信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

鶴見岳へ

干支の山(酉ではなく、鳥さんですが・・)鶴見岳へ。
e0164643_13394133.jpg


熊本の山友、Mishan御一行が干支の山巡りで福岡県の鳥屋山に続き、大分の鶴見岳へお出かけというので、「ご一緒したいのですが~~」と参加表明。higeさんご夫妻も一緒です。

9時過ぎに神社の駐車場にて待ち合わせ。8時半過ぎに着くと、福岡からの参加者2名は待機中。

準備をしていると、higeさんご夫妻、T&Mさんも到着。そうこうしていると熊本組が到着。

新年の挨拶をして、さぁ出発です。 火男火売(ほのおほのめ)神社でお参りをします。

3回目:1月14日(土)  鶴見岳(1175ⅿ)  天気:曇り   12名
ルート:駐車場(9:14)→神社(9:27)→林道(9:46)→分岐(10:00~10:10)
    →ロープウェイ山上駅(11:03~11:14)→昼食(11:21~11:43)→鶴見岳
    (11:48~11:56)→馬の背(12:15)→西の窪(12:27)→南平台
    (12:49~13:03)→踊り石(13:16)→分岐(13:37)→駐車場(14:13)

e0164643_1410739.jpg


まだ雪はありません。一気登山道ですがゆっくりと進みます。
e0164643_14103827.jpg


南平台との分岐に到着。そのまま山頂方面へ。下山はここで合流です。
e0164643_1419492.jpg


少し雪道になってきました。積雪1㎝。

ロープウェイ山上駅でトイレ休憩。やはり建物の中は暖かいですね。
山頂への途中にある建物の軒先で昼食タイム。カップ麺が美味しい~~です。
e0164643_14214146.jpg


あっという間に霧氷が~~  山頂にて今年の干支の初登りの記念撮影^^

Mishanが集合写真を撮りましょう、で準備をしていると、いつものトレードマークの帽子ではありませんでしたが、見た顔の方が^^

「外西さん?」やっぱりそうでした。ご一緒に記念撮影に加わっていただきました。
e0164643_14451769.jpg


生まれたての霧氷がきれい!!だが青空が・・・ 外西さんはもう少し粘ってみるそうです。

鞍ヶ戸への道筋・馬の背。これから先へは進めません。南平台へ。
e0164643_14503316.jpg


西の窪に到着。ここから南平台へは少し登り返します。
e0164643_1455355.jpg


南平台からは由布岳が目の前に。志高湖・高崎山・城島遊園地などが見渡せます。

由布岳は真っ白。少しトリミングしてみました。
e0164643_1522574.jpg


集合写真を撮っていると、Mishanの三脚が強風で2度倒れました。
e0164643_14584761.jpg


踊り石へと立ち寄り、合流地点の分岐へ。これでぐるっと周回しました。

ここからは朝と同じ道を歩きます。神社に立ち寄り、無事下山のご挨拶を。
石段にある灯篭は倒れたまま。先の地震の影響ですかね。
e0164643_14591295.jpg


皆さんとお別れし、higeさん、mamaさんと今年お初の顔合わせでしたので、お茶タイム。

由布岳が目の前。まだ白い~~です。
e0164643_15242437.jpg


新年早々の干支の山歩き。とっても楽しい一日でした。皆さんに感謝です!!

