここに車を置いて出発。
e0164643_10274171.jpg


ミキサー車と何度かすれ違いながら登山口に到着。足場の悪い急登です。

山ノ神に手を合わせ進み、その先のロープ箇所。ロープ以外 手掛かりはありません。
鍾乳洞への道も岩とロープを手掛かりに~~  第一村人の福寿草を発見^^
e0164643_10313450.jpg


鍾乳洞では石筍を探すも・・久連子岳(1240ⅿ)へと進みます。古代の里が眼下に見えています。
e0164643_10384859.jpg


ザレた道を進み、足場の良い場所で一休み。昨年の秋に歩いた稜線が見渡せます。
霧氷が付いており山頂は白いですね(^^♪
e0164643_10422599.jpg


鹿避けネットの横を通り、通過点上にある岩宇土山(1347ⅿ)にて記念撮影。
e0164643_1045357.jpg


10:13オコバ谷分岐に到着。ここから上福根山へと進みます。私どもも10数年前に来たことはありますが・・・草ぼうぼうの林道。ここからまた急登です。

途中で見かけた「コアカミゴケ」。登山道は少し雪が残っていました。
e0164643_10573393.jpg


霧氷の名残にも何とか間に合ったようです^^
e0164643_1058223.jpg


山頂でランチタイム。白い山並みを見ながら昨年の秋のことを4人で思い出話~~

オコバ谷分岐までは同じ道を歩きます。崩落した道を右手に見ながら白崩平へ。
希少植物を鹿害から守るために張られたネットのゲートを開けて入ります。
e0164643_1143233.jpg


満開の福寿草。快晴なのでパラボラアンテナが開いています(^_^)/
e0164643_116596.jpg


e0164643_1172896.jpg


相方さんが花弁がギザギザのを見つけました~~
e0164643_1182224.jpg


私たちが来るということで、宮崎の山友のまっちゃん御一行が待っていてくれてました。
白崩平で一緒になったamiさんご夫婦も交えて記念撮影。どうもお待たせして申し訳ありませんね。
e0164643_11144363.jpg


久し振りの再会。またどこかの山を一緒に歩きたいですね。

お花を目一杯堪能し、下山に取り掛かります。amieさんご夫婦と一緒に6人です。

途中でオニシバリを見つけ、またまた撮影タイム。

古代の里にやっと到着。待っていてくれたMishan御一行と少しお話を~~
いただいたお饅頭が美味しかったです。有難うございました<(_ _)>

まっちゃん、Mishanたちとお別れして、セリバオウレンの場所へ。今年は株が少ないような~~
e0164643_11281587.jpg

e0164643_11283523.jpg


今日の軌跡です(higeさんからいただきました)
e0164643_11321894.jpg


夢唄で入浴、ここでも花友さんにお会いし~~五木の道の駅へ行くと、やまごえさんご夫妻が・・・
あら、どうしてここにいるの~~お互い様ですねぇ~(笑)

higeさんご夫妻、amiさんご夫妻と6人で小宴会。途中で花友さんが乱入(??)

秋の花巡りの話もまとまり^^楽しい宵も更けました。
by nobucyansyuncyan | 2017-02-28 11:45 | 熊本県の山 | Comments(14)