信ちゃんの美夜古たより

nobushun.exblog.jp
ブログトップ

川床~大休峠~親指ピーク~三鈷峰へ

今回の三鈷峰への道は大休峠から親指ピーク・振子山を経て登る未踏のルート。

そして象ヶ鼻の斜面のお花畑。楽しみです!!
e0164643_2093634.jpg


66回目:7月18日(月)   野田ヶ山・振子山・親指ピーク・象ヶ鼻・三鈷峰
              天気:晴れ    16名(1名体調不良で留守番)

ルート:川床(6:01)→岩伏別れ(6:40)→大休峠(7:58~8:08)→
    野田ヶ山(8:56)→親指ピーク(9:31)→振子山(10:13)→
    振子沢への分岐(10:42)→象ヶ鼻(11:01~11:05)→ユートピア小屋
   (11:15~11:57)→三鈷峰ピストン→分岐(12:30)→取りつき(12:55)
   →砂すべり→元谷→(14:03)→大神山神社(14:20)→大山情報館(14:45)

4時半起床だが、4時ごろにはもう目が覚めました。準備をしながらテントを撤収。

今回、1名が体調不良で留守番をすることとなり、彼が登山口の川床までピストンで我々を送ってくれることとなりました。豪円台の駐車場から登山口まで歩いていく予定でしたので、少し時間短縮になりました。

1陣は先発隊で7名が出発。2陣は9名で1陣を追っかけます^^
e0164643_20284948.jpg


登山口の川床を出発。濡れて滑りやすい橋を渡ります。トチバニンジン、ヤマアジサイ、ソバナなどが咲いている登山道を進むと岩伏別れに到着。
e0164643_2034719.jpg


アジサイもまだまだきれいですが、おや、紅葉した葉もありますね~~
e0164643_20344247.jpg


大休峠に到着。先発隊が出発するところでした。入れ替わりに少し休憩。
e0164643_20375938.jpg


2009年9月に大休峠から矢筈ヶ山・甲ヶ山・船上山などは歩いていますが、今回は反対方向です。

野田ヶ山へ行く道は足元はぬかるみ、少し藪漕ぎ状態になりながら進み、野田ヶ山に(1344ⅿ)到着。そこからはこれから向かうユートピア小屋が稜線上に見えます。そして気になる親指ピーク。

身の細る思いをして岩場を下ります。ダイモンジソウ、ダイセンオトギリソウ、キュウシュウコゴメグサ
e0164643_2165813.jpg

e0164643_2142246.jpg


親指ピークに到着。皆さん巻き道を行き、ピークには立たず。私どもは、もちろん上へ^^
e0164643_2120899.jpg


振子山の山頂付近、ナンゴククガイソウ、ホツツジ、イヨフウロ、振子沢への分岐地点
e0164643_2121653.jpg


ここまで結構アップダウンがあり、体はヘロヘロ(>_<)

だが、この先は素晴らしいお・は・な・ば・た・け
e0164643_21325280.jpg

e0164643_21384153.jpg

e0164643_21385841.jpg


やっと象ヶ鼻(1550ⅿ)に到着。この斜面はほんとにお花・お花・お花~~です。

ユートピア小屋へと移動。小屋の陰でランチタイム。小屋の前もナンゴククガイソウの絨毯です。
大勢の方がここのお花を目指してきています。ランチ後は三鈷峰へ。
e0164643_21472642.jpg


上宝珠越からは二手に分かれ、5名は砂すべりへ。ロープはありますが危険個所が・・・
一気に下ると早いのですが、安全第一。ゆっくりと下ります。
e0164643_2152354.jpg


途中の水場では、顔を洗ったり、埃まみれになった靴を洗ったりと時間調整をしながら~

元谷を過ぎ、大神山神社へ。長い石畳の道を下り、大山情報館へ。そしてYさんが車を移動してくれた駐車場へ。Yさん、待ち長かったでしょう!!  申し訳ありませんでしたね。