今回の軌跡。
e0164643_15315487.jpg

by nobucyansyuncyan | 2017-01-16 15:36 | 大分県の山 | Comments(10)
Commented by higetias at 2017-01-16 15:57 x
信ちゃん&俊ちゃん、こんにちは。
干支の山で今年初の顔合わせが出来て良かったです。
今信ちゃんのブログを見ていて気が付いたのですが、今回の軌跡が鳥のように見えますね~(西の窪がくちばしの先)^^
下山後のお茶タイムも時間を忘れるくらい話が尽きず楽しかったです。
今回はゆっくり歩きが良かったのか足は問題なかったようですね。
またよろしくお願いします。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2017-01-16 16:14 x
higeさん、こんにちは。
軌跡、すぐに見直しましたら、本当にそうですねぇ~~
びっくりです。気が付きませんでした^^
足はおかげさまで何とか持ってくれました。
あまり長い時間は、??かな。
明日は英彦山へ滝見物に出かけようと話しているところです。
Commented by 風来坊 at 2017-01-16 20:18 x
こんばんは、信ちゃん。
鶴見と由布の恋物語、知りませんでした。
以前、大分に住んでいた時には山に興味が無かったとはいえ
恥かしいです・・・。勉強になりました。
下山後にhigeさんご夫妻とゆっくりとお話も出来て楽しかったことと思います。
明日は、英彦山ですか? エンジンが全開が近そう・・・。
Commented by ポンちゃん at 2017-01-16 21:10 x
こんばんは、信ちゃん
先日は、失礼いたしました。
なかなか、休みが少ないものでお誘いをお断りすることが多く、恐縮しております。m(__)m
霧氷も見られたようですが、寒い一日でしたね。
また、よろしくお願いいたします。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2017-01-16 21:12 x
風来坊さん、こんばんは。
私も鶴見と由布の恋物語、知りませんでした。
それに祖母山もかかわっていたなんて~~
山上駅の近くに看板が立っていました。
普段、我々はロープウェイに乗らないですからね^^
明日は英彦山の滝の様子を見に行ってきます。
higeさんもお出でになるとのこと。楽しみです^^
Commented by 豊津の信ちゃん at 2017-01-16 21:19 x
ポンちゃん、こんばんは。
気にされないでくださいね。
私どもも体調を見ながらでしたので、急な参加表明でした。
ポンちゃんのことはMishanにお話ししました。
いつでも気軽に参加くださいとのことです。
仕事第一ですからね、と言ってましたよ^^
明日はhigeさんと滝の下見に行ってきますね(^^♪
Commented by 寝太郎 at 2017-01-18 00:45 x
同日、由布岳にいた寝太郎です。
雲に巻かれたり、切れ間が現れたり、慌ただしかった由布岳からは、鶴見岳が陽光を受けて羨ましい感じに見えていましたが、信ちゃん様の写真を見ると、由布岳の方が天気に恵まれているように見えて不思議です。
私も由布岳と鶴見岳の恋物語を知りませんでしたが、鶴見岳北方の縦走路の崩落も知らなかったので驚きました。根子岳や俵山が崩れるのは分かる気もしますが、鶴見岳も灯篭や登山道が崩れるほど揺れたんですね。
いろいろ勉強になりました。
Commented by けいこたん at 2017-01-18 09:32 x
信ちゃん、おはようございます!
「生まれたての霧氷がきれい!」という表現が新鮮で、そこにいる信ちゃんを想像しました。
鶴見岳と由布岳の恋物語もうふふん、素敵❤️
ブログ見せて貰って魅せられました。(^^)
Commented by 豊津の信ちゃん at 2017-01-18 17:16 x
寝太郎さん、こんにちは。
由布だ明け、山頂部は分厚い雲に覆われていましたが、徐々に顔を出してくれましたよ~~
山の神様に感謝ですね(^^♪
地震の時に、通れないとは聞いていたのですが、もうそろそろOKかなと思っていましたがまだまだのようです。
ミヤマキリシマの頃には通れるといいのですが・・・
Commented by 豊津の信ちゃん at 2017-01-18 17:20 x
けいこたん、こんにちは。
鶴見岳と由布岳の恋物語、なかなか~~ですね。
祖母山の涙が志高湖なんですって^^
失恋の涙、さぞかいおいおい泣いたのでしょうね(^_-)-☆
けいこたんたちは角島だったんですね。
ご家族揃って楽しまれてよかったですね。