皆さん、怪我もなく無事に下山。楽しい2日間でした。未踏のコースを歩けて大満足\(^o^)/

見かけたお花の一部です。
e0164643_22155356.jpg


リーダーのNさん、声を掛けていただき、感謝です<(_ _)>

今回のGPSの軌跡。三鈷峰から元谷間は電源がきれていたらしくーー(3年前のがあります)
e0164643_2284356.jpg

by nobucyansyuncyan | 2016-07-21 22:16 | 中国地方の山 | Comments(12)
Commented by 風来坊 at 2016-07-22 04:05 x
おはようございます、信ちゃん。
伯耆大山、さすがに花の楽園ですね。
お花畑を楽しまれて羨ましい限りです。
大山は結構遠いので、お疲れだったことと思います。
お二人の元気をいただきたい風来坊でした・・・。
Commented by higetias at 2016-07-22 12:50 x
信ちゃん、こんにちは。
今日はほぼ体調が回復しました^^
大山縦走の記事楽しくも羨ましく拝見しました(笑)
象ヶ鼻までのルートは未踏で参考になりました。
剣ヶ峰~天狗ヶ峰の縦走は出来なくなってしまいましたが、大休峠の東西ルートも面白そうですね~。
砂すべりは今はロープが張られているようですね。
砂すべりを下りて元谷から見上げた紅葉の素晴らしかったことが思い出されます。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2016-07-22 15:54 x
風来坊さん、こんにちは。
伯耆大山はアルプスのようなお花(ハクサンイチゲやキンポウゲ)はありませんが、やはり花の楽園ですね(^^♪
今回、象ヶ鼻の斜面はよかったですよ~~
風来坊さんもぜひとも行かれてくださいませ。
今回レンタカーで行き、運転は同行の方がしてくれましたので楽チンでした。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2016-07-22 16:01 x
higeさん、体調は戻りましたか?
夏風邪はやっかいですものね。休養が第一です^^
大休峠から東西のルートはなかなかいいですよ^^
甲ヶ山のゴジラの背は黒岳の天狗と同じ感じですが、稜線上にあるので、落っこちたら怪我だけではすまないかも?
砂すべりは3年前に歩いた時とそんなに変わってはいませんでした。
Commented by ポンちゃん at 2016-07-22 20:21 x
こんばんは
川床からのコースは中国自然歩道になっているのですね。こちらは登山者も少なく静かな雰囲気のようですが、野田ヶ山から振子山までが楽しそうです。
大山はまだ一度しか歩いていないのでまたいつか計画するときには縦走を含め楽しみたいですね。
それにしても、お花畑が素晴らしい!!
Commented by けいこたん at 2016-07-23 12:47 x
信ちゃん、こんにちは!
親指ピーク山頂でのヤッターはいいですね!!
私なら、ヒヤリとする場面も多そうですが、お花、お花、お花~~のお花畑は素晴らしい!!
伯耆大山、いいですね~~。
気になってきました。(#^.^#)
Commented by 豊津の信ちゃん at 2016-07-23 20:22 x
ポンちゃん、こんばんは。
大山のこのルートは人も少ないので存分に山を楽しめますよ。
ポンちゃん好みですねぇ~~^^
大休峠から矢筈ヶ山~甲ヶ山のコースも楽しいですよ。
アルプスのお花畑のようにはありませんが、ナンゴククガイソウの色合いがよかったですね。
今度行かれてくださいませ。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2016-07-23 20:27 x
けいこたん、こんばんは。
今回のルートで難所は野田ヶ山と振子山の間ですね。
右側に落ちると一気に下まで・・・ですかね。
左側が木々があるので、どこかに引っ掛かると思うのですが。
怪我が怖いので、ヘルメットを被って歩きました^^
紅葉時も素晴らしいですよ~~
Commented by 寝太郎 at 2016-07-24 23:35 x
大山は私が初めて登った1,000m以上の山です。中学2年の夏休み(8月)に登ったのですが、その時の感動は今も鮮明に覚えています。
岩壁と日本海の眺めに大感動してしまったのですが、その時は花・青空はなかったです。(夏道コースで弥山往復でした。)
もし、その時こんなカラフルなコースを歩いていたら、そこから登山歴がスタートかもしれないなぁ、なんてことを想像してしまいました。
素晴らしい写真&記事で、「ぼくの夏休み」気分になりました。有難うございました。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2016-07-25 09:34 x
寝太郎さん、こんにちは。
最初は一般的な夏道コースの方がいいですよ^^
バリエーションに近い道を歩くと、あとの登山歴に狂いが生じるかも~です(^_-)-☆
大休峠からの左右のルートを今度ぜひとも歩いてみてください。私は甲ヶ山(かぶとがせん)のゴジラの背、もう一度歩いてみたいですね。寝太郎さんもお気に入りになると思いますよ~~
Commented by yamabakanikki at 2016-07-26 20:32
こんばんは~☆
 いやぁ~、やっぱりラベル?が違う・・・
 素敵なルート&お花畑に~

 三鈷峰は二回、一度は墓場尾根の手前まで!
 (限界ですぅ)
  
Commented by 豊津の信ちゃん at 2016-07-26 22:56 x
山馬鹿さん、こんばんは。
ラベルが違いましたか~??
相方さんは山では本物は持って行けず、ノンアルコールでガマンしてますぅぅぅ(爆)
大休峠からの右・左のコースはおすすめですよ~
アルプスのお花畑のようにカラフルさはありませんが、よかお花畑ですよ。来年はぜひとも行けれてください。
それとも風来坊さんと一緒に北海道でしょうか